FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

唯「けんとう!」

3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/05(土) 19:53:39.82 ID:vIkFWs7h0
ボクシングの話です
エロなしなので
興味ない方は期待しないでスルーしてください

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/06/05(土) 19:50:40.26 ID:vIkFWs7h0 [1/31]
唯「暇だよねー」

律「やること無いなー」

澪「おい、二人とも練習するぞっ」

唯「えーっ、今日はのんびりしようよー」

澪「今さっき暇だとか言ってなかったか?」

律「あと十分っ!!!」

澪『最近こいつらだらけきってるな…』

4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/05(土) 20:00:04.68 ID:vIkFWs7h0
澪「おい、十分経ったぞー」

律「あと五分ー」

唯「ほえー」

梓「先に練習しちゃいますよー」

律「仕方ないなー、ちょっとやるかぁー」

8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/05(土) 20:04:53.19 ID:vIkFWs7h0
かえりみち!

澪「最近お前らたるみすぎだぞっ」

律「だってやる気出ないんだもん」

澪「昔はあんなにドラムに夢中だったのにな」

律「いいじゃん、ある程度叩ける様になったんだし」

律「プロになる訳でもないし」

律「適当にだらだらやってれば…」

澪「……」

9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/05(土) 20:11:11.47 ID:vIkFWs7h0
律「あれっ、おーい澪帰り道はこっちだぞー」

澪「私は用事があるからこっちから帰る」

律「なになに?一緒に行くっ」

澪「お前は付いてくるなっ!」

律「わっ、何だよ急にー」

澪「武道館だって言ってたじゃないか」

律「え…」

澪「部長はお前だろっ、少し考え直した方がいいんじゃないかっ!?」

11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/05(土) 20:14:47.02 ID:vIkFWs7h0
澪「じゃ、また明日っ!!!」

律「えっ、あ、じゃあな…」

律「なんだよあいつ…」



澪「律のバカ…」グスッ

14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/05(土) 20:25:33.80 ID:vIkFWs7h0
律「でも最近やる気出ないんだよなー」

律「自分でもこれじゃいけないって思うんだけど」

律「なんか目標って言うか、達成感って言うか…」

律「熱くなれるものが軽音部には無いんだよなー」


澪「おいっ!」

律「わっ、脅かすなよ…」

澪「って、なんでお前付いてきてるんだっ」

律「だって澪がそっちに行くって言うから…」

澪「普通、この状況なら別々に帰るだろっ、話の流れ的にっ!」

律「はは…いつもと違う道から帰るのも、新鮮でいいよなっ」

澪「……はぁ、もういい」

17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/05(土) 20:33:28.87 ID:vIkFWs7h0
律「おっ、見てみろ澪っ、ここになんかあるぞー」

澪「一面ガラス張りだなっ、なんだろ…」

律「なんかバシバシ音がするな」

澪「ひえっ!!!」

律「なんだ、ボクシングジムじゃんかー」

澪「なんか怖いな…早く行こう」

律「えーなんだよっ、面白そうじゃん、のぞいて見ようぜっ!!!」

18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/05(土) 20:41:21.18 ID:vIkFWs7h0
澪「やめろよ律っ、ボクシングってのは」

澪「竹刀持った教官が、極悪な不良を更正させる施設だろっ」ブルブル

律「お前、ボクシングにどんなイメージ持ってんだよ…」

律「おいあれ見ろよっ」

澪「女の人がいる…っ!!!」

律「すごいな、日本にも女性ボクサーなんているんだなっ」

律「澪もやってみれば?」

澪「バカっ、するわけないだろーっ」

澪「もう十分だろっ!?さっ帰るぞっ」

19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/05(土) 20:51:44.12 ID:vIkFWs7h0
部室!

律「なんてことが昨日あったんだー」

紬「律ちゃんは澪ちゃんを追いかけて走ったのねっ」

唯「そして泣いてる澪ちゃんを後ろから抱きしめてー」

澪「おい嘘をつくなっ!!!」

律「ちょっと大げさにしただけじゃん」

澪「しかも話の本題はそこじゃ無いだろっ!!!」

20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/05(土) 20:56:54.09 ID:vIkFWs7h0
律「そうそう、ボクシングジムなんてはじめて見たよ」

紬「最近移転してきたって聞いたわっ」

唯「なにそれー、おもしろそーっ」

梓「一度見てみたいですね」

澪「おいお前ら、見て楽しいもんじゃないぞ」

律「澪は怖がって震えてたしなー」

澪「うるさいっ!!!」

22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/05(土) 21:05:57.32 ID:vIkFWs7h0
梓「でもボクシングって危ないイメージありますよね」

澪「そうだっ、女の子が興味持つことじゃないぞ」

律「でも女の人もいたじゃんっ」

紬「ほんとっ?素敵ねー」

唯「私もやってみようかな?」

梓「唯先輩には無理ですよー」

唯「なんだとあずにゃんっ、唯パンチっ!!!」ダキッ

梓「にゃっ!!!パンチじゃないですっ!抱きついてるだけじゃないですかっ」バタバタ

律『なんか面白そうだし、また行って見るか…』

23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/05(土) 21:15:31.45 ID:vIkFWs7h0
律「なんとなく気になって一人で来ちゃった」

律「熱気が凄いなー、こっちまで熱くなっちゃう」

???「お嬢ちゃん、ここの誰か待ってるの?」

律「へっ、いや、私はなんとなく見てただけでー」

律『お嬢ちゃんって…』

ト「僕はここのトレーナーなんだ」

ト「驚いたな、君みたいな子がボクシングに興味あるなんてっ」

24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/05(土) 21:22:01.02 ID:vIkFWs7h0
律「えっ、いやっ、弟が、そう弟が興味持ってて、それでどんなもんかなってー」

ト「なんだ、それは失礼したね」

ト「君みたいな可愛いい感じの子は、あまりにここと不釣合いだったからー」

律「ははは…」

律『普段可愛いい感じなんて言われないけど…』

???「トレーナー、そりゃ酷いですよっ!!!」

26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/05(土) 21:31:15.33 ID:vIkFWs7h0
律『あっ、この前の女の人だっ』

???「失礼しちゃうっ、普段こんなに可愛い娘を指導しておきながら」

ト「ははは…」

律『確かに可愛い感じって言うより、カッコいい感じだな』

ト「彼女は女性だけどボクサーなんだよ、内には女性が三人もいるんだよっ」

律『三人も?それ多い方なのかな?』

27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/05(土) 21:38:22.54 ID:vIkFWs7h0
先「あなたの先輩になるわね、よろしくね可愛いカチューシャさんっ」

律「あのっ、いや、私は別に…」

ト「ははっ、残念だけど彼女は見学だよ」

先「なんだー、つまんない」

先「でも興味があったら、一緒にやりましょ!辛いことも多いけど」

先「それ以上に得るものが大きいわっ!」

ト「まあ、とにかく今日はゆっくり見学して行ってよ」

律「は、はい!」』

28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/05(土) 21:45:31.57 ID:vIkFWs7h0
律『改めて見ると、ボクシングの動きってカッコいいなー』

律『カッコいいって言うか、よく見てるとなんだか綺麗』

律『鏡の前で素振り?たしかシャドーって言うんだっけ』

律『あれを見てるだけで、なんだか飽きないなー』


律『あ、あの女の人、リングに上がるぞ』

律『練習試合、スパーリングって奴だな』

律『えっ、相手は男の人じゃないかっ!!!』

29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/05(土) 21:54:20.88 ID:vIkFWs7h0
律『あ、始まる…』

律『でも練習なんだから軽いもんなんだろ…っ!!!?』

律『わ、わ、わ』




ト「おーい君っ、大丈夫かい?」

律「へっ、はわわっ、らいじょうぶれすっ!」

ト「いきなり激しいの見ちゃったからね」

ト「彼女は試合を控えていてね」

ト「今日は最後の調整に入る前に、本気でスパーしてみたんだ」

律「はうっ」

ト「ごめんね、今日はもう帰りなさい」

律「はうっ」

ト『こりゃもう来てくれないな…』

30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/05(土) 22:05:01.92 ID:vIkFWs7h0
澪「おーい律っ」

律「はうっ」

澪「おまえ今日はなんか変だぞ」

律「はうっ」

唯「律ちゃんどうしちゃったんだろ?」

澪「昨日またボクシングジムを見学したらしいんだけど」

澪「それからどうもおかしいんだ」

紬「やっぱりボクシングなんて、女の子には刺激が強すぎるの

律「はわわ」

31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/05(土) 22:15:26.53 ID:vIkFWs7h0
ジム!

ト「やっぱりあの子来てくれないな」

ト「弟が興味あるなんて言って、自分が興味あるのバレバレだったけど」

ト「初日からあんな激しいの見ちゃったからなー」

先「あの子はまた来ますよっ」

ト「なんで分かるんだい?」

先「私減量中は感が冴えるんです」

ト「またまたそんな…」

ト「…っあ!」

先「ほらねっ」


律「あのーっ、すいませーん…」

32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/05(土) 22:21:57.69 ID:vIkFWs7h0
部室!

律「よーしっ、練習するぞ唯っ!!!」

唯「えーっ、律ちゃんあと五分ー」

律「1,2,3,4,5分!さあやるぞっ!!!」

唯「えーっ、それ五秒だよー」

律「なんだと唯ーっ!青春は待ってくれないんだぞーっ!!!」

33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/05(土) 22:30:22.25 ID:vIkFWs7h0
紬「最近律ちゃんすごく張り切ってるっ」

梓「ちょっと暑苦しいですけどね」

澪「何でもジムで知り合った女性ボクサーに影響されて」

澪「『私もがんばんなきゃー』なんて」

紬「やる気が出たのはいい事じゃないっ!」

律「さあ、唯っギターを弾きまくるんだっ手が千切れるくらい激しくっ!!!」

唯「たーすーけーてー」

澪「極端すぎるけどな…」

34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/05(土) 22:51:11.89 ID:vIkFWs7h0
競技場!

律「ここが試合の会場か…」

律「割と大きいところだな」

ト「やあ、律クン、来てくれたんだね」

律「あ、どうもっ、応援に来ました!」

律「けっこう大きな会場でビックリしましたよ」

ト「男子の試合も一緒に行われるしね」

ト「彼女の試合も世界戦だしねっ!」

律「えっ!世界戦だったんですか!?凄い!!!」

35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/06/05(土) 22:52:38.03 ID:vIkFWs7h0
ト「男子とは層が違うってのもあるよ、国内だけじゃ女子の試合は少なくてね」

ト「公式戦を組んで活躍するなら、世界戦をやっていかなきゃね」

律『それにしても世界大会ってことだろ!?すごいよっ!!!』

ト「そうだ、試合前に彼女と会っていくだろっ?」

律「えっ、でも、迷惑なんじゃ…」

ト「そんなことないよ、彼女も喜ぶよっ!!!」

37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/05(土) 22:59:36.57 ID:vIkFWs7h0
律「あのー、失礼します」

先「ああ、律ちゃん、来てくれたんだね、うれしいよ」

律「今日は絶対に勝ってくださいっ!」

先「どうだろ、相手も相当強い」

律「…」

律「それでも絶対に勝って下さいっ!!!あんなに毎日頑張ってきたの、私見てましたっ」

律「だからっ!!!」

先「…」

38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/05(土) 23:08:32.13 ID:vIkFWs7h0
先「律ちゃん、一つ約束してくれないか?」

律「約束?」

先「私がこの試合に勝ったなら、律ちゃんもボクシング始めるって」

律「えーっ!!!」

先「律ちゃんが約束してくれたなら、この試合、勝てる気がするんだ」

律「あの、でもっ」

先「無理にとは言わないよ、ごめんね、変なこと言ってー」

律「」

律「します」

先「えっ?」

律「私約束しますっ!だから絶対に勝ってくださいっ!!!」

先「…ありがとうっ、絶対に勝つからっ!!!」ニコッ

39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/05(土) 23:15:57.97 ID:vIkFWs7h0
律『勢いに任せて大変な約束しちゃったー』

律『どうしよう…』

律『でも、この気持ちには嘘は無いっ』

律『お願いだから勝って欲しいっ!!!』


律『いよいよ試合が始まるな』

律『なんだか私が緊張しちゃう』

40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/05(土) 23:28:57.41 ID:vIkFWs7h0
律『わっ、対戦相手強そうっ!!!』

律『あれで本当に女かよっ!?』

律『いよいよゴングがー』

律『わっ、いきなり攻めてきた』

律『でも大丈夫、まだもらってない…』

---
--------
---------------

41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/05(土) 23:35:31.90 ID:vIkFWs7h0
澪「ダメに決まってるだろっ!!!」

律「そこをなんとかー」ウルウル

澪「なんとかで何とかなる問題じゃないっ!!!」

律「びえーん」シクシク

唯「どうしたのー?」

澪「律がボクシング始めるなんて言うんだ」

唯「えーっ、律ちゃんスゴーイ!!!」

澪「そんな軽い話じゃないっ」

澪「軽音部はどうするんだよっ」

律「部活もちゃんとするからー」

43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/05(土) 23:42:09.74 ID:vIkFWs7h0
澪「勉強は?」

律「それもーちゃんとするからー」

澪「出来るわけないだろっ!」

律「できるもんっ」

澪「今まで出来てないのに、その上ボクシングなんて始めて」

澪「一体なに考えてるんだっ!!!」

澪「それに…」

澪「律が怪我したらどうするんだよっ…」

紬『澪ちゃん…』

46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/05(土) 23:53:18.08 ID:vIkFWs7h0
律「澪は私のお母さんにでもなったつもりか?」

澪「なんだと!」

律「私のことなんだからほっといてよっ」

澪「わ、私は律のことを思って言ってるんだぞっ!」

律「ふんっ、余計なお世話」

澪「じゃあわかった、もう勝手にしろっ、困るのは律なんだからなっ」

律「言われなくても勝手にさせてもらうよっ」


澪『律のバカ…』

48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/06(日) 00:03:32.51 ID:c44TAFBY0 [1/11]
ジム!

ト「約束どおり来てくれたね」

律「はいっ、今日からよろしくお願いします」

ト「ちょっと浮かない顔だけど、やっぱり緊張してるの?」

律「ええ、まぁ」

律『結局澪には反対されたままだな…』

律「あの、先輩は?」

ト「ああ、試合後だから暫く休養だよ、たまに顔ぐらいは出すんじゃないかな?」

律『相談したいことがあったのにな…』

ト「彼女が戻ってくるまでに、基礎をみっちり覚えような」

律「はいっ」

律『でも自分でやるって決めたんだっ、やるからには本気でやらないとっ』

49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/06(日) 00:13:30.72 ID:c44TAFBY0 [2/11]
ト「まずは走り込みからだっ!って言いたいけど」

ト「君の生活リズムじゃ、ジムに出れる時間は少ない」

ト「走り込みや筋力トレーニングは、自主的に朝や夜の時間を使ってもらわなくちゃな」

ト「ロープスキップやパンチングボール、シャドーなど、まず練習方法から学んでいこう」

律「ほっ」

ト「どうしたの?」

律「いや、私の読んでた漫画じゃ、いきなりリングの上に上がらせられてたからー」

50 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/06(日) 00:22:00.68 ID:c44TAFBY0 [3/11]
ト「ボクシングってのやっぱり危険を伴うんだ」

ト「君とお父さんお母さんに書いてもらった契約書は読んだかい?」

律「へ?ああ、適当にサインだけしたけどー」

ト「だっ、ダメじゃないかっ、今読んでっ」

律「うへっ、これって…」

ト「どうだい?覚悟はいいかい?」

律「これって…つまり…なんて書いてあるの?」

ト「……」

52 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/06(日) 00:28:07.68 ID:c44TAFBY0 [4/11]
ト「つまりだね、ボクシングをすることで、視力を失うことやその他様々な障害」

ト「最悪の場合、死亡しても、ジムのほうでは一切責任を持ちませんって事なんだ」

律「失明!?死亡!?」

ト「どうだい?それでも本当に続けられるかい?」

律『こりゃ親がなかなか判子押さないはずだっ』

律『どうしよう、でもっ!』

律「やりますっ、危険は覚悟の上ですっ!」

54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/06(日) 00:36:51.90 ID:c44TAFBY0 [5/11]
ト「わかった、この誓約書は確かに受け取ったよ」

ト「いきなり怖がらせて悪かったね、でも、必ず心して欲しいことなんだ」

ト「もし律クンが危険だと思ったり、付いていけないって思ったりしたら」

ト「迷わずリタイアしてくれ、自分の安全は自分で判断するんだっ」

ト「その分こっちも君の安全には細心の注意をするよ」

ト「だから、リングに上がっていいかは、時機を見て私が判断する、いいね?」

律「はいっ」

律『こりゃもしかしたら、大変なとこに来ちゃったのかも…』

55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/06(日) 00:45:45.29 ID:c44TAFBY0 [6/11]
学校!

律『部活が終わってから夜までみっちりトレーニングで』

律『宿題してたら晩くなって、そんで朝はランニング』

律『ちがうやロードワークって言うんだっけ?まあいいや』

律『つまり寝みいーっ!』

律「」ウトウト

澪「」ジーッ

律『ダメだっ、澪に勉強もがんばるって言ったからには頑張らなきゃ』

唯「」スヤスヤ

57 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/06(日) 00:56:37.92 ID:c44TAFBY0 [7/11]
部室!

紬「どう律ちゃん、ボクシングの方は?」

律「うーん、まだ始めたばかりで分かんないやっ」

唯「でもすごいよね、カッコいいよ律ちゃん!」

梓「まさか本当に始めるとは思いませんでしたよ」

律「へーん、みんな喜べ、もう直ぐ世界チャンピオンの友達になれるぞっ」

澪「律のことだ、どーせ辛くなって、音を上げるに決まってる」

律「なにおーっ!」

紬「まあまあー、二人ともお茶でも飲んでー」

59 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/06(日) 01:02:46.85 ID:c44TAFBY0 [8/11]
澪「私はまだお前のボクシングを認めてないからなっ」

律「ふんっ、こうなったら嫌でも澪に、ボクシングを認めさせてやるからなっ!!!」

澪「はいはい、精々がんばってー」プイッ


律『澪、なんで分かってくれないんだよ…』

澪『律、なんで分かってくれないんだよ…』

60 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/06(日) 01:13:59.51 ID:c44TAFBY0 [9/11]
ジム!

ト「じゃあ、今日はロープスキップしてみようか?」

律「つまり縄跳びでしょ?小学生以来かもなー」

律「こんなのでトレーニングになるんですか?」

ト「なるともっ!ロープスキップはリズム感、ボクシングで重要なつま先での蹴り」

ト「それに基礎体力もつけられる、ボクシングにうってつけの練習方法なんだっ!」

律「えー、ほんとですかー?」

ト「と、とにかくやってみるっ!」

律「ハーイ」

ト『この子、慣れてきたらどんどんフランクになって来たなぁ』

61 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/06(日) 01:19:19.57 ID:c44TAFBY0 [10/11]
律「前跳び」ヒュンヒュン

律「カケ跳び」ヒュンヒュン

律「二重跳びっ!」ビュンビュンッ

ト「凄いね律クン、運動神経いいんだねー」

律「えへへ、まあね」ビュンビュンッ

律「三重跳びも出来ますよっ」ビュビュビュッ

ト「すごいよっ、男の子でも出来ない子いるのにっ!」

63 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/06(日) 01:28:06.90 ID:c44TAFBY0 [11/11]
ト「でもね、こんな跳び方はしたこと無いだろ?」ッタッタッタ

律「すごい、なんか踊ってるみたいっ!」

ト「これがロープスキップだ、まずはこの跳び方を覚えないと」ッタッタッタ

ト「はじめはタイミングや体の使い方が分からなくて、難しいかもね」ッタッタッタ

律「あ、でもよく見たら、片足ずつ二回、足を前後させながらタイミングを取ってるだけですね」

ト「ははっ、するどいね、でも見るのをやるのでは大違いだから、まあやってみてよっ!」

64 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/06(日) 01:41:35.38 ID:9wzZh7290 [1/20]
律「よっと」ッタッタッタ

律「出来ましたっ!」ッタッタッタ

ト「」

律「おーいっ、出来ましたー?」ッタッタッタ

ト「や、やるじゃないかっ!律クンはリズム感もいいんだね」

律「ドラムやってるからかなー?」ッタッタッタ

律「応用したらこんなのも出来そうですねっ」ツタッタツタッタ

ト「!!!?」

ト『なるほど、ドラムをやってたから、足でリズムを取るのがうまいのか』

ト『リズム感はボクシング全てを通して重要なファクターだ』

ト『このリズム感と運動神経っ!期待してなかったけど』

ト『ひょっとするとこの子ものになるかもっ!?』

65 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/06(日) 01:53:43.04 ID:9wzZh7290 [2/20]
ト「ロープスキップは問題無いみたいだね」

ト「それじゃあ、今度は本格的にパンチの打ちかただ」

律「待ってましたっ!」

ト「先ずはジャブ、次にストレート」

ト「そしてそれを続けざまに打つワンツーっ!!!」

ト「当面はこの練習しかしなくていいよ」

律「フックやアッパーは?」

ト「ワンツーが出来るようになったら、フットワーク練習」

ト「その中で徐々に覚えて行ってよ」

律「なんだぁ、けっこう先なんですねー」

律「早くショーリュ―ケーンとかしたいのにー」

ト「そのパンチ僕は教えられないなぁ」

ト『えっ、こんな子だったかな?』

66 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/06(日) 02:03:45.05 ID:9wzZh7290 [3/20]
ト「とにかく先ずはジャブだよっ」

律「なんか地味だなー」

ト「ぶつぶつ言わないっ、基本は大切だよっ、さっ、構えて!」

律「へーいっ」

ト「右足のつま先を前に向けて、左足のつま先を内側にしてごらん?」

律「ボクシングの構えって、けっこう内股なんですねー」

ト「そうだね」

律「こんな構えで早く動いたり、強いパンチなんて打てるんですか?」

ト「はじめはみんなそう言うものさっ」

ト「でもね、慣れてくると、この構えがとても理にかなっていることが分かって来るよっ」

律「ホンとかなぁー」ヨタッ

67 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/06(日) 02:19:19.65 ID:9wzZh7290 [4/20]
ト「そうそう、その構えで左拳をスナップを利かせて繰り出すっ!」

律「それ知ってますっ、木の葉を掴むようにするんですよねっ」

ト「ああ、漫画で読んだんだねっ」

ト「その通り、リラックスした状態から打つのがポイントだよ」

ト「広く言われるのが、右足で蹴った力が左手に伝わるようにっ!」

律「えっ?右足の力が左手に???」

ト「こういう体感的なものは言葉で表現しても、なかなか分かりにくいものだよね」

ト「僕の場合は、パンチというものは、体当たりだと思ってる」

ト「ただし打面は拳で、体の軸をずらさない、一瞬だけ体重が伝わる体当たり」

ト「その上でショット感、ブロウ、殴るんではなく、パンチを飛ばすように打つ(撃つ)感覚」

律「右足?体当たり?ブロウ?中心軸?体重?」

ト『この子に言葉で伝えるのは難しそうだな…』

68 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/06(日) 02:24:18.29 ID:9wzZh7290 [5/20]
ト「じゃあ、やってみてよ」

ト「こんな感じで」シュッ

律「こうですか?」パッ

ト「それじゃあ、手だけのパンチだ、下半身の力が伝わるように」シュッ

律「えいっ」ヨロッ

ト「体のバランスを崩さないでっ」

律『こんな簡単そうなパンチでも難しいんだなぁ…』

69 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/06(日) 02:35:37.32 ID:9wzZh7290 [6/20]
ト「まあ、最初はこんなもんだよっ」

律「悔しいなぁー」

ト「おっ、いいぞ!その気持ちがあればきっと直ぐに上手になるよっ!」

律「うーん、あの、ショットが何とか言ってました?」

ト「え?ああ、パンチを、殴るんじゃなくて撃つ様に繰り出すって事だよ」

律「ドラムを叩く時もショットって言うんですよ」

ト「そうなんだ」

律「ドラムでもやっぱり脱力が大事なんですよ」

ト「うん」

律「ドラムの練習を始めた頃は、うまく手が動かなくって」

律「早く動かそうと力んでばっかり」

律「何でみんなあんなに早く連打できるんだろうって、焦ってたんです」

ト『この話長いのかな?』

70 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/06(日) 02:49:46.65 ID:9wzZh7290 [7/20]
律「でも、練習していくうちに体がほぐれてきて」

律「力を入れない方が、早く叩けるって事が体で分かったんです」

ト「うーん、確かにそれはボクシングのパンチに通じる所があるね」

律「じゃあ、こんな感じかな…」スッ

ト「いい感じだね、脱力してるし、何より体の軸がぶれてない」

ト「ドラムを叩く時も、体の軸は意識するの?」

ト「バランスが崩れたら、動きがうまくいかなくて、リズムが崩れちゃうから、それは大事ですね」

ト『ドラムとボクシング、思った以上に共通点が多いみたいだな』

ト「でも欲を言うと、下半身、蹴り足の力が伝わってないかな…」

律「じゃあ、こんな感じっ」シュッ

ト「!!!?」

71 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/06(日) 02:58:04.12 ID:9wzZh7290 [8/20]
ト「驚いたっ!正直感服したよっ」

ト「律クン!君は才能あるよっ!!!」

律「えっ!ホンとですかーっ!!!」

???「調子にのるなっ」

ト「ひっ!」

律「?お爺さん誰?」

ト「律クン、このジムの会長だよっ!顔ぐらい見た事あるだろっ!」

律「ああ、そういえばー」

72 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/06(日) 03:11:59.31 ID:9wzZh7290 [9/20]
会長「生意気なガキだが、まあいい」

会長「少しは見込みがあるようだな」

ト「そうなんですよっ、初日から驚かされっぱなしでー」

ト「彼女はかなりの逸材ですよっ!」

律「私、才能あるんだってー」

会長「確かに見込みは在るが、それは才能じゃない」

会長「今までの環境がボクシングに向いていたというだけ」

会長「才能があるかないかは、この先試合で見せてみろっ!」

律「ひっ!」

律『爺さんなのに、なんだか迫力あるなー』

73 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/06(日) 03:17:48.99 ID:9wzZh7290 [10/20]
ト『あの会長から試合の言葉が出るとはっ!』

ト『こりゃ、この子がリングに上がる日は近いぞっ!』

ト『僕も気合入れて指導しないとっ!』

ト「さあ、律クン、練習だっ!」

律「はーい」

律『急に張り切ってどうしたんだろっ?』

74 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/06(日) 03:35:56.99 ID:9wzZh7290 [11/20]
部室!

紬「律ちゃんがボクシングはじめて暫くになるけど、調子はどお?」

律「大分やれるようになって来たよー、今会長が試合相手を探してくれてるんだっ」

紬「試合に出るのっ!?凄いわっ私応援に行くっ!」

梓「いいですね、試合の日はみんなで行きましょうっ!」

澪「そうだな、ボコボコにされて泣いてる律を慰めてやりに行くか」

律「なんで負ける前提なんだよっ!」

律「ところで唯は…?」

唯「」スピー

澪「なんか唯、律がボクシング始めてから居眠りばっかりだなー」

紬「律ちゃんは逆に授業中真面目になったよね」

75 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/06(日) 03:52:52.07 ID:9wzZh7290 [12/20]
律「まあなー」

律『早く澪に認めてもらわないと』

澪「いつまで続くのやら」プイッ

澪『律、無理してるんじゃないかな…』

梓「澪先輩、そろそろ素直になりましょうよ」

澪「へっ!梓、お前何言ってるんだよっ!」

梓「澪先輩がいくらつんつんしても、律先輩の事心配してるってバレバレですよ」

澪「ち、ちがうっ、そんなんじゃないー」

梓「いくらボクシングのせいで、律先輩と会える時間が減ったからって」

梓「そこまでボクシングに反対するなんて大人気ないです」

梓「それにー」

紬「梓ちゃん、もう辞めてあげてっ!」

澪「わーわーわーっ///」プスプス

76 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/06(日) 03:59:39.24 ID:9wzZh7290 [13/20]
紬「律ちゃんがボクシングに挑戦したのはいい事だと思うの」

紬「私も律ちゃんに影響されて、新しい御稽古事始めちゃったし」

律「それって、バイトもしながらかっ?」

紬「うん、頑張ってるっ!」

律「すごいな…」

澪「わ、分かったよ、律のボクシングを認めてやるよっ///」

律「澪っ…///」

77 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/06(日) 04:06:25.85 ID:9wzZh7290 [14/20]
澪「ただし、条件がある」

澪「次の試合、もしお前が勝てたらボクシングを認めてやるっ」

澪「ただし、負けたらボクシングをやめて、部活に専念することっ!」

律「ひえー、厳しいな」

澪「こうなったらお前、絶対勝たなくちゃ…ダメだろ?」///

律「ありがとう、澪の為にも、絶対に次の試合勝つよっ!!!」

澪「な、なんで私のためなんだっ!私はお前が負けてくれたほうがー」

78 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/06(日) 04:08:05.27 ID:9wzZh7290 [15/20]
梓「結局素直になれないんですね」

紬「いいわー」キラキラ

唯「」スピー

79 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/06(日) 04:13:21.65 ID:9wzZh7290 [16/20]
ジム!

会長「おい小娘っ!お前の対戦相手が見つかったぞっ!」

会長「公式戦では無いが緒戦じゃ、お前の力、ワシに見せてみろっ」

律「やったー!いよいよだな、ワクワクするぜっ!」

律「それで相手は?」

会長「それがな、近くのジムに、ちょうどお前と同じ時期にボクシングを始めた奴がおって」

会長「偶然にもお前と同じ高校生じゃ」

81 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/06(日) 04:22:49.28 ID:9wzZh7290 [17/20]
ト「君がリングに上がるのはかなり早いほうだと思うけど」

ト「対戦相手の子も、相当の資質の持ち主らしい」

ト「この短期間で見る見る上達し、天才肌だと言われているんだ」

会長「どうじゃ、お前くらいの資質のものなど、世の中に沢山おると言う事じゃ」

律「えーっ、最近やっと自信持ち始めてたのにーっ」

会長「逆に言えば、コイツさえ倒せれば、この地域のホープ№1じゃ」

会長「未来のライバルになるかも知れん相手でもあるっ!」

会長「きっちり勝って相手に苦手意識を植え付けてやれっ!!!」

82 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/06(日) 04:26:02.17 ID:9wzZh7290 [18/20]
ト「それでね、その対戦相手の名前は…」

ト「平沢唯選手だねっ」

律「えっ?」

律「」

律「えっ?」

83 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/06(日) 04:37:29.97 ID:9wzZh7290 [19/20]
次回予告

律の緒戦の相手はなんと唯であった

唯はとある事情から律と同時期からボクシングを始めていたのだ

お互い負けられない理由を持ちながら、親友同士の拳は熱く交わり火花を散らす


次回、圧倒的な唯の天性の才能が、律の資質と積み重ねてきた努力を簡単に打ち崩す

万策尽きた律はこのまま負けてしまうのかっ!?

そして八時間かけて誰一人見ない糞SSを書いた俺は、そろそろ泣いてもいいのか?

ご期待下さい

84 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/06(日) 04:39:06.61 ID:QwPIPvnx0 [2/2]
おわりー?

44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/05(土) 23:47:01.65 ID:rKKr6WlwO [3/3]
心配性な澪しゃん可愛いしえん

85 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/06(日) 04:45:19.33 ID:9wzZh7290 [20/20]
>>84>>44
ありがとうございます

続きあるけど書いてたら僕死んでしまう

またいつか八時間かけて唯戦書きますお休みなさい


コメント

No title

1乙
つつき楽しみにしてます!!


おもしれぇよb

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。