FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

梓「優しい猫の育て方」

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/04(金) 22:59:27.80 ID:eL78023OO [1/14]


2 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/04(金) 23:00:35.72 ID:eL78023OO [2/14]
さっきは間違えて違うのを投下してしまったので、あれは忘れて

唯と梓と猫の話

3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/04(金) 23:06:31.38 ID:eL78023OO
唯「最近あずにゃんが相手をしてくれない」

唯「そのせいか私は今とってもあずにゃん分が足りないんです!」

唯「というわけで、今日はあずにゃん分を補給するために、あずにゃんに頼んで!」

唯「あずにゃんの家に遊びに行かせてもらうことにしました!」

唯「さあ、抱き着くぞ~」

唯「あずにゃん分を補給するぞ~」

唯「レッツゴー!」

5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/04(金) 23:11:39.04 ID:eL78023OO
あずにゃんの家!

唯「おじゃましまーす」

唯「おーいあずにゃーん」

梓「そんなに大きな声ださなくても聞こえてますよ」

唯「あ、あずにゃん……って手に持ってるのはなに?」

梓「ジャーキーです」

唯「ジャーキーってなに?ていうか美味しそうだね」

梓「ええ、猫のえさです。美味しいですよ」

唯「へえ」

6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/04(金) 23:17:12.57 ID:eL78023OO
唯「……ってなんであずにゃんが猫のえさなんて持ってるの?」

梓「最近、猫を飼いはじめたんです」

唯「猫?」

梓「猫です」

唯「わあ、あずにゃん、見せて見せて!」

梓「いいですけど……唯先輩」

唯「なあに?」

梓「静かにしてくださいね。
あの子、臆病ですから唯先輩みたいな人が来たらビックリしちゃいますから」

唯「はい!気をつけます!」

7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/04(金) 23:21:36.70 ID:eL78023OO
梓「ここがうちの猫の部屋です」

唯「へ?」

梓「ですから猫の部屋ですって」

唯「すごーい猫の部屋があるなんてビックリだね」

梓「いえ、ただ、部屋が一つあったから猫にあてただけですよ」

唯「でもフツーにすごいよ」



8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/04(金) 23:28:53.31 ID:eL78023OO
唯「でもなんで猫の部屋なんているの?」

梓「たとえば、夏になったりすると抜け毛がひどくなるでしょう?」

唯「ああ、すごいよね」

梓「だから、お掃除が大変になるわけです。
でも、猫を部屋に入れておけば、少なくとも掃除の時とかはジャマにならないし」

梓「猫のおトイレとかは結構臭うんで、猫の部屋とかがないと、困りますしね」

唯「へえ。あずにゃんすごいね!」

梓「そんなことないです。飼い主として当然です」エッヘン

10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/04(金) 23:34:52.65 ID:eL78023OO
唯「でも猫さん、お部屋に入れたまんまにしたらかわいそうだよ?」

梓「もちろん基本的には部屋に入れたままの状態ではありませんよ」

梓「ただ、まだ小さいから勝手に階段を下りたりして、怪我したらいやなんで」

唯「へえー、ていうかあずにゃん、早く私は猫を見たいよー」

梓「見たいですか?」

唯「うん!見たい見たい」

梓「どうしてもですか?」

唯「どーしても!」

梓「そこまで言われたら仕方ありませんね。特別に見せてあげます」

唯「ありがとーあずにゃん」ダキッ

梓「はいはい」

13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/04(金) 23:44:43.41 ID:eL78023OO
梓「これが我が家の新しい家族の猫です」

唯「うんまあ~」

唯「すっごいかわいいね!」

梓「でしょう?かわいいで寝顔ですよね?」

唯「あずにゃんあずにゃん、撫でていい?」

梓「そーっとだったらいいですよ」

唯「はーい」

唯「なでなでなでなで」

梓「ストップ」

唯「え~、なにあずにゃん?」

16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/04(金) 23:51:22.19 ID:eL78023OO
梓「今、唯先輩はこの子のお尻を撫でましたよね?」

唯「うん」

梓「猫は上半身を撫でられるよりも、下半身を撫でられるほうが嫌がるんです」

唯「そうなの?」

梓「そうなんです」

唯「じゃあどこを撫でればいいの?」

梓「首の下とか、耳の周辺は比較的気持ちいいらしいですよ」

唯「ここだね」

梓「そうです」

18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/04(金) 23:58:30.85 ID:eL78023OO
唯「ねえねえ、あずにゃん、ゴロゴロ音がするけど、これはなに?」

梓「猫が喜んでいる証拠ですよ」

唯「じゃあこの猫ちゃん、喜んでるの?」

梓「ええ」

唯「かーわいーい」ナデナデ

梓「あ、逃げた」

唯「あー、なんで逃げるの?」

梓「ベタベタべたべた」

唯「うわあ、あずにゃん、なにすんの?」

梓「さっき唯先輩がうちの猫にやったことの真似です」

20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/05(土) 00:02:45.88 ID:eL78023OO
梓「ナデナデナデナデ」

唯「うっ!?ひゃう……あずにゃん、ん?」

梓「とまあ、人間だってずっとこうやってベタベタされたらやでしょう?」

唯「え?うん……まあ」

梓「なんですか、その上目遣いは?」

唯「いや~ちょっとあずにゃんの激しいスキンシップが嬉しくて」

梓「はい、猫はどこ行ったかな?」

唯「今、あずにゃん照れたでしょう?」

梓「照れてません」

唯「照れたよー」

梓「照れてません!」

唯「やっぱ照れてるう」

21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/05(土) 00:05:51.12 ID:VnCh+dZEO [1/28]
唯「ところで、あずにゃんあずにゃん」

梓「なんですか?」

唯「その手に持ってるのさ……美味しいの?」

梓「ジャーキーですか?食べます?」

唯「え?それって猫のえさだよね?」

梓「猫のえさは基本食べても害はありませんよ」

唯「ゴクリ」

梓「ほらほら」

唯「ホントに大丈夫なんだよね?」

梓「はい」



22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/05(土) 00:12:18.86 ID:VnCh+dZEO [2/28]
唯「じゃあ……あずにゃん」

唯「あーんして」

梓「……」

唯「ほら、あーん」

梓「あーん」

唯「あーんんんんんんんんんんんっっ!!??」

梓「あ、すみません。間違えて鼻の穴にツッコんじゃいました」

唯「ひほいよあふやん」

梓「じゃあもう一回、お詫びとして。あーん」

唯「あぁーんんんんんんんんんんんんんんんんっっ!!??」

梓「あ、もう片方の鼻の穴にまでジャーキーツッコんじゃいました」

唯「ひほひほはふひゃん」

梓「なに言ってるかわかりませーん」

23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/05(土) 00:16:26.90 ID:VnCh+dZEO [3/28]
唯「ううぅーひどいよ、あずにゃん」プンスカ

梓「失礼しました。最近ねこじゃらしを振り回しすぎて、手が痙攣するようになってしまって」

梓「お詫びにそのジャーキー一本まるまま食べてもいいですよ」

唯「え?いいの?」

梓「はい」

唯「じゃあお言葉に甘えて」

唯「いただきまーす」

24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/05(土) 00:20:54.58 ID:VnCh+dZEO [4/28]
唯「パクっ」

唯「モグモグ」

唯「……うーん、なんかビミョー」

梓「ダメですか?」

唯「うん。だって味もないし、油ぎってるわけじゃないし」

梓「まあ、しょせん猫のですよ」

唯「そうだね」



25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/05(土) 00:26:12.49 ID:VnCh+dZEO [5/28]
梓「他にも様々なえさがありますけど、試食しますか?」

唯「おいしくないし、猫さんに悪いから遠慮するよ」

梓「そうですか」

唯「ところで、猫のえさって色んな種類があるよね?」

梓「まあ、探せばいくらでもありますね」

唯「でも、猫だって人間でしょ?」

梓「それを言うなら動物です」

唯「そうだね」

梓「それで?」

唯「うん、猫さんにも嫌いな食べ物とかってないのかなーって思って」

梓「嫌いというよりは、食べてはいけない、っていうものならありますよ」

唯「たとえば?」

梓「クイズです。さあなんでしょう?」

唯「えーと……」

26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/05(土) 00:32:18.99 ID:VnCh+dZEO [6/28]
唯「ええと……にんにくとか?」

梓「……」

唯「ほらヴァンパイアはニンニクが苦手って言うし」

梓「理由はともかく正解ですよ」

唯「え?ホントに?」

梓「はい」

唯「やったー」

梓「他にも、ネギとかも身体の構造上、ダメらしいです」

唯「食べるとどうなるの?」

梓「死んでしまうらしいです」

唯「ほえー」

27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/05(土) 00:38:24.03 ID:VnCh+dZEO [7/28]
唯「そういえば、猫といえば前から気になってたことがあるんだけど」

梓「なんですか?」

唯「猫ってすごくジャンプが高いって聞いたことがあるけど、どれくらいとぶの?」

梓「種類によって差はありますけど……そうですね」

梓「うちの猫で実験してみましょうか?」

唯「どうやって?」

梓「唯先輩、後ろ向いてもらっていいですか」

唯「こうでいいかな?」

梓「はい」


29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/05(土) 00:48:54.33 ID:VnCh+dZEO [8/28]
梓「じゃあそのままの状態でいてくださいね」」

唯「うん」

唯「うん?」

唯「え?私の背中であずにゃんなにしてるの?」

梓「ただたんに猫じゃらしを唯先輩の背中の前でうろちょろさせてるだけです」

唯「うう、こしょぐったいよ~」

梓「我慢です……あ、来ました」

唯「へ?」

唯「うわあああ、猫が私の背中に飛びついてきたんだけど!」

梓「違いますよ。唯先輩の背中の周りで動いていたねこじゃらしを追ってきただけです」

唯「どっちにしよう、すごいジャンプするんだね」

梓「すごいでしょう?」


30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/05(土) 00:54:36.64 ID:VnCh+dZEO [9/28]
唯「にしても、あずにゃんと違ってこの猫さんはやんちゃだね」

梓「そうですか?猫なら普通ですよ」

唯「いーや、絶対この子はやんちゃだよ」

梓「じゃあ試しに抱いてみたらどうですか?」

唯「いいの?」

梓「はい」

唯「よーし」


31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/05(土) 01:00:45.47 ID:VnCh+dZEO [10/28]
唯「よいしょ」

唯「かる~い。やっぱまだまだ子猫だから軽いね。あずにゃんみたい」

梓「変なこと言わないでください」

唯「さて、猫さん!さっき猫さんは私の背中に勝手に飛び乗りましたね」

唯「めっだよ!」

梓「……」

唯「……」ジ-

梓「なにやってんですか?」

唯「にらめっこ」



32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/05(土) 01:05:51.20 ID:VnCh+dZEO [11/28]
唯「ジー」

唯「目をそらしちゃダメだよ、猫さん」

梓「いえ、猫は基本的に人と目を合わせるのを嫌うんですよ」

唯「へえー。意外とシャイなんだね」

梓「まあそうですね」

唯「チューしちゃえ」

梓「な、なにするんですか、うちの子に!」

唯「え?チューだよ」

梓「猫は自分のお尻とかを舌でなめたりするから汚いんですよ」

唯「だって、猫さん」

梓「私もチューしてたら純に注意されましたから」

梓「……」

唯「へえー」

梓「うるさいです!」

唯「なにも言ってないよ?」

34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/05(土) 01:13:01.97 ID:VnCh+dZEO [12/28]
梓「ほ、ほかになにか聞きたいことはありませんか?」

唯「えーと、猫さんはお手とかおすわりはしないの?」

梓「きちんと訓練すればできないこともないですけど、基本的にそんなことしませんよ」

梓「猫は人じゃなくて、家になつくものですから」

唯「犬とは違うんだね」

梓「猫のほうがかわいいです!」

唯「あずにゃんもかわいいよ」

梓「……あ、りがとうございます」

唯「いえいえ、どういたしまして」

35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/05(土) 01:18:56.28 ID:VnCh+dZEO [13/28]
唯「あー!今日、宿題がたくさんあるんだった!」

梓「唐突ですね」

唯「うん。とにかく勉強しなきゃ」

梓「頑張って」

唯「あずにゃん、宿題は?」

梓「終わってます」

唯「手伝ってー!」

梓「お断りします」

唯「あずにゃんのケチー」

梓「その代わり、お菓子持ってきますから」

唯「やったー」

36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/05(土) 01:24:54.19 ID:VnCh+dZEO [14/28]
10分後!


唯「ううぅ」

梓「さっきからノートをにらみつけてるだけで、全然進まないですね」

唯「だって難しいんだもん。それに……」

唯「なんでか知らないけど、猫がノートに乗ってるし」

梓「この子、どうしてかわからないんですけど、人が勉強してると、ノートとか教科書に乗るんですよね」

唯「うージャマだよ~」



37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/05(土) 01:30:37.23 ID:VnCh+dZEO [15/28]
唯「どいてよー」

猫「ききっ」

唯「うわあ!怒った!?」

梓「違いますよ。威嚇してるんですよ」

唯「威嚇?なにに?」

梓「唯先輩の背後にある窓の外の鳥にです」

唯「鳥?」

梓「はい。猫は鳥が大嫌いなんです」

唯「それで、今猫ちゃんが威嚇したんだね」



39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/05(土) 01:34:30.46 ID:VnCh+dZEO [16/28]
梓「ちなみに鳥を威嚇するのは飼い猫だけなんですよ」

唯「野良猫はしないってこと?」

梓「はい」

唯「この猫ちゃんは、買ったの」

梓「違います。純から譲り受けたものなんです」

梓「純の猫がいつのまにか妊娠してて、それで……」

唯「あずにゃんが受けとったんだね」

梓「はい」

40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/05(土) 01:41:41.26 ID:VnCh+dZEO [17/28]
唯「にしてもあずにゃんは本当に猫に詳しいね」

梓「当たり前です。親と約束したんです」

唯「約束?なにを約束したの?」

梓「もし、猫を飼うなら自分一人できちんと面倒を見ることって」

唯「うわ、あずにゃんのご両親は厳しいね」

梓「そんなことないですよ。最初は飼うのすら賛成していなかったのに、最終的には猫用のトイレやねこじゃらしを買ってくれたり……」

梓「なんだかんだすごい面倒見てくれたりしてくれていますし」

梓「猫のしつけのために本まで私にプレゼントしてくれたり……」

41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/05(土) 01:46:01.29 ID:VnCh+dZEO [18/28]
唯「いいお父さんとお母さんだね」

梓「はい」

梓「だから私もこの子にとっていい親であろうと思って、たくさん猫について調べたんです」

唯「あずにゃんは素晴らしいお母さんだよ」

梓「ありがとうございます」

唯「ただ、さっきから気になってたことがあるんだけど」

梓「なんですか?」

42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/05(土) 01:50:32.06 ID:VnCh+dZEO [19/28]
唯「なんで一度もこの猫さんのことを名前で呼ばないの?」

梓「え、そ、それは……その……」

唯「?」

梓「この子の名前は親として私がつけたんです」

唯「うんうん、なんて名前?」

梓「……笑わないでくれますか?」

唯「笑わないよ」

梓「じゃあ、言います」




梓「あずにゃんV3です!!」

44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/05(土) 01:56:58.04 ID:VnCh+dZEO [20/28]
唯「へ?」

梓「だからあずにゃんV3です!」

唯「……」

梓「なんか言ってください」

唯「……なんでVなの?」
梓「いえ、それは……ヴィクトリーのVとかバリューとか、とにかくそんな感じの意味なんです」

唯「ごめん、こういうときどんな顔をしたらいいかわからないや」

梓「笑ってください!」

唯「笑わないでって言ったくせに」

梓「そ、そうですけど……」

46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/05(土) 02:00:51.37 ID:VnCh+dZEO [21/28]
梓「いや、他にもあずにゃんV3には深い意味があって……」

梓「仮面ライダーのように力強く、勇ましい、そんな猫になってほしくて」

梓「……いや、やっぱり純に考えてもらうべきだったのかな?」

梓「で、でも純よりはいいセンスしてるよね」

梓「してるよね?」

梓「ねえ、唯先輩?」


47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/05(土) 02:06:04.70 ID:VnCh+dZEO [22/28]
唯「……」

梓「唯先輩?」

唯「んにゃ……」

梓「あずにゃんV3と一緒に寝てるし……」

梓「もう……まだ宿題も終わってないのに」

梓「私はあずにゃんV3のお母さんであっても、唯先輩のお母さんじゃないのに……」

梓「唯先輩、こんなところで寝たら風邪引きますよ?」

唯「だい……じょうぶだよ、あ、ず……にゃん」

梓「大丈夫じゃないですって」

梓「……」

梓「憂も大変だなー」

48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/05(土) 02:13:24.54 ID:VnCh+dZEO [23/28]
梓「……」

梓「……」

梓「せめて毛布だけでもかけてあげよう」

梓「唯先輩」

唯「…………にゃん」

梓「あずにゃんV3」

猫「んにゃお」


梓「……ふふ」

梓「二人とも似たものどうしなんだから」

梓「でもまあ、たまにはこういう日があってもいいよね?」



梓「おやすみなさい、あずにゃんV3、唯先輩」

49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/05(土) 02:13:53.29 ID:VnCh+dZEO [24/28]
おわり

52 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/05(土) 02:23:19.58 ID:VnCh+dZEO [25/28]
http://live28.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1275380780/
↑前の話 梓「優しい猫の飼い方」

ちなみにこれの前に書いた梓「優しい猫の飼い主」は忘れてくれ

一応これ一本で楽しめるようにはなってる

こんなグダグダしたSSを見てくれた人、支援してくれた人ありがとう

猫はやっぱかわいい

53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/05(土) 02:37:33.48 ID:FI5WkGiUO [1/2]
似た話を読んだ気がするけど純が猫飼ってるって公式設定?
アニメには無いよね?

54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/05(土) 02:44:41.52 ID:VnCh+dZEO [26/28]
>>53アニメにもある、はず

ただこのSS内では純の飼っている猫は十年以上生きているという設定になっている



56 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/05(土) 02:55:14.82 ID:VnCh+dZEO [27/28]
いや一期だよ



58 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/06/05(土) 02:59:57.25 ID:VnCh+dZEO [28/28]
ちなみに前SSの時に猫がいつ妊娠したのかという質問があったが、
これは、梓と純がたけのこの里ときのこの山について争った後、
猫が外に出ている間に交尾して妊娠したというふうに俺の中ではなっている

どうでもいいか

それではおやすみなさい


コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。