FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キョン「・・・・電波w・・・・wwwウフフwww」ハルヒ「?」 -番外編 孤島症候群-

176 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/02(水) 19:44:33.08 ID:pQBJKx7w0 [57/74]

夏 部室

ハルヒ「合宿するわよー!!」

みくる「が、合宿ですか?」

古泉「急ですね」

長門「・・・・・」

キョン「キングゲーイナー」

古泉「それでどこに行くんでしょうか」

ハルヒ「さあ?古泉君決めといて」

古泉「僕がですか?」

ハルヒ「そうよ。だって古泉君ったらいっつも入院で全然活動に参加出来なかったじゃない?
     だから場所も日時も貴方にまかせるわ」

古泉「うれしいような悲しいような・・・・」

キョン「メタルーオーバーマン!キーングゲイナー!!」

178 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/02(水) 19:55:00.95 ID:pQBJKx7w0 [58/74]
二日後

古泉「ということで私のおじの別荘はどうでしょうか?」

ハルヒ「別荘!!いいわねぇ・・・もちろん無人島よね?」

古泉「はい。日時はいつでもいいと仰ってましたので団長さんにお任せします」

ハルヒ「よくやったわ古泉君。貴方を副団長に任命するわ」

古泉「恐縮です」

みくる「無人島ですかぁ」

長門「獲れたてぴちぴちカニ料理」

キョン「ほんとにほんとにほんとにほんとにライオンだ」

181 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/02(水) 20:00:54.10 ID:pQBJKx7w0 [59/74]
旅行当日

ウォークマン「エンダァァァァァァァァイヤァァァァァァァァァ」

ヴーヴー

パカ

キョン「はい」

ハルヒ「あんた何してンの?もうみんな集合してるわよ!!」

キョン「・・・・・」

ハルヒ「大体あんたはいっつも遅刻しt」

ブツッ

ハルヒ「やっぱり切りやがったわ!!みんな!キョンの家に行くわよ」


妹「キョン君誰からー?」

キョン「知らない人だった」

妹「へー、でここどこだっけ?」

キョン「サイパン」

孤島症候群 fin

185 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/02(水) 20:46:09.86 ID:pQBJKx7w0 [60/74]
孤島症候群2

ハルヒ「前回キョンの家族旅行で中止になった合宿ですが、来週行くことになりました」

キョン「・・・・・」コンガリ

古泉「叔父も良いといっていました」

ハルヒ「今回はちゃんと来なさいよ」

キョン「はい」

ハルヒ「あんたの返事は信用できないのよ」

みくる「はぅー」

長門「・・・・・カニ・・・」

188 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/02(水) 20:59:23.47 ID:pQBJKx7w0 [61/74]
旅行当日船内

古泉「今回はちゃんと来てくれましたね」

キョン「ん」

妹「あのねー、孤島ねーすっごい楽しみ」

みくる「そうですねー」

ハルヒ「まあ、まさか妹までつれて来るなんて思わなかったけど」

長門「・・・漁船じゃない・・・」


191 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/02(水) 21:07:03.43 ID:pQBJKx7w0 [62/74]
zzz

古泉君・・・・古泉君・・・・

ハルヒ「だめね完全に眠ってるわ」

みくる「あうー」

ハルヒ「キョン?何して・・・・ちょ、ちょっと!!?」

みくる「それはあぶないですよぅ!!」

カチッ 

ハルヒ「キョンあんた本当に危ないって!!冗談じゃすまないわよ!!あッ!!」

古泉「zz・・・何の騒ぎです・・・・」

ババババババババババッ!!!

古泉「んんんんっふッ!!!!???」

192 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/02(水) 21:11:50.64 ID:pQBJKx7w0 [63/74]
長門「サッ ピロリーン ピロリーン」

妹「わぁー カシャッ カシャッ」

キョン「・・・・ウフフフフ」

ハルヒ「古泉君!?大丈夫!?みくるちゃんスタッフの人よんできて!!」

みくる「はいー」

キョン「ウフフフwww」

長門「ピロリーン ピロリーン」

古泉「な、何が起きたんです?」

ハルヒ「キョンが古泉君が起きないからって服の中に爆竹を入れたのよ」

古泉「なるほど、だからこんなに腹部が熱いのですね」

ハルヒ「今みくるちゃんがスタッフ呼んできてるから」

キョン「・・・・ウフフwww」

196 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/02(水) 21:24:37.49 ID:pQBJKx7w0 [64/74]


新川「お待ちしておりましt・・・古泉さん!?」

古泉「お久しぶりです、新川さん、森さん」

森「大丈夫ですか!?血だらけですよ」

古泉「ええ、ちょっとふざけてただけですから」

キョン「クスクス」

古泉「ご紹介します。こちら叔父の執事の新川さんとメイドの森さんです」

新川「よろしくお願いします」

森「よろしくお願いします」

ハルヒ「こちらこそ!みくるちゃんよかったじゃないメイド仲間よ」

みくる「ふえぇ・・・」

長門「    ピロリーン」

198 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/02(水) 21:28:59.45 ID:pQBJKx7w0 [65/74]
孤島

ハルヒ「うわあ・・・きれいな島ね・・・・」

キョン「・・・・・」

みくる「すごいですぅ」

妹「サイパンの方がもっとすごかったよー?ねぇ?キョン君?」

キョン「そうだな」

新川 森「・・・・・」

古泉「・・・・さ、さあ行きましょう!!」

199 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/02(水) 21:33:00.06 ID:pQBJKx7w0 [66/74]
別荘 男子部屋前廊下

みくる「多丸圭一さんって方、良い人そうでしたね」

ハルヒ「分からないわよ?きっと地下で怪しげな研究でも・・・」

古泉「・・・・」

ハルヒ「古泉君廊下で何やってんの?」

古泉「いや、あの・・・・追い出されまして・・・」

ハルヒ「キョンに?」

古泉「はい・・・・」

長門「・・・ユニーク」ピロリーン ピロリーン


201 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/02(水) 21:44:18.68 ID:pQBJKx7w0 [67/74]
ハルヒ「キョン!私よ!!開けなさい!!」

ガチャ

キョン「・・・・・」

ハルヒ「今からミーティングするから入れなさい。あと古泉君追い出すなんて酷いじゃない」

キョン「・・・・臭い」

ハルヒ「それくらい我慢しなさい。団長命令よ」

キョン「・・・・・チッ」

ガチャ

ハルヒ「よろしい。さあ行くわよ」スタスタ

古泉「なんか今すごく悲しいです」スタスタ

長門「・・・・ユニーク」トテトテ

妹「わぁー」トテトテ

バタンッ

みくる「・・・・・」ゾクゾクッ


203 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/02(水) 21:55:09.25 ID:pQBJKx7w0 [68/74]


ハルヒ「海がきれいだわ!!みくるちゃんも来なさい!!」

みくる「はーい」

妹「私も行くー」

古泉「ミーティングとは言っても今後の予定を言っただけでしたね」

キョン「・・・・」

古泉「泳いだりしないんですか?長門さんはあそこでサーフィンしてますよ」

長門「良い波が来た」

キョン「・・・・」

古泉「せっかく来たんですから楽しんでってください」

キョン「・・・・zzz」

古泉「あ・・・・寝てたんですか」

長門「このビックウェーブに乗っかるしかない」

205 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/02(水) 22:03:37.41 ID:pQBJKx7w0 [69/74]
遊戯場 カラオケボックス

妹「きっみっはだーれだ おっしっえってくれ」

ハルヒ「完全にキョンの趣味に侵されてるわね」

みくる「これって私たちが幼稚園の時特撮の歌ですよね?」

古泉「もっと前かも知れません・・・」

妹「どっこっかっらきて」

長門「そしてどーこへー」

キョン「ペロキャンなめたい」

206 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/02(水) 22:14:05.92 ID:pQBJKx7w0 [70/74]
二日後

ハルヒ「さて今日は何して遊ぶかしら?外は嵐だし室内でしか遊べないわね」

みくる「遊戯場にビリヤードがありましたよ」

ハルヒ「そういえばダーツもあったわね」

キョン「・・・・的は古泉な」

古泉「っちょ、勘弁してください」

長門「目なら50点 股間は100点」

妹「わぁ、私がんばるよー」

古泉「・・・・」

森「きあぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!」

みんな「!!?」

キョン「・・・・矢はシャーペンでいいよな?」

207 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/02(水) 22:19:03.45 ID:pQBJKx7w0 [71/74]
書斎

古泉「どうしたんですか!?」

森「圭一様が・・・死んでます」

みんな「・・・・・!!!」

キョン「え?なに?え?w」

新川「脈もありません・・・・」スクッ

みくる「はううう・・・・」バタンッ

長門「ッサ ピロリーン ピロリーン」

古泉「皆さん一旦部屋へ戻りましょう」

キョン「・・・・ジー・・・・」

ハルヒ「行くわよキョン」

キョン「トマトマトマートケチャプップーwww」

ハルヒ「?」


208 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/02(水) 22:22:43.51 ID:pQBJKx7w0 [72/74]
男子部屋

ハルヒ「まさかこんなことになるなんてね・・・・」

古泉「ここには私たちしか居ませんし、あれは自殺には見えませんし・・・」

キョン「・・・・」

長門「ぴ ぴ ぴ」ホッコリ

ハルヒ「とにかく、今後は出来るだけ固まっていましょう。そのほうが安全だわ」

古泉「そうですね部屋にも鍵をかけときましょう」


書斎前 廊下

みくる「・・・・・っは!?」スクッ

みくる「・・・・・また置いてかれましたぁ」ゾクゾクッ


209 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/02(水) 22:26:16.87 ID:pQBJKx7w0 [73/74]
夕方 食卓

古泉「祐さんが行方不明です」

ハルヒ「だれ?」

みくる「誰ですか?」

妹「だーれー?」

長門「・・・・」

キョン「がつがつ」

古泉「ほら、圭一さんの弟の」

妹「あーニートやってるひとー」

キョン「妹よ、お前はあんな風になってはいけないぞ」モグモグ

妹「うんー」

新川 森「・・・・・」

キョン「おかわり」

219 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/03(木) 00:30:50.25 ID:IQBQwoGC0 [1/52]
男子部屋

古泉「状況を整理しましょうか」

古泉「部屋は密室。ナイフは手帳を貫通して体に刺さっていました」

みくる「ふぇーん豚でした」

ハルヒ「ジャーンフルハウスよ!!」

長門「ストレートフラッシュ・・・・」

キョン「ロイヤルストレートフラッシュwwクスクスwww」

古泉「推理する気ゼロですか・・・」

222 名前: ◆41RbwOM14Y [] 投稿日:2010/06/03(木) 00:47:55.17 ID:IQBQwoGC0 [2/52]
ハルヒ「そんな事いったってしょうがないじゃない。素人がむやみに手を出しちゃまずいでしょ」

古泉「それはそうですが・・・」

ハルヒ「わかったらさっさと警察に電話しなさい」

キョン「後焼きそばパンかって来いよ」クスクス

228 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/03(木) 01:26:58.58 ID:IQBQwoGC0 [3/52]
古泉「警察に連絡しましたところ誰の立ち入りも許可しないようにとのことです」

みくる「警察はいつくるんですかぁ?」

古泉「嵐が収まり次第くるそうです。予報では明日の午後には天候回復が見込まれていますから
   おそらくその頃になるでしょう」

キョン「焼きそばパンは?」

ハルヒ「んー・・・それまで暇ね・・・」

キョン「焼きそばパンは?」

ハルヒ「キョン、ちょっとついてきなさい。クルーザーがあるか確かめに行くわよ」

キョン「はい」

スタスタ バンッ

古泉「外は嵐なのに大丈夫でしょうか・・・・」

長門「サイクロン」

妹「ジョーカーー!!」

229 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/03(木) 01:32:04.66 ID:IQBQwoGC0 [4/52]


ハルヒ「風が強いわね・・・。キョン!!ちゃんと付いて来なさいよ!!」

キョン「奴が・・・・復活したのか・・・・」

ハルヒ「遊んでないで!!!早く来なさい!!!」

キョン「はい」


室内

みくる「はぅー負けました」

妹「やったよ。おっぱいドーパントを倒したよ」

長門「・・・・巨乳は死滅するべき・・・」

古泉「・・・・」

古泉「ああ、ここには僕の居場所はないのか・・・」

長門「ダーツでもする?」

230 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/03(木) 01:39:18.25 ID:IQBQwoGC0 [5/52]

ハルヒ「みえる?キョン」

キョン「ああ」

ハルヒ「船がないわ」

キョン「・・・・」

ハルヒ「私たちはこの島に隔離されてしまったわ・・・」

キョン「帰りたい」

室内

みくる「ンーッ・・・ンンーッ」

妹「こう?」

長門「・・・そう。そしてもっときつく縛ったほうが綺麗に縛れる」

妹「分かったー」

みくる(ああ・・・何この快感・・・すごく・・・・良い)ゾクゾクッ

古泉「・・・・・」

246 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/03(木) 09:45:45.35 ID:IQBQwoGC0 [8/52]

男子部屋

ハルヒ「やばいわよ。クルーザーがなくなっていたわ」

古泉「やはりそうですか・・・」

古泉「祐さんが乗って逃げたか嵐で流れてしまったんでしょう。前者の方が可能性高いです」

キョン「・・・・」

ハルヒ「警察が来ない限りここからは出られないわね」

長門「・・・・・」

キョン「・・・・迷い猫・・・見れない」

長門「んでんでんで にゃーんで 構って構って欲しいの」


247 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/03(木) 09:49:34.64 ID:IQBQwoGC0 [9/52]
古泉「それと、私たち、森さんと新川さんが捜査して得た推理を聞いてもらえませんか?」

ハルヒ「まあ、状況の把握は必要よね。いいわよ話して」

長門「・・・・世紀王になるのは俺だ・・・」

キョン「俺は戦いたくない!!戦いたくないんだ!!信彦ーッ!!!」

妹「やめてー!!信彦さん!!」

ハルヒ「ちょ、あんたらうっさい」

みくる(私はいつまで縛られているのでしょうか?)ゾクゾクッ

古泉「・・・・」

249 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/03(木) 09:53:40.29 ID:IQBQwoGC0 [10/52]
古泉「・・・・とまあこんな感じです」

ハルヒ「なるほど、簡単に説明しなおすと祐さんが圭一さんをナイフで胸を刺して逃げたんだけど、
    手帳に守られ圭一さんは死なず、思い込みで気絶してたら私たちが来た。
    それをを祐さんが戻ってきたと思って鍵をかけた。
    そして、運悪く足をもつれさせて倒れてナイフが深く刺さってしまった。こんな感じ?」

古泉「はい、そうです」

ハルヒ「自爆か・・・・」

250 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/03(木) 09:57:51.49 ID:IQBQwoGC0 [11/52]
古泉「まあそう言えばそうなんですが・・・」

ハルヒ「しょぼいわね。まあ、殺意を持った人間がここに居るなら安全ではないわ」

キョン「ファイナルベント」ダダダダダ

長門「ガードベント」サッ

みくる「ん?」

ドスッ

みくる「ンンンンンンンーーーーーッ!!!」ビクッビクッ

ハルヒ「暴れんなぁ!!」

みくる(・・・・・さいっこう・・・・)ゾクゾク


251 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/03(木) 09:59:52.86 ID:IQBQwoGC0 [12/52]
古泉「すげぇ危機感ねえ・・・・。あと、キョンさん、ちょっと廊下でいいですか?」

キョン「・・・・・」

古泉「あの、お話がありm」

キョン「チッ・・・・」スタスタ ガチャ バタン

古泉「・・・・・」

古泉「私は彼に嫌われてるんでしょうか?」

ハルヒ「あら?今頃気づいたの?旅行中ずっと貴方に対して負のオーラしか出してないわよ」

古泉「・・・・・」


263 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/03(木) 16:54:38.51 ID:IQBQwoGC0 [14/52]
廊下

古泉「・・・・・」

キョン「スコー スコー」

古泉「ガスマスクなんてどこから持ってきたんですか・・・・」

キョン「スコー スコー」

古泉「・・・・まあ、いいです。本題に入りましょう」

キョン「スコー スコー」

古泉「さっきの話は真相ではありません」

古泉「全部うそ、というわけではなく最後だけ違うのです」


266 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/03(木) 17:01:42.33 ID:IQBQwoGC0 [15/52]
古泉「考えて見てください。足がもつれ倒れた拍子にナイフが刺さったのであれば圭一さんは俯けの状態で発見されなくてはいけません
   しかし、私たちが発見した時は仰向けの状態でした」

キョン「スコー スコー」

古泉「察しのいい貴方なら分かっているかも知れません・・・・犯人は・・・」

キョン「もういい、古泉」スコー スコー

古泉「?」

キョン「嵐もやみかけている。あと少しでこの島から出れる。出れる状態になったら俺たちは出て行く」スコー

古泉「・・・・」

キョン「それは決してこの島に殺人鬼がいるからとかお前が嫌いだからとかお前が嫌いだからとかじゃないんだ。
    決して。」スコー スコー

古泉(2、2回言った・・・・)

270 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/03(木) 17:09:20.22 ID:IQBQwoGC0 [16/52]
キョン「明日には帰らないと・・・・エンジェルビーツが見れないんだよ」スコー スコー

古泉「大丈夫です。私はそれを録画してますから後で一緒に見ましょう。明日の昼には警察が・・・」

キョン「だからお前が嫌いなんだよ」ボソ

古泉「?何か言いましたか?」

キョン「スコー スコー」

古泉「とにかくここは固まって行動した方が・・・」

キョン「・・・・」スッ

古泉「な・・・なんですか?」

ゴキィッ



キョン「リアルタイムで見ることに価値があるんだ」

272 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/03(木) 17:16:40.12 ID:IQBQwoGC0 [17/52]
廊下

古泉「・・・・・ハッ!!」

古泉「あ・・・あれ?私はなんでこんなところに・・・・」

古泉「・・・そうでした、キョンさんに首を180度回転させられて・・・・」

古泉「首が痛い・・・。とにかく部屋に入らないと・・・・」

男子部屋

古泉「あ・・・あれ?みんな居ない・・・」

古泉「女子の部屋でしょうか?」

274 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/03(木) 17:20:41.99 ID:IQBQwoGC0 [18/52]
女子部屋

古泉「みんな居ない・・・」

古泉「しかも荷物までなくなってます・・・。」

古泉「そういえば、男子部屋には僕の荷物しかありませんでした・・・」

古泉「・・・・どうなってるんでしょう」

278 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/03(木) 17:29:28.18 ID:IQBQwoGC0 [19/52]
30分後 ホール

古泉「これだけ探したのに誰も居ません・・・あ!あれは!?」

古泉「新川さん!!」

新川「・・・・こ、古泉さんですか」

古泉「どうしたんですか!?おなかから血が出てますよ!?」

新川「・・・・作戦は失敗です」

古泉「え?」

新川「あのキョンと呼ばれた男・・・なかなかやります。まさかこうもあっさり真相を見抜かれるとは・・・」

古泉「な、何があったんですか!?」

279 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/03(木) 17:34:59.77 ID:IQBQwoGC0 [20/52]
数時間前

キョン「新川さん、帰ります。クルーザーを出してください」

新川「?」

キョン「嵐も止んだんで帰ります。クルーザーを出してください」

新川「ですが船は行方不明で」

キョン「茶番はもう結構なのでクルーザーを出してください」

新川「・・・では、みんなを集めてください。私から説明しま・・・」

キョン「もうみんな港に集まってます。クルーザーを出してください」

新川「・・・・」

キョン「・・・・・チッ」

ヒュン



新川「その瞬間私の視界は真っ暗になりました」

286 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/03(木) 17:42:46.62 ID:IQBQwoGC0 [21/52]
古泉「・・・・いったいどこで分かったんでしょう・・・・」

新川「しかしいつの間に私、出血したのでしょうか・・・」

古泉「服が少し焦げてますね・・・・また爆竹を服の中に入れたんでしょう・・・」

新川「彼には躊躇いというものがないのでしょうか?」

古泉「クルーザーの場所を教えてないですし運転も我々しか出来ないのでこの島からですことは出来ないはず・・・。
   一体どこへ」

ジリリリリリリリ

古泉 新川「!?」


289 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/03(木) 17:47:16.41 ID:IQBQwoGC0 [22/52]
古泉「僕が出ます」

ガチャ

森「よかった。私森です」

古泉「森さん!?今どこに居るんです!?」

森「フェリー乗り場です。皆さんをクルーザーで送ったところです」

古泉「・・・・じゃ、じゃあ僕達は置いてかれたんですか?」

森「そうなります」

古泉「・・・・・・」

森「すいません。でもあのキョンって子が・・・・すごく怖くて・・・」

293 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/03(木) 17:53:44.63 ID:IQBQwoGC0 [23/52]
数時間前

ゴキッ

森「ああっ!!」

キョン「クルーザー出してください。お願いします」

森「肩がッ!!」

キョン「大丈夫です。はずしただけですから。クルーザー出してください」

森「し、しかし・・・・」

キョン「・・・・・」

294 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/03(木) 17:57:59.61 ID:IQBQwoGC0 [24/52]
森「・・・・っうぅ・・・」

キョン「・・・・・」

森「分かりました・・・出します」

キョン「ありがとうございます」

ゴリッ

森「ひぃ!!」

キョン「肩、直したんで運転おねがいします」

森「・・・・は、はい」

296 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/03(木) 18:01:25.10 ID:IQBQwoGC0 [25/52]
古泉「・・・・」

森「だってあの子、殺し屋の目をして睨むんですよ・・・・」

古泉「わかりました。とにかくこちらに戻ってきてください」

森「はい」

新川「どうやら我々の完敗のようですな・・・」

古泉「そのようです・・・・やれやれ、困ったものです」

298 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/03(木) 18:05:37.91 ID:IQBQwoGC0 [26/52]
二日後 部室

古泉「・・・・おはようございます」

ハルヒ「あら!古泉君!!どうだった水入らずで叔父さんとの一日は?」

古泉「え?・・・あ、ええ楽しかったですよ」

みくる「それはよかったですぅ」

キョン「・・・・お帰り」クスクス

ハルヒ「にしてもあれよね。殺人事件に遭遇するなんてそう簡単にあるわけないものね」

古泉「あ・・・あれは・・・」

ハルヒ「まあ、気分だけでも味わえたし、古泉君には感謝しないとね」

古泉「・・・い、いえいえ・・・」

長門「・・・・ペラ・・・・」

300 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/03(木) 18:10:52.18 ID:IQBQwoGC0 [27/52]
古泉「しかし、どこで分かったんですか?」

みくる「あ、あの。私見たんですぅ」



書斎

みくる「また置いてかれましたぁ・・・・」ゾクゾクッ

みくる「・・・あれ?」

圭一「やっべ。ケチャップとれねえよ。どうすんのこれ・・・」

みくる「・・・・・・・幽霊?」

圭一「まったく死に役も楽じゃないな」

みくる「・・・・・え?」

圭一「くっせwww俺wwケチャップくせえwwwww」

みくる「え?」

303 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/03(木) 18:14:37.82 ID:IQBQwoGC0 [28/52]
みくる「とても楽しそうだったんでそのままにして置きました」

古泉「そんなところ見ちゃってたんですか」

ハルヒ「私はすごくワクワクしてたんだけどみくるちゃんからそんなネタばれ聞いちゃったからすっごい興味なくなっちゃってさ」

古泉「それならそうと言ってくれればよかったのに・・・」

ハルヒ「だってこのまま泳がせとこうってキョンが言うんだもん・・・」

キョン「古泉の真似 殺人がー殺人がー」

長門「クール」

ハルヒ「ちょ、ちょっとやめなさいって・・・」

古泉「・・・・・」

304 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/03(木) 18:18:43.67 ID:IQBQwoGC0 [29/52]
ハルヒ「まあ何はともあれ結構楽しかったわよ!!また今度もよろしくね副団長!!」

みくる「でも、もうドッキリはやめてくださいね」

長門「・・・・よろしく」

古泉「は・・・・はい!!」



キョン「天使ちゃんマジ天使」

孤島症候群2 完


308 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/03(木) 18:51:58.50 ID:IQBQwoGC0 [30/52]
ライブアライブ

映写室

朝比奈ミクルの冒険 episode00

ミクル「えーい」ダダダダダダダダダダダダダダッ

ユキ「自分が抑えられない?いいですねぇ・・・・私もです ジュルッ」

ミクル「こ、こうなったら・・・み、ミクルビー・・・・、じゃなくってオプティックブラスト!!」

ヒュン ガシッ

ユキ「どんなに強力なメモリを手に入れても使用者が貧弱では・・・・フウンッ」

バリバリバリ

ミクル「きゃああああああ!!」



309 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/03(木) 18:57:08.75 ID:IQBQwoGC0 [31/52]
古泉「それにしてもすごい人ですね」

ハルヒ「当たり前じゃない!!私の初監督作品よ!!これでも少ないほうよ」

みくる「恥ずかしいですぅ・・・」

ハルヒ「何言ってんのよ。サイクロプスもビックリのオプティックブラストじゃない」

長門「・・・・・ジュルッ」

ハルヒ「・・・あれ?キョンは?」

古泉「さっき谷口さんと国木田さんと一緒に行きましたよ」

ハルヒ「谷口・・・・退院してたのね・・・・」

映写室

ユキ「ガードスキル、ハンドソニックヴァージョン2」

314 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/03(木) 19:12:00.56 ID:IQBQwoGC0 [32/52]
廊下

谷口「いやー、えらい目にあったよ」

国木田「谷口君が退院できてよかったよ。ほんとに」

キョン「たこ焼きうまい」モグモグ

谷口「あのときの俺はどうにかしてたよ」

国木田「ほんとだよ。抑えるの大変だったんだから」

キョン「・・・・・」モグモグ

谷口「すまんかったな。それでこれからどこ行くんだ?」

国木田「先輩の鶴屋さんって人がやってるコスプレ喫茶。今回の映画の剣でお世話になったんだよ」

谷口「俺が居ない間にいろんなことやってんだな」

国木田「まあね」

キョン「・・・・」モグモグ

317 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/03(木) 19:25:22.64 ID:IQBQwoGC0 [33/52]
鶴屋「やあ、キョン君とその仲間達!!こっち!!こっち!!」

鶴屋「三名様ご来店っ!!まいどっ!!」

キョン「・・・・・」

鶴屋「どうだいっ?この衣装!!似合ってると思わないっかなぁ?」

キョン「・・・・・」

鶴屋「あははははは!!どうしたのキョン君!?元気がないじゃないっか!!」ドンッ

キョン「・・・・・イラッ」

320 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/03(木) 19:37:31.58 ID:IQBQwoGC0 [34/52]
鶴屋「元気だしなよっ!!」ドンッドンッ

キョン「・・・・イライラ」スッ

国木田「わぁー!!!人がいっぱいですねぇ!!!!」

谷口「おい、キョン落ち着け!!」

ガシッ

キョン「・・・・・イライラ」

谷口「うおお、こいつ力つええ・・・!!ゴリラか・・・・!!?」

鶴屋「わははっ!!入れ食いさ!!」

キョン「・・・・・!!!!」ヒュンッ ヒュンッ

鶴屋「えーと?三人だよね?五百円でいいや!!大サービス!!」

谷口「やめるんだッ・・・!!キョン!!」

キョン「!!!!!」ブウンッ ブウンッ

322 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/03(木) 19:51:47.23 ID:IQBQwoGC0 [35/52]
教室改めコスプレ喫茶内

鶴屋「おまっちどおさま!!うわ!!店内めちゃくちゃ・・・あれキョン君は?」

国木田「用事を思い出したって出て行っちゃいました」

谷口「くそお!!鼻血が出てんじゃねえか・・・」

鶴屋「そっかー・・・なんか私気に触ることしたかな?」

国木田「いえいえ、そんなんじゃないですよ」

鶴屋「だよね!!」

323 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/03(木) 19:56:23.10 ID:IQBQwoGC0 [36/52]
谷口「血・・・・血?」

国木田(この人自覚ないのか・・・・)

鶴屋「まあ店はこんなになってしまったけどゆっくりして行ってね!!はははははは!!」

谷口「血・・・・笑い声・・・・血!!笑い声!!」

谷口「うわあああああ!!俺は見たんだぁ!!!」

国木田「谷口君!!どうしたの谷口君!!!」

鶴屋「そんなに焼きそば気に入ってくれたの?ははははは!!!」

谷口「俺は正気だぁー!!!俺は見たんだー!!!!」

国木田「だれか!!!岡部先生よんできて!!!!」

鶴屋「はははははははははははははは!!!!」



キョン「りんごアメうまい」

324 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/03(木) 20:02:24.55 ID:IQBQwoGC0 [37/52]
玄関口

女の子A「そんな!!」

女の子B「最後のライブなんだよ!!どうしても出れないの!?」

女の子C「無理よ。指は粉砕骨折だし喉もやられてる」

女の子D「そんなぁ」

キョン「ジー・・・・」

ハルヒ「キョン。アンタこんなところで何やってんの?」スタスタ

キョン「・・・・・」

ハルヒ「もう何ヶ月も経ったって言うのにまともに返事もしないのね」

326 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/03(木) 20:16:25.22 ID:IQBQwoGC0 [38/52]
女の子C「本当にごめん」ダッ

女の子A「C-!!」

ハルヒ「なんだかあそこ面白そうなことやってるわね」

キョン「・・・・」

女の子A「どうする・・・?」

女の子B「そんなこと言ったって・・・」

ハルヒ「ねえ、困ってるならなんか手伝おうか?」

女の子ABD「!!!」

キョン「・・・・長門も呼んでくるウフフwww」

327 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/03(木) 20:27:16.97 ID:IQBQwoGC0 [39/52]
体育館

古泉「あ、朝比奈さん」

みくる「古泉君も呼ばれたんですか?」

古泉「ええ、演奏するから来いって。数日ぶりに話しするのにそれだけ言ってどこかへ行ってしまわれました」

みくる「そうなんですか」

司会「それでは次は軽音同好会の部に入ります」

みくる「あ、始まりますよ」

司会「それではバンド名ENOZによる・・・え?変更?」

古泉「嫌な予感しかしませんね・・・」

みくる「そうですね・・・」

329 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/06/03(木) 20:31:37.13 ID:IQBQwoGC0 [40/52]
司会「ENOZ改め Kyon Project です!!」

古泉「どうやら的中のようです」

長門「・・・・・」

ハルヒ「・・・・」

キョン「・・・・・」

女の子D「1・2」

デーンデンデーンデッデッデ デーンデンデーンデッデッデ

みくる「大丈夫でしょうか・・・」

古泉「多分無理だと思います・・・・」

330 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/03(木) 20:36:52.80 ID:IQBQwoGC0 [41/52]
Finger on the Trigger

長門「Breeze!! 
   燃え上がる Heats on
   Soulが町にあふれる Hero
   塞がれた世の中はFreeze
   熱いheart 結ばれた 2 Peaces
   新たな風掴むGeneration
   朽ち果てる前に生まれたNation
   繰り出すAttack 多彩なColor
   鮮やかにすべて照らすから!」

キョン「闇が増殖するこの町で
    月よゴールドに輝け」


333 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/03(木) 20:40:49.87 ID:IQBQwoGC0 [42/52]
キョン「Move it down your finger
    Finger on the Trigger
    わがままを解き放って」

長門「Wind is Browning! With your Feeling!」

キョン「常に働く自制心を
    黙らせ Shoot'em up」

長門「The Bullet is Running!」

キョン「Move it douwn your finger
    Finger on the Trigger
    あるがまま振舞うだけ」

長門「Wind is Browning! What's you Seeking?」

キョン「その引き金を引けるのはそう」

キョン 長門「自分しかいないだろ?」

334 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/03(木) 20:44:09.23 ID:IQBQwoGC0 [43/52]
みくる「ノリノリですね」

古泉「心なしかキョンさんと長門さん以外目が死んでます・・・」

長門「しなやかな感性 柔らかなBody
   変幻自在にきらめくPaty
   上がるVolume 奏でるMissiion
   狙い定めてしとめるOne Shot!!」

古泉「まだ続くんですね・・・」

335 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/03(木) 20:47:17.97 ID:IQBQwoGC0 [44/52]
司会「kyon Projectでした」

みくる「あれ?キョンくんだけ出て行きますよ?」

キョン「ウフwwwウフフwwwウフフフフフwwww」ホッコリ

古泉「これからENOZで演奏するのでしょう・・・。しかし、なんでしょう?
   キョンさんのあの満足げな顔は・・・・」

ハルヒ「私ついていくよ
    どんな辛い世界の闇の中でさえ
    きっとあなたは輝いて」

古泉「上手ですね・・・」

みくる「涼宮さんと長門さん、すごいです」

古泉「しかし今度は長門さんの目が死んでいます。いつものことでしょうけど」

336 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/03(木) 20:53:02.90 ID:IQBQwoGC0 [45/52]
次の日

女の子ABCD「すいません、涼宮ハルヒさんいますか?」

ハルヒ「・・・・?」

女の子A「昨日はありがとうございました」

ハルヒ「いや、いいのよ。私がやりたくてやったんだし。お礼を言うなら有希に言って」

女の子B「先に言いに行ったらここのクラスを指差しただけだったけど」

女の子C「本当ありがとうございました」

ハルヒ「だからいいって」

女の子D「あとキョンさんにもお礼を言いたいんですけど・・・」

ハルヒ「キョンに?」

女の子A「あの人ベースでもドラムでも何でも教えてくれたから」

女の子B「あの人、軽音同好会に入ってくれればいいのに・・・」

ハルヒ「へー・・・・。でもキョンはいないわよ。どっか用事あるって飛び出してった」


338 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/03(木) 20:59:40.80 ID:IQBQwoGC0 [46/52]
部室

ミキキキッ

古泉「ぐふぅッ・・・・!!」

キョン「・・・・」

古泉「すいませんでした・・・貴方の演奏中に文句ばっかり言って」

キョン「・・・・」

古泉「お詫びに今度東方のグッズを差し上げますから・・・」

キョン「・・・・!」ピクッ

古泉(掛かった!!キョンさんが東方厨ということはすでに調査済み!!)

古泉「許してもらえませんか?」

キョン「・・・東方ってなんだ?」

古泉「・・・・・・今流行のエロゲです」

339 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/03(木) 21:03:32.28 ID:IQBQwoGC0 [47/52]
中庭

ウォークマン「何もかも振ーり切いってー」

ハルヒ「キョーン!こんなところにいたの?」

キョン「・・・・」

ハルヒ「昨日の女の子達がお礼に来たわよ。ありがとうだって」

キョン「・・・・」

ハルヒ「どうもそれ以来落ち着かなくてさ」

341 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/03(木) 21:07:19.55 ID:IQBQwoGC0 [48/52]
━それはなまだお前が人から感謝されることになれていないからさ━

男子生徒「うわあああ!!古泉が変な格好で倒れてる!!!!」


長門「!!」サッ ピロリーン ダダダダダダダダダ


女子生徒「腕も足も変な方向に向いてるわ!!!」

━面と向かって、ありがとうなんていわれそうにない事ばっかやってるもんな━

先生「こりゃいかん!!救急車を呼べ!!」


みくる「ふえぇー、また小泉君ですかぁ?」


━どうだい?あの上級生たちの役に立った気分は?━

343 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/03(木) 21:11:36.94 ID:IQBQwoGC0 [49/52]
━どうだ?ハルヒ?お前も善行に目覚めたろ?━

ハルヒ「平和ねえ・・・・。そうだわ!!来年SOS団でバンドしましょう!!」

ピーポー ピーポー

ざわ ざわ

ハルヒ「映画の第二弾も作らないと!!忙しくなりそうねキョン!!」

キョン「はい」

━・・・・なんて事は俺は言ったりしなかった。思っただけである━









谷口「いやだぁあ!!また入院はいやだああああああああああ!!!!!!」


ライブアライブ 完

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。