FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キョン「・・・・電波w・・・・wwwウフフwww」ハルヒ「?」

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/06/01(火) 18:38:50.97 ID:orOImfy00 [1/41]
キョン「・・・・・」

ハルヒ「東中出身涼宮ハルヒ。タダの人間には興味ありません。
    この中に宇宙人、未来人、異世界人、超能力者がいたら私のところに来なさい。
    以上。」

キョン「・・・・電波w・・・・wwwウフフwww」

ハルヒ「?」

3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/01(火) 18:40:41.93 ID:orOImfy00
休み時間

キョン「・・・・・ブスッ・・・・ブスッ・・・・」

ハルヒ「・・・・あんたさっきから何シャーペンで消しゴムさしてんのよ」

キョン「ジー・・・
    東中出身涼宮ハルヒwww」

ハルヒ「何よ?けんか売ってんの?」

キョン「そんなことナイッスヨーwww」

ハルヒ「イライラ」

6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/01(火) 18:43:43.81 ID:orOImfy00
ゴールデンウィーク明け

キョン「ジー・・・・」

ハルヒ「なによ」

キョン「曜日で髪型を変えるのは宇宙人対策か?」

ハルヒ「いつ気づいたの?」

キョン「マジパネエwwwww」

ハルヒ「あたし、思うんだけど、曜日によって感じるイメージってそれz・・」

谷口「おーいキョンちょっといいか?」

キョン「別にいいっすよー」

ハルヒ「・・・・」


7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/01(火) 18:46:27.05 ID:orOImfy00
谷口「お前どんな魔法つかったんだ?」

キョン「魔法?」

谷口「涼宮があんなにしゃべってんのはじめてみたぞ」

朝倉「私にも教えてほしいな。涼宮さん私が話しかけても全然答えてくれないんだもの」

キョン「ん・・・別になんもしてないっすよ」

朝倉「そうなの?」

キョン「眉毛太いw」

朝倉 谷口「・・・・・・・」

キョン「抜いていいっすか?」

9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/01(火) 18:49:53.45 ID:orOImfy00
授業中

キョン「zzz」

ガシッ ガンッ!!

ハルヒ「気がついた!」

キョン「zzz」

ハルヒ「ないんだったら自分で作ればいいのよ」

キョン「zzz」

ハルヒ「ちょっとキョン!!聞いてるの!?」

キョン「zzz」

教師「涼宮、廊下に立ってろ」

10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/01(火) 18:57:25.07 ID:orOImfy00
休憩時間

ダダダダダダダダダダダ

グイッ

ハルヒ「私のクラブ作りに協力しなさい」

キョン「zzz・・・・ん?・・・別に・・・いいっすよ・・・」

ハルヒ「・・・・・じゃあ放課後までに調べといて。私は部室を探すから」

キョン「はい」

11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/01(火) 19:00:41.49 ID:orOImfy00
次の日

ハルヒ「ちょっとキョン!!あんた何で逃げたのよ!!」

キョン「はい」

ハルヒ「はいじゃないわよ!!まったく!!まあいいわ、とりあえず部室は見つけたから今日こそは来なさい」

キョン「はい」

ハルヒ「文芸部の部室だから分かったわね!?

12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/06/01(火) 19:04:49.63 ID:orOImfy00
次の日

ハルヒ「あんたまた来なかったわね!!」

キョン「・・・・」

ハルヒ「今日こそ来なさいよ!!」

放課後

ガチャッ

みくる「ッヒ・・・」

長門「・・・ペラ・・・・」

キョン「・・・・」


13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/01(火) 19:09:58.69 ID:orOImfy00
みくる「もしかしてキョン・・・君ですか?」

キョン「はい」

みくる「よかった。私2年の朝比奈みくるって言います。昨日入りました。であそこにいるのが」

キョン「はい」

長門「・・・長門有紀」

キョン「はい」

みくる「よろしくお願いしますね」

キョン「帰っていいっすか?」

みくる「え?・・・え?・・・」

長門「・・・・」

14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/06/01(火) 19:10:52.37 ID:orOImfy00
次の日

ハルヒ「キョン!!あんた何帰ってんのよ!!」

キョン「はい」ゴソゴソ

ハルヒ「私が来るまで待っときなさいよ!!」

キョン「はい」ポチッ

ハルヒ「いい?今日はちゃんと部室にいなさいよ!?」

ウォークマン「あるはれーたひーのことー」

ハルヒ「・・・・」

15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/01(火) 19:12:43.52 ID:orOImfy00
放課後

ガチャッ

みくる「あ、キョン君。今日大丈夫でしたか?涼宮さんすっごく怒ってましたよ?」

キョン「もう帰っていいっすか?」

みくる「ええ!?またですか?止めたほうがいいですよぉ」

長門「・・・・ペラ・・・」

キョン「帰ります」

ガチャッ!!

ハルヒ「そうはさせないわよ!!」

キョン「チッ」

17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/01(火) 19:17:25.13 ID:orOImfy00
ハルヒ「ようし、団員もそろったところでこのクラブの名前を発表するわよ」

キョン「イライラ」

みくる「わあ」

長門「・・・・」

ハルヒ「このクラブの名前は世界を大いに盛り上げる涼宮ハルヒの団」

みくる「あっ・・・・」

18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/01(火) 19:20:58.72 ID:orOImfy00
ハルヒ「略してSOS団よ!!」

みくる「あの・・・」

ハルヒ「活動内容は不思議を探すことよ!!」

みくる「涼宮さん・・・」

ハルヒ「なによ、まだ説明途中でしょ!!」

みくる「キョン君が窓から逃げました」

ハルヒ「・・・・・」

19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/01(火) 19:23:57.44 ID:orOImfy00
その日の夜

テレビ「聞こえた気がーしたー 感じた気がーしたーんだー」

キョン「ツヤツヤ」

携帯「ヴーヴー」

パカ

キョン「はい」

ハルヒ「あんた!!何逃げてんのよ!!あそこ2階なのに無茶しないでよ!!」

キョン「イライラ」

ハルヒ「あんたいい加減にしないと私もほんとに怒るわよ!!」

キョン「イライラ」



20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/06/01(火) 19:25:11.02 ID:orOImfy00
ハルヒ「あんたに電話するために谷口に電話番号聞いたのよ?どれだけ苦痛か分かってんの?」

キョン「・・・スッ」

ハルヒ「キョン!?きいてんの?キョン!!」

バキィッ!!

ハルヒ「!!!!!」

プーップーッ

ハルヒ「あいつ携帯ぶっ壊しやがったわね・・・・」



天使「ガードスキル、ハンドソニック・・・」

キョン「天使ちゃんマジ天使 ツヤツヤ」


23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/06/01(火) 19:27:46.14 ID:orOImfy00
次の日

ハルヒ「今日はパソコンをもらいに行くわよ」

みくる「もらうって誰にですかぁ?」

ハルヒ「もちろんパソコン部よ。あんなにいっぱいあるんだものひとつくらいくれるでしょう」

キョン「ボー・・・・」

長門「・・・ペラ・・・・」

みくる「そんな気前よくくれませんよぉ」

ハルヒ「だったら強奪するのよ」

キョン「!!!」

長門「!!!」

ハルヒ「な・・・何よ・・・・」

24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/01(火) 19:32:53.52 ID:orOImfy00
キョン「俺もいく」

長門「私も・・・」

ハルヒ「どうしたのよ急に・・・。まあ、いいわ」

みくる「はぅー」

キョン「じゃあ行こう」

長門「私も・・・」

ガチャ バン

みくる「先にいっちゃいました・・・」

ハルヒ「どうしたのかしら・・・あの二人・・・・。私たちも行くわよ」


25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/01(火) 19:37:21.40 ID:orOImfy00
パソコン部

部長「無理だな。」

ハルヒ「なによ!!こんなにいっぱいあるなら一つ位くれたっていいじゃない!!」

部長「なんでそうなるんだよ。このパソコンは部費では足りないから私費を積み立てて買ったんだ。
   それをお前たちにやるなんてとんでもない!!」

キョン「・・・・・・」カチャカチャカチャ

長門「・・・・・・」カチャカチャカチャ

みくる「はぅー」

ハルヒ「あんたたちなにやってんのよ!!」

26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/01(火) 19:39:24.63 ID:orOImfy00
ハルヒ「こうなったら奥の手よ。みくるちゃん」

みくる「はい?」

ハルヒ「そりゃ」ムニュ

部長「!!!!」

みくる「き・・・・きゃぁぁぁぁぁぁーーーー!!!」

キョン「ッサ カシャッカシャッ」

長門「ピロリーン ピロリーン」

部員A「こいつら写真撮りやがった!!」

ハルヒ「犯罪ね」

部長「それは君が無理やりしたんだろうが!!」

キョン「カシャッカシャッ」

長門「ピロリーン ピロリーン」

27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/01(火) 19:45:26.08 ID:orOImfy00
ハルヒ「さあパソコンくれないとみんなにこの写真をばら撒くわよ」

キョン「カシャッカシャッ」

長門「ピロリーン ピロリーン」

部員A「部長は無実だ」

部員B「そうだそうだ」

キョン「カシャッカシャッ」

長門「ピロリーン ピロリーン」

28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/01(火) 19:49:34.48 ID:orOImfy00
ハルヒ「全員グルになってみくるちゃんを襲おうとしたっていうからいいわよ」

部長「っく・・・・」

ハルヒ「さあくれんの?くれないの?」

キョン「カシャッカシャッ」

長門「ピロリーン ピロリーン」

部長「すきなのをもって行け・・・」

ハルヒ「最初からそういえばいいのよ」




長門「ピロリーン」

29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/01(火) 19:51:48.21 ID:orOImfy00

ハルヒ「さあ、これを部室に取り付けるわよ」

みくる「ふえぇーーん」

ハルヒ「いつまでも泣いてんじゃないわよ。パソコンもらったんだからすこしは喜びなさい」

長門「ぴ ぴ ぴ ツヤツヤ」

ハルヒ「有紀はさっきの写真がとれて満足そうね・・・」

みくる「あれ?キョン君がいない・・・・」

ハルヒ「まあいいでしょ。今日はちゃんとはたらいてくれたし」

長門「ツヤツヤ」



キョン「もしもし?警察ですか?」

30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/01(火) 19:54:11.54 ID:orOImfy00
次の日

校長「我が校から犯罪者が出たことはとても悲しいです・・・」

ハルヒ「うそでしょ。マジであいつ等レイプ魔だったの?」

キョン「ツヤツヤ」

40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/01(火) 20:46:41.17 ID:orOImfy00
ハルヒ「今日は校門でビラ配りするわよ!」

みくる「ほえぇ・・」

長門「・・・・ペラ・・・・」

ウォークマン「WBX二人のボディーエンソー」

ハルヒ「しかもタダ配るだけじゃないわよ。コスプレして配るの!!」

長門「!!!」

キョン「!!!」

みくる「ふえぇー」

ハルヒ「じゃーん!バニーガールよ!!」

キョン「・・・・・」

長門「!!!!」

41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/01(火) 20:57:13.76 ID:orOImfy00
ハルヒ「まあ、2着しかないから私とみくるちゃんで行くわよ」

みくる「ええええぇ!!」

長門「・・・・・」

ハルヒ「有紀はバニーは似合わないと思うし、さあ着替えるわよ」

長門「ピキッ」

キョン「スクッ スタスタ ガチャ」

みくる「やぁ、やめてぇ」

キョン「古畑の再放送が始まる・・・」スタスタ

長門「ガシッ」

キョン「?」

42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/01(火) 21:10:23.96 ID:orOImfy00
校門前

ハルヒ「SOS団をよろしくー」

みくる「よろしく・・・おねがいしますぅ・・・」

ハルヒ「なによ元気ないわね。もっと大きな声でいいなさいよ」

みくる「よろしくおねがいしますぅ」

ハルヒ「ああ、もう、全然じゃない!!」

教師「おいお前ら何してる!?」

ハルヒ みくる「!!」


44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/01(火) 21:18:16.09 ID:orOImfy00
教師「部活の勧誘期間はもうとっくに過ぎてる。今すぐビラ配りをやめろ」

ハルヒ「いいじゃない別に減るもんじゃないし」

教師「よくないだろ!!ちょっと生徒指導部まで来い」

ハルヒ「離しなさいよ!!」

みくる「ふえぇー」

長門「ガードスキル、ハンドソニック」グサッ

教師「うッ」

ドサッ

生徒A「うわああ!!天使ちゃんが岡部を刺した!!」

ざわざわ




キョン「天使ちゃんマジ天使」ツヤツヤ

46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/01(火) 21:23:03.11 ID:orOImfy00
次の日教室

ハルヒ「なーんか忘れてる気がすんのよねー。」

キョン「俺も気づいたら家に帰ってた。古畑が見れなかった」




長門「ホッコリ」

48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/06/01(火) 21:25:26.79 ID:orOImfy00
ハルヒ「きたわよきたわよ」

みくる「何がですかぁ?」

ウォークマン「いつまでーもーもってたいよー鋼のよおな」

長門「・・・・ペラ・・・・」

ハルヒ「謎の転校生よ!!」

みくる「謎、ですか?」

ハルヒ「そうよ!こんな中途半端な時期に転校してくるなんて怪しいじゃない」

ウォークマン「どんなものもーとおさなーいー頑固な意地を」

ハルヒ「そうと決まれば勧誘よ」

みくる「うぇええ・・・」

長門「・・・・・ペラ・・・・」

51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/01(火) 21:32:34.27 ID:orOImfy00
次の日

ハルヒ「連れて来たわよ!!」

古泉「ここがその部室ですか・・・」

みくる「はぅ」

長門「・・・・ペラ・・・・」

キョン「ボケー」

ハルヒ「紹介するわ。古泉一樹君よ」

古泉「古泉一樹です。今後ともよろしくお願いします」

みくる「朝比奈みくるですぅ・・。よろしくお願いします」

長門「橘かなd・・・長門有紀」

キョン「ボケー」

古泉「個性豊かな方々ですね」

キョン「ボケー」

53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/01(火) 21:37:19.92 ID:orOImfy00
ハルヒ「ま、まあ挨拶は済んだところだし今日は解散ね」

みくる「今日はやけに早いですね」

ハルヒ「まあこんな日もあっていいんじゃない?」

キョン「ボケー」

ハルヒ「んじゃ帰りましょうか」

みくる「はいぃ」

古泉「分かりました」

長門「私は残る」

ハルヒ「あら、そう・・・んじゃまた明日ね」


54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/01(火) 21:41:00.30 ID:orOImfy00
午後7時

キョン「ボケー・・・・・ッハ」

キョン「外が暗い・・・・」

キョン「深夜ひそかに学校に潜む魔物と戦う・・・・」

キョン「ウフフww」

キョン「ん?なんか置いてある」

午後7時。光陽園駅前にて待つ

キョン「・・・・」

56 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/01(火) 21:46:59.67 ID:orOImfy00
次の日

キョン「サーイクロンエッフェクドンスターイッ」

長門「グイ」

キョン「ん」

長門「・・・どうして昨日来なかったの?」

キョン「はい」

長門「今日は来て」

キョン「はい」

57 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/01(火) 21:53:12.64 ID:orOImfy00
午後7時光陽園駅前

キョン「学校で言えないことでもあるのか?」

長門「こっち」

キョン「はい」

長門の家

長門「飲んで」

キョン「はい」

長門「・・・・」

キョン「・・・・」

長門「飲んで」

キョン「学校でできない話ってなんだ?」

長門「・・・・」

58 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/01(火) 21:56:28.22 ID:orOImfy00
長門「涼宮ハルヒのこと、それと私のこと」

キョン「・・・・」ソワソワ

長門「上手く言語化できない。情報伝達に齟齬が発生するかもしれない。でもきいて」

キョン「・・・・」ソワソワ

長門「涼宮ハルヒと私は普通の人間じゃない」

キョン「・・・電波ww・・・・ウフ・・ウフフフwwww」

長門「・・・・」

長門「性格に普遍な性質を持っていないという意味でなく、文字通り純粋な意味で、
   彼女と私はあなたのような大多数の人間と同じとはいえない」

キョン「・・・・」ソワソワ

60 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/01(火) 22:00:55.35 ID:orOImfy00
長門「この銀河を統括する情報統合思念体によって作られた対有機生命t・・・・」

ポチ

テレビ「イインダヨ グリーンダヨ」

キョン「ニヤニヤ」

長門「聞いて」

キョン「ワクワク」

長門「お願い、最後まで聞いt・・・」

テレビ「絶対に許さない!!悪徳業者をイマイが斬る!!」

長門「・・・・!!」ペカーッ!!

キョン「ウフフ」

61 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/01(火) 22:04:09.62 ID:orOImfy00

2時間後

キョン 長門「ホッコリ」

キョン「じゃ、帰る」

長門「そう」

ガチャ バン

長門「・・・・・!!!」

長門「話・・・きいて・・・・」

75 名前: ◆41RbwOM14Y [] 投稿日:2010/06/02(水) 00:24:54.04 ID:pQBJKx7w0 [1/74]
次の日

ハルヒ「明日は町に不思議探しに行きます」

みくる「突然ですね」

ハルヒ「しっかりとした活動もたまにはやらないとね。古泉君も来たし」

古泉「とっても楽しみです」

長門「・・・・・ペラ・・・・」

キョン「ツンツン」ニヤニヤ

みくる「キョン君何してるんですかぁ?」

キョン「おっぱいマウスパッド・・・ウフフ」

長門「ユニーク」

みくる「・・・・・・」

76 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/02(水) 00:32:07.02 ID:pQBJKx7w0 [2/74]
古泉「へえ、そんなものがあるんですか。僕にも触らせてください」

ベキッ!!ボキッ!!

古泉「があッ!?」

キョン「気安くさわんなよ」

みくる「古泉君の腕が変な方向に曲がってますぅ!?」

ハルヒ「ちょっとキョン!!何やってんの!?」

長門「ユニーク」ピロリーン

77 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/02(水) 00:36:27.14 ID:pQBJKx7w0 [3/74]
ハルヒ「キョン!!古泉君に謝りなさいよ!!」

キョン「・・・・」

古泉「いえ、これは僕が悪かったです。他人に自分の彼女のおっぱいを触られるのなんて普通嫌ですからね」

ハルヒ「古泉君何冷静に謝ってんの!?腕は大丈夫なの!?」

古泉「はい幸いにも脱臼ですみましたから、すぐに直せます」

キョン「クスクス」

長門「ユニーク」ピロリーン

79 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/02(水) 00:45:52.22 ID:pQBJKx7w0 [4/74]
次の日

テレビ「今オールアイキャンドゥ!!アンドユーキャンドゥ!!」

キョン「戦え!とらんふぉーーーーむ」

ヴー ヴー

妹「キョン君電話」

キョン「キョン君じゃないだろ、ご主人様だろ」

妹「しらなーい」

パカ

キョン「はい」

ハルヒ「あんたなんでk」

ブツッ

キョン オプティマス・プライム「私にいい考えがある」


80 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/02(水) 00:48:20.38 ID:pQBJKx7w0 [5/74]
テレビ「この後はおはコロ絶対みt」ブツッ

キョン「・・・・・」ホッコリ

妹「キョン君お客さん」

キョン「?」

ハルヒ「あんた、どういうつもりよ」

みくる「キョン君おはよう」

古泉「おはようございます」

長門「・・・・・・」

キョン「・・・・イラッ」


81 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/02(水) 00:50:57.12 ID:pQBJKx7w0 [6/74]
駅前

ハルヒ「さあ、みんな揃ったし活動するわよ!!とりあえずそこの喫茶店で話し合いましょ」

キョン「・・・・・」

ハルヒ「もちろんキョンの奢りでね!」

キョン「イライラ」

84 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/02(水) 01:02:04.05 ID:pQBJKx7w0 [7/74]
喫茶店

ハルヒ「じゃあくじ引きで班を決めるわよ」

みくる「分かりましたぁ」

古泉「赤が2つ。無印が3つあります」

ハルヒ「よっしゃー、引くわよー」




みくる「・・・・」

キョン「・・・・」

85 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/02(水) 01:04:02.03 ID:pQBJKx7w0 [8/74]
みくる「・・・・」

キョン「・・・・」

みくる「あ、あのっ」

キョン「はい」

みくる「どこに行けば不思議は見つかりますかねえ?」

キョン「さあ?」

みくる「・・・・・」

キョン「・・・・・」

みくる「ちょっとベンチで休みませんか?」


86 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/02(水) 01:10:43.12 ID:pQBJKx7w0 [9/74]
みくる「私はこの時代の人間ではありません。もっと未来から来ました」

キョン「はあ」ゴソゴソ

みくる「いつ、どの時間平面からここに来たかは言えません」

キョン「へえ」ポチ

ウォークマン「ショウミハウ誰かおしーえーてーくれ!!」

みくる「・・・・ッ!!・・・・!!」

キョン「はあ」

ウォークマン「バーニハ熱帯びたねがーいーがー今!!」

みくる「・・・・・!!!・・・・・ッ!!?」

キョン ウォークマン「ッサイレントフリーユアヒィーーッツ!!!」


88 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/02(水) 01:16:32.33 ID:pQBJKx7w0 [10/74]
ハルヒ「おっそいわよ!!あれ?みくるちゃん、キョンは?」

みくる「・・・・先に帰りました」

古泉「おやおや、これは」

長門「ユニーク」

90 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/02(水) 01:19:55.70 ID:pQBJKx7w0 [11/74]
次の日

キョン「古泉、お前俺に何か言う事ないのか?」

古泉「ふふ、どこまでご存知ですか?」

キョン「?」

古泉「まあおそらくお二人からすでにアプローチを受けてるでしょうし簡潔にいいます」

古泉「僕は、超能力者です」

キョン「いや、そんなこと聞いてんじゃない」

古泉「・・・・では他になにが?」

キョン「まだ謝ってもらってない」

古泉「何についてです?」

キョン「分からないならそれでいい」

古泉「?」

キョン「もっかい脱臼な」


92 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/02(水) 01:23:08.49 ID:pQBJKx7w0 [12/74]
放課後

ハルヒ「古泉君また脱臼だって。さっき救急車で運ばれたわ」

みくる「もともと肩が外れやすかったんでしょうか?」

キョン「やばーいとまれないとまらないー」

長門「・・・・ペラ・・・・」

94 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/02(水) 01:27:45.59 ID:pQBJKx7w0 [13/74]
もう寝る
憂鬱の半分くらい来たから最後まで書きたい

お願いします保守してくれ

102 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/02(水) 09:46:16.29 ID:pQBJKx7w0 [14/74]
次の日登校時

ウォークマン「キーラーキーラーまーわれルーウレット」

キョン「・・・・」

パカ

キョン「?」

放課後誰もいなくなったら、一年五組に来て

キョン「・・・・・」

103 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/02(水) 10:01:19.16 ID:pQBJKx7w0 [15/74]

放課後

ハルヒ「あれ?キョンは?」

みくる「今日は来てないみたいです」

長門「・・・・ペラ・・・・」

キョン宅

テレビ「うんたん うんたん」

キョン「けいおんおもしれー」ホッコリ

深夜 教室

朝倉「あいつ私の事嫌いなのかな?」


104 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/02(水) 10:18:26.54 ID:pQBJKx7w0 [16/74]
次の日 朝 下駄箱

キョン「あーいまーい三センチ」

パカ

今日こそは絶対に来て

昼休み、部室で待てます みくる

105 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/02(水) 10:22:54.03 ID:pQBJKx7w0 [17/74]
昼休み 部室

キョン「・・・・・」

大みくる「キョン君久しぶり」

キョン「はぁ」

大みくる「私はもっと未来から来た朝比奈みくるです」

キョン「はぁ」

大みくる「あ、信用してないでしょ?証拠見せてあげる」

キョン「いいッス」

106 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/02(水) 10:27:08.61 ID:pQBJKx7w0 [18/74]
大みくる「このやり取りも久しぶりですね」

キョン「・・・・・」

大みくる「あまり時間がないのだから手短に言うわね。白雪姫って知ってる?」

キョン「帰っていいっすか?」

大みくる「これからもし今日以外にあなたが困った状態に置かれたとき」

キョン「帰ります」ガチャ バン

大みくる「その言葉を思い出してほしいんです」

大みくる「・・・・・・」

大みくる「・・・・・放置プレイ・・・・」ゾクゾク

108 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/02(水) 10:41:16.20 ID:pQBJKx7w0 [19/74]
放課後 一年五組

朝倉「今日は来てくれたね・・・」

キョン「・・・・眉毛・・・・w」

朝倉「・・・私だと思わなかったでしょ?」

キョン「太いw」

朝倉「人間さあよくやらなくて後悔するよりやって後悔したほうがいい、
   っていうじゃない?」

キョン「・・・・」

朝倉「これ、どう思う?」

109 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/02(水) 10:46:36.68 ID:pQBJKx7w0 [20/74]
キョン「・・・・」スタスタ

朝倉「じゃあさあ、例え話なんd・・・ちょっと、なにすごく近い」

キョン「朝倉、お前今言い事言ったよ」

朝倉「え?え?」

キョン「そうだよな。やらないよりやった方がいいよな」

朝倉「そう思うよね!?よかったじゃあさ・・・」

キョン「・・・・」スッ

朝倉「え?何?」

ブチィッ!!

朝倉「ぎゃあぁぁぁぁぁぁぁぁ!!?」

キョン「眉毛ww取れたwww」モッサリ

111 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/02(水) 10:50:08.55 ID:pQBJKx7w0 [21/74]
朝倉「ちょ・・・何すんのよ!!」

キョン「眉www毛ww超www不自wwww然wwww」

朝倉「笑うなぁ!!」

キョン「ウフwwwウフフwwww」

朝倉「もう怒った!!私怨で貴方を殺す!!とにかく殺す!!絶対殺す」

キョン「そんなww怒るwwなってwwww眉www毛ww返すかwwwらwww」モッサリ

朝倉「ブチィ」

112 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/02(水) 10:52:24.01 ID:pQBJKx7w0 [22/74]
ヒュンッ

キョン「うわ、あぶね」

朝倉「本当は貴方を殺して涼宮ハルヒの出方をみるつもりだったけど」

キョン「また電波っすか」

朝倉「貴方をこの世から抹消してあげる」

キョン「・・・・・」

キョン「マジパネェ」

113 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/02(水) 10:55:20.94 ID:pQBJKx7w0 [23/74]
ドガンッ

朝倉「!!?」

長門「一つ一つのプログラムが甘い」

長門「天井部分の空間閉鎖も、情報封鎖も甘い。だから私に気づかれる。侵入を許す」

朝倉「邪魔する気?」

キョン「しゅらば」

114 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/02(水) 10:57:31.71 ID:pQBJKx7w0 [24/74]
長門「貴方は私のバックアップのはず。独占行動は許されていない。私に従うべき」

朝倉「嫌だといったら?」

長門「情報統合を解除する」

朝倉「やってみる?ここでは私のほうが有利よ?この教室は私の情報制御空間」

長門「情報結合の解除を申請する」

朝倉「!」

キョン「テラ厨二ww」

115 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/02(水) 10:59:37.61 ID:pQBJKx7w0 [25/74]
わーわー ダバダバ

キョン「・・・・」

わーわー ザクッブシュッ

キョン「ボケー」

116 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/02(水) 11:00:52.70 ID:pQBJKx7w0 [26/74]
長門「おわった」

朝倉「貴方の三年余りの人生が?」

長門「違う」

長門「情報連結解除、開始」

朝倉「そんな」

長門「貴方はとても優秀。だからこの空間にプログラムを割り込ませるのに今までかかった。
   でも、もう終わり」

キョン「スタスタ」

朝倉「侵入する前に崩壊いんs・・・な、なによ」

118 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/02(水) 11:10:11.38 ID:pQBJKx7w0 [27/74]
キョン「・・・・」ジー

ブチィッ

朝倉「ぎゃああぁぁぁぁぁぁぁ!!?」

長門「サッ ピロリーン ピロリーン」

キョン「バランスが取れたwwww」モッサリ

120 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/02(水) 11:16:38.19 ID:pQBJKx7w0 [28/74]
朝倉「よくもぉ・・・よくもぉ・・・」

長門「ピロリーン ピロリーン」

朝倉「長門さん、やめて捕らないで!!」

長門「          ピロリーン   」

キョン「ウフフwwwウフフフフwwww」

朝倉「もうやだぁ・・・・もうやだようぅ・・・・グスッ」

キョン「消wwえwwwたwwww」

長門「・・・・・・・」







      ピロリーン

122 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/02(水) 11:19:49.58 ID:pQBJKx7w0 [29/74]
教室

キョン「大丈夫か?」ホッコリ

長門「処理能力を情報の操作と改変にまわしたから、
   このインターフェースの再生は後回し。今やってる」

キョン「帰っていいっすか?」

長門「かまわない」ぴ ぴ ぴ ホッコリ

キョン「ん・・・・」


キョン「長門、これをお前にやるよ」

長門「?」

キョン「眉毛」

長門「・・・・ッ!!wwww」ビクンッビクンッ

123 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/02(水) 11:24:13.43 ID:pQBJKx7w0 [30/74]
次の日

谷口「いや、マジだって!忘れ物取りに行ったら長門有希が血を流しながら笑ってたんだって!!」

国木田「もういいから・・・谷口君病院へ行こう」

谷口「本当なんだ!!俺は正気なんだ!!」

国木田「誰か岡部先生呼んできて!!僕の手に負えない!!」

谷口「本当なんだー!!俺は見たんだー!!」


キョン「いーつもひとーりであーるいーてたー」

130 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/02(水) 13:03:06.93 ID:pQBJKx7w0 [32/74]
ハルヒ「今日は朝倉涼子の謎の転校について調べるわよ!!」

キョン「はい」

マンション前

ハルヒ「管理人も朝倉がどこに行ったか分からないんだって」

キョン「はあ」

ハルヒ「ますます奇妙だわ。あら?有希じゃない。こんなところでどうしたの?」

長門「・・・・」

ハルヒ「もしかしてこのマンションに住んでるの?奇遇ねぇ」

長門「・・・・」

ハルヒ「まあいいわじゃあ私たち行くから。行くわよキョン」

キョン「サッ」

長門「?」

131 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/02(水) 13:07:31.04 ID:pQBJKx7w0 [33/74]
キョン「昨日のお礼だ。じゃあな」スタスタ

長門「?」

ガサッ


ハルヒ「何渡してたの?」

キョン「眉毛」


長門「・・・・ッ!!!・・・・・・ッッ!!」ビクンッビクンッ

132 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/02(水) 13:12:57.39 ID:pQBJKx7w0 [34/74]
ハルヒ「変なもの渡すのね・・・」

キョン「はい」

ハルヒ「あんたさ、自分がこの地球でどれだけちっぽけな存在か自覚したことある?」

ハルヒ「私はある。わすれm・・・・・」

ハルヒ「また居なくなってるし・・・・」


134 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/02(水) 13:20:07.11 ID:pQBJKx7w0 [35/74]
夜 キョン宅マンションの前

キョン「・・・・」

古泉「お待ちしておりました」

キョン「また脱臼したいの?」

古泉「それについては深くお詫びいたします」

キョン「・・・・・」

古泉「今回はちょっとご同行を願いたいのですが」

キョン「帰っていいっすか?」

古泉「今日は!!今日はけいおんは野球の延長で遅れますよ」

キョン「!!」

古泉「それまでどうですか?」

キョン「・・・・」

136 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/02(水) 13:25:57.77 ID:pQBJKx7w0 [36/74]
車内

古泉「ご同行していただきありがとうございます」

ウォークマン「ジューレンジャージューレンジャー」

古泉「以前貴方にもお話した通り私は超能力者です」

ウォークマン「でーんせつのせんしたーちよ」

古泉「今日はその証拠を見せてあげようと思いまして」

ウォークマン「きょーりゅーせーんたーい」

キョン「ジューレンジャー!!!」

古泉「・・・・」

137 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/02(水) 13:31:01.48 ID:pQBJKx7w0 [37/74]
閉鎖空間

古泉「ここで僕は力を発揮することができるのです」

キョン「帰っていいっすか?」

古泉「帰れませんよ。ここは閉鎖空間なんで条件を満たさないと元の空間には戻れません」

キョン「イライラ」

巨人「わーわー」

古泉「あれが僕の敵です。あれは涼宮さんの不満が具現化したものでこの空間で破壊活動を行っています」

キョン「・・・巨人のドシン・・・・」

古泉「ではちょっといってきますのでそこに居てください」

キョン「たーかくそびえる鉄の城ー」

古泉「・・・・それでは」

ビュンッ

キョン「帰る・・・・」スタスタ

138 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/02(水) 13:35:39.69 ID:pQBJKx7w0 [38/74]
2時間後

古泉「どこ行ってたんですか!!探したんですよ」

キョン「イライラ」

古泉「しかもちゃっかり車に戻ってるとは・・・」

キョン「早く出してもらっていいですか?」

古泉「マイペース過ぎますよ」

139 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/02(水) 13:39:06.49 ID:pQBJKx7w0 [39/74]
車内 帰り道

古泉「これで分かっていただいたでしょうか?」

キョン「・・・・」

古泉「・・・・」

古泉「貴方に脱臼させられて入院中、私は貴方について調べました」

キョン「・・・・」

古泉「あなたは俗に言うオタクに分類される人ですね」

キョン「・・・・」

古泉「私は貴方と親睦を深めるためにいろいろ調べてきました」

キョン「・・・・・」

古泉「あなたは、ニコニコ動画というのをご存知ですか?」


140 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/02(水) 13:46:23.87 ID:pQBJKx7w0 [40/74]
次の日

ハルヒ「また古泉君入院だって」

みくる「はぇー、また脱臼ですか?」

ハルヒ「それもあるけど交通事故だってさ。どうやら走行中の車から飛び降りたらしいわよ
    まあ運良く打撲と脱臼ですんだみたいよ」

みくる「ふえぇ」

ハルヒ「なんだか大変ねぇ・・・。谷口のアホも精神病院に入れられたし」

長門「・・・・ペラ・・・・」

キョン「ボー・・・あずにゃんかわいい」


147 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/02(水) 15:22:14.02 ID:pQBJKx7w0 [41/74]





キョ・・・ン・・・起き・・・キョン・・・

ハルヒ「キョン!!おきてよ!!」

キョン「zzz」

ハルヒ「ああ!!もう!!何でこんなとき起きないのよ」

ハルヒ「大体なんで学校に居るのよ。分けわかんない!!」

閉鎖空間 教室

キョン「zzz」

ハルヒ「こうなったら自分で色々調べるしかないわね!!」ダダダダダ

キョン「zzz」

148 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/02(水) 15:25:56.51 ID:pQBJKx7w0 [42/74]
スゥ

古泉「やあ、どうも」

キョン「zz・・・ん」

古泉「おはようございます。少しお話がありm・・・」

パリーン グシャァッ

キョン「・・・」

古泉「ンッフゥッ!!何で椅子を投げるんですか・・・・。私は怪我人ですよ?」

キョン「ニコ厨め・・・まだ足りないか」

古泉「ちょ、ちょっと待ってください!!今大変なことが起こってるんです!!聞いてください!!」

キョン「・・・」


149 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/02(水) 15:29:40.48 ID:pQBJKx7w0 [43/74]
古泉「いまあなた方は大変な状況に置かれています」

古泉「涼宮さんが新しい世界の創造を始めたんです!!」

キョン「・・・」

古泉「普通の閉鎖空間なら簡単に私が助けにいけるんですが、その空間は涼宮さんの作り出した空間のようで
   我々にはこうして話す程度しかできないのです」

キョン「・・・」

古泉「僕にはどうすることもできません。もっと貴方たちと関わっていきたかったです。入院ばっかりでろくに学校にも行けてないですし」

キョン「・・・」

150 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/02(水) 15:33:33.95 ID:pQBJKx7w0 [44/74]
古泉「そうそう長門さんと朝比奈さんから伝言があります」

古泉「朝比奈さんからは謝ってほしいと言われました。ごめんなさい私のせいです、と」

古泉「長門さんからはパソコンの電源を入れるようにだそうでs・・・ ヒュンッ!! オガッ!!」

キョン「去ね 」

古泉「分かりましたから椅子を投げないでください。このままこの場に居たら体が持ちそうにありません」

キョン「・・・・」

古泉「では御武運を」

キョン「・・・・」

151 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/02(水) 15:36:21.64 ID:pQBJKx7w0 [45/74]
キョン「・・・・」

パソコン「ガガガ」

キョン「・・・・」

YUKI.N>みえてる?

キョン「・・・・」

YUKI.N>まだか・・・・

キョン「・・・・」

YUKI.N>かむんとフニャンフニャンニャンニャニャン

キョン「・・・・」

YUKI.N>かむーとさわやかロッテのフィッツ フィッツ

キョン「・・・・」

152 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/02(水) 15:39:34.06 ID:pQBJKx7w0 [46/74]
YUKI.N>見えてる?

キョン「ああ」

        略

YUKI.N>貴方にかける

キョン「なんだよ?」

YUKI.N>またこちらに回帰できることをこちらは望んでいる

キョン「・・・」

YUKI.N>また私の部屋でイマイを見ましょう

YUKI.N>sleeping beauty

153 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/02(水) 15:42:49.77 ID:pQBJKx7w0 [47/74]
キョン「・・・・・フニャンフニャン」

ハルヒ「キョーン!!何か出たわ!!」

キョン「・・・・・」

閉鎖空間 校庭

ハルヒ「ほら!!みてあれ!!青く光ってる」

巨人「わーわー」

キョン「・・・・」

ハルヒ「しかも建物を壊してる!!なんかしら!!」キラキラ

キョン「・・・・ドシン・・・」

ハルヒ「え?」

キョン「あれは巨人のドシンだ・・・・」

ハルヒ「・・・・・」

キョン「・・・・・」

ドシン「わーわー」

154 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/02(水) 15:46:31.16 ID:pQBJKx7w0 [48/74]
閉鎖空間 グラウンド

ハルヒ「きゃーきゃー」

キョン「・・・・」

ハルヒ「やばい!!私今すっごくワクワクしてる!!」

キョン「・・・・」

白雪姫・・・スリーピングビューティー・・・・

ハルヒ「宇宙人かしら?古代人が開発した超兵器が現代によみがえったとか!」

そうか・・・・分かったぞ!!

キョン「ハルヒ!!」

ハルヒ「・・・な、何・・よ」


155 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/02(水) 15:49:20.19 ID:pQBJKx7w0 [49/74]
キョン「俺実はポニーテール萌えだったんだ」

ハルヒ「なに?」

キョン「いつだったかお前のポニーテールはそりゃもう反則なまでに似合ってたぞ」

ハルヒ「バカじゃないの?大体・・・」

キョン「・・・・」

ハルヒ「ちょ、ちょっと・・・・」

キョン「・・・・」

ハルヒ「・・・・」

キョン「・・・・」

ハルヒ「・・・・あれ?」

ゴキィッ!!!!

156 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/02(水) 15:53:14.99 ID:pQBJKx7w0 [50/74]
そうだわかったんだ

共通点・・・・それは・・・・

キョン「死んだように寝てる」





ハルヒ「ッハ!!!??」

ハルヒ「なんだったのかしら・・・・今の夢?」ハアハア

ハルヒ「心なしか首が痛いし・・・」

ハルヒ「・・・・・・・?」

157 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/02(水) 16:04:14.21 ID:pQBJKx7w0 [51/74]
次の日 朝 教室

ウォークマン「ッカイザー!!」

ハルヒ「おはよう・・・」

キョン「ん、元気か?」

ハルヒ「元気じゃないわよ。昨日変な夢見ちゃってさ。わすれたけど」

キョン「はい」

ハルヒ「おかげで全然寝付けなかったのよ」

キョン「・・・」

ハルヒ「それとさキョン」

キョン「はい」

ハルヒ「私一度もポニーテールで学校来たことないわよね?」


160 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/02(水) 16:12:13.93 ID:pQBJKx7w0 [52/74]
エピローグ

病院

古泉「貴方には感謝すべきなんでしょうね」

キョン「・・・・」

古泉「車椅子でどこに向かってるんですか?」

キョン「・・・・」

古泉「まあ、いいです。世界は何も変わらず、涼宮さんもここに居る。僕のアルバイトもしばらく終わりそうにもありません。
   いやいや、本当に貴方はよくやってくれましたよ。皮肉じゃありませんよ?」

古泉「しかし貴方は何者ですか?上手く私を脱臼させるし涼宮さんにも技をかけて上手く記憶まで消すなんて」

キョン「・・・」

古泉「とにかく、また貴方と涼宮さんに会えて、光栄です。屋上ですか。ここに何かあるんですか?」

キョン「じゃあな古泉」ドンッ

古泉「え?」

163 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/02(水) 16:17:12.07 ID:pQBJKx7w0 [53/74]
部室

みくる「また古泉君入院らしいですぅ」

キョン「・・・・」

みくる「屋上から飛び降りたのにまた脱臼で済んだみたいです」

キョン「・・・・」スクッ

みくる「いやそんなこと言いたいんじゃなくて、また貴方に会えてよかったです」

キョン「・・・・」スタスタ

みくる「もう二度と会えないかと思いましたぁ」

キョン「・・・・」ガチャッ バン

みくる「・・・・・」ゾクゾク

みくる「なに・・・この感覚・・・・」ゾクゾク

165 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/02(水) 16:23:23.69 ID:pQBJKx7w0 [54/74]
長門邸

テレビ「もしもし、イマイともうしますが・・・」

キョン「長門」

長門「なに?」

キョン「お前みたいなのがこの地球にあとどれくらい居るんだ?」

長門「結構」

キョン「また朝倉みたいなのに俺は襲われるのか?」

長門「大丈夫、わたしがさs・・・」

キョン「かむんとフニャンフニャンニャンニャニャン」

長門「・・・・・・」

キョン「ツヤツヤ」

長門「・・・・・・」

キョン「ニャン」

長門「ニャン」


166 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/02(水) 16:25:56.80 ID:pQBJKx7w0 [55/74]
駅前

今日はまたハルヒと不思議探しのパトロールだ。
今改札口で一人でハルヒを待っている。
二人は何か気を利かせたつもりでいるのか、それとも本当に急用ができたかは分からないが、
それぞれ常人離れしている二人のことだからまた俺の知らないところで妙な事態になっていて
その対応に追われている気がしないでもない。
見覚えのある私服が目に入った。

167 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/02(水) 16:30:25.94 ID:pQBJKx7w0 [56/74]
ハルヒ奢りの喫茶店で色々なことを話してやりたいとおもう。
SOS団の今後の活動方針について、長門へのコスプレの衣装の希望、クラスでは俺以外の奴とも会話してやれ
フロイトの夢判断をどう思うか、などなど。
しかしまあ、結局のところ決まっているのだ。
そうまず━━━。
宇宙人と未来人と超能力者についてはなしてやろうと俺は思っている。

ハルヒ「キョン!!」

キョン「・・・・」ダッ!!

ハルヒ「ちょっと!!何で逃げるのよ!!待ちなさいよ!!!」

キョン「ウフフフwww」

   完

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。