FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

唯「私が誰かで誰かが私で」

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/29(土) 13:48:09.47 ID:zJ4uF7en0 [1/33]
唯「うーん、朝だ…。」

唯「ん?ここはどこ?」

唯「やけに胸と頭が重いよー」

唯「風邪ひいたのかな?」

4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/29(土) 13:50:20.01 ID:zJ4uF7en0 [2/33]
唯「それにここは私の部屋じゃない…」

唯「一体どこなんだろう?」

唯「…あれ?」

唯「髪の毛が黒くなってる!?」


5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/29(土) 13:53:31.83 ID:zJ4uF7en0
唯「え!?な、なんで…!?」

澪母「澪ー起きたー?」

唯「み、澪!?」

唯「(澪ちゃんのお母さん…!?どういう事…?)」

澪母「なんだ、起きてたのね」

唯「え、あ…お、お母さん?」

澪母「?急にどうしたのよ、いつもはママって呼ぶのに」

唯「!?」ズガーン

6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/29(土) 13:57:09.40 ID:zJ4uF7en0
澪母「きっと寝ぼけているのね、顔洗ってきなさい」

唯「う…うん…」

唯「(黒い髪の毛…重い胸…澪ちゃんのお母さん…)」

唯「ま…まさか、ね」

唯「洗面所はここかな?」

7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/29(土) 13:59:51.83 ID:zJ4uF7en0
唯「!?」

唯「み…澪ちゃん?」

唯「わた、私、澪ちゃんになってる!?」

唯「うわぁ…どうりで部屋が違ったわけだ…」

唯「じゃあ、ひょっとして澪ちゃんが私になってたり…?」

8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/29(土) 14:02:15.25 ID:zJ4uF7en0
澪母「澪ー、学校遅れるわよ」

唯「あ、はーい!!」

唯「(お母さんの前では、ごまかすしかないや…。)」


唯「いってきまーす!」

澪母「今日の澪はいつもより元気で明るいわねぇ」

律「おーい澪ー!!」

唯「あ、りっちゃん!」

律「り、りっちゃん!?」

9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/29(土) 14:05:05.79 ID:zJ4uF7en0
律「澪…どうした?」

唯「(あ、そっか…見た目は澪ちゃんなんだった)」

唯「りっちゃん、私、唯だよ!平沢唯!!」

律「いや、お前澪じゃんか。秋山澪」

唯「あうー、信じてよう」

律「澪、唯の物まねそっくりだなー」ケラケラ

唯「し、信じてくれない…」

10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/29(土) 14:07:23.67 ID:zJ4uF7en0
律「ほら、そんなことより学校行くぞ?」

唯「うー…うん…。」

唯「(りっちゃんは信じてくれない…。)」

唯「(澪ちゃんが私になってたら信じてもらえるかも)」

律「あ、唯ー!」

唯「ん?」

律「?なんで澪が返事するんだ?」

唯「あ、そっか」

12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/29(土) 14:11:30.16 ID:zJ4uF7en0
澪「りーつーぅ!!」

律「唯!?」

澪「私だよ、澪だよ!!」

律「なんか唯まで変な事やりだした…」

澪「朝目がさめたら唯になってたんだよう!!」

律「???」

唯「み、澪ちゃんも!?」

澪「…まさか、唯?」

唯「うん」

澪「どういうことだー!!」

律「こっちが聞きたい!!」

14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/29(土) 14:15:21.36 ID:zJ4uF7en0
朝の事。

憂「お姉ちゃーん、遅刻しちゃう…ってあれ?」

澪「…ん?憂ちゃん?」

憂「お、お姉ちゃんが早起きした!!」

澪「なんで憂ちゃんが私の部屋に?」

憂「お、お姉ちゃん…憂ちゃんだなんて…」

澪「?お姉ちゃん?」

憂「お姉ちゃん寝ぼけてるんだね!顔洗ってきたら?」

澪「…?うん…?」

澪「(お姉ちゃん?どういうことだろう…)」

15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/29(土) 14:18:10.38 ID:zJ4uF7en0
澪「私の家じゃない…。」

澪「ここ…唯んち?」

澪「!!」ばっ

澪「嘘…唯になってる…!?」

憂「お姉ちゃん、学校遅れちゃうよ?」

憂「あ、う、うん憂~」

澪「(唯ってこんな感じだよな…?)」

憂「(眠そうなお姉ちゃん可愛い)」

16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/29(土) 14:20:44.13 ID:zJ4uF7en0
澪「ってことがあってな…」

律「じゃあ…本当に、唯が澪で澪が唯?」

唯「ややこしいけどそうなるね」

律「ホントにややこしいな…」

唯「とりあえず、学校に行こう!」

澪「そうだな…」


20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/29(土) 14:26:49.04 ID:zJ4uF7en0
紬「唯ちゃん達おはよー」

律「おはよームギ」

澪「おはよ、ムギ」

唯「ムギちゃんおはよー」

紬「えっ?澪ちゃんどうしたの?」

澪「どうしたって…」

紬「…?唯ちゃん?」

澪「いや…たしかに私は唯なんだけども…」

紬「…?」

唯「ムギちゃん…おちついて聞いてね…」

紬「え、ええ」

唯「実は…私と澪ちゃん、入れ替わっちゃったの!」

紬「あらあらあら!」

22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/29(土) 14:30:42.10 ID:zJ4uF7en0
唯「は、反応が思ったより薄い!!」

紬「えっと…じゃあ澪ちゃんが、唯ちゃん?」

唯「うん…」

紬「じゃあ唯ちゃんが澪ちゃんなのね?」

澪「う、うん」

紬「りっちゃんは変わってないの?」

律「え、私?」

紬「梓ちゃんとかと変わってるのかと…」

律「いや、私は私」

紬「そっか…何で二人だけ入れ替わったんだろうね…」

唯「うん…。」

26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/29(土) 14:35:38.41 ID:zJ4uF7en0
さわ子「みんなおはよう。出席をとるわね」

さわ子「秋山澪さん」

澪「はい」

さわ子「…?平澤さん?」

澪「あ、す、すみません」

澪「(唯、返事しろ!)」

唯「すーすー」

澪「(寝てる…。)」

さわ子「…秋山さん、学校へ来てすぐ寝ないようにね」

唯「…はっ、はははい!!」

一同「あははははは」

澪「(唯ー…。)」

27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/29(土) 14:38:52.74 ID:zJ4uF7en0
ほうかご!

律「梓にはどうするよ?」

唯「素直に話して納得してもらうしかないよ!」

澪「そうだな…。」

律「(…唯がしゃきっとしてて…)」

紬「(…澪ちゃんがのんびりしてて…)」

律紬「見慣れないなぁ」

唯「?何ー?」

紬「いえいえ、何でも」

29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/29(土) 14:42:19.29 ID:zJ4uF7en0
梓「すみません、遅れましたー」

唯「あずにゃあああん!」だきっ

梓「ニャッ!?み、みみみ澪先輩!?」

唯「あずにゃん、信じてー」

梓「あ、あずにゃんて…」

澪「(唯ーっ!?)」

梓「澪先輩、どどどどうしたんですか」

唯「私、唯だよーあずにゃん」

梓「唯先輩ならあっちにいるじゃないですか」

澪「私は澪だ!」

梓「!?」

31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/29(土) 14:46:42.66 ID:zJ4uF7en0
梓「これは一体…」

唯「朝になったら入れ替わってたんだよー」

梓「み…唯先輩が、澪先輩と?」

澪「そうなるな」

梓「どうりで澪先輩が私に抱きついてきたわけです」

唯「この体だと胸が邪魔であずにゃんが苦しそうだよー」

梓「じゃ…じゃあ離れてください」

梓「(なんか言いにくい…。)」

32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/29(土) 14:49:00.40 ID:zJ4uF7en0
唯「私と澪ちゃん、元に戻れるかな」

澪「どうだろう」

紬「そうだ、頭をぶつけると入れ替わるって話があるわ!」

律「ムギ…そんなベタな…」

唯「澪ちゃん!!」ごつっ

澪「ぐはあっ!!」

梓「遅かったです」

律「…」

33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/29(土) 14:51:59.94 ID:zJ4uF7en0
唯「…お、体が軽いよ!!」

澪「私も…?」

梓「え…」

唯「髪の毛も茶色に戻ってるー!!」

梓「…律先輩?」

律「んー?」

梓「…ムギ先輩!?」

紬「なにかしらー?」

梓「み…みなさん入れ替わってます!!」

34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/29(土) 14:55:11.35 ID:zJ4uF7en0
律「何で私達までまきぞえくらってるんだ!!」

紬「あらあらあら、私は誰?」

梓「口調から判別すると…唯先輩は律先輩」

梓「澪先輩はムギ先輩、律先輩は澪先輩」

梓「ムギ先輩は唯先輩になってます」

唯「ややこしっ!!」

35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/29(土) 14:58:13.69 ID:zJ4uF7en0
澪「戻るどころかまぜこぜになってるじゃないか!!」

紬「頭をぶつけてないのにこうなっちゃったわ」

律「しかも入れ替わってる人が完全にぐちゃぐちゃだ」

梓「私はそのままです」

唯「あずにゃんずるいー!!」

澪「…このまま戻れない気がしてきた」

38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/29(土) 15:11:10.75 ID:zJ4uF7en0
梓「と、とりあえず今は余計な事をしないでおきましょう」

唯「…うん。」

紬「大変なことになっちゃったわねぇ…。」

澪「このままだと色々と大変だ」

律「そうだな…。」

紬「とりあえず、お茶にしましょう」

梓「それは変わらないんですね…。」

紬「あら?体が勝手に…」

律「唯…じゃないムギ、どこ行くんだ?」

紬「お菓子の方へと体がー」

唯「さすが私の体!!」

律「私の声で言ってもあんま違和感無いな…。」

40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/29(土) 15:21:03.82 ID:zJ4uF7en0
紬(唯)「いけないいけない、お茶を淹れなきゃ」

紬(唯)「…あら?」

律(澪)「どうした、ムギ?」

紬(唯)「…お茶って、どう淹れるのかしら」

唯(律)「ム、ムギちゃん!?」

澪(紬)「どうしたんだ…?」

紬(唯)「あれ…?分からない…なんで…」

梓「ムギ先輩!?」

41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/29(土) 15:24:00.59 ID:zJ4uF7en0
紬(唯)「頭が痛い…」

唯(律)「ムギちゃん、しっかり!!」

紬(唯)「あ…あう…」

律(澪)「ムギ、しっかりしろ…」

紬(唯)「…あれ…私は誰だったかしら…。」

澪(紬)「ムギ、大丈夫か?」

紬(唯)「私の名前は紬?それとも唯?」

42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/29(土) 15:27:00.60 ID:zJ4uF7en0
梓「見た目は唯先輩ですけど…中身はムギ先輩です」

紬(唯)「じゃあ、私はどっち…?」

唯(律)「中身がムギちゃんだからムギちゃん…だよ、ね?」

律(澪)「そう言われると…」

澪(紬)「良く分からなくなってきた」

梓「み、みなさん落ち着いてください!!」

唯(律)「あずにゃんは…ほんとにあずにゃん?」

梓「!?」

43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/29(土) 15:33:42.25 ID:zJ4uF7en0
梓「皆さん落ち着いて…」

唯(律)「あずにゃんは…誰と入れ替わってるの?」

梓「私は誰とも…」

澪(紬)「本当は梓じゃ無いのか?」

梓「わ、私は中野梓です!」

律(澪)「私は元々どんな見た目だったっけ」

唯(律)「私は誰だっけ?」


45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/29(土) 15:54:54.61 ID:zJ4uF7en0
梓「み…みなさ、ん?」

唯(律)「あずにゃんは私だっけ?」

紬(唯)「違うわ、私よ」

梓「み、皆さん落ち着いて…」

唯(律)「えいっ」ごんっ

梓「きゃあっ」

梓「わわわ…」



46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/29(土) 15:57:22.59 ID:zJ4uF7en0
唯「えへへ、これであずにゃんも一緒だね」

澪「そうだな」

梓「…私は、誰に」

紬「この姿は誰だったかしら」

律「誰だっけ」

唯「私って誰だっけ?」

梓「私は、あず…、あず…?」

47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/29(土) 16:01:06.10 ID:zJ4uF7en0
梓「…?思い出せない…」

唯「誰だか分かんないや。」

紬「もう一回頭をぶつけてみましょう」

律「そうだな」

梓「…なんで頭をぶつけるんだっけ…」

唯「何でだっけ」

澪「分かんないから良いや」

唯「せーの」

ごつんっ

終わり

48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/29(土) 16:02:09.58 ID:zJ4uF7en0 [33/33]
終わりです。
そして>>1へ戻る

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。