FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

垣根「俺がテメエを殺す」

382 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage saga] 投稿日:2010/05/29(土) 15:28:47.29 ID:UyAHANk0 [3/9]
一方+垣根での戦闘を書いてみたんだが、どことなく微妙な気がする…

投下してもいい?

384 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage saga] 投稿日:2010/05/29(土) 15:31:51.58 ID:UyAHANk0 [4/9]
一方通行はロシアの寒空の下、物思いにふけっていた。
あのシスター……禁書目録の助力によって打ち止めは助けることができた。
だがしかし、番外個体、第三次製造計画。
問題は山積みだった。
だがしかし、今は『仲間』がいる。
そう考えたところで彼は自分を笑った。

(本格的にあのヒーローに毒されちまってるなァ…まあ、悪い気はしねェが)

自分でもおかしいとは思う。
だが、『彼』を見ていると自分も光の世界に居ていいのか、彼女を傍で守り続けていいのか―――
そんな錯覚に陥るのだ。
何にせよ、今やることは変わらない。
そう自分に言い聞かせ、彼らの元に踵を返す。

「ほう、『幻想殺し』と合流していたか」

「――――ッ」

一瞬、確実に呼吸と心臓が止まった。
バカな、なぜ、どうして『コイツ』がここに―――

「どォしてここにオマエがいやがる、エイワス!!!

一方通行が吼える。
エイワスはそれを歯牙にもかけず、淡々と述べる。

「なに、ただの興味本位さ」

その様子に一方通行は殺意が湧くが、なんとか抑える。

「だが、ここで彼らを消して、アレイスターの計画を歪めるのも一興かもしれないな」

今度は歯止めがきかなかった。
一方通行は、自分の中のどす黒いものが肥大化していくのを確かに感じた。

「おォォォおおおオおおおオオオおおおおおおオオオオオオッ!!」

一方通行の背中から生まれた『黒』が翼の形状に固定されていく。

「前回よりも力を制御できているな――――面白い」

黒い翼がエイワスに向けられる。
だがその対象は微かに笑みを浮かべただけだった。

「ならば示してみたまえ、汝の法を」

―――轟音が辺りに響き渡った。

385 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage saga] 投稿日:2010/05/29(土) 15:32:31.83 ID:UyAHANk0 [5/9]
(直撃はした。手ごたえもあった。……だが、これで終わりじゃねェよな)

黒翼はたしかにエイワスの居た場所を叩きつぶした。
だが、前回のこともある。
決して油断はできない。
そして彼らを守るために、負けるわけにはいかなかった。

「ふむ、中々の威力だな。―――だが、それだけだ」

ゴパァッ!!という音と共に、黒翼が弾け飛ぶ。
そこにエイワスは何事も起こらなかったかのように佇んでいた。

「クッ…オオオオオオオオ!!」

一方通行は絶え間なくエイワスに黒翼をぶつけ続ける。
だがしかし、エイワスは表情さえも変えない。
黒翼は彼に届く前に弾かれているのだから。
ならば、と一方通行は黒翼を停止させ、両手を真上に掲げる。

「風…?なるほど、プラズマか」

『あの時』よりもはるかに強い風が吹いており、さらに今の一方通行のベクトル操作は以前を軽々と凌駕している。
―――巨大な球体を形成するのに数秒と掛からなかった。
球体が一方通行の元からエイワスに向かっていく。

「なるほど、面白いな。だが―――」

轟音が再び辺りを包む。
一方通行はエイワスの次の一手に備え、目を凝らした。

瞬間、一方通行の体が吹き飛ばされた。

「が…グッ…!?」

対応しきれず、地面に叩きつけられ、仰向けに転がる。

「あの翼が効かなかったというのに、ただのプラズマで私をどうこうできるハズがないだろうに…」

やはりエイワスはそこから動いておらず、傷一つ無い。
そして左手を彼に向ける。

「終わりにしようか。これ以上やっても結果は変わらない」

その言葉に、一方通行が反応することは無かった。
エイワスの左手に青白い光が収束していく。
一方通行にはわかってしまった。
ベクトル変換も、翼もソレには通用しないのだろう、と。
体を動かそうともせず、一方通行は目を閉じた。

―――光が、一方通行の居る場所を跡形もなく消し飛ばした。

386 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage saga] 投稿日:2010/05/29(土) 15:33:02.80 ID:UyAHANk0 [6/9]
「……こんなものか」

エイワスは光によって消えた場所に目を向けて、そうつぶやいた。
一方通行でこの程度では、自分とまともに渡りあえるのは幻想殺しくらいか、と考え、その場を後にする。

「おいおい、なに無視してくれちゃってんだ?」

上空から声が聞こえる。
その声にエイワスは少しだけ表情を変えるが、すぐにそれは分からなくなる。

「『未元物質』、か。君は巨大な機械を付けなければ、生きていけないハズではなかったかな?」

「はっ…第一位が俺以外に殺されそうだってのに、何もしないワケが無えだろ」

一方通行に敗れた後垣根が目を覚ました時、垣根は全身を機械につながれていた。
―――いや、体の大部分を機械で補っていたと言う方が正しかった。
そこで垣根はその欠損部分を未元物質で補い、見事復活したのだった。

「目を覚ました所はちょうど良く情報が集まってる場所でなあ…第一位のロシア行きも、テメエが『ドラゴン』ってことも簡単にわかったぜ?」

「……おい、さっさと下ろしやがれ」

今まで黙っていた一方通行がようやく口を開く。
彼がそう言うのも無理はなかった。
垣根は飛行しながら一方通行を支えているのだ。
しかしおんぶなどは羽根が刺さるので不可能であり、横に抱えるのも不安定だった。
―――そこで垣根が選んだのはいわゆる『お姫さまだっこ』だった。

「ああ!?せっかく助けてやったのになんだその態度は!?」

「それでもこの抱え方は無ェだろォがァ!!……もォいい。離せ」

一方通行が地上に降りる。
それに習って、垣根も降りてくる。

「……ったく、とりあえずアイツをどうにかすりゃあいいんだな?」

「ハッ…わかってンじゃねェか……さァ、仕切り直しだぜェ?エイワス!!」

一方通行の黒翼が再び展開され、同時に垣根も翼を肥大化させていく。

387 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage saga] 投稿日:2010/05/29(土) 15:33:30.67 ID:UyAHANk0 [7/9]

そこで、おかしな現象が起こった。
わかりやすく言えば共鳴になるだろうか。
対極の黒と白であった二人の翼が、同じ黄金色へと変色していく。

「なるほど、そういうことか」

二人の翼がエイワスに向けられる。

「アレイスターめ、これも計算の内だったか」

だがエイワスの表情に焦りは無く、わずかに口角を上げただけだった。

「そうか、そういうことか」

翼が目前に迫る。

「彼らの役割は―――」

翼によって全てがなぎ払われていく。
それでもエイワスは、最後まで笑っていた。

388 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage saga] 投稿日:2010/05/29(土) 15:34:00.05 ID:UyAHANk0 [8/9]

「倒したか?」

「いや―――この程度じゃ倒せてねェな」

黄金の翼がふるわれた後に、エイワスは居なかった。
あれだけの力があるのに、瞬間移動はできないということは無いだろう。

「で、どォする?また俺に挑ンでみるか?」

「それもいいが…テメエの前に学園都市だ」

「あァ?」

「今のテメエの敵は学園都市なんだろうが……それを潰した後、最高の状態のお前を俺の手で潰す」

一方通行は垣根の言葉に固まっていたが、すぐに自嘲するように笑みを浮かべた。

「ハッ…面白ェな……ホラよ」

一方通行が差し出した手に垣根が困惑する。

「オイオイ、『握手』ってのも知らねェのか?」

「いや、お前がそんなことするのが意外でな…」

そう言って垣根がぎこちなく手を握る。

「まあ、俺も随分と毒されちまったからなァ…」

「……ほお、誰に?」

「あァ?決まってンだろ…」

一方通行が空を見上げながら続ける。

「―――お節介焼きな『仲間達』だよ」


389 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage saga] 投稿日:2010/05/29(土) 15:35:34.31 ID:UyAHANk0 [9/9]
終わり。
展開無理やりで戦闘も適当すぎる。
あ、タイトルは
垣根「俺がテメエを殺す」
かなあ

Tag : とあるSS総合スレ

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。