FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

横島「ファーストキス?」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/25(火) 15:44:29.92 ID:iNEINacS0
美神「ま、横島クンはそんな経験ないか」

おキヌ「ちょっと美神さん、いくらなんでもハッキリ言いすぎですよ」

横島「……」

美神・おキヌ「?」

美神「どうしたのよ、急に黙り込んで」

横島「いや……そういえば俺のファーストキスって……」

横島「……“あの”メドーサだった気がするんですが……!?」

未完

:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/25(火) 15:47:42.77 ID:iNEINacS0
横島「しかも舌を入れられるとゆー……」

横島「ああっ!? いかん! 感触を思い出しちゃいかーんっ!」

美神・おキヌ「……」

横島「そこで二人共黙らんでくださいよっ!?」

美神「いや……まあ……良いんじゃない?
    種族を越えた初体験ってことで一つ」

横島「そんなテキトーな慰め方があるか――ッ!」

4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/25(火) 15:52:00.20 ID:iNEINacS0
横島「ううっ……! 俺のはじめてはあんなオバハンに……!」

美神「まー、相手が男じゃないだけマシじゃない」

横島「相手が人間じゃないんですが!?」

美神「それはそうと、おキヌちゃんのファーストキスはいつ?」

おキヌ「わっ、私ですか!?」

横島「絶対認めーん! おキヌちゃんは俺のm」

ボグシャッ!

美神「……」

横島「認めん……! 認めんぞおおおっ……!」ドサリッ

6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/25(火) 15:55:42.17 ID:iNEINacS0
おキヌ「えっと……私はまだそーゆーのは……」

美神「へ? おキヌちゃんって、ファーストキスまだなの?」

おキヌ「うぅ……はい……///」

美神「なーんだ。おキヌちゃんは可愛いんだから、
    幽霊になる前や生き返ってからとっくに経験してると思ってたわ」

横島「さすがおキヌちゃんだっ! 美神さんと違って――」

美神「……私と違って?」

横島「……きっ……機会に恵まれなかったのかー! ハハハー!」


7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/25(火) 16:00:27.09 ID:iNEINacS0
横島「しかし……そう考えるとなんだか悲しいものがあるなぁ」

おキヌ「……」

横島「? おキヌちゃん?」

おキヌ「はイっ!?」

おキヌ「べっ……別に私は横島さんのふぁーすときすの相手が
     誰だって気にしませんよ!?」

横島「そ、そう……そうかもしれんが、
    そこまで強く言われるとなんだか落ち込むっつーかなんつーか……」

おキヌ「ああっ!? そういう意味じゃなくてですね……!?」

8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/25(火) 16:03:34.28 ID:iNEINacS0
美神「う~ん……暇つぶしとはいえ、
    この話題は選択ミスだったみたいね……」

『先生――ッ!』

横島「この声は……」

ガチャッ!

シロ「サンポに行くでござるよ――ッ!」

ぐいぐいっ!

横島「おいコラっ!? 人間の腕はそっちに曲がら……ああっ!?」

12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/25(火) 16:06:51.91 ID:iNEINacS0
シロ「早くっ♪ 早くっ♪」

ぐいぐいっ!

横島「ええいっ! わかったから落ち着け!」

シロ「先生! 今日は50キロ程で我慢するでござるよ♪」

美神「あ、そうだシロ」

シロ「? なんでござるか?」

美神「あんたのファーストキスっていつ?」

シロ「……へっ?」

16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/25(火) 16:10:58.27 ID:iNEINacS0
横島「ちょっ、ちょっと美神さん!?」

おキヌ「シロちゃんはまだ子供ですよ!? まさかそんな……」

シロ「いつと聞かれたら、最近でござるなぁ」

横島・おキヌ「い゙っ!?」

美神「へー! あんたもやるじゃない!」

横島「け……犬種は……?」

シロ「失礼な。ちゃんとした人間でござるよ!」

横島「……なん……だと……!?」


17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/25(火) 16:15:22.56 ID:iNEINacS0
美神「相手はどこの誰? 人間ってことは、
    相手は人狼族じゃないってことよね」

おキヌ「シロちゃん……す、進んでるのね……」

シロ「いや、誰も何も――」

横島「シロ……!」

シロ「なんでござるか先生?」

シロ「……はっ!? もしや、その事でヤキモチを――!?
   いやでござるよ先生♪ 拙者は先生一筋――」

横島「なんでお前のファーストキスの相手が人間で、
    俺の相手が“アレ”じゃなきゃあかんのんじゃああ――ッ!」

一同「……!」だああーっ!

19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/25(火) 16:19:10.91 ID:iNEINacS0
美神「横島クン……結構気にしてたのね」

横島「思い出させた張本人が言わんでくださいよっ!?」

シロ「むう……ヤキモチではござらんかったか」

おキヌ「えっと、それで……相手ってどんな人だったの?
     私達も知ってる人かしら?」

シロ「? 何を言ってるでござるか」

シロ「拙者の初めての相手はそこに居るではござらんか」

横島・おキヌ「……」

美神「……あー……“アレ”が初めてだったのね」

22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/25(火) 16:24:40.62 ID:iNEINacS0
横島「シロ……俺はお前を信じてたぞ」キリッ

シロ「大騒ぎをしていませんでしたか……!?」

おキヌ「えっと……こういう場合は数に数えるんでしょうか?」

美神「う~ん、女同士だからノーカンじゃない?」

シロ「ふむ……つまり、まだ拙者は“ふぁーすときす”を
    済ませていないという事でござるか?」

美神「そういう事になるわね」

横島「……ふっふっふ……!」

シロ「先生……?」

23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/25(火) 16:28:04.17 ID:iNEINacS0
横島「甘いぞシロっ! 弟子が師匠を越えられると思うなよっ!」

シロ「むっ」

横島「ははは、いやー! まだまだシロは子供だったな!」

シロ「むむむっ……!」

おキヌ「あのー……横島さん。からかうのもそれ位に……」

横島「ボカァーからかってなんかないさー! はははは!」

シロ「――隙ありっ!」

ちゅっ!

横島「……へっ?」

25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/25(火) 16:31:24.42 ID:iNEINacS0
美神・おキヌ「!?」

横島「し、シロ……!? おま、お前今……!?」

シロ「ふふふ……隙だらけでござったよ、先生!」

横島「そういう問題じゃないだろう!?」

シロ「美神どの。先ほどの質問にもう一度答えるでござるよ」

美神「へっ?」

シロ「拙者の“ふぁーすときす”の相手は、今で、横島先生でござる!」どーん!

28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/25(火) 16:34:37.63 ID:iNEINacS0
美神「あ、ああ……そうみたいね……」

横島「美神さんも乗らんでくださいよっ!?
    今のは不意打ちで――」

美神「でも……あんたも不意打ちだったじゃない?」

横島「いや……それは……しかし……!?」

おキヌ「シロちゃんの“ふぁーすときす”の相手になれて
     良かったですね、横島さん」

横島「お……おキヌちゃん……? 目が笑ってないんだけど……!?」


29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/25(火) 16:38:04.03 ID:iNEINacS0
シロ「しかし、これで拙者も大人になったんでござるなぁ……!」しみじみ

横島「ちょっと待て! その言葉は誤解を招くっ!」

シロ「先生、ありがとうございました!」

横島「どういたしまして……って違う!
    大人になったとゆーのは、意味が違ってくるとゆーかなんとゆーか……!」

シロ「ふっふっふ! これはタマモに言って
    お互いの立場をわからせる良い機会でござるな!」

ガチャッ! バタンッ!

横島「ああっ!? 聞いてない――!?」

32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/25(火) 16:41:55.58 ID:iNEINacS0
横島「アイツ、タマモにさっきの台詞を言うきじゃなかーろーな……!?」

おキヌ「多分……いえ、絶対そのつもりでしょうね」

美神「ま、あの様子じゃ簡単に止められそうにないわね。
    それに良いんじゃない? 減るもんじゃないし」

横島「そりゃ……まあ……」

おキヌ「あれ? でも、タマモちゃんって
     今日はお出かけしてませんでしたっけ?」

横島「!?」

35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/25(火) 16:46:46.72 ID:iNEINacS0
横島「それは……えっと……」

美神「街中駆け回って、タマモを探すんでしょ」

横島「なーんだ……そういう事なら」ホッ

美神「その最中に会った知り合いには、
    さっきの台詞を使ってファーストキスの報告をするんじゃないかしら」

横島「もうダメだ――ッ!」どーん!

おキヌ「あれだと……大げさに言っちゃうでしょうね……」

横島「最悪や――ッ! 俺のしゃかいてきしんよーが終わってしまう――ッ!」


36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/25(火) 16:51:36.69 ID:iNEINacS0
横島「クソッ……! こうしちゃおれん!」

美神「どこへ行く気?」

横島「シロを捕まえるに決まってるでしょーが!」

美神「どうやって?」

横島「どうやってって……ど、どうやってだ、おキヌちゃん!?」

おキヌ「わっ、私に聞かれても!?」

美神「シロはあれでも人狼よ。捕まえるまでに、
    かなりの時間がかかるんじゃないかしら」

横島「……!?」ずーん

37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/25(火) 16:57:14.44 ID:iNEINacS0
横島「そんな……俺にはどうする事も……!?」

美神「――横島クン」

横島「……?」

美神「ほら、見鬼くんを持って行きなさい。
    何も無いよりはマシだと思うわよ」

横島「美神さん……!」

美神「な、何よ? わっ、私は別に、変な噂が立ってウチの事務所の評判が
    悪くなるのが――」

横島「この見鬼くんはいくらで俺に貸すつもりなんですか!?
    こんな見えすいた罠にかかるよーな俺じゃ」

美神「さっさと行け! このボンクラ――!」


ここでスレ落ち…

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。