FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

唯「新入部員の草加雅人くんだよ~!」

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/22(土) 19:15:43.00 ID:1PdtdEMx0 [1/95]
草加「よろしく」

澪・律・紬・梓「え」

唯「ホントよかったね。新入部員がやっときてくれたよ~」

唯「これで来年もあずにゃん一人だなんて寂しいことにならなくて済むね」

草加「ふっ」

梓「え…あ、いや…」

4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/22(土) 19:18:08.45 ID:1PdtdEMx0
澪「し、新入部員もなにもあの人って…」ヒソ

紬「…男の人よね?」

律「ていうか大人だろアレ」

唯「はい! 草加くんにお茶とお菓子! いっぱい食べてね」

草加「ありがとう。唯」パクパク…グビグビ

草加「ふぅ…で、いつまで君たちはそこに立っているつもりなのかなぁ?」

澪・律・紬・梓(なに当然のように寛いでんだコイツ!?)

6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/22(土) 19:21:03.75 ID:1PdtdEMx0
律「あ、あの…」

草加「何かな?」

律「悪いけど…もう新入部員は募集してないんだよ」

澪・紬・梓(いった!)

唯「え!? いつのまにそんなことになったの? りっt…むぐっ!?」

澪「す、少し黙ってようなー? 唯っ」

唯「むぐぐ?」


7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/22(土) 19:24:07.79 ID:1PdtdEMx0
律「本当に申し訳ないけど…」

草加「そうか」

律(! わかってくれた!?)

草加「でも…」

ガサゴソ

律「え」

草加「これは何かな」ス

律「…け、軽音部のビラ」

草加「ふむ、ここに新入部員募集中…無期限と書いてあるが」

草加「…嘘はよくないなぁ」

律「うぐっ!」


10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/22(土) 19:27:12.97 ID:1PdtdEMx0

唯「あらためて入部おめでとー! 草加くん」

草加「ありがとう」

澪・律・紬・梓(けっきょく入部してしまった…)

梓「あ、でもよく考えてください」ヒソ

律「なんだよ…」

梓「一応顧問でもあるさわ子先生がまだいるじゃないですか」

澪「一応って…」

紬「そうよね。あの人の入部は私たちの独断で決められることじゃないわ」

唯「あうう…お茶、ちょっと熱かったね。舌やいちゃったよぉ…」

草加「フーフーしてやろうか?」

12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/22(土) 19:31:03.73 ID:1PdtdEMx0
ガチャリ

さわ子「美人教師の到着よー」

律・梓「来た!」

澪・紬「先生っ」タタタ…ギュ

さわ子「え! な、なによ急に…」

澪「あ、あの男の人が」

紬「軽音部に入部しようとしているんですっ」

さわ子「はぁ? 男…………!」

草加・唯「?」

13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/22(土) 19:34:08.96 ID:1PdtdEMx0
さわ子「……」スゥゥゥ…ギュゴゴ!

「!?」

澪・梓「きゃああああ!!」

紬「せ、先生が…化物に!!?」

さわ子オルフェノク『見つけたわぁ。さぁ、カイザのベルトを寄越しなさい…』

律「さわちゃん!?」

唯「あ、あわわわ…」

草加「…どいていろ」ス

唯「…え、え?」

ピッピッピッ…Standing By

草加「変身っ」Complete

「!?」


16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/22(土) 19:37:11.81 ID:1PdtdEMx0
カイザ(草加)「ふん!」グンッ

さわフェノク『…っ!?』

唯「草加くんまで…」

律「なんなんだよこの展開は!」

カイザ「無様に這いつくばれよ。オルフェノクらしくなぁ…」グイッ

さわフェノク『あうっ…』

カイザ「ふっふっふ…」ガチャ

Ready……Exceed Charge

カイザ「しぇああぁぁっ!!」ズバッッ!

さわフェノク「!! あああああぁぁぁぁ…」サァァ…

澪「あ、あ…」

紬「さわ子先生…いいえ、オルフェノクが灰に…」


17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/22(土) 19:40:30.84 ID:1PdtdEMx0
梓「これは一体どういうことですか!? 説明してくださいっ」

草加「説明? そんなことしたところで君たちには無意味だ」

草加「ただ、奴がオルフェノクだった…それだけのことだ。さぁ、部活動を続けよう」

律「できるわけないだろ!?」

澪「ひ、人一人が死んじゃったんですよ!?」

草加「…それじゃあなにかなぁ」

草加「君たちは僕が変身せずにみずみずと黙って奴に殺されていればよかったのか?」

律「え、いや…それは」

紬「そ…そうよ。そのベルトを大人しく渡していれば…」

草加「たとえベルト渡したところで、今度は無抵抗な君たちにまで手を出すぞ。オルフェノクという連中はそういう奴らなんだ。まったく、汚いよなぁ…」

「……」

草加「まぁ、座れよ。ははっ」

19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/22(土) 19:43:07.23 ID:1PdtdEMx0
紬「お、お茶、どうぞ」

律「ああ…ありがとう」

草加「……」

澪「……」

梓「……」

澪・律・紬・梓(…気まずすぎる)

唯「あ、そういえば草加くんは何の楽器ができるの? も・し・か・し・て~」

唯「カスタネットとかぁ~」クスクス

梓(こ、この状況で能天気な)

草加「ははは、面白いね」

草加「ギター、ベース、ドラム、キーボード…どれもいけるけど、しいて言うなら」

草加「ベースが一番得意かなぁ」

唯「あ、じゃあ澪ちゃんと同じパートだね!」

澪「え…」


21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/22(土) 19:46:11.29 ID:1PdtdEMx0
草加「…ああ、君がベースを担当しているのか」

澪「え、あ…はい」

草加「そうか、そうか…」

草加「よろしく、澪」

澪「は、はい…」

梓(な、なんか爽やか…)

律「き、今日のところは解散しよっか! な?」

唯「えー、もう終わっちゃうの?」


23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/22(土) 19:49:53.03 ID:1PdtdEMx0
帰り道!

律「草加雅人…ほんとなんで軽音部なんかに」

澪「絶対場違いだよね、あの人…」

律「そんなの言わなくても分かるわぁっ!」

律「だいたいあれ仮面ライダーだろ! おかしいだろ!」

澪「本当になんなんだろうな…」

「うわぁぁ~っ!!」

?「このボタンは俺の物だぁ~! はははは!」

澪「ひぃー!?」

律「で…でたぁ! 妖怪ボタンむしりだ!!」

律「逃げるぞ澪!」タタタ…

澪「ま、まって! 律ぅ~!!」タタタ…

?「ははは!!」

27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/22(土) 19:52:16.30 ID:1PdtdEMx0
唯「草加くん、いい人そうでよかったね」

梓(どこがだよ…)

紬「唯ちゃん。唯ちゃんがあの人…草加さんに入部を勧めたの? …その前になんであの人は学校に?」

唯「んー、何でかはわかんないや」

唯「あと、私が入部するのを勧めたわけじゃなくて、草加くんが軽音部に入りたいんだけど…って私に声かけてきてくれてね。んで、後はさっきの通りだよ」

紬(えっと、女子高よね…うちの高校…)

梓「やっぱり…怪しいですよ。あの人」

唯「あー、草加くんに失礼だよ! あずにゃん」

梓「でも…」

梓「…うーん」

33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/22(土) 19:55:28.20 ID:1PdtdEMx0
・・・

草加雅人は彼女たち、放課後ティータイムの演奏に心打たれた。
しかし、彼女たちが奏でる音はけして最高というわけではなかった。
楽器の腕は曲りなりといったところ、歌だって大したことはない。
だが…

唯「愛を込めて~スラスーラとね~♪」

盛り上がる観客たち、会場…

唯「さぁ、書きたそう~♪」

楽しい、純粋にそう感じさせてくれるのだ。
彼女たちの演奏は実に生き生きとしている。
荒んだ心の雅人にとってそれは癒しとなり、今日を生きる気力となった。

草加「ほぉ…」

気づけば自分もあの輪の中に入って楽しみたいという気持ちが湧いてきていた。
楽器を持ち、音を奏で、あの女子高生たちとともに最高のライヴを楽しみたい、と。

35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/22(土) 19:58:03.18 ID:1PdtdEMx0
ボンボンボン~♪

草加「こんなところかなぁ」

律「う、うまい」

紬「ええ…」

梓「あ…あ…」

唯「すっご~い!! 本当のミュージシャンみたいだよ! 草加くんっ」

草加「ありがとう」

澪「……」

草加「どうかしたのかな、澪」

澪「え、あ…な、なんでもないです…」

草加「……」ニヤ

38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/22(土) 20:01:21.11 ID:1PdtdEMx0
澪「どうしよう…」

澪「あんなに上手かったら、私のパート…取られちゃう」

唯「澪ちゃん?」

澪「…うん?」

唯「大丈夫? 顔色悪いよ」

紬「本当…大丈夫? 寝ていなくて平気?」

澪「へ、平気。大丈夫だよ!」

草加「無理はしない方がいいんじゃないかなぁ」

澪「大丈夫だから…」

草加「ふぅん」

40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/22(土) 20:04:09.99 ID:1PdtdEMx0
草加(秋山 澪、さっさと自分のパートから降りてくれないかなぁ?)

草加(君がそこにいると邪魔なんだよ。俺がベースを弾くことに…放課後ティータイムを楽しむことに、なぁ)

澪「……」

梓「い、一度だけみんなで合わせてみませんか!? ベースを草加さんにして!」

澪「!」

律「そうだな。私も一回やってみたい」

唯「ごめんね、澪ちゃん」

紬「それじゃあ、ふわふわ時間…草加さん大丈夫ですか?」

草加「ああ、任せてくれ。…おっと、澪。君はそこに座って見ていてくれないか?」

草加「立っていられると邪魔だからさ」

澪「……」

44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/22(土) 20:07:09.14 ID:1PdtdEMx0
ジャジャ、ジャジャ、ジャーン

梓「いい…すごく気持ちよかったです!」

律「ああ!」

紬「私、鳥肌立っちゃった!」

梓「とくに草加さんのベースライン! 澪先輩以上に安心してギターの音を乗せられますし、サビの部分のアドリブ…最高でしたよ!」

草加「ふっふっふ、それは良かった。…澪はどうだったかなぁ? 感想を聞かせてくれよ」

澪「……」

澪「……っ!」

ガチャッ…タタタタ…

紬「み、澪ちゃん!」

律「おい! 澪ー!」

草加「きっとトイレを我慢していたんじゃないかな。演奏が凄過ぎて途中で抜け出せなかったんだ。きっと」

梓「ですね」

唯「澪ちゃん…?」

47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/22(土) 20:10:08.72 ID:1PdtdEMx0
澪「はぁ…はぁ…」ゼーゼー…

澪「くそっ」

澪「くそっ、くそっ、わああああああん!!」

澪「あきらかに…あきらかに私のパートを奪おうとしてる…草加雅人」

澪「でも…あんなに上手かったら…敵わないよ…」

澪「…はぁ」

?「どうかしましたか?」

澪「…ひっ!」


52 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/22(土) 20:13:03.42 ID:1PdtdEMx0
草加(秋山 澪に恨みはないが、俺の邪魔になった…ただそれだけだ)

梓「あの、草加さん!」

草加「何かなぁ?」

梓「私…草加さんのベースの腕に惚れちゃいました」

紬「あらぁ」

律「なんだよ梓~。愛の告白かぁ~?」ニヤニヤ

梓「そ、そういうのじゃないですっ!! もう、変なこと言わないでくださいっ」

唯「澪ちゃん…遅いねぇ」

律「そのうち帰ってくるだろー?」

54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/22(土) 20:15:21.49 ID:1PdtdEMx0
唯「んー…」

草加「心配しているのか?」

唯「そりゃあ、するよぉ」

草加「…そんなことより、もう一度セッションしよう。唯」

唯「んー…ちょっと、澪ちゃん探してくるね」

律「あ! 唯ー!」

梓「すぐに戻ってきますよ。それよりもう一度合わせましょうよ」

紬「そうね」

草加「……」

草加(平沢 唯。俺よりも秋山 澪を優先したな…?)


57 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/22(土) 20:18:05.85 ID:1PdtdEMx0
?「イクササーイズ! 続け!」

澪「い、いくささーいずっ」

?「もっと大きな声で! ついてきなさーい!」

澪「えっほ…えっほ…」セカセカ

?「己を信じてぇぇーー!!」

澪「ひぃっ…」

?「イクササーイズ!」

澪「イクササーイズ!」

唯「あー! 澪ちゃんいた!」

唯「…って、何してるの?」

?「見て分からないのか!? イクササイズだ!」

澪「…///」


64 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/22(土) 20:21:21.14 ID:1PdtdEMx0
・・・

?「イクササーイズ!」

唯・澪「イクササーイズ!」

?「休みなさい、休みなさい、パワーチャージだ、休みなさい」

唯・澪「はぁ…はぁ…」

澪「も、もうだめ…」バタ

?「こんなところでバテてどうする!?」

唯「わ、私も限界だよぉ…」

?「むぅ、仕方がない。今日はここまでとしよう」

?「どうだ。嫌な気分もこれで晴れただろう?」

澪「…は、はいっ! 最高ですっ」

唯「さいこー!」

?「聞こえないな。誰が、最高だって? もっと大きな声で言いなさい!」

唯・澪「名護さんは最高です!!」

名護「まだまだ聞こえなーーい!! さぁ、もう一度一緒に! せーの!」


69 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/22(土) 20:24:49.05 ID:1PdtdEMx0
名護「それじゃあ、俺はこれで…さらば!」シュタタタ…

唯「すっごく楽しかったよー!」

澪「ふふ…変な人だったな」

唯「でも、面白いし、良い人だったよ」

唯「いくささーいず! えへへ」

澪「あはは。なんか嫌な気分も吹っ飛んじゃったよ」

唯「え、嫌な気分? 何かあったの?」

澪「いや、もういいんだ。大丈夫だよ」

唯「そうなの? あ、そろそろみんなのとこに戻らなきゃ!」

澪「ああ、そうだな」

71 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/22(土) 20:28:50.87 ID:1PdtdEMx0
・・・

唯「ってことがあってね~」

律「なんだそりゃ」

梓「それより草加さんが…」

草加(…気に食わない)

紬「イクササイズ?」

澪「…うん///」

唯「みんなにも教えてあげるね!」

梓「えー、遠慮しときますよ…」

草加(何故かはよくわからないが…平沢 唯…)

草加(邪魔だ)


72 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/22(土) 20:30:06.98 ID:1PdtdEMx0
次の日!

ジャンジャカジャーン

草加「…と、こんなところかなぁ」

律「す…すっげぇ!! ベースどころかギターもやばいじゃんか!」

紬「ギター自身が歌っているみたいだったわ!」

梓「……ああ…ああ…」ウットリ

唯「すっごーい。カッコよかったよー」

澪(…悔しいけど、本当にすごい…)

草加「ははは、照れるな」

草加「やっぱり僕はベースよりギターかもしれないなぁ」

律「草加さんがそう言うならそうかもなー」

紬「それじゃあギターは3人になるのかしらねぇ」

草加「……」

76 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/22(土) 20:33:07.98 ID:1PdtdEMx0
・・・

律「それじゃあ、私らはこっちだからー!」

梓「さよならー」

紬「私もここで…」

唯「みんなばいばーい」

草加「唯。僕もこのあたりで…」

唯「あ、うん!」

唯「やっぱり…草加くんが軽音部に入ってくれてよかったよぉ」

草加「そうか?」

唯「うん! それじゃ、また明日~」

草加「…ああ」


87 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/22(土) 20:37:30.69 ID:1PdtdEMx0
雅人が唯と別れた直後…突然だった。
クラクションが辺りに響き渡る。トラックだ。一台のトラックが突っ込んでいく。
一人の少女…唯へ目掛けて。
一瞬のことに呆気を取られた雅人は声を出すこと叶わず、悲惨な惨状を目の当たりにする…と思った次の瞬間のことだった。

唯「……」

唯の顔に獣の模様が浮かぶ。トラック衝突まであと少しというところで、驚くことに唯は高く、上へ跳ねた。同時、唯の姿は人とはかけ離れた姿…獣のそれとはまた違った。不気味な姿…。

草加「! …オルフェノク!!」

ウルフオルフェノクへと姿を変えたのだ。

唯フェノク『わ、わっ! また勝手に変身しちゃった…ま、まずいよぉ…』

93 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/22(土) 20:41:30.32 ID:1PdtdEMx0
運ちゃん「あ、あれ…? 女の子がいたと思ったのに…気のせいか?」

唯フェノク『見つかる前にさっさと逃げちゃおっと!』ダダダ…

草加「……」

草加「…平沢 唯」

草加「まさかオルフェノクだったとはな…!」

草加「……」

草加「放課後ティータイムに…オルフェノクはいらないっ!!」

95 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/22(土) 20:44:11.26 ID:1PdtdEMx0
ガチャリ

唯「おいっすー…って、あれ? まだ誰もいないや」

草加「いや、一人いるよ」

唯「わぁ! く、草加くん…もー、脅かさないでよねー! ぷんすか!」

草加「……」

草加「最近気になっていたんだが」

唯「え?」

草加「なに可愛い子ぶってるんだ?」

唯「…え?」

97 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/22(土) 20:47:08.19 ID:1PdtdEMx0
草加「キャラ作ってるの、バレバレなんだよなぁ」

草加「ははっ」

唯「し、失礼なー! そんなことしてないよっ」

草加「おや、自覚もしてないのか。重症だなぁ」

草加「さすがは軽音部のマスコット、か?」

唯「むっ! 違うもん!」

草加「というかさ、部の中じゃあ君が一番演奏が下手だよなぁ」

唯「うう…そ、そうなの…?」

草加「上手いつもりだったのか? こいつはお笑いだ! はははは」

唯「ど、どうして…こんないじわるなこと言うの…? 草加くん…」

草加「僕の名前を馴れ馴れしく呼ばないで欲しいなぁ」

103 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/22(土) 20:52:00.44 ID:1PdtdEMx0
唯「うっ…ふぇ…っぐ」ポロポロ

草加「あーあ、泣くのか? いいよなぁ、女は泣けばすぐ許されるから…」

唯「…な、泣いて…ないっ」

唯「ないてないもんっ!!」

草加「嘘をつくなぁっ!!」ガシャンッ

唯「ああ!? む、ムギちゃんのティーセットが…」アタフタ…

唯「ひ、酷いよ! 酷いよ! 草加くんっ」

草加「ふん…オルフェノクが…」ボソ

唯「どうしよう…どうしよう…」

ガチャリ

草加「! ……っ!」ニヤ


107 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/22(土) 20:55:02.27 ID:1PdtdEMx0
梓「遅れちゃいました」

紬「ふぅ」

律「来てたのか二人ともー…って、なんだこれ!?」

紬「ああっ、わ…私のティーセット…」ウルウル…

梓「こ、これは一体…!」

草加「……ううっ」

梓「草加さん! 手から血が…! どうしたんですか!?」

草加「くっ…わからない…突然、唯がティーセットを壊して…その破片が僕の手を…」

唯「え!?」


116 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/22(土) 20:59:27.51 ID:1PdtdEMx0
梓「大丈夫ですか!? すぐに包帯巻きますねっ」

草加「っ…」

紬「ううっ」

律「唯…草加さんとムギに謝れよ」

唯「え…ち、ちがっ…私じゃ…」

梓「ああっ…こんなに深く切ってる。…草加さんがギターを弾けなくなったらどうするつもりですか!? 唯先輩っ」

唯「…く、草加くんが…私じゃ…」

草加「ううっ…!」

律「草加さん…。唯、言い訳はいいからさ…謝れよ。マジで」

123 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/22(土) 21:02:13.72 ID:1PdtdEMx0
紬「……」

唯「違うよ…信じてよぉ…ね、ねぇ、あずにゃん…」

梓「……」

草加「ぅ…ゆ、唯……君は今、少し混乱しているだけだ…落ち着け…」

唯「うそ…うそうそうそっ!! 嘘だよっ! 草加くんが…」

梓「最低…そうやって人に罪を」

紬「唯ちゃん…」

律「…唯、少し頭冷やしたらどうだ」

唯「なんで…なんで信じてくれないの………っ」

ガチャリ…タタタタタ…

紬「唯…ちゃん」

草加「ま、まってくれ! 唯!」ニヤリ


131 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/22(土) 21:05:28.67 ID:1PdtdEMx0
唯「っ…」タタタ…

澪「あれ、唯?」

唯「……」タタタ…

澪「え、あ、ちょ…ちょっと! 唯!?」

澪「いま…唯、泣いてた?」

澪「……」

澪「唯…!」タタタ…

135 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/22(土) 21:07:01.45 ID:1PdtdEMx0
河川敷!

唯「……ひっ…ぐ…うう」グスン…

唯「あぅ…ぅっ」

?「…おい、何泣いてんだ」

唯「え…?」グスッ

?「涙がでるほど辛い地獄を見たか…? 見せてみろ。お前の瞳の奥を」グイッ

唯「わ、わっ!?」

?「……」

?「まだまだ…お前は本当の地獄を見ていない」

唯「な、なに言ってるの…お兄さん…」

?「…おい、お前には俺が惨めに見えるか? それとも負け犬か?」


147 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/22(土) 21:10:19.47 ID:1PdtdEMx0
唯「…ちょ、ちょっと意味がわかんないよぉ」

?「笑え」

唯「…え」

?「どうせお前も俺を馬鹿にしてるんだろぉ…? 笑えよ」

唯「笑えって…」

唯「…そんな気分じゃないよ、今は」

唯「笑えないよ…」

?「あ゛? …………はぁ」

?「さらなる闇を求めて…俺は今日も地獄へ落ちていく…ふっふふ、ははは」スタスタスタ…

唯「…? へ、変な人…」

澪「ゆ、唯! 捜したぞ!」

唯「! み、澪ちゃん…」


155 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/22(土) 21:13:01.04 ID:1PdtdEMx0
澪「どうしたんだよ唯」

唯「…わかんない」

唯「わかんないよおおお…」ポロポロ…

澪「ゆ、唯」

澪「あいつが…草加雅人が何かしたんだな?」

唯「…っ…ひ…ぐ」

澪「大丈夫、大丈夫だよ。私は唯の味方だからね」

唯「み…みお゛ぢゃあ゛ん…っ」

唯「うわああん」ギュゥゥ…

澪(許せない…許せないよ)

159 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/22(土) 21:15:04.43 ID:1PdtdEMx0
次の日!

草加「何かなぁ、こんなところに呼びだして」

澪「ゆ、唯に何の恨みがあるんだ!」

澪「お前に…酷いことされたのは分かってるんだぞっ」

草加「…酷いこと?」

草加「俺は、俺は当然のことをしたまでだ!」

澪「なっ…何言ってるの!?」

草加「あいつは…平沢 唯はとんでもないやつだ。…何故か教えてやろうか」

澪「…な、なんだよ」

草加「奴は…オルフェノクだ」

161 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/22(土) 21:18:13.37 ID:1PdtdEMx0
澪「オルフェ!? え!? う、嘘っ…」

草加「冗談でこんな顔ができるか?」

澪「あ……あ…」

草加「君たちの顧問がオルフェノクだったろ? 奴らは常にどこかしら俺たちの身近に存在するんだよ。本当に狡賢い奴らさ!」

澪「だ、だけどそんな…っ。まだわからないじゃない!」

草加「君も物分かりが悪いなぁ…。じゃあ一つ聞くが、何故俺は軽音部に入部したと思う?」

澪「し、知るもんかっ、そんなこと…」

草加「平沢 唯…いや、オルフェノクの脅威から君たちのような何も対抗手段を持たない人たちを助ける為だよ。手遅れになる前にな」

草加「だから俺は、恐らく襲いかかる機会を狙っているであろう平沢 唯を遠ざける為、あんな真似をしたんだ。こちらの手が分からないように…」

澪「…う、うそだ…そんなの…唯が……」

草加「ふん、忘れるなよ。君が今、生きていられるのは誰のおかげかなぁ?」

澪「……」


167 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/22(土) 21:20:57.39 ID:1PdtdEMx0
唯(…はぁ、部室に行くのちょっと辛いなぁ)

唯(でも、なんとか誤解解きたいもんね! それに…)

唯「澪ちゃんも…手伝ってくれるもん! きっとなんとかなるよ」

ガチャリ

唯「やっほー! …って、あれ」

唯「い、一番乗りかぁ。まだ誰もいないよぉ、あはは」

唯「……」

唯「……あれ?」

唯(なんか床に倒れてる…)


169 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/22(土) 21:23:01.48 ID:1PdtdEMx0
唯「なんだろう…」トコトコ…



唯「!!」

唯(こ…こ、これって……)

唯「澪ちゃんの…エリザベス(※澪のベースに唯がつけたあだ名。Wのエリザベス↑ではない)」

唯「…ひどい…ネックが折れちゃってる…ボディもズタズタ…」

唯「なんでこんな…」

ガチャリ

唯「!」


172 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/22(土) 21:25:17.14 ID:1PdtdEMx0
紬「唯ちゃん!」

律「よ、よぉ…昨日は…その」

唯「あ、あの…その…」

梓「…? 唯先輩、その床に置いてあるものは…………!?」

唯「え…っ!!」

梓「澪先輩のベース!! ひ、ひどい…ひどいですよこれ…」

律・紬「!」

唯「ち、違うのっ!! 私も今ここに来たところで…今さっきこれを…」

律・紬・梓「……」

唯「し、信じてっ!? 本当だよ!」

ガチャリ

澪「ごめーん。遅くなっちゃったよ」

176 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/22(土) 21:27:38.72 ID:1PdtdEMx0
唯「澪…ちゃん」

澪「ああ、唯。…ど、どうした?」

「……」

澪(…なんだこの空気、嫌だな)

澪「あ! ところで私のベース、ここに置いてないかな? 気づいたら近くに置いてなくてさ」

紬「ああ…」

律「…そこに、あるよ」

澪「そこって唯…………」

澪「…え」

澪「え…え…? な、なんで…」

澪「なんで私のベース…え…なんで…」


182 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/22(土) 21:30:09.68 ID:1PdtdEMx0
梓「私たちが来る前に…唯先輩がいました」

律「…唯、あんまり疑いたくはないけどさ」

律「本当に、お前が来る前からこうなってたんだな?」

唯「そうだよ!! 本当にそうっ!」

唯「そ、それに…私はこんなひどいこと、絶対しない!」

律・紬・梓「……」

唯(な、なんで…なんでみんなそんなに冷たい目で私を見てるの…?)

唯「み、澪ちゃ…」

澪「……」

唯「澪ちゃんは…澪ちゃんは信じてくれるよね!? 私の味方でいてくれるんだよね!? ね! ね!? ねぇっ!?」ガクガク

澪「……唯」

唯「! う、うんっ」パァ

澪「……」

澪「…ごめん」

唯「    」

189 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/22(土) 21:32:25.61 ID:1PdtdEMx0
ガチャリ…タタタタ…

唯「…っぐ! ぅあ…っ」

唯(ごめんって…ごめんってなに)

唯(何それ…何それ…澪ちゃん…澪ちゃん…)

唯「…うわあああ、わああぁぁぁ」ガクガク

草加「ん、どうした。何かあったか」

草加「何があったか言ってみろよ? なぁ、唯」

唯「あ…あああ…」

草加「この世の絶望みたいな顔してるなぁ。よく見せてやろうか? ほら、手鏡」

唯「いや、いやだよぉ…やだよ、やだよ、やだよ……いやぁ…ああああ」

草加「…おい、お前、俺のことは好きか?」

195 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/22(土) 21:35:41.02 ID:1PdtdEMx0
唯「あ……ぁ…ぁぁ…」

草加「好きかって聞いているんだよ!」グイッ

唯「ひっ……す、すき…だよ…すき、うん…すき…」ガクガク

草加「おい、嘘はよくないなぁ」

草加「知ってるんだよ! お前は俺のことが嫌いだってなぁ!」

唯「そ、そんな…ち、ちが…ちが…う」

草加「お前に俺が嫌いなものを教えてやろうか? いや、教えてやるよ」

草加「それはなぁ…゛俺のことを好きにならない人間゛だ!」

草加「俺のことを好きにならない人間は邪魔なんだよ! 平沢 唯!」

唯「…く、くさか…くっ…ん…」

草加「消えろよ。安心しろ…お前の後釜は俺が受け継がせてもらうからなぁ」

唯「……」

唯「……」フラリ…フラリ…


202 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/22(土) 21:38:47.53 ID:1PdtdEMx0
河川敷!

唯「……」

唯(もう…わけわかんないや)

唯(このまま消えちゃいたいかなぁ…)

唯「あはは…あははは…何考えてんだろー…そろそろウチに帰らなきゃ…」

?「…また会ったな」

唯「…変なお兄さん」

?「ここに…一つの闇を感じた。だから再び俺はここに戻ってきたというわけだ」

唯「は? …やっぱりお兄さん変だよ」

?「…ほう」

?(この女、瞳の奥に闇が見える…!)

唯「何…?」


214 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/22(土) 21:41:28.33 ID:1PdtdEMx0
?「地べたを這いつくばってこそ…見える光がある」

?「だが期待するな! 所詮、闇に落ちた俺とお前には…輝く星をみることはできない」

唯「…?」

?「…お前、俺の弟になれ」

唯「弟って、私一応女の子……」

唯「……」

唯「…いいよ。弟になるよ…私」

?「ふっ、着いてこい」

矢車「一緒に…どこまでも地獄に落ちていこうか。兄弟」

唯「うん。…兄貴」


225 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/22(土) 21:44:42.14 ID:1PdtdEMx0
・・・

草加「これはひどい…。唯が、これを?」

律「…どうなんだろうな」

紬「できれば信じたくないわ」

澪「……」

梓「澪先輩…。とにかく唯先輩のあの様子は…明らかに…」

律「あいつ、何かあったのかなぁ…」

草加「…言うべきじゃないとは思っていたが」

梓「草加さん?」

草加「…澪には話したが…実は、平沢 唯は…」


235 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/22(土) 21:47:23.53 ID:1PdtdEMx0
和「ふぅ、生徒会長も楽じゃないわね…ん?」

和(あら、あれって唯よね?)

唯「……」

和「唯ー」

唯「…?」

和「やっぱり唯だった…ていうかあんた、何その格好…?」

唯「…地獄兄弟のコスチュームだよ」

和「じご…は? あんたまたわけの分からないことを」

唯「……」ス

和「あ! ど、どこ行くのっ、唯!」

唯「和ちゃん。私は…もう日向の道を歩くことを許されないんだよ。それが地獄に落ちた者の末路…ふふ」スタスタスタ…

和「……」

和(今回はかなりの重症ね)


245 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/22(土) 21:50:59.76 ID:1PdtdEMx0
和『…というわけなんだけど』

憂「あはは、和さん。お姉ちゃんのことだからちょっとふざけてみただけですよ。きっと」

和『そうだといいのだけれど』

憂「とりあえず帰ってきたら様子を見てみますから」

和『そう…わかったわ。それじゃあ』ガチャ、ツーツー…

憂「…ああは言ったけど、やっぱりちょっと心配だなぁ」

ガチャリ

憂「あ、お帰りなさい! お姉ちゃ…」

唯「……」ズン

矢車「……」ズズン



憂「 」


249 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/22(土) 21:52:50.13 ID:1PdtdEMx0
憂「ど、どうぞ…」カタッ

唯・矢車「……はぁ」

唯・矢車「…いただきます」

パクパク…ムシャムシャ…

唯・矢車「…もぐもぐ」

憂「あ、その…えっと」

唯・矢車「……」

憂「お、美味しくなかった…?」

矢車「……」ギロ

憂「ひっ」

矢車「…もぐもぐ」


255 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/22(土) 21:55:01.73 ID:1PdtdEMx0
矢車「…食える時に食っておけ。闇に飲みこまれない為にも食事はしっかりととっておく」

矢車「…それが、俺たち兄弟の約束だ」

唯「わかったよ。兄貴」

憂(あ、兄貴!?)

憂「お…お姉ちゃ…」

唯「…美味しい」

憂「…え」

唯「美味しいよ。憂のお料理」

憂「お姉ちゃん…///」

憂(な、なんかお姉ちゃんかっこいいよぉ…こういう雰囲気のお姉ちゃんも…いい)

唯・矢車「…もぐもぐ」


259 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/22(土) 21:57:15.72 ID:1PdtdEMx0
唯「ところで」

唯「憂、その人は?」

?「美味いな、これ」パクパク

憂「あ…え!? 誰!?」

?「…食わないのか?」

憂「え!? えぇ!?」

?「これ、食ってもいいかな?」ニカ

憂「どどどっ、どうぞっ」

?「いただきます」パクパク

唯・矢車「……」パクパク


272 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/22(土) 22:00:18.51 ID:1PdtdEMx0
唯・矢車「…ごちそうさまでした」

憂「ふふ、お粗末さまでした」

矢車「悪くはなかった」

?「ああ、良かったよ」

憂「あ…ありがとうございます」

唯「兄貴、この後は?」

矢車「食ったら…よく寝ろ」

唯「寝る…」

矢車「だが期待するな! 俺たちがいい夢を見ることは…けしてない」

唯「…わかったよ、兄貴。それじゃあ…」

唯・矢車「…おやすみ」

憂(え!? 本当に寝ちゃうの!?)

唯・矢車「…ぐぅ」zzz…

?「何!? 睦月が!? わかった、今そっちに向かう!」

憂「えー…」


281 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/22(土) 22:03:59.11 ID:1PdtdEMx0
次の日!

ジャジャ、ジャジャ、ジャーン!

草加「ふぅ」

紬「やっぱり…」

律「いいな! すっごくいい!」

梓「これなら唯先輩がいなくてもなんとかなりますね…いえ、もしかしたらそれ以上に…」

澪「……」

澪(たしかに…たしかに良かったけど…けど…)

梓「やっぱり草加さんのおかげですっ」

草加「ははは、そんなことないよ」

草加「でも、やっぱり君たちと演奏していると気分がよくなる。ははは」

草加(これだ…この清々しい気分…最高だな)ニヤニヤ

285 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/22(土) 22:06:04.87 ID:1PdtdEMx0
・・・

律「それじゃあ、私たちはここで」

紬「さようなら~」

梓「また明日です」

草加「それじゃあ。…おっと、帰り道は乾○という男に気をつけた方がいい」

律「乾○?」

草加「ああ、奴は極悪な上にオルフェノクだ…何かあったら確実にそいつのせいってぐらいの頻度で悪さを働いている」

草加「覚えておくんだ。○巧だ」

梓「よ、よくわかりませんけど…気をつけますね」

草加「ふっふっふ…」

294 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/22(土) 22:09:45.95 ID:1PdtdEMx0
草加「気分がいい。ふっふっふ」

草加「これも平沢 唯が消えてくれたおかげって解釈でいいのかなぁ? あははは」

?「…お前はいいよなぁ」

草加「!」

草加「…おや? 随分と見違えたな。まるでドブネズミか何かのようだよ。平沢 唯」

唯「……」

草加「はははは!」


302 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/22(土) 22:12:41.63 ID:1PdtdEMx0
草加「君には感謝しなきゃいけないかなぁ? 君のおかげで今、俺が放課後ティータイムの一員として立派にやっていけているんだからな!」

草加「くくく…それに比べて君は無様な姿になり果てたなぁ」

唯「……」

草加「わざわざ俺に笑われに来たのか!? はははは!」

?「…おい」

草加「え?」

?「貴様ぁ…今、弟を笑ったなぁ……!?」イライラ

草加「何だお前は」

ピョーン、ピョーン…パシッ

?「いくぜ。相棒ぉ…」シュ

唯「…うん。兄貴」シュ

矢車・唯「…変身」HENSHIN!

草加「なっ!?」

CHANGE…KICK・PUNCH HOPPER!

315 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/22(土) 22:16:19.66 ID:1PdtdEMx0
キックホッパー(矢車)「…はぁ」

パンチホッパー(唯)「汚してやるぅ…!」

草加「どういうつもりだ! っ、変身!」Standing By…Complete

キックホッパー「弟を笑いやがったな! 笑いやがったなぁ!!」シュッ、シバッ

カイザ「それが…なんだっていうんだ! えぇ?」ズッ

パンチホッパー「草加 雅人ぉ…!」ドン、シュ…ダダンッ

カイザ「!? 平沢 唯…貴様ぁ」Exceed Charge…キーン、キーン、キーン

キック・パンチ「ライダージャンプ…!」RIDER JUMP!

330 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/22(土) 22:20:45.12 ID:1PdtdEMx0
カイザ「ていやああぁああぁあ!!」グオンッ

キック・パンチ「」シュ…

カイザ「!?」スカッ

カイザ「上かっ!!」

キックホッパー「ライダーキック…!」RIDER KICK!

パンチホッパー「ライダーパンチ…!」RIDER PUNCH!

キック・パンチ「ああああぁあああぁああぁああ!!」ガガガガ

カイザ「ば、馬鹿な……う、うわああああ!?」ドカーン

?「……」ジー…

キックホッパー(…なんだ、あいつは)

338 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/22(土) 22:23:25.41 ID:1PdtdEMx0
草加「う…うぐぅ…」

パンチホッパー「…お前の罪を数えろ」ボソ

キックホッパー「…相棒、やっぱりお前は最高だ」

ガチャ…シュゥゥ

唯「…兄貴こそ」

矢車「ふっ」

唯「ふふ」

矢車・唯「あははははは」スタスタスタ…

草加(な、なんだったんだ…あいつらは…全く意味が分からない…!)

350 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/22(土) 22:26:24.24 ID:1PdtdEMx0
・・・

草加「……」ガチャリ…

律「お、きたきた。おっす、草加さん!」

草加「……」

律「あ、なんだよ。反応悪ぃなぁ」

紬「…そ、それよりどうしたの? その傷…」

梓「痣まみれじゃないですか! 何かあったんですか!?」

草加「…何でもない」

梓「そんなになってて何でもない筈がないでしょう!?」

草加「うるさいっっ!!」

梓・律・紬「!?」

草加「…何でもない。少し転んだだけだ」

草加「放っておいてくれないか」

梓「あ…」

梓「……」


354 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/22(土) 22:29:23.90 ID:1PdtdEMx0
澪「……」テクテク

澪「…ん?」

唯「……」

澪「唯?」

唯「……」ピクッ



澪「ま、待って!」

澪「軽音部に顔出しに来たんだろ? 寄って…行かないの?」

唯「…何言ってるの?」


357 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/22(土) 22:31:37.34 ID:1PdtdEMx0
澪「え」

唯「放課後ティータイムにもう私の居場所はないんでしょ?」

唯「…それに、今さらみんなに会わせる顔もないよ」

澪「そ、そんなことないっ」

唯「ううん。どうせ、どうせ私はもう日向の道を歩くことができないんだ…」

澪「唯!」

唯「…?」

澪「草加 雅人に…はめられたんだよね?」

澪「唯がオルフェノクなんてことも全くの嘘。それに…私のベースを壊したのも唯じゃない」

澪「そうなんでしょ?」

唯「……さぁ?」


359 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/22(土) 22:34:29.62 ID:1PdtdEMx0
澪「唯…」

澪「ごめんね、私があの時…一瞬でも唯を疑ったのがいけなかったんだ」

澪「本当にごめんなさいっっ」

唯「……」

ガチャリ

草加「なんだ? やけに騒がしいな……!」

草加「…やぁ、唯。元気だった…かなぁ?」ピク…ピクピク

澪(目が笑ってない…)

唯「…それじゃあ」ス

草加「ほぉ、逃げるのか? 君も臆病だなぁ? え?」

澪「草加…っ」

唯「……」キッ


363 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/22(土) 22:37:14.17 ID:1PdtdEMx0
草加「なんだぁ…やるか…? いいぞ、変身しても…」カチャ

梓「え…え!?」

律「おい、何してんだよ!」

紬「ゆ、唯ちゃん!?」

草加「邪魔するなよ!」バッ

律「馬鹿言うなよ!? 唯になにする気だよっ!!」

唯「…!」

唯(りっちゃんが私を心配してくれた?)

草加「こいつはオルフェノクだぁー!! 野放しにはできないっ」ピッ、ピッ、ピッ…

澪「ゆ、唯っ! 早く逃げて!」

唯「え…あ…」

371 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/22(土) 22:40:15.22 ID:1PdtdEMx0
Standing By…

草加「あああああ!!」

律「やめろ草加さんっ、他の生徒も見てるんだぞ!?」

梓「や、やめて! やめて草加さんっ!」ギュゥ

草加「邪魔だ! 俺の邪魔をするなぁー!」

紬「唯ちゃん! 早くっ」

唯「…う、うん」タタタ…

唯(みんな…)

唯(…っ)


381 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/22(土) 22:43:17.32 ID:1PdtdEMx0
・・・

草加「平沢 唯っ! やはり殺しておかなければいけなかったんだ!!」

草加「追い出すだけだなんて俺が甘かった!! あああああ!!」

梓「落ち着いて…ね、草加さん?」

草加「黙れ! これが落ち着いていられるか!!」バシッ

梓「あうっ…」

紬「梓ちゃん!」

草加「っ! ……くそぉっ」

律「おい! 梓に当たることないだろ!? いい加減にしろよ!!」

澪「草加!」

草加「うるさいなぁっ!? 邪魔なんだよ…俺の思い通りにならない奴は!!」

律「なっ…!」


386 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/22(土) 22:46:30.85 ID:1PdtdEMx0

紬「なんて人…まるで子供だわ」

梓「あ…」

澪「…律」

律「ああ。おい、草加さん」

草加「あ?…何かなぁ?」イライラ

律「あんたみたいな人、やっぱりうちの軽音部に置いてられない」

草加「…つまり、どういうことかなぁ!?」

律「出て行ってくれ!!」

草加「っ!!!」

392 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/22(土) 22:49:07.59 ID:1PdtdEMx0
梓「り、律先輩…なにもそこまで」

澪「いいや、梓。こいつはダメだ…いちゃいけないんだ」

梓「そんな…」

紬「私も…今回ばかりは擁護できないっ」

律「というわけだ。もう一回言わせてもらうよ…出て行ってくれ、草加さん」

草加「っっぁ!! く…そっ!!」

草加「畜生ぉぉ!!」ガチャ…バンッ

澪「…行った、か」

紬「唯ちゃんに電話してあげましょう? 私たち、唯ちゃんに謝らなきゃ…」

梓「……」

梓(草加さん…)


398 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/22(土) 22:51:55.57 ID:1PdtdEMx0
唯「…みんな」トコトコ

矢車「おい」

唯「! あ、兄貴…」

矢車「俺たちにはもう光を掴むことはできない」

唯「で、でも」

矢車「甘ったれるなよぉ…?」ギロ

唯「あぅ…」

矢車「…行くぞ」

唯「あ、うん…」

唯「……」


403 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/22(土) 22:54:27.31 ID:1PdtdEMx0
・・・

唯「…はぁ」

唯(みんな、私のことなんてどうでもいいのかと思ってた)

唯(でも…)

唯「……」

『唯がオルフェノクなんてことも全くの嘘…』

『こいつはオルフェノクだぁー!! 野放しにはできないっ』

唯「そういえば、なんで草加くんは私がオルフェノクだってこと知ってたんだろ?」

唯「……」

唯「みんな…私がオルフェノクだって知ったら、どんな反応するのかなぁ」

?「そんなこと、分かりきってるだろぉ…えぇ?」

唯「え!?」


414 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/22(土) 22:58:14.16 ID:1PdtdEMx0
草加「オルフェノクはみんなから嫌われる! つまりお前から彼女たちは離れて行くんだよ!」

唯「草加くん…!」

唯「なんで、なんでそこまでオルフェノクを嫌うの?」

草加「それをオルフェノクに言う必要はないっっ」ピッピッピッ…Standing By

唯「っ!」ピョーン、ピョーン…パシッ

草加「変身!」Complete

唯「へ、変身っ」HENSHIN! CHANGE…PUNCH HOPPER!

417 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/22(土) 23:00:05.24 ID:1PdtdEMx0
パンチホッパー「うっ…あっ!?」

Ready…

カイザ「ははは、今日はもう一人の奴はいないのかなぁ!?」シュッ、ズバッシャァ

カイザ「全く…歯ごたえがないなぁ?」ゲシッ

パンチホッパー「あうぅ…」

梓「…草加さん、どこに……!!」

カイザ「ははははは!!」

梓「あ、あんなところで…!」


425 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/22(土) 23:03:05.49 ID:1PdtdEMx0
パンチホッパー「く、くろっくあっ…」

カイザ「おっと」ズバッ

パンチホッパー「っっ!?」

カイザ「これで終わりだ、平沢 唯!」ドン!

唯「ひゃあぅっ!」ガチャリ…シュゥゥ…

梓「や、やめて! やめてください! 草加さんっ!!」

カイザ「! だから…邪魔をするなと言っただろうがぁぁ!! 消えろっ、オルフェノクぅぅ!」ガチャ…Exceed Charge

シュッ

唯「! ……」スゥゥ…ギュゴゴ!

唯フェノク『…ぐるるる』

梓「―――え」

カイザ「しぇあああぁぁあああぁああ!!!」ブォンッ!


432 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/22(土) 23:06:44.70 ID:1PdtdEMx0
シュッ

カイザ(!?)

唯フェノク『はぁはぁ…』

カイザ「…くそ、仕留め損ねたか!」

梓「あ…あ…」

唯フェノク『あずにゃん…』

唯フェノク(どうしよう…あずにゃんに見られちゃった)

カイザ「梓! よくそいつを見ろ! あれが平沢 唯の真の姿…どうだ醜い姿だろぉ?」

梓「オル…フェノク」

カイザ「そうだ。オルフェノク! 平沢 唯はオルフェノクだ!」

唯フェノク『あ、あずにゃん…』ス

梓「ひっ!」


438 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/22(土) 23:09:23.41 ID:1PdtdEMx0
唯フェノク『あ…』

梓「……」ガクガク

唯フェノク(あずにゃんが…私を見て怯えてる…)

カイザ「これで分かったろ。平沢 唯」

唯フェノク『……』

カイザ「大人しく、俺に倒されるんだなぁ」ス

バーニングショット

カイザ「っ!?」ズガガ…

?「その姿は…トライアルか!?」

カイザ「なんだ貴様はぁ!?」

450 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/22(土) 23:13:01.33 ID:1PdtdEMx0
?「この距離なら…!」シュ…バンッ!バンッ!

カイザ「っあ!! な、なにを勘違いしているっ!?」ズガガ…

唯フェノク(い、いまのうちに…)シュッ

カイザ「っ! 待て!」

?「逃がすか! 剣崎たちがいなくても俺がこいつを!」ドロップ、ファイア、ジェミニ

カイザ「よ、よせっ!!」

バーニングディバイド

?「うわああああぁあぁあぁああああああぁぁあ!!」ゴオォ…ズンッ!!

カイザ「うぐっああぁああぁ!?」ドカーン

ギャレン(橘)「…ふぅ、やったな」

梓「……」


462 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/22(土) 23:17:28.78 ID:1PdtdEMx0
唯フェノク『はぁはぁ…』ギュゴゴ…

唯「…っはぁ」

唯「……」

唯「…っ」ジワ…

唯(あずにゃんのあの顔が…忘れられないよっ)

唯(まるで怖いものでも見たかのような…って、そうか)

唯「怖いよね…私」

唯「ぐすっ…っ…あぅ…っぁあ」ポロポロ…

473 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/22(土) 23:20:55.00 ID:1PdtdEMx0
スタスタ…

唯「…ぐすんっ、うう…」

矢車「…さらなる闇の深みに落ちたか?」

唯「あに…きぃ…」

矢車「…なんだ」

唯「あにきぃ…っ」ギュゥ…

矢車「おい、あまりくっつくな。これがこぼれる」

唯「ふぇ…?」

唯「ま、麻婆豆腐? どうしたの…これ」

矢車「お前に…作ってやった。それだけだ」

矢車「…食えよ。相棒」ス

唯「兄貴…兄貴ぃ…ふぇ、ふぇえええん…」ポロポロ…パクパク

唯「お、いしい…おいしいよぉ…兄貴っ…わあぁぁん」パクパク


矢車「はぁ…」


484 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/22(土) 23:24:14.33 ID:1PdtdEMx0
草加「くっ…そ」ボロボロ

草加「くそぉっ!!」

草加「あと少しだったのに…!」ギリギリ…

梓「……」

草加「…なんだ。奴の正体を知ってショックでも受けたか?」

梓「……」

梓「…唯先輩は」

草加「…何かなぁ?」

梓「唯先輩は確かにオルフェノクでした…。ですけど、あの人は…」

梓「唯先輩は…唯先輩です」

草加「つまり…どういうことかなぁ?」

梓「…そういうことですよ」

489 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/22(土) 23:26:42.54 ID:1PdtdEMx0
草加「意味が分からない。所詮奴はオルフェノクだ! 平沢唯であろうがオルフェノクであることに変わりはないんだぞ!?」

梓「オルフェノクだってみんながみんな悪いだなんてことはない筈ですっ」

草加「馬鹿が! 君はなにも分かっていないからそんなことが言える!」

梓「分かります! 唯先輩は悪いオルフェノクなんかじゃない!」

草加「…なぜ、なぜ分かってくれないんだ? …奴らを、オルフェノクを許しては…いけないんだ」

草加「ぜったいに…ぜったいにだ…」

梓「…?」

493 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/22(土) 23:29:37.71 ID:1PdtdEMx0
草加「…俺は誰が止めようと」

草加「オルフェノクを全滅させてみせる…!」

梓「…そんな」

草加「…それじゃあ」スタスタ

梓「!」

梓「待って!」

草加「…もう、放課後ティータイムに俺の居場所はないんだ」

草加「俺は…孤独だ」

梓(…この人……)

梓「……」

ギュ…


499 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/22(土) 23:32:48.72 ID:1PdtdEMx0
草加「! …なんのつもりだ。梓」

梓「可哀想な人…」ギュゥ…

草加「なんだ? 同情のつもりか? やめてくれないか、そういうのは」

梓「違うよ」

梓「草加さん…あなたの居場所、ちゃんと作ろう?」

草加「なにを…」

梓「あなたは一人なんかじゃありません。…私も、いるから」ギュゥゥ…

草加「あ…あ……」

草加(ま、真理…)

508 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/22(土) 23:35:28.14 ID:1PdtdEMx0
梓「大丈夫、大丈夫…」

草加「…り」ボソ

梓「…え?」

草加「真理、真理、真理、真理…」ブツブツ

梓「く、草加さん?」

草加「真理真理真理真理真理真理まりまりまりまりまりまり」

梓「大丈夫…ですか? あの、草加さんっ」

草加「っ…はぁ、はぁ、はぁ…!」ジロ…

梓「!?」

草加「真理ぃぃっ!!」ガバッ

梓「いやあああぁあぁああぁあああ!?」


516 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/22(土) 23:38:04.24 ID:1PdtdEMx0
紬「梓ちゃん遅いわね…唯ちゃんにも電話繋がらないし…」

律「…あんな最低な野郎、放っておけばいいのに」

澪「そろそろ二人を捜しに行こう? 心配になってきた」

律「ああ」

律「ちゃんと唯にも謝りたいしな。もとの放課後ティータイムに戻るためにも!」

紬「そうね!」

澪「うんっ」

523 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/22(土) 23:41:18.75 ID:1PdtdEMx0
草加「はぁ…はぁ…!」

雅人はひたすら自分の膨れ上がった欲望を梓へ何度も何度も…
梓は既に身も心も疲弊しきっていた。
…なぜこうなってしまったのだろう?
痛みと言いようのない快楽に支配された頭の中、梓はひたすら後悔し続けた。
必死の抵抗も敵わず、半ば強姦に近い形で行われている雅人との性行為。

梓「……」

雅人のことが嫌いだったと言えば、それは嘘になる。しかし、こんな形で自分が、
自分がこんな目にあってしまうとは…

梓「っぐ…ぁ…っん…はぁ…ぁぁ、あぁぁ…」

悔しさと屈辱が一気に奥から押し上がってきた気がした。それを涙を流すことと、
悲痛な喘ぎを出すことで雅人に必死に訴える。
しかし、彼は気づいてくれない。己の欲を果たすことに夢中なのだ。

梓「や…めて…ぁっ、ぐ…い…やぁ…いやぁ、ああぁあ…」

梓「唯…せんっ…ぱい…せんぱ…い…はぁ、はぁ…」

梓「助けて…助けて…」

梓「助けて…唯先輩……」


536 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/22(土) 23:45:21.18 ID:1PdtdEMx0
・・・

名護「いや、そんな子は見なかったな。そんなことよりイクササ…」

澪「そうですか…ありがとうございました」

紬「どうだった?」

澪「…うん。見てないって」

紬「そう…どこに行っちゃったのかしら」

律「おーい、どうだった?」

澪「……」ブンブン

律「まだ見つからず、かぁ……ん?」

紬「あ! 唯ちゃん! と…誰かしらあれは」

唯・矢車「……」


549 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/22(土) 23:48:38.24 ID:1PdtdEMx0
律「唯ー!」

唯「! りっちゃん! と、澪ちゃんムギちゃん!」

紬「探したのよ…大丈夫だった?」

唯「…う、うん」

澪「梓は? 梓は見てない?」

唯「……」

唯「ご、ごめん。見てないや…」

澪「そっか…」

矢車「……」

555 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/22(土) 23:51:07.82 ID:1PdtdEMx0
紬「唯ちゃん…あのね、私たち」

律「私たち、唯に謝りたい。あのときのこと…」

紬「草加さんがやったことだったとはいえ、唯ちゃんを少しでも疑ったことは私たちの罪だもの」

唯「……」

澪「私も…」

澪・律・紬「ごめんなさい…」

唯「あ…」

唯「えっと…その……あ、兄貴…」チラ

矢車「……」シレ

唯「あぅ…えっと、えっと…」


563 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/22(土) 23:54:08.78 ID:1PdtdEMx0
矢車「おい」

唯「!」

矢車「お前、やはり俺の弟には相応しくない」

唯「え…」

矢車「地獄兄弟は…これで終わりだ」

唯「!! そ、そんな…!」

矢車「…じゃあな」ス

唯「あ、兄貴ぃっ! 待って!」

矢車「来るんじゃねぇ!! …今のお前に、闇は似合わない」

唯「あ…」

矢車「…あばよ。二度とこっち側に落ちるなよ…お前には、居場所があるんだからな」ス…

唯「…あに、き……兄貴っ!」

唯「あ…あああ…ありがとうございましたぁっ!!」

矢車「…俺も、俺も求めるとしよう。闇の中で輝く光を……ふっ」スタスタ…


576 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/22(土) 23:57:56.78 ID:1PdtdEMx0
律「行っちゃった…あの人誰だったんだ?」

澪「さぁな」

紬「でも、いい人そうだった」クス

唯「……あの」

澪「…うん」

唯「私も…私もね。みんなに謝らなきゃいけないことがあるの」

律「唯も?」

唯「…ずっとみんなに秘密にしてきたこと」

唯「いつかは言わなきゃって、思ってた。でも…みんながそれを知ったら私をどんな目で見るかって考えると…言い出せなくて」

紬「唯ちゃん…。…大丈夫よ。私たち、何があっても唯ちゃんのお友達! 大好きな…とっても」

唯「ムギちゃん…」

580 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/23(日) 00:00:26.29 ID:JZ/+st+p0
律「私もムギと同意見!」

澪「私も」

唯「りっちゃん、澪ちゃん…」

唯「……」

唯「私ね、実は…オルフェノクなんだ」

「……」

律「本当だったのか…」

紬「そう、だったんだ」

澪「…っ」

唯「……ぁ」

589 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/23(日) 00:02:33.19 ID:fLRVL6IC0 [1/27]
澪「よ、よかったら…さ」

唯・律・紬「?」

澪「唯の…オルフェノクの姿、見せてほしい」

律・紬「!!」

唯「え…」

澪「唯を…唯を知りたいんだよ。オルフェノクでもある唯を含めて…」

唯「こ、怖くないの…?」

澪「怖い…すごく、怖い。でも…」

澪「でも…私、唯の友達だから!!」

律「澪…。そうだな…唯、私たちも見たい」

紬「うんっ」

唯「…わかった」

スゥゥ…ギュゴゴ

598 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/23(日) 00:04:29.67 ID:fLRVL6IC0 [2/27]
唯フェノク『…これが、私だよ』

澪・律・紬「……」

唯フェノク『…っ』

律「か…」

唯フェノク『…?』

律「かっけぇぇぇ!!! なんだよそれ!!」

澪・紬「え!?」

律「狼じゃん! 狼っ!! わはぁぁ~…」

唯フェノク『り、りっちゃん?』

律「なんだよ~唯、全然隠すことなかったじゃんかぁ。マジでかっこいー…」ホレボレ

唯フェノク『そ、そう? 初めてそんなこと言われちゃったよぉ』

律「あははは! そりゃ、良かったなぁ!」

澪「…ふふ」

紬「ふふ、あははは」


604 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/23(日) 00:07:27.02 ID:fLRVL6IC0 [3/27]
律「たとえさ」

律「たとえ唯が宇宙人だろうと未来人だろうと超能力者だろうとさ…」

律「私たちは唯の友達だからな。だからいいかー? そんなことでいつまでもしょげてんなよ!」ビシビシ

唯フェノク『あぅ…ごめんなさいぃ』

澪「とりあえず、よかったな」クス

紬「あとは梓ちゃんがいて…元通りの放課後ティータイム、ね!」

律「ああ! 私、もっかいあっちの方で梓探してくるね!」タタタ…

・・・

律「……」

律「…ふぇ」グスン…

律「う…あぁぅ…ぁ…唯ぃ…唯ぃっ…」ポロポロ

律「あんなの…唯が…っぐ…唯が可哀想すぎるだろぉ…うっぐ、ぁああ……ぁあっ」


608 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/23(日) 00:10:16.17 ID:fLRVL6IC0 [4/27]
・・・

唯「…あはは」

唯(みんな…オルフェノクの私を受け入れてくれた…)

唯(こんなにも嬉しいことって、ないよ!)

唯「あ、でも…」

『ひっ!』

唯「あずにゃんがまだだったっけ…」

唯(…あずにゃん)

唯「……」

『お前には、居場所があるんだからな』

唯「…兄貴」

唯「私、頑張るよ! 兄貴っ」


615 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/23(日) 00:13:26.36 ID:fLRVL6IC0 [5/27]
梓「……」フラフラ

梓(私…汚れちゃった…)

・・・

草加「…ふぅ」

梓「ぁ…あ…」グッタリ

草加「梓…」

草加(彼女は…彼女なら…俺の母親になってくれるかもしれない)

草加「俺を助けてくれ…梓」

梓「…はぁ…はぁ……?」

草加「好きだ。大好きだ。梓」

・・・

梓「…ふ、ふふ」

梓「あはははは……」

梓「あはは…ふふ…はははは」ポロポロ…


625 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/23(日) 00:17:17.67 ID:fLRVL6IC0 [6/27]
唯「ん?」

梓「はははは…」

唯(! あずにゃん…!)

唯「…どうしたんだろ?」トコトコ…

梓「っく…ぁぁ…うっ…く…」

唯「…あずにゃん」

梓「……? …あぁ、唯先輩……」

唯(な、なんだかすごく疲れて見えるよ…)

629 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/23(日) 00:20:36.76 ID:fLRVL6IC0 [7/27]
唯「どう…したの? なにかあったのかな」

梓「唯先輩こそ…なにかありましたか? すごく…顔が生き生きしてる…」

唯「え…あ…って、そんなことどうでもいいよ!」

唯「なにかあったんでしょ? あずにゃんすごく疲れて見えるよ」

梓「……」

梓「…ふふ」

梓「唯先輩…私、私ね」


梓「      」



唯「―――……え」

634 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/23(日) 00:23:07.59 ID:fLRVL6IC0 [8/27]
唯は走った。
梓の口から告げられた残酷な事実。
あの草加雅人が…大切な、大切な自分の後輩を傷つけた。汚した。
腸が煮えくりかえるとはこういうことだろうか…
自分を止められない。これから恐ろしいことをしでかすであろう自分を止めることができない。
こんなにも怒ったのは人生で初めてのことだった。
今、唯の頭の中にある考えは一つ。草加雅人を、殺す。
ぶち殺す。

唯「     」


640 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/23(日) 00:25:33.36 ID:fLRVL6IC0 [9/27]
海岸


草加(なにか…嫌な予感がする)

シュッ…

ドカンッ!!

草加「うぐぁぁっ!!?」

草加「う……お…き、貴様ぁ…貴様ぁ…!」

唯フェノク『ふー…ふー…っ!!』ゴゴゴ…

唯フェノク『わああああぁあっぁあぁああああああぁああああ!!!』

Standing By…Complete

カイザ「平沢ぁ…唯ぃっっ!!!」グオンッ


655 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/23(日) 00:29:17.40 ID:fLRVL6IC0 [10/27]
唯フェノク激情態『あああああぁああああああっっあああ』ブンッブンッ

カイザ「っの…! おおおお!!」ガシッ…

カイザ(なんだこいつ…! 攻撃が激しいっ)

唯フェノク『よくもっ、よくもぉぉぉおぉぉぉおおぉおおお!!』ガンッ

カイザ「っっぁあ!?」

カイザ「くそっ、くそっ、オルフェノクめ! オルフェノクごときが…!」フラフラ…

唯フェノク「グルルル…」ガシッ


660 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/23(日) 00:32:39.94 ID:fLRVL6IC0 [11/27]
雅人、カイザの首を片手で握り、持ち上げる唯。
頭部へのダメージが大きかったせいもあり、カイザは抵抗することなく宙に浮かぶ。

カイザ「…はぁ、はぁ」

仮面越しからも伝わる雅人のオルフェノクへ対する劣等感と憎しみが込められた視線。
この男は、たとえ傷つき、弱っていようと、その瞳まで弱ることはけしてないだろう。
一種の執念のようなものを唯は感じた。

唯フェノク「……」

首を掴む力を弱めることはなかった。
しかし、先ほどまでの雅人への殺意が薄らいだ気がする。
怒りに洗脳されていた頭が今、はっきりとものを考えられるほどに冷静なのだ。


663 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/23(日) 00:35:35.09 ID:fLRVL6IC0 [12/27]
カイザ「どうしたぁ…何かしてみろよ…?」

はたして、この男を殺したところでなにかなるのだろうか?
なにかが戻ってくるのか?
すべて元通りになってくれるのか?
…雅人を入部させたとき、イクササイズをしたとき、軽音部のみんなから疑われた時、兄貴と出会ったとき、オルフェノクである自分を認めてもらったとき…。
この短い期間であった思い出が唯の頭の中を走馬灯のように駆け巡った。
そうだ。全ての始まりはこの男からだったのだ。

唯フェノク『……』

…だが、忘れてはいけない。この男は梓を汚した。それは絶対に許されない。
自分はここへ何をしに来たのだ。何を果たしに来たのだ。

……どうする?


671 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/23(日) 00:38:44.05 ID:fLRVL6IC0 [13/27]
草加「ああ゛ぁっ!」

一瞬の隙をつき、ダメージが落ち着いてきたころにカイザは唯の拘束を力づくで脱出し、蹴りを放つ。

草加「死ね! 平沢 唯っっ!」

…ダメだ。
ダメだ。この男は生かしておいてはいけない。
死ななければいけない人間だ。こいつはダメだ。

唯フェノク『…っ!』

地面を力一杯蹴り、走る。カイザ目掛けて。
遠距離から放たれるカイザの攻撃に怯まずに、肩を向けて突進した。
衝突したカイザは大きく吹き飛び、地面に仰向けになって倒れる。
すぐさま倒れたカイザの体に飛び乗り、馬乗りの状態になった。

唯フェノク『…グルルル』


674 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/23(日) 00:41:46.64 ID:fLRVL6IC0 [14/27]
馬乗りになったまま、カイザの顔面を何度も、何度も殴りつけた。
殴っている手に痛みは感じない。自分がオルフェノク(化物)だから?

カイザ「っぐぇ…ぅ…が…」

仮面のせいで殴りつけている雅人の顔が見えない。
何故か唯は苛立ちを感じ、カイザの腹部に装着されたベルトをむしり取った。
そうされたことによって変身が解除され、生身の雅人の姿が露わになった。
…酷い顔をしていた。全体が赤く腫れあがっており、血塗れだ。
これを自分がやったことに驚いた。…が、この程度では気が済まない。

唯フェノク『…えい』

ブチッ、鈍く、生々しい音がした。雅人の右腕を肩から引き抜いたのだ。
すぐに夥しい量の血が噴き出す。このまま放っておいてもこの男はじきに死ぬ。

雅人「お、おぉお…お…ぁ……おお」

漏れる声が耳触りだったので、下顎を次に引きちぎった。
途端に雅人は大人しくひゅー、ひゅーと鳴いている。


689 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/23(日) 00:47:11.07 ID:fLRVL6IC0 [15/27]
唯フェノク『…えい、えい』

ブチッ、ブチッ…
次は左腕、次は右足、左足…
気づけば雅人の四肢を千切っていた。
まるでチーズでも裂くかのように簡単に引き千切ることができてしまった。
雅人は既に意識がなく、口から泡をふいていた。
死んだのだろうか…。
雅人の体の上からどき、その場を後にしようとした時だった。
自分の、オルフェノクの体が小さい青い炎によって燃えていることに気付いた。

唯フェノク『…あ、あれ……』


705 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/23(日) 00:52:30.58 ID:fLRVL6IC0 [16/27]
炎はどんどん体全体に燃え広がり、大きな炎へ。
…先ほどのカイザの攻撃が後になって効いてきていたのだった。
次第に立っていられなくなり、その場に片膝をつく唯。

唯フェノク『はぁ…はぁ…』

苦しい。
とても苦しい。体が、全身が熱い。
息が荒くなってくる。苦しい。

唯フェノク『はぁ…はぁ……澪ちゃん…りっちゃん…』
唯フェノク『ムギちゃん…あずにゃん…和ちゃん…憂…兄貴…はぁ、はぁ…!』

うつ伏せになってその場に倒れこむ。もう体の自由が効かない。
視界がぼやける。耳鳴りがする。息が…息ができない…。

唯フェノク(…あとは…あとは、他にお別れする人…いたっけ…)

唯フェノク『あ…おとう…さん、おか…あ、さ…ん……わ、忘れて…たよ…ぉ…』

唯「え、えへ…へ………ダ、メ…だなぁ…わた…し…っ、て――――」


716 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/23(日) 00:57:08.49 ID:fLRVL6IC0 [17/27]
・・・

梓「唯先輩…」

梓(いきなりどこかに行っちゃったけど…まさか草加さんを…)

梓「……!」

梓「な、なに…これ…」

地面に転がる四肢がない達磨姿の雅人の姿。出血が酷い。
あまりのグロテスクな光景にその場に蹲り嘔吐する梓。
先程まで自分を犯していたあの男がこんな無残で、哀れな姿に…

梓「…まさか、これって…唯先輩が…?」

梓「まさか…ね」

ふと、雅人の体から少し離れたところに目がいく。
灰の山が、そこにはあった。


741 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/23(日) 01:03:46.96 ID:fLRVL6IC0 [18/27]
・・・

澪「律、今日こそは練習しような」

律「やーだプー」

澪「こらっ!」

律「いや~ん!」

紬「ふふ、今日も二人は仲がいいわねぇ」

梓「…ですね」クス

梓「あ、そろそろ面会時間になります」

746 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/23(日) 01:06:36.14 ID:fLRVL6IC0 [19/27]
病室


コンコン…ガララ

梓「失礼します」

草加「……」

律「相変わらず、だな。草加さん」

紬「お花の水、替えときますね」

澪「……」

梓「草加さん。今日は学校でこんなことが…」

草加「……」

梓「それでですね…」

草加「……」

草加「……」





草加「……」

762 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/23(日) 01:10:34.81 ID:fLRVL6IC0 [20/27]
律「…しっかし」

律「何があってあんな風になったんだろうな。あの人…」

澪「さぁ」

紬「生きているだけでも奇跡だった、のよね?」

律「ああ…でもあれだったら、死んだ方がまし――」

梓「そんなこと…言わないであげてください」

律「…ご、ごめん」

澪「そんなことより…唯はどこに行ったんだろう」

梓「唯先輩…」

律「憂ちゃんにも黙って消えちゃったんだもんな」

紬「やっぱりオルフェノクだってことにまだ…」

澪「そんなこと、ない」


777 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/23(日) 01:16:31.32 ID:fLRVL6IC0 [21/27]
澪「そんなことないよ」

澪「唯に言ったもん。友達だって」

律・紬「……」

澪「きっとさ…唯は」

澪「……」

梓「ギター」

澪「え」

梓「ギターの…特訓ですよ。私たちに内緒で」

律「…だな!」

紬「うんっ」

澪「そう…だな、うん! そうだろうな! きっと!」

梓「はいっ、それじゃあ私たちも唯先輩が帰ってきたら、びっくりさせちゃうぐらい演奏上手くなってる為にも、練習しましょう! 練習!」ニコ


終わり


810 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/23(日) 01:24:25.73 ID:fLRVL6IC0 [22/27]
読んでくれた方、ありがとうございました。
最近久しぶりにTV版、映画、小説と555を見直したら、これを急に書きたくなったもんで。
で、最後はあんな感じで締めちゃったけど、本当は唯の草加を殺すor殺さないで話を分岐させようかと考えてたんだけど…
いまいちいい終わり方が見つからなかったため、あんな感じになった。
とりあえず草加さんは最高だよ。

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。