FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

憂「早く寝ないと・・・」

3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/05/10(月) 01:55:45.82 ID:/Z0cesrLO [1/18]
憂「こんな時間まで起きてたら明日起きれないよ?」

唯「憂だって起きてるじゃーん」

憂「わ、私は良いの!ちゃんと朝起きれるから!」

唯「ぶーぶー」

憂「ほら、早く寝なきゃダメだよ!」

唯「う~、憂のけちー。もう良いもん。寝るもん。ふ~んだ」

タンタンタンタンタンッ


4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/05/10(月) 02:01:15.09 ID:/Z0cesrLO
10分後

憂「もうお姉ちゃん、寝たかな」

憂「良し、パソコン起動しよう」

家はパソコンが一階にあります。
誰でもが自由に調べ物をしたりすぐに使えるようにです。


憂「早く…早く…」

憂「立ち上がった!よし、お気に入りからpixivで」

憂「『唯 R18』と…」


5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/05/10(月) 02:06:07.17 ID:/Z0cesrLO
憂「あ…この人上手だな…」

憂「んっ…はぁ、あっ、んぅ…」

最近の私の日課。
それはお姉ちゃんが寝た後にパソコンを立ち上げて、お姉ちゃんの名前でえっちなイラストを検索。
それをおかずに、…………することです。

憂「んっ、お姉ちゃんの大事な所、綺麗、ふぅっ、あ、んっ」

憂「あ、お姉ちゃん、私もう来る、来ちゃう、っ!」


唯「何が来ちゃうの~、う~い?」

憂「!?」

6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/05/10(月) 02:11:08.66 ID:/Z0cesrLO
憂「あ…あ…おねえ、ちゃん、なんで、なんで」

唯「私?トイレに行こうと起きたら、憂の苦しそ~な声が聞こえたから心配になって来てみたんだけど♪」

憂「あ、ちが…これはちが、違うの、お姉ちゃん」

唯「良く分かんないなぁ。何が違うの?」

憂「わわたし、絵の勉強してて、それ、それで」

唯「そーなんだぁ」

憂「う、うん!そーな「嘘吐き」

憂「!」

唯「へ・ん・た・い」

憂「っ…!」

34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/05/10(月) 11:05:21.25 ID:YGE0ui/F0 [1/5]
憂「わたしは、オ・・オナ・・オナニーをしていました」

唯「えっ?何っていったの、全然聞こえないよ、はっきり言いなさい」

憂「オナニーをしていました」

唯「何で下を見てるの?顔を挙げて、はっきりと言いなさい」

憂「・・・・、もう許して」

バシッ

唯「堂々と言えないようなことをしてたんでしょ、だったら謝らないとダメだよ」

私は決心して、顔を挙げました。

憂「わたしは、オナニーをしていました」


38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/05/10(月) 11:17:29.90 ID:YGE0ui/F0 [2/5]
憂「わたしは、実のおねえちゃんでオナニーしていました、
  悪い子です。ごめんなさい」

やっと、言うことができた。これで許してくれるよね、お姉ちゃん・・
おねえちゃんは、いつものやさしい顔に戻ってくれた

唯「ねえ、うーいちゃん」

憂「なあに、おねえちゃん?」

唯「オナニーって何なの、きちんと説明して」

憂「・・・」

唯「ねえー説明してよ」

憂「・・・」

唯「説明しろっつってんのが聞こえないのか!」

64 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/05/10(月) 14:07:28.43 ID:YGE0ui/F0 [4/5]

憂「うっ、ぐすっ」

唯「泣いてていいよ、泣いても許さないけどね。
 高校生にもなって泣いて許されるなんて、甘いよ」

怒鳴ったと思ったら、今度は蔑んだ冷たい目で
せせら笑いながら私を見下ろしています。

唯「わたしは憂ちゃんみたいに賢くないから、オナニーって何か知らないの
  早くおしえてよ」

恥ずかしくて、屈辱的な気持ちでいっぱいだったけど、
逆らえません。わたしは、決心して口を開きました。

憂「・・・オナニーっていうのは」

唯「ふんふん」

憂「一人で、その、えっちなことをすることです」

やっと言えた。

67 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/05/10(月) 14:32:29.23 ID:YGE0ui/F0 [5/5]

それなのにおねえちゃんは・・・

唯「は?それさっき聞いた」

憂「・・・・・・」

唯「さっき、一人でしてたっていったじゃん。
  一人ですることがオナニーで、オナニーが一人ですることだったら、
  答になってないよ。そんなこと、私だってわかるよ」

憂「・・・・・・」

唯「わかった、私をバカにしてるんでしょ。こんな池沼は
  適当に答えて、あしらっておこうって」

憂「そんなこと・・」

唯「だったら答えて、一人でエッチなことをするって、どういうことなの?」

119 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/05/11(火) 00:39:05.37 ID:gCECvbc00 [1/6]

憂「一人でエッチなことをするというのは、その、えっと私の大事なところを」

唯「声が小さいよ、憂」

憂「私の大事なところを自分でいじって、気持ちよくなることです。」

もう、恥ずかしさで死にそうです。

唯「大事なところって何?」

おねえちゃんは、ニヤニヤ笑いながら冷たい目で私を見ています。

唯「大事なところって、どこなの。ねえ、人間の体には色々大事なところがあると
  思うんだけどなー」

憂「・・・・・」

122 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/05/11(火) 00:44:48.74 ID:gCECvbc00 [2/6]
唯「うつむかないでよ、私は教えて欲しいだけなんだから。頭の悪い
  おねえちゃんに教えてよ」

憂「・・・大事なとこっていうのは」

バシッ

また、お姉ちゃんに叩かれました。

唯「うーいー、同じ事を何度も言わせないでよー、どうしてちゃんと
  顔を上げて話さないの?そんなにやましいことがあるの」

叩かれた痛み、屈辱的な気持ちで、お姉ちゃんの冷たい視線で
もう、頭がぼんやりとしてきました。

憂「大事なとこっていうのは、おま○こです。わたしは、お姉ちゃんを
想いながら、自分で自分のおま○こをいじって、気持ちよくなっていました」

ついに、言ってしまいました。

124 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/05/11(火) 01:01:48.04 ID:gCECvbc00 [3/6]
自分がしていた恥ずかしいことを、卑猥な言葉を混ぜて
説明しているうちに、自分の中で何かが弾けました。

憂「お姉ちゃんに早く寝るように、偉そうに注意したくせに
  こそこそと、実の姉を想って、おま○こをいじって
  気持ちよくなっていました。悪い子です・・ごめんなさい・・」

お姉ちゃんは、軽蔑しきった顔でしばらく黙って私の顔を
眺めた後に、また、私を叩きました。

私は、叩かれた痛みと恥ずかしさ、罪悪感、屈辱感で、
頭の中は混乱していました。

憂「ごめんなさい・・ごめんなさい・・」

私は、泣きながら何度も謝りました。



125 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/05/11(火) 01:20:07.33 ID:gCECvbc00 [4/6]
唯「もういいよ、憂は悪い子じゃないから」

お姉ちゃんは、表情を緩めると私の頬をなで、
私を抱きしめて、髪を優しくなでてくれました。

私はほっとして、気持ちも落ち着いてきました。

憂「おねえちゃん・・・許してくれるの」

唯「許さないよ、変態なんて」  冷たい声でした。

憂「・・・・」

唯「叩かれて、卑猥な言葉を口にして感じるような変態を誰が許すの?」


126 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/11(火) 01:21:14.80 ID:oQVMb94h0
唯と憂は最高だな

朝まで残してくれよ

127 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/05/11(火) 01:32:27.62 ID:gCECvbc00 [5/6]
憂「そんな・・・」

唯「感じてるのがバレてないとでも思った?」

憂「感じてなんか・・」

唯「黙れよ、嘘つきの変態が。」

そういうとおねえちゃんは、私のパンツの中に手を入れました。

唯「なーに、これ。おもらしでもしたの?ぐっしょり濡れてる」

憂「あ・・、いや・・」

唯「さわると、いやらしい音がしてるよ」

憂「やめて・・」

129 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/05/11(火) 01:56:00.95 ID:gCECvbc00 [6/6]
唯「うん、やめるね」

憂「えっ・・・」

唯「感じてたか確かめただけだから。気持ちよくなりたければ、自分ですれば?」

憂「・・・・」

唯「変態憂ちゃんの邪魔をして悪かったよー、
 見ててあげるから、思う存分オナニーしてね。
 そんなパソコンの画面じゃなくても実物がいるんだよ」

私は、パンツの中に手を入れて、自分の
大事なところを触り始めました。

唯「あーあ、本当にオナニーはじめちゃった。
  憂って救いようのない変態ね。お姉さまは情けないよ」

143 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/05/11(火) 12:28:16.26 ID:wEG/7x4L0 [1/14]

憂「ごめんなさい・・わたしは、変態の妹です。
  叩かれて、軽蔑されて、卑猥な言葉を口にして
  おねえちゃんの目の前で恥ずかしいことして喜ぶ変態です」

おねえちゃんの冷たい視線を浴びながら、
自分で自分を貶めれば貶めるほど、どんどん気持ちが
高ぶってきます。わたしは、本当に変態なのかもしれません。

唯「憂がこんないやらしい子だったなんてね。いつのまに
  こんな変態になっちゃったのかな。ねえ、こういう
  いやらしい子のことをなんていうか知ってる?」

憂「い・・淫乱女です。憂は淫乱女です・・ごめんなさい。
  こんな変態の淫乱女が妹で」

わたしがそう言うと、お姉ちゃんは鼻で笑いました。

唯「嘘はもういいから。そんなにいやらしい音を、股間からさせながら
  謝ったって、説得力無いよ」 バシッ!

憂「・・・っああ」

144 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/05/11(火) 12:33:40.94 ID:wEG/7x4L0 [2/14]
唯「あっ、つい叩いちゃった。叩かれて変な声を出して、
 喜ぶ変態にこんなことしても逆効果なのに。そうそう、
 こういう子のことなんていうか知ってるよね」

憂「マゾ・・です」

唯「変なことばっかり知ってるのね。いっつも、変なことばっかり
  考えてるんでしょ」

憂「はい、いっつも、いやらしいことばっかり考えてました。
  おねえちゃんの妹は、淫乱で変態のマゾです」

わたしは、自分の大事なところをいじって、いやらしい音をさせながら
答えました。

唯「ねえ、憂、さっきからそうやってるけど、もっとはっきり見せられないの?
  どんなふうにいじってるのか、ちゃんと見せてよ」

憂「え・・・」

お姉ちゃんはまだ、私に恥ずかしい思いをさせる気です。

唯「恥ずかしがるふりなんかいいから、変態憂ちゃん」

146 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/05/11(火) 12:47:52.93 ID:wEG/7x4L0 [3/14]
お姉ちゃんの言うとおり、もう恥ずかしがるのは
ふりでしかありませんでした。
本心は、お姉ちゃんに辱められる歓びでいっぱいでした。

唯「足を思いっきり開いてみせて。そうそう・・ってすごいことに
  なってるね。本当は、お漏らししたんじゃないの。
  これじゃ、床が汚れちゃうね。でも、床が汚れてもどうせ、
  憂が掃除するからいいか」

憂「・・・」

唯「ああ、そう、床を掃除する時には、テッィシュとかぞうきんなんか
  使っちゃダメだからね。自分で舐めて掃除してね。
  憂はテッィシュ以下の存在ね」

おねえちゃんは、そう言って私を煽ってきます。
何も触らなくても、どんどんあふれてくるのがわかります。

唯「ほら、さっきの続きをしていいからね。恥ずかしいところをさらして
  思う存分、気持ち良くなりなさい」

147 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/05/11(火) 13:06:41.89 ID:wEG/7x4L0 [4/14]
憂「はい・・」

唯「恥ずかしい恰好して、実の姉の前でオナニーして気持ち良くなってる、
  こんな憂いの姿を他の人が見たらどう思うかなー」

憂「え・・」

唯「軽音部のみんなが知ったら、どんな風に思うのかな。
  よくできた妹が、とんでもない変態だったなんて、
  きっと軽蔑するよね、みんな。」

軽音部の皆さんの軽蔑した視線を思い浮かべて、
胸が苦しくなってきます。

唯「澪ちゃんは、たぶん、ショックで気絶するかな。
  りっちゃんは、思いっきりバカにされるよ。
  あずにゃんは、二度と口をきいてくれないと思うよ。
  ムギちゃんは・・・、喜ぶかな」

軽音部の皆さんが私を罵倒する声が、
頭の中で響きます。

澪「憂ちゃん・・・最悪」
律「なーんだ、憂ちゃんはただの変態じゃん」
梓「変態」
紬「憂ちゃん・・・あなた最高」

154 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/05/11(火) 15:47:37.11 ID:wEG/7x4L0 [5/14]
憂「ああ・・」

唯「さっきよりも声も、いやらしい音も大きくなってるよ」

もう頭の中がぼんやりとしていました。

唯「みんなに罵倒されることを想って、そんな甘い声を出すなんて。
  気持ち悪いよ」

ひどい言葉を浴びせられるたびに、快感が高まっていきます。

唯「いまどんだけ憂がいやらしい顔しているかわかってるの?」

憂「わかりま・・せん、ああ、もう・・いきそう」

カシャ・・

憂「え・・・」

いつのまにか携帯のカメラが向けられ、
私のいやらしい姿が撮られてしまいました。


155 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/05/11(火) 15:55:42.04 ID:wEG/7x4L0 [6/14]
唯「ほら、みてごらん。憂って、こんないやらしい顔するんだよ」

憂「はい・・、い、いやらしい顔をしてます」

唯「やっと素直になったね、変態さん。さて、これをどうしようかな。
  実の姉の前で、いやらしい顔してオナニーする、変態の妹の姿を
  だれかに見せてあげようかな」

憂「そんな・・」

唯「なんで、だってさっき、みんなに見られて軽蔑されるところ
  考えて感じてたじゃない」

憂「でも・・」

唯「いーのいーの、もう、憂が本当は嬉しいことはわかってるんだから
  いっぱい恥ずかしい目にあわせてあげるね」

憂「・・・・」

唯「変態マゾの淫乱な妹を喜ばせるのも、お姉ちゃんのつとめなんだから」

156 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/05/11(火) 16:13:07.28 ID:wEG/7x4L0 [7/14]
おねえちゃんは私の携帯で、私の姿を撮っています。
ということは・・・

唯「変態の憂が、自分のオナニー姿をみんなに送りつけることになるね」

憂「もう、私学校に行けなくなっちゃう」

唯「私は変態ですって言って、毎日、全裸で学校に行けばいいじゃない」

憂「そんなこと・・」

唯「自分の姉に欲情するキチ○イが人並みのこと言っちゃダメだよ」

憂「ひどい・・ひどい・・」

157 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/05/11(火) 16:24:27.63 ID:wEG/7x4L0 [8/14]
唯「もういいから、誰に送ってほしいの」

憂「・・・・」

唯「誰でもいいなら、私が適当に判断するね」

憂「やめて・・お願いだから・・やめてください。
  こんなことするの、おねえちゃんじゃないよ」

唯「変態のキチ○イは、私の妹じゃないもんね。では、送信っと」

血の気が引くのを感じました。

159 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/05/11(火) 16:37:49.32 ID:wEG/7x4L0 [9/14]
さっきまで火照っていた体は、すっかり冷え切っていました。

チャラーン・・・え?メールの着信音

唯「ん・・だれだろう。こんな時間にメールなんて。
  どれどれ、平沢憂さんからだ」

憂「!」

唯「なになに、私は変態で淫乱でマゾでキチ○イです。
  何これ?ひどい」

憂「・・・」

唯「なんか添付されてるって、何これ。自分のオナニー写真を
  撮って送ってる。憂もみてよー」

161 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/05/11(火) 16:50:51.01 ID:wEG/7x4L0 [10/14]
おねえちゃんは、自分の携帯に送信していたのです。

憂「よかった・・・」

唯「本当に送ると思ったの?いくらなんでも、そんなことは
  しないよ。かわいい憂がいじめられちゃうもん。お姉ちゃんとして、
  そんなことはしないよ」

憂「おねえちゃん」

唯「あっ、でも、ムギちゃんとかさわちゃん先生だったら、
  色々とかわいがってくれるかも、この二人なら大丈夫だよ。
  やっぱ送ろうか?」

憂「・・・・」

唯「嘘だよー、送らないって。画像もメールも消去するから」ポチッ

162 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/05/11(火) 17:01:05.35 ID:wEG/7x4L0 [11/14]
全て、私の目の前で消去してくれました。

お姉ちゃんはいつものお姉ちゃんの顔をしています。

唯「ねえ、憂。憂って変態のマゾなんだよね」

笑いながら聞いています。また、私を責めたてる気でしょうか。

憂「・・・そう・・です」

唯「うーいー、もうそんな怯えなくてもいいよ」

憂「・・・・」

唯「最後の罰はするけどね」

お姉ちゃんは、私をやさしく抱きしめて、頭をなでてくれました。
暖かくて気持ちいいです。

166 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/05/11(火) 17:24:29.43 ID:wEG/7x4L0 [12/14]
憂「最後の罰って」

唯「憂は叩かれたり、ひどい言葉言われて喜ぶ変態さんなんだよね」

憂「・・・」

唯「だったら、優しくされたり、可愛がられたりするのは嫌なことって
  ことだよね。変態さんの憂にとっては」

憂「・・・・」

唯「だから、今から罰として憂のことをたくさん可愛がってあげるからね」

そういってお姉ちゃんは私にキスをしてきました。

167 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/05/11(火) 17:26:01.05 ID:wEG/7x4L0 [13/14]
憂「最後の罰って」

唯「憂は叩かれたり、ひどい言葉言われて喜ぶ変態さんなんだよね」

憂「・・・」

唯「だったら、優しくされたり、可愛がられたりするのは嫌なことって
  ことだよね。変態さんの憂にとっては」

憂「・・・・」

唯「だから、今から罰として憂のことをたくさん可愛がってあげるからね」

そういってお姉ちゃんは私にキスをしてきました。

169 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/05/11(火) 17:28:05.76 ID:wEG/7x4L0 [14/14]

唯「憂、ベッドに行こ」

憂「うん、お姉ちゃん」

それから、お姉ちゃんは朝まで可愛がってくれました。

憂「お姉ちゃん、学校に遅刻するよ」

唯「うーいー、もーすこし、ねーかーせーてー」

憂「もう、お姉ちゃん、早く起きなさいってば!」

唯「うーいー・・・」

憂「もう、お姉ちゃんたら・・めっ!」

・・・おわり

コメント

No title

これはいい唯ですね

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。