FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

打ち止め「劇がやりたぁいってミサカは」一方「劇、だとォ?」

1 名前:管理人、Twitterを始める http://twitter.com/aramaki_vip2ch[] 投稿日:2010/04/25(日) 12:44:17.98 ID:wYyF4ZQ0 [1/68]
打ち止め「うん、劇がやりたいなぁってミサカはミサカはお願いしてみる!」

一方通行「いきなり何言いやがンですかこのクソガキはァ」

打ち止め「えー劇したいしたいしたーい! ってミサカはミサカは駄々をこねてみる!」

一方通行「うるせェ大人しくしてろ」

打ち止め「えー……だってミサカは劇した事ないんだもんってミサカはミサカは嘆いてみる!」

一方通行(……そういえばコイツは学校に通ってねェンだよな……っつー事は
      劇もした事ねェンだよな……)

打ち止め「……でもアナタが嫌なら止めておくってミサカはミサカは諦めてみる……」

一方通行「(だァクソ!! こンな事で泣いてンじゃねェよクソガキ!!)
      分かった分かった劇だなァ急にやる気になってきたぜェ!?」

打ち止め「えぇ本当!? やったぁってミサカはミサカは全身を使って表現してみる!」

一方通行「チッ……」

2 名前:管理人、Twitterを始める http://twitter.com/aramaki_vip2ch[] 投稿日:2010/04/25(日) 12:47:36.37 ID:wYyF4ZQ0
一方通行「で、何の劇すンだ?」

打ち止め「聞いて驚きなさいってミサカはミサカは胸を張ってたり!」

一方通行(張る胸がねェだろォが……」

打ち止め「浦島太郎の劇がしたいのってミサカはミサカは目を輝かせてお願いしてみる!」

一方通行「はァ? 浦島太郎だァ? ふざけンのも……」

打ち止め「ダメ、かなぁってミサカはミサカはしょんぼりしてみる……」

一方通行「あァあの愉快で最高にキマってる浦島太郎かァいいねェ流石打ち止めだァ!
      劇の選択も最高じゃねェかァ!」

打ち止め「じゃあ浦島太郎でいいんだよねってミサカはミサカはあなたの手を取ってはしゃいてみる!」

一方通行「クソォ……」

4 名前:管理人、Twitterを始める http://twitter.com/aramaki_vip2ch[] 投稿日:2010/04/25(日) 12:51:50.55 ID:wYyF4ZQ0
打ち止め「じゃあ、みんなを呼んでくるねってミサカはミサカはダッシュで家を出てみたり!」

一方通行「は? みんなってどォ言う……って待て打ち止めァ! クソッ!」

打ち止め「行ってきまーす!」

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

一方通行「……で?」

打ち止め「役者にはやっぱりこの人が必要不可欠だよってミサカはミサカは説教マシーンの上条当麻を連れてきたり!」

上条「あのぅ……何がなんだかさっぱりなんだけど、取り敢えず帰っていいか?」

一方通行「おゥおゥとっとと帰りやがれ三下がァ!」

打ち止め「えー! 折角ミサカが連れてきたのに酷いってミサカはミサカはあなたの態度に怒りを見せてみたり!」

一方通行「ごゆっくりどうぞ三下さンよォ!!」

打ち止め「それでこそアナタってミサカはミサカは喜んでみたり!」

一方通行(クソッタレェ!!)

5 名前:管理人、Twitterを始める http://twitter.com/aramaki_vip2ch[] 投稿日:2010/04/25(日) 12:56:43.56 ID:wYyF4ZQ0
上条「ふむふむ、なるほどな。劇か、久しぶりにやるのも面白そうだなぁ」

打ち止め「でしょでしょってミサカはミサカはあなたに賛同を得られて大はしゃぎしてみる!
     でも、まだ3人しかいなくて……そこでふらぐめいかーのあなたにお願いがあるのってミサカはミサカはあなたの足に抱きついてみる!」

一方通行「おィおィまだ人増やすンですかァ? こんなの三人で十分だろォが」

打ち止め「三人じゃ足らなさすぎるよってミサカはミサカは反発してみたり!
      それでお願いというのは、あなたの知人を呼んで欲しいのってミサカはミサカはあなたの人望を頼ってみたり!」

上条「知り合いかぁ……御坂とか辺りならきそうだなぁ。よし、ちょっと連絡してくるわ!」

一方通行「超電磁砲だァ!? ちょっと待てって……」

打ち止め「あなたの知り合いが少なすぎるのがいけないのってミサカはミサカは呆れてみる!」

一方通行(クッソォがァ!!)

6 名前:管理人、Twitterを始める http://twitter.com/aramaki_vip2ch[] 投稿日:2010/04/25(日) 13:01:02.21 ID:wYyF4ZQ0
打ち止め「アナタももう少し友達とか作ればいいのに、ってミサカはミサカはあなたの悪人面を見てガッカリしてみる」

一方通行「……言いやがったなクソガキ?
      いいぜ、今すぐに俺の友達呼ンできてやるから吃驚して腰抜かすなよォクソガキ!!」


打ち止め「本当に扱いやすいんだからってミサカはミサカはどこかに行ったあの人を思い浮かべて苦笑いしてみたり。
      でも、あの人本当に友達いるのかなぁ? ってミサカはミサカは心配してみる」

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

上条「いやぁ、人呼んだら意外と来ちまって……あれ? 一方通行はどこ行った?」

打ち止め「あの人なら友達を呼びにいってる最中だよ! ってミサカはミサカは説明してみる」

青髪「かわええ女の子が劇するって聞いて飛んできたでぇ!!」

土御門(あの一方通行が劇……これは見ものだにゃー)

御坂「これアンタのクラスメート? いかにもアホ臭さがプンプンするわね……」

7 名前:管理人、Twitterを始める http://twitter.com/aramaki_vip2ch[] 投稿日:2010/04/25(日) 13:06:23.90 ID:wYyF4ZQ0
打ち止め「わぁ、こんなにもいっぱい連れてきてくれてありがとうってミサカはミサカはあなたに感謝してみる!」

上条「どう致しまして。それで、役割はどうすんだ?」

打ち止め「あ、それはあの人が戻ってきたら説明するよってミサカはミサカは取り敢えず自己紹介しておきたいなぁって考える!」

上条「それもそうだな、よしそこの青髪ピアスは変態で、そこのアロハシャツも変態だ」

青髪ピアス「それは酷いってぇカミやん!」

土御門「まぁ否定はしないにゃー。取り敢えず宜しくな、打ち止めチャン」

打ち止め「宜しくーってミサカはミサカは元気に返事してみる!」

御坂「打ち止め、元気にしてた?」

打ち止め「すっごく元気だよーってミサカはミサカはお姉さまに愛想を振りまいてみる!」

上条「それにしても、一方通行が来るのによくオーケーしてくれたな御坂」

御坂「えっ、それはその……あんたが……いやいや! 打ち止めがいるって聞いたからよ!」

上条「そうか、ありがとうな」

御坂「えっ……ま、まあいいわ!///」

8 名前:管理人、Twitterを始める http://twitter.com/aramaki_vip2ch[] 投稿日:2010/04/25(日) 13:12:22.03 ID:wYyF4ZQ0
一方通行「待たせたなァクソガキと+αどもォ! これが俺のツレだァ!!」

結標「いきなり呼び出すから何事かと思えば……仕事以外で関わらないのが鉄則じゃないの?」

垣根「冷蔵庫を労われよ! 何で俺がこんな所に……」

海原「御坂さんがいると聞いて」(キリッ

打ち止め「わぁ、本当にいたんだってミサカはミサカは驚いてみる!」

一方通行「俺にかかりゃこンくらい余裕だっつーのォ!」

土御門(……グループ結集かにゃー。これは中々面白い事になりそうだぜい)

青髪「おお美人なサラシ巻いたお姉さんや! ぼかぁ今天国におんでぇえ!」

打ち止め「じゃあ、今から役割を教えるねってミサカはミサカははしゃいでみたり!」

一方通行「ちったァ落ち着けクソガキ!」

垣根「クソッ……なんで俺が第一位なんかに……」

一方通行「いいンだぜェ? お前の冷蔵庫ぶっ壊してもよォ」

垣根「好きなだけ命令して下さいませ一方通行様ぁあああああ!!
    (後で覚えてやがれよ第一位イイイイイイイ!!!!」

9 名前:管理人、Twitterを始める http://twitter.com/aramaki_vip2ch[] 投稿日:2010/04/25(日) 13:19:29.02 ID:wYyF4ZQ0
打ち止め「まず、浦島太郎は一方通行で、カメさんがミサカ! ってミサカはミサカは説明してみる!」

一方通行「はァ!? なンで俺がそンな役を……」

上条「まあまあ、まずは打ち止めの話を全部聞いてからにしようぜ?」

一方通行「チィッ……」

打ち止め「で、意地悪な子供がそこのホスト崩れと、青髪さんと、ストーカーさん! ってミサカはミサカは外見で判断してみる!」

海原「ス、ストーカーって誰から聞いたんですかね?」

垣根「もぉ何でもいい……」

青髪「僕脇役かいなぁ。まあええけど!」

打ち止め「それで、お魚さんがアロハシャツの人ってミサカはミサカは超脇役を推奨してみる!」

土御門「ちょ、魚って何するんだにゃー?」

打ち止め「浦島太郎さんがカメさんと出会うまでに釣られている魚だよってミサカはミサカは説明してみる!」

土御門「そ、そんにゃー……」

結標「いい気味ね」

御坂「じゃあ私は?」

打ち止め「お姉さまは、お姫様役ってミサカはミサカは一番いい役をお姉さまにやってもらうの!」

打ち止め「それで、サラシのお姉さんとアナタはお姉さまの側近! ってミサカはミサカは予想以上に多いメンバーのせいで脇役になっちゃった事を反省してみる。ゴメンね!」

上条「まあいいぜ。俺があまり物語りの中心にいても不幸な事がおきそうだし」

結標「私も何でもかまわないわ」

11 名前:管理人、Twitterを始める http://twitter.com/aramaki_vip2ch[] 投稿日:2010/04/25(日) 13:43:36.25 ID:wYyF4ZQ0
ちょっと席はなれてました……再開します

一方通行「まァ百歩譲ってその役割は良しとしてやらァ。だがな、場所と衣装はどォすンだ?」

打ち止め「それなら心配ないよ! 下位個体に頼んでどっちとも用意してもらったからってミサカはミサカは部下の優秀さに驚いてみる!」

上条「ならそこに行くか」

結標「場所が分かれば私の能力で運ぶわよ?」

打ち止め「大丈夫、そこは結構近いしどうせならみんなで仲良く歩いて向かいたいなぁってミサカはミサカは元気よく足を踏み出してみる!」

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

上条「で、舞台はここ……か?」

土御門「一般客までいるにゃー……」

青髪「なんやコレめっちゃかわええ子がいっぱいおるやん! これは夢ですか!?」

垣根「こんな姿でこの大衆の前に出れるかぁ!!」

海原「……おや? 今御坂さんが客の中に見えたような」

結標「流石にコレは緊張するわね」

御坂「ちょ、ちょっとこんなに人がいるなんて聞いてないわよ!?」

一方通行「つくづく妹達って反則だよなァ……」

打ち止め「後はあなた達の演技に任せるってミサカはミサカは予想以上に人がいて自分でも吃驚してみたり!」

12 名前:管理人、Twitterを始める http://twitter.com/aramaki_vip2ch[] 投稿日:2010/04/25(日) 13:51:27.44 ID:wYyF4ZQ0
『演劇・浦島太郎。入場料無料、是非お立ち寄り下さいとミサカは達筆な字で看板を作りました』

上条「上条さんもこれは流石に緊張しざるを得ないですよ……」

一方通行「まァなるようにならァ。取り敢えず、衣装に着替えンぞ」

土御門(案外ノリノリだにゃー一方通行)

打ち止め「じゃあミサカたちは着替えるけど、くれぐれも除かないでねってミサカはミサカは要注意!」

海原「ッ!」

一方通行「誰が覗くかクソガキ。あァ、後海原てめェ後で俺ンとこ来い」

上条「それにしてもこれ、結構豪華な衣装だな……貧乏な俺には無縁の服だわ」

垣根「クソッ、冷蔵庫が邪魔で服が着れねぇ!」

青髪「ぷぷ……つっちーなんやその衣装! 魚の着ぐるみかいなぁ! これやったら僕の方が恵まれとるわぁ」

土御門「意外と中はヒンヤリしてんだぜい! 魚の力舐めちゃいかんぜよ!」

一方通行「なんだァこのボロクセェ服はよォ……」

~~~~~~~~~

結標「へぇ、中々かわいい服じゃない」

御坂「ちょっとコレ、めちゃくちゃ暑苦しいんだけど……」

打ち止め「ミサカのはカメさんの着ぐるみだよーってミサカはミサカは飛び跳ねてみる!」

結標(……ロリもいいわね……はっ! 何を考えているのショタコンキング結標淡希! ダメよ!)


13 名前:管理人、Twitterを始める http://twitter.com/aramaki_vip2ch[] 投稿日:2010/04/25(日) 13:59:00.62 ID:wYyF4ZQ0
上条「さて、全員着替え終わった訳ですけど……あれ? 海原はどこに行った?」

一方通行「お星様にでもなったンじゃねェの?」

土御門「まああのストーカーは放置しておいて問題ないにゃー」

打ち止め「問題大有りなの! いじめっ子が二人じゃなんだか寂しいってミサカはミサカはせめて三人欲しいって……あぁ劇が始まっちゃう!」

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
『ただいまより、浦島太郎のお話を始めます。ごゆっくりしていって下さいとミサカは放送します』

一般客「ざわざわ……楽しみね……どんな演劇団の方かしら……コチラスネーク……こら、静かになさい……」

『むかしむかし、ある村に、心のやさしい浦島太郎という若者がいました』

一方通行「あァ、しんどォ。海にでも行くかねェ」

一般客(出落ちだーーーーーっ!!!)

『浦島さんが海辺を通りかかると、子どもたちが大きなカメを捕まえていました。
 そばによって見てみると、子どもたちがみんなでカメをいじめています』

一方通行「!? 打ち止めァ!!! てめェら何やってやがンだコラァアアア!?」

一般客(マジギレ!?)

青髪「な、何ゆうてんねんな! そんなん、僕らの勝手やろ!?」

垣根「せっかく俺らが捕まえたんだ、てめぇに邪魔される義理はねぇぞ!」

土御門「(臨時でいじめっ子の役になっちまったにゃー)そうだそうだ!」

一般客(魚がカメ苛めてる……)

14 名前:管理人、Twitterを始める http://twitter.com/aramaki_vip2ch[saga] 投稿日:2010/04/25(日) 14:05:57.56 ID:wYyF4ZQ0
『見るとカメは涙をハラハラとこぼしながら、浦島さんを見つめています』

一方通行「打ち止めァ……てめェらはこンな年端も行かねェ幼女を泣かして楽しいってのかァ!?
      陸に上がってきたカメを寄って集って苛めンのがてめェらの趣味か!?
      そンな事あってたまるかァ! いいぜ、てめェらが幼女を苛めるのが趣味ってンなら……
      まずはその幻想を――――ぶち殺す!」

打ち止め(ここはお金を払ってミサカを助ける場面なんだけどなーってミサカはミサカはマジな目のあの人相手に言えなかったり……)

垣根「っけ、上等だ第一位ィ!! てめェが俺らからこのカメを奪うってんなら……
    ――――まずはそのふざけた幻想を打ち砕いてやる!!」

一般客(ノっちゃったぁ!?)

一方通行「打ち止めを前にした俺に勝てる奴はいねェ!! そげぶ!!!!」

垣根「ぐはっ……! 流石第一位だ……」

『かくして浦島太郎はいじめっ子からカメさんを救ったのです』

一方通行「大丈夫かァ打ち止めァ? 怪我はねェか? もう捕まンじゃねェぞ」

打ち止め「あ、ありがとうってミサカはミサカは取り敢えず感謝を述べて海へ引き返してみる!」

15 名前:管理人、Twitterを始める http://twitter.com/aramaki_vip2ch[saga] 投稿日:2010/04/25(日) 14:11:26.13 ID:wYyF4ZQ0
『さて、それから二、三日たったある日の事、浦島さんが海に出かけて魚を釣っていると』

「……浦島さん、……浦島さんってミサカはミサカは小声で呼びかけてみる」

一方通行「誰だァ?」

打ち止め「ミサカだよってミサカはミサカは姿を現してみる!」

一方通行「あァ、打ち……あン時のカメか。で、何の用事だ?」

打ち止め「この間のお礼と、竜宮城への招待に来たのってミサカはミサカは説明してみる!」

一方通行「竜宮城だァ? そンな建物この近くにゃねェぞ?」

打ち止め「えっへん、なんと竜宮城は海の底にあるんだよってミサカはミサカは自慢してみたり!」

一方通行「ほォ、面白ェ。ベクトル操作で海を割るか……案内しろカメェ」

打ち止め「えぇ! それは反則、ミサカの上に乗らないとダメってミサカはミサカは誘ってみる!」

一方通行「ガキが一丁前な事言ってンじゃねェよ! ったく、しょうがねェなァ」ドシ

打ち止め「うっ……流石にもやしのアナタでも私には重過ぎるって……ぐふう……」

一方通行(なら最初から誘ってンじゃねェよ……)

18 名前:管理人、Twitterを始める http://twitter.com/aramaki_vip2ch[saga] 投稿日:2010/04/25(日) 14:16:24.05 ID:wYyF4ZQ0
『カメは浦島さんを背中に乗せて、海の中をずんずんともぐっていきました。
 海の中には、まっ青な光が差し込み、コンブがユラユラとゆれ、赤やピンクのサンゴの林がどこまでも続いています』

打ち止め「ね、キレイでしょってミサカはミサカは辺りの景色を見回してみる!」

一方通行「普通、カメの上に乗って海の底へ行けたとしても酸素はどォすンだ……? まさか浦島太郎ってのは能力者だったのかァ……?」

打ち止め「まったく話を聞いていないあなたにミサカはミサカは憤慨してみる! ってあ、お城に着いたよってミサカはミサカは教えてみる!」

一方通行「おォ? 結構きれェな所じゃねェか」

美琴「ようこそ浦島太郎さん。この前はカメを助けてくれてありがとうね。お礼に、竜宮城を案内してあげるわ」

一方通行「随分と上からな目線だなァオイ」

美琴「しょうがないでしょ、役なんだから!」

『 浦島さんは、竜宮の広間ヘ案内されました。
 浦島さんが用意された席に座ると、魚たちが次から次へと、素晴らしいごちそうを運んできます。
 ふんわりと気持ちのよい音楽が流れて、タイやヒラメやクラゲたちの、それは見事な踊りが続きます。
 ここはまるで、天国のようです』

青髪「僕にとったら天国っちゅーのはハーレムの事やねんけどなぁ……」

土御門「お前には聞いてないし言ってないにゃー」

19 名前:管理人、Twitterを始める http://twitter.com/aramaki_vip2ch[saga] 投稿日:2010/04/25(日) 14:21:27.66 ID:wYyF4ZQ0
一方通行「おいィ? 何ですかこのプラスチックはよォ?」

上条「あーっと……それはエビフライでございます」

一方通行「ンじゃあこの紙粘土で出来たのは何だァ?」

結標「お団子よ。それくらい分かるでしょ」

一方通行「……お姫様はカメの命の恩人にこンなモンを出してくれるってのかァ?
      いいねいいね、その喧嘩買ってやンぞ?」

美琴「バカ、何本物の食べ物を期待してんのよ! あるわけないでしょ、劇なんだから」

一方通行「そンくらい持ってきやがれェ! 俺今実はすげェ腹減ってンだからな!?
      こンな中途半端に上手なモン持ってくるくらいなら飯持ってこいやァ!!」

上条「そ、そんな事言われても貧乏人の上条さんには無理でせう……」

結標「ってか一方通行ちょっと落ち着きなさいよ……」

一方通行「ちくしょォ、命の恩人に出すのはプラスチックや紙粘土の食べ物かよォ……畜生がァ……!」

打ち止め(なんかすごい罪悪感に襲われるんだけどってミサカはミサカはエビフライの作り物を握り締めているあなたに心の中で謝罪してみる)

20 名前:管理人、Twitterを始める http://twitter.com/aramaki_vip2ch[saga] 投稿日:2010/04/25(日) 14:27:29.40 ID:wYyF4ZQ0
美琴「浦島太郎さん、もう一日、もう一日いて頂戴?」

一方通行「ふざけンな。こンな飯も出さねェ所なンか一刻も早く立ち去りてェンだけど?」

打ち止め「お願い、浦島太郎さんってミサカはミサカは上目遣いをしてみる!」

一方通行「まァ一日だけならいいかァ!! 飯持って来い飯ィ!!」

『と、乙姫さまに言われるまま竜宮で過ごすうちに、三年の月日がたってしまいました。
 ある時、浦島さんは、はっと思い出しました』

一方通行「俺ェ三年間飯一つも食えてねェンだけどォ……死ぬゥ……」

美琴「ちょっと、そんな設定じゃないわよ! ほら、家族とか友達の事を思い浮かべるのよ!」

一方通行「家族はいねェし友達は全員この劇に呼ンだから心配いらねェンだよォ!!」

結標「あんた、役になりきる事くらいしなさいよ……ほら、回想して」

一方通行「チッ……そういやァ家族とかいねェし友達も心配いらねェけどどうしてンだろーなー」

一方通行「そろそろ俺は帰ンぞ」

美琴「ええそうしなさい、とっとと帰りなさい」

一方通行「(最初に言ってたのと逆じゃねェか……普通ここで引き止めるンじゃ無かったのかァ? まあいい)
      おら打ち止め、帰ンぞ」

美琴「って、うちのカメを勝手に持ち帰らないでよ!」

21 名前:管理人、Twitterを始める http://twitter.com/aramaki_vip2ch[saga] 投稿日:2010/04/25(日) 14:32:56.30 ID:wYyF4ZQ0
一方通行「俺には帰りを待つ奴がいるンでなァ。あばよ、この三年間悪くは無かったぜェ」

美琴「そ。じゃあお土産に、これ上げるわ。これは玉手箱よ」

一方通行「おォわりィな。ありがたく頂くとするわ」

美琴「ただし、この玉手箱にはアンタの時が入っているわ。これを開けない限りあんたは年を取らないわよ。
    だけど、これを開けたら時が戻ってしまうわ。だから、絶対開けちゃダメ」

一方通行「よし分かった――――とでも言うと思ったかァ!?
      開けちゃダメって言われたら開けたくなンのが人間の本望なんだよォ!! そォら玉手箱ひーらいたァァ!!」

一般客「!?」

美琴「ちょ、アンタ何してんのよ!?」

一方通行「ぐわァ!? なンだ、髪の毛が白くなっちまってやがるゥ!?」

打ち止め「こんな時に役になりきらなくていいのにってミサカはミサカは呆れてみる」

一方通行「うォおおおお俺が爺になっちまったァああああ!!!」

ちゃんちゃん。

22 名前:管理人、Twitterを始める http://twitter.com/aramaki_vip2ch[saga] 投稿日:2010/04/25(日) 14:35:35.86 ID:wYyF4ZQ0 [18/68]
取り敢えず次の話残っていたら稚拙ながら書かせて頂きます。スローペースですが……。

ついでに、何のお話がいいかとかリクエストあったらスローペースですが書かせて頂きます。

23 名前:管理人、Twitterを始める http://twitter.com/aramaki_vip2ch[sage] 投稿日:2010/04/25(日) 15:01:45.51 ID:Z7a7N6DO

外国の童話でもいいなら
白雪姫

24 名前:管理人、Twitterを始める http://twitter.com/aramaki_vip2ch[sage] 投稿日:2010/04/25(日) 15:04:45.20 ID:.sCR6c60
劇といったらキスシーンが欲しいね

25 名前:管理人、Twitterを始める http://twitter.com/aramaki_vip2ch[] 投稿日:2010/04/25(日) 15:08:32.82 ID:gUiZfSU0 [2/2]
ラプンツェルとかどうよ

26 名前:管理人、Twitterを始める http://twitter.com/aramaki_vip2ch[sage] 投稿日:2010/04/25(日) 15:12:50.06 ID:dpM86a60 [1/2]
乙ー!
眠れる森の美女とか読んでみたい

27 名前:管理人、Twitterを始める http://twitter.com/aramaki_vip2ch[saga] 投稿日:2010/04/25(日) 15:26:39.65 ID:wYyF4ZQ0
ただいま戻りました。コメントいただき感謝感激雨霰にございます。
では>>23から順に消化させて頂きます。スローペースですが是非お付き合い下さいまし。

『続いての演劇は、3時からでお送りする『白雪姫』です。それまで皆さんごゆっくり下さいとミサカは休憩タイムに入ります』


美琴「ちょっとアンタ、流石にあれは酷いわよ!」

一方通行「うっせェ、まじめにやる方がどォかしてンだよ」

打ち止め「二人とも喧嘩しないで、次の役割決めるよってミサカはミサカは二人を宥めてみたり!」

上条「まあそこそこ行けてたんじゃないか? ……一方通行以外」

一方通行「ほォ、三下が喧嘩売ってンのか? 上等だコラ、表出やがれェ!!」

打ち止め「もー、いい加減にしないとミサカは奥の手を使うよってミサカはミサカはあなたを脅してみたり!」

一方通行「チッ……で、次は何すンだよ?」

打ち止め「ようやく落ち着いた? 次はなんとなんと~『白雪姫』の劇をするのーってミサカはミサカは腕を振り回してみる!」

土御門「だったら、衣装はどうするにゃー? 流石に用意できてないんじゃ……」

12345号「は、はぁはぁ、打ち止め様ただいま衣装とだいたいの粗筋が書かれた台本を持って参りました
      とミサカ12345号は服従のポーズをとります」

青髪「な、御坂ちゃんが二人!? どーなってんの?」

御坂「(あー……説明するのも面倒ね……)双子よ。気にしないで?」

上条「それにしても初めて聞く番号だな」ゴニョゴニョ

打ち止め「12345号はミサカにとっても従順なのってミサカはミサカは説明してみる。
      ついでに、劇とかが大好きな子だからこういうのはすぐに用意できるの!」ゴニョゴニョ

一方通行「今回のこの劇と一般客と衣装も全部コイツが持ってきたってェ訳か……」

12345号「では、私は席へ戻りますとミサカは早足に去ります。では打ち止め様、御機嫌よう」

打ち止め「ばいばーい! ってミサカは手を振って送り届ける!」

28 名前:管理人、Twitterを始める http://twitter.com/aramaki_vip2ch[saga] 投稿日:2010/04/25(日) 15:33:41.62 ID:wYyF4ZQ0
打ち止め「じゃあ役割を発表するね! ってミサカはミサカは今頭に浮かんだ役をみんなに当てはめてみる!」

一方通行「さっきみてェな役だけは勘弁だ」

垣根「今回は第一位をコキ使えそうな役にしてくれ、嬢ちゃん」

打ち止め「ざーんねんもう考えているから今からは変更不可能なのってミサカはミサカは手をクロスさせてみる!」

結標「まあいいわ、役割を教えてくれるかしら?」

打ち止め「まずは、美人だけど性格が悪いお妃役をお姉さまにしてもらうってミサカはミサカはあわわわわわ、揺さぶらないで~!」

美琴「ちょーっと考え直してもらう必要があるようねぇ打ち止め」

上条「おい御坂、所詮は劇だろ? そうカッカする必要も無いさ」

美琴「……あんたが言うなら別にいいけど……」

打ち止め「あわわ……目がくらくらするーってミサカはミサカはどさくさに紛れてアナタに抱きついてみたり」

一方通行「そォ言うのは口に出すモンじゃねェっつーの」

打ち止め「ええっと、次は白雪姫の役なんだけど、ミサカがしまーすってミサカはミサカは挙手してみたり!」

結標「まあ私はそういう柄じゃないし、異論は無いわよ」

美琴「まあ、打ち止めがそういうなら仕方ないわね」



29 名前:管理人、Twitterを始める http://twitter.com/aramaki_vip2ch[saga] 投稿日:2010/04/25(日) 15:40:07.85 ID:wYyF4ZQ0
打ち止め「次に猟師さんだけど、取り敢えずホスト崩れのアナタにやってもらうねってミサカはミサカは指をさしてみたり!」

垣根「柄じゃねぇ、パs」

一方通行「……ベクトル変換……冷蔵庫……ぶち壊す」

垣根「是非やらせて頂こうか姫様(……一方通行、覚えてやがれ……!)」

打ち止め「次は七人の小人の役だよ、ってミサカはミサカは……あれれ、人数が足りなくなっちゃう!」

上条「なら、>>31と>>32でも呼ぶかな」

打ち止め「わーいありがとうってミサカはミサカは感謝してみる!」

31 名前:管理人、Twitterを始める http://twitter.com/aramaki_vip2ch[sage] 投稿日:2010/04/25(日) 15:44:23.52 ID:0UbVrhg0 [1/6]
最愛

32 名前:管理人、Twitterを始める http://twitter.com/aramaki_vip2ch[saga] 投稿日:2010/04/25(日) 15:44:34.84 ID:wYyF4ZQ0
やっぱり伸びていない時に安価出すもんじゃないなぁとか考えつつ加速
だって、だって他のキャラクターどれだすか迷ったんですもの……

33 名前:管理人、Twitterを始める http://twitter.com/aramaki_vip2ch[saga] 投稿日:2010/04/25(日) 15:45:59.13 ID:wYyF4ZQ0
うわああああああああああああああああああ自分で安価踏んじまったああああああああああああ首吊ってくるううううううううううううううううう
取り敢えず>>34採用しますがうわあああああああああああああ僕なんか存在しなければいいのにぐあああああああああああああああああああああ
スレのみんなごめんよおおおおおおおおおおおおおおさあ僕を罵ってくれたまええええええええええええええええ

34 名前:管理人、Twitterを始める http://twitter.com/aramaki_vip2ch[sage] 投稿日:2010/04/25(日) 15:46:28.28 ID:0UbVrhg0 [2/6]
じゃあ浜面…じゃなくてフレンダ

39 名前:管理人、Twitterを始める http://twitter.com/aramaki_vip2ch[saga] 投稿日:2010/04/25(日) 15:55:08.77 ID:wYyF4ZQ0
上条「この間知り合った二人を呼びますか』prrrrprrrprrr

美琴(こんの女ったらしめ……)

~~~~~~~~~~~~~数分後~~~~~~~~~~~~~~~~~~

絹旗「丁度近く寄ってたんですけど劇って超どういう意味ですか? いきなり言われても超意味不明なんですけど」

フレンダ「結局あれよ、劇で人員が足らなかったから呼ばれたんじゃない?」

上条「まあそういう事だな。いきなり呼び出して悪かった、だけど君達の力が必要なんだ」キリッ

絹旗「まあ一応あなたには超恩がありますからね。別に構いませんよ」

フレンダ「まあ私らも結局暇だったんだし、賛成ね。それで、何の劇をするの?」

打ち止め「白雪姫だよーってミサカはミサカは初対面のアナタ達に抱きついてみる!」

絹旗「何ですかのこの超かわいい生き物! 超悶絶してしまうんですけど!」

フレンダ「かわいい子ね。それで、結局白雪姫って言っても具体的に言うと何をすればいいのかしら?」

一方通行「小人だとよォ」

垣根「俺は猟師の役だぜ。冷蔵庫が猟師って……ブツブツ」

絹旗「! 何で第一位と第二位がこんな所にいるんですか!? 私達を超殺しにきたって訳ですかっ!?」

フレンダ「結局上条さんもグルだったって訳ね!」

打ち止め「ちょ、ちょっと待ってってミサカはミサカは静止してみる! この二人は今はあなた達の事を敵対視していないと思うってミサカはミサカは弁解してみる!」

一方通行「そォいうこった。安心しろォ、てめェらが劇でミスしねェ限り何にもしねェよ」

垣根「まあよく分かんねぇがそういう事だ。大人しく従った方がいいぜ」

絹旗「……まあ一応は超理解しましたが……」

フレンダ「まあ結局は手を出さないって言ってるしいいんじゃないの?」

上条「っとっと、もうすぐで劇始まるぞ!」

40 名前:管理人、Twitterを始める http://twitter.com/aramaki_vip2ch[saga] 投稿日:2010/04/25(日) 16:07:08.42 ID:wYyF4ZQ0
『ではこれから白雪姫の劇が始まります。お静かにお願いしますとミサカは沈黙を促します』

『むかしむかし、とっても美しいけれど、心のみにくいおきさきがいました。
 おきさきは魔法のカガミを持っていて、いつも魔法のカガミにたずねます』

美琴「鏡よ鏡よ、世界で一番美しいのは誰?」

鏡『それは打ち……ォほン。白雪姫だァ。てめェみてェなババアが勝てる訳ねェンだよォ』

美琴「よ、余計なお世話よ!! それにババアですって!? いいわ、猟師! 猟師はどこにいるの!?」

垣根「へぇへぇ、そう騒ぐな。ここにいる」

美琴「今すぐ白雪姫を殺しに行きなさい! あわよくばこの鏡を割ってきて頂戴!!」

垣根「ッチ……」

『おきさきは激しく腹を立て、白雪姫を猟師に殺させようとしました』

垣根「てめェが白雪姫か?」

打ち止め「そ、そうだけどあなたは誰? ってミサカはミサカは尋ねてみる」

垣根「直接的な恨みはねぇが、俺のために死んでもらうぜ? ……絶望しろ、コラ」

一方通行「……冷蔵庫ってぶっ壊した時さぞかし気持ちいいンだろォなァ……」ボソッ

垣根「俺はお前の母親にお前を殺すよう依頼されたんだが、どうも気がのらねぇ。
    俺の気が変わる前にとっととどっかに逃げ腐れろ」

打ち止め「あ、ありがとうってミサカはミサカは森の奥に向かって走ってみる!」

『白雪姫は、森に住む七人の小人たちと暮らす事になりました。
 そして小人たちが山に働きに行っている間、掃除や洗濯や針仕事をしたり、ごはんを作ったりして毎日を楽しく過ごしました』

上条「いいか? 白雪姫。俺達が仕事に行っている間は誰も家に入れちゃダメだぞ」

絹旗「そんなに超警戒しなくても大丈夫じゃないんですか?」

結標「いや、あのお妃はとても性格が悪いって評判よ。それに猟師を使って白雪姫を殺そうとしたじゃない」

フレンダ「結局、念を押した方がいいって事よね」

土御門「まあ七人も仕事に出る余裕があるんだったら、一人くらい白雪姫を警備してもいいと思うんだけどにゃー」
青髪「せやけど、今の仕事止める訳にはいかへんやろ?」

海原(いつの間にか復帰)「そうですねぇ、確かにいきなり仕事を止めるのも難しいですし」

絹旗「はぁ、本当に超面倒臭いですよねー」

打ち止め「ストップストーップ! 何だか愚痴っているサラリーマンみたいになってるってミサカはミサカは慌てて全員の怠慢を拭ってみようとしたり!」

41 名前:管理人、Twitterを始める http://twitter.com/aramaki_vip2ch[saga] 投稿日:2010/04/25(日) 16:13:37.66 ID:wYyF4ZQ0
『ところがある日、

美琴「鏡よ鏡よ、この世で一番美しいのは誰かしら?」

と、お妃がカガミに聞くと、

鏡「海を渡って島が見えたらそこを西に向かって行き国が見えたらそこを東に迂回しながら渡って
   熊を30匹殺したら現れる伝説の扉を中に入りその中にある宝箱を全部回収して外に出たとき
   現れる山を越えたその向こう、七人の小人の家にいる白雪姫だァ」
と、答えたのです』

美琴「無茶にも程があんでしょうが! それに、あの猟師裏切ったわね……よーし、こうなれば……!」

『自分で白雪姫を殺そうと考えたおきさきは、物売りのおばあさんに化けると、毒リンゴを手に七つの山を越えて小人の家に行きました』

美琴「はぁ、はぁ、はぁ、ちょ、タンマ……無理、まじ無理。吐きそう」

打ち止め「おばあさん大丈夫? ってミサカはミサカは家の前で倒れているあなたに声をかけてみたり!」

美琴「はぁ、はぁ、キレイなお嬢さん……この真っ赤でおいしそうなリンゴを上げるわ……」

打ち止め「わーいリンゴだやったーやったー嬉しいなーってミサカはミサカははしゃいでみる!」

打ち止め「最近、あまり果実を食べれなくて、お金もなくて……おばあさん、ありがとう、ミサカとっても助かったよってミサカはミサカは満面の笑みでお礼してみる!」

打ち止め「こんなにおいしそうなリンゴ、初めてだよってミサカはミサカは涙を禁じえなかったり!」

打ち止め「わーい、いただきまーすってミサカはミサカは齧り付こうとしてみる!」

42 名前:管理人、Twitterを始める http://twitter.com/aramaki_vip2ch[saga] 投稿日:2010/04/25(日) 16:20:04.05 ID:wYyF4ZQ0
美琴「……心が痛むにも程があんでしょうがあああああああっ!
    貸しなさい、そのリンゴは私が食べるわ!! ……うっ……ぐあああっ」

打ち止め「おばあさん!? どうしたのってミサカはミサカは慌てて家の中に運んでみる! ……お、重っ」

美琴(……セ・ッ・キ・ョ・ウ・カ・ク・テ・イ・ね)

絹旗「ただいま戻りましたよーって……白雪姫、あなた超何してるんですか?」

上条「それってお妃だよな? まさか、また白雪姫の命を狙いに……」

打ち止め「違うの、この人がくれたリンゴを自分で食べたらこんな事になっちゃったのってミサカはミサカは必死に説明してみる!」

土御門「にゃー、まあお妃だし、大丈夫なんじゃねぇの?」

青髪「見損なったでつっちー! たとえどんな極悪人やろうが、こんなベッピンさん放っとく訳にはいかへんやろ!」

海原「ちょっと収集が着かなくなってきましたね……」

ヒュンッ

打ち止め「うっ……なんだか急に苦しくなってきたかもってミサカはミサカは……きゅー」バタ

結標「ムーブポイントでお妃の腹の中にある毒リンゴを白雪姫に移しておいたわ」

絹旗「あなた白雪姫の味方か敵超どっちなんですか!? ってか、これって演技ですよね? そうですよね!?」

フレンダ「結局、演技にすぎないわね」

海原「しかし参りましたね……」

43 名前:管理人、Twitterを始める http://twitter.com/aramaki_vip2ch[saga] 投稿日:2010/04/25(日) 16:28:20.88 ID:wYyF4ZQ0
打ち止め(何だか本当にお腹が痛くなってきたかもってミサカはミサカは訴えてみたり……)

美琴「チャンス! 取り敢えずよく分からないけど逃走よ!」

上条「あっ……待て! お妃!」

美琴「……な、何よ///」

絹旗「何やってるんですか! ほらとっとと超逃げて下さい! 後はこっちでやっておきますから」

海原「ああかわいそうな白雪姫……。せめて、美しいこのガラスの棺に仕舞いましょう」

土御門「お前が言うと変態発言に聞こえるにゃー……」

一方通行「おゥおゥおゥおゥ? 何だこの棺はよォ」

上条「お、お前は誰だ?」

一方通行「学園都市レベル……じゃねェ。俺ァ隣国の王子だ。ちょっとここを散歩していたンだがよォ、中々かわいい奴がいるじゃねェか」

打ち止め(どきどき、ってミサカはミサカは心臓の音がとてもうるさく聞こえていたり)

一方通行「まるで眠っているみてェだなァ。……」

絹旗「ちょ、一方通行超何しようとしているんですか!?」

土御門「やっぱりお前ロリコンだったにゃー」

一方通行「うっせェ! 仕方ねェだろ演技なンだからよォ!?」

美琴(もしキスしたらぶっ殺すわよ……)

一方通行「何ですか何なンですかァやりにくいったらありゃしねェぜ……っけ」カチ

打ち止め「ううーん……ここは? ってミサカはミサカは辺りを見回してみたり」

一方通行(ベクトル操作で体調を元に戻したからもう心配ねェはずだ。ったく、緊張で腹痛なんざクソガキらしいぜ)
      ずっと俺と一緒にいンだよ、お姫様よォ」

打ち止め「と、突然の告白に吃驚しつつもミサカはミサカはオーケーの返事を……」

一方通行「だァああああ! 台本通りにやってるだけだっつーのクソガキ!」


絹旗「あれが超ロリコンという奴ですかねー」

フレンダ「結局学園都市Lv5第一位もロリには勝てないのよ」

44 名前:管理人、Twitterを始める http://twitter.com/aramaki_vip2ch[saga] 投稿日:2010/04/25(日) 16:31:20.63 ID:wYyF4ZQ0
うん、グダグダすぎますね。反省しています。後悔はしていません(キリッ
次はラプンツェル……ご要望にお答えしたいのですが、かなり長そうでして難しいかもしれません……ごめんなしあ。

取り敢えず、眠れる森の美女を書かせて頂きます。グダグダ稚拙でスローペスの阿呆な僕ですがなにとぞ宜しくお願いします。

45 名前:管理人、Twitterを始める http://twitter.com/aramaki_vip2ch[saga] 投稿日:2010/04/25(日) 16:38:13.20 ID:wYyF4ZQ0
舞台裏

一方通行「何なンですかさっきのはよォ。別にキスするフリだっつーのに、真に受けやがって」

上条「それでも絵図的によくないんだろ」

絹旗「学園都市最強がまさかロリコンとは超呆れました」

美琴「次こそ成功させるわよ? いい、台本通りにしっかりと話を進めるわ!」

土御門「なんだかんだで結構楽しいにゃー」

青髪「せやなぁ、こういうのもたまには悪くないわぁ」

海原「小さいミサカさんとミサカさんがいるだけで僕は満足です」

結標「途中から私、殆ど登場しなかったわねぇ。まあいいけど……」

フレンダ「結局それはバカな誰かさんが阿呆だからね。次は頑張るっていきこんでるみたいだけど」

一方通行「で、次は何の話をすンだ?」

土御門(やっぱり一方通行ノリノリだにゃー)

打ち止め「うん、次は眠れる森の美女だよってミサカはミサカは説明してみる!」

12345号「打ち止め様、ここに一式の衣装と台本を持ってきましたとミサカは跪きます。
      打ち止め様は群を抜いて輝いていましたとミサカはベタ誉めしつつ、颯爽と立ち去ります」


46 名前:管理人、Twitterを始める http://twitter.com/aramaki_vip2ch[saga] 投稿日:2010/04/25(日) 16:45:50.43 ID:wYyF4ZQ0
打ち止め「あ、ちょっと待ってってミサカはミサカは12345号をとめてみる!
      もしかすると人数が足らないかもしれないから、ちょっとだけ参加してくれないかなってミサカはミサカは頼んでみる」

12345号「打ち止め様がお望みならば是非とミサカは頭を下げます」

打ち止め「じゃあ、今回の役割は簡単だからパパーって説明するね、ってミサカはミサカは脳内を巡らせてみる!」

打ち止め「13人の魔法使いは、上条さん、お姉さま、ホスト崩れ、青髪さん、アロハシャツさん、結標さん、絹旗さん、フレンダさん、ストーカーさん、12345号、で、お姫様はミサカ! それで、王子様はもちろんアナタ! ってミサカはミサカは発言してみる」

一方通行「おィ、それじゃ魔法使いが二人足りねェぞ。それに、お前が姫で俺が王子っつーのも正直飽きたンですけどォ?」

上条「確かに、何度もその組み合わせだし少し変えてみるか?」

打ち止め「えー。まあいいよってミサカはミサカはオーケーしてみる。じゃあ、>>48>>49を呼んで、>>50の二人が王子とお姫様にしよってミサカはミサカは提案してみる!」

上条「二度と同じ過ちは踏まない」(キリッ

48 名前:管理人、Twitterを始める http://twitter.com/aramaki_vip2ch[imagin-breker.fuco-da.flag-men@softbank.ne.jp] 投稿日:2010/04/25(日) 16:49:05.80 ID:bwgGcgSO
むぎのん

49 名前:管理人、Twitterを始める http://twitter.com/aramaki_vip2ch[sage] 投稿日:2010/04/25(日) 16:50:00.96 ID:7N3im5Qo
青髪ピアス

50 名前:管理人、Twitterを始める http://twitter.com/aramaki_vip2ch[sage] 投稿日:2010/04/25(日) 16:50:19.37 ID:DFdUyE2o [1/9]
木原くン

55 名前:管理人、Twitterを始める http://twitter.com/aramaki_vip2ch[saga] 投稿日:2010/04/25(日) 16:57:15.10 ID:wYyF4ZQ0
打ち止め「青髪さんはもういるから、むぎのんさんと木原くンを呼ぼってミサカはミサカはナイスアイデアを出した自分を自画自賛!」

一方通行「はァ? お前その二人が誰だか分かってンのか?」

打ち止め「正直誰だかわからないなぁってミサカはミサカはしょんぼりしてみる。ついでに、王子様は浜面って人とむぎのんさんがいいかもってミサカはミサカは脳内に来た電波を受信してみる!」

絹旗「うげー……浜面も来るんですか。超やる気無くなりました」

フレンダ「そんな事言って結局内心は喜んでいるのよね。まあ、浜面と麦野は私が呼ぶわ」

一方通行「……よォ」

『あァ? 誰だてめえ』

一方通行「あれだけ調子に乗っていきっていたのに一方通行に虐殺されて一命を取り留めてる木原くン(笑)」

『……よーく分かった。今すぐそっちに行くから待ってろこのクソガキ。ぶっ殺してやる』

一方通行「息の根を止めてやンよォ!」

フレンダ「あ、麦野? 今、劇してるんだけど来ない? 浜面も来るよ? うん分かった待ってるね」

絹旗「あー浜面ですか? 今ちょっと劇してるんで超特急でここまで来てください。3分以内です」



56 名前:管理人、Twitterを始める http://twitter.com/aramaki_vip2ch[saga] 投稿日:2010/04/25(日) 17:04:21.10 ID:wYyF4ZQ0
麦野「……で、着たけど具体的に何する訳よ?」

浜面「おい、麦野がいるなんて聞いてねえぞ! ってか、こえーよ!」コソコソ

木原「一方通行ァ、最近お前また一倍うざくなってるよなぁ。俺がぶっ殺してやるから安心しやがれ」

上条「……個性豊かな人タチデスネ……」

美琴「はぁ、もう言いたい事いっぱいあるけどもういいわ……」

一方通行「よォし、ここでおさらいだァ!
魔法使いは三下、打ち止め、第二位、第三位、俺、海原、木原、土御門、青髪、12345号、結標、絹旗、フレンダ。
王子が浜面で、姫が第四位だァ」

打ち止め「解説ありがとうねってミサカはミサカはお礼してみる!」

木原「はぁあ? 意味わかんねーぞコラ。何がどうなってやがる?」

一方通行「そンくらい察しやがれ! 劇だよ劇、てめェもやンだよ」

木原「は? 一方通行が……劇だぁ? く、ぷぷ……なかなかかわいらしい所あるじゃねぇか!
    お前も常にそうやってりゃいいんだよ、いいぜ俺も参加してやる」

土御門「それじゃ始めるにゃー」

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

57 名前:管理人、Twitterを始める http://twitter.com/aramaki_vip2ch[saga] 投稿日:2010/04/25(日) 17:16:16.74 ID:wYyF4ZQ0
『ではこれより 眠れる森の美女 を始めます、とミサカはあくびしながら……くぁ』

『むかしむかし、ある国のお城で、お姫さまが生まれました。
 王さまは国中の人をよんで、お祝いをしました。
 お祝いには、十二人の魔法使いたちもやってきました。
 だけどただ一人、十三人目の魔法使いだけは、お祝いによばれませんでした。
 じつは、お城には魔法使いたちの使うお皿が、十二枚しかなかったからです。
 お祝いによばれた魔法使いたちは、つぎつぎに進み出て、お姫さまにおくり物をささげました』

打ち止め「あなたがとても綺麗になりますようにってミサカはミサカは祈ってみる!」

上条「不幸にならないようにな」

垣根「誰よりも優しい心を持て、それだけだ」

美琴「とってもとっても賢くなってね」

一方通行「とにかく強くなりやがれ」

海原「誰よりもかわいく育って下さい」

木原「誰にでも分け隔てなく接せるようになぁ!!」

土御門「義妹になれるようににゃー」

青髪「将来ボンキュッボンな美人さんになってなぁ」

12345号「心の強い人になりますように、とミサカは祈ります」

結標「過去の自分に捕らわれないような生き方をしなさい」

『そして、十二人目の魔法使いが進み出たときです。
 城中に、おそろしい声がひびきました』

絹旗「よくも私を超除け者扱いしましたね! 姫よ、私の贈り物を超受け止めるといいんですよ!
    あなたは15歳の誕生日につむに超さされて死んでしまいます!」

打ち止め「大変! どうすればいいのってミサカはミサカは慌ててみる!」

『人々は、大さわぎです』


58 名前:管理人、Twitterを始める http://twitter.com/aramaki_vip2ch[saga] 投稿日:2010/04/25(日) 17:20:57.35 ID:wYyF4ZQ0
一方通行(俺ならあいつをぶち殺せるんだが、劇だしなァ……)

美事(私ならあの子を倒すくらい余裕なんだけど、劇だし……)

上条(俺の幻想殺しならあいつを救えるんだが、劇だしな)

木原(俺の木原神拳ならあのガキくらいどうにかなんだが、劇らしいしなぁ)

海原(僕のトラ(ryならあの子も粉砕できるのですが、かわいいし劇ですし……)

土御門(体術なら負けないにゃー)

青髪(かわええなぁ)

12345号(まあミサカが本気出せば余裕なんですけどね、とミサカは劇だしなぁと考えます)

結標(まあ3秒あれば吹き飛ばせるんだけど……劇だし)

フレンダ「待って頂戴。結局、わたしが残っているわ」

『そういったのは、十二人目の魔法使いでした』

フレンダ「お姫さまは結局死なないわ。つむにさされても、百年の間眠るだけ。それからりっぱな人のキスで目を覚まし、その人と結ばれるわね」

麦野(フレンダ……後で何か奢ってあげようかしら)

59 名前:管理人、Twitterを始める http://twitter.com/aramaki_vip2ch[saga] 投稿日:2010/04/25(日) 17:25:38.28 ID:wYyF4ZQ0
『それでも王様は心配で、国中のつむを燃やし、作ることを禁止しました』

『国民は安心し、そしてやがて姫様は15歳の誕生日を迎えました』

『ある日の事です、お姫さまは一人でお城の中を歩いていました。
 いくつもの階段をのぼって見つけたのは、小さな入り口です』

「こんなところに部屋があったのね。……ここには何があるのかな?」

『お姫さまは、古ぼけた部屋に入っていきました。中にいたのは、見たことがないおばあさんです。
 おばあさんは糸をつむぐ車を、ブンブンと回していました』

「へえ、面白そうね。おばあさん、ちょっと貸して」

「いいですよ、さあ手を超だして下さい」

『何も知らないお姫さまは、つむぎ車に手をのばしました。そのとたん、つむぎ車のつむが、お姫さまの手をさしてしまったのです』

「えへへへへ、超うまくいきました!」

『おばあさんは笑い声を上げると、どこかへ消えてしまいました。
 実は十三人目の魔法使いがおばあさんに化けて、お姫さまを待っていたのです。
 つむの毒がお姫さまの体にまわる前、十二番目の魔法使いの魔法が始まりました。
 お姫さまは魔法の光につつまれると、その場にバッタリと倒れて、そのまま眠ってしまったのです。
 魔法の光はお姫さまだけでなく、お城全体をつつみました。
 そのとたんに、お城の時計がピタリと止まりました。
 ネズミを追いかけていたネコは、屋根の上で眠ってしまい、料理番は料理のとちゅうで眠りました。
 いえ、それだけではありません。
 なんと空を飛んでいるトリも空に浮いたままで眠り、料理をあたためていた火も眠ってしまったのです。
 なにもかもが眠ったお城の回りで、イバラだけがのびていきました。
 そして長い年月がすぎたある日、りっぱな王子さまがイバラのそばへやって来ました』

60 名前:管理人、Twitterを始める http://twitter.com/aramaki_vip2ch[saga] 投稿日:2010/04/25(日) 17:32:10.47 ID:wYyF4ZQ0
浜面「ここがイバラの城って所か……。行きたくねぇな、行きたくねぇって」

一方通行(もし逃げたらぶち殺す)

浜面(こぇええ!! ふざけんなよ、何でLv5の二人に目ぇ付けられなきゃいけないんだよ畜生!
   それに面子おかしいだろ、何で第一位から第四位まで揃ってんだよクソが!)

『王子さまがイバラを切り分けて中に入ろうとすると、トゲだらけのイバラがスルスルと動いて、王子さまに襲いかかりました。
 王子さまは襲いかかるイバラを切り落としますが、いくら切り落としてもきりがありません。
 とうとうイバラに囲まれた王子さまは、死を覚悟しました。
 ところがそのとき、イバラはみるみるちぢんでいって、 お城へ続く道が現れたのです。
 ちょうど今日が、百年目だったのです。
 王子さまはお城へ行くと、お姫さまが眠っている部屋に入りました』

浜面「……まるで別人みてぇだ。正直綺麗だな……」

『お姫さまを見つけた王子さまは、思わずキスをしようとしました』

浜面(はぁ!? それだけはないって! ふざけんなよナレーション!!)

『ほらほら、早くキスしないと物語が進みませんよー』

浜面(クソッ……第一位に殺されるか、麦野とキスするか……そんなの決まってるじゃねぇか……)


『王子はお姫様とキスをしました。すると、百年眠りつづけていたお姫さまの目が、パッチリと開いたのです。
 いえ、お姫さまだけでなく、お城中が眠りからさめました。
 ネコはネズミを追いかけはじめ、料理番はナベを火にかけました。
 空を飛んでいたトリも、また飛び続けました。
 全ての事を知った王さまは、城中のみんなにいいました』

「みなの者、魔女の呪いはとけたぞ。さあ、結婚式の準備をするのだ。大急ぎでな」

『そしてお姫さまと王子さまは結婚して、幸せにくらしました』




一方通行「おい悪党。お前にはキスの演技ってっつー選択肢はなかった訳ですかァ?」

浜面「!?」

麦野「…………えへへ///」

61 名前:管理人、Twitterを始める http://twitter.com/aramaki_vip2ch[saga] 投稿日:2010/04/25(日) 17:35:12.88 ID:wYyF4ZQ0
クソォ、駄文すぎて稚拙すぎて阿呆すぎてまったくキャラ生かせてない……ぐぉおおおおおおおああああああああああ
これじゃただ語ってるだけじゃねえかあああああああ畜生ううううううううう劇じゃないよなこれええええええええぐあああああああああ
解決策、解決策。何かいい解決策はないのかあああああああ
俺がバカだからいけないんだあああああああああああぐふうううううううおおおおあああああああああ

まじめにキャラを生かすためには→減らす。

まあそんな事しても俺の駄文に変わりがある訳じゃないんだけどおおおおおおおおおおおおおおおリクエストなどありましたらああああああああああ
バカなりに必死に頑張って書きますううううううううううごめんなさあああああああい

64 名前:管理人、Twitterを始める http://twitter.com/aramaki_vip2ch[saga] 投稿日:2010/04/25(日) 17:39:35.39 ID:wYyF4ZQ0
一方通行・絹旗・青髪は欲しい所です。大好きですこの3人。
ここは王道に桃太郎を行ってみようかな・・・?
出演は、
桃太郎→打ち止め
おじいさん→上条
おばあさん→美琴

犬→セロリ
雉→絹旗
猿→青髪

鬼→木原

みたいな……意見がほすぃ……

72 名前:管理人、Twitterを始める http://twitter.com/aramaki_vip2ch[saga] 投稿日:2010/04/25(日) 18:16:23.38 ID:wYyF4ZQ0

一方通行「っつー事で取り敢えず今日は無事終えた訳ですけどォ」

上条「いや、いきなりにしてはそこそこやれた方じゃないか?」

一方通行「ンな訳あるかァ! 取り敢えず明日やる桃太郎、打ち止めは今かなり張り切ってる。つまり、明日を楽しみにしてるって訳だァ!」

美琴「それがどうしたのよ」

一方通行「つまり、俺らが下手な劇をしていたらあいつもつまンねェって思っちまう訳ですよ! そんな打ち止めが見たいですかァ!?」

絹旗「確かに、あの子がションボリするのは超嫌ですね」

青髪「せやけど、どうするん?」

一方通行「決まってるだろォが。そう、やるンだよ……
      練習をよォ!」
      ~~~~


73 名前:管理人、Twitterを始める http://twitter.com/aramaki_vip2ch[saga] 投稿日:2010/04/25(日) 18:20:14.95 ID:wYyF4ZQ0
一方通行「まずは役のおさらいだ。三下は爺役、超電磁砲は婆役。
 で、肝心の桃太郎は打ち止めだ。犬は俺が、雉はチビ子が、猿はピアスお前がやれ」

絹旗「むむ! チビ子って何ですか!?」

一方通行「ちっせェからチビ子」

絹旗「何ですかその超ダサいネーミングセンスは!」

一方通行「だァうっせェ! じゃあてめェはモアイの方がいいって訳ですかァ!?」

絹旗「チビ子で超オーケーです!」

一方通行「いいか、今打ち止めは快眠中だァ。俺らは徹夜で練習して、明日打ち止めのサポートに徹するぞ。俺らにできねェ事なンざ無ェ!」
上条「おじいさん役か、確か最初に芝刈りに行くんだよな」

美琴「お婆さんってのは気に入らないけど……こいつと一緒なら……」ゴニョゴニョ

一方通行「甘ェぞ三下ァ!! ただ芝刈りに行くだけじゃつまンねェ!」

上条「えー、何を言ってるんでせうか……」


74 名前:管理人、Twitterを始める http://twitter.com/aramaki_vip2ch[saga] 投稿日:2010/04/25(日) 18:23:55.18 ID:wYyF4ZQ0
一方通行「そうだなァ。取り敢えずお前は幻想殺ししに行けェ」

上条「はぁ!? 流石の上条さんも意味が分からないんですが……」

一方通行「取り敢えずそげぶそげぶ言ってりゃあクソガキも喜ぶンだよ。
      で、超電磁砲」

美琴「な、何よ? 普通に川行って桃拾えばいいのよね?」

一方通行「つまンねェ!! お前は川で洗濯なンてすンのかァ!? しねェよなァ!
      っつー事でてめェは川で日光浴しろォ」

美琴「は、はぁ!? 川で日光浴ぅ!? あんたバカなの!?」

一方通行「いいンだよォ、取り敢えず水着になっときゃァ男どもは喜ぶ。それを見て打ち止めも喜ぶ! 完璧じゃねェか!」



76 名前:管理人、Twitterを始める http://twitter.com/aramaki_vip2ch[saga] 投稿日:2010/04/25(日) 18:27:18.04 ID:wYyF4ZQ0

一方通行「で、次はチビ子とピアスだが……まあお前らは特に何にもしなくていいなァ」

青髪「えー、そんなんつまらんやーん。せめて見に来てくれとる女の子に格好いいシーンとか見せたいねん!」

一方通行「あーあー鬼退治ン時に活躍してろ。チビ子は鬼が打ち止めに危害加えねェように守っとけ。
      何かあったら俺が鬼をぶち殺す」

上条「じゃあ、肝心の鬼はどうするんだ?」

木原「どうやら俺の出番のようだなぁ一方通行!」

一方通行「呼ンでねェよ!」

木原「まぁ待ちやがれ。鬼っつったら凶悪な外見だろ? どうだ、俺様にピッタリじゃねぇか! そうと決まれば鬼の役は俺が頂くぜぇ!?」

一方通行「……勝手にしろ!」


77 名前:管理人、Twitterを始める http://twitter.com/aramaki_vip2ch[saga] 投稿日:2010/04/25(日) 18:31:17.71 ID:wYyF4ZQ0
12345号「ナレーションを務めさせて頂きます12345号です。では読みますね」

『昔、昔、ある所におじいさんとおばあさんが……』

一方通行「ストォップ! ある所だなンて明確になってねェと話に入り辛ェだろォが! それにここは学園都市だ、山なンてねェ。
      取り敢えず高層マンションに住ンでいる事にしろォ!」

『……昔、昔、学園都市に存在する高層マンションにおじいさんとおばあさんがいました。
 お爺さんは山へ……』

一方通行「山はねェっつってンだろォが! 路地裏でいいンだよォ!」

『……おじいさんは路地裏へ幻想をぶち殺しに、お婆さんは川に海水浴をしに行きました』

上条「いいぜ、てめェら無能力者が誰かの役に立てないっていうなら……まずはその幻想をぶち殺す!!
   ――――ふざけんなよ、だからって言ってなぁ、他人を傷つける理由にはなんねぇんだよ! そんな幻想、俺が打ち砕いてやる!
   そげぶ! そげぶ! そげぶ!」

一方通行(やりゃァできるじゃねェか三下ァ……)


78 名前:管理人、Twitterを始める http://twitter.com/aramaki_vip2ch[saga] 投稿日:2010/04/25(日) 18:34:06.68 ID:wYyF4ZQ0
美琴「はぁ、いい日光ね……(は、恥ずかしい////)」

黒子「本当にいいお天気ですわねぇ……」

美琴「本当に……って何であんたがここにいんのよ!? っつーか、既に水着姿!?」

黒子「嫌ですわねぇお姉さま! お姉さまがこんな姿でいらしているというのに、黒子が現れないとでもお思いになられたんですの?
 それにしても、本当にお姉さまの趣味はなんと言うか……子どもっぽいですわね」

一方通行「(百合展開か……行けるなァ)おい超電磁砲、そのままやれェ!」

美琴「は、はぁ!? って黒子ちょっとあんたどこ触って……止めなさいって!」

黒子「お姉さまのこの慎ましやかな胸……それを今はたった布一枚で覆っていると考えると黒子は、黒子はあっふうううううううううん!!!!」


80 名前:管理人、Twitterを始める http://twitter.com/aramaki_vip2ch[saga] 投稿日:2010/04/25(日) 18:37:10.06 ID:wYyF4ZQ0
『と、百合百合な事をしている内に川からドンブラコドンブラコと……』

一方通行「待てェ、どんぶらこって何だァ? そんな効果音聞いた事ねェよ、適当なのに変えろォ」

『……川上からチャプンチャプン……と大きな桃が』

一方通行「いやそもそも桃って何なんだァ? 普通桃の中に人間が入るっておかしいだろォが。
     そォだなァ、……潜水艦に変えろ」

上条「それは流石にやりすぎじゃあ……」

一方通行「うっせェ、ガキはこういうのみりゃ喜ぶンだよォ! 三下は黙ってそげぶしてやがれ!」

『川上からチャプンチャプン……と、大きな潜水艦が流れてきました』

美琴「潜水艦にしては小さいわねぇ。まあいいわ、バラしてお金にしましょう。黒子、運ぶの手伝って」

黒子「はいですのお姉さま!」


82 名前:管理人、Twitterを始める http://twitter.com/aramaki_vip2ch[saga] 投稿日:2010/04/25(日) 18:40:03.58 ID:wYyF4ZQ0
『おじいさんが路地裏から帰ってくると、机には小さな潜水艦が置かれていました』

上条「うぉ!? どうしたんだおばあさん、こんな潜水艦」

美琴「別に、川で日光浴していたらたまたま流れてきたからくr……友人に運ぶのを手伝ってもらったの」

上条「そうか、ありがとう。これを売れば少しは生活費が楽になりそうだな」

美琴「何言ってるの、今でも十分楽でしょ。まあ小遣い稼げるからいいけどね」

上条「じゃあ頼む」

美琴「ええ。……そりゃああ!!!!」ビリビリビリ

一方通行「はァいカットォ! いいねェ、但し本番は手加減しろよ超電磁砲よォ」

美琴「分かってるわよ!」


83 名前:管理人、Twitterを始める http://twitter.com/aramaki_vip2ch[saga] 投稿日:2010/04/25(日) 18:44:41.56 ID:wYyF4ZQ0
『電撃で分解された潜水艦の中から、元気な女の子が飛び出してきました』

一方通行「ここでガキと適当に戯れておけェ。その内それから数年――っつーテロップ流すからよォ。そこはお前らのアドリブ次第だ」

上条「お、おう」

一方通行「そンじゃ次ィ、打ち止めの仲間になるシーンだァ! 取り敢えず猿、てめェからだ!」

青髪「よーし、がんばんでぇ! って……誰もおらん所に向かって演技すんのん、めっちゃ恥ずかしいねんけど……」

一方通行「気合でやれェ気合でよォ!!」

青髪「しゃーないなぁ! ……なぁなぁお嬢ちゃん、その腰にあるキビ団子僕にくれへんかなぁ? そしたら僕が仲間なんでぇ!」

一方通行「オーケーだ、次チビ子ォ!」

絹旗「……桃太郎さんその腰にあるキビ団子超くれませんか? くれたら私が仲間になってあげますよ」

一方通行「恥を捨てろォ! そんな劇で打ち止めと共演、ましてやサポートできると思ってンのかァ!?」

絹旗「あぁもう分かりましたよ! 桃太郎さんそのお腰のキビ団子私に超下さい! くれたら私が超仲間になってあげますよ!」

一方通行「オッケイだァ!!」


84 名前:管理人、Twitterを始める http://twitter.com/aramaki_vip2ch[saga] 投稿日:2010/04/25(日) 18:49:34.92 ID:wYyF4ZQ0
一方通行「で、俺がその後仲間になって、いざ出発って訳だァ!」

絹旗「まあ大体の粗筋は超知っていますし」

青髪「次は鬼退治かぁ、がんばらなあかんなぁ!」

『犬・雉・猿を従えた桃太郎は木の船に乗り――』

一方通行「古臭ェ! 木製の船なンざ、学園都市に似あわねェンだよォ! 最新型の船にしろォ!」

『……犬・猿・雉を従えた桃太郎はお婆さんに出して貰った資金で買った学園都市最新の技術で作られた船に乗り、鬼ヶ島へと向かいました』

一方通行「で、鬼ヶ島に到着ゥ! さァてここからが問題だァ。今思い返してみれば鬼っつーのはよォ、何匹かいるモンなンだよなァ。木原一人じゃァ……」

木原「おいおい一方通行、俺を誰だと思ってやがんだ? 学園都市最強を瀕死にまで追い込んだ男だぜ、分身くらい出来なきゃ話になんねーんだよ!」

上条「うおおおお、すげぇ!」

一方通行「うっせェンだよォ! 今適当に鬼呼ンだから待ってやがれェ!」


85 名前:管理人、Twitterを始める http://twitter.com/aramaki_vip2ch[saga] 投稿日:2010/04/25(日) 18:52:10.79 ID:wYyF4ZQ0
垣根「っちぃ、折角てめぇらのおままごとから離れれたと思えばすぐに召還かよ」

土御門「鬼って柄じゃないんだけどにゃー……」

一方通行「愚痴ってンじゃねェよ。いいか、お前らは俺らに負けろ。まァ最初から俺には勝てねェンだけどなァ」

垣根「あ? お前喧嘩売ってんのか? 投げちゃうよ? 冷蔵庫投げちゃうよ?」

一方通行「あー聞こえねェ。んじゃあ練習再開すンぞォ!」

『はい。……桃太郎と犬・猿・雉が鬼ヶ島について最初に見たものは、金品に囲まれおいしい食べ物を食べている鬼達でした』

垣根「いやマジでうめぇなこれ。いや、流石学園都市第一位だわ。モグモグ」

木原「太っ腹になったねぇ一方通行よぉ。あ、これもうめぇなぁオイ!」

土御門「こんな料理、最初からそろえてるなんてよく分からない奴だにゃー」

美琴(いつまで浦島太郎の事引きずってるのよ……)


86 名前:管理人、Twitterを始める http://twitter.com/aramaki_vip2ch[saga] 投稿日:2010/04/25(日) 18:56:21.18 ID:wYyF4ZQ0
青髪「やいやい鬼! 人から奪ったもんで豪華な生活しよって、成敗したるわ!」

絹旗「そのお金全部超返したら許してあげない事も……」

一方通行「チビ子ォ!!!!!」

絹旗「な、何ですか急に大声出して!超吃驚したじゃないですか!」

一方通行「今ならまだ許してあげるっつー台詞は打ち止めが言うンだよォ! てめェはもう少し別の事言えやァ!」

絹旗「モンペですか……なんでもないです!
    ……やいやい鬼ども、今日こそ私達が超退治してやりますよ!」

木原「はぁ? できるもんならやってみろよチビ」

垣根「Lv4がLv5に勝てると思ってんのか?」

土御門「青ピにだけは負ける気しないにゃー」

一方通行「よォし、ここで俺vs木原くン、チビ子vs垣根、ピアスvs土御門の勝負だァ!」


87 名前:管理人、Twitterを始める http://twitter.com/aramaki_vip2ch[saga] 投稿日:2010/04/25(日) 19:01:56.44 ID:wYyF4ZQ0
一方通行「おい冷蔵庫、土御門ォ。分かってンな? わざと負けろよォ!
      もしてめェらが勝ってガキが悲しむような事がありゃあてめェら全員ぶち殺す!」

木原「おいおい、俺にはわざと負けてくれって懇願しねぇのか? 今なら別に負けてやってもいいぜ?」

一方通行「はっ、てめェに負ける訳がねェだろうが。木原神拳は攻略済みだァ!」

木原「ほー、やっぱお前ムカツクねぇ、この手で今ぶち殺してやりてぇぜ」

一方通行「俺は全く構わねェよ。だがもしそれでてめェが死んだら、明日の鬼役が減っちまう。それだけは避けてェンでな、勝負は明日にお預けだ」

木原「チキンな一方通行はびびって逃げ出すってのかぁ!? こりゃおもしれぇな、傑作だ!」

一方通行「……勘違いしてンじゃねェぞ? あン時は打ち止めが傍にいたから血液逆流で殺そうとしたけどよォ、状況が違ェンだ。なンならこの建物ぶっ壊しててめェを生き埋めにもできンだぞ?」

木原「……ッチ」


88 名前:管理人、Twitterを始める http://twitter.com/aramaki_vip2ch[saga] 投稿日:2010/04/25(日) 19:04:54.71 ID:wYyF4ZQ0
一方通行「で、鬼を成敗ィ! 鬼は土下座して打ち止めに許しを乞え!」

土御門・垣根・木原「断る!」

一方通行「……いいンだぜ、ここでてめェら全員生き埋めにしてもよォ……」


上条「なぁミサカ」

美琴「……何よ」

上条「一方通行……もうだめかも分からんね」

美琴「……そうね」


91 名前:管理人、Twitterを始める http://twitter.com/aramaki_vip2ch[saga] 投稿日:2010/04/25(日) 19:09:45.42 ID:wYyF4ZQ0

そして当日…………

打ち止め「みんな隈が凄いってミサカはミサカはみんなの目元に注目してみる!」

一方通行「なンでもねェよ……おら、とっとと舞台に向かうぞ」

上条「Q上条さんはあの後何度そげぶしたでしょう……」

美琴「A覚えてる訳ないでしょ……」

打ち止め「今日の桃太郎凄く楽しみだなぁってミサカはミサカは主役の座であることに喜びを示してみたり!」

垣根「畜生……なんで俺が第一位なんかに……」

木原「今度木原神拳教えてやるからそう凹むんじゃねぇよ。出来るかどうかはお前次第だがな」

土御門「いやー、昨日の一方通行は凄かったにゃー……」

青髪「ほんまモンペゆうても過言ちゃうくらいやったしなぁ」


92 名前:管理人、Twitterを始める http://twitter.com/aramaki_vip2ch[saga] 投稿日:2010/04/25(日) 19:13:54.53 ID:wYyF4ZQ0
打ち止め「到着―! ってミサカはミサカは早速衣装に着替えようとしてみたり!」

一方通行「着替えンなら向こうでやれェ……俺らも着替えっとすっか……」

上条「昨日あんだけはしゃいじまったんだ、今日の客は少ないだr……」

美琴「どうしたのよ。客がいなかったりしt……」

青髪「なんなん二人とも、変な反応せんといてぇな。何があtt……」

土御門「おいおい、お前までそんな反応するんかにゃ……」

木原「……おいおいおいおいおいおいどうなってんだコレはよぉ!?」

垣根「実験の残骸どもが何千人いやがんだぁ!?」

10032号「上条当麻が出ると聞いて駆けつけましたとミサカは(ry
14150号「一方通行がいると聞いてきましたとミサかは(ry
ミサカ妹ゾロゾロゾロゾロ

一方通行「オィオィどォなってやがンだァ!? 誰がこの情報を流した奴はよォ!?」

打ち止め「ミサカじゃないってミサカはミサカは誤解を解いてみる! はっ……まさか17600号通称プロスネークの仕業じゃってミサカはミサカは頭を抱えてみたり!」

絹旗「これ何が超どうなっているんですか? 夢ですか? 私は今夢を見ているんですね?」


94 名前:管理人、Twitterを始める http://twitter.com/aramaki_vip2ch[saga] 投稿日:2010/04/25(日) 19:17:46.74 ID:wYyF4ZQ0
一方通行「っち、仕方がねェ。いまさら嘆いたって意味ねェンだよ、いつもどおりに劇をやりゃそれで成功する! 間違いねェ!」

上条「ま、まあそうだけどよ……」

『ではこれより、桃太郎の劇を始めます。静かにしてくださいとミサカは注意します』

『昔、昔、学園都市の高層マンションにお爺さんとおばあさんがいました』

ミサカ妹「!?」

『お爺さんは路地裏へそげぶしに、お婆さんは川へ日光浴をしに行きました』

上条「いいぜ、その幻想をぶち殺す! そんな幻想、俺が打ち砕いてやる! そのふざけた幻想を――ぶち壊す! そげぶ! そげぶ!」

ミサカ妹大半「きゃああああ!! そげぶです! そげぶの時代です!とミサカらは(ry

打ち止め「そげぶかっこいー! ってミサカはミサカは目を輝かしてあの人を見つめてみたり!」

一方通行(よォし三下その調子だァ……)


95 名前:管理人、Twitterを始める http://twitter.com/aramaki_vip2ch[saga] 投稿日:2010/04/25(日) 19:22:40.13 ID:wYyF4ZQ0

ミサカ妹達「……」

一方通行(チッ、客が男ばかりだと判断していたばかりに……クソッ、だがこの後ツイントメントの巻き返しでなンとかなるはずだ!)

黒子「ぅお姉さまぁああ! こんな所で何してらっしゃるのです?」

美琴「うわ、く、黒子いきなりすぎよ!」ゴニョゴニョ

黒子「全くお姉さまは……ん? なにやら観客の視線が……はぅ!?!? お姉さまがたくさん!? あ、あ、……黒子は今、天国にいますのおおおおお!!!
    おねえさまあああああああ!」

一方通行(な、あのバカ野郎がァ! 何観客席に飛び込んでんだ畜生……まァいい、そのまま続けろ超電磁砲!)

『……するとチャプンチャプン、と小さな潜水艦が川上から流れてきました』


96 名前:管理人、Twitterを始める http://twitter.com/aramaki_vip2ch[saga] 投稿日:2010/04/25(日) 19:25:39.16 ID:wYyF4ZQ0
美琴「あら、これをバラしてお金にすればいいお金になりそうね……ちょっとキツいけど持ち帰るかな」

妹達(DQNが……)

美琴(な、なによぅ……こっちは演技してるだけなのに、そんな視線投げなくたって……)

『おじいさんが路地裏から帰宅すると、机の上には小さな潜水艦が置かれてありました』

上条「ちょ、おばあさん、これは何だ?」

美琴「川で拾ったのよ。バラせばいいお小遣いになるからね」

上条「そうか、ありがとう」ナデナデ

美琴「そ、そんくらいどうって事無いわよ!/// じゃあ行くわよ、えいっ!」ビリリ

???「きゃっ、ちょっと吃驚したかなってミサカはミサカは声を出してみる!」

『おばあさんが電撃で潜水艦をバラすと、そこから小さな女の子が出てきました』

打ち止め「じゃっじゃーんってミサカはミサカは初登場!」


97 名前:管理人、Twitterを始める http://twitter.com/aramaki_vip2ch[saga] 投稿日:2010/04/25(日) 19:30:02.10 ID:wYyF4ZQ0
上条「こりゃたまげたな……潜水艦から出てきたから……」

美琴「潜水艦→海→には底がある→行き止まり→打ち止め」

上条「という事で打ち止めだ!」

1:【正義か】お前ら上条とセロリ結局どっち?【悪党か】(687)
2:こちらスネーク。上位固体と上条、セロリ+αが劇をするその5(980)
3:潜水艦→海→には底がある→行き止まり→打ち止めwwwww(230)









800:セロリたんの汗ペロペロしたいお(2)


98 名前:管理人、Twitterを始める http://twitter.com/aramaki_vip2ch[saga] 投稿日:2010/04/25(日) 19:34:25.42 ID:wYyF4ZQ0
上条「かわいいなぁ」

美琴「そうね」

上条「子どもができたらこんな感じなんだろうな」

美琴「!?!?!?あ、あんた何言って//////////」

ミサカ妹達「くぁwsrじょlp;@:「」

『~~~~それから数年の時が流れました~~~~』

打ち止め「お爺さん、お婆さん、悪さばかりをする鬼達を懲らしめてくるねってミサカはミサカは剣片手に宣言してみる!」

上条「そうか、じゃあこのキビ団子を持っていきなさい」

美琴「怪我はしないようにね?」

打ち止め「はーいってミサカはミサカは元気よく返事して家を飛び出してみる!」


99 名前:管理人、Twitterを始める http://twitter.com/aramaki_vip2ch[saga] 投稿日:2010/04/25(日) 19:38:10.73 ID:wYyF4ZQ0
青髪「お嬢ちゃん、腰につけとるキビ団子一個くれへんかな? そしたら僕が鬼退治についてったるで~!」

打ち止め「うん、お願いねってミサカはミサカはキビ団子片手に頭を下げてみたり!」

絹旗「(同じ目の視線が超怖いです……)その腰についたキビ団子超下さい! そしたら超仲間になってあげますよ」

打ち止め「えっーっと……ごめんね、1個しかあげれないってミサカはミサカはしょんぼりしてみる……」

絹旗「(背筋が超凍りました! やばい、一方通行を怒らせる前に超なんとかしなくては!)
   1個で大丈夫どころか超最高です! ありがとうございます!」

打ち止め「そう? ならいいんだけどってミサカはミサカはあなたにキビ団子を渡してみる」

一方通行「よォ」

打ち止め「あなたは犬さん? ってミサカはミサカは確認してみる!」

1:【セロリと運営が】ちょwwww劇wwww【犬と桃太郎】(580)
2:セ ロ リ は 犬 (803)


100 名前:管理人、Twitterを始める http://twitter.com/aramaki_vip2ch[saga] 投稿日:2010/04/25(日) 19:42:52.07 ID:wYyF4ZQ0
一方通行「そォだよ。その腰にあるキビ団子一個で、今ならこの俺が仲間になってやンぞ? どうする打ち止めさんよォ!」

絹旗(なんか超脅迫みたいになってますね……)

打ち止め「うん、お願いねってミサカはミサカは犬の気ぐるみのアナタも中々かわいいかなーって思ったりしてみたり!」

『かくして、犬・猿・雉を従えた打ち止めは学園都市最新の技術で作られた船に乗り鬼ヶ島に着いたのでした』

木原「よく着やがったなもぐもぐ」

垣根「絶望しろ、コr……もぐもぐ」

土御門「うまいにゃー」

『1人と3匹が見た光景は、盗んだ金品に囲まれおいしそうな飯を食べている鬼たちでした』

青髪「やいやい、そんな盗んだもんで贅沢しよって許さへんで! 覚悟しぃやあ!」

絹旗「今日こそ超退治してあげますよ!」

一方通行「死にてぇ奴はどいつだァ?」

打ち止め「今ならまだ謝って、その品を返せば許して上げれるよってミサカはミサカは実力行使の前の説得をしてみる!」


102 名前:管理人、Twitterを始める http://twitter.com/aramaki_vip2ch[saga] 投稿日:2010/04/25(日) 19:45:14.25 ID:wYyF4ZQ0
木原「はん、やなこった!」

垣根「てめぇらに負ける気はしねぇぜ?」

土御門「まあそういう事だぜい」

一方通行「じゃあ、実力行使だなァ」ニタァ

打ち止め「え、どうしたのみんなってミサカはミサカはみんなの変貌振りに驚いてみたり!」

絹旗「その邪魔な冷蔵庫超ぶっ壊してあげますよ!」

垣根「そんな程度の攻撃じゃあ俺の冷蔵庫は壊れねぇ!!」


木原「一方通行ァアアアけりつけようじゃねぇかぁコラ!!!」

一方通行「上等だコラ、今回は手加減ナシだぜェ!?」


土御門「あの二人を前だと、俺らの勝負めちゃくちゃショボイにゃー」

青髪「それゆうたらあかん!」


103 名前:管理人、Twitterを始める http://twitter.com/aramaki_vip2ch[saga] 投稿日:2010/04/25(日) 19:46:24.79 ID:wYyF4ZQ0
※こからは音声のみで暫くお楽しみ下さい※

ウォラアアアアア!!!!!!!! ソンナノチョウキキマセンネ!!! ドゴオオオオン!!!
キハラシンケン!!!! コウリャクズミダクソボケェ!!!!! バギイイイッ!!!!!
オラ! イッタイナァ! テイ! ベチ! グア! ヤルヤンケ! オマエモニャー!
オラオラオラオラオラオラオウィリイイイイイイイイ!!!!!!!!!!  ムダムダムダムダチョウムダナンデスヨ!!!!!
キハラキックウウウウ!!!!! グヘァ!? ドゴッ  ブッコロス! ボガアアアアン!!!
バキッ! グ、ヤラレタニャー セイギハカツンヤ! グハ ボクノカツヤクミテクレタカナ!?



一方通行「うォらァ!!!!」

木原「ぐはぁ……一皮向けちまって、強くなりやがったなぁ」バタ

絹旗「スーパーモアイ超パンチです!」

垣根「チッ……この冷蔵庫が壊れちまった!! クソ、今回は俺の負け……か」ドサ

青髪「正義は勝ったんや!」

土御門「ぐあー」

打ち止め「やったーミサカたちの大勝利ってミサカはミサカは大はしゃぎ!」

一方通行「ふう、ったく手間取らせやがってよォ」

青髪「僕の活躍見てくれたかな!?」

絹旗「青髪ピアスさんさっきから超キモいです……」

『そして、奪われた金品や食べ物を持って返り、打ち止めは幸せになったとさ』

ちゃんちゃん。


105 名前:管理人、Twitterを始める http://twitter.com/aramaki_vip2ch[saga] 投稿日:2010/04/25(日) 19:50:45.98 ID:wYyF4ZQ0
舞台裏

一方通行「・・・・・・・・・・・・」

一同「・・・・・・・・・・・・・・・・」

一方通行「うン、まァ、うン……取り敢えず、うン……」

上条「うん……」

一方通行「ちょっとテンションハイになりすぎちまったっつーか。おゥ……正直すまねェ」

美琴「そこに気付いただけでも合格点よ……」

木原「あーやべぇまじいてぇわ、あー頭クラクラする。やっぱガキの遊びに付き合うもんじゃねぇな……」

一方通行「まあ……今日は解散っつー事で。打ち止め自体は満足しているみてェだし。うン」

上条「じゃあまあ皆さん……」

一同「おつかれっしたー……」


~Fin~

107 名前:管理人、Twitterを始める http://twitter.com/aramaki_vip2ch[saga] 投稿日:2010/04/25(日) 19:54:01.89 ID:wYyF4ZQ0
こんな駄文で稚拙で阿呆で馬鹿で間抜けで糞で屑な俺の文章を見てくれた方に感謝の所存であります!

さて、ではシャワー浴びてきた後吊ってきます(キラッ

多分今日、というよりピカーっとひらめかない限りはネタなさそうです……。

最後は、テンション上がりすぎた一方通行が反省して回りもしんどーみたいな感じで終わってます。意味不明ですねすみませんでした。

後悔? していない。
反省? しています。

では皆さんお疲れ様でした!!! アディオス!!!!

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。