FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一方通行「入れ替わりだよってミサカはミサカは説明してみる」 風邪一方

189 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/16(金) 16:00:07.82 ID:mwNLQK.0 [2/7]
まだ200にも到達してないし放置も勿体ないから風邪一方さんSSをのんびり投下していこうと思います。

つーか一方さんって有害なもの反射してたなら風邪ひいたことないんじゃね!?
初めて風邪になったとかかわいくね!?


「…ン、……」

(今何時だ?…2時?…寝過ぎたな…。いつもなら打ち止めが起こしに来るはずだけど…)

(あァ、なんか三人で買い物だったかァ…?仕方ない、起きるか…)

「…ンゥ…、あン…?…なンだ?…身体が重い…し、痛い…?」

「筋肉痛…?…それにしちゃァ熱っぽいし…なンか頭がぼーっとするし…」

「…けほっ…、なンなンだァ?喉がちくちくするし…咳が…けほ…」

(こンなこと今まで無かったぞ…?なンだ俺…、どうなっちまってるンだァ?)


とかオロオロする一方さんかわいくね!?

190 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/16(金) 16:20:57.72 ID:mwNLQK.0 [3/7]
(頭ぼーっとするし、うまく歩けねェ…水飲みたいだけなのに…)トテ、トテ…

(…なンか病気なのかな…?こンなにつらい病気ってなンなンだろォ…。…もしかして、ホルモンバランスがおかしいから身体に異変が起きて…)

「けほっ、げほげほ…っは…、はァ…」

(すげー苦しい…、俺、死ぬのかな…?)

「………、ダメだ…ベッドに戻ろう…」

(うゥ、身体が痛い…めちゃめちゃ熱いのになンかすげェ寒ィ…、おかしいだろ…)

(なンか視界がぐるぐるしてねェか?…頭もなンも考えらンねェ…脳が狂ってるンか?)

(…すげー頬が熱い…額も…なンだよこれ…、打ち止めも芳川も黄泉川も早く帰ってこいよォ…)

191 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/16(金) 16:26:35.11 ID:mwNLQK.0 [4/7]
打ち止め「たっだいまー!ってミサカはミサカはリビングに突入ー!ってしてみたり…ってあれ?いない?」

芳川「打ち止め、この袋台所まで持って行って…ってどうしたの?」

打ち止め「あの人、まだ寝てるみたいなの。起こしてくるね!ってミサカはミサカは持ってる袋を台所に置いてあの人の部屋に向かってみたり」

黄泉川「まだ寝てるじゃん?休日だからってだらけすぎじゃんね?折角焼き肉セット買ってきたのに、怠け者には野菜しか渡さないからなー」

芳川「あの子はお肉しか食べようとしないからそれくらいがちょうどいいわよ。バランス悪すぎるわ」

198 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/16(金) 23:45:55.25 ID:mwNLQK.0 [5/7]
うわぁああwwwwwwwwwwマジで雪降ってる@東京

かっこいい一方さんがフラグ建築士になるSSはきっとたくさんあるから
俺は弱ってて保護欲煽ってくる一方さんをフラグ建築士にしようと思います。

かわいい一方さんって割と需要あるっぽいんすね。
俺も好きです。

199 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/16(金) 23:46:34.76 ID:mwNLQK.0 [6/7]
打ち止め「おっはよー寝坊助さん!ってミサカはミサカはあなたの部屋にノックなしで入ってみたり!」バターン

一方通行「………」

打ち止め「もしもしー?夕飯は焼き肉だよー?ってミサカはミサカは起きる気配のないあなたの側に寄ってみたり」

一方通行「…らすと、おーだァ…?」モソモソ

打ち止め「え…?ってミサカはミサカはあなたの弱々しい声に驚いてみる…」

一方通行「おれェ…死ンじゃう…」

打ち止め「えっ、え!?意味が解らないよってミサカはミサカはうるうるしてるあなたの表情に心底ドキドキ…じゃなくて驚いてみたり」キュン

200 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/16(金) 23:53:43.45 ID:mwNLQK.0 [7/7]
一方通行「頭、痛くて…、身体、痛くて…熱くて、動けなくてェ…、寒くて…喉痛くて…、咳が出て…ぼーっとしてて…、しンじゃう…」

打ち止め「わ、顔赤いよ!風邪ひいたの?ってミサカはミサカはあなたの額に手をあててみたり…うわ、熱い…」

一方通行「か、ぜ…?これが…?」

打ち止め「風邪じゃないの?ってミサカはミサカはなんだかいつもより数倍も幼く見えるあなたを優しく撫でてみたり」ナデナデ

一方通行「風邪、って…、こンなに…死にそう、なのに…か?」

打ち止め(撫でても怒らないなんてよっぽどつらいんだね)

一方通行「んー、ミサカも風邪ひいたことないからなぁってミサカはミサカはヨシカワとヨミカワを呼びに行ってみたり」

201 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/17(土) 00:35:49.72 ID:hRvPAIw0 [1/32]
黄泉川「風邪?」

打ち止め「うん。つらいみたいで死んじゃうーって言ってるのってミサカはミサカはもしかしたら別の病気を疑ってみたり」

芳川「そういえば最近風邪流行ってるみたいね。…あの子って今までウイルスも反射してたから免疫力がなければ風邪に対する耐性もないんじゃないかしら?」

黄泉川「ってことはもしかして風邪ひいたのが初めてってことじゃん?」

芳川「かもしれないわね。ちょっと見てみましょう」

202 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/17(土) 00:36:50.83 ID:hRvPAIw0 [2/32]
芳川「……38.6℃…、症状からして普通の風邪ね。まぁ、寝てれば治るわ」

一方通行「ホントか…?こンな…苦しいのに…か?死なないのか…?」

芳川「ふふ、ゆっくり寝てなさい。お粥作ってあげるから」

打ち止め「…で、ヨミカワはさっきから何してるの?ってミサカはミサカはスポーツドリンクをコップに注ぎながら聞いてみたり」

黄泉川「一方通行が初めて風邪をひいた様子を撮ってるじゃん。折角商店街で当てたハンディカムがあるから使わないと勿体ないし」

芳川「まぁ、確かにこんなに大人しくて弱々しいこの子は貴重だけど」


204 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/17(土) 00:59:32.67 ID:hRvPAIw0 [3/32]
一方通行「あァ、子どもの成長記録…みたいな、感じ、かァ…」

芳川「…(素でボケてる…)…重症ね…」

一方通行「…うン…?や、やっぱ俺…死ぬのか…?」

打ち止め「そういう意味じゃないんだけどってミサカはミサカは思考力の低下してるあなたにストロー付けたコップを渡してみたり」

一方通行「ァ…、ありがとう…」

芳川「この子が素直に感謝を!?…き、貴重すぎるわ…、愛穂、しっかり記録しておいて」キュン

黄泉川「任せるじゃん」ジーッ

207 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/17(土) 01:36:20.08 ID:hRvPAIw0 [5/32]
打ち止め「お粥だよーってミサカはミサカはあなたのお世話を買って出てみる」

一方通行「…食べたくない…食欲ない…」

打ち止め「でも食べないと治らないよ。薬も飲めないしってミサカはミサカは風邪薬をチラつかせながらお盆を机に置いてみたり」

一方通行「……うー」モソモソ

打ち止め「「うー」とか言わないでってミサカはミサカは観念して身体を起こそうとしてるあなたを手伝ってみたり」

一方通行「あァ、頭が重てェ…」

打ち止め「はい、あーんしてってミサカはミサカはあなたに怒られるのを承知で定番ネタを振ってみたり」

209 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/17(土) 01:38:28.42 ID:hRvPAIw0 [7/32]
一方通行「ン…」ハムッ、…モグモグ

打ち止め「!!ヨ、ヨミカワァ!!ハンディカム持ってきてぇ!!ってミサカはミサカは目の前の光景をMNWに流しつつ動揺して叫んでみたり」

一方通行「……(味ねェ…)」モグモグ

打ち止め「あ、あ…?えっと、まだ食べれそうかな?ってミサカはミサカは恐る恐る聞いてみる…」

一方通行「………」コクン

打ち止め「あわわわ、この人がこんなに素直になるなんて!風邪ってすごいのね!ってミサカはミサカはお粥を掬ってあなたに食べさせてみる」

黄泉川「ありゃりゃ、すっかり意気消沈しちゃってるじゃんね」

211 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/17(土) 02:01:30.21 ID:hRvPAIw0 [8/32]
打ち止め「やっぱり病院連れて行った方がいいかも。ってミサカはミサカはあまりにも弱気になってるこの人を心配してみたり…」

黄泉川「まー明日起きても熱が全然下がらないなら行った方がいいかもね」

一方通行「…薬飲む…もォこれいらない…。味ないし…」

黄泉川「だめじゃん。せめて半分くらいは食べるじゃん」

一方通行「…やだ…」フルフル

黄泉川「……、仕方ないなぁ。また食べたくなったらちゃんと言うじゃん?」

一方通行「解った…」

213 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/17(土) 02:03:08.93 ID:hRvPAIw0 [10/32]
黄泉川「子どもは素直が一番いいじゃん。ちゃんと薬飲んでしっかり寝とくじゃんよ」ナデナデ

打ち止め「はい、お薬ってミサカはミサカはヨミカワになでなでされてなんか気持ちよさそうにしてるあなたに嫉妬しつつ薬を渡してみる」

一方通行「アリガト…」ゴクゴク

打ち止め「うぅ~、あなたから感謝の言葉が聞けるなんてミサカはミサカは幸せ指数がものすごい勢いで上昇中だったり」キュンキュン

黄泉川「明日、病院行くのはいいんだけど、私は学校だし、桔梗も明日は出てていないじゃん」

打ち止め「タクシーで行くから大丈夫だよ。ミサカにまかせて!ってミサカはミサカは胸に手を当てて頼もしさをアピールしてみる!」

215 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/17(土) 02:16:51.62 ID:hRvPAIw0 [11/32]
翌朝。


一方通行「うそつき…」

打ち止め「ありゃ、熱あんま下がってないねってミサカはミサカは体温計の数字を眺めてみたり」

一方通行「うそつきィ…、寝てれば、けほっ、治る、って言ってたじゃねェかよォ…」ウルッ

打ち止め「な、泣いちゃダメだよ!そういうこともあるよ!ってミサカはミサカは泣きそうなあなたを必死に励ましてみたり!!」アワワワ

一方通行「大体…、寝てれば、ってェ…、身体、痛くてあンま、寝れないし…けほけほ…寝れそうだったのに咳、出て、目が覚めたり…
     部屋真っ暗で時間も、解ンないし…」

打ち止め(一人ぼっちで寂しくて構ってほしかったのかなぁ?)

216 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/17(土) 02:19:22.03 ID:hRvPAIw0 [12/32]
>>214
この路線で突っ走っても平気かな?
一方さんファンに血を逆流させられないか心配なんだけど…

217 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/17(土) 02:19:55.89 ID:hRvPAIw0 [13/32]
打ち止め「びょ、病院行く?ちゃんとしたお薬貰ったほうがいいかもねってミサカはミサカは判断を貴方にゆだねてみる」

一方通行「いくゥ…、…起きる…」ムクッ

打ち止め「はい。杖…、ミサカはタクシー手配してくるからあなたは顔洗って着替えててねってミサカはミサカは杖を差し出しながらあなたに伝えてみる」

一方通行「ン…」

打ち止め「大丈夫?ってミサカはミサカは立ち上がるあなたの顔を覗きながら声をかけてみたり…」

一方通行「大丈夫、じゃ、ないから…こほっ、病院行くンですゥ…」

219 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/17(土) 02:23:00.01 ID:hRvPAIw0 [14/32]
病院。


医者「うん、風邪だね?解熱剤をだしとくから1日3回食後に飲んでね?」

一方通行「マジでか…。風邪って、こンなに。つらい…ンだなァ…」

打ち止め「あなたってただでさえ痛みに耐性がないもんね。ってミサカはミサカはあなたの弱点を指摘してみる」

一方通行「うン…、ホント箱入りだったなァ…」ショボン

打ち止め「そ、そこはチョップでつっこみ入れるとこなのに!ってミサカはミサカは弱気になってる今のあなたを忘れてたぁ!ごめんねごめんね!」アワワ

医者「やれやれ。脳に障害が残るって伝えた時より風邪ひいたときの方が元気ないなんて不思議な子だね?
   ところで、朝食は食べたかな?その様子だと食事もしてなさそうだし、一応栄養剤を打っておこうか…」

一方通行「食べた」キッパリ


220 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/17(土) 02:23:47.81 ID:hRvPAIw0 [15/32]
医者「…………そうなのかい?」

打ち止め「食べてないよ。昨日もお粥2~3口食べただけで1日何も食べてない。ってミサカはミサカは真実を伝えるする義務があるのです(キリッと言ってみる」

一方通行「………」ダラダラダラ

医者「じゃぁ、処置室に行ってね。逃げちゃだめだよ?」

打ち止め「はぁーいってミサカはミサカは項垂れてるあなたの腕を引っ張ってみたり。ありがとぉございましたー!」

一方通行「もォやだ…」グッタリ

221 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/17(土) 02:27:15.87 ID:hRvPAIw0 [16/32]
処置室。

御坂妹「はい、では横になってください。と、ミサカは本当に風邪をひいてる一方通行をベッドに促しながら呟きます」

一方通行「あの、俺、ホント、注射とか…いらないンで…けほっ」

打ち止め「あの、せっかくボケてくれたとこ悪いけど、この人熱のせいかいつもの一方通行じゃないから
     ってミサカはミサカは渾身のボケをスルーされてがっくりしてる10032号をフォローしてみたり」

御坂妹「折角ナース服まで着たのに残念です。つまらないのであなたが着てくださいとミサカは予備のナース服を一方通行に渡します」

一方通行「…あ、はい…着れば…いいンですね…」ヌギヌギ

打ち止め「ダメー!!なんか似合いそうな気がするけど!ってミサカはミサカは昨日より正常な判断が出来てないあなたに警告してみたり!!」

222 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/17(土) 02:28:38.06 ID:hRvPAIw0 [17/32]
御坂妹「これは、本当に重症のようですね。とミサカはボケなしで本物の看護師さんを招きいれます」

看護師「はい、じゃぁ少しチクっとしますよー」

一方通行「……」ガクガクブルブル

看護師「……、あの、もう少し力抜いてね…?」

打ち止め「すみません、この子って本当に箱入りで痛いのとか全然慣れてないんで!ってミサカはミサカはあなたのお母さんのようになりながら看護師さんに謝ってみる」

御坂妹「ものすごい勢いで顔を反らしてますね。ではミサカが実況してあげましょう。落ち着こうと深呼吸を繰り返す一方通行。これが学園都市第一位の今の姿です。
    胸元に手をやり力を抜こうと必死な様子が嫌でも伝わってきますね。さぁ、そんな一方通行の白くてほっそい腕に注射針が近づきます。
    血管が見やすいので打ちやすそうですね。あと5センチ、4センチ…さぁ、その切っ先がいよいよもって一方通行の腕を貫」

一方通行「うァァァァああああああン!!!ごめンなさいィ!許してくださいーッ!!」バタバタバタバタ

224 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/17(土) 02:33:49.17 ID:hRvPAIw0 [18/32]
***

打ち止め「はぁ…点滴打つまでに20分もかかるなんて…ってミサカはミサカは最終的にマジ泣きしてたこの人を見ながら少し呆れてみたり…」ハァ

御坂妹「みさか☆ちゃんねるでは、もう「【ドキドキ】セロリの点滴実況【お注射☆】」スレがパート3まで行ってしまいましたね、とミサカは気絶してる一方通行を見ながら実況中なう」

打ち止め「電撃で気絶させなかったらまだ打ててなかったかもってミサカはミサカはこの人の駄々のこね方の凄まじさにちょっと疲れ気味」

御坂妹「あ、点滴ももう終わったみたいですね。看護師さん、この白いのが気絶してるうちにさっさと抜いちゃってください、とミサカは看護師さんを手招きします」



一方通行「…ン、…ァれ…?」

打ち止め「点滴終わったよってミサカはミサカはやっと目が覚めたあなたに報告してみたり」

225 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/17(土) 02:41:16.80 ID:hRvPAIw0 [19/32]
一方通行「…あ、頭、痛い…、全然、良くならない…」フラフラ

打ち止め「さっきあれだけ暴れたんだもん。仕方ないよってミサカはミサカは本当に足取りが危なっかしいあなたを支えながらタクシーに押し込んでみたり」

一方通行「やっぱ、俺…このまま治らないで…死んじゃうンだ…」

打ち止め「点滴打ったとこ揉んじゃダメ!腫れちゃうよってミサカはミサカはあなたの手を抑えてみる」

一方通行「ごめンなさい…」

打ち止め「うー、素直に謝られると怒れないなぁってミサカはミサカはこの人の無自覚の素直さに保護欲を煽られまくってみたり…」

226 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/17(土) 02:41:50.32 ID:hRvPAIw0 [20/32]
マンション前。


美琴「あれ?」

美琴「打ち止め…、と一方通行?そんなとこに座り込んでなにしてるの?」

打ち止め「お姉様!ちょうどいいところに!ってミサカはミサカはこの状況を打破してくれそうな頼もしい存在の登場に喜んでみたり!」

美琴「え?」

打ち止め「あのね、この人風邪ひいて、今病院の帰りなんだけど…どうにも車に酔っちゃったみたいで、お家まで歩けないみたいなの。
     ってミサカはミサカはこの人の背中を擦りながらお姉様を縋る様な目で見つめてみたり」

美琴「あらー…ってそれは私にもどうにも出来ないかなぁ…?アンタ立てないの?」

227 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/17(土) 02:44:48.69 ID:hRvPAIw0 [21/32]
>>218
可愛い一方さんがフラグ乱立していく話です

>>223
注射好きってMじゃね?って俺は思うんですよ
この一方さんは俺が憑依してます。ちなみに俺Sね?

228 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/17(土) 02:45:34.44 ID:hRvPAIw0 [22/32]
一方通行「…れェるがン…?」トローン

美琴「…ッ!!?」ズザザザッ

打ち止め「お、お姉様どうしたの!?ってミサカはミサカは突然ものすごい勢いで後ずさりしたお姉様に驚いてみたり」

美琴「なにそのとろんとした邪気のない目付きの一方通行は!!」ドキドキ

打ち止め「え、えっと、この人風邪ひいたの初めてで熱もあるせいかすっごく弱ってて思考力も低下してていつもより素直になってるみたいなの。
     ってミサカはミサカはなぜか赤面してるお姉様に嫌な予感を覚えつつ教えてみたり」

美琴「………、か、噛んだりしないよね?」ドキドキ

打ち止め「犬じゃないんだからーってミサカはミサカは苦笑いしてみる」

229 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/17(土) 02:47:20.42 ID:hRvPAIw0 [23/32]
美琴「…ちょっと、おでこ失礼。…あ、ホントだ。かなり熱いわね。大丈夫?」

一方通行「ァ、…それェ、冷たくて気持ちいィ…」

美琴「…!!」キュン

美琴「わっ、わわ私今手冷たいからね!左手もくっつけてあげようかっ!?」ピタッ

一方通行「ひゃ…、あー…ひンやりしてる、ありがとォ…れェるがン…」

美琴(や、やだなにこれ、こいつは妹達を1万人近く殺してきた私の敵なのよ…!!)ドキドキ

打ち止め「お、お姉様ぁ~ってミサカはミサカはさっきからこの人をじっと見てるお姉様に話しかけてみたり…」

231 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/17(土) 02:48:46.13 ID:hRvPAIw0 [24/32]
美琴(なのに、どうしてなの!…一方通行が可愛い…!すごく守ってあげたい気持ちになるわ…!!)

打ち止め「お、姉、様ぁあああ!!ってミサカはミサカはなんだか嫌な予感がして叫んでみたり!!」

美琴「…はっ!?…わ、私…私…!?」ドキドキ

打ち止め「お姉様しっかりして!そしてこの人を運んで!ってミサカはミサカはお姉様を揺さぶりながら現実に呼び戻してみたり!!」

美琴「そ、そうよ、こ、こいつはあの一方通行なのよ!ちょっと上目遣いが可愛いからって…!」

一方通行「あれ…?れェるがン…もう、…こほっ、…終わり、なのか…?」ショボン

美琴「あぁあ、ごめん、ごめんね!はいっ、これでいいかしら!?」ピタッ

232 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/17(土) 02:49:32.57 ID:hRvPAIw0 [25/32]
打ち止め「お姉様ぁー!ってミサカはミサカはこの人を取られちゃいそうでハラハラしてみたりぃい!」

美琴「ごめん、ごめんね打ち止め!解ってるつもりなんだけど、どうしてもこの目で見つめられたら放っておけないっていうか…!!」

打ち止め「もーっ!ってミサカはミサカは悔しいからお姉様にくっついてみるぅ!」ピタッ

美琴「あはは、打ち止めったら…。って、えっと、アンタ立てないんだっけ?」

一方通行「無理…、頭ぐるぐるしてて…、力、入らねェ…」

美琴「んー…さすがに私じゃアンタを担げないし…」

242 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/17(土) 14:30:06.04 ID:hRvPAIw0 [27/32]

美琴「…助っ人を呼びましょうか」

打ち止め「え?ってミサカはミサカは急に立ちあがるお姉様を見上げてみたり…」

美琴「あー、あー…ゴホン。行くわよ…」



美琴「黒子ぉおおー!!!早く来てぇええええ!!!」



黒子「お、おおおおおおお呼びですかお姉様ぁあああああん!!!」ヒュン

打ち止め(えー…?)

243 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/17(土) 15:16:25.90 ID:hRvPAIw0 [28/32]
美琴「ありゃ、すごい。最短記録更新ね」

黒子「この白井黒子には天然もののお姉様探知センサーが備わってますの!」

美琴「役に立つんだか立たないんだか…。で、そうそう、呼んだ理由なんだけど…」

打ち止め「この人をお部屋まで連れて行ってほしいのってミサカはミサカはジャッジメントのお姉ちゃんにお願いしてみる」

黒子「この人…、まぁまぁ、第一位の一方通行さんではありませんの?」

美琴「なんか、具合悪くて立てないのよ。あんたの能力で運んでやってくれない?」

244 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/17(土) 16:28:44.72 ID:hRvPAIw0 [29/32]
黒子「えぇ、お姉様のお願いなら喜んで…、一方通行さん?ちょっとテレポートしますけどよろしくて?」

一方通行「…へ?…あ、ジャッジメントの…?」キョトン

黒子「はっ?……お、お姉様、どういうことなんですのこれ?別人じゃありませんの?なんだか少女漫画みたいなキラキラ効果が見えたのですが…」ドキドキ

美琴「だ、だめよ!今のこいつに目を合わせたら保護欲を刺激されるだけよ!!しっかりして黒子!!」

黒子「わ、わたくしはお姉様一筋ですの!その気持ちが簡単に揺るぐわけ…」

一方通行「空間、移動って…、その、酔うン、ですかァ…?」

黒子「えっ、あ、…えっと、やや負荷が掛かるような気がしないでもないような感じなのですわねぇ…」ドキドキ


245 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/17(土) 16:29:34.52 ID:hRvPAIw0 [30/32]
一方通行「そォ、ですか…」シュン

黒子「だ、だだだ、大丈夫ですのよ!!黒子が!黒子が必ずやあなたをお部屋まで連れて行って差し上げますわ!!」

一方通行「俺ェ、…今、頭ぐるぐるしてて…もォ、マジで…気持ち悪くて……」キュッ

打ち止め「なっ、そこでどうしてお姉ちゃんのスカートの裾つまんでるのってミサカはミサカは新たな犠牲者の発生を予感してみたりぃ!!」

一方通行「出来れば…空間、移動以外が…いいンだけどォ……ダメ、かなァ…?」シュン

黒子「…!!」キュン

美琴「そ、それ私のセリフ…」

246 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/17(土) 16:31:58.46 ID:hRvPAIw0 [31/32]
黒子「ふっ、ふふふ、うふふふふふ…」

打ち止め「お、お姉ちゃん…?ってミサカはミサカは小刻みに揺れ始めたお姉ちゃんにちょっと恐怖してみたり…」

黒子「この白井黒子!!見くびってもらっては困りますの!!だてに風紀委員やってませんわ!!さぁさ!一方通行さんお手をどうぞ!!」

一方通行「どうも…」

黒子「はぁああああああー!!」

美琴「くっ、黒子…」

打ち止め「す、すごい…!この人がいくらひょろひょろのもやしだからってまさか抱えてしまうなんて!てゆーか何ゆえお姫様だっこ!?
     ってミサカはミサカは目の前の違和感ありまくりの光景から目が離せなかったり!!」

261 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/18(日) 01:10:07.19 ID:WZNQxnw0 [2/41]
黒子「ふふふ、思ってたより全然軽いですわ!!黒子は決めましたの!お姉様を慕い一方通行さんを愛でる!今後はこの方針でやっていきますの!!」

打ち止め「あぁぁ、また新たな犠牲者がってミサカはミサカはマンションに入っていくお姉ちゃんを追いかけてみたり!待ってーロック解除するからー!」

美琴「…そっか、黒子でも抱えられるなら私にも出来たかも…って、いやいや、別に私は…」ブンブン

黒子「一方通行さん、大丈夫ですか、苦しくないですか?」ハァハァ

一方通行「あァ、なンかすっげェ楽…ありがとォございますゥ…」

黒子「いいんですの!いいんですのよ!!!弱きを助けるのが風紀委員の仕事!そして黒子の信条ですの!!」

美琴「いや、弱きって…」

262 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/18(日) 01:17:48.82 ID:WZNQxnw0 [3/41]
打ち止め「でも、さっきより顔色良くなってるかも。ふわふわしてて気持ちいいのかもねってミサカはミサカはぽけーっとしてるあなたの顔を覗きこんだり」

美琴「はい13階到着。打ち止め、部屋まで案内してね」

打ち止め「はぁーいってミサカはミサカはエレベーターから先陣切って飛び出してみたり!」

美琴「転ばないようにねーって黒子?どうしたの立ち止まって…ひっ!?」

黒子「ふふふふ、今までこの方の顔をしっかり見たことはありませんでしたが…あぁ、なんてすべすべでキメ細かい美しい肌なんでしょう!!
   今まで有害物は全て反射していたということは世界で一番何物にも侵されていない究極の美しさではありませんの!?
   そして、この神秘的なまでの白さと対極したまるでルビーのような美しさの赤い瞳!!ルビーの宝石言葉は情熱ですのよ!
   あぁ、今黒子はあなたのその熱に侵され蒸気した頬、そして潤んだルビーの瞳に情熱的に萌えておりますわ!!そして宝石のメッセージはトラブル。
   あなたはきっとこれからも数々のトラブルに見舞われるかもしれませんわ!しかし安心して下さいまし!この黒子が!あなたを守ってみせますのよ!!!」ハァハァハァハァ

一方通行「…?…あの、なンか、…どうも…ありがとォ…」

黒子「いえ、お気になさらずッ!!!」キリッ

美琴「………スイッチ、入っちゃったわね…」

264 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/18(日) 01:35:29.02 ID:WZNQxnw0 [4/41]
打ち止め「入って入ってーってミサカはミサカはスリッパをせっせと出しながら二人を招き入れてみたり!」

美琴「お邪魔しますー。うわー、さすが高級マンション…広ーい…」

打ち止め「この人のお部屋はこっちだよーってミサカはミサカはあなたのお部屋の扉を開けてみる」

黒子「到着ですわよ一方通行さん。さぁ、ゆっくりお休みくださいまし!」

美琴「案外普通の部屋ね。何もない殺風景な部屋を想像してたんだけど…あ、CD発見ー♪音楽聞くのね。何から何まで意外だわ。どれ、どんな曲を…」

黒子「ケツメ、バンプ、KAT-TUNはすでに情報ありますので、その辺じゃないでしょうか?」ワクワク

美琴「なっ…これは、意外ね…」

266 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/18(日) 01:54:42.04 ID:WZNQxnw0 [5/41]
黒子「なんですの!?クラシックとかアニソンとかですの!?」

打ち止め「そっ、それはちょっと意外を通り越して怖いかもってミサカはミサカはアニソンを聞いてるあなたを想像して頭を抱えてみたり…」ウググ

美琴「宇多田ヒカル…、しかもCDはフルコンプだし、PV集もライブDVDも揃ってる…洋楽の方は日本発売盤と輸入盤まで…!
   しかも特別編集版が入ってるゲームのサントラまで買ってるわ!そしてその全てがスリーブに入っている!!」

黒子「そっ、…それは…さすがにちょっと…驚きますわね…。これ、ぼくはくまのこのドピンクのCDを持ってレジに並ぶ一方通行…」

一方通行「………いいじゃ、ねェかよォ…。俺だって…似合わないのは、わか、解って…」ウルッ

美琴「ちっ、違うのよ!確かに意外だったけどホント!宇多田ヒカルはすごくいいわよね!!日本が誇る歌姫だもんね!!わ、私ももちろん好きよ!!」

黒子「くっ、黒子ももちろん彼女の音楽は素晴らしいと思いますわ!!むしろ日本国民としては彼女の音楽を聞くのは義務のようなものですわよね!!」

272 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/18(日) 02:16:11.86 ID:WZNQxnw0 [8/41]
一方通行「…、いや、もォ、フォローとか…いいンで…。どうせ、俺みたいなクズが彼女の音楽聞くなンて…彼女を汚してるも同然で…」ボフッ

打ち止め「そっ、そんなことないよ!音楽は人の心を癒してくれるんだよ!ってミサカはミサカは枕に顔を埋めて震えてるあなたを励ましてみる!」

美琴「だ、誰だって音楽は聞くわよ!NO MUSIC NO LIFEって言葉があるじゃない!あ、あぁ、そうだ!お昼ご飯どうしよう!?ねっ、黒子!」アワワワ

黒子「そっ、そうですわね!もうこんな時間ですわ!!」オロオロ

打ち止め「あ、あなたはご飯食べれる?解熱剤貰ったから飲んだ方がいいのかなってミサカはミサカは話題転換してみたり!」

一方通行「…うゥ…、食べる…けほっ…味あるのが、いい…」

274 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/18(日) 02:39:23.86 ID:WZNQxnw0 [10/41]
美琴「私、野菜スープとか作ろうか?」

打ち止め「えっと、気持ちは嬉しいんだけどーってミサカはミサカはひきつった笑顔をお姉様に向けてみたり…」


キッチンに移動。


黒子「さすがに…」

美琴「これは、ないわ…」

打ち止め「だから、この家でヨミカワ以外の人が調理するのは難しいかもーってミサカはミサカは固まってる二人を見てみたり」

276 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/18(日) 02:50:34.87 ID:WZNQxnw0 [11/41]
美琴「なんなのこの炊飯器パレードは!?そして他の調理器具は軒並み新品同然!ありえない!ありえないわ!!」

黒子「炊飯器は確かに色々使えるらしいですが…。というか、大変ですわよお姉様…。お鍋が存在しませんの」

美琴「いや、レベル5としてここで引き下がるわけには…!そして何よりお腹空かせてる子を放っておけないわ!!」

黒子「…材料は…、まぁ、少し足りないものもありますが、なんとかなるでしょう…。しかたありません、お鍋を買ってきましょう…」

打ち止め「うーん、なんかごめんねぇーってミサカはミサカは謝罪しつつこのやりとりをヨミカワに見せたいなぁって思ってみたり」

美琴「私、足りない材料とお鍋買ってくるから黒子と打ち止めは野菜切ってて。怪我しないようにね」

黒子「お任せ下さいまし!お姉様と打ち止めさんとこの黒子の愛の共同作業ですのね!!」

282 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/18(日) 03:47:32.46 ID:WZNQxnw0 [14/41]
***

美琴「さて、お鍋は買ったけど…お鍋はあと何を入れようかなぁ…」

美琴「あいつ、もやしな見た目通り食生活偏ってそうよね。肉好きらしいけど、…もやし言われてるの気にしてるのかしら?」

美琴「あのくらい病弱で控えめで謙虚な方が敵を増やすどころか味方を増やしていきそうなのにねー…っと、カボチャとか入れたらおいしそうね」

美琴「ついでに私たちもまとめて昼食作らせてもらおうかな。キッチン自由に使っていいって打ち止めが保護者に了解取ってたし」

美琴「ふふー、なんかこーいう買い物って楽しいなぁ~♪あいつがよくスーパーに行ってるけど確かにハマりそうかも」

上条「別に俺は楽しくて買い物してるわけじゃないんだけどな…」

292 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/18(日) 17:31:13.08 ID:WZNQxnw0 [17/41]
美琴「えー、でもセールがどうのこうのってしょっちゅう…、………って、な、なんであんたがここに!!?」

上条「買い物に」

美琴「そ、そりゃそうよね…」

上条「で、常盤台のお嬢様がこんなスーパーで何してるんだ?」

美琴「買い物!」

上条「はいはい。ん?ってことは料理すんのか?」

294 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/18(日) 17:40:04.50 ID:WZNQxnw0 [18/41]
美琴「そうよ。こ の 私 が !作るのよ!」ドン

上条「あー、そういや前に結構うまいとか言ってたっけな…。何作るんだ?」

美琴「え?野菜スープと、あっちでパン買ってスクランブルエッグはさんで食べようかなぁーって」

上条「あぁー、それもうまそうだなぁ…」

美琴(も、もしかしてこれってチャンスなんじゃない!?)キュピーン

美琴(私の手料理を食べさせて前に私を侮辱したことを後悔させて、そして私をもう少し女の子として…!!)

296 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/18(日) 18:05:06.65 ID:WZNQxnw0 [20/41]
上条「んー、今日はインデックスの心配もいらないし…量より質にこだわって高騰してて手の出しにくい野菜を…うーん…」

美琴「ね、ねぇ…!」

上条「ん?」

美琴「あ、あんた、…どうせだから私の作った料理、食べて、みない…?」ドキドキドキ

上条「へ?…いいのか!?」ズイッ

美琴「ひぇあ!?あっ、か、勘違いしないでよね!!あんたが前に私の料理の腕を疑ってたからその疑惑を晴らすためよっ!!」

美琴(あぁああああああ、素直じゃない私ばかー!!!余計なひと言ばかー!!!)

298 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/18(日) 18:11:23.30 ID:WZNQxnw0 [21/41]
上条「はははは、それは俺も悪かったって、あ、そっちの荷物重いだろ?持ってやるよ!(気が変わらないうちに媚び売っとこう!)」

美琴「えっ、あ、ありがとう…(やだ、優しい…)」ドキドキ

上条「いやー助かったよ、最近は野菜も高騰してて手が出しにくいし貧乏学生にゃきついよなー。ほら、カゴも持ってやるって」ヒョイ

美琴「あ、わ、悪いわね…!!」

上条「で、他には何買うんだ?」

美琴「え、えっと…!!」

299 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/18(日) 18:15:02.15 ID:WZNQxnw0 [22/41]
黄泉川宅。

黒子「で、調子に乗ってビーフシチューの材料まで買ってきたというわけですの?」

美琴「だってぇ…」

上条「はー、一方通行が風邪でお前たちが看病ねー、何から何まで意外だわ」

打ち止め「色々事情があってねーってミサカはミサカははぐらかしつつあなたを御もてなししてみたり」

上条「お構いなく。っと、とりあえず俺も一方通行に挨拶してくるわ」

美琴「あ、うん……って、だ、ダメぇええええ!!!それはだめぇぇぇえええ!!」

300 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/18(日) 18:32:18.48 ID:WZNQxnw0 [23/41]
上条「え?…なんで…?」

美琴「いや、えっと…えーっと…」

美琴(うぅぅ、あいつを敵だと思ってた私や果てはあの黒子まであいつにときめいちゃったのよ…、さ、最悪あんたまで…あいつに…)

美琴「ほっ、ほら!さっきまで病院行ってて疲れてるからそっとしておいてあげた方がいいかなぁーって、あははは…」

上条「あぁ、それもそうだな…じゃ、上条さんは打ち止めと遊びながらこっちで待ってるわ」

美琴「うん、ごゆっくりぃ~………、はぁ、危なかった…」

302 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/18(日) 18:43:27.88 ID:WZNQxnw0 [24/41]
黒子「ところでお姉様、ビーフシチューって煮込む時間が必要ですのよ?お肉を柔らかくしないといけませんから…」

美琴「え?だからとりあえずこの一番高いお肉買ってきたんだけど?柔らかそうじゃない?」

黒子「まぁ、このお肉なら元の質が良いですから…」

美琴「あと、私の電気でこう、柔らかく出来そうじゃない?」ビリビリ

黒子「まぁ、~そして一時間後~とかテロップ流しておけば完成してるのがお約束ですわね。」

美琴「でしょ?意外と出来るもんよ?あとは愛でカバー!よーし!野菜スープもおいしいの作るわよー!」

黒子「っていうか野菜スープがメインですからね!!」

308 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/18(日) 21:41:05.72 ID:WZNQxnw0 [27/41]
~そして30分後~


美琴「よっし、先に野菜スープは完成させたし、あいつに食べさせてる間にビーフシチュー煮込ませとこうか!」

黒子「圧力鍋があったのが幸いですわね…と、一方通行さんのとこへは黒子が行きますわ」

美琴「いいわよ、私が行くわよ」

打ち止め「あ、あの人のご飯出来たの?じゃぁ、ミサカが行くってミサカはミサカは手を伸ばしてお盆バッチコイ!ってスタンバってみる」

黒子「いえいえ、ここは黒子が…お姉様と打ち止めさんは上条さんとビーフシチューを見てて下さいな!アク取りとか必要ですのよ」ジリジリ

美琴「あいつとはこれから一緒に食事するからいいのよ。あんたこそ少し休憩してれば?あいつ抱えてたし疲れたでしょ?」ジリジリ

打ち止め「あの人のお世話はミサカがするからお姉様たちはお鍋を見張っててほしいかなってミサカはミサカは負けられない女の闘いを感じて立ち向かってみる」ジリジリ


309 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/18(日) 22:02:00.24 ID:WZNQxnw0 [28/41]
上条「ん?あいつに飯食わせに行くのか?じゃー上条さんが鍋見てますから3人で行って来いよ。タダで食わしてもらうんだしこれくらいするぜ」


打ち止め・美琴・黒子「「「あぁ、どうも…」」」


***

打ち止め「ご飯出来たよーってミサカはミサカは結局3人であなたの部屋に押し掛けてみたり…」ムスッ

一方通行「………」スヤスヤ

美琴「寝てる…って、こいつ…寝顔が…」ドキッ

黒子「寝顔が、寝顔が…!普段のあの無愛想で笑ったかと思えばとてつもなく凶悪な笑顔だったりで有名な一方通行さんが…
   こんな、こんな子どもらしい寝顔を…!!邪気のないまるで天使のような寝顔なのに風邪のせいでやや苦しそうに汗を滲ませてる姿がまた…」ハァハァハァハァ

打ち止め「この人の寝顔って実はこんなに可愛いんだよーってミサカはミサカはこの寝顔を毎日見れるミサカの特権を自慢してみたり!」エッヘン

美琴「熱少しは下がったかしら?」ピトッ

310 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/18(日) 22:09:19.37 ID:WZNQxnw0 [29/41]

美琴「うーん、…あんま変わってない気がするわ」

一方通行「…冷、たい…」

美琴「あ、ごめん、さっき洗い物してたから…っ」パッ

一方通行「ァ、…それ、そのまま……が、いい…」

美琴「も、もちろんよ!!」シュバ ピタッ

一方通行「はゥ…気持ちいー…」

打ち止め「ご飯だよーってミサカはミサカはお布団の端をぎゅって握ってるあなたの傍によってみたり」

311 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/18(日) 22:18:38.95 ID:WZNQxnw0 [30/41]
打ち止め「起きれる?ってミサカはミサカは小首を傾げてあなたに微笑んでみる」

一方通行「あァ…けほっ…ン…」

黒子「さぁ、どうぞお召し上がりくださいな♪黒子が食べさせてあげますの♪」

一方通行「あ…どォも…」パクッ モキュモキュ

黒子「………ッ!!」キュン

一方通行「……おいしィ…」モニュモニュ

312 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/18(日) 22:27:18.78 ID:WZNQxnw0 [31/41]
黒子「唇が!!一方通行さんの唇がっ!柔らかそうですの!真っ白なのに唇がほんのり淡い桜色ですの!しかも食べる瞬間吐息が!少し熱っぽい吐息が!!
   あぁ、寸前で伏せられたまぶたから伸びる長いまつげが美しいんですのぉぉ!!」ハァハァハァ

美琴「黒子、気持ちは解るけど少し落ち着きなさい…」

黒子「はっ、あ、…すすみませんお姉様私としたことが…」ハァハァ

一方通行「…なンか、息荒いけど…、もしかして…うつしちまった…のか…?」シュン

黒子「そうじゃありませんのよ!あなたはもうこれ以上罪を被る必要はないんですのぉぉお!」

美琴「はいはい、あんたが食べさせてたんじゃ日が暮れちゃうわ…ほら、まだ食べるでしょ、一方通行」

一方通行「うン」コクン

313 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/18(日) 22:39:49.75 ID:WZNQxnw0 [32/41]
美琴「ちなみに私たちなら心配しなくていいわよ。学業に専念するため予防接種とか結構受けさせられるのよ。だからあんま風邪とかひかないのよね。
   打ち止めも調整とかで予防接種してるみたいだし…はい、口あけて」

一方通行「ふゥン…」モニュモニュ

打ち止め「ミサカも、ミサカもこの人に「あーん」してあげたい!ってミサカはミサカはお姉様にねだってみたりぃぃー」

美琴「よしよし、じゃー、ここに座りなさい」ポンポン

打ち止め「はぁーいってミサカはミサカはお姉様の太ももに座ってみたり。えへへー姉妹みたい♪」

美琴「ん、零さないようにね」ニコニコ

314 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/18(日) 22:49:51.34 ID:WZNQxnw0 [33/41]
黒子「あぁ、ここは天国ですの?お姉様と仲睦ましそうに戯れる小さいお姉様、そして介抱されなすがままの一方通行さん…!」

美琴「黒子ー薬取ってー」

黒子「イエッサァー!!」

打ち止め「えっと、食後にこの錠剤と粉薬を一つずつ…だって、はいお水ってミサカはミサカはあなたにお水とお薬を手渡してみる」

一方通行「…苦いン、だろうなァ…」

美琴「良薬口に苦し。しょうがないわよ。それにあんたいっつもコーヒー飲んでるじゃない」

315 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/18(日) 23:04:00.76 ID:WZNQxnw0 [34/41]
一方通行「それとこれとは…根本的に、っていうか…」ゴニョゴニョ

黒子「案外味覚は子どもなんじゃないんですの?」

美琴「あー、それはありそうね。かっこつけてるだけって感じもするし」

打ち止め「確かにこの人ミサカと同じでハンバーグとか出てくると少し目がキラキラするよってミサカはミサカはその子ども味覚説を肯定してみる」

一方通行「………ッ」ウルッ

打ち止め・美琴・黒子「「「でっ、でもハンバーグとかおいしいもんね!!」」」アワワワ

320 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/18(日) 23:26:59.36 ID:WZNQxnw0 [35/41]
打ち止め「お、お薬って苦くて普通慣れないよねっ!ミサカも苦手だよってミサカはミサカは俯いてるあなたを励ましてみたり!!」

黒子「そうですわよね!二十歳すぎても注射にビクビクしたり薬苦くて悶えたり夕飯がハンバーグで「イェーイ!」とかいう人間だっているんですのよ!」

美琴「そうそう!あんたなんかまだ全然普通よ普通!自信持っていいわよ!ねっ!」

一方通行「……うン……」コク

打ち止め・美琴・黒子(((あぁ、もう可愛いなちくしょう!)))

美琴「それじゃ私たちもお昼食べてくるから…、また寝ててちょうだい」

323 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/18(日) 23:36:48.22 ID:WZNQxnw0 [37/41]
上条「お、おかえり。こっちもそろそろいい感じだぞ?はぁーこんな高級肉が食べれるなんて…生きてて良かった…」

打ち止め「ホントだーいい匂いー♪ってミサカはミサカはお鼻をすんすんさせてみたり」

美琴「おいしそー!よーしパンも焼いちゃおうか!」

黒子「では黒子はスクランブルエッグを作りましょう」


ワイワイキャッキャ

324 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/18(日) 23:42:05.77 ID:WZNQxnw0 [38/41]
ガヤガヤ


一方通行「………」ショボーン

一方通行(別に…、楽しそうとか…思ってねェもン…)

一方通行(心細いとか…思ってねェもン…)

一方通行(俺、強いもン…今まで一人だったしィ…)

一方通行(あァ、なンか頭ぼーっとするのに寝過ぎて眠くないや…)

一方通行(…向こう行ったら構ってもらえるかなァ…、いや、その前に一人じゃ動けないし…)

330 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/18(日) 23:50:09.72 ID:WZNQxnw0 [39/41]
一方通行「……、けほけほっ…」

一方通行(喉痛いし、頭も締め付けられるようだし、関節は痛いし、なんか膨張してるみたいに熱いし…目の前霞ンでるし…)

一方通行(これ、いつまで続くンだろ…さっきれェるがンも熱下がってないって言ってたし…)

一方通行「……風邪でも、こじらせたら…死ンじゃうのかな…」

一方通行「…………」シュン


カチャ

332 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/18(日) 23:58:32.40 ID:WZNQxnw0 [41/41]
一方通行(打ち止め…か?)ボーッ

上条「あれ?また間違えた…、はー…」

一方通行「………?」

上条「ん?…あ、お前の部屋だったのか…、悪いなちょっと上がらせてもらってるぜ」

一方通行「………はァ…?」

上条「で、具合はどうだ?まぁ、風邪なら2~3日もすりゃ治るって!」

一方通行(逆光でよく見えない…)

334 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/19(月) 00:05:46.10 ID:OGlFdHM0 [1/48]
上条「しっかり寝て早く治せよ。じゃーな!」

ギュッ

上条「へ?どうしたんですか?服の裾なんか掴んで…?」

一方通行「…もう、行っちゃう…のか?(せっかく誰か来たのに…)」

上条「!?」ドキッ

一方通行「…なァ…?」

上条「ッ!!?お、俺…えっと、まだ飯残ってるから!!」バッ

パタパタ パタン…

336 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/19(月) 00:12:12.64 ID:OGlFdHM0 [3/48]
一方通行「ァ…」

一方通行(………また一人ぼっちか…)

一方通行(……ところで、あれ、誰だったンだろォ…?)


***

打ち止め「みんなを送ってくるねーってミサカはミサカはぼんやりしてるあなたを伝えてみたり…」

一方通行「ン…気をつけろよ…」

打ち止め「大丈夫だよー。あなたもちゃんとお水とか飲んでる?ってミサカはミサカは水分補給の大切さを訴えてみたり」

一方通行「だいじょォぶ」

338 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/19(月) 00:22:43.94 ID:OGlFdHM0 [4/48]
ガチャガチャ パタン


一方通行(………、はァ…頑張って目を瞑ってれば寝れるかも…)


prrrrr


一方通行「…、電話…?けほっ、俺のか…。机…腕伸ばせば届くか…」

一方通行「ンっ、あと、少しで…届…く…」グググッ

一方通行「…っ!?」ズベッ

一方通行「…ッ痛ゥ…!はい…もしも…」

339 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/19(月) 00:23:18.48 ID:OGlFdHM0 [5/48]
土御門「一方通行、遅刻か?それともまだ寝てるのか?一応グループにもそれなりにルールはあるんだから守ってほしいんだが?」

一方通行『……悪ィ…けほっ、こほ…』

土御門「…?どうした?なんか音がこもってるが一人で残業でもしてるのか?」

結標「あらま。仕事熱心なことで」

海原「しかし、それでこの大事な仕事に遅れるのはどうなんでしょうね」

土御門「……様子が変だな…」

347 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/19(月) 00:39:38.20 ID:OGlFdHM0 [7/48]

一方通行『……、悪いが…今日は…行けない…』

土御門「理由は?」

一方通行『う…、…か…風邪…ひいた…』

土御門「風邪ぇ?」

結標「はぁ?」

海原「へぇ…?」


348 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/19(月) 00:40:46.30 ID:OGlFdHM0 [8/48]
土御門「おいおい、冗談きついぜ?あの一方通行が風邪?」

一方通行『だから、そう言って…けほ…あンま、喋らせるなァ…マジで、喉痛い…』

結標「えー、ホント?どんな感じなの?私も聞きたいんだけど…」ズイッ

海原「自分も興味あります。ちょっと聞き耳立てさせてもらいますね」ズイッ

土御門「いや、これはマジっぽいにゃー…」

一方通行『だからァ…、もォ、…昨日からずっと…熱下がン、なくて…ごほっ…解って、くれよォ…』

350 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/19(月) 00:48:20.63 ID:OGlFdHM0 [9/48]
海原「これは…どうなんでしょう…、すでに別人なんですけど…」

土御門「つーかこれ、電話口で泣いてないか?」

一方通行『なっ、泣いてなンか…ねェよ!…あンまりにも…熱下がンないから、その、ちょっと…不安っていうか…』

結標「ちょっ、なにこれなにこれ!これがあの一方通行!?やだ、ねぇちょっとテレビ電話にしてよ!」キュン

土御門「落ち着くにゃー結標ぇえ!テレビ電話でこいつを見てしまったら一方通行に対するイメージが変わっちまう気がする!」

海原「危険です!結標さんが一方通行を守備範囲にいれてしまいますよ!!」

一方通行『だっ、だからァ…今日は、…その、休みたいンだけど…行っても…何も出来ないし…そもそも一人じゃ動けないし…』

357 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/19(月) 00:59:34.34 ID:OGlFdHM0 [11/48]
土御門「まー、確かにこんな状態じゃかえってお荷物だなぁ…」

海原「見てみたい気もしますけどね」ハハハ

一方通行『ご、めン…なさィ…』

土御門・海原・結標「「「!!?」」」ドキッ

一方通行『けほ…、あの、…自己管理が…出来てなかった、の、は…けほけほ…ホントに…悪いと…思ってる…から…これからは…気を、付けるから…』

土御門「いや、あの、あんま自分を責めるなって?なっ?誰だって風邪くらいひくだろ?なっちまったもんはしょうがないからな!」

海原「そ、そうですよ、謝らないでください!あなたは元々能力の弊害で身体自体は弱いんですからね!」

結標「だ、大丈夫よ!今日の仕事も私たちがちゃんとこなしておくからね!あなたはちゃんと身体を治すことを優先してゆっくり休みなさいね!」

364 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/19(月) 01:13:04.73 ID:OGlFdHM0 [13/48]
ピッ


土御門「………、まずいな…」

海原「…えぇ、…ゆゆしき事態です…」

結標「……あの一方通行が…あんなに可愛いなんて…私、どうしよう…今度からもう少し優しくしてあげなきゃ…」

土御門「黙れショタコン」

結標「何よシスコン!」

海原「まぁまぁ、落ち着いてください。仕事の前に今後の一方通行さんの扱い方を考え直しましょう」

土御門・結標「「うっさいロリストーカーのシスコン!」」


365 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/19(月) 01:30:59.50 ID:OGlFdHM0 [14/48]
ピッ

一方通行「…、…大丈夫、なのか…?」

一方通行「…ベッドから落ちちまったし…とりあえずトイレでも行くか…、えっと、杖は…」

一方通行(暗くてよく見えないな…確か、この辺に…っと、あった…)

グッ  グラッ  ゴツン

一方通行「~~~っ!!…もー…さっきから、なンなンだよォ…」

一方通行「風邪なンて…なりたくなかったってのォ…」ショボン

369 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/19(月) 01:38:35.56 ID:OGlFdHM0 [15/48]
一方通行(風邪自体もつらいし、注射も痛いし薬苦いし、みんな楽しそうなのに一人隔離されて…)

一方通行「……だから別に、…寂しいとか、…心細いわけじゃねェもン…。別に、混ざりたいわけじゃ…」


打ち止め「『孤独は一人じゃ感じられない』ってミサカはミサカはあなたに聞き覚えのある言葉を言ってみたり」

一方通行「打ち、止め…」

打ち止め「あなたの周りはいつのまにかたくさんの人が集まって来たから…だから逆に寂しかったんだよね
     ってミサカはミサカは床に蹲ってるあなたに目線を合わせてみる」

一方通行「……そンなンじゃ…」


373 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/19(月) 01:47:27.53 ID:OGlFdHM0 [16/48]
打ち止め「えへへ。そんな寂しそうな顔じゃ説得力ないよ?ってミサカはミサカはあなたの頭をなでなでしてみたり」

打ち止め「あのね、ご飯食べてるときね。あなたが治ったら、またみんなで遊ぼうねって、さっき言ってたの。
     ってミサカはミサカはあなたの頭を撫で続けながら教えてみたり」

打ち止め「みんなあなたのこと考えてたの。みんなあなたが大好きなのってミサカはミサカはみんなを代表してあなたに告白してみる」

一方通行「………、ありがとう…」ギュッ

打ち止め「あわ、わわっ、ってミサカはミサカは急に抱きついてきたあなたに驚いてみたり」

一方通行「風邪、早く…治さないと、…な…」

打ち止め「うん!ってミサカはミサカはあなたの背中に手を回して優しく撫でてみる」

375 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/19(月) 01:52:42.36 ID:OGlFdHM0 [18/48]
***

数日後

芳川「36.3℃…うん。もう大丈夫そうね。ちょっと長引いた時は心配だったけど…」

黄泉川「まだ咳は残ってるみたいだけど…まぁ、それももう少ししたら収まるじゃん?」

一方通行「ふゥー、やァーっと調子取り戻せたなァ…」ノビーッ

打ち止め「とりあえず様子見で今日もゆっくりしてた方がいいんじゃないかなってミサカはミサカはあなたを心配してみたり」

一方通行「一週間近くベッドから出れなかったンだぜ?身体が鈍って仕方ねェからちょっとコンビニ行ってくるわ」

381 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/19(月) 02:00:34.75 ID:OGlFdHM0 [21/48]

打ち止め「あー、もう!ってミサカはミサカは部屋から出て行くあなたを見つめてみたり…」

黄泉川「やれやれ。あの時の大人しさはどこへ行っちゃったじゃんね?」

芳川「あの子も心のどこかで誰かに甘えたいとか思ってたんじゃないの?」

黄泉川「あーいう風にダウンしちゃった時は誰かに頼るしかないしね。
    大事にされたい、愛されたいって願望が勝っちゃったかもしれないじゃん」

打ち止め「あの人、まっすぐ育ってたらあんな風になってたのかもーってミサカはミサカは想像しつつもやっぱ普段のあの人が一番かなーって思ってみたり」

382 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/19(月) 02:10:19.91 ID:OGlFdHM0 [22/48]
***

一方通行「ン、ンーっ…!ふわァ…、やっぱ久々に外出ると気持ちいいなァ…」

一方通行(しっかし、打ち止めはいいとして黄泉川、芳川も妙に優しいっていうか…過保護だった気がするな…)

一方通行(…なンでだ?…俺、そンなに死にそうな顔してたンかな…、でも熱出たばっかの時は結構つらかったような…
     あン時ゃ頭もうまく回らなかったしよく耐えれたもンだな、俺)

黒子「まぁ、一方通行さん?」

一方通行「あ?」

黒子「出歩いていらっしゃるということは身体の具合はもうよろしいんですの?」


383 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/19(月) 02:16:17.54 ID:OGlFdHM0 [23/48]
一方通行「あ、あァ…(ジャッジメント…?そォいや、なンか最初の頃に世話になったような…)」

黒子「それはそれは何よりですわ」ニコッ

一方通行「あー、えーっと、なンか、世話になったみてェだな…」

黒子「いいえ、お気になさらないでくださいな、あら、コンビニ行ってたのですか?コーヒーばっかじゃまた身体を悪くしてしまいますのよ?」ニコニコ

一方通行「え?あ…?(なンだ?なンか妙に笑顔が優しいような…)」

黒子「あら?御髪に木の葉が…、うふふ、しょうがありませんね」スッ

一方通行「っ!!?」ビクゥ

384 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/19(月) 02:24:16.08 ID:OGlFdHM0 [24/48]
黒子「相変わらずさらさらで美しい御髪ですわね。本当に繊細で壊れてしまいそうなほどの儚い美しさ…でも、黒子があなたを守って差し上げますわ、必ず!」

一方通行「え…?えェ!?」

黒子「では、黒子は風紀委員の見回りの途中ですのでこれで!」ヒュン

一方通行「…………ど、どォいうことだァ…?」ポカン


prrrrrr

一方通行「ン…?…土御門か…」

386 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/19(月) 02:29:40.82 ID:OGlFdHM0 [25/48]
ピッ

一方通行「なンだ?」

土御門『よぉ、身体の具合はいいのか?』

一方通行「(あれ?調子悪いの伝えてたっけ…?)あァ、まだ咳は出るが、熱も下がった」

土御門『あー、そっか、それは良かったな…まぁ、あと数日はゆっくり休め。な?』

一方通行「はァ!?何が狙いだ?お前が俺を労わるってどォいうことだよ?」

土御門『いや、これはグループ満場一致でな…、まぁ、もう少しお前を労わってやろうってな…』

387 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/19(月) 02:31:52.92 ID:OGlFdHM0 [26/48]
一方通行「おいおい、大丈夫かよグループがそンな仲間意識持っちまってよォ…」

土御門『まぁ、その、なんだ、…あんま無理すんなよ?俺も先輩としてお前を少し大事にしてやろうってな…まーそんなとこだ』

一方通行「…ッ」ゾゾゾゾッ

土御門『あー、あとこれは忠告だ』

一方通行「?」

土御門『復帰したら、とりあえず結標に気を付けろ…あれは目がマジだった…。海原となんとか抑えようとしたんだが…無理だった…』

一方通行「は?あいつがどう」

ピッ

389 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/19(月) 02:40:21.22 ID:OGlFdHM0 [27/48]

一方通行「あ、おい!勝手に切るなッ!!…ったく、なンなンだよさっきから…」

一方通行(なンだみんなして俺を守るだの労わるだの大事にするだの…俺は自分の身くらい自分で守れるっつの!)

一方通行「…公園でも行ってコーヒーでも飲むか…」

テクテク

一方通行「!」ピタッ

ガササッ←植木に隠れた音

一方通行(結標!?ちっ、次から次へと…土御門が気を付けろって言ってたが…、どォいうことだ?また能力が暴走でもしたのか?)

391 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/19(月) 02:48:00.43 ID:OGlFdHM0 [28/48]
結標「はぁーあ…、折角逸材見つけたと思ったのに全然会えないとはねー…いいわよねー守ってあげたくなる病弱少年かぁ…」

一方通行(とにかく事情が解らない以上深追いは厳禁だな…病み上がりだしさっさと逃げちまおう…)

パキッ

結標「!」

一方通行「あ…(ちっ、俺としたことが初歩的ミス…、バッテリーの充電はまだ平気だな…いざとなったら…)」スッ

結標「あら、一方通行…?」

一方通行「へ?(あ?普通の反応…?)」

393 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/19(月) 02:49:50.52 ID:OGlFdHM0 [30/48]
結標「風邪は?治ったの?」トテトテ

一方通行「まァな…、ほとンど治ったけど、土御門がもう少し休めってよ。ったく労わるってなンだよ、ンな慣れあってる場合じゃねェだろォが…」チッ

結標「そう、もう治っちゃったのね…」ボソッ

一方通行「は?今、な」ヒュッ

一方通行(なっ、座標移動!?いつの間に発動を!?くそっ、スイッチも間に合わなかった…!どこに飛ばされ)


ヒュッ  バッシャーーーン!!

一方通行「ぷァ…!?…噴水…?」

394 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/19(月) 02:50:21.91 ID:OGlFdHM0 [31/48]

結標「うふふー…」ザッザッ

一方通行「てめェ!なンのつも」スッ

ヒュッ

結標「遅い!」ガッ

一方通行「なっ…(腕を掴まれた…スイッチを入れさせないつもりか…!)」

結標「まだちょっと鈍ってるみたいね。これなら風邪ぶり返すかもしれないわ♪」

一方通行「何が、目的だ…」

395 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/19(月) 02:51:01.29 ID:OGlFdHM0 [32/48]
結標「一方通行にまた風邪ひかせて、私が看病してあげようと思ったのよ!」

一方通行「………は?」

結標「思えば私の仲間たちはみんなやんちゃで元気な子ばっかだったのよね。盲点だったわ。
   病弱で守ってあげたくなるような少年って…。あなたってまさにそれじゃない」

一方通行「待て、言ってる意味が…」

結標「さぁーて♪びしょ濡れになったし次は服全部座標移動させてほったらかしてればまた風邪ひくわよね~♪」ニコニコニコ

一方通行「ひィ!?」ビクゥ!!

396 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/19(月) 02:51:35.73 ID:OGlFdHM0 [33/48]
結標「うふふ、そーいう怯えた顔もいいわねー。あなた似合ってるわよ、その顔。可愛いわ♪」クルクル

一方通行(ヤバい、なンかヤバい、こいつヤバいマジヤバいンですけどォォォォ!!!)ガクガクブルブル

結標「さー、その華奢で病弱そうな身体のどこから晒していこうかしらー、看病してあげるからには隅々までよく見てあげないとねー」クルクル

一方通行(…犯されるッ!?こいつもヤバいが俺の貞操もヤバい!?つーか公衆の面前で全裸とか何プレイだよちくしょォ!!そンな趣味ねェよォ!)ウワァァン

結標「よしよし、そんなに怯えないのーお姉ちゃんが優しく介抱してあげるからねー」スッ

一方通行「あっ!後ろでちっちェガキが転んで泣きそうになってるぞ!!」

結標「マジでか!!」バッ

397 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/19(月) 02:52:07.04 ID:OGlFdHM0 [34/48]
一方通行(緩んだ!今のうちに!!)カチッ

結標「しまった!」ヒュッ

一方通行「てめェの反射はもう効かねェぜ!」パァン

結標「あぁ、もー!!いいとこだったのに!!」

一方通行「何がいいとこだ!俺なンかストリップさせて頭イカれちまったのかよショタコン女!」ダンッ

結標「あっ!待ちなさいよっ!!」

399 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/19(月) 02:53:28.47 ID:OGlFdHM0 [35/48]
***

マンション前。

スタッ

一方通行「…撒けたか…」カチッ

一方通行(服も能力で乾かせたし…さっさと家に帰ろう…)

美琴「あ、一方通行!」

一方通行(うわァーい俺今日厄日ィー☆)

美琴「ちょうど良かった、お見舞いに行こうと思ってたの!風邪治った?」

一方通行「あァ…。ったくてめぇで何人目だこの質問…ひゃァ!?」ピトッ

400 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/19(月) 02:54:30.66 ID:OGlFdHM0 [36/48]
美琴「あ、ホントだ。熱下がってるわね」

一方通行「なっ、何、な、な、何して、…て…手…」

美琴「え?手がどうかした?あ、今日はあんまり冷たくはないかもね、…んー、左手は冷たいかも?」ピタッ

一方通行「あっ…!」ゾクッ

美琴「ど?気持ちいい?」

一方通行「いや、えと、…あの…えっと…(いやだ!なンだこれ逃げたい!今すぐ逃げたい。ァああ、でもなンか、身体が言うこときかねェ…!)」

美琴「でも、ホント良くなったみたいね。あんな元気なくてしょんぼりしてる時は正直驚いたけど…ま、同じレベル5同士だし、また何か力になるわ」ナデナデ

401 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/19(月) 02:55:12.30 ID:OGlFdHM0 [37/48]
一方通行「わァ!?超電磁砲お前何してっ…!」ズザザッ

美琴「え?撫でただけよ?どうかした?」キョトン

一方通行「それにっ、さっきも、手を、いきなり額に…!はっ、電磁波とかで俺の脳を…」アワワワ

美琴「何言ってるの?あんた私にこうされるの好きでしょ?」

一方通行(えェ~~!?なにそれなにそれなにそれ怖い!ちょォ!怖い!)

美琴「ん?まだ顔赤いわね、大丈夫?病み上がりだからって無理しない方が…」


「一方通行!!」ザッ

403 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/19(月) 02:57:21.76 ID:OGlFdHM0 [38/48]
一方通行「あァ、もうなンなンですかァ!さっきからァ!!って…三下?」

上条「話があるんだ、一方通行!!」ズンズンズン

美琴「やだ、なんであんたがここに!?…はっ、違うわよ!私は一方通行のことは可愛いと思ってるけどそれは母性的な保護欲で愛とかそんなんじゃ…」




上条「一方通行!!好きだ!!」ドン!




美琴「」

一方通行「………………………………………………は?」


404 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/19(月) 02:58:49.44 ID:OGlFdHM0 [39/48]

上条「あれからお前のことが忘れられなくて、そして俺は気付いたんだ!この胸の高鳴りは恋だってことに!!」ズイッ

美琴「ちょ…ま…」ボーゼン

一方通行「いや、ちょ…マジ、そーいう冗談勘弁してほしいっつーか…顔近い顔近い…」

上条「冗談なんかじゃない!俺は、お前を守りたいんだ!!この右手でお前を守ってみせる!!」ギュッ

一方通行「ひィィ!!やめ、鳥肌が…手…、手、握らないでくださいほんとうにお願いしますごめンなさい謝ります生きててごめンなさい」ペコペコ

上条「あの時お前は俺を必要としてくれてたんだよな!!精一杯の勇気で俺を引きとめたのにっ、俺は動揺して逃げちまった…!」

一方通行「あの、話が見えないンですけど…あは…あはは、何これ?れェるがン助けて…マジ助けて呪文とか唱えて助けて」ブルブル

405 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/19(月) 02:59:58.93 ID:OGlFdHM0 [40/48]
上条「でも、あんなことはもうしない!!もうお前を傷付けはしないし!お前を傷付ける奴から守るって決めたんだ!!」

一方通行「れェるがン、魔法使えますよねリリカルトカレフとかラステルマステルとかさァ、えへへ、あはっ…あははは…」カタカタ

美琴「………」ショート

上条「お前の気持ちを聞かせてくれ!!」

一方通行「あの、ですね、…俺、一応、こンな見た目ですけど、男なンですよ時々間違われますけどね?生物学的には男なンですよ…
     ホルモンバランス崩れてて妙な成長してますけど根本は男なンですよ…いや、ホントに…ですから上条さンのお気持ちは嬉しいンですけど」カクカク




上条「………」スッ

406 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/19(月) 03:01:04.66 ID:OGlFdHM0 [41/48]
一方通行(あ、あきらめてくれたか…)ホッ

上条「いいぜぇ…」ユラッ

一方通行・美琴「「!!?」」ハッ

上条「一方通行…お前が男同士で恋愛出来ないって言うんなら…」

一方通行「や、やめ…」

上条「まずはその…」

美琴「嘘でしょ…」

407 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/19(月) 03:02:12.28 ID:OGlFdHM0 [42/48]
上条「まずはそのふざけた幻想を…



     ぶち



          殺





                    す!!!!」


一方通行・美琴「「いやあああああああああ!!やめてえええええええええええええええええ!!!!!!」」




終わり!

408 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/19(月) 03:05:24.21 ID:OGlFdHM0 [43/48]
ふぃー終わった。
だから言っただろ!期待しなでくれって!!
あとエピローグで出す予定なかったのは結標です。
そげぶは一回やってみたかったので出来て嬉しかったんだよ!

コメント

No title

まさかの超展開www

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。