FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一方通行「入れ替わりだよってミサカはミサカは説明してみる」

1 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/08(木) 02:27:10.44 ID:o/EY.0Q0 [1/23]

打ち止め「………おいおいおい、愉快に素敵に言ってもよぉ、冗談にもほどがあるぞ…」



打ち止め「なんで、俺がクソガキの身体になっちまってるんだ…」

2 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/08(木) 02:28:15.53 ID:o/EY.0Q0 [2/23]
打ち止め「…ってこたぁ横で寝てる俺には打ち止めが入ってるってぇことかよ…」

打ち止め「起こすべきか…いや、起こした瞬間俺が悪夢にうなされるだけだなぁ…」



一方通行「う、うゥん…」モソモソ


打ち止め「………」ガックリ

一方通行「ふァ、あーよく、寝たァ…ってミサカはミサカはまぶたをこしこし擦りながら起床ォ~…ってなンか声が、いつもと違う…?」

打ち止め「はぁ~、やっぱりこうなるのかよ…頭痛ぇ…」

4 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/08(木) 02:29:31.32 ID:o/EY.0Q0 [3/23]
一方通行「あれ?目の前にいるのはミサカじゃないかなってミサカはミサカはぼーっとする頭でミサカを見てみる…」

打ち止め「………」

一方通行「あれ?なンかミサカの声があの人の声みたいって、ってゆーかこの白い肌もあの人とおンなじってミサカはミサカは手のひらをじっと見てみたり」

打ち止め「………」

一方通行「ねーねー、目の前にいるミサカはミサカなの?ミサカじゃないのってミサカはミサカは目の前のミサカに話しかけてみる」

打ち止め「…頼む。お前もう喋んな」

一方通行「!ミサカなのに口が悪いって言うかこの口の悪さはあの人そっくりでミサカはミサカは」

打ち止め「うっせぇぇええええええー!!!もう喋んじゃねぇえええええ!!俺の顔でその言葉使いはやめてくれぇぇぇええええ!!!」

5 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/08(木) 02:31:00.39 ID:o/EY.0Q0 [4/23]
***
一方通行「入れ替わり!?ってミサカはミサカは黄泉川が用意してくれてた朝食のラップを取ってみる!」

打ち止め「そうとしか考えらんねぇだろ。ちっ、こんな肝心な時にヨミカワもヨシカワもいねぇとはなぁ…」

一方通行「いっただっきまァす!ってミサカはミサカは元気に手を合わせてみたり」

打ち止め「お前、俺の顔でそんな笑顔すんじゃねーよさっきから鳥肌立ちまくりなんだよ」

一方通行「こっちだって、さっきからむすーっとしたミサカの顔をずっと見てるンだよお互い様ってミサカはミサカはツンって横を向いてみたり」

打ち止め「チッ、てめぇの味覚じゃコーヒーがまずすぎて飲めやしねぇ…。おい、そっちの牛乳よこせ」

一方通行「やだ!コーヒー差し出して来ないでっ、ってミサカはミサカは自分の牛乳の入ったコップを死守してみる!!」

6 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/08(木) 02:32:30.74 ID:o/EY.0Q0 [5/23]
打ち止め「…くそ、めんどくせぇ…、じゃーてめぇの横にある新しいコップよこせ」

一方通行「背があるって便利なンだね。腕が長いから立ちあがらなくても手が届くよってミサカはミサカは新境地に素直に驚いてみる」

打ち止め「こっちは逆に縮んでるんだぞ、クソガキ」

一方通行「だってミサカの身体だもーん!ってミサカはミサカは自慢げにコップを差し出してみる」

打ち止め「…お前今日家から一歩も出るなよ?」

一方通行「えェーっ!なんでェってミサカはミサカは理不尽なこと言い出すあなたにその理由を聞くのォ!!」

打ち止め「てめぇ鏡で今の自分の姿見てみろやぁぁあああああ!!!!」

7 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/08(木) 02:38:06.41 ID:o/EY.0Q0 [6/23]
***

一方通行「じゃァあなたはいつものお医者さンのトコに一人で行くつもりなのねってミサカはミサカはしょンぼりしてみる」

打ち止め「お前を連れていけるかよ。杖の付き方も下手だしよぉ」

一方通行「あなたって結構苦労してたンだねってミサカはミサカは普段のあなたの姿を思い浮かべて少し反省してみる…」

打ち止め「………、お前は気にしなくていいんだよ」ボソッ

一方通行「え?何?何か言ったってミサカはミシャひゃはふはわ~!!」ジタバタジタバタ

打ち止め「いいからてめぇは今日は大人しく家で過ごしてろってんだよ!!こんな気持ち悪い「俺」を外に出せるかっ!!」

一方通行「はうっ、い、いひゃいィ~!!ってミサカはミサカは急にほっぺ引っ張るあなたの愛のない攻撃に憤慨してみるっ!!」

8 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/08(木) 02:40:38.84 ID:o/EY.0Q0 [7/23]
打ち止め「…ん?おい、そーいえばお前、俺の能力使えるのか?」

一方通行「え?………脳自体はあなたのものだし使えるンじゃないかなってミサカはミサカは首を傾げてみる」

打ち止め「…お前ちょっとそこの部屋に射してる太陽光にそっと腕かざしてこい」

一方通行「??…うン解ったーってミサカはミサカは壁に手を置いて移動してみる」

打ち止め「…どぉだ?」

一方通行「どうって言われても何もないよォってミサカはミサカはあなたに報告してみる」

打ち止め「紫外線の反射は出来てるか…、じゃー電極のスイッチ入れてみろ」

一方通行「はァい、ってミサカはミサカはカチっとな」

9 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/08(木) 02:47:44.03 ID:o/EY.0Q0 [8/23]

打ち止め「で、普通に立てるか?」

一方通行「よいしょってミサカはミサカは壁から手を離してみ、ゥわわわっ、ァうっ!!」バターン

打ち止め「…俺がいつもしてる必要最低限の簡単な反射は可能ってことか、無意識に設定してるから脳が覚えてんのか?」

一方通行「うゥ~いったァい!!思いっきり頭ぶつけたァ!!ってミサカはミサカは頭を押さえて唸ってみるゥゥゥ…」

打ち止め「………、お」パチッ

一方通行「え?あなた今電気操れたの?ってミサカはミサカは涙目になりながらあなたを見てみる」

打ち止め「せいぜいレベル1ってくらいだな。お互い能力レベルはガタ落ちってかぁ?」

10 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/08(木) 02:54:09.24 ID:o/EY.0Q0 [9/23]
一方通行「まァ、あなたは元々優秀さンだもンね。もう少し訓練したらミサカと同じくらいのレベルになれるンじゃないかなってミサカはミサカは少し嫉妬してみたり」

打ち止め「それよりお前、元に戻るまで絶対家から出るんじゃねぇぞ。街の不良どもに見つかったら即アウトだ」

一方通行「はー、あなたはまともにケンカも出来ないもやしっ子だもンねってミサカはミサカは溜息吐いてみる」

打ち止め「うっせぇよ!!能力も使えないお前を心配してやってんだろうがぁ!!!」

一方通行「うふふーそういうあなたはどうなのかなァってミサカはミサカはあなたににじり寄ってみる」

打ち止め「な、なんだよ…!」

一方通行「とォーっ!!ってミサカはミサカはあなたを捕まえてみるーッ」ガバッ

打ち止め「っざけんな!離せッ!!」ジタバタ

11 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/08(木) 03:01:24.50 ID:o/EY.0Q0 [10/23]
一方通行「あなただって簡単に捕まっちゃってるじゃない!ってミサカはミサカは改めて自分の小ささを確認してみたりって、あうっ!」パチン

打ち止め「っはぁー、はぁー…静電気レベルでも一瞬ビビらすくらいには使えんな…」

一方通行「むゥ…悔しいけど今の状態だと紫外線の反射くらいしか出来ないあなたよりミサカの方が便利そうかもってミサカはミサカは複雑な気持ちになってみる」

打ち止め「はっ、レベル5舐めんなよ。だてに学園都市一位やってねぇんだよ。じゃークソガキ、てめぇは大人しく家にいろよ」

一方通行「はァーい…ってミサカはミサカは大人しくソファに座ってテレビ見てみたり…」

打ち止め「黄泉川と芳川戻ったらちゃんと説明しとけよ。ってまぁ、この状況を見りゃ嫌でも解るか…」ハァ

一方通行「あなただってちゃーンと可愛い打ち止めちゃンになってきてよねっ!ってミサカはミサカは己のイメージ崩壊を恐れてみる!」

12 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/08(木) 03:15:16.44 ID:o/EY.0Q0 [11/23]
打ち止め「はいはぁーい。解ってますよぉ。じゃー行ってくるからな」

一方通行「気を付けてねーってミサカはミサカは手を振ってあなたを見送ってみる」フリフリ





打ち止め「ったく、面倒なことになったな…」

打ち止め「…っても、まぁあの医者ならなんとかなんだろ…」

打ち止め「それまでだれにも見つからねぇよう「打ち止め?」

21 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/08(木) 15:27:19.59 ID:o/EY.0Q0 [12/23]
打ち止め(おいおいおいおい、マジで神様ってぇのは俺のことが大嫌いのようだなぁ)ダラダラダラ

上条「打ち止め?どうした?今日は一人なのか?」

打ち止め「…え、…あ、うん…」

上条「…?元気ないのか?」

打ち止め「そ、そんなとこかなぁーって…」

上条「?なんかいつもと様子が違うっつーか、語尾が違うっつーか…本当に大丈夫か?病院連れて行ってやろうか?」

打ち止め「っ!?(そ、それは勘弁してくれぇ!!)だ、大丈夫!ミサカは元気だよって、み、ミサカはミサカは手を振ってみたり…」バタバタ

22 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/08(木) 15:36:27.67 ID:o/EY.0Q0 [13/23]
上条「そうか…?ならいいんだけど…。今日はどうした?一方通行は一緒じゃないのか?」

打ち止め「(うっぜぇぇえええー!早くどっか行けよ三下ぁ!!)そ、そうなの、あの人は今日は家にいるのってミサカはミサカは報告してみたり」

上条「あんまりうろちょろしちゃダメだぞ?どこに行くつもりなんだ?俺が途中まで送ってやろうか?」

打ち止め「(早く!早く来いよぉタクシーィィィィ!!)だ、大丈夫なんだよーってミサカはミ「待ってー!!」

上条・打ち止め「「???」」

一方通行「はァー、本当に杖って動きにくいーってミサカはミサカはもうすでに息切れしてあなたの体力のなさを身をもって知ってみる…って、あれ?」

打ち止め「ばっ、てめぇ!なんで出てきやがった!!家ん中いろっつっただろぉ!!!」

23 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/08(木) 15:48:44.62 ID:o/EY.0Q0 [14/23]
一方通行「そンなこと言って!お財布忘れたのはどこの誰かなァってミサカはミサカは自分で自分を見下ろしてみたり」

上条「あ、あくせら、れーた…?」

打ち止め「………はっ!!やめろバカ!お前もう喋んな!!」

上条「ら、らすと、おーだー?」

一方通行「あなたにもその言葉そのまま返すよってミサカはミサカはやれやれと呆れ顔してみる」

上条「えー、えーっと…一方通行さん…その口調…かなり不気味って言うか…、…打ち止めごっこか、何かで…ぶはっ、あははははははは!!!」

打ち止め「やめろぉおぉぉぉお!!!それ以上見るなぁああああ!!消せ!今すぐてめぇの頭からこの俺の姿を消しやがれ三下ぁあああ!!」ポカポカポカ

24 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/08(木) 15:56:29.12 ID:o/EY.0Q0 [15/23]
上条「いたっ、いてて…、ら、打ち止めはなんでっ、一方通行みたいって言うか…本人っぽいっつか…あは、あはは!」

一方通行「もー、あなたの演技が下手だから開始5分でバレバレじゃンってミサカはミサカはあなたを非難してみる」

打ち止め「てめぇが出て来たからだろぉが!!ふざけんなクソガキ!!」

上条「……、ってゆーか、本当に、あれ?え?二人とも入れ替わってるような…え?」

打ち止め「チッ、しゃあねぇな!…あぁ、そうだよ。俺は打ち止め、打ち止めは俺に。なぜだか入れ替わっちまってんだよ」

上条「は、はいぃ?」

一方通行「まァ、この現状見ちゃってるンじゃァ、納得するしか出来ないと思うなーってミサカはミサカは苦笑いしてみる」

25 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/08(木) 16:09:46.74 ID:o/EY.0Q0 [16/23]
上条「………、演技してる…ワケないか…。一方通行がそんな表情するわけないもんな」アハハ

打ち止め「あぁ?どういう意味だおい」

一方通行「もー、私なンだからそんな愛想ない顔しないでよってミサカはミサカはむくれてみたり」

上条「すみません、上条さん理解はしたけど慣れるまでに時間かかります。これは。」

打ち止め「ちっ、なんでよりにもよってバレるのが三下なんだよ…ってタクシー来たか…」

上条「どっか行くのか?打ち止、じゃなくてえっと、一方通行…」

一方通行「うン。お医者さンに報告して治してもらうのってミサカはミサカはこっちに向かってくるタクシーを見ながら説明してみる」

26 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/08(木) 16:22:19.19 ID:o/EY.0Q0 [17/23]
打ち止め「…はぁ、もういい。打ち止め、お前も乗れ。絶対喋るんじゃねぇぞ。ついでに三下も乗れ」

上条「はぁぁ?」

打ち止め「あいにく俺じゃぁこいつを抑えてられねぇんだよ。こいつが変なこと口走ったりしたら止めろ。全力で」

一方通行「何それ!まるでミサカがダメな子みたいにってミサカはミサカは怒ってみる!」

打ち止め「お前今まで散々ダメな子だったじゃねぇかよ。これ以上俺のイメージ壊すな」

一方通行「むー!あなたも全然ダメじゃない!ミサカはそんなにむすっとしてないもン!ミサカはやれば出来る子だもンって腰に手を当ててえばってみる!」

打ち止め「ハッ、さっきだってお前が出てこなきゃ俺は完全に三下をごまかせてたんだぞ?」

上条「いや、最初はおかしかっ痛ぇ!!」

68 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/09(金) 02:32:53.13 ID:LujndJU0 [24/32]

打ち止め「えーなんのことかなぁってミサカはミサカはタクシーに手を振って三下を無視してみたりぃ」ブンブン

一方通行「やっぱりなンか可愛くないってミサカはミサカはあなたを睨んでみる…」

運転手「お待たせしました。どこまでですか?」

打ち止め「第七学…

一方通行「第七学区の○○総合病院まで。乗るのは3人だ。ほら、クソガキてめェから乗れ」

打ち止め・上条「「…………」」ポカン

一方通行「おい、何ぼさっとしてンですかァ?ンな間抜け面晒してる暇があったらさっさと乗れ。運転手さン待たせるなよ」

打ち止め・上条「「………はい」」

27 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/08(木) 16:34:23.88 ID:o/EY.0Q0 [18/23]
***

到着。


一方通行「ミサカに何か言うことはないかなァ?ってミサカはミサカはあなたを見下ろしてみたり」ニッコリ

打ち止め「なんか、…すみませんでした」

上条「あなた様はやれば出来る子でした」

一方通行「解ればよろしいってミサカはミサカは王様になった気分に浸ってみたり」

打ち止め「つーか出来るなら最初からやってろよな」

一方通行「えー、だってあなたの不機嫌な顔つきであなたの口調ってすっごく疲れるンだもンってミサカはミサカは言い訳してみたり」

医者「やぁ、今日はどうしたんだい?」

37 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/08(木) 23:37:34.01 ID:o/EY.0Q0 [22/23]
***

医者「なるほどね。朝起きたら入れ替わっていた、と?」

打ち止め「あぁ、あんたなら治せるだろ?なんとかしてくれ」

医者「ふむ。CTスキャンやら脳波やらと色々検査してみたけど、これと言って異常な箇所はないんだよね?」

一方通行「そうなの?ってミサカはミサカは驚いてみたり」

医者「こうなる前に何か起きたとか、そういう原因みたいなことはなかったかな?」

打ち止め「あったらとっくに報告してるっつーの」

一方通行「うーン…、ないなァってミサカはミサカは腕を組ンで考えてみる」

38 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/08(木) 23:51:22.11 ID:o/EY.0Q0 [23/23]
医者「お互いの健康状態も今のところは何も問題はないし、原因不明だね?原因が解らない以上僕も処置を施せないわけだが?」

打ち止め「つまり、なんだ?お手上げってことかぁ?」

医者「まぁ、君たちは特殊な状態で繋がっているしね、脳波を変換してるそのチョーカーを点検も兼ねて少し見させてもらうよ?」

一方通行「はァーい。ってミサカはミサカは返事してみたり」

医者「じゃぁ、えーと打ち止めくん?君はここに残ってくれないかな?君はどうする?」

打ち止め「ったりぃ。外ふらついてくるわ。打ち止め、お前は終わったら三下とタクシーで帰ってろ」

一方通行「えー?なンで一人で行っちゃうのォってミサカはミサカはベッドに横になりながら不貞腐れてみたり」

39 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/09(金) 00:06:51.56 ID:LujndJU0 [1/32]
医者「まぁ君は普段は人の多いところを目立つように歩けないしね?少し遊びたいんだろうね?」

一方通行「あ、納得ゥ。あなた一人だと裏路地入りたがるもンねってミサカはミサカは寛大な心で許してみたり」

打ち止め「っせぇよ!!そんなんじゃねぇ!!!」

上条「お?なんだ一方通行は遊び行きたいのか?一人で平気か?」

打ち止め「ガキ扱いしてんじゃねぇよ三下!!てめぇは打ち止め見てろ!」ダッ

一方通行「あの人あれで散歩とか好きなンだよってミサカはミサカはあの人の秘密を打ち明けてみたり」

上条「ふぅん?まぁ、あいつなら平気か。打ち止めはまだ検査とかか?」

40 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/09(金) 00:17:22.54 ID:LujndJU0 [2/32]
一方通行「うン。この首の電極に不都合がないか確認するンだよってミサカはミサカは教えてみる」

医者「それじゃはずすよ。頭の思考能力の低下や身体がだるくなるけど我慢出来るかな?なるべく早く終わらせるからね?」

一方通行「大丈夫だよ。あの人はいつも耐えてるからミサカも我慢するンだよ。ってミサカはミサカはにっこり笑ってみる」

上条「俺もここにいてやるからな打ち止め」

一方通行「ありがとうってミサカはミサカは感謝してみる。あとね、今気付いたンだけど…」

上条「ん?」

一方通行「きっと、こんな状態になってるミサカや自分自身を客観的に見たくなかったンじゃないかなってミサカはミサカはあの人のことを思ってみたり」

41 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/09(金) 00:19:41.81 ID:LujndJU0 [3/32]
上条「…扱いにくい奴だな、一方通行って」アハハ

一方通行「そうでもないよ?ひねくれ者さンって解れば結構素直な行動してると思うなァってミサカはミサカはあの人の秘密をまたまた暴露してみる」

医者「うん、そうだね?仕組みが解ってしまえば割と単純な性格かもしれないね?じゃ、はずすよ」カチッ

一方通行「ン…」ボーッ

医者「で、君は今日はどこを怪我したんだい?」カチャカチャ

上条「してねぇ!!付き添いですよ!付き添い!」

45 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/09(金) 00:28:29.96 ID:LujndJU0 [6/32]
***

打ち止め「…………、はぁ」

打ち止め「逃げちまった。くそっ…」

美琴「あれ?打ち止めじゃない。どうしたの?散歩?」

打ち止め(ひぃぃ!?今度は超電磁砲かよ!!)

美琴「久しぶりね。どう?元気してた?」

打ち止め「う、うん!元気だったよー…ってミサカはミサカは報告してみたり…」

47 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/09(金) 00:45:00.95 ID:LujndJU0 [7/32]
美琴「あ、そうだ。今度会ったらお茶しようねって約束してたわね。もうお昼時だし、あそこ入りましょ。オープンテラスで気持ちいいのよー」

打ち止め「はぁ!?」

美琴「え?」

打ち止め「あ、え、えーっと…、ミ、ミサカは今そんなにお腹空いてな…」キュルルー

美琴「…なんだ、お腹空いてるんじゃない!ほら、じゃぁ行こう行こう!」グイッ

打ち止め(か、勘弁してくれぇぇー!!!



サトリナ大好きだ!

48 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/09(金) 00:47:34.97 ID:LujndJU0 [8/32]
これから信玄餅食べるから投下のスピードが少し上がると思う

50 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/09(金) 00:52:08.51 ID:LujndJU0 [9/32]
***

美琴「ふー、ごちそうさまでした。結構おいしかったわね」

打ち止め「ご、ごちそうさまでした…ってミサカはミサカは手を合わせてみたり…」

美琴「なんだか今日は元気ないわね?一方通行とケンカでもした?」

打ち止め「!? そ、そんなことないよ!ミサカは元気だよってミサカはミサカはアピールしてみたり」アワアワ

美琴「そう?あ、そういえばね、打ち止めに会ったら渡そうと思ってたも、の…」

打ち止め「?………なっ!!?」

52 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/09(金) 00:58:36.17 ID:LujndJU0 [11/32]
上条「おー、ビリビリ…と、アクセラレーっ、…ら、打ち止めじゃないか!!ははは!偶然だな!」アワアワ

美琴「あ、あんたこそ、どどどどうしてここにッ…って、なんか挙動がおかしいわよ?」ジトッ

打ち止め「なっ、なんで三下がこいつ背負ってんだぁぁああ!!!」ガタン

美琴「え?打ち止め…?」キョトン

打ち止め「へ?あ!?どっ、どうしてあの人のことを背負ってるのかなぁ~ってミサカはミサカは訊ねてみたりぃ…」

上条「えっ?あ、あー、なんか検査中に寝ちまって…」

美琴「………なんであんたが一方通行の検査に立ち会ってるの?」ジトーッ

53 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/09(金) 01:03:13.54 ID:LujndJU0 [12/32]
上条「あ、えーとですねぇー…、そう!俺も病院行っててそこで偶然会ってですね!」

美琴「…なんか、あんたたちおかしくないかしらぁ?」イライラ

打ち止め「そ、そんなことないんじゃないかなぁーってミサカはミサカはお姉様にミサカのジュースを勧めてみたりぃー…」

美琴「そもそもあの一方通行がこんな気持ちよさそうに寝顔晒してるのが有り得ない!ちょっと、起きなさいよ!」ユサユサ

上条「お、おいビリビリ折角寝てるんだから…」

打ち止め(ぎゃぁああ何しやがるんだ超電磁砲!!)

一方通行「むにゃ…なァに……ってミサカはミサカは…むゥ…おねーさまぁ?」ボケーッ

美琴「ひぇ!?やだ、あんたにお姉様なんて言われたくな…、ってお姉様?どういうこと?」

55 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/09(金) 01:12:31.89 ID:LujndJU0 [13/32]
一方通行「あれ?……(あっ、なんかやばそうな雰囲気)…あン?なんだよオリジナルか…てめェ何してンだこンなとこで…」

打ち止め・上条((GJ!打ち止め!))

美琴「………」

打ち止め「お、お姉様は何か気にし過ぎなんじゃないかなぁってミサカはミサカはあの人をじっと見てるお姉様に話しかけてみたり…」

美琴「打ち止め、良く考えたらあなたも今日はなんか様子おかしいわよね。挙動不審っていうか…」

打ち止め「そ、そんなことないんじゃないかなぁってミサカはミサカはこっちをじっと見てるお姉様に困ってみたりぃ…」

美琴「………あ、そうそう。このゲコ太のストラップ、ダブったから打ち止めにあげようと思ってたのよねぇー」

57 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/09(金) 01:19:07.49 ID:LujndJU0 [15/32]
打ち止め「はぁ…?」

一方通行「えっ、本当!?ありがとうお姉様ってミサカはミサカは目を輝かせ………あ………」

上条「あ」

美琴「やっぱり…そっちが打ち止めね!!で、こっちが一方通行!!…………………ってどうしてこうなった…?」

上条「まぁ、色々あったみたいでさ…」


事情説明中...


美琴「あははははは!それは、大変ね…あははは」ケラケラ

58 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/09(金) 01:31:14.44 ID:LujndJU0 [16/32]
**人数も増えたので店内奥に移動


打ち止め「なんで笑うんだよ超電磁砲」ムスッ

一方通行「ゲッコ太♪ゲッコ太♪わァいわァい!ってミサカはミサカはストラップ取り付けに、苦戦してみたり…ありゃ?」

打ち止め「あーあー、ったく貸せ。俺が付けてやんよ」

一方通行「ありがとーってミサカはミサカはケータイをあなたに渡してお姉様に奢ってもらったケーキを頬張ってみたり♪ンー、おいしー」

美琴「これをッ、笑わずに…いられ、うひゃ、は、あはは!!」バンバン

打ち止め「…………頭痛ぇ…」ガックリ

上条「いや、確かにこれは慣れるまで時間がかか…うはは!」

59 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/09(金) 01:39:27.75 ID:LujndJU0 [17/32]
打ち止め「てめぇはいい加減慣れろや!」

一方通行「ねェねェお姉様、こっちのケーキも食べていいかな?ってミサカはミサカはテーブルに突っ伏してるお姉様に聞いてみる」

美琴「あはっ、いいわよっ、好きなだけ食べなさいっ、うふふ…。一方通行もこうやって笑えば案外可愛い顔してるのねぇ、ふはっ!」

打ち止め「おい、てめぇいい加減笑うのやめろ…」ギロッ

美琴「ふふ、そんな可愛い姿じゃ全然怖くないわよ!残念だったわねー」ナデナデ

打ち止め「っざけんな!やめろ!撫でんなぁぁ!!」パチッ

美琴「?あれ?あんた打ち止めの能力使えるの?」

一方通行「うン。少しくらいだったらお互いの能力使えるみたいなのってミサカはミサカはフルーツタルトを頬張ってみたり、これもおいしィ♪」

61 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/09(金) 01:49:42.15 ID:LujndJU0 [18/32]
美琴「へぇー、…思ったんだけど、入れ替わりって脳の電気信号とかそんなのがごちゃごちゃになっちゃった、とかそういうことなんじゃないの?
   例えば打ち止めの電気が何らかの要因でお互いの脳の電気信号を入れ替えたとか…」

上条「あ、そういえば、さっき医者も似た様なこと言ってたな」

一方通行「ふェ?そうなの?ってミサカはミサカはキョトンとしてみる」

上条「打ち止めは電極はずしたあとに寝ちまったもんな」

打ち止め「で、何か解ったんか?」

上条「あぁ、そうそう。なんか電極の機能自体には支障はないけど、ほら、このバッテリー部分少し焦げっぽいあとがあるだろ?」

打ち止め「あぁ?いつのまにこんな傷作ったんだ?」

63 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/09(金) 01:54:29.13 ID:LujndJU0 [20/32]
美琴「電気が当たった後っぽいわね」

上条「これで一時的に電極の動作が狂ってお互いの脳の電気信号が入れ替わったんじゃないかって言ってたな」

打ち止め「で、打ち止め。覚えはねぇのか?」

一方通行「う。なンかミサカが全ての原因っぽいけど…あ。なンか思い出したかもってミサカはミサカは昨晩のことを思い浮かべてみたり…」

一方通行「えーとね、昨日天気悪くて雷とか鳴ってたでしょ?ってミサカはミサカはあのすごい音を思い出してブルブルしてみる」

美琴「そっ、そういえば昨日夜すごかったわねー」

一方通行「でね、ミサカ一人で寝るのが怖くて夜中にこの人のベッドに潜り込んだの…ってミサカはミサカは暴露してみる」

64 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/09(金) 01:55:24.97 ID:LujndJU0 [21/32]
打ち止め「だぁから朝起きたらてめぇがいたのか。………って何こっち見てんだ三下、超電磁砲」

上条「いや、なんていうか…」

美琴「…ロリコン…」

打ち止め「誰がロリコンだってぇ!?」バンバンバン

一方通行「この人はロリコンじゃなくてミサカたち全員に優しいからミサコンかもってミサカはミサ痛っ、チョップしないでェ!」

打ち止め「お前もいちいち話ややこしくしてんじゃねぇよ!」

一方通行「うゥ…。折角フォローに回ってあげたのに…。…でね、えーっと、確か、それでうとうとして来たンだけど…ってミサカはミサカは話を戻してみる」

65 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/09(金) 01:57:36.58 ID:LujndJU0 [22/32]
一方通行「ドカーン!!ってすっごいおっきな雷の音が鳴ってミサカすっごくびっくりして。
     …で気付いたら朝だったかもってミサカはミサカは一生懸命思い出してみたり…」

一方通行「もしかしたらびっくりした拍子に少し放電しちゃって、さらにもしかしたらあなたの電極に触れちゃってたのかも~。
     ってミサカはミサカは…怖そうにこっちを睨んでるあなたに愛想笑いして誤魔化してみたり…」エヘヘ

打ち止め「やっぱてめぇのせいじゃねぇかよ!!!つーか電気使いが雷なんかにビビってんじゃねぇ!」

美琴「………」ダラダラ

上条「ん?どうした御坂」

美琴「なっ、なんでもないわよ!別に、私も雷怖くて夜寝れなかったとかそんなんじゃないわよ!?」アワアワ

打ち止め・上条「「…………」」

71 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/09(金) 16:47:23.34 ID:LujndJU0 [25/32]
美琴「なっ、何よ!怖くないって言ってるでしょ!って、ていうか!それならまた同じことすれば元に戻るんじゃないの?」アセアセ

打ち止め「無理だな。お互いの能力は少ししか使えない。俺じゃぁせーぜーこの程度の静電気のみ、ってことだ」

美琴「あ、それなら私が二人の中継になって電気流してみようか?」バチバチビリビリ

打ち止め・一方通行「「…………」」


『超電磁砲って知ってる?』

『どうやってって、こうやって』

『あれー?おっかしいわね、あんま強く撃つつもりなかったのに』

72 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/09(金) 16:49:04.36 ID:LujndJU0 [26/32]
打ち止め・一方通行「「遠慮しておきます」ってミサカはミサカは即答速攻大否定してみる…」

美琴「どっ、どういう意味よそれ!!」

打ち止め「いや、お前に任せたらあの自販機の二の舞になるのは目に見えて解ってるんでな…」

一方通行「おっ、お姉様のお気持ちはすっごく嬉しいンだけど…ってミサカはミサカは明後日の方向を向いてみたり…」

上条「上条さんも二人に賛成します…」

美琴「なによぅ!私はこれでも第3位なのよ!?その気になったらハッキングから超電磁砲まで色々出来るのよ!?」

73 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/09(金) 16:50:31.18 ID:LujndJU0 [27/32]
打ち止め「いや、本当に勘弁して下さい」

一方通行「それにそれでまた成功するかも解らないし、万が一にもこの電極が壊れちゃったら大変だしってミサカはミサカは慌てて危険性を示唆してみる!」

美琴「そ、そりゃそうだけど…なーんか腑に落ちないわ…」

上条「まぁ、原因も解ったことだしなんとかなるんじゃないか?」

打ち止め「そぉだな。とりあえず今日は帰るか…」

一方通行「えっ、まだこのケーキ食べ終わってないンだけどォ…ってミサカはミサカは突然の帰宅宣言に慌ててみたり…」

美琴「ゆっくり食べてけばいいじゃない。打ち止めもほら、口にクリーム付いてるわよ」キュキュッ

74 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/09(金) 16:51:38.27 ID:LujndJU0 [28/32]
一方通行「ァう、ありがとォお姉様ってミサカはミサカは感謝してみたり」ニコッ

美琴「……なによ可愛いじゃない。一方通行、あんたもう少し愛想良くしなさいよ。見なさい、これあなたよ?普通に可愛いわよ?」

一方通行「?」モグモグ

打ち止め「俺が今さら愛想良く出来るかってぇの。ふん、くっだらねぇ…おいクソガキ。またクリーム付けてんぞ」

一方通行「えっ、ホント?どこどこってミサカはミサカは、はふ?」キュキュッ

美琴「はいはい。ゆっくりでいいのよ~」ニコニコ

75 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/09(金) 16:52:55.17 ID:LujndJU0 [29/32]
打ち止め「…………」

上条「御坂は完璧にお前をおもちゃにするつもりだな…。見ろよ、あのイキイキとした表情…」

打ち止め「俺に対する当て付けってことかよ」

美琴「まぁ、それもあるけど中身は打ち止めなのよ?私の大事な妹なんだからそれで接し方変えたら可哀想じゃない」

一方通行「お姉様はいつもこんな風に優しいんだよ?ってミサカはミサカは今度はチョコケーキを食べてみる」

打ち止め「まぁだ食うつもりですかぁ?夕飯入らなくなるぞ」

一方通行「むぐ。それは困るかもってミサカはミサカはこのケーキを最後にしてみる」

79 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/09(金) 23:52:46.11 ID:LujndJU0 [32/32]
***

一方通行「ごちそうさまでしたァ。ってミサカはミサカはきちんとお姉様にお辞儀してみる」

上条「なんか俺まで奢ってもらって悪かったな」

美琴「別にいいわよっ…、その、一緒に食べれたし…」ゴニョゴニョ

上条「さーってお前ら帰るんだろ?危ないから送ってくぞ?」

美琴「!わ、私も一緒に送っていってあげるわ!」

一方通行「ホント?ありがとう!ってミサカはミサカはバンザイしてみたり!」

打ち止め「ふん、勝手にしろ…」

81 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/10(土) 00:10:16.70 ID:.Jp5hYU0 [1/31]
一方通行「もー、心配してくれてるンだから少しは素直に感謝すればいいのにってミサカはミサカはあなたの天邪鬼ぶりに少し呆れてみる」

美琴「いいわよ、今さらこいつに感謝されても怖いだけよ」

上条「そりゃそうだな。感謝された方が驚くな」

打ち止め「あー、はいはい。どぉもすみませんねぇ。ほら、さっさと行くぞぉ」テクテク

一方通行「あ、待ってよォ!ってミサカはミサカは立ちあがってあの人を一生懸命追いかけてみる」

83 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/10(土) 00:19:30.82 ID:.Jp5hYU0 [2/31]
***

一方通行「ただいまーってミサカはミサカは挨拶してみたり」

打ち止め「靴があるってことは、…芳川が帰ってるってことか」

芳川「そういうこと。おかえりなさい。病院から電話もらったわ。大変みたいね」

打ち止め「はっ、大変なんてもんじゃねぇよ。特にクソガキの方がな…」

芳川「そうね、愛穂にも伝えておいたから今日は早く切り上げてくるって言ってたけど…」

一方通行「ミサカは大丈夫だよ?確かに少し動きにくいけど、この人は毎日大変なンだからってミサカはミサカは正直に言ってみる」

打ち止め「だから、そういうことじゃ…っあぁーめんどくせぇ!」バタバタ

85 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/10(土) 00:39:46.57 ID:.Jp5hYU0 [4/31]
芳川「あの子、自分のことであなたに迷惑かけたくないのよ」

一方通行「ミサカは本当に気にしてないのになァ…。むしろこの人のことがまた一つ理解出来て嬉しいのにってミサカはミサカは惚気てみる」

芳川「それにしても…、本当に入れ替わっちゃってるのね…不思議ねぇ…。能力は少しだけ使えるのよね」マジマジ

一方通行「う…、なンか研究魂に火が付いたみたいな顔で見られると怖いかなァってミサカはミサカはリビングに逃げてみる!」

芳川「あ、先にお風呂入っちゃいなさい」

一方通行「はァい。ってお風呂はどうするつもりなの?ってミサカはミサカはソファに寝転がってるあなたに聞いてみる」

打ち止め「あん?別に適当でいいだろ」

86 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/10(土) 01:06:55.03 ID:.Jp5hYU0 [5/31]
一方通行「いいの?あなたの裸を凝視しちゃうかもしれないよォってミサカはミサカは入れ替わりネタ特有の心配をしてみたり」

打ち止め「べっつにぃ。何度も一緒に風呂入ってんだろ?今さら気にするかよ」

一方通行「この手のネタだとそれなりにドキドキハラハラで盛り上がるシーンなのにあなたはそのフラグをぼっきり折っちゃう人なのね。
     ってミサカはミサカは先にお風呂場に移動してみる」

打ち止め「気にするようだったら朝着替える時にとっくに気にしてるっつーの。
     残念だったな。こっから先はカットだ」トコトコ

一方通行「サービス精神のかけらもない人なんだねってミサカはミサカはあなたの空気の読めなさを見ながら上着を脱いでみたり」ヌギヌギ

90 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/10(土) 01:27:35.23 ID:.Jp5hYU0 [7/31]

***

一方通行「朝ですよォってミサカはミサカはあなたを起こしてみたり」

打ち止め「ん、…?…やっぱ戻ってねぇか…ふぁ…」ノビーッ

一方通行「そう簡単にはいかないみたいだねってミサカはミサカは今日は目覚めのいいあなたを見てみる」

打ち止め「お前は寝起きいいからな…顔洗ってくる」

一方通行「今日も病院行くンでしょ?ってミサカはミサカはあなたを追いかけてみたり」

打ち止め「原因も解ったことだしさっさとなんとかしやがれって発破掛けに行くんだよ」

91 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/10(土) 01:49:26.06 ID:.Jp5hYU0 [8/31]
一方通行「ふゥン…」

打ち止め「お前今日は大人しく家にいろよ」

一方通行「連れて行ってって言おうとしたら先手を打たれたァ!ってミサカはミサカは項垂れてみたり…」ガックシ

打ち止め「なんか家で遊べそうなもんとか暇つぶし出来そうなもん買ってきてやるよ」

一方通行「それも嬉しいけどやっぱお外で遊びたいなァ…ってミサカはミサカはさりげなく窓の外を見てみたり」

打ち止め「ダメだ。お前じゃ危なっかしすぎる。いいか、大人しくしてろ。ヨシカワもヨミカワもこいつきちんと見張ってろよ?」

92 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/10(土) 02:02:42.38 ID:.Jp5hYU0 [9/31]

黄泉川「折角の休日なのにそりゃ可哀想じゃん?下の公園くらい行かせてやればいいじゃんね」

打ち止め「一方通行が公園でこんな気持ち悪いくらいの笑顔ではしゃいでたら即、風紀委員に通報されるぞ?」

黄泉川「そりゃそうだ」

芳川「それは納得ね」

一方通行「うわァン!あなたの日頃の行いが悪いせいでェ!ってミサカはミサカはソファの上で駄々をこねてみるゥ!」バタバタ

芳川「でも、確かにあなたじゃ外は危ないわ。狙われやすいもの、ね」

94 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/10(土) 02:08:47.22 ID:.Jp5hYU0 [11/31]
打ち止め「そーいうこった。じゃぁ行ってくるぜ」

黄泉川「あんたも気を付けて行くじゃんよ」

打ち止め「わぁーってるよ」バタン

一方通行「はァ、危ないのは解ってるけどあの人と遊び行きたかったなァってミサカはミサカは意外とあの人の身体は不便だと思ってみたり」

♪~♪

一方通行「ンゥ、メールだァってミサカはミサカはケータイを確認してみたり…、お、おォ!」

97 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/10(土) 02:29:25.86 ID:.Jp5hYU0 [12/31]
黄泉川「どうしたじゃん?」

一方通行「ねェねェ、ミサカを守ってくれる強い人と一緒にいれば危なくないよね!ってミサカはミサカは外出許可を取ってみたり!」

芳川「どういう意味?」

一方通行「お姉様が一緒に遊ぼう!って誘ってくれたのォ!ってミサカはミサカは二人にケータイを見せつつ報告してみる!」

黄泉川「あぁ、それなら大丈夫じゃんね?」

芳川「そうね、彼女なら今の一方通行より強いわけだし」

一方通行「やったァ!ってミサカはミサカはさっそくお姉様にお返事してみたり!」メルメル

100 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/10(土) 02:37:08.85 ID:.Jp5hYU0 [14/31]
***

美琴「迎えに来たよー」

一方通行「ありがとうお姉様!あの人に危ないから出ちゃダメって言われて退屈してたのってミサカはミサカは朝のやり取りを思い出してみる」

美琴「そんなことだろうと思って誘ってみたけど正解ね。まぁ、私がいれば安心でしょう?」

黄泉川「そんじゃこの子をお願いするじゃんよ」

芳川「あんまり迷惑かけちゃダメよ?」

一方通行「大丈夫だよォ。ミサカいつもいい子にしてるもンねってミサカはミサカはお姉様に同意を求めてみたり」

美琴「そうそう。打ち止めは優しくて可愛くていい子だもんね~。というわけでこの子のことは私が全力で守るので安心してください」

102 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/10(土) 02:45:16.96 ID:.Jp5hYU0 [16/31]
***

美琴「迎えに来たよー」

一方通行「ありがとうお姉様!あの人に危ないから出ちゃダメって言われて退屈してたのってミサカはミサカは朝のやり取りを思い出してみる」

美琴「そんなことだろうと思って誘ってみたけど正解ね。まぁ、私がいれば安心でしょう?」

黄泉川「そんじゃこの子をお願いするじゃんよ」

芳川「あんまり迷惑かけちゃダメよ?」

一方通行「大丈夫だよォ。ミサカいつもいい子にしてるもンねってミサカはミサカはお姉様に同意を求めてみたり」

美琴「そうそう。打ち止めは優しくて可愛くていい子だもんね~。というわけでこの子のことは私が全力で守るので安心してください」

103 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/10(土) 03:00:02.97 ID:.Jp5hYU0 [17/31]
芳川「よろしくね」

黄泉川「行ってらっしゃい。楽しんでくるじゃん」

一方通行「はァい!ってミサカはミサカは元気よく外に出てみる!いってきまァす!」パタン


芳川「それにしても…」

黄泉川「打ち止めが中にいるせいかもしれないけど…」

芳川・黄泉川「「一方通行って案外可愛い顔してる わね」じゃんよ」



打ち止め「…くしゅん!…?…誰か俺をバカにしてんじゃねぇのか?」クシクシ

104 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/10(土) 03:17:25.60 ID:.Jp5hYU0 [18/31]
美琴「杖の付き方上手になったわね?」

一方通行「うン。家に帰ってから少し練習したのってミサカはミサカは練習の成果をお姉様に見せてみたり」トコトコ

美琴「ふふ。あんまり調子に乗ると転んじゃうわよ?」

一方通行「それあの人にも言われたよーってミサカはミサカは……あ」

美琴「ん?どうしたの?」

一方通行「えっ、あ?な、なンでもないよってミサカはミサカは決して今通り過ぎた女の子お洋服が可愛くてミサカも欲しいなァなンて思ってないよ」アワアワ

美琴「…あ、確かに可愛いわね!あのフリフリがちょっと付いてるとことか!というか、打ち止めっていつもあのワンピース着てるわよね」

105 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/10(土) 03:18:44.23 ID:.Jp5hYU0 [19/31]
一方通行「うン。初めて着たお洋服であの人に「まァ、似合ってるンじゃねェの?」って言われた大好きなお洋服なの!
     ってミサカはミサカは自慢げにしてみるけど今はあの人だから着てないンだよねと思ってみる」

一方通行「お気に入りなのは事実なんだけど、あーいう可愛いお洋服もちょっと着てみたいかなァってミサカはミサカは本音を零してみたり」

美琴「それなら打ち止めの新しい洋服見に行く?」

一方通行「いいの!?ってミサカはミサカはお姉様を見上げて…じゃなくて見下ろしてみたり!」

美琴「うん。もちろんよ!それじゃぁ行きましょう!」

一方通行「はァい!嬉しいなァ♪ってミサカはミサカはお姉様の横にくっついて歩いてみる」

106 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/10(土) 03:20:06.42 ID:.Jp5hYU0 [20/31]
***

黒子「…ふぅ、風紀委員の仕事も終わりましたしどこかで昼食を……ハッ!!微弱ながらわたくしのお姉様センサーが反応をしていますわ!」キョロキョロ

黒子「この角ですわ!!」ズダダダダダダ

黒子「お姉様ぁああああああああ!!!」ガバァッ

打ち止め「ぅぎゃぁあああああああああああ!!!!」バターン

黒子「あら?あなたは…えっと、打ち止めさんでよろしかったかしら?」

打ち止め「(こいつは…超電磁砲の…)そっ、そうだよぉってミサカはミサカは立ちあがってみたりぃ…」

107 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/10(土) 03:20:50.84 ID:.Jp5hYU0 [21/31]
黒子「まぁまぁ!大変失礼致しましたの!お姉様かと思って飛びついてしまいましたわ!」アワアワ

打ち止め「ううん、大丈夫だよぉーってミサカはミサカは急いでるので今日はこの辺で~と言いながら距離を取って行ってみたり…」ジリジリ

黒子「ところで、お姉様はどこでしょうか?」

打ち止め「は?…ミサカは今日は一人で病院行ってたんだよってミサカはミサカは教えてみたり」

黒子「おや?おかしいですわね。打ち止めさんは今日はお姉様と遊んでるんじゃなかったんですの?」

打ち止め「へ?」

黒子「先ほどお姉様に昼食のお誘いメールを送ったら「今、打ち止めと遊んでるから!」って返って来たのですが…」

108 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/10(土) 03:21:38.09 ID:.Jp5hYU0 [22/31]
打ち止め(…打ち止めぇぇぇえええ!!!家で大人しくしてろっつったのにぃ!!)

打ち止め「あ、そ、そぉだったー。お姉ちゃんはお姉様がどこにいるか知らないかなぁ?ってミサカはミサカは聞いてみるぅ…」

黒子「そうですわねぇ……(ミョーンミョーンミョーン)…、南の方角からお姉様の気配がしますわ!!
   さぁさ!わたくしに掴まってくださいまし!空間移動で連れて行って差し上げますの!」

打ち止め「わ、わぁ、すごいねぇ…ってミサカはミサカは息の荒いお姉ちゃんにそっと掴まってみたり…」

打ち止め(おいおいおい大丈夫かよこいつ…)

黒子「うふふふ、小さいお姉様がわたくしにわたくしに!!」ヒュン

111 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/10(土) 16:32:48.87 ID:.Jp5hYU0 [24/31]
ヒュン

黒子「…っと、ここですわね…セブンスミスト…お買い物でしょうか?」

打ち止め(あいつ、俺の姿でこんな店に超電磁砲と…)ガックシ

黒子「はっ、来ましたわ!お姉様センサーにビビっと!7階のレディースファッションフロアですわ!」

打ち止め(空間移動者ってのは変態女しかいねぇのか…?)

黒子「一気に移動しますわよ!!待っててくださいましお姉様ぁああ!!」ヒュン

112 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/10(土) 16:33:16.13 ID:.Jp5hYU0 [25/31]

ヒュン

黒子「おっ姉様ぁあああああああん!!!」ズザァ!!

打ち止め「打ち止めぁあああ!!」ザシュッ!!


美琴「あ?」

一方通行「え?」


黒子「は?」

打ち止め「なっ…」パクパク

113 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/10(土) 16:34:17.80 ID:.Jp5hYU0 [26/31]
美琴「なんであんたたちがここに…?」

黒子「お、お姉様こそ今日はこの子と遊ぶと仰ってたではありませんの…?こ、こちらの女性は、…いえ…見覚えがありますの…
   あなた、確かお姉様の天敵さんである、あの…一方通行さんではありませんの…?はて?男性だと思ってましたが…」

打ち止め「な、んで…お前が、お前が…」

黒子「打ち止めさん?」

打ち止め「なんでお前が俺の姿でそんなひらひらした女の服着てやがるんだぁあああああ!!!」

一方通行「えっと、…どうせならこの姿でも色々着てみたら面白そうかなァ?
     ってミサカはミサカは女の子特有の買い物時のテンションの上昇による衝動買いに似た何か得体のしれないあの高翌揚感を説明してみたり…」

美琴「ホント、あの買い物時の異常なテンションの上がり具合って不思議よね。思わず一方通行にミニスカート履かせちゃったわ」ウンウン

114 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/10(土) 16:34:55.60 ID:.Jp5hYU0 [27/31]
打ち止め「お前らぁああああ!!」

美琴「あ、そうだ。打ち止め用に新しいワンピースも買ったのよ。この子じゃ今着れないからちょっとあんた今着てみてよ」ガシッ

打ち止め「なっ、離せっ!てめっ!」ズルズル

シャッ(試着室へ入った音)


黒子「………どういうことですの?」キョトン

一方通行「もう隠すのも面倒だから暴露するとねってミサカはミサカは試着室に連れて行かれたあの人を助ける気もないので無視してみたり」

115 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/10(土) 16:35:37.71 ID:.Jp5hYU0 [28/31]
***

黒子「はぁ、そんなことが…。それでこのようなことに…」ハァ

打ち止め「……………ッ///」フルフル

美琴「見て見て打ち止め!やっぱすごい似合ってるわよこの服!ここ、このリボンとここのフリルが最高よね!!」

一方通行「ホントだ!あ、じゃァこっちの服はどうかな?ってミサカはミサカは客観的に自分を見れることの最大のメリットを見出して喜んでみたり!」

美琴「そうそう、自分と同じ外見のヤツがいると何かと便利よねー。次はこれね!」キャッキャ

打ち止め(くそっ!!ちくしょう!!耐えろ…耐えろ…!!

116 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/10(土) 16:36:07.76 ID:.Jp5hYU0 [29/31]
黒子「あの、嫌なら嫌と仰ればいいと思いますの…。お姉様は一度スイッチが入ったらなかなか止まりませんのよ?」コソコソ

打ち止め「…いいんだよ…。あいつらが楽しいなら俺はそれでいいんだ…」ハァ

黒子「かっこいいこと言ってますが、見た目に説得力がないことをお忘れなく」

打ち止め「…っせぇよ」



黒子「やれやれ。みなさん揃いもそろって素直じゃありませんのね」

129 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/13(火) 00:35:10.48 ID:8f6DkKQ0 [2/43]

美琴「っはぁー!あー、楽しかったぁ!じゃ、昼食にしよっか?黒子もまだ食べてないんでしょ?合流出来たし一緒に食べましょう」

黒子「打ち止めさんと二人じゃなくてもよろしいんですの!?」

美琴「さっきは仕事終わりのあんたをわざわざこっちまで呼ぶのは気が引けたからね。打ち止めもいい?」

一方通行「うン。ミサカは全然平気だよってミサカはミサカは頷いてみる」

打ち止め「……………」グテッ

一方通行「大丈夫?ってミサカはミサカはベンチに座り込んで動かないあなたの顔を覗き込ンでみる」

打ち止め「……あぁ…?平気だから俺の顔で覗き込むな…」ナデナデ

130 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/13(火) 00:40:16.14 ID:8f6DkKQ0 [3/43]
黒子「変な光景ですわね…幼女に頭を撫でられる第一位…」

美琴「面白いから写メしとこうかしら。戻った後にあいつの弱み握れるわ」カシャ

黒子「ではわたくしも。いつか役に立つかもしれませんから初春に管理させますわ」カシャ


一方通行「お姉様、ご飯食べに行こう!ってミサカはミサカはこの人の手を握りながら空腹をアピールしてみたり」

打ち止め「ほら、ちゃんと杖で支えてろ。フラフラしてんぞ」

一方通行「だァーってェ、お腹空いたンだもォン~ってミサカはミサカは不貞腐れてみたり」

131 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/13(火) 00:45:55.92 ID:8f6DkKQ0 [4/43]
美琴「うんうん。じゃーそこのファーストフードでいいかしら?」

黒子「わたくしはお姉様と一緒ならどこでも構いませんのよ」

打ち止め「近けりゃどこでもいい」

一方通行「意義なァし!ってミサカはミサカは挙手して同意してみる」

美琴「それじゃ打ち止めと一方通行は席取っておいて。私と黒子で並ぶから。何がいい?」

打ち止め「うまそうなもんを適当に」

132 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/13(火) 00:50:40.56 ID:8f6DkKQ0 [5/43]
一方通行「ミサカはね、えっと、あ、あれ!おもちゃ付いてるヤツ!ってミサカはミサァぐ!痛い!何するの!」

打ち止め「お前、自覚あるよな?ありますよなぁ?俺の姿だってことを…?」

一方通行「あ、…ァ、りますよォ?もちろンありますよォ…?ってミサカはミサカは目を反らしてみたり…」

打ち止め「こいつも適当でいい。昨日のケーキの二の舞になる」

美琴「いいじゃないおもちゃ付きくらい。あんたが一緒に買えば違和感ないわよ」

黒子「はいはい。では、わたくしと打ち止めさんで席を取っておきますのでお二人で買ってきてくださいまし。わたくしはお姉様と同じものでいいですわ」

133 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/13(火) 00:57:08.75 ID:8f6DkKQ0 [6/43]
美琴「…、あれはあれで面白くていいんだけどなぁ…」

打ち止め「ふざけんな。俺に面白さを求めるんじゃねぇよ」

美琴「あんたももう少し無邪気さ出してもいいと思うけどね。廃れ過ぎなのよ。折角人と繋がり持ち始めたのに、不器用すぎんのよ」

打ち止め「それでお前はいいのかよ?俺が楽しそうにこの世界を生きてて」

美琴「………、さぁね。妹達があんたを許しても私は許さないけど、打ち止めがあんたの幸せを望むなら私はそれに同意するわ」

打ち止め「意味わかんねぇ」

美琴「私も解んない。まぁ、打ち止めが悲しむのは嫌ってとこは同じでしょ?あんたと同じで私は打ち止めと妹達には甘いのよ」

134 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/13(火) 01:03:00.60 ID:8f6DkKQ0 [7/43]
打ち止め「…………、ふん」

店員「いらっしゃいませ」

美琴「えっと、このセット二つとこのおもちゃ付いてるの一つ。で、あんたは何がいいの?」

打ち止め「なんでもいい」

美琴「それじゃ解んないわよ、あんたの好みなんか知らないんだから。ほら、メニュー考えなさいよ」

打ち止め「だからメニューまで届かねぇんだよ」

美琴「じゃーこうすればいいでしょ?」

135 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/13(火) 01:10:45.81 ID:8f6DkKQ0 [8/43]
打ち止め「は?」ヒョイ

美琴「ほら、抱えてるから早く決めてよ。あ、ドリンクはアイスティーとオレンジジュースとコーラで」

打ち止め「な、…!おろせよ!!」

美琴「だったら早く決めなさいよ。あ、あとアップルパイ一つとサラダ一つ追加で」

打ち止め「~~~ッ!!!これっ、これでいい!」バンバン

美琴「飲み物は?」

打ち止め「牛乳!」

137 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/13(火) 01:39:50.68 ID:8f6DkKQ0 [9/43]


黒子「まぁ、第一位さんというのは随分とお優しい方のようですね」

一方通行「そうだよ。無愛想な顔つきだし口悪いけどただの不器用さンなだけなの。ってミサカはミサカはあの人のイメージ払拭に頑張ってみる」

黒子「ツンデレさんというのは苦労しますのに…」

一方通行「?」

黒子「似た様な不器用さんが身近にいるんですの…。あ、お姉様、こちらですわ!」

美琴「お待たせー。打ち止め、おもちゃ付き買って来たわよ。あんまはしゃぐと横の不機嫌オーラダダ漏れの奴に怒られるからほどほどにね?」

一方通行「ホント!?ってあわわ、大人しくするから睨まないでってミサカはミサカはあなたの視線に萎縮してみるゥ!」

138 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/13(火) 01:50:43.05 ID:8f6DkKQ0 [10/43]
一方通行「あ、そういえば、病院はどうだったの?ってミサカはミサカは顔をしかめてご飯食べてるあなたに聞いてみたり…」

打ち止め「なんだよこれ。肉全然入ってないじゃねぇか…」モキュモキュ

美琴「適当に選ぶからそんなことになるのよ」

打ち止め「ちっ…。で、病院か?…偶然が重なり過ぎた事故だから人為的に同じ状況を作るのは難しい。安全面をしっかり保証する必要があるから
     少し時間をくれ、だとさ」

一方通行「そっかァ、まだしばらくあなたのままなのね。でも、この生活も慣れて来たよ?ってミサカはミサカはフォローを入れてみる」

打ち止め「はぁ…そぉかい…」

141 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/13(火) 01:58:09.86 ID:8f6DkKQ0 [11/43]
美琴「素直に打ち止めが心配って言えばいいんじゃないの?」

黒子(やれやれ。お姉様…、その言葉そっくりお姉様に返しますわ)

一方通行「大丈夫だよお姉様。この人が素直じゃないのは今に始まったことじゃないからってミサカはミサカは優しいお姉様に伝えてみる」

打ち止め「なんだなんだよなんですかぁ?揃いも揃って。俺は、こいつがまた勝手に外をうろちょろするんじゃないかって思ってるだけだよ」

一方通行「う…。でもでも、お姉様が一緒にいれば大丈夫でしょォ?ってミサカはミサカは安全アピールをしてみたり…」

黒子「打ち止めさん。そうじゃないんですの。きっとこの人は怖い思い自体してほしくないと思っているんですの。
   スキルアウトに絡まれることで、この人自身がどういうところに身を置いて他者にどう思われているかを知ってほしくないんではないしょうか?
   どうですか?一方通行さん?」

142 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/13(火) 02:14:34.69 ID:8f6DkKQ0 [12/43]
打ち止め「だぁからなんでてめぇら寄ってたかって俺の気持ちを代弁したがるんだよ!!」

美琴「…否定しないのね」

打ち止め「!?」ギクッ

一方通行「そっかァ…、ごめンなさい。ってミサカはミサカはあなたの言葉の意味に気付けなかったことと約束破ったことに謝ってみる…」シュン

打ち止め「おいおいおい…、なんだよお前ら本当になんなんですかぁ?」

一方通行「ミサカ、あなたのこと解ってたつもりだったけど、それってただの自己満足だったンだね…ってミサカはミサカは項垂れてみたり…」ウルッ

143 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/13(火) 02:16:01.38 ID:8f6DkKQ0 [13/43]
美琴「泣かせたわ…」ゴニョゴ-ニョ

黒子「泣かせましたわね…」ゴ・ゴニョラゴニョリータ

打ち止め「なっ、べ、別に、…お前が悪いとは言ってねぇだろ…!俺も、…アレだし…」モゴモゴ

一方通行「………」シュン

打ち止め「う、…あ、あー…、ったく、…あのなぁ?…うぁー…、ちゃ、ちゃんと言わなかった俺が、あの、悪い、ワケだし…な?」

一方通行「………」

打ち止め「…前にも言ったけどよ、…お前は、気にしなくていいんだ。…俺のことで無用な心配しなくていいんだよ…」

148 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/13(火) 02:43:35.15 ID:8f6DkKQ0 [16/43]
一方通行「むゥ、…それって過保護…ってミサカはミサカは拗ねてみる」

打ち止め「あぁ!?べ、別にそんなんじゃねぇっつの!」アタフタ

一方通行「えへへ…でも、ありがとうってミサカはミサカは素直に感謝してみたり」

打ち止め「ちっ…」

黒子「たまにはこうやって素直に意思疎通しないといつまで経っても相手に気持ちを伝えられなくて悶々とするだけですの」ジーッ

美琴「はっ?何?なんでこっち見てるのよ?」キョトン

150 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/13(火) 02:46:43.68 ID:8f6DkKQ0 [18/43]
黒子(この人には打ち止めさんという理解者がいますけど、お姉様が一番理解してほしい相手は超が付くほどの鈍感さん。やれやれ…)

美琴「ね?打ち止め、明日からは私たちが家に遊びに行こうか?そうすれば退屈はしないでしょ?」

一方通行「いいの!?ってミサカはミサカは嬉しい提案に胸躍らせてみたり!」

美琴「家の中なら周り気にすることもないしね」

打ち止め「おい、そのセリフおかしいぞ?さっきの服装思い出せよお前らはっ!」

黒子「よぉくお似合いでしたわよ?学園都市第一位の一方通行さん?」ニッコリ

打ち止め「やめろ、やっぱ忘れろ。今すぐ忘れてください」

151 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/13(火) 02:54:47.45 ID:8f6DkKQ0 [19/43]
***

帰り道

一方通行「あ、こっちの公園通ると近道だよってミサカはミサカは指差して教えてみたり」

美琴「本当に今からお邪魔しちゃって大丈夫なの?」

一方通行「うン。楽しみにしてるじゃン。って言ってたよってミサカはミサカは黄泉川から返って来たメール内容を教えてみたり」


上条「あれ?お前ら何してるんだ?」

美琴「え?どうしてあんたがここに?」

152 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/13(火) 03:00:40.56 ID:8f6DkKQ0 [20/43]
上条「買い物の帰りだよ。こっちのスーパーでタイムセールやってたから」

一方通行「…卵ばっかりってミサカはミサカはちらりと買い物袋の中身を覗き見てみたりして」

上条「その口調ってことはまだ元に戻ってないんだな?」

打ち止め「…………」

美琴「こんな卵ばっかりで栄養偏るわよ?」

上条「しょうがないんですぅ。上条さん家は食費を抑えまくらなきゃいけないんですぅ」

153 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/13(火) 03:03:25.29 ID:8f6DkKQ0 [21/43]
打ち止め「………打ち止め、あっちの自販機になんか飲みもん買いに行くぞ」グイッ

一方通行「はァいってミサカはミサカは素直にあなたに付いて行ってみたり」

黒子「?」

打ち止め「あいつがこのタイミングで出てくると大体ハプニングが起きる予兆だな…」テクテク

一方通行「ミサカもなンとなくお姉様がビリビリーってなる気がするってミサカはミサカはあなたと一緒に退避開始してみる」トコトコ

154 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/13(火) 03:05:46.66 ID:8f6DkKQ0 [22/43]
美琴「だからってちゃんと栄養考えないとだめじゃない?」

上条「そうか?まぁ所詮男子学生。お腹膨れればいっかーみたいなとこはあるけどな」

美琴「それがダメなのよねぇ、男って。どうせ味付けだって適当なんじゃないの~?」

上条「いやいや、それなりに出来ると思うぞ?」

美琴「えー?卵ばっか買い込んでる男の料理なんてたかが知れてるわよぉ?」ニヤニヤ

上条「御坂には男の料理のなんたるかが解んないだけだろ?てゆーかお前料理とか焦がしそうだよな?」

155 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/13(火) 03:07:19.39 ID:8f6DkKQ0 [23/43]
美琴「どういう意味よ!私これでも常盤台っていうお嬢様学校なんだけど?」

上条「だからお嬢様ってあんまり自分から料理しなさそうじゃないか?」

美琴「家庭科の授業でそれなりに習ってて味だって結構おいしいわよ!」

上条「はははっ、そうか?案外足引っ張ってそうだけどなー。こうドジッ子みたいに食器ひっくり返したり」

美琴「そんなことないわよ!ねっ、黒子!?私の料理って結構おいしいわよね!」

黒子「そうですわね。お姉様はこう見えて結構器用ですのよ?意外と物事そつなくこなす人ですの」

156 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/13(火) 03:08:16.94 ID:8f6DkKQ0 [24/43]
上条「へぇ?さすがお嬢様学校の学生だな」

美琴「ほら見なさいよ!見なおしたでしょう?」フフン

上条「御坂みたいにしょっちゅうビリビリしてくるお嬢様っぽくない子もそれっぽく見えるんだもんなぁ」アハハハハ

黒子(全く、この殿方は…)ハァ


美琴「なっ、な、な、なんですってぇえええ!!?」ビリッ・・・パチン・・・パチパチ

上条「ははははぁ、…ってあれ?あのぉ、御坂さぁん?」

158 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/13(火) 03:09:40.96 ID:8f6DkKQ0 [26/43]
美琴「今日という今日は許さないわ!!勝負よ!!!」バチバチッ

上条「うぉぉ!?」パシン

美琴「ふふっ、右手を出す暇も与えないくらい攻撃してあげるわ!」バチンバチッ

上条「ふっ、不幸だぁあああああ!!」ダッ

黒子「お姉様もこのくらいで怒ってるから進展がないんですのよ…?」

美琴「待ちなさいぃぃいい!!!!」ダダダッ

黒子「聞いてませんわね。はいはい、そこのお子様たち、危ないですので少し離れたところにいて下さいまし。電撃姫が暴れてますのよ~」

159 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/13(火) 03:10:20.77 ID:8f6DkKQ0 [27/43]
***

一方通行「コーヒーって苦いだけなのにどうしてあなたはいつもコーヒーを飲むの?ってミサカはミサカは出会った頃からの疑問をここでぶつけてみたり」

打ち止め「ガキにゃあの深みが解んねぇだけだ」

一方通行「カフェイン中毒になっても知らないぞォってミサカはミサカはこのリンゴジュースがいい!って指差してみる!」

打ち止め「自分で押せ。届くだろ。俺は、…こっちのミルクティだ」

一方通行「もしかして牛乳系ハマった?ってミサカはミサカは昨日から牛乳ばっか飲ンでるあなたにズバリ真相を問いただしてみたり」

打ち止め「コーヒー飲めねぇ代わりだよ。牛乳だったらお前の身長もちったぁ伸びるんじゃねぇの?」

160 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/13(火) 03:11:19.25 ID:8f6DkKQ0 [28/43]
一方通行「おォ、ミサカが身長伸びないこと気にしてたの知ってたのね?ってミサカはミサカはさりげないあなたの気遣いに嬉しくなってみたり…ん?」



上条『のわぁ!お前その攻撃は卑怯だって!』ノラリクラリ

美琴『うっさいわねぇ!あんたの右手の方がよっぽど卑怯よ!』バリバリドカーン



一方通行「あー、やっぱり離れてて正解だったねってミサカはミサカは案の定ビリビリしてるお姉様を見ながらリンゴジュースを飲んでみたり」ゴクゴク

打ち止め「お互い学習しないやつらだなぁ…」ゴクゴク

161 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/13(火) 03:12:02.80 ID:8f6DkKQ0 [29/43]
一方通行「ねェねェ、このベンチの後ろ見て見て。花壇になってるよってミサカはミサカは身体を捻って覗いてみたり」


『ちょっ、タンマ!』


打ち止め「あぁ?…ふぅん。なんでわざわざこんな目立たない場所に設置したんだ?」


『何よそれふざけてんの!?』


一方通行「この花可愛い。なンて花かなァってミサカはミサカは手を伸ばすも届かなかったり」


『ふざけてません!マジで!』


打ち止め「勝手にむしるなよ?…そりゃ「撫子」だな」

162 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/13(火) 03:12:58.37 ID:8f6DkKQ0 [30/43]
『もう!さっきから逃げてばっかじゃないのよ!』


一方通行「………」

打ち止め「なんだよ、その「うわぁ、一方通行の口からそんな可愛い単語が出てくるなんてぇ」みたいな顔は。撫子くらい誰だって知ってるだろ」


『逃げなきゃ死ぬだろ普通!』


一方通行「じゃァこっちは?ってミサカはミサカはピンク色のお花を指差してみたり」

打ち止め「コスモス。…おい、ちょっと待て。笑うな。常識だろ?」

163 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/13(火) 03:13:55.39 ID:8f6DkKQ0 [31/43]
一方通行「だって、お花なンか全く興味なさそうなのにっ、ってミサカはミサカは、あなたの意外性に驚いて、くすくす、みたり…」


美琴「そんじゃぁこれならどう!?」バチバチバチ


打ち止め「…けっ、勝手に笑ってろ…ん?…おい、打ち止め、逃げるぞ…」


上条「うわぁ、なんか追いかけてくるぞこの電撃!?」

美琴「あんたの身体から発する微弱な電気を認識して追いかけてるのよ!」

164 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/13(火) 03:14:49.66 ID:8f6DkKQ0 [32/43]
一方通行「え?うわ、なんかこっち向かってるね!ってミサカはミサカは慌てて杖をっ、あわわっ!」ドテッ

打ち止め「チッ、あいつらこっちに気付いてねぇ…!おい!!てめぇあっち行け!!何向かって来てんだよ!!」

上条「へ?あ?…なぁあ!?無理!止まりません!!避けろってかお願いだから避けてくださいッ!!」

打ち止め「バカか!!人様に迷惑かける決闘なんかしてんじゃねぇよ!!」

美琴「えっ、ちょ!?ホントに危ないわよ!!」

165 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/13(火) 03:15:33.36 ID:8f6DkKQ0 [33/43]






上条「うわぁああああ!!」




ドカーン!!










166 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/13(火) 03:16:15.15 ID:8f6DkKQ0 [34/43]




黒子「お姉様!?」ヒュン

美琴「あはははは…どうしよう…」オロオロ

黒子「あの殿方なら大丈夫だと思いますが…全く!お姉様はもう少し周りに気を配ってくださいな!すぐ周りが目に入らなくなるんですから!」

美琴「うわぁん、ごめんなさいぃー!」オロオロワタワタ

モゾモゾ

打ち止め「ん、…いったたたぁ…ってミサカはミサカは起き上がって…あれ?目の前にあの人がいる?…声もミサカ?」

167 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/13(火) 03:16:43.28 ID:8f6DkKQ0 [35/43]
美琴「打ち止め!!無事だった!?」

打ち止め「お姉様!もしかしてミサカ元に戻った!?ってミサカはミサカは駆け寄ってくるお姉様を見ながら驚いてみたり!」

美琴「わぁぁん、良かったぁ!ごめんね打ち止め!!痛いとこない!?」

打ち止め「うんってミサカはミサカは頷いてみる…あ、あの人は大丈夫かな!?」

一方通行「あァー…?」ムクッ

黒子「よかった、意識が戻りましたのね?上条さんも気絶してるだけで無事ですわ!」

168 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/13(火) 03:17:28.31 ID:8f6DkKQ0 [36/43]
打ち止め「あなたも戻ったのね!ってミサカはミサカはあなたに思い切り抱きついてみたり!」ガバッ

一方通行「うわっ、…打ち止め…?」

美琴「ご、ごめんなさい一方通行…。打ち止めもあんたも巻き込んじゃって…」

打ち止め「元に戻ったんだから万事OKだよ!ねっ?ってミサカはミサカはあなたに同意を求めてみたり」


一方通行「え?…あの、すみませン…上条さン話が全く見えないンですけど…」

169 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/13(火) 03:18:05.98 ID:8f6DkKQ0 [37/43]






「「「 ! ! ! ? ? ! ! ? ? ! ? 」」」







美琴「え?…ちょ、待って?…今、あんた…?」

一方通行「いや、だから上条さンは…、ちょっと待ってくれ。そこで気絶してるの、俺だよな?っつーか俺だよ間違いなく…」

打ち止め「え…っと、もしかして…?ってミサカはミサカはあなたの視線の先にいるあの人を捕捉してみたり…」

美琴「うそ…うそ…まさか…そっちは…」

黒子「の、のびてるところもうしわけませんが…お、起きてくださいまし!!」ユサユサ


上条「ん…?…ジャッジメントか…?どうなった?…はっ、打ち止めは!?」ガバッ

170 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/13(火) 03:18:53.72 ID:8f6DkKQ0 [38/43]
上条「打ち止め!大丈夫だったか!?」

打ち止め「う、うん…ってミサカはミサカはうわぁって顔をしながら返事してみたり…」

上条「おい超電磁砲てめぇ、なぁに一般人巻き込んじゃってるんですかぁ………ん?」

一方通行「…………は、はははははは…」

上条「ちょっと待て。なんで俺がそこにいる…、……待てよ、おいおい…マジかよ…」

一方通行「ふっ、不幸だァ…」ガクッ

171 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/13(火) 03:19:21.79 ID:8f6DkKQ0 [39/43]
美琴「あ、あいつの中に一方通行が入って、一方通行の中にあいつが入ってて…はは、ははははは…あははははは…」カクカク

黒子「おっ、お姉様しっかり、しっかりしてくださいまし!!」ガクガクユサユサ

打ち止め「ミッ、ミサカはあなたがあなたじゃなくてもあなたがあなたならミサカはミサカは…えへ、えへへへへ…」

上条「はっ、はははは…」

一方通行「あはは、…ははっ、は…」


上条・一方通行「「不幸だ…」」




終わり!

コメント

御坂うざい

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。