FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初春「あ、佐天さん」

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/15(土) 20:14:27.05 ID:K/ROizKRO [1/31]
初春「あれ、聞こえなかったのかな…」

初春「佐天さーん!」



初春「…無視された」


佐天「おーい、初春ー」

初春「あれ? 佐天さんいつの間に後ろに?」

佐天「はい?」

4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/15(土) 20:18:23.82 ID:K/ROizKRO
佐天「コンビニから出てきた私が初春を無視して歩いていったー?」

初春「ひどいですよー」

佐天「いやいやいや、私コンビニ入ってないし」

初春「でもあれは間違いなく佐天さんでした」

佐天「私のそっくりさんじゃない?」

初春「あそこまで似ている人はそうそう居ないですよ」

6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/15(土) 20:23:31.91 ID:K/ROizKRO


初春「昨日のは見間違いだったのかなぁ…」

初春「あ! またコンビニから佐天さんが」

初春「…そうだ」

ピッ プルルルルル

佐天『もしーん』

初春「佐天さんですよね」

佐天『変なの、掛けてきたのは初春じゃん』

初春「ああ、あの人はやっぱりそっくりさんだったんだ」

佐天『はえ?』

7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/15(土) 20:26:35.09 ID:K/ROizKRO
佐天「何何、どういうこと?」

初春『昨日と同じコンビニから佐天さんみたいな人が出てきたので、後を追いつつ電話してみたんです』

佐天「ああ、なるほど」

初春『いやー、世の中本当に似ている人っているんd』

ブッ ツーッツーッ

佐天「およ?」

8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/15(土) 20:32:02.41 ID:K/ROizKRO


佐天「初春のやつ、急に電話切るし出なくなるし、何なんだろ」

佐天「そっくりさんの一人や二人、いてもおかしくないじゃん」

佐天「…」


佐天「ちょっと心配だし、一応例のコンビニに行ってみよう」

9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/15(土) 20:36:00.16 ID:K/ROizKRO


佐天「お、初春発見。心配させおって」

佐天「うーいーはーるー!」バッ

ペローン

「何をするか」

佐天「へ?」

「人のスカートを公衆の面前で晒すとは、お前痴女か鬼畜か」

佐天「いつもの初春じゃない…」

11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/15(土) 20:40:41.55 ID:K/ROizKRO
「初春? 人違いじゃないか」

佐天「し、失礼ですがお名前は…」

初夏「初夏、初夏飾利だ」

佐天「う、ういなつ…」

初夏「すまないが私はこれで失礼する」

佐天「あ、すみませんでした」



佐天「…そっくりさんぐらいいてもおかしくないよね」

13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/15(土) 20:48:37.17 ID:K/ROizKRO
佐天「初春どこいるんだろ…」

プルルルル

佐天「つながらないし」

「お困りですか?」

佐天「ええ、ちょっと…」

佐天「って初春!」

初秋「ええっ 私初春って名前じゃないです、初秋ですよ」

佐天「次は秋かい…」

14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/15(土) 20:54:59.53 ID:K/ROizKRO
初秋「私で良ければお手伝いしますよ?」

佐天「あなたは初春モドキの中で一番いい子だわっ」

初秋「あまり褒められた気がしないんですが…」

佐天「ごめんごめん」

初秋「ところで、何で困ってるんです?」

佐天「あなたそっくりの初春って子を探してるのよ」

初秋「そっくり?」

15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/15(土) 21:05:00.00 ID:K/ROizKRO


初秋「へー、じゃあ初春さんの他に初夏さんにも会ったんですね」

佐天「今でも同一人物じゃないか疑ってるけどね」

初秋「そんなに似ているんですか」

佐天「微妙ーに違うけどね」

初秋「どんな風にです?」

佐天「初春はいかにも小動物って感じで、初夏さんは凛としてしっかりしてる感じ。初秋は…」

初秋「私は?」

佐天「初春ベス」

初秋「ベス…?」

16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/15(土) 21:09:50.83 ID:K/ROizKRO
佐天「お、あれぞ正に初春」

初秋「本当に私そっくりです!」

佐天「てか、やっぱり同一人物じゃなかったんだ」

初秋「私は初秋ですっ」

佐天「わかったわかった」


佐天「初春ー」

「…」

初秋「反応ないですね」

佐天「もしや…」

18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/15(土) 21:12:30.51 ID:K/ROizKRO
佐天「初冬…さん?」

初冬「…どうして私の名前を」

佐天「あはは…やっぱり」

初冬「……ぁ」

初秋「間近で見ると鏡みたいですね」

初冬「…私だ」

佐天「いやいや、あなたじゃないよ?」

初冬「…?」

初秋「えっ」

佐天「えっ」

19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/15(土) 21:18:35.08 ID:K/ROizKRO
佐天「こうして並べると一見瓜二つ…」

佐天「しかしっ 私は気づいた、決定的な差を!」

初秋「何ですか?」

初冬「…」

佐天「頭の花飾りが名字にリンクしているッ」

初秋「…」

初冬「…」

佐天「あ、あれ?」

初冬「…何いってるの」

初秋「ちょっと良くわかりません」

佐天「何で初春ズは花飾りについてノーコメントなの…」

20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/15(土) 21:23:54.02 ID:K/ROizKRO


佐天「初春ズの連絡先手に入れたし、帰ろうかな」

佐天「最後に一回だけコールしとこ」


プルルルル


初春「もしもし」

佐天「あ、初春」

初春「どうしました?」

佐天「どうしたじゃないよー、着歴見てよー」

初春「もしかしてずっと呼び出してました?」

佐天「してた」

21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/15(土) 21:29:11.02 ID:K/ROizKRO
初春「すみません、ちょっと寝てて」

佐天「え、今起きたの?」

初春「そうなんですよ」

佐天「人が心配してるのにコレだよっ」

初春「すみません」

佐天「冗談だよ、面白いものも見れたし」
初春「面白いもの?」

23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/15(土) 21:58:08.21 ID:K/ROizKRO
佐天「初春のそっくりさんだよ」

初春「私のそっくりさん?」

佐天「しかも三人」

初春「さ、三人!?」

佐天「初春を入れて春夏秋冬揃ったっていう冗談みたいな奇跡」

初春「またまた、騙されませんよー」

佐天「じゃあ明日会わせてあげるよ」

初春「…や、そこまでしなくていいですって」

佐天「遠慮はいらないよ」

24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/15(土) 21:59:59.77 ID:K/ROizKRO
ピッ

佐天「明日が楽しみだなぁ」

佐天「…そういえば、尾行してたはずの初春がどうして昼寝を?」



佐天「まぁいいか」

25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/15(土) 22:02:55.97 ID:K/ROizKRO


黒子「ジャッジメントですの、あなたを拘束します」

「…」

黒子「ん? あなたは、佐て」

………

……

27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/15(土) 22:08:31.73 ID:K/ROizKRO
翌日


初春「佐天さーん」

佐天「お、本物の初春だ」

初春「わわっ 私が二人!?」

初秋「この子が初春さんですかー」

初冬「…似てる」

佐天「シャッフルしたらわからないね」

28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/15(土) 22:18:10.52 ID:K/ROizKRO
佐天「後は初夏さんだけかぁ」

初春「初夏さんは呼んでないんですか?」

佐天「あの人の連絡先知らないんだよね」

初秋「何でです?」

佐天「や、ちょっと私の第一印象良くないかもしれないと思うと…」

初春「何をしたんですか?」

佐天「……フレンドリーなスキンシップかな?」

初春「スカートめくりですね。悲しいことにわかります」

30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/15(土) 22:30:27.00 ID:K/ROizKRO
佐天「あ、でも例のコンビニあたりに居れば会えるかも」

初春「…コンビニ」

佐天「あの初春が私のそっくりさんに会ったっていうとこ。私も昨日…」

初春「や、止めましょう!」

佐天「へ?」

初秋「どうしたんです? 急に」

初春「もしコンビニに行って、あの人に会いでもしたら…」


「愛でも生まれちゃうかい?」

初春「ひゃああああああああ」

34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/15(土) 22:39:10.38 ID:K/ROizKRO
佐天「初春!?」

「愛しの君、また会えて嬉しいよ」ダキッ

初春「ひいいいっ」

「もう離さないよ、私の愛を受け取ってくれ」モゾモゾ

初春「ひゃああああんっっ」

佐天「初春…何て艶っぽいの」

初冬「…あっちの佐天もこっちの佐天もそっちの人なの」

佐天「失礼なっ ちょっと、私と同じ顔で初春にセクハラしないでよ」

35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/15(土) 22:44:33.40 ID:K/ROizKRO
初春「さ、佐天さぁん…」

「おや、これは奇っ怪な」

佐天「私は佐天涙子。初春の恋人よォ!!」バーン

秋冬「ナ、ナンダッテー」

「そうなのかい? 初春君」

初春「違いますっ」

佐天「うん、違う」

「そうなのかい、安心したよ」

佐天(この人本物だわ…)

37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/15(土) 22:49:07.98 ID:K/ROizKRO
佐地「私は佐地、佐地涙子。私と同じ顔がもう一つあるのも驚きだが、初春君が三人というのも驚きだ」

初冬「…驚くには早い、……まだ一人いる」

佐天「そして多分私達のそっくりさんがもう一人いるね」

佐地「なぜそう思う?」

佐天「展開的に」

初秋「次は『人』ですかね」

39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/15(土) 23:03:42.04 ID:K/ROizKRO
美琴「おーい!」タタタッ

初春「あ、御坂さん」

美琴「うぇ!? なにこれ!?」

佐天「実は私達、双子と三つ子だったんです」

美琴「そうなの!?」

初冬「…隠しててごめん」

初秋「さ、佐天さん」

初春「今のは嘘です、嘘」

美琴「え!? 兄弟じゃないの!?」

佐地「なるほど、逆に全員他人の方が不自然だね」

初春「もー! 佐天さんっ」

佐天「ごめんごめん」

40 名前:>>38その発想はなかった[] 投稿日:2010/05/15(土) 23:08:08.22 ID:K/ROizKRO


美琴「これをそっくりで片付けるあんた達は大物ね…」

佐天「いやぁ」

初春「今の皮肉ですよ」

初秋「それより、私達に何か用じゃなかったんですか?」

美琴「そうだ! 黒子見なかった?」

佐天「見てないです」

初春「どうしてですか?」



美琴「黒子も増えてるのよ」

47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/15(土) 23:23:21.41 ID:K/ROizKRO
初春「どういうことです?」

美琴「私にもわからないけど、素行の悪い黒子がいたら連絡して! 頼むね」タタッ

佐天「あ、ちょっと」

佐地「行ってしまったね」

初春「素行の悪い白井さんですか…」

初秋「どんな人なんです?」

佐天「ツインテールで小柄で、お嬢様言葉で…」


「お待ちなさーい!」

「誰が待つか! バーカ!」

初冬「…あんなかんじ?」

佐天「そうそうあんな感じ…」

初春「本人ですって!」

48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/15(土) 23:28:35.84 ID:K/ROizKRO
佐天「本当に白井さんが二人いる」

初春「関心してないで白井さんを援護しましょうよ」

初秋「どっちが白井さんです?」

初冬「…どっちも」

佐天「こうテレポ連発されるとヤムチャの心境だね」

佐地「面倒だからまとめてやっちゃおう」バッ

初春「まさか、超能力!?」

佐天「私使えないのにっ」

50 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/15(土) 23:32:18.88 ID:K/ROizKRO
ビュオオゥ

黒子「突風ですの!?」

「うわっ バランスが!?」

ゴチッ

黒子「頭がぁぁぁ…」ズキズキ

「ぐぅぅぅ…」ズキズキ


佐地「ざっとこんなものさ」

佐天「うむ、大儀であった」

佐地「…」

初冬「…佐天、何もしてない…」

51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/15(土) 23:42:51.05 ID:K/ROizKRO


黒子「この私の顔をした下品な方は『黒井白子』。常盤台で暴れてくれたお陰で、私は冤罪をかけられましたの」

白子「あんなえーかっこしーの所、堪えらんねーよ!」

美琴「まぁ、黒子も大概だけど…」ボソッ

黒子「しかも、校外に出たら今度は野蛮な男共と遊ぼうとする始末っ」

白子「ナンパされただけだよ! いいじゃんちょっとぐらい」

黒子「男なんかよりお姉様の方がいいに決まってますのっ」

白子「キモッ キモいよレズ!」

佐天「どっちもどっちだね」

初春「どっちもどっちですね」

62 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/16(日) 04:35:41.07 ID:W4/FSvOH0
ここまでのまとめ

初春:原作
初夏:凛としてしっかりしてる感じ
初秋:初春ベス(優しさ特化)
初冬:語頭に三点リーダ、ダウナー系?

佐天:原作
佐地:初春好き好き。風の能力?
佐人:未登場
左天:第四波動

白井黒子:原作
黒井白子:黒子曰く下品。テレポート使い

ここでスレ落ち

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。