FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

弥彦「薫ゥッ!!中に出すぜッ!!!」

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/15(土) 00:27:25.10 ID:RY/l08OxO [1/23]
薫「やめて弥彦!中はっ…中はだめええええぇ」

弥彦「いいだろ、俺の子も産んでくれよ!イクぜえええェ!!!」

薫「いやああああああああ!!!!!」

ガラッ

剣心「お~い薫殿、剣路のおやつは何処でござr…」

剣心「おろ」

18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/15(土) 00:51:20.92 ID:RY/l08OxO
剣心「………」

薫「け、剣心ッ…!」

弥彦「おう剣心」

剣心「またか弥彦…剣路の教育に良くないから、真っ昼間からそういうことは控えてほしいでござるよ」

弥彦「悪ィ。けど薫がいつまでも俺のコト餓鬼扱いするから腹立ってよー」

剣心「心配せずとも薫殿はお前を認めてるでござるよ。で、剣路のおやつは何処でござるか?」

薫「ごめん、買い置き…してないの…」

剣心「そうか、ではちょっくら剣路連れて駄菓子屋にでも行ってくるでござるよ」スタスタ

薫「行ってら…しゃ…」

弥彦「………」

23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/15(土) 00:55:04.18 ID:RY/l08OxO
弥彦「よしっ、もう一発いくか!」

薫「何言ってんのよバカ!大体あんた燕ちゃんはどうしたのよ?!」

弥彦「アイツは昼間仕事だから夜会う約束してんだよ!だからホラさっさと稽古しようぜ」

薫「何が稽古よ!まったく…」

???「ごめんくださーい」

28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/15(土) 01:01:10.95 ID:RY/l08OxO
弥彦「誰か来たぜ」

薫「分かってるわよ!服着るからさっさとどいて!」

弥彦「嫌だね」

薫「!ちょっとあんたいい加減に…」

弥彦「もう一回やるって言っただろ?」ギシ…

薫「ダメだってば!弥彦ぉ!どきなさいよ…っぁ」

弥彦「聞かねェよ。何故なら俺は反抗期真っ盛りだからな」

――――――

操「ごめんくださ~い…あっれーおかしいな?誰もいないのかな?」

34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/05/15(土) 01:09:00.68 ID:RY/l08OxO
操「おっかしいなぁ、この時間に誰もいないなんて。せっかく遊びに来たのにィ~…
  まっそのうち帰ってくるだろうし中で待ってようかな!おっじゃましま~す」


薫「―ッ!この声ってまさか操ちゃ…」ムグ

弥彦「静かにしろよ。こんな姿見られたいのかよ?」

薫「……ッ」フルフル


操「とりあえずお茶でも煎れよっと。湯呑みって確かここだっけ?あれ?」ガサゴソ



41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/05/15(土) 01:17:41.56 ID:RY/l08OxO
操「ふ~お茶美味し~。それにしても早く誰か帰ってこないかな~。
  薫さんのおはぎ食べたいな~弥彦のやつ更に生意気になってるだろうな~剣路イケメンに育ってるかな~緋村老けてないかな~」

操「…」

操「暇…」



弥彦「あのヤロー、何人ん家に勝手に上がりこんでやがんだよ…」ユッサユッサ

薫(猿轡)「んーッ!んんーッ!!」

弥彦「え?何だよ?縛られて口塞がれて興奮するって?
   しょうがねぇ師匠だな、ったくよォ!!」ズコバコ

43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/05/15(土) 01:23:28.72 ID:RY/l08OxO
剣心「ただいもー」

操「あっ緋村!」バタバタ

剣心「おろ?」

操「緋村!久しぶり!元気にしてた?!」

剣心「操殿!来ていたでござるか」

操「うん!でも誰もいないから勝手にお邪魔してたんだ、ごめんね」

剣心「いや、それは構わんが…(誰もいない…?)」



45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/15(土) 01:32:48.46 ID:RY/l08OxO
操「ねぇ他のみんなは?」

剣心「ん?ああ、剣路は今し方外へ遊びに行ったでござる。薫殿と弥彦は…まぁ出稽古か何かじゃなかろうか」

操「そっか…じゃあ二人きりだね」

剣心「ああ」

操「ていうか緋村、全然変わってないね」

剣心「そうか?…操殿は…大人っぽくなってきたでござるな」

操「ホント?!嬉しい!蒼紫様なんかいつまでたってもあたしのコト子供扱いするからさー」

剣心「ハハハ、蒼紫はあれで心配性でござるからな」

操「そうなんだよねー…だから、あたしを一人前の女として見てくれるのは緋村だけだよ」

剣心「操殿…」

操「ね、せっかく二人きりだし…久しぶりに…しない?」



52 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/15(土) 01:47:26.10 ID:RY/l08OxO
操「あぁっ…緋村ッ、激しいよぉっ…!だめぇッ!」

剣心「何が駄目なんだ…?お前が俺を誘ったんだろ?」パンパン

操「はぅッ、その目…その目イイッ!もっと、もっとして緋村ぁっ!あん!」

剣心「この淫乱女が…京都の御庭番衆が聞いて呆れるな。今までどれだけの男をくわえて銜えてきたんだ?」パコパコ

操「やぁん…あたしは緋村だけ、だよ…っ」

剣心「嘘だな」ズッグン

操「ひゃあああん!!うっ嘘じゃ…」

56 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/15(土) 01:53:33.55 ID:RY/l08OxO
由太郎「東京も久しぶりに来てみると大分変わってるな。弥彦のやつ、生きてるかな?」グゥ~

由太郎「ん、ちょっと腹が減ったな。道場に行く前に赤べこで飯でも食っていくか」

妙さん「いらっしゃぁ~い」

61 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/15(土) 02:10:26.25 ID:RY/l08OxO
由太郎「ん?何やら騒がしいな…」ざわざわ

剣路「おい燕のねーちゃん!俺とせっくすしろよ!」

燕「ちょ、ちょちょっと剣路くん!困りますってばぁ!!私仕事が…」

剣路「いいから俺と遊んでくれよ!いいだろ妙さん?」

妙さん「しゃあないなぁ。燕ちゃん、剣路ちゃんの面倒見たげてやぁ~」

燕「えっ!で、でもぉ~…!」

剣路「じゃあ行こうぜ」グイグイ


由太郎「なんだあの生意気なガキは…つか誰かに似てるような気がするのは気のせいか?」

64 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/15(土) 02:19:37.19 ID:RY/l08OxO
剣路「ここでいっか」

燕「ちょっと待って、連れ込み宿なんて…慌てて出てきちゃったから私お金持ってないよ…」

剣路「そんなの親父の名前でツケとけばいーんだよ。ほら早く…」

由太郎「ちょっと待った」

燕「!」

剣路「あ?何だよテメーは」

由太郎「事情は大体分かった。でも君みたいなガキがツケで連れ込み宿なんて十年早いよ」

剣路「チッ…これだから大人はウゼェんだよ。この駄菓子やるから見逃せよ」

由太郎「いや駄菓子はいい…その代わり」

剣路「?」

由太郎「俺も混ぜてくれたら金出してあげてもいいよ」

燕「」

67 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/15(土) 02:27:17.94 ID:RY/l08OxO
恵「アポなしで東京まで訪ねてきちゃったけど、剣さん達いるかしら…」

???「おっと、お嬢さんハンケチを落とされましたよ」

恵「あ、どうもすみません…ってゲッ!!あんたは…!」

斎藤「なんだ女狐か」

71 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/15(土) 02:31:44.51 ID:RY/l08OxO
恵「なんだ女狐かじゃないわよ、このスダレ頭…何でこんな所にいるのよ」

斎藤「仕事だ。上の方から抜刀斎に伝言があってな…顔も合わせたくないと思っていたが」

恵「あんたの顔見ると何だか嫌な予感しかしないわ」

斎藤「フン…」

恵「…」

斎藤「…」

74 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/15(土) 02:36:30.50 ID:RY/l08OxO
恵「と、とりあえずあんた先に入りなさいよ」

斎藤「お前が先に行け。格好がつかんだろ」

恵「はぁ?何よそれ…」

蒼紫「そこをどいてくれないか」

斎藤「!」

恵「あ、あんたは…!!」

76 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/15(土) 02:39:11.87 ID:RY/l08OxO
恵「何であんたがここに…!」

蒼紫「いや、操が心配でな。こっそりついてきた」

恵「こっそり…ってえ?操ちゃんも来ているの?」

斎藤「こっそりか…流石は御庭番と言ったところか」

蒼紫「…」

斎藤「…」

恵「…」

恵(何なのよコレ)

81 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/15(土) 03:04:13.44 ID:RY/l08OxO
弥彦「…チッ、薫のやつ失神しちまいやがった。神谷活心流の師範が情けないぜ」

弥彦「ま、いっか。あんまりやり過ぎると燕の分がなくなっちまうしこれ位でやめとくか」

弥彦「…そういや剣心達は?」スッ


操「うぁっ、あんっ!しゅごいっしゅごいよ緋村ぁっ///若いパワーもテクも持ち合わせてる三十路最高だよおっ///」

剣心「ナメるなよ…俺を誰だと思ってる?」シュパンシュパン


弥彦(…やっぱ剣心はスゲェ…!!ガキの頃はよくこうやって覗き見して剣心のテクを見様見真似で会得しようとしたっけな…)

弥彦(剣心は俺が認めた日本一の男だ…!剣心…!!ああっクソッ、体の火照りが治まらねぇッ!!)

87 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/15(土) 03:19:53.45 ID:RY/l08OxO
蒼紫「ならばジャンケンで勝った順に道場の門をくぐるというのはどうだ」

恵「あーもうだから皆で行けばいいじゃないの!」

斎藤「阿呆が…それだとここまで三人仲良く一緒に来たみたいな空気になるだろうが」

恵「じゃあまずあんたがさっさと用事済ませて来なさいよそしてさっさと帰りなさいよ!」

斎藤「断る」

恵「だからなんで?!」

斎藤「何となく」

蒼紫「それは俺も分かるぞ…先程から何やら入り難いオーラが放たれているからな」

恵「オーラって何だよ…」

89 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/15(土) 03:27:15.53 ID:RY/l08OxO
蒼紫「仕方ないな…ここは俺が行こう」

斎藤「いや、俺が行く」

恵「もう私が行くわよ…」

斎蒼「「どうぞどうぞ」」

恵「何なのよもう?!!」イライラ

斎藤「埒があかんな…」

蒼紫「そうだな。最早皆でいっせーので行くか」

恵「だから初めからそうしろっての…」

斎藤「ぐだぐだ言うな。行くぞ」

蒼紫「いっせーのーせ…」


93 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/15(土) 03:35:08.16 ID:RY/l08OxO
剣心「ふぅ……操、おい操?」ペチペチ

剣心「気を失ったか……って何をやっているでござるか拙者は…こんな所蒼紫とかに見られでもしたらガトリングガン一斉射撃の刑だな…」

ガラッ

弥彦「剣…心…」

剣心「おろ?弥彦、やはりいたでござるk

弥彦「剣心ッ!!」ガバァ

剣心「おろろ?」

弥彦「剣心…俺もう我慢できねぇ…!!俺の逆刃刀、受け止めてくれッ!!」

剣心「ちょ、弥彦…!流石の拙者もソコは…ッ!!」

98 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/15(土) 03:41:03.95 ID:RY/l08OxO
弥彦「分かってる…剣心のアナルが左之助専用ってことは百も承知だ。けど俺は!!
   左之助も剣心も越えなきゃいけねぇんだ!!俺は…東京府士族明神弥彦だァ―――――ッ!!!!!」

剣心「やめろ弥ひ……あがああああああああぁ!!!!!」



101 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/15(土) 03:47:01.52 ID:RY/l08OxO
恵「剣さん…嘘よね…?」

斎藤「ばば、ば、ばばば」

薫「やったわ弥彦…それでこそ我が一番弟子よ…!!」

剣心「師匠…俺は僕は拙者は…」ガクガク

弥彦「何だよ薫起きてたのかよ…これで俺も免許皆伝だよな?」スパンスパン

蒼紫「操は連れて帰るぞ。じゃあな」

操「きゅう…♪」

恵「つーか弥彦!私にもやらせなさいよ!!剣さんのお尻は私が狙ってたんだからね!!」

弥彦「はぁ?断る」グチョグチョ

斎藤「ば、ばばば、バット…バット」



104 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/15(土) 03:54:04.38 ID:RY/l08OxO
斎藤「ふふふふけ、不潔だぞォぉお抜刀斎ィィイ――――ッ!!!」バタン…

薫「やだなにこの人こわい」

弥彦「それにしても久しぶりに全員集合って感じだな」ズンズン

剣心「あ……あ……しん…せん…グミ」

恵「誰か忘れてる気もするけどね」

薫「あっ剣路!!あの子また修行サボッてナンパとかしてるんじゃないでしょうね…
  まぁあの子は弥彦と違って天才だから別にいいんだけどね」

弥彦「親バカな上に差別かよ…ムカつくぜ犯してェ」

終わり!

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。