FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新ジャンル「妹がぼっち」

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/14(金) 14:15:48.99 ID:N/Xop1oN0 [1/47]

高校の学食

友「食券買ってくるからお前は席とっといてくれ」
男「わかった。うどんセットでよろ~」
男「さて、どっか空いてる席は、と」
男「あれ? 妹?」
妹「お、お兄ちゃん!」
男「なんだよ、一人で食ってんのか?」
妹「う、うん。今日はたまたま友達が休みでね。あはは~」
男「ふーん」

7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/14(金) 14:18:35.66 ID:N/Xop1oN0
友「おい男。一年生の女子が体育やってるぞ」
男「ほんとだ」
友「二人組作ってストレッチか~。俺もおにゃのこストレッチしたいお」
男「はいはい。……あれ? あの子だけペア作ってないぞ」
友「奇数だから余ったんじゃね? まぁ大抵余る奴って根暗がおおいよなwwww」
男「……妹?」
友「え?」

12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/14(金) 14:20:13.51 ID:N/Xop1oN0
男「妹、ちょっといいか」
妹「なに? お兄ちゃん」
男「えーっと」
男(こういう時、なんて言えばいいんだ。うーん……)
妹「何?w」
男「あ、あのさ~お前ってさ」
男「友達いる?」
妹「え?」
男「え?」

13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/14(金) 14:22:24.66 ID:N/Xop1oN0
妹「……」
男(な、何だ重い空気は)
妹「……あ、あははっ!」
男「!?」
妹「い、いいいるに決まってるじゃん! 何言ってるのも~お兄ちゃん意味わかんないwww」
男「そ、そうか。変な質問してすまん」
妹「もーwww何それほんとおかしーwww笑いすぎて涙出てきちゃったwwwちょっと顔洗ってくるねwww」
男「お、おう」
バタン。
男「何だ、俺の思いすごしか」

妹(うう……ばか。最低)


16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/14(金) 14:24:24.11 ID:N/Xop1oN0
友「飯食いに行こうぜwww」
男「おお」
ざわざわ。
友「くっそー学食混みすぎwwww今日はパンにしようぜwww」
男「そだな。天気いいから屋上で食うか」
友「おお! それグッドアイデア」


男「あれ? 妹」
妹「ちょ、お兄ちゃん!?」

17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/14(金) 14:27:17.22 ID:N/Xop1oN0
男「お前もパンか」
妹「う、うん。ほら、今日は天気がいいから屋上であwせふじこ」
男「お、おい。何一人でテンパってんだ?」
妹「て、てんぱってないよ!あっ!」
ポトリ
妹「私の焼きそばパンが……うう」
男「あーあ、何やってんだよ」
ごそごそ
男「ほら、これ食えよ」
妹「あ、ありがとう。お兄ちゃん。この借りは必ず出世して返すっ」
男「……気長に待つよ」

20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/14(金) 14:30:11.03 ID:N/Xop1oN0
友「男ぉwww」
男「何だよ」
友「図書室で漫画読もうぜwww」
男「漫画なんてあるのか?」
友「図書委員が頑張ったらしいww見にいこうぜ!」
男「ああ、別にいいけど」


友「俺、図書室ってあんまきたことねーわwww」
男「俺もだよ……って、あれ? 妹?」
妹「お、お兄ちゃん!?」


22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/14(金) 14:32:58.07 ID:N/Xop1oN0
男「何やってんだ?」
妹「ほ、本読んでるんだよ。図書室だもん、当たり前じゃんっ」
男「へー。お前、本なんか読むっけ?」
妹「よ、読むっ。読みますよっ。」
男「何だその変なしゃべり方は。で、何読んでんだ?」
妹「あっ」

『僕は友達が少ない』

男「……」
妹「ラ、ライトノベルっていうジャンルなんだ~。
  何か意外と面白くて! 今ままでこーゆー小説読んだことないけど
  新発見っていうか!」


23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/14(金) 14:35:53.34 ID:N/Xop1oN0
日曜日

妹「お兄ちゃん。今日暇?」
男「何だよやぶからぼうに」
妹「暇なら買い物付き合ってよ。服買いたいんだっ」
男「はい?何で俺となんだよ。友達と行けばいいだろ、そーゆーのは」
妹「え?」
男「え?」
妹「……い、いやっ、ほらっ、お兄ちゃんに奢ってもらおうと思って!
  あと一緒に行く友達がたまたま今日風邪とか痛風とかで都合悪くて」
男「俺の財布目的か。なんてやつだ」
妹「と、とにかく行こうよ!」
男「しょうがないな」



26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/14(金) 14:39:15.19 ID:N/Xop1oN0
妹「わぁ~!この服可愛い~」
男(暇すぎる……というか、女物の売り場って居心地悪いぞ)
妹「ねね、これどうかな?似合う?」
男「似合うんじゃないか? よくわからんけど」
妹「むむっ。ちゃんと見てよー」
男「俺はファッションのことはわからん。そういうのは女友達のが詳しいだろ」
妹「……あー、うん。そだね」
男「?」


27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/14(金) 14:41:59.29 ID:N/Xop1oN0
妹「じゃ、じゃあこれにするっ。お兄ちゃん、これ買って!」
男「一万二千円? た、高っ!」
妹「う~、お願いっ!今月ピンチなの!でも、すっごく、欲しいなぁ……」
男「来月返せよ」
妹「やった♪ありがとっ!お兄ちゃん!」
男(何か性格が幼くなってないか……? こんな奴だったっけ、妹って)


28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/14(金) 14:45:36.57 ID:N/Xop1oN0
夕食

『母さん飲み会、父残業。夕飯はテキトーによろぴくby母』

男「またかよ!しょうがない、レトルトカレーでも食うか」
妹「あ、お兄ちゃん。私が料理作るよ!」
男「え?妹が?」
妹「うんっ」
男「お前、料理出来たっけ」
妹「もー! 私、家庭科部だったからすごいよ。カレーとか本格派だよ」
男「そうなのか……じゃ、作るか。俺も手伝うよ」
妹「いいからいいからっ。お兄ちゃんは休んでて。今日のお礼もかねて、ね?」
男「あ、ああ……」
妹「~♪」
男(なんか妙に明るいな……口数も多くなったような気がする)


30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/14(金) 14:50:33.28 ID:N/Xop1oN0

男「いただきまーす」
じー
男「な、何だよ」
妹「う、ううん。何でもない」
男「ん、うまい」
妹「ほんと!?」
男「お、おぉ。ほんとだけど」
妹「えへへ、よかった♪」
男「……」
妹「そういえばさ、お兄ちゃん。最近ね、面白いサイト見つけたんだけど」
男「面白いサイト?」
妹「うんっ。VIPまとめブログってブログでね、すごくおかしいのwww」
男「ふーん」
妹「携帯からも見れるんだけど、おすすめのスレはね」
男「スレ?」
妹「うん。スレッド」
男(わ、わからん)

33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/14(金) 14:54:38.55 ID:N/Xop1oN0
先生「それじゃ、この椅子を一階の特別教室まで運んでくれ」

友「だりぃwwww」
男「うむ」
友「うらー、どけどけ一年坊主どもー。二年生のお通りだー」
男(あ、一年一組)
男(妹のクラスか。ちょっと覗いてみよう)

「えーマジでーwwwうけるんですけどwww」
「マジ恋おもしれぇwww」

男(うわ、うるせークラス。ん? あれは……)

妹「……はぁ」

男(携帯いじってんのか?)

36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/14(金) 14:57:06.99 ID:N/Xop1oN0

女「あ,妹さん」
妹「な、なに?」(ビクッ!)
女「プリント落ちてたよ」
妹「あ、ありがt」
「女~、これ見てマジ面白いよ-ww」
女「え~? なになに?」
タタタ……

妹「あ……」

妹「はぁ……暇……」(カチカチ)

男「……」

40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/14(金) 15:00:33.03 ID:N/Xop1oN0

キーンコーンカーンコーン

友「男、飯食おうぜwww今日はパンにする?それとも学食?それとも俺?」
男「いや、今日はちょっと先約がある」
友「なん……だと……?」
男「悪いな。別の奴と食ってくれ」
友「ひどいわっ!あの人のとこにいくのねっ!」
男「すまん」
友「何かあった?」
男「ちょっと……な」
友「まぁいいやwww今日は柔道部の奴らと食うわwww
  もう男なんて知らないっ!ぷんぷん!」

男「さて」

『一年一組』

男「いないな……また屋上かな?」

42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/14(金) 15:03:38.16 ID:N/Xop1oN0
屋上

男「いないな」

タッタッタ……

男(図書室にもいないか。まぁここは飲食禁止だしな)

男(あと、妹がいそうな場所といったら、どこだ?
  うーん、プール裏……は、意外と人気スポットだし、違うだろう)

男「ん? 非常階段……か」
男「まさかな」

キィ……

男「妹?」
妹「……お、お兄ちゃん?」




46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/14(金) 15:06:23.93 ID:N/Xop1oN0
妹「ど、どうしたの?」
男「それはこっちの台詞だ。何やってんだ」
妹「え!? えっと、ご、ご飯食べてるの。今日はコロッケパンだよw」
男「そうじゃなくて……!」
妹「焼きそばパンはもう売り切れちゃってたんだけど、偶然、コロッケパンが
  一個だけ残ってたんだ。私、今日は運勢占いで三位だったから運がよk」

男「何でいつも一人で飯食ってるんだよ」

妹「……」

男「お前、もしかして」



男「友達いないのか?」

52 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/14(金) 15:08:49.85 ID:N/Xop1oN0
妹「……………………ち、違うよ」
男「じゃあ、何で友達と一緒に食べないんだよ」
妹「ひ、一人で食べるのがいいのっ。ホントは友達に一緒にご飯食べようって
  いっぱい誘われるんだけど、けどね、私はお昼は一人で哲学したいっていうか」
男「嘘つくなよ」
妹「…………え?」
男「お前、休み時間……」


男「一人で携帯いじってたよな……」

58 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/14(金) 15:14:00.38 ID:N/Xop1oN0
妹「……な、何でそのこと知ってるの?」
男「この前、先生に雑用押し付けられたときに、偶然見かけたんだよ」
妹「そ、そうなんだ」
男「友達がいるなら、何で、休み時間に友達と喋らないんだ?」
妹「……」
男「他の奴らは、廊下にまで聞こえるくらい、めっちゃしゃべってたぞ」
妹「わ、私は、そーゆーのは苦手っていうか……」
男「苦手?」
妹「……う、うん! その時は、たまたま喋りたくない気分だったんだ!
  ほら、この前話したじゃん! 面白いサイトのこと!
  あのサイトが丁度更新されてて、それで」
男「友達とのおしゃべりより、そっちを優先したってことか?」
妹「……そ、そう。うん、そうだよ」
男「なんだよそれ」

64 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/14(金) 15:18:53.66 ID:N/Xop1oN0
男「お前、それはおかしいよ。携帯依存症じゃねーか」
妹「……別に、お兄ちゃんには関係ないじゃん」
男「関係なくないだろ。家族じゃ――」
妹「私がクラスで何して過ごそうが私の勝手でしょ!?
  いちいち干渉してこないでよ!!そういうのうざいから!!」
男「……」
妹「どっか行ってよ。もう顔も見たくない!!」
男「……わかったよ。大きなお世話やいて、悪かったな。もう何も言わねーよ」
バタン


妹「ぐすっ……ばか……最低……」


71 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/14(金) 15:23:59.59 ID:N/Xop1oN0
キーンコーンカーンコーン。

先生「今日はここまで。今週の教室の掃除はB班なー」
DQN1「うげーだりぃー!」
DQN2「あたし今日タクヤくんと待ち合わせしてるんですけどぉー!」
DQN1「あ、そうだ! ……ねえ、あいつに任せちゃえばよくね?」

妹(はぁ。掃除かぁ。気まずいなぁ)

DQN2「あ、それマジいいかも♪」
DQN1「ねー、妹さん」
妹「は、はい!?」
DQN2「あたしら今日予定あるから、掃除やっといてくれない?」
妹「え……?」
DQN1「んじゃよろしくぅー!」

バタン。

妹(え……?私一人でやるの……?)


79 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/14(金) 15:30:11.59 ID:N/Xop1oN0

妹(……どうしよう。一人じゃすごく時間がかかる……。
  かといって、私までサボったら……次の日、先生に怒られるし、
  あの人達に目をつけられちゃうかも……)
妹(それだけはダメ……あの人達、あんまりいい噂聞かないし……
  い、いじめられたら、嫌だし)
妹(いじめ?)
妹(私、いじめられる対象なの……?
  何で? いつから? 中学の時は友達もいっぱいいたし、
  体育祭とか、文化祭とかもすっごい積極的に頑張るタイプだったのに……)
妹(体育祭……文化祭……
  考えたくない。今、このクラスでイベント……参加、出来るのかな……?
  居場所、あるのかな……?)
妹(頭がクラクラする……。落ち着こう。とにかく、掃除をしよう。
  これ以上考えたら、おかしくなっちゃう……)


83 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/14(金) 15:33:15.17 ID:N/Xop1oN0

野球部1「うおーっしゃいwwww」
野球部2「しゃらしゃらしゃらwwwwww」

妹(う……ど、どいてもらわないと、机運べない……)
妹「あ、あのぉ」

野球部1「せぁwwwwせぁっwwwww」
野球部2「ばっかちげwwwwwしゃらいwwwwwこれっwwwwしたぁっwww」

妹「あの……」

妹(……部活に行くまで待とう。邪魔しちゃ悪いし……)


85 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/14(金) 15:36:09.87 ID:N/Xop1oN0
友「あああwww居残りだるかったwww」
男「お前、古典4点とかねーわ」
友「うるせえ7点wwww」
男「あと3点で二桁だった……」
友「おwwうぃwwww夕暮れが見えるぞwwww」
男「もう五時近いぞ」
友「ゲーセン行く計画がwww」
男「今日は無しだな。……ん?」
友「どした?」
男「……妹?」

男「掃除してんのか?」

90 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/14(金) 15:39:20.21 ID:N/Xop1oN0
友「はい? 掃除? こんな時間まで?」
男「ちょっと見てくる」

一年一組

妹「はぁ。ゴミ出し終わった……後は机戻すだけ」
妹「あっ!」
ガラガラズシャア!
妹「やばい……机、倒しちゃった……」
妹「ていうか、教科書おきっぱ……入れなおさなきゃ」
ぎゅぎゅっ

妹「入らないぃーっ! どうやって入れてあったんだろ……?」
妹「あーもー入らないったら入らないよぉー。ちゃんちゃん♪」
妹「……誰もいない教室だと元気になる私」
妹「あー」
妹「独り言多すぎだよ……」

97 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/14(金) 15:43:35.20 ID:N/Xop1oN0

妹「何で私こんな事してんの……?」
ぎゅっぎゅ
妹「中学は楽しかったなー」
妹「クラスにいっぱい友達いて、バカなことしゃべって笑って、
  部活やってー……放課後はマクドでおしゃべりして……」
妹「みんな今頃何やってんのかなー?」
妹「遊び誘ってももみんな忙しいし」
妹「みんなそれぞれ、高校の友達とか出来たんだろうな」

妹「私……」
ぽた、ぽた。
妹「うっ……ひくっ……こんなのやだよぉ……」
妹「誰か助けてよぉ……」

「―ーおい」

妹「!」

男「妹」

105 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/14(金) 15:46:31.67 ID:N/Xop1oN0

妹「お、お兄ちゃん……」
男「……」
スッ。
男「教科書を机に入れるにはコツがあるんだよ」
妹「え?」
スッスッス
男「力任せに入れないで、こうやってすき間を埋めるようにやれば」
男「ほら、入った」
妹「……ほんとだ」

男「……」
妹「……あ、あの、おにいちゃ」
男「机運ぶぞ」

ガタガタ


110 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/14(金) 15:50:18.04 ID:N/Xop1oN0
妹「お兄ちゃん……」
友「妹ちゃんwwww」
妹「は、はいっ」
友「ガムやるよwwwww」
妹「え? あ、ありがとうございます……むぐ、な、何これ」
友「ハイチュウしそ味wwwww」
妹「し、しそ?」
友「んじゃ、俺も机運ぶの手伝うかぁーwww」

ガタガタ。

115 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/14(金) 15:53:25.06 ID:N/Xop1oN0
三十分後。
男「こんなもんか」
友「三人でかかれば掃除なぞたわいもないwwwww」
妹「……あの、お兄ちゃん、友さん……」
妹「ありがとう……」
友「いいってことよwwwww」
男「んじゃ、帰るか」
妹「……うん」

友「あ、俺ちょっと訳ありで裏門から帰るからwwwww」
男「訳あり?」
友「柔道部の連中と賭けトランプで負けてやばいんだわwwwwwじゃwww」


120 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/14(金) 15:56:32.39 ID:N/Xop1oN0
男「……」
妹「……あの、お兄ちゃん」
男「悪かったな」
妹「え?」
男「昼。何か責めるような事いっちまって」
妹「あ……ううん、いいよ。お兄ちゃんが謝る事ないよ。悪いのは私だもん」
男「……」
妹「図星だったから……ついかっとなっちゃって。
  私の方こそごめんなさい」


123 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/14(金) 15:59:41.45 ID:N/Xop1oN0
男「図星って……じゃあ」
妹「うん。私、クラスに友達いないんだ」
男「そっか」
妹「学校に、居場所ないの。だから、いつも休み時間は寝たフリしたり
  携帯いじったりしてる」
男「……」
妹「あはは。なんかさー……私、気持ち悪いよね」
男「え?」
妹「分かるもん。直接は言われないけど……
  クラスの皆が、私のこと腫れ物を扱うようにしてるってこと」

131 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/14(金) 16:05:48.59 ID:N/Xop1oN0
妹「入学した頃はね、これから始まる新生活に、すごくわくわくしてた。
  けど、クラスに話の合う人がいなくて……最初は頑張って、色んな人に
  話しかけてたんだよ? けどね、何でだろう、40人もいるのに
  誰とも友達になれなかった」
男「妹……」
妹「五月になったら、もう周りはグループが出来上がってて、
  気付いたら、私だけぽつんと取り残されちゃったの」
妹「きっとね、友達がいない事って異常なんだと思う。
  そうだよね。40人も同じ空間で一緒に時間や体験を共有してるのに
  その中で誰とも仲良くなれないなんて、異常だよね」
妹「私、怖いよ。みんなの目が怖い。
  今はみんな、私のことを空気みたいに扱ってるけど……
  いつかひょんな事がきっかけで、みんなが私をいじめてくるんじゃないかって
  考えたら……怖いよ。もう、限界だよ……」



139 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/14(金) 16:11:10.65 ID:N/Xop1oN0
男「……」
妹「ごめんね。私、お兄ちゃんの価値も下げちゃってるよ。
  私みたいな妹がいたら、お兄ちゃんまで……変な目で見られちゃうかもしれないよね」
妹「……今日は、嬉しかった。嬉しかったけど、もう構わないで。
  うん、大丈夫。私は一人でも大丈夫だから――」
男「妹」

パシーン!


146 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/14(金) 16:15:39.89 ID:N/Xop1oN0
妹「……っ!」
男「俺の価値下げるとか、構わなくていいとか、一人で勝手に暴走すんな馬鹿。ウマシカ」
妹「な、何よ……ウマシカって」
男「頼れよ」
妹「え……?」
男「家族なんだから、カッコつけてないで頼れよ。
  お前、一人で全部抱えて私カッコいいとか思ってんじゃねーぞ」
妹「でも……」
男「大体何だよ、もう構わないでって。構ってほしいオーラバリバリじゃねーか。
  俺をなめるな。モテる男の心理学という本で読んだ事あるんだぞ」
妹「うわ……ごめん。ちょっと引いた」

159 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/14(金) 16:20:21.29 ID:N/Xop1oN0
男「やかまし。とにかく――あんまり一人で根詰めるな。
  迷惑なんていくらでもかけていいから。俺を頼れ」
妹「お兄ちゃん……」
男「真面目に語ったら恥ずかしくなってきた……。
  んじゃ、帰るぞ」
妹「……うん。ありがとう、お兄ちゃん」


161 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/14(金) 16:25:11.31 ID:N/Xop1oN0
妹「でも、ちょっと意外だったかも」
男「何が?」
妹「お兄ちゃんが、そう言ってくれたこと……。
  なんていうか、引かれるんじゃないかって、ちょっと怖かった」
男「引く? 何で?」
妹「だ、だってお兄ちゃんって、友達多いし、人当たりいいし、
  何か女子とかにもナチュラルに挨拶されてたし、コミュ力がすごいっていうか
  私の、その、友達いないっていう悩みなんて、理解できないと思ってたから……」
男「……理解出来ない訳ないだろ。俺だって……」
妹「え?」
男「……高一の時は
  友達、いなかったんだから……」

妹「え、えええ!?」

169 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/14(金) 16:30:51.06 ID:N/Xop1oN0
妹「嘘でしょ……?」
男「ホントだよ。ほら、俺、入学式終わった後、風邪で寝込んだだろ?
  結局、初登校が一週間も遅れて……何か、グループ入れなくて。
  五月頃はほんと死にたかった」
妹「え、えええ……」
男「お前と同じ悩み、抱えてたんだよ。
  そんでさ、GW明けた頃、俺、微妙にいじめられ始めたっていうか……
  嫌な役を押し付けられたりとか……」
妹「……」
男「けど、そん時に、友が庇ってくれたんだよ。
  『男君にばっかそーゆーのやらせるのっておかしくないですか?』って。
  ……あいつ、クラスではもうリーダー的ポジションっていうかさ、
  クラス全員友達みたいな感じで、すげぇ人望あって……。
  俺なんか眼中にないんだろって思ってたんだけど、俺に、助け舟出してくれたんだよ」


177 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/14(金) 16:35:52.19 ID:N/Xop1oN0
男「その後さ、俺、勇気出して、友にはじめて話しかけたんだよ。
  『弟子にしてください』って」
妹「弟子!? しかも敬語?w」
男「笑うな。当時の俺は自分に自信がなかったんだよ。
  ……そしたら、友の奴、爆笑してさ。
  『友達だったらいいよwwww』って言ってくれて……。
  んで、あいつと一緒にゲーセン行ったり海行ったりしてるうちに
  友達とか増えて、共通の話題とか、人との付き合い方を会得したんだ」
妹「……友さん、そんなにすごい人だったんだ……」
男「あいつはヤバイ。何がヤバいって、目がヤバイ。
  当時の俺みたいな、見るからに根暗でネットで荒らしばっかやってそうな
  カスにも、曇の無い瞳で見つめやがるんだ……」
妹「え!? まさかそういう関係!?」
男「それはない」

182 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/14(金) 16:41:15.52 ID:N/Xop1oN0
男「だから、つまり、あれだ。
  ……妹、お前の気持ちは、よく分かる。
  けど、大丈夫だ。一人ぼっちからここまで回復した俺がいる。
  スーパーリア充の友もいる。
  だから、間違っても死にたいとか、私は一人なんて思うなよ」
男「お前には俺がついてるから」
妹「うん……ありがとう。
  っていうか、何か愛の告白みたいだね」
男「……」
妹「……」
どべし!
妹「いたい」
男「少女漫画の読みすぎだウマシカ」
妹「僕は妹に恋をする?」
男「あんなもん読むな。お前の部屋で見かけた時すごく気まずかったから」
妹「あれ? お兄ちゃん、私の部屋に……?」
男「ボールペン借りにきただけだ。邪推するなバァカ」
妹「ちぇー」

189 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/14(金) 16:47:36.77 ID:N/Xop1oN0
翌日。

DQN1「あー頭痛いわぁー。昨日マジ飲みすぎたwwww」
DQN2「ジュース飲みたくない?www」
DQN1「飲みたーい」
DQN2「そうだ。あいつに買ってきてもらおうよぉーwww」

DQN2「ねぇねぇ妹ちゃんwwwジュース買ってきてくんない?もちそっちのおごりでwww」
DQN1「ちょwww超ストレートなんですけどぉwwww」
妹「ヤです」
DQN2「は、はぁ?」
妹「絶対にヤです」
DQN1「ちょ、何こいつウザッ! 調子のってんじゃねーぞ……?」
DQN2「丁度いいじゃんwwこいつ財布にしよーよwww先輩よんでさぁww」
DQN1「フフ、それいいかも。おい、昼休みちょっと面かしな」
妹「……いいですよ」

200 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/14(金) 16:55:10.70 ID:N/Xop1oN0
昼休み。

DQN1「先輩ぃwwwこいつがメールした例の次の財布っすwww」
妹「……」
先「へぇー。可愛いじゃん。そんなビビんなよ。
  俺らはなんちゃってヤンキーだからやっちゃったりとかそーゆーヤバイ事はしないけど
  カツアゲとかはしちゃうタイプ。よろしく~」
DQN2「とりあえず今日の飲み会代とか出させましょうよwww」
妹「あの、カツアゲということでよろしいですね?」
DQN1「あぁ?いまさら何言って……」
妹「すべて録音完了」
DQN2「……! そ、それはICレコーダー!」
DQN1「ふ、ふふ。やるじゃない。けど、そんなもん力づくで奪っちゃえば……」
男「妹、俺ら、もう出てきてもいいか?」
妹「うん。紹介しますね。こちら、私のお兄ちゃん、友さん、柔道部の皆さん」
友「うはwwwww三人しかいねぇwwwwしょぼいwww」
柔道部「まさか賭け麻雀でボロ負けするとは……」


214 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/14(金) 17:00:51.64 ID:N/Xop1oN0
DQN1「な、何ぃ……!?」
DQN2「お、おいおい、聞いてないよ!こいつ、ぼっちじゃなかったのかよ!?」
妹「……そうだよ。私には、頼れる人なんていなかった」
妹「けど、違うの。頼れる人はいたのに、変に意地はって一人でなんとかしようとしてただけ」
妹「でもそんなのは何の意味もない。人は一人じゃいきられない。だから、私は」

妹「コネを使って生き延びる!」

DQN1「コネェ……!」
友「かっけぇwwww」
男「昨日やってたアニメの影響をモロにうけてるな」
先「そういうことだ。お前ら、観念しろ。
  もう二度と人を傷つけないと約束するなら、見逃してやる」
男「あれ? こいついつこっちにきた?」


226 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/14(金) 17:05:30.48 ID:N/Xop1oN0
柔道部「はぁはぁ、ヤンキー娘にけさ固め……!素晴らしい!」
DQN1「ま、待て……! 降参する……ッ!
   私達の負けだ……」
男「もう妹に変な事すんなよ。
  妹傷つけたら俺がぶっ飛ばす」
DQN2「クソ……あたしにも、こんな家族が、欲しかった」

タタタタ……

友「俺出番ねぇwwwww」
柔道部「おい、話が違うぞ!!合法でヤンキー娘にけさ固めできる約束は!?」
友「無理でしたwwww」
柔道部「よし、腹いせにお前をけさ固めする」
友「やwwwwやめろwwwww」

男「大丈夫か?」
妹「うん。ありがとう、お兄ちゃん!」

柔道部「ふんふんふん!」
友「くそwwwwww男、変われwwwww俺と妹ちゃんのフラグをっつつつつwww」

230 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/14(金) 17:12:58.45 ID:N/Xop1oN0
男「まぁ、俺に出来るのは、これくらいだから。お安い御用さ。
  (ってか実質何もやってないけど)」
妹「……お兄ちゃんのおかげで、私、自信ついたよ」
男「自信?」
妹「うん。私は、一人じゃないんだって、分かったから。
  だからね、何だか上手くいく気がするの。
  今はまだクラスに友達いないけど……」
妹「もう少しだけ、頑張ってみようって、思えるようになった」
男「ああ。その意気だ。失敗しても気にすんなよ。
  俺がいるから。お前の帰ってくる場所は、いつでもあるんだからな」
妹「……うん。お兄ちゃん、あのね」
男「なんだ?」
妹「お兄ちゃんが、お兄ちゃんでよかった……なんて」
男「なんだそりゃ?」
妹「大好きだよ」
男「……」

男「」


友「男よ」
男「な、なんだよ」
ギリギリギリ!!
友「しねぇぇぇぇぇぇ!」
男「いきなり何をするっ!うぎゃああああ!」

236 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/14(金) 17:16:06.40 ID:N/Xop1oN0
       \ヽ, ,、
        `''|/ノ
         .|
     _   |
     \`ヽ、|
      \, V
         `L,,_
         |ヽ、)  ,、
        /    ヽYノ
       /    r''ヽ、.|
      |     `ー-ヽ|ヮ
      |       `|
      |.        |
      ヽ、      |
        ヽ____ノ
        /_ノ ' ヽ_\
      /(≡)   (≡)\
     /::::::⌒(__人__)⌒::::: \
     |     |r┬-|     |
     \      `ー'´     /
     /          \
     (  |          |  )
     \|    э    |/
       (    ,,,,    ,ノ
       \  、(U)ノ ノ
         \/  /            ┼ヽ  -|r‐、. レ |
         /  /\            d⌒) ./| _ノ  __ノ
      ⊂⌒__)__)


244 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/14(金) 17:19:25.27 ID:N/Xop1oN0 [47/47]
3時間もスレにへばりついちまったぜ……

ちなみにぼっちから脱出する方法(体験談)

一 年 間 耐 え る 

以上。ではでは後は頑張れ




抽出レス数:47

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。