FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハルヒ「あら、アンタ犬飼い始めたの?」

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/13(木) 21:23:10.26 ID:wAyN4YXI0 [1/25]
キョン「あぁ、これがもう可愛くてな」

ハルヒ「ふぅん。オス?メス?」

キョン「メスだな。とびっきり可愛い名前をつけてやったぜ」

ハルヒ「へぇ。なんて名前よ?」

キョン「『ハルヒ』っていうんだ」

ハルヒ「えっ」

3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/13(木) 21:26:38.81 ID:wAyN4YXI0
ハルヒ「ちょ、え?アンタいまなんて…」

キョン「ん?だから名前は『ハルヒ』だ。可愛いだろ」

ハルヒ「か、かわい…あ、アンタふざけてんの!?人様の名前を犬なんかにつけないでよね!」

キョン「む…。すまん、俺もそうは思ったんだがな。他に可愛い名前が浮かばなかったんだ」

ハルヒ「い、いや、だからその…」

4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/13(木) 21:32:26.78 ID:wAyN4YXI0

ハルヒ「ま、まぁいいわ。それよりシャミセンはどうしたのよ」

キョン「あいつもちゃんと世話してるぞ」

ハルヒ「ならいいけど、喧嘩なんてしてないでしょうね?その、は、ハルヒと…」

キョン「あぁ、大丈夫だ。むしろ仲が良すぎるくらいだぜ。それでちょっと相談があるんだけどな」

ハルヒ「? なによ?」

キョン「シャミセンの名前を変えたいんだが…」

ハルヒ「はぁ?ダメに決まってるじゃない!私が決めた名前にケチつけるっての!?」

キョン「やっぱだめか…。『キョン』にしようとしてたんだがな」

ハルヒ「えっ」

6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/13(木) 22:20:40.63 ID:wAyN4YXI0
キョン「やはりダメか」

ハルヒ「え、あ、いや、その…」

キョン「まぁ、名前ってもんはそんな簡単に変えていいもんじゃないしな」

ハルヒ「えっと…べ、別にアンタがどうしてもっていうんなら…」

キョン「おっ、いいのか?」

ハルヒ「わたしは、別に…」

キョン「おぉ、そうか!」


8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/13(木) 22:27:29.95 ID:wAyN4YXI0
キョン「いやしかしペットはいいもんだな」

ハルヒ「たしかに、アンタの冴えない顔眺めてるよりよっぽど和むしね」

キョン「酷い言いぐさだな…。昨日もキョンの腹を枕にしてハルヒが寝ててな…」

ハルヒ「!? え、ちょ、え?」

キョン「あれは見てて優しい気持ちになれたな。ハルヒがすごく気持ちよさそうに寝てて…」

ハルヒ「わ、わたしが、アンタの…いや、あの、あれ、えと…」

キョン「? どうした、ハルヒ?」

ハルヒ「や、やっぱダメ。名前シャミセンにもどして…」

キョン「む…そうか…名付け親に言われちゃ仕方ないな」

9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/13(木) 22:30:26.74 ID:wAyN4YXI0
ガチャ

古泉「どうも」

ハルヒ「あら古泉君、遅かったわね」

古泉「すいません、掃除当番でして。なにやら盛り上がっていたようですね」

キョン「あぁ、ペットの話でな。最近犬を飼い始めたんだ」

古泉「ほう、それは興味深いですね」

キョン「そうだろう。『ハルヒ』って名前なんだ」

ハルヒ「ちょ、ちょっとキョン!」

古泉「んっふ」

11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/13(木) 22:36:55.37 ID:wAyN4YXI0
キョン「これが可愛くてな」

ハルヒ「…」

古泉「(犬…そして名前…そういうことですか、んっふ)実は僕も犬を飼っているんです」

キョン「ほう、そうだったのか。おまえもペット好きだったのか」

古泉「えぇ。好きというか、愛しているというか…とにかく美しいですね」

キョン「(美しい?高級種か?)名前はなんていうんだ?」

古泉「『森園生』と言います」

12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/13(木) 22:54:26.56 ID:wAyN4YXI0
ハルヒ「森園生って…」

キョン「これまた可愛い名前をつけてるな」

古泉「えぇ。しかしあなたも同じ趣味をお持ちだったとは、嬉しいですね」

キョン「趣味というのかね、これは」

古泉「あなたも夜に首輪をつけて散歩させたりしているんですか?」

キョン「散歩は夕方だな」

古泉「夕方とは…。さすがの僕もそれは人目が気になってできません。すごいですね」

キョン「そうか?」

14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/13(木) 23:05:34.24 ID:wAyN4YXI0
キョン「俺は団活で遅くなる時があるからな。妹に行かせてるんだ」

古泉「…妹さんも、こちら側なのですか?」

キョン「こちら側?あぁ、ペット愛好家としては俺以上かもしれんな」

古泉「ほう…。ぜひお話したいところですね」

キョン「まぁ、もちろん俺も散歩には行ってるぞ。糞の世話はまだ慣れないがな」

古泉「もうそこまでいっておられるとは、すごいですね。僕は外でさせるまで2カ月ほどかかりましたよ」

キョン「ん? フンは外でさせるもんだろう。というより散歩はそれも兼ねて行くんじゃないのか?」

古泉「これはこれは、意識を高くもっていますね。見習いたいところです」

キョン「おかしなやつだ」

ハルヒ(なんか変な会話ね)


16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/13(木) 23:08:25.60 ID:wAyN4YXI0
ガチャ

みくる「すいません、遅れました~」

キョン「朝比奈さん、こんにちわ」

古泉「どうも」

ハルヒ「遅かったわね、なにかあったの?」

みくる「すいません、クラスの係の仕事で…。すぐにお茶入れますね!」

キョン「いつもすみませ…あれ?」

17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/13(木) 23:11:50.75 ID:wAyN4YXI0
みくる「どうぞ」

古泉「ありがとうございます」

みくる「はい、キョン君」

キョン「あぁ、どうも…。あの、朝比奈さん?」

みくる「はい?」

キョン「首になにかアザが出来てませんか? なにかあったんじゃ」

みくる「!! あ、いえ、これは…」

古泉「んっふ」



18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/13(木) 23:14:30.73 ID:wAyN4YXI0
みくる「な、なんでもないです。寝てるときに何かの痕がついたのかも…」

キョン「そうでしたか。まるで首輪の痕みたいでビックリしましたよ」

みくる「や、やだキョンくん!首輪なんてそんなわけ…」

古泉「そういえば朝比奈さん。彼は『犬』を飼いはじめたらしいですよ」

みくる「ひぇっ!?」

キョン「あぁ、そうなんですよ。『ハルヒ』っていうんです」

みくる「えっ? あ、え?涼…宮さん?」

21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/13(木) 23:20:12.15 ID:wAyN4YXI0
キョン「いや、名字まではないですよ。ただの『ハルヒ』です」

みくる「え、えーと…そうですか…」

キョン「あれ、朝比奈さん、もしかして犬苦手でした?」

みくる「い、いえ!そんなことないです!すごく嬉しいです!!」

キョン「嬉しい?」

みくる「あ、いえ、その…」

古泉「これはこれは…」

23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/13(木) 23:22:53.56 ID:wAyN4YXI0
キョン「もしかして、朝比奈さんも犬を飼ってるんですか?」

みくる「え、えーと…飼ってるというか…飼われてるというか…」

キョン「え?」

みくる「あ、えーとその…」

キョン「あぁ、たしかに朝比奈さんは犬に飼われてそうですね。こけそうになって助けられてたり」

みくる「は、はは…」

古泉「朝比奈さん。その犬、もしかして飼い主は別にいるんじゃありませんか?」

24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/13(木) 23:25:49.77 ID:wAyN4YXI0
キョン「え?そうなんですか?」

みくる「えっと…。は、はい、そうです。そうなんです!」

古泉「あなたもどうして、鈍いですねぇ」

キョン「いや、これはわからんだろ。よくわかったなぁお前。で、本当の飼い主は誰なんです?」

みくる「え、えっと…。(チラッ)」

キョン「?(チラッ)」

27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/13(木) 23:27:48.39 ID:wAyN4YXI0
長門「……」

キョン「長門、お前なのか?」

長門「……(ペラペラ)」

キョン「ん、どうしたんだ、何か不機嫌だな。朝比奈さん、飼い主は長門なんですか?」

みくる「え、えーと…」

長門「…(パタン)」

みくる「ひっ」

30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/13(木) 23:30:33.18 ID:wAyN4YXI0
長門「朝比奈みくる。話がある」

みくる「は、は、はい…」

ガチャ、バタン

キョン「なんか長門の様子がおかしいな。朝比奈さんも脅えてたし、大丈夫だろうか」

古泉「ここは二人きりにさせてあげましょう。お二人の間柄は本人たちが一番わかっています」

キョン「? なんかよくわからんが、そういうことならまぁ…」


31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/13(木) 23:34:38.30 ID:wAyN4YXI0
長門「朝比奈みくる」

みくる「は、はい…」

長門「返事はちゃんとして」

みくる「はい!」

長門「どうしてばらそうとした?」

みくる「わ、わたしは別に…」

長門「しつけが足りなかった(ペチン)」

みくる「ひゃっ」

長門「…(ペチ、ペチッ)」

みくる「い、いたっ、痛いっですっ」

長門「誰にも言うなと言ったはず」

みくる「す、すいません…(ペチン)ひゃぁっ」

36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/13(木) 23:42:32.12 ID:wAyN4YXI0
みくる「で、でも長門さん、彼は…」

長門「様(ペチン)」

みくる「ひゃっ! あ、あう…えっと、長門様、キョンくんも涼宮さんをペットにしてるらしいし、わかってくれるんじゃ…」

長門「……同族嫌悪を抱く可能性もある。油断禁物」

みくる「きょ、キョンくんはそんなことないと思います。きっと大丈夫だと…」

長門「……そう」

37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/13(木) 23:45:40.98 ID:wAyN4YXI0
ガチャ

長門「……」

キョン「おぉ長門。なんだったんだ?」

長門「なんでもない」

みくる「……」

キョン「あ、朝比奈さん。なんだか疲れてませんか…?」

みくる「ふぇっ? いや、これがまたいいんです。後からじんわりと…」

キョン「え?」

みくる「い、いえ!なんでもないです!」

長門「……(ペラペラ)」

40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/13(木) 23:49:54.01 ID:wAyN4YXI0
古泉「朝比奈さん、僕も犬を飼っているんですよ」

みくる「え?そうなんですか?」

古泉「はい。『森園生』といいます」

みくる「えっ、それって」

古泉「そうです」

長門「…(古泉一樹もペットを…)」


41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/13(木) 23:51:53.88 ID:wAyN4YXI0
みくる「キョンくん、ペットのことなんですけど…」

長門「…(チラッ)」

キョン「え? あぁ、はい。ハルヒですか」

みくる「えーと…ペットって、その…どうですか?」

キョン「え?あー、えっと、可愛いですよ。見てて和みますしね、ハルヒは」

ハルヒ「(ドキッ)」

キョン「ペット好きに悪い奴はいないと思います」

みくる「そ、そうですか!そうですよね!!」

キョン「は、はい。なんか怖いです、朝比奈さん」

長門「……(大丈夫かもしれない)」

42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/13(木) 23:54:45.11 ID:wAyN4YXI0
古泉「今度みんなで散歩に行くのもいいかもしれませんね」

みくる「ふぇっ」

キョン「お、いいな」

長門「……」

みくる「こ、古泉君、それはちょっと…」

長門「私はかまわない」

みくる「ふぇっ!?な、長門さん!?」

長門「朝比奈みくる。さっきはあなたも大丈夫といったはず」

みくる「そ、そうですけど、見られるのは、その、恥ずかし…」

キョン「いいじゃないですか朝比奈さん。みんなで行きましょうよ」

みくる「きょ、キョンくん…」

45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/13(木) 23:59:51.90 ID:wAyN4YXI0
みくる「……わかりました」

キョン「そこまで考え込まなくても…。えーと、それじゃ明日の放課後にでもどうでしょう?」

みくる「ほ、放課…!?それってまだ外も明るいんじゃ…」

キョン「? えぇ、そのほうが安全ですしいいかなと…」

みくる「だ、だって人に見られ…」

長門「了解した」

みくる「!?」

古泉「うちの園生も、ここで一段階レベルアップですかね」

キョン「?」

46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/14(金) 00:03:22.43 ID:jek8eRnM0 [1/46]
長門「行きは服を着せる」

みくる「か、か、帰りはどうすれば!」

長門「大丈夫。その頃には日も暮れる」

みくる「で、でも…」

キョン「なんだ長門、服なんか着せてるのか? ずいぶん可愛がってるんだな」

長門「そう。可愛い」

みくる「な、長門さん…(ドキッ)」

古泉「我々はどうしましょうかね?」

キョン「うちは服なんかないぞ」

古泉「おやおや…さすがです。感服しますよ」

キョン「なんだ、お前も服を着せてるのか。やれやれ、俺ももっとハルヒを可愛がらないとなぁ」

ハルヒ「な、なな…」


47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/14(金) 00:06:10.00 ID:jek8eRnM0 [2/46]
キョン「しかし、ハルヒ以外みんなペットを飼っていたとはなぁ。まぁ長門と朝比奈さんは二人でだが」

ハルヒ「なによ、私だけ仲間はずれみたいに」

古泉「まぁ、朝比奈さんは我々とは違う側みたいですがね」

キョン「ん? 違う側?」

みくる「こ、古泉くん!」

古泉「んっふ」

キョン「気持ち悪い奴だ」

48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/14(金) 00:09:05.84 ID:jek8eRnM0 [3/46]
キョン「にしても、ペットってのはいいもんだよな」

古泉「えぇ、心の底から同感しますね」

長門「(コクッ)」

キョン「俺なんか携帯に写真を入れてるぜ。休み時間の体力補給源だ」

古泉「おや、奇遇ですね。僕もですよ」

長門「私も」

みくる「え、そ、そうなんですか…?」

長門「そう」

キョン「うーん、ペット愛好家同士の会話ってやつだな。いいもんだ」

49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/14(金) 00:09:51.03 ID:jek8eRnM0 [4/46]
キョン「そうだ、写真を見せあわないか?」

みくる「ふぇっ!?」

古泉「いいですね」

長門「(コクッ)」

みくる「そ、それはっ!」

ハルヒ「あら、いいじゃないみくるちゃん。私も見てみたいわ!」

みくる「で、でもでもっ!」

長門「朝比奈みくる。飼い主は私(ギロッ)」

みくる「ひっ(ゾクッ)」

キョン「ま、まぁまぁ長門。えー、まぁなんだ。朝比奈さん、そんな恥ずかしがらなくても。みんな同じようなもんですよ」

みくる「え、えー…と…」

長門「(ギロッ)」

みくる「は、はい…」

50 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/14(金) 00:13:26.59 ID:jek8eRnM0 [5/46]
キョン「それじゃ、言いだしっぺは俺だしな。うちのハルヒから見せてやろう」

古泉「すずみ…いや、ハルヒですか。いつもと違う姿を見るのは楽しみですね」

キョン「ん?見せたことあったか? まぁいいや、これだ」

古泉「失礼します」

長門「…(チラッ)」

みくる「えーと…」

ハルヒ「どれどれ?」



古泉長門みくる「え?」



ハルヒ「へぇー、可愛いじゃない」

56 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/14(金) 00:27:08.62 ID:jek8eRnM0 [7/46]
古泉「あの、これは…?」

キョン「ん?だからハルヒだ。うちのペットのな」

みくる「こ、これって…」

長門「…犬」

キョン「え? あぁ、犬だが…?犬を飼ってると言ったろう?」

古泉「え、えぇ。か、可愛いらしいですね、本当に」

みくる「か、かわいいですー」

長門「……犬」

キョン「な、なんなんだ…?」

ハルヒ「キョン、今度この子連れてきなさい!いっぱい遊んであげるわ!」

57 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/14(金) 00:32:38.60 ID:jek8eRnM0 [8/46]
キョン「ま、まぁそんなにずっと見ないでくれ、なんだか俺が恥ずかしくなってきた」

古泉「え、えぇ…(まずいですね)」

みくる「は、はい(ふえぇ)」

長門「……(犬)」

ハルヒ「キョン、後で写真送っときなさいよ!」

キョン「やれやれ」

58 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/14(金) 00:35:27.35 ID:jek8eRnM0 [9/46]
キョン「さて、それじゃみんなの犬もみせてくれよ」

みくる「(ビクッ)」

古泉「え、えーと…はは…(サッ)」

キョン「ん? 古泉、なぜポケットから出しかけた携帯を元にもどすんだ」

古泉「いえ、それはですね」

キョン「あれか?うちのハルヒが可愛すぎて出しにくくなったとか」

古泉「じ、実はそうなんですよ。これはもう、うちの犬はみなくても良いかと…」

キョン「そんなわけにはいかん。飼い主が自信をもってやらんとペットがかわいそうだろうが。見せてみろよ」

古泉「え、えーと…」


59 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/14(金) 00:38:43.07 ID:jek8eRnM0 [10/46]
長門「(パタン)」

古泉「! お、おや。今日はこれで団活はおわりみたいですね」

キョン「お、もうそんな時間か。まぁ写真くらいいいだろ、見せて…」

みくる「た、大変!今日は用事があったんでした!長門様…じゃなかった、長門さん、帰りましょう!」

長門「(コクリ)」

ガチャ、バタン!

キョン「あ、朝比奈さん、長門! あんなに急いでどうしたんだろうな。さて古泉、おまえだけでも…」

古泉「ど、どうせならまとめて見たほうがよろしいのではないでしょうか?楽しみはとっておくものですよ、そうですよ」

キョン「むぅ、それはたしかに一理あるが…。俺だけ見せるってのもなんだかなぁ」

古泉「まぁ、明日のお楽しみということにしましょうよ。お願いします」

キョン「そこまでいわれちゃ仕方ないな。そのかわり、今日とびっきりの写真を撮ってこいよ?」

古泉「は、はは…。まかせてください…」

60 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/14(金) 00:39:42.06 ID:jek8eRnM0 [11/46]
キョン「それじゃあな」

ハルヒ「また明日ね、古泉くん!」

古泉「えぇ、それでは」


古泉「(ピッピッ プルルルル…ガチャ)もしもし、すみませんが集まりませんか、お話が…」

61 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/14(金) 00:40:27.36 ID:jek8eRnM0 [12/46]

古泉「……お待たせしました」

長門「……」

みくる「……」

古泉「困りましたね、本当に……」

68 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/14(金) 00:49:29.88 ID:jek8eRnM0 [15/46]
古泉「では…が…で…つまりこれは…」

みくる「でも…が…なら…」

長門「…そう…で…だから…」




古泉「決まり、ですね」

長門「そう」

みくる「……」

古泉長門みくる「開き直る……!!」


72 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/14(金) 00:52:17.32 ID:jek8eRnM0 [16/46]
次の日

キョン「うーっす」

ハルヒ「おっはろー」

みくる「あ、こんにちわぁ」

古泉「どうも」

長門「…(ペラペラ)」

73 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/14(金) 00:54:23.47 ID:jek8eRnM0 [17/46]
キョン「さて、それじゃ3人とも、犬の写真を…」

古泉「そのことですが」

キョン「ん?」

古泉「実は、あのあと3人で話し合いましてね。今日はみんなで散歩に行くと言っていたでしょう?」

キョン「あぁ、そういえばそうだったな」

古泉「なら、写真ではなく実物でいいだろうと」

キョン「んー、それもそうだな。そうするか」

古泉「えぇ」

長門「……」

みくる「……」

74 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/14(金) 00:56:19.15 ID:jek8eRnM0 [18/46]
放課後

キョン「よし、それじゃあこの後公園に集合だな」

古泉「えぇ。そうしましょう」

長門「わかった」

みくる「……」

キョン「朝比奈さん?顔色が悪いですが大丈夫ですか?」

みくる「…はい。覚悟はできてます」

キョン「?」

75 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/14(金) 00:58:53.49 ID:jek8eRnM0 [19/46]
公園

キョン「さて、俺が一番か…」

ハルヒ(犬)「ワンッ!」

キョン「うむ、元気でいいことだ。よーしよし(ナデナデ)」

ハルヒ(犬)「クゥ~ン」

キョン「ふふふ、可愛い奴め。お、あれは…」

ハルヒ「あら、早いのね」

キョン「あぁ、家が一番近いしな。って、お前の家一番遠くなかったか?」

ハルヒ「な、なによ。偶然よ偶然!」

キョン「ふぅん」

76 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/14(金) 01:02:17.77 ID:jek8eRnM0 [20/46]
ハルヒ「それがえーと、は、ハルヒ?」

キョン「あぁそうだ。ほらハルヒ、挨拶」

ハルヒ(犬)「ワンッ!」

ハルヒ「…か、可愛い…」

キョン「ハルヒ。顔ゆるんでるぞ」

ハルヒ「っ!! う、うるさい!」

キョン「ふぅ、やれやれ…。同じ名前でも大違いだ。なぁハルヒ(ナデナデ)」

ハルヒ(犬)「クゥン」

ハルヒ「…(いいなぁ…)」

79 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/14(金) 01:04:44.91 ID:jek8eRnM0 [21/46]
キョン「ハルヒ、お前もしかしてめちゃくちゃ犬好きなんじゃないか?」

ハルヒ「え!べ、別に、そんなんじゃないわよ!」

キョン「…ほら、紐かしてやるから。ちょっとハルヒ(犬)を連れてってやってくれ」

ハルヒ「え、でも…」

キョン「あいつらは俺は待ってるさ。ほら」

ハルヒ「あ…。…し、仕方ないわね!ほら、いくわよハルヒ!」

ハルヒ(犬)「ワンッワンッ!」

キョン「まったく、あいつも可愛いとこあるじゃないか…。お、だれか来たな。あれは…」

82 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/14(金) 01:07:51.76 ID:jek8eRnM0 [22/46]
古泉「……」

キョン「古泉か。なにしてんだあいつ? 紐を引っ張ってるのか?」

古泉「もりさ…くごをきめて…さひなさんも…」

キョン「何か言ってるな…。犬が壁に隠れて見えないぞ。引っ張られてるのか。あいつのしつけも大したことないんだな」





キョン「にしても埒があかん。俺から行ってやるか」

83 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/14(金) 01:09:49.80 ID:jek8eRnM0 [23/46]
キョン「おーい、古泉ー!」

古泉「!!(ビクッ)」

??「こ、古泉、いまの声は…?」

古泉「え、えーと…ははは」

キョン「ペットが言うこと聞いてくれないってか? おまえもまだまだだな。どれ、俺に見せてみろ(チラッ)」



園生「あ…」

キョン「…………」






キョン「…………は?」

85 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/14(金) 01:12:13.43 ID:jek8eRnM0 [24/46]
園生「きょ、キョン君!?ち、ちがうの、これは、こ、古泉!?」

古泉「森さん。覚悟を決めましょう」

園生「きょ、今日は夕方にチャレンジとしか…!な、なんでその…!!」

古泉「森さん、覚悟を決めましょう」

園生「な、なんで彼が!?」

古泉「森さん、覚悟を決めましょう(グイッ)」

園生「キャンッ」

キョン「」

87 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/14(金) 01:14:41.90 ID:jek8eRnM0 [25/46]
古泉「と、いうわけで。彼女が僕のペット、『森園生』です」

キョン「……」

園生「きょ、キョン君あのね」

古泉「(グイッ)」

園生「キャウンッ」

古泉「すいませんね、しつけ不足でして」

キョン「……まってくれ、状況を整理したい」

>>1「……まってくれ、状況を整理したい」


89 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/14(金) 01:18:24.08 ID:jek8eRnM0 [26/46]
古泉「長門さんがペットに服を着せてくるということなので、僕もそうしました」

キョン「いや、そりゃ服は着ているが…」

古泉「あなたも見たことがありましたね。別荘のときのメイド服です」

園生「……」

古泉「ほら、挨拶ですよ」

園生「ワ、ワン…」

古泉「元気よく(グイッ)」

園生「ワンッ!」

キョン「……」


90 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/14(金) 01:20:24.09 ID:jek8eRnM0 [27/46]
古泉「おや、着いたようですよ」

キョン「え?(チラッ)」

長門「……」

キョン「長門!ちょっときてくれ、古泉がおかし…く…」

みくる「……」

キョン「」

93 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/14(金) 01:22:22.22 ID:jek8eRnM0 [28/46]
古泉「おや、これは可愛らしいコーディネートですね」

長門「ありがとう」

みくる「……」

長門「挨拶」

みくる「わんっ!」

古泉「これはこれは。しつけが行き届いてますね。さすがは長門さん」

長門「それほどでもない」

キョン「……」

94 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/14(金) 01:25:37.43 ID:jek8eRnM0 [29/46]
キョン「……おい」

古泉「はい?」

キョン「なんだこれは」

古泉「ペットですよ」

長門「犬」

キョン「いや、どうみても人だろう!」

古泉「可愛いでしょう」

キョン「いや、そりゃたしかに可愛いが…」

園生「わんわん」

みくる「くぅん」

キョン「……(…なんだろう、この感覚は…)」

96 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/14(金) 01:29:19.68 ID:jek8eRnM0 [30/46]
園生「……(モジモジ)」

古泉「おや、トイレにいきたいようですね」

キョン「は?」

古泉「すいません、ちょっとそこらの茂みで…」

キョン「お、おい!いくらなんでも…!!」

園生「クゥン…(モジモジ)」

キョン「うっ…」

古泉「失礼します」

97 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/14(金) 01:30:43.27 ID:jek8eRnM0 [31/46]
キョン「……い、いっちまった…。おい、長門!どうなってるんだ!」

長門「なにが」

キョン「人間を犬だとかペットだとか!あれか、またハルヒが何か…」

長門「違う」

キョン「え…?」

長門「私たちは望んでこうしている」

みくる「クゥン」

キョン「……」

98 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/14(金) 01:35:15.43 ID:jek8eRnM0 [32/46]
長門「飼い主は飼い主として。ペットはペットとして。喜びを感じ生きている。何も問題はない」

キョン「いや、しかし……」

長門「あなただってそう」

キョン「え?」

長門「あなたもハルヒ(犬)を家族として見ている。同じように大切におもっているはず」

キョン「……」

長門「私もそう。朝比奈みくるを大切に思っている。だから服選びにも時間を使う。体調管理もしっかりしている」

みくる「……」

長門「一緒にいると楽しい。いないと淋しい。なんでもしてあげられる」

長門「犬も、人間も、同じように大切な存在。いっしょ」


99 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/14(金) 01:37:00.28 ID:jek8eRnM0 [33/46]
長門「あなたは?」

キョン「え?」

長門「あなたはハルヒをどう思っている?」

キョン「俺は…」

みくる「くぅん…(モジモジ)」

長門「尿意。失礼する」

キョン「あ、長門!」




キョン「俺は…ハルヒを…。どう、思って…」


100 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/14(金) 01:39:59.49 ID:jek8eRnM0 [34/46]
キョン「……」

古泉「遅くなりました」

長門「遅れた」

キョン「……あぁ」

みくる「ワンッ!」

園生「ワンワンッ!」

古泉「すっかり仲良くなったようですね」

長門「良いこと」

キョン「……」

古泉「そういえば、あなたのハルヒはどこですか?」

キョン「あぁ、ハルヒなら…あぁ、帰ってきたな」

ハルヒ「おーい、みんなおま…た…」


102 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/14(金) 01:41:52.46 ID:jek8eRnM0 [35/46]
古泉「どうも、涼宮さん」

長門「……」

ハルヒ「あぁ、うん…え?何、コレ」

みくる「クゥン」

園生「ワン」

ハルヒ(犬)「ワンッ!」

104 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/14(金) 01:43:21.25 ID:jek8eRnM0 [36/46]
ハルヒ「え?なに?え?」

キョン「……ハルヒ」

ハルヒ「は、はひゃいっ!?な、何よキョン」

キョン「俺は…お前を、とても大切に思っている」

ハルヒ「えっ(ドキッ)」

キョン「お前がいると楽しい。お前が休んだ日は物足りない。いつの間にか、お前は俺の生活の一部になっていたんだ」

ハルヒ「きょ、キョン…」

キョン「ハルヒ…俺、目が覚めたんだ。こいつらのおかげで」

ハルヒ「キョン…え?」

古泉「んっふ」

長門「……」

キョン「ハルヒ、どうか俺の……」


105 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/14(金) 01:44:31.85 ID:jek8eRnM0 [37/46]
公園

キョン「……お、きたな」

古泉「どうも、遅くなりました」

園生「ワンッ!」

キョン「おう。はは、森さんは今日も元気だなぁ(ナデナデ)」

園生「クゥン」

長門「おまたせ」

キョン「おぉ、長門」

みくる「わんわんっ」

キョン「朝比奈さん、今日も可愛らしいですね」

みくる「くぅん…」

古泉「さて、それではいきましょうか」

長門「散歩」

キョン「あぁ、そうだな」

106 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/14(金) 01:45:12.82 ID:jek8eRnM0 [38/46]
キョン「いくぞ、ハルヒ!」

ハルヒ(犬)「ワンッ!」

ハルヒ「ワンっ!!」

111 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/14(金) 01:47:10.90 ID:jek8eRnM0 [40/46]
ちょっとまてよ
俺の初SSこんなのかよ

113 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/14(金) 01:48:17.49 ID:jek8eRnM0 [41/46]
最初はほのぼのを書くつもりだった
古泉の顔が浮かんだ瞬間に何かが崩れた
最後はなんかもうありきたりすぎる
なんかごめんなさい

114 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/14(金) 01:48:59.41 ID:B4+R+qPu0 [9/26]
>>111
まだ終わんなきゃいいんじゃね?

こっから海水浴編入れば?

116 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/14(金) 01:51:16.73 ID:jek8eRnM0 [42/46]
>>114
もう無理だろ…どうしろってんだよ…
わんわん鳴いてるハルヒしか浮かばねぇよ…可愛いよくそ…

120 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/14(金) 01:55:16.54 ID:moK98cQ60
続けられないならこういう短編いっぱい書けばいいじゃないか
ほのぼの系でも許す

121 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/14(金) 01:57:09.10 ID:jek8eRnM0 [43/46]
>>120
完全に思いつきで書いてたんだぞ、いまは思いつきがゼロだ

って事で、書き手がチェンジします

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。