FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

上条「インデックス、居候なら仕事してくれ」

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/14(金) 19:24:35.83 ID:3cD544wEO [1/48]
禁書「って言われても、仕事って何したらいいんだろ…」

禁書「こんなときは…」


【Google魔導図書館】
キーワード:仕事


禁書「検索…と」


【Google魔導図書館】
1件ヒット


禁書「えー、たった一冊?」

禁書「仕方ない、これを参考にしよう」

禁書「なになに、『必殺仕事人』…?」

2 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/14(金) 19:34:00.51 ID:3cD544wEO
黒子「お姉さまぁぁぁあん!」

美琴「黒子っ 止めなさいって!」

黒子「お姉さまがいけませんのっ 水着姿で私を誘うから」ハアハア

美琴「誘ってない! 学校にいる時ぐらい大人しくできないのっ」ビリビリッ

黒子「あヒぃん!」



禁書「…あの人、凄く迷惑そうなんだよ」

5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/14(金) 19:38:44.70 ID:3cD544wEO


シャワーッ


黒子「お姉さまの恥ずかしがり屋さん」

美琴「恥ずかしがってない!」

黒子「そう照れなくても」

美琴「もっかい痺れる…?」

黒子「冗談ですの」

黒子(さて、今の内にお姉さまの着替えの下着を私のチョイスした物に…グヘヘ)


チャラチャー
チャチャチャチャチャチャチャチャチャ
チャラチャー

禁書「…」スッ

6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/14(金) 19:44:31.80 ID:3cD544wEO
黒子「またこんな子供っぽい下着を…」


カポッ
禁書「…」ジーッ


黒子「この大胆な黒パンティ、きっとお姉さまにお似合いですわ、グヘヘ…」


スーッ スタッ


黒子「ん?」

禁書「…」


ズブリッ

黒子「」

7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/14(金) 19:46:39.79 ID:3cD544wEO
ドサッ

禁書「…」クルリッ

「ふー、さっぱりしたぁ」

禁書「!」バッ

ガチャッ

美琴「あれ黒子、何寝てるのよ」




美琴「死んでる…」

8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/14(金) 19:49:36.74 ID:3cD544wEO


禁書「とうまー、お腹すいたんだよー」

上条「お前なぁ、朝叱られたばっかりだろ?」

禁書「んふふー、今日から私も仕事を始めたんだよ」

上条「マジですか!?」

禁書「あー仕事するとお腹が減るなぁ」

上条「わかったわかった! すぐ用意するから」

禁書「わーい」

11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/14(金) 19:53:38.92 ID:3cD544wEO
上条「あ、醤油がねぇ」

禁書「えー!」

上条「すまねぇけど、もう一仕事頼むわ」

禁書「むー、貸し1だよ?」





禁書「お醤油お醤油…」


禁書「誰?」

ステイル「僕だよ」

禁書「あなたは…」

12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/14(金) 19:58:34.51 ID:3cD544wEO
ステイル「一人になるなんて、不用心だね」

禁書「…」


禁書「不用心なのはあなたかも」

ステイル「は? 妙な事を言うね」

禁書「こっちの話。どこへついていけばいいの?」

ステイル「本当に妙だ、聞き分けがいいなんて…」

禁書「気が変わる前に案内してよ」

ステイル「…こっちだ」

13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/14(金) 20:04:18.42 ID:3cD544wEO
チャラチャー
チャラチャチャチャチャチャチャ
チャラチャー

ステイル「彼を待たせて我々についてくるとは、悪い子だ」

禁書「…」

ベベベン ベベベン ベベベーン
ベベベン ベベベン ベベベェーン

ズグリュッ

ステイル「あガぁ!?」

禁書「…」

ゴキリッ

ステイル「」

ドサッ

16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/14(金) 20:08:04.55 ID:3cD544wEO
禁書「三途の川の渡し賃だよ」つ①

チャリン


禁書「さて、お醤油買いに行かないと」





神裂「ステイル遅いですね…様子を見に行きますか」



神裂「…死んでる」

18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/14(金) 20:10:35.43 ID:3cD544wEO


上条「げ、あそこにいるのはビリビリ…」
美琴「…」

上条「…元気なさそうだな、よし」


上条「おーい」

美琴「…アンタか」

上条「どうした、元気ないじゃないか」

美琴「…グスッ」

上条「おい!? 急に泣くなよ」

20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/14(金) 20:13:13.99 ID:3cD544wEO
上条「白井が死んだ…? そんな…」

美琴「うう…グスッ」

上条「…」ギュッ

美琴「うわあああああああああん」





禁書「あの短髪、とうまになれなれしいんだよ」

24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/14(金) 20:17:32.29 ID:3cD544wEO


美琴「はぁ…黒子と食べたクレープも美味しく感じないよ」

美琴「こんな事ならもう少しワガママ聞いてあげれば良かったな…」


チャラチャチラャラチャララー
チャラチャチャラチャララー


禁書「おーい、短髪ー」

美琴「あんたは…」

26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/14(金) 20:22:38.31 ID:3cD544wEO
禁書「どうしたの? クレープ溶けちゃうよ」

美琴「…食べる?」

禁書「いいの? わーい!」


禁書「モグモグ」ニコニコ

美琴「ふ…、あなたは元気ね」

禁書「短髪は元気ないね、駄目だよちゃんとご飯食べないと」

美琴「…ありがと、ちょっと元気になったわ」スクッ

美琴「じゃ、私門限あるから」スタスタ


ズブリッ


美琴「あれ…?」コフッ

30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/14(金) 20:25:40.39 ID:3cD544wEO
チャーチャラチャー チャーチャラチャー
チャーチャラチャーチャラチャー

禁書「あの世でくろこが待ってるよ」

ズブゥッ

美琴「ぁあ…」

ドサリッ


禁書「クレープ御馳走様」

32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/14(金) 20:28:44.83 ID:3cD544wEO


禁書「たまには家で体を休めないとね」

ガチャッ

禁書「ん? とうまー、学校」

34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/14(金) 20:31:29.90 ID:3cD544wEO
スタスタ

禁書「は…」

神裂「…お邪魔します」

禁書「魔術師!?」

神裂「上条当麻はいますか」

禁書「とうまならいないよ」

神裂「ならば伝えて下さい。ステイルの仇は必ず取る、と」

禁書「…」

禁書「その必要はないかも」

37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/14(金) 20:33:56.29 ID:3cD544wEO
神裂「どういう事です」

禁書「…」スラッ

神裂「!?」

禁書「とうまに手を出すなら、ここで斬るから」

神裂「くっ」チャキッ

禁書「…」ジリッ

神裂「…」ゴクッ

38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/14(金) 20:40:44.13 ID:3cD544wEO
神裂(隙が無い! 峰打ちなんて狙ってたら私が殺られる…!)

禁書「…」ジッ

神裂(先程の台詞と裏腹に、殺気を全く感じない…どういうこと!?)


神裂「…っ」ツゥ

禁書「…」ダラッ


神裂(凄い汗ですね…、人の事は言えませんが)

神裂(やはり彼女も紙一重なのですね)

39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/14(金) 20:43:44.86 ID:3cD544wEO
禁書「…」

神裂「…」


ズバッ



神裂「がハッ」

ドサリッ



禁書「…どうして隙を見せたの?」

神裂「…」ニコ

ガクリッ

禁書「さよなら…」

42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/14(金) 20:49:41.09 ID:3cD544wEO


「ニャー」

上条「へぇ、お前猫好きなのか」

ミサカ「ほら、お食べ」つパン

「ハムハム」

上条「かわいいn」


上条「えー、ゴホン」

ミサカ「どうしたのですか? とミサカは尋ねます」

上条「その…パンツが」





禁書「…色仕掛けは絶対に許さないんだよ」

43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/14(金) 20:55:42.84 ID:3cD544wEO
ミサカ「今日はこの路地がポイントですね、とミサカは地図を確認します」


ベーン ベベベベーン
ベベベン ベベベベーン

禁書「…」スタスタ

ベベベン ベベベベーン
ベベーン ベベーンベンベベベーン

禁書「…」スラッ

ミサカ「ん? あなt」

ズバッ

ミサカ「」

禁書「…」チンッ

ドサッ

45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/14(金) 21:03:49.40 ID:3cD544wEO
ミサカ「部外者による敵襲です、とミサカは残りの警備に呼びかけます」

ザザザッ

ミサカ「大人しく投降して下さい、とミサカは呼びかけます」

禁書「…」スラッ

デーデッデー デーデッデー

ミサカ「抵抗する気ですか」

ミサカ「全員、構え」

禁書「ふっ」ズァッ

ズバッ ズバッ

ミサカ「ぐァッ」ミサカ「ぁアッ」

ミサカ「怯むな!撃て!」

バババッ チュインキュインッ

ミサカ「うァッ」ミサカ「ぎゃあッ」

46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/14(金) 21:08:58.89 ID:3cD544wEO
禁書「狭い所で銃なんて使うもんじゃないよ」

ミサカ「くっ」ダッ

禁書「せっ」シュッ


シュルルルルルッ


ミサカ「うっ」キュッ

禁書「はっ」ダダッ バッ


グィィッ


ミサカ「か…はっ」ジタバタ

47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/14(金) 21:11:58.14 ID:3cD544wEO
禁書「ぺち」ペィン

ミサカ「」ガクッ

禁書「…」ビッ

ドサッ


禁書「…短髪達と仲良くね」







一方「みんな死んでる…」

48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/14(金) 21:28:29.61 ID:3cD544wEO
佐天「ねえねえ、あの噂聞いた?」

初春「噂?」

佐天「仕事人だよ、仕事人」

初春「なんですそれ」

佐天「晴らせぬ恨みを晴らしてくれる殺し屋だよ」

初春「殺し屋…ですか」

49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/14(金) 21:33:06.54 ID:3cD544wEO
佐天「もしかしたら御坂さん達は仕事人にやられたんじゃ…」

初春「いえ、恐らくこの人です」ピラッ

佐天「だれ? この白髪」

初春「学園都市最強、レベル5の第一位『一方通行』です」

佐天「こいつが第一位…、御坂さんが負けるんだもんね」

初春「御坂さんのクローンを殺してレベル6になる実験をしているみたいなんです」
佐天「酷い…」

50 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/14(金) 21:35:12.54 ID:3cD544wEO
初春「恐らく、実験を止めようとして御坂さん達は…グスッ」

佐天「…グスッ」


初春「…佐天さん」

佐天「依頼、するんだね」

初春「調べましょう、仕事人について」

51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/14(金) 21:47:47.84 ID:3cD544wEO
上条「インデックス、仕事しているって言ってるけど、給料はどうした」

禁書「それがまだ出ないんだよ」

禁書(依頼来たことないし)

上条「頼むよホント、あてにしてるからさ」

禁書「ごめんねー」


ピンポーン

上条「はいはい」

52 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/14(金) 21:50:24.16 ID:3cD544wEO
禁書「お金、どうしよう…」

上条「インデックス、お前に仕事の話で客だぞ」

禁書「えっ」

初春「インデックスさんですね」

佐天「私達に付き合ってくれますか?」

禁書「…」


禁書「とうま、ちょっと出掛けてくるね」

上条「仕事頑張れよー」

54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/14(金) 21:59:48.82 ID:3cD544wEO
初春宅

禁書「お話って?」

初春「…」スッ

禁書「写真?」

佐天「その人がターゲットです」

禁書「!」

初春「私達はその人に友人を殺されました。その恨みを晴らして下さい」

禁書「…この人で間違いないんだね」

佐天「はい」

55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/14(金) 22:03:58.72 ID:3cD544wEO
初春「報酬です」スッ

禁書「確かに」

初春「中身、確認しないんですか?」

禁書「例え50円でも今回の仕事は請けるつもりなんだよ」

佐天「どうして?」

禁書「あなた達の無念が伝わってきたから」

初春「…」

58 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/14(金) 22:10:16.57 ID:3cD544wEO
初春「ターゲットは学園都市最強の超能力者です」

初春「ベクトルを操る能力らしくて、あらゆる攻撃を跳ね返し、触れた物を自在に動かせるとか…」

禁書「ふーん」

佐天「…大丈夫ですか?」

禁書「多分ね」

佐天(本当に大丈夫かなぁ…)


禁書「ま、期待しててよ」

バタン

61 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/14(金) 22:18:54.66 ID:3cD544wEO
禁書「…攻撃が効かないってのは厄介なんだよ」

禁書「不意打ちも効かないだろうし…」



打止「お腹がすいたかもってミサカはミサカはおねだりしたり!」

一方「うるせぇガキだ…」



禁書「…いた」

62 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/14(金) 22:21:44.86 ID:3cD544wEO


打止「わーい!ハンバーグだってミサカはミサカは喜んだり!」

一方「うるせェ、だまって食え」

打止「いただきまーす!」アムアム

一方「けッ」




禁書「…いいな」ゴクリ

63 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/14(金) 22:35:09.04 ID:3cD544wEO
禁書「あ、白髪がテーブルから離れる」

禁書「そのまま出てっちゃった…」

禁書「仲良さそうに見えたんだけどなぁ」

禁書「すいませーん、注文いいですか?」




禁書「ああ、おいしかったぁ」

禁書「あれ、あの小さい子がいない…」

64 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/14(金) 22:52:07.95 ID:3cD544wEO
ブーン…

キィ


天井「ひひ…こいつさえいれば」

禁書「いれば、何なのかな」

天井「ひィ!?」

禁書「教えてくれないかな、おじさん」

天井「だ、誰だ」

禁書「質問してるのはこっちなんだけドッ」

グキッ

天井「あああああッ!? 肩がぁぁッ」

66 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/14(金) 22:57:27.14 ID:3cD544wEO
禁書「もう一度訊くよ?」

天井「こ、この子が配信する信号で御坂美琴のクローン体が一斉に攻撃を開始するッ」

禁書「!」

天井「しゃ、しゃべったから命だけは…」

禁書「駄目、解除しないと…」

天井「う、うわあああああっ」チャキッ

禁書「!」


グキリッ


禁書「ちッ」

天井「」

68 名前:>>67私です[] 投稿日:2010/05/14(金) 23:05:47.84 ID:3cD544wEO


一方「あの中年…やってくれたなァ」タッタッ

一方「ン?」



禁書「んしょ…んしょ…」

一方「…おいガキ」

禁書「ガキじゃないよ、インデックスだよ」

一方「何でテメェがそのガキ連れてンだ」

禁書「攫われそうになってたから助けてきたんだよ」

70 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/14(金) 23:11:22.91 ID:3cD544wEO
一方「…解せねェが助かった」

ピッピッ

一方「芳川、俺だ。あのファミレスン所にいる…あァ」

ピッ

禁書「重いんだよ…」

一方「あァ、悪い」ヒョイ

禁書「ふぅ、やっと肩の荷が降りたんだよ」

一方「恩に着るz」

ズブッ…

打止「ううッ!?」

一方「て、てめェ」

72 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/14(金) 23:17:50.19 ID:3cD544wEO
テレテテレテレテー
テレテテレテレレー

禁書「ほっといたら私以外の人に殺されそうだったからね」

ズッ

一方「ァァ…」

打止「ミサ…」

ドサッ

テーテレレー テーテレテー
テーテレテーテレレー

一方「…ッ」

禁書「…」

ズバッ

禁書「…」ブンッ キンッ

禁書「あなた達の恨み…晴らしてあげたんだよ」

74 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/14(金) 23:22:58.87 ID:3cD544wEO
禁書(一方通行の隙を突く為とはいえ、女の子を巻き添えにしちゃったんだよ…)

禁書(でも、ああしないと演算を停止させれなかったろうし…)

禁書(今までも、殺し続けてきたんだ)

禁書(…これしかなかったんだ)


禁書「…」ザッザッ

76 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/14(金) 23:25:52.41 ID:3cD544wEO


禁書「お金も入ったし、とうまもご満悦なんだよ」

ピンポーン

禁書「はーい、誰だろ?」



ガチャッ

初春「ジャッジメントです」

78 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/14(金) 23:31:29.46 ID:3cD544wEO
禁書「…」

初春「一方通行が死んだのはインデックスさんの仕業ですね」

禁書「…そうだよ」

初春「私達は確かに一方通行の殺害を依頼しました」

初春「でも…女の子も殺すなんて…」

禁書「…私を捕まえるのに一人で来たの?」

初春「ジャッジメントで一方通行を殺した犯人を知っているのは私だけです」

初春「依頼したのけじめもあります、あなたを拘束します」

79 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/14(金) 23:35:24.18 ID:3cD544wEO
禁書「けじめ…か」

禁書「じゃあ、私が白髪だけをうまく殺したとして、それでもジャッジメントとして拘束するのかな?」

初春「そ、それは…」


ズバッ


初春「あ…れ…?」

ドサッ


禁書「人を恨み殺しを頼むのに、都合のいい事言わないでもらいたいんだよ」

80 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/14(金) 23:44:18.68 ID:3cD544wEO
禁書「るいこ、隠れてないで出てきたら?」

佐天「…」スッ

禁書「そんなに殺気を出されたら不意打ちにならないよ」

佐天「初春…グスッ」ソッ

禁書「…」

佐天「みんな…今行くね」カチッ

禁書「まさか!? 自ば」



ドカァァァアアアアアンッッ

82 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/14(金) 23:51:07.19 ID:3cD544wEO
学校から帰ると家がなくなっていた

俺の家の玄関を中心に火薬を使った爆発があったらしい

犯人はわからないが、焼け跡からインデックスと以前ウチを訪ねてきた女子学生二人の変わり果てた姿が見つかったらしい

加えて、白井が死んだ数日後に御坂も死んでいた事を知った

不幸だ

貧しくも楽しかった日常は返らない


何を間違えてしまったんだろう…



終劇

86 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/14(金) 23:58:51.20 ID:3cD544wEO [48/48]
おかしい
ギャグ調にしたかったのに

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。