FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

女「男になってる…?」

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/03(月) 09:27:44.53 ID:9U1Z5IiiO [1/69]
女「え?だ、誰?!」

女「知らない人が鏡に映ってる?!え?!」キョロキョロ

女「え?わ、私??」ムニーッ

女「痛い……ほっぺたつねっても痛いって事は……」

女「え?何で??え?えぇ??」

女「どういう事?!私、生まれ変わった??」

9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/03(月) 09:36:16.88 ID:9U1Z5IiiO
女「あ、あれ?どういう事??」

女「私、寝てただけだよね…?」

女「え?あれ??」

女「てか、私の唯一自慢の長くてサラサラな黒髪は?」

女「どこいったの??!!」

女「身体も大きくなってる?」

女「私の引き締まったバストに豊満なウエスト&ヒップはどこに?!」

女「………あ、それは無くてもいいか」

12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/03(月) 09:41:53.82 ID:9U1Z5IiiO
女「か、顔も……てか、これ本当に私??」

女「私ってこんなに可愛い……?」

女「いや、えっと、イケメン……?」

女「ん?どっち何だろ??」

女「かなり抽象的な顔立ち……」

女「えっと…この場合、確かめる手立ては一つだけだよね……うん」

女「つ………付いてるか、付いてない……か」ゴクッ

女「………」ソーッ メクリ チラッ

女「!!!」




女「男になってる…?」

13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/03(月) 09:50:29.23 ID:9U1Z5IiiO
女「え?え??えぇぇ??!!」

女「わ、私って実は男だったとか?!」

女「いやいやいや、そんな訳ないじゃん!!」

女「昨日までトイレやお風呂入った時には、こんなの付いてなかったもん!!」

女「………」ジーッ

女「グ……グロい……」

女「何これ??!!」

19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/03(月) 10:10:03.39 ID:9U1Z5IiiO
見直してきましたが、まだ数レスしかしてないのに、誤字脱字多過ぎ……本当すみません

23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/03(月) 10:17:52.60 ID:9U1Z5IiiO
妹「ちょっと!!こっちはまだ寝てるってのに!!朝からうるさいじゃない!!」ガチャッ バンッ

女「え……あ……ご、ごめんなさい!!」ニギニギ

妹「………」

女「し、静かにしてるから…怒らないで…?」プルルン プルルン

妹「え……いえ、こちらこそ…お騒がせして……あの……ごゆっくり……」キィィィ パタン

妹「………ママ!ママァーー!!」ドタドタドタ

25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/03(月) 10:24:36.58 ID:9U1Z5IiiO
妹「ママ!!聞いて聞いて!!」

母「なぁに、朝から。騒がしいわね」

妹「あの根暗が!!」

母「根暗じゃないでしょ?ちゃんとお姉ちゃんて呼びなさい」

妹「う、うん……そのお姉ちゃんが!!」

母「はいはい。どうしたの?」

妹「男を部屋に連れ込んでた!!!」

母「あら、そうなの。じゃ、もう一人分朝食用意した方がいいかしら」

妹「あー!!信じてないでしょ!!!」

母「はいはい、信じてるわよ」

27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/03(月) 10:30:05.24 ID:9U1Z5IiiO
妹「もう!!本当なんだから!!」

母「はいはい」

妹「むぅー!!それなら連れて来てあげる!!」

母「あ、ならついでに朝はパンとご飯どっちがいいか聞いといて」

妹「そ、そんなの自分で聞けばいいじゃない!!とにかく、根く……お姉ちゃんと一緒に連れて来るから!!」

母「お願いね~」

30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/03(月) 10:43:18.56 ID:9U1Z5IiiO
~~少し遡る

女「し、信じられない…本当に男になってる……」

女「何で私にこんなグロいのが付いてるのよ!!」

女「こ、こんなの………」

女「ちょ、ちょっと触ってみようかな……」

女「………ゴキュッ」ソーッ ニギリ

女「………変な感触」

女「何て言えばいいのかな…初めての感触…」ニギニギ

妹「ちょっと!こっちはまだ寝てるのに!!朝からうるさいじゃない!!」

女「え……あ……ごめんなさい!!」ニギニギ

妹「………どうぞ、ごゆっくり……ママーー!!」

女「あ……い、妹ちゃんに見られちゃった!!」ニギニギ

31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/03(月) 10:51:37.03 ID:9U1Z5IiiO
女「でも……は、初めて触るけど…」ニギニギ

女「何だか可愛いくて愛おしくなってきた……んっ」

女「やだ……触ってたら…ちょっと……気持ちいい…かも……」ニギニギ ムクムク

女「そ、それに……さっきより…大きくなって……硬く……んはっ」シュッ シュッ

女「あ……ダメ……気持ちい…い……」シュッシュッ シュッシュッ

女「はぁ……はぁ……」

コンコン

妹「お、お姉ちゃん、ママがご飯だって!そ、その!彼氏さんも一緒にどうぞって!!あの、は、入るね?」ガチャッ

女「!!!や、ちょっと待って!!」ワタワタ

妹「お邪魔しまー………」

女「ままま、待って!!」

33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/03(月) 11:01:40.13 ID:9U1Z5IiiO
妹「………」ジーーッ

女「や……こ、これはその……」ビンビン

妹(で……デカイ……前彼のより……ゴキュッ)ジーーッ

女「あ、あの……その……」

妹(てか、これ入らないっしょ!!こんなの入れられたら壊される!!)ジトーーッ

女「あ、あの!!」

妹「え……あ!ごごご、ごめんなさい!!朝食ですので!!すぐに来て下さい!!」バタンッ

女「や………はぁ…」

女(うぅぅ……変な事してるとこ…み、見られちゃった……死にたい…)シクシク

35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/03(月) 11:09:15.23 ID:9U1Z5IiiO
妹「ママー!ママァーー!!」ドタドタ

母「呼んで来てくれた?で、パンとご飯どっちがいいって?」

妹「そんな事より!!モンスターがいた!!!」

母「あらあら、お姉ちゃんの彼氏の次はモンスター?困ったわね、何を食べるのかしら?」

妹「そうじゃなくて!!こう、ドーーンて感じで!長くて太くて頭なんかもおっきくて!!」

母「あら、そうなの。困ったわね~、何を出そうかしら」

妹「だぁかぁらぁ!!」

女「あ……あのぉ……」

妹「モンスター!!!」

母「あらあら、おはようございます。初めまして」

女「おはよう…ございます…」

36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/03(月) 11:15:10.62 ID:9U1Z5IiiO
母「あら?お姉ちゃんは?」

女「や……その………」

妹「モンスター!!」

母「あ、パンとご飯どちらにします?」

女「パ、パンで…」

父「おふぁよ~………あの、どちら様で?」

妹「モンスター!!」

母「違うでしょ、お姉ちゃんの彼氏さんでしょ」

女「え……ちが……」

父「………なにぃ!!!」

38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/03(月) 11:30:08.81 ID:9U1Z5IiiO
父「君、それは本当かね?」

女「ち、違う……」

父「違うって!じゃあ何で朝っぱらから我が家にいるんだ!!」

女「そ、それは……」

父「私の可愛い娘のとこに泊まったからいるんだろ!!君は女とどういった関係なんだ!!」

女「関係も何も……本人……」

父「本人達が愛し合っているんだから口を出すなと言いたいのか!!ふざけるな!!女が愛してるのは父だ!!」

父「女は父のものだ!誰にも渡さんぞぉぉぉぉ!!!女~~~!愛してるぞぉぉぉぉ!!!」

女「え……と……///」

母「まぁまぁ、あなた。落ち着いて。せっかくお姉ちゃんが連れて来たんだし、食事しながらゆっくり聞きましょ」


40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/03(月) 11:47:18.13 ID:9U1Z5IiiO
母「じゃ、食事にしましょ」

父「うむ。ふふふ…我が家では食事の前に特別なお祈りをするのが習わしでね……これを聞いても君は女と付き合ってられるかな…?」ニヤリッ

妹「え~……また、あれ言わなきゃダメなの~…最近はもう言わなくよくなったのに……」

母「まぁまぁ、たまにはいいじゃない」

妹「え~~~……」

父「お願い!あいつに見せつけてやるだけだから!!ね?後でお小遣あげるし!!」

妹「本当?!じゃあやる!!『パパ、いつもお仕事ご苦労様!今日も一日頑張ってね!!パパ愛してる(ハァト』」

父「うんうん。どうだ、我が家の娘達は常に私の事を…」

女「パパ、いつもお仕事ご苦労様!今日も一日頑張ってね!!パパ愛してる(ハァト」

父「ききき、貴様にパパと呼ばれる筋合いはない!!///」

母「あなた、何で顔赤くしてるの?」

父「そ、そんな事ない、ないよ?!ち、ちっとも『ドキッ』とかしてないし??!!ましてや、股間が反応とかしてないよ?!」

母「………」

47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/03(月) 11:56:42.41 ID:9U1Z5IiiO
父「んん。ゴホンゴホン。で、君の名前は?あと、好きな食べ物やアーティスト、趣味なんかは?それと、よかったらアドレス交換を……///」

母「あ・な・た!!」

父「ふひぃ!!じじじ、冗談冗談!!やだなぁ~!あはは!!で、君の名前は?」

妹(ダメだこのハゲ)

女(パパってそういう趣味もあったのか……でも、そんなパパも素敵(ハァト)

女「あ、あの……女…です…」

父「いやいや、それは私の可愛い娘の名前であって、君の名前は……」

女「だから、私が…その……女…です」

一同「………」

49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/03(月) 12:02:18.48 ID:9U1Z5IiiO
女「えっと……信じて貰えないかもしれないけど……朝起きたら、こうなってました……ごめんなさい」

父「あ~、母さんや、そこの醤油取ってくれるかな?」

母「え、えぇ。はい、どうぞ」

父「ん、ありがとう」

妹「あ、そうだ!今日、体育の授業があるからジャージ必要だったんだ!ママ、もう乾いてる?」

母「ええ、乾いてるわよ」

女「いや……あの……本当に……」

一同「………」

50 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/03(月) 12:16:15.87 ID:9U1Z5IiiO
父「え~、まぁ、長い人生道に迷う事もあるさ!強く生きよう!!君ならまだ若いし、やり直しもきく!!」

女「本当だよ!!」

父「いや、そう言われてもな…そ、そうだ!女はどこいった?妹、ちょっと部屋を見て来てくれ!」

妹「う、うん!」

女「だから、私だよ!何で信じてくれないの?!」

父「まぁまぁ」

女「私が幼稚園の時、パパと一緒にお風呂入って、私のアソコいっぱい舐めてくれたじゃない!」

女「その時パパは『パパはいつでも女ちゃんの味方だからね!だから、その見返りにちょっと舐め舐めさせてね!デュフフw』とか言って!!あれは嘘だったの?!」

父「ちょ!!ま!!」

母「あなた?それは本当かしら?」ニコッ

父「いや、待って母さん!!話せば分かる!!い、いやぁぁぁぁぁ!!!」

53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/03(月) 12:28:56.61 ID:9U1Z5IiiO
父「そ…その事を知ってるとは……本当に…女か?」ボロボロ

母「出勤前だから今はこれで勘弁してあげるわ。続きは帰ってきてからね。いいわね?」

父「はい……」

女「信じてくれた?!」

父「俄かには信じられんが……」

妹「パパ……お姉ちゃん……いない……って、そんなにボロボロでどうしたの?」

母「何でもないわよ?」

妹「そ、そう?」

父「と、とにかく!本当に女なんだな?」

女「うん……」

父「わかった!父は信じよう!!」

母「まぁ、あなたがそういうなら、私も信じます」

妹「え~!!どうしてそんなにすぐ信じられるのよ!!私は無理!!」

女「妹ちゃん……」

55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/03(月) 12:45:34.35 ID:9U1Z5IiiO
父「差し当たって、着るものや学校、その他諸々をどうするかだが…」

母「そうね~」

父「とりあえず、今日は学校休んで新しい制服や服を買いに行くしかないな」

母「分かりました。じゃあ、学校には連絡しときますね」

父「頼む。父も今日は会社を休んで久しぶりに女ちゃんとデート……」

母「はい、スーツの上着にカバン。早くしないと遅刻するわよ。行ってらっしゃい」

父「え……いや、娘の一大事に会社なんて……」

母「いいから行け!!」

父「はいい!!行ってきます……女ちゃん!帰ってきたらデートしてね~~~………」

母「さ、邪魔者がいなくなったとこで、ママとデートしましょ(ハァト」

母「昔から息子が欲しかったのよね!女ちゃんみたいなイケメンなwうふふw」

妹(ダメだこの両親……私がしっかりしなくちゃ…)

58 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/03(月) 12:56:46.27 ID:9U1Z5IiiO
母「さぁさぁ、妹ちゃんも学校行きなさい」

妹「う、うん……」

母「はい、ジャージにお弁当。気をつけてね」

妹「うん…じゃあ行ってくるけど……」

妹「根暗!!」

女「な、なに?」

妹「うまくパパやママに取り入ったみたいだけど!私はあんたを信用してないんだからね!」

女「う…うん……ごめんなさい」

妹「っ…!そ、そんなお姉ちゃんみたいな態度とったってダメなんだから!!」

妹「じゃ、行ってきます!!」

女「い、いってらっしゃい…」

妹「ふん!!」

60 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/03(月) 13:08:35.31 ID:9U1Z5IiiO
妹友「妹ちゃん、おはよう!」

妹「あ、おはよう!」

妹友「あれ?今日は一人?」

妹「う、うん」

妹友「いつも『妹ちゃん待ってよぉ~』って後を追いかけてくるウザい根暗なお姉ちゃんは?」

妹「ちょっと!!人のお姉ちゃんつかまえてウザいとか根暗とか言わないでよ!!」

妹「お姉ちゃんはね、人よりちょっと人見知りで繊細なだけなんだから!!」

妹友「え?あ…ごめん。けど、いつも妹ちゃんが言ってる事だよね?」

妹「わ、私はいいの!!あいつのお守り役なんだから!!そうよ、私が守ってあげるんだから!!」

妹友「……妹ちゃんて、もしかしてレズでシスコン?」

妹「ち、違うわよ!!」

妹友「むきになるとこが怪しい……w」

妹「違うって言ってるでしょ!早く行かないと遅刻だよ!!」

妹友「いっけない!!急げ~!!」

64 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/03(月) 13:23:38.82 ID:9U1Z5IiiO
妹(わ、私がレズな訳ないじゃん!彼氏だっていた事あるし!!)

妹(それに、またイジメられてるんじゃないかって、ちょっと根暗の事が気になるだけで……)

妹(………ほ、ほんのちょっとしか好きじゃないんだから!)

妹(私はいたってノーマルよ!そうよ!ノーマルなんだから!!)

妹(姉妹で…ってゆーか、女同士でなんて……)

妹(気持ち悪いだけじゃん!!そうよ、あいつだってそう言ってたじゃない!!)

妹(……私と根暗は……女同士…なんだから……)

妹(………朝のあれ……本当なのかな……お姉ちゃんが……男に……)

妹(異性なら………って!な、何を考えてるのよ私は!!)

妹(と、とにかく!今日は、早く帰ってお姉ちゃんをどうしたか問い詰めなくちゃ!!)

66 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/03(月) 13:31:14.68 ID:9U1Z5IiiO
妹「た、ただいま~」

母「あ、妹ちゃんお帰りなさい。ねぇ、見て見て!」

妹「な、何よ」

女「あ、あの……お帰り…」

妹「………」ポーッ

母「どう?カッコイイでしょ!うふふwもうね、何着せるか迷っちゃったわよ!!」

女「えっと……あの……に、似合う…?」

妹「あ……う、うん……」

母「ママの見立てなかなかいいでしょ?ルンルン♪」

妹「うん……じゃなくて!ち、ちょっと着替えてくる!!」

妹「そ、それと、根暗!少ししたら私の部屋に来なさい!いいわね!!」

女「わ…分かった……」

68 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/03(月) 13:39:29.05 ID:9U1Z5IiiO
妹(や、やだ……どうしよう……)

妹(スッゴいドキドキした……)

妹(カッコよくて…思わず見とれちゃったし……)

妹(ダ、ダメよ!何言ってるの私!!)

妹(私はお姉ちゃん一筋なんだから!!いやいやいや、ち、ちが!!)

妹(この場合の一筋って、お姉ちゃんの事が好きとかそんなんじゃなくて!)

妹(そ、そう!か、家族として好きであって!決してお姉ちゃん自体を好きとか…いえ、好きなんだけど……そうじゃなくて!!)

妹(あぁ~!もう!!とにかく!!………ほ、本当に…お姉ちゃんなの…かな?)

コンコン

女「あ、あの……妹ちゃん…入って……いい?」

妹「!!!………ど、どうぞ」

71 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/03(月) 13:48:06.26 ID:9U1Z5IiiO
女「あ…あの……な、何かな?」

妹「ちょっとそこ座って。聞きたい事あるから」

女「うん……な、何かな?」

妹「ねぇ、正直に言って」

女「な、何を…?」

妹「根く……お姉ちゃんを…どこにやったの?」

女「だ、だから…私が女で……」

妹「そういう嘘はいいから!!」バンッ

女「ひっ……」

妹「正直に言いなさいよ!!お姉ちゃんをどこにやったのよ!!」

女「そんな……」

妹「お姉ちゃんはね……私が守るって約束したんだから!!あんたみたいな訳の分からない奴にお姉ちゃんは渡せない!!」

女「い、妹ちゃん……」

73 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/03(月) 13:51:29.87 ID:9U1Z5IiiO
女「約束……覚えてて…くれたんだ……」

妹「な、なによ…」

女「守ってくれるって…約束……」

妹「わ、私が約束したのはお姉ちゃんであって、あんたなんかじゃない!!」

女「ううん…私だよ……」

妹「じ、じゃあ、私がいつどこで約束したか言ってみなさいよ!」

女「うん!あれは……」

78 名前:すみません、飯喰ってました…[] 投稿日:2010/05/03(月) 14:32:02.49 ID:9U1Z5IiiO
女「私が中1の頃……休みの日に、同級生に公園に呼び出されて…」

妹「………」

女「私ってこんな性格だからさ……暗いだキモいだって学校の中でも外でもイジメられてて…」

女「その時もお腹殴られたり砂場で埋められそうになってる時、妹ちゃんがお巡りさん連れて来てくれて助けてくれて…」

妹「………」

女「その時さ、お巡りさんに褒められてた妹ちゃんが、言ってくれたよね」

女「『大好きなお姉ちゃんはずっと私が守るの!昔、私を守ってくれたお姉ちゃんみたいに!!』って」

妹「………」

女「それから、何かある毎に妹ちゃんが助けてくれて…そのおかげでイジメも無くなって…」

女「妹ちゃんの気持ちが、嬉しかったな~……」

妹「そ、それは……私が幼稚園の頃、迷子になって…暗い中、一人ぼっちで寂しい思いしてた時…」

妹「自分も暗くて怖かったのに…一生懸命、私を探して見つけてくれたから……私も、大きくなったらお姉ちゃん守ろうって…」

80 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/03(月) 14:40:02.50 ID:9U1Z5IiiO
妹「え……じゃあ、本当……お姉ちゃん…なの?」

女「うん…」

妹「そ…そうなんだ……///」

女「顔赤くして、どうしたの?」

妹「な、何でもない!!べ、別に朝の事思い出して赤くなったとかじゃないから!!」

女「え……?朝の…事?///」

妹「な、何お姉ちゃんまで顔赤くしてるのよ!!」

女「だ、だって……い、妹ちゃんに見られちゃったから……///姉妹とはいえ、妹ちゃんの彼氏に悪い事したかな///」

妹「え?!か、彼氏なんていないよ!!本当だよ!!」

女「え?前にお家に連れて来た、あの男の子は?」

妹「もうとっくに別れたよ!!」

83 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/03(月) 14:46:12.39 ID:9U1Z5IiiO
女「え…?そ、そうなの?!な、なんで?」

妹「だ、だって…エッチばかりしたがるし……そ、それに、あんまり好きじゃなかったし……」

女「え~!!じゃあ、妹ちゃんは好きでもない男の子と付き合ってたの?!」

妹「う……うん……」

女「今まで彼氏いた事ない私が言うのもなんだけど…そんなのダメじゃない!相手に失礼だよ!!」

妹「だって……」

女「だって?」

妹「何で私がその子と付き合ったかお姉ちゃん分かる?」

女「……ううん。何で付き合ったの?」

85 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/03(月) 14:54:33.93 ID:9U1Z5IiiO
妹「その子と付き合うちょっと前にさ、お姉ちゃんと一緒に雑誌見ててさ…」

女「うん」

妹「たまたま、女の子同士がキスしちゃう頁があって……それを見たお姉ちゃんが、女同士なんて信じられないって…」

女「ああ、確か言ったような……」

妹「私が好きなのはお姉ちゃんなんだけどさ、そんな事言われたら、私がお姉ちゃんの事好きってバレたら嫌われちゃうじゃん」

女「え…?えぇ??」

妹「だから、ちょうどいいタイミングでその子が告ってきたから…私はノーマルなんだってとこお姉ちゃんに見せようと思って……」

女「え?あ、あの……妹ちゃん……?」

妹「なに??」

92 名前:戻りました!支援ありがとうございます!![] 投稿日:2010/05/03(月) 15:50:56.31 ID:9U1Z5IiiO
女「えっと……今、サラっと重要な事…言った…よね?」

妹「え?」

女「わ、わた……私の事……す、好き……って…」

妹「あ……や!ち、違うの!!た、確かにお姉ちゃんの事好きだけど!か、家族としてだし!!」

女「……そ、そうだよね!うん!よかったぁ……」

妹「………」

妹「……やっぱり…」

女「うん?」

妹「私が…お姉ちゃんの事……好きって言ったら……引く…?」

女「えっと……それは……」

妹「あ!もしも!もしもの仮定の話ね!!」

女「だ、だよね~……」

95 名前:戻りました!支援ありがとうございます!![] 投稿日:2010/05/03(月) 15:58:38.52 ID:9U1Z5IiiO
女「う~ん……どうだろ…?」

妹「ど…どうって?」

女「もちろん、私は…男の子が好きだけど……」

妹「だけど…?」

女「あ、あの……聞いても……引かない…でね?」

妹「う、うん!もちろん!!」

女「わ、私も……妹ちゃんが…相手なら……い、嫌じゃ……ない……かな?」

妹「ほ、本当に?」

女「う、うん……」

97 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/03(月) 16:08:02.46 ID:9U1Z5IiiO
女「で、でも!こ…これは……あくまで……仮定の話…であって……」

妹「う、うん……」

女「やっぱり……女の子同士……ってのは……」

妹「だよね………でも……」

女「???」

妹「お姉ちゃん……今は、男の子だよ……ね?」

女「!!!」

妹「………」

女「………」

99 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/03(月) 16:13:51.30 ID:9U1Z5IiiO
妹「あ、あのね!!」

女「ビクッ う、うん」

妹「わ、私!!」

女「………」ゴクリッ

母「お姉ちゃんに妹ちゃ~ん!」

女「あ……は、はーい!」

妹「あぅ……」パクパク

母「そろそろ夕飯の支度するから手伝って~!」

女「わ、分かった~!!」

妹「………」

100 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/03(月) 16:21:34.77 ID:9U1Z5IiiO
女「えと……じ、じゃあ……そういう事で……私…手伝ってくるから…」

妹「あ……うん」

女「あの!!き、今日は……妹ちゃんと…たくさん話せて……嬉しかった……」

妹「わ、私も!!」

女「また……お話し……しよ?」

妹「うん!!もちろん!!」

女「じゃ……」

妹「うん!!」

101 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/03(月) 16:30:05.53 ID:9U1Z5IiiO
妹「………」

妹(これって……)

妹(もしかして……)

妹(両思い……?)

妹「………きゃー///」ジタジタ バタバタ

妹(どどど、どうしよう!!おね、お姉ちゃんと両思いだなんて!!)ゴロゴロ ゴロゴロ

103 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/03(月) 16:37:38.15 ID:9U1Z5IiiO
妹(女「妹……実は……前から……」)

妹(妹「え…?お、お姉ちゃん……な、何言って……」)

妹(女「シッ!もう……二人の間に……言葉は…いらない……だろ?」ニコッ)

妹「妹「う……うん///」」

妹「女「妹………」ジッ」

妹「妹「お姉ちゃん……」ジィッ」

女「あ、あの……妹ちゃん……」

妹「そして見つめ合う二人は静かに距離をつめ……重なる唇と唇………」

妹「きゃー!きゃー!!///」ゴロゴロ ゴロゴロ

女「あ、あの!!」

妹(ビクッ!!

104 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/03(月) 16:38:21.91 ID:9U1Z5IiiO
妹「おね、お姉ちゃん!!」

女「ノックしたんだけど……」

妹「い、いつからいたの??!!」

女「えっと……見つめ合う二人は……ってとこから……」

妹「え?!わ、私、声出してた??!!」

女「う……うん………ごめんね」

妹「お、お姉ちゃんが謝る事じゃないじゃない!!」

女「うん……でも……やっぱり、ごめんね」

妹「ま、まぁいいよ!で、何?」

女「あの……ご飯できたから……」

妹「わ、分かった!すぐ行く!!」

女「ん……」

妹「………び、ビックリした!!聞かれてないよね?大丈夫だよね?!あ~……穴があるから入れて……穴があったら入りたい///」

107 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/03(月) 16:47:49.49 ID:9U1Z5IiiO
母「じゃ、お父さんも帰ってきた事だし、夕飯にしましょ」

父「そうだな。大切な会議の途中だったが、女ちゃんが心配でパパ早退してきちゃったw女ちゃ~~んw逢いたかったよ~~w」

妹「………ウザい」

父「えっ」

女「………うん」

父「えぇ??!!」

母「本当……お金だけ入れてくれれば帰って来なくていいのに」

父「ええぇぇ??!!母さんまで!!寛げるマイハウスのはずがパパの居場所ナッシング?!」

女・妹・母「いただきます」

父「しかもスルー!!」

108 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/03(月) 16:53:29.01 ID:9U1Z5IiiO
父「で、だ。女ちゃん」

女「はい?」

父「大切な取引先を待たせながら、パパが学校には事情を話しておいた」

女「え……?」

父「とりあえず、女ちゃんの籍は学校にあるが、クラスの皆には、女ちゃんは急遽転校したって事にした」

女「え……」

父「そして、転入生として、明日からは女ちゃんは男の子として学校に通ってもらう」

女「………」

父「もちろん、女ちゃんの事を知ってるのはごく一部の先生だけだ」

女「……はい」

109 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/03(月) 16:59:00.86 ID:9U1Z5IiiO
父「今までとは同じとはいかないが、とりあえず、それで卒業までの約10ヶ月間は通える」

女「パパ……ありがとう……」

父「いやいや、父親として当然の事だ。それに、もしまた女の子に戻ったら、その時はその時で考えよ」

母「ママは、今のままがいいな~w」

妹「うん、私もw」

父「パパも///」

女「本当に……ありがとう……」

母「そういえば、あなた。まだ、朝の続きがありましたわよね?」

父「ひぃっ!!ごごご、ごめんなさい!!もう許して!!」

125 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/03(月) 20:06:42.02 ID:9U1Z5IiiO
妹「お姉ちゃん!早く行こう!!」

女「う、うん……」

妹「あ……違った!今日からは学校ではお兄ちゃんって呼ばなくちゃいけないんだった!」

女「うん……」

妹「どうしたの?不安そうな顔して?」

女「だ…だって……」

妹「大丈夫!!おね…お兄ちゃんは私が守るから!!ほら、行こう!!」

女「うん…うん!!そうだよね!!じゃ、行ってきます!!」

母「気をつけてね~」

父「あ……女ちゃん待って!!パパも一緒にぃぃぃ!!」

126 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/03(月) 20:17:27.61 ID:9U1Z5IiiO
妹「ふふふ♪」

女「…どうしたの?」

妹「ほら、言葉遣い!」

女「あ……えと、どうした?」

妹「うん?何が??」

女「なんか…機嫌が……」

妹友「妹ちゃんおはよう?」

妹「あ、妹友ちゃんおはよう」

女「………」ペコッ

妹友「………」キュンッ

127 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/03(月) 20:28:08.18 ID:9U1Z5IiiO
妹友「ちょちょちょ!妹ちゃん!!ちょっとこっち来て!!」グイッ

妹「な、なによ?!」

妹友「ねねね!あの人誰?!」

妹「あの人?」

妹友「何とぼけてるのよ!!今、楽しそうに笑いながら一緒に登校してる彼よ!!」チラッ

女「??」ペコッ

妹友「はふんっ///」

妹「あ……あ~」

130 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/03(月) 20:39:49.18 ID:9U1Z5IiiO
妹友「ねえねえ!誰誰??!!紹介してよ!!」

妹「えっと………」

妹「おね……お兄ちゃんだよ」

妹友「え?!嘘だぁ!妹ちゃんちは2人姉妹じゃん!!」

妹「えっと、お父さんのおばあちゃんの従兄弟の兄弟の奥さんのはとこの遠い親戚のお兄ちゃんだよ!」

妹友「えーっと??とりあえず、親戚のお兄さんね?」

妹「そうそう!!で、ちょっとした事情で、今、うちに一緒に住んでるの!!」

132 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/03(月) 20:50:54.69 ID:9U1Z5IiiO
妹友「いいな~…あんなにカッコイイ人が親戚だなんて……しかも、一つ屋根の下……」

妹「ふふwうらやましいでしょw」

妹友「挨拶してこよ!!」

妹「え?!」

妹友「はじめまして~(ハァト 私、妹ちゃんの親友の妹友っていいま~すぅ(ハァト」

女「あ、ど、どうも。女って言います……あ!」

妹友「へぇ~♪女さんて言うんですか☆………女さん??あれ??」

133 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/03(月) 20:52:02.47 ID:9U1Z5IiiO
妹友「確か、妹ちゃんのお姉さんも……」

妹「ヤバ!そ、そうなの!!うちのお姉ちゃんと偶然にも同じ名前で!!」

妹「ほら、うちのお姉ちゃんて男でも女でも、よく使われる名前だし!!」

妹友「あ~、確かにw」

妹「ね!」ホッ

妹友「そっかぁ~、女さんて言うんですかぁ♪」

136 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/03(月) 20:59:00.92 ID:9U1Z5IiiO
妹友「あのぉ、女さんてぇ、その制服着てるって事は、うちの学校に転入してきたんですかぁ?」

女「あ、あぁ、うん、まぁ」オロオロ

妹友「そうなんだ!!何年生ですかぁ??」

女「えっと……3…年……?」キョドリ

妹友「あはは☆何で疑問形なんですかぁ?w面白~い♪じゃあ、女先輩だぁ!!」ギユッ ムニュッ

妹「ちょ、ちょっと!!何抱き着いてるのよ!!離れなさい!!」

妹友「え~、別に減るもんじゃないし、いいじゃない!ね、女せーんぱい(ハァト」ムギュムギュ

妹「ダメったらダメ!!」

女「は…はは……」

137 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/03(月) 21:10:19.25 ID:9U1Z5IiiO
妹友「あ~ん、もう学校に着いちゃったぁ~……もっと女先輩とお喋りしたかったなぁ~」ジィッ(上目遣い

女「あはは……」ゲッソリ

妹「は…はは……」ゲッソリ

妹「じゃ、私はお兄ちゃんを職員室に連れてくから……妹友ちゃんは先に教室行ってて……」

妹友「うん!女先輩、ま・た・あ・し・た(ハァト」チュッ

妹「んな投げキッスしてる暇あったらさっさと教室行く!!」

妹友「きゃーw妹ちゃんこわぁ~いw女先輩~、またね~w」

妹「まったく、もう!!」

女「はは………」

138 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/03(月) 21:12:47.86 ID:9U1Z5IiiO
>>134 鳥でググッてもらうと幸せになれるかも……
ちなみに、女体化や男化は初めて書きます

139 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/03(月) 21:18:30.84 ID:9U1Z5IiiO
妹「………」

女「………」

妹「………」

女「………あの、妹ちゃん…?」

妹「何ですか?エッチなお兄さん?!」

女「え……?エッチって……?」

妹「さっき、妹友ちゃんに抱き着かれて鼻の下延ばしてたじゃない!」

女「え……そんな事は……」

妹「それに、胸押し付けられて、スケベな目してたじゃん!!」

女「いや……全然……それに私、元は女だから…」

妹「あ………と、とにかく!!おね…お兄ちゃんはイケメンなんだから、その辺自覚して行動するように!!分かった?!」

女「……う、うん」

141 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/03(月) 21:32:23.68 ID:9U1Z5IiiO
妹「じゃ、ここが職員室だから……って、知ってるか。お兄ちゃんの方が学校生活長いもんね」

女「い…いや……妹ちゃんが…側にいてくれただけで……すごい助かった……ありがとう!」ニコッ

妹「な、何言ってんの!!て、照れるじゃない///」

妹「じゃ、私教室に行くけど、また休み時間になったら来るから!」

女「……うん、ありがとう。お願いします……」

妹「べ、別にこの位なんて事ないわよ!お兄ちゃんを守るって約束したんだし///」

女「うん……でも、ありがとう」

妹「///じゃ、また後でね!!」

143 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/03(月) 21:43:03.45 ID:9U1Z5IiiO
女「失礼します……女ですが……」

担任♂「ああ、君が今度転入すると言う……生まれる前から好きでしたぁ!!付き合って下さい!!!」ガシッ

女「ひぃっ!!」

教頭♂「担任君!学校の、しかも職員室で生徒を口説くとはいい度胸……ぼかぁ!ぼかぁもう!!辛抱たまらんですたい!!ほんなこつ!!」ガバッ

女「ヒィィィ!!」

父「パパも!パパもぉぉぉ!!!」ガバッ

女「いやぁぁぁぁ!!」

妹「貴様ら教師だろ!!何してんだ!!」ドカッ ゲシッ ガスッ

一同「あぶしっ!!」

妹「しかも、ハゲまで何故いる!!さっさと仕事行け!!ママに言い付けるよ!!」ゲシゲシ

父「だって!こうでもしないと!最近出番がぁ~!!」

妹「知るか!!」

女教師達「男に襲われ涙目で抵抗する美少年……はぁはぁ」

145 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/03(月) 21:48:35.59 ID:9U1Z5IiiO
担任「君が女君か。卒業まで短い期間だが、よろしく!!(キラッ」

女「は……はぁ……(担任ってこんなに爽やかだったっけ?)」

教頭「分からん事があったらいつでもおいどんをたよりんしゃい!手取り足取り腰取り胸取り竿取り何でも教えてやるけん!!(ペカァー」

女「う…眩しい…(教頭…更にハゲに磨きが……)」

その他教師「私どもも忘れずに!!何でも聞いてくれ!!」

女「はぁ……(先生達ってこんなに親切だったっけ?)」

担任「じゃあ、僕らの愛の巣(クラス)まで行こうか!!ああ、迷子になるといけないから、ほら、手を繋ごう!!」

女「え……いや、結構です……」

146 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/03(月) 22:03:12.77 ID:9U1Z5IiiO
担任「あ~、皆静かに!!突然だが、今日は皆に転入生を紹介する!」

生徒達「転入生?昨日、女さんが転校したばかりで?」ザワザワ

担任「静かに!!転入生の女君だ!!さぁ、入りたまえ!おっと、そこは段差があるから気をつけてな!何、転んでも先生が受け止めてやるぞ!はっはっはっ!!」

女「えっと…新しく入りました女です……よろしく」ニコッ

生徒達「………」ズキューン

男子生徒達「うぉーー!!可愛い!!」ワーワー

女子生徒達「何言ってるの!!あれはカッコイイと言うのよ!!」キャーキャー

担任「静かに!静かに!!」

女「は…はは……(怖いよ怖いよ…妹ちゃん…助けて……)」ガクガク ブルブル

148 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/03(月) 22:11:19.05 ID:9U1Z5IiiO
担任「静かに!とりあえずは、早くクラスになじむ為に自己紹介だな!先ずは先生から!」

担任「歳は29歳で独身!年収600万、実はマンションも所有してる!好きな体位はバックだ!」

女「………」

担任「ま、先生の事だけ覚えてくれれば、後の生徒達は覚えなくてもいい!って事で女君の席だが…」

生徒達「先生!ここ!ここ空いてる!!ちょ、お前どけよ!何よ!あんたこそあっち行きなさいよ!!」ギャーギャー ワーワー

女「………」

150 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/03(月) 22:21:12.79 ID:9U1Z5IiiO
女「………ふぅ」

女(怖かった……何で皆あんなに騒いでたんだろ……)

女(結局、席は前と同じとこになったな……1番後ろの端っこ……やっぱりここが落ち着く……)

女「……ふふ(あ、でも、この席って事は、隣は……)」チラッ

友「チラッ !!!………あ」

女「おはよう」ニコッ

友「おおお、おは、おはようございます!!///」ジュンッ

152 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/03(月) 22:27:41.96 ID:9U1Z5IiiO
女「えーっと、女って言います。よろしく」

友「は、はい!!私は友って言います!!歳は……」

女「あはは、知ってるよ。だって、同い年だし」

友「え…あ、はい///」カァァァ

女「……仲良く…してね」ニコッ

友「ははは、はいぃぃぃ!!!ぁふん!!」ビクンビクン ガクッ

女「え………あ、あの……友……ちゃん?」

生徒達(友の奴……調子にのりやがって……)

担任(くっ……友は今度のテスト点数詐称して赤点にしてやる……)

155 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/03(月) 22:42:17.73 ID:9U1Z5IiiO
女「ふぅ……やっと昼休み……」

男子生徒A「女!一緒に学食でも!!」

女子生徒1「ちょっと男子!邪魔よ!!女君、一緒にお弁当食べよ!!」

男子生徒B「ばっ!ふざけんなよ!女は俺らと学食行くんだよ!!な?!」

女「や……」オロオロ

女子生徒2「何言ってるのよ!!女君は私達とハーレムしながらお弁当食べるのよ!!ね?!」

女「その……」オロオロ

委員長(メガネ&三つ編)「ほらほら!女君が困ってるでしょ!ただでさえ慣れない環境で疲れてるってのに!!はい、解散解散!!」

生徒達「ちぇーっ……」ブツブツ

157 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/03(月) 22:50:04.36 ID:9U1Z5IiiO
女「あ、あの……ありがとう」ニコッ

委員長「うっ……そんな笑顔されると……」ガクガク

委員長(か、軽くイキかけちゃったじゃない///)

委員長「あ、あの、よかったら一緒にお弁当食べない?クラスの事や学校の事、色々教えるわよ?」

女「あ、ありがとう……でも……」

妹「お兄ちゃん!お弁当持ってきたよ!!」

ざわざわ

生徒5「おい!あれって我が校のアイドル妹様じゃ!!」

生徒9「今、女君の事お兄ちゃんって!!」

生徒19「二人は兄妹?!マジで??!!」

159 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/03(月) 23:07:46.50 ID:9U1Z5IiiO
委員長「え……女君って、妹ちゃんと知り合いなの?」

女「あ……いや……」

妹「えっと、親戚のお兄ちゃんです!!」

委員長「あ、ああ…なるほど……」

妹「さ、お兄ちゃん!一緒にお弁当食べよ!!」

女「う……うん……」

生徒8「どうなってんだあそこの家系!何で美男美女率が高いんだ!」

生徒9「知るかよ!!けど、あの二人の親戚になれるなら俺は何でもするぞ!!」

生徒3「本当よね!!きっと、あの二人の両親も凄いんだろうな!」

~~その頃の父

父「ふぇっくちっ!!(ふっ……また女ちゃんがパパの噂してるな?憂い奴め……今日も早く帰って男同士身体の洗いっこするか!で、どさくさでちんちんシュッシュッも……フヒヒwww)」

秘書A「社長!!ボーッとしてる暇あったらさっさと仕事しやがれですぅ!!」

父「は、はい!!」

(変態だが)至って普通の容姿のオッサンだった(変態だが)

160 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/03(月) 23:16:32.24 ID:9U1Z5IiiO
妹「じゃ、天気もいいし、外で食べよっか!」

女「うん……あ、あの…妹ちゃん……」

妹「何?」

女「その……よかったら……友ちゃんも…一緒に誘って……いいかな?」

友「ふぇ?!」

妹「え~……」

女「お、お願い!!」

妹「もぉ~…まぁ、お兄ちゃんがそういうなら……」

女「ありがとう!!」ニコッ

妹「べ、別にお礼言われるような事でも///」

162 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/03(月) 23:25:11.95 ID:9U1Z5IiiO
女「じゃ……そういう事だから……友ちゃん、一緒に食べよ?」

友「わた、私なんかが一緒して、いいい、いいんですか??!!」

妹「お兄ちゃんが誘ったんだし、いいんじゃないですか?一緒に食べましょ!」

女「ね?」ニコッ

友「は、はい!!喜んで!!」

女「あ、委員長さんも…よければ一緒に……」

委員長「わ、私もいいの?!す、すぐに支度するわ!!」

女「そんなに慌てなくてもいいですよ」ニコッ

委員長(止めて…微笑まれたら……立ってられなくなる……委員長としての威厳が……)ガクガク

215 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/04(火) 13:59:15.95 ID:lTxF5/uXO [4/33]
妹「それで体育の先生が……」

委員長「あら、でもあの先生は……」

妹「だって!私は……」

~ワイワイ キャッキャッ
友「………」

女「……友ちゃん…どうした?」

友「ふぇ?!なな、何でも…」

女「……元気…ないじゃん…一緒に食べるのつまらない?」

友「そそそ、そんな!!楽しいです!!」

女「じゃあ、どうした?」

友「あの……」

216 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/04(火) 14:08:15.16 ID:lTxF5/uXO [5/33]
友「私って…クラスではあまり目立たない方で……」

女「うん」

友「だから、友達も一人しかいなくて…その唯一の友達も、何も言わずに突然転校しちゃって……」

女「女ちゃん……か」

友「はい…で、これからは一人で寂しくご飯食べなくちゃいけないな~って…」

女「そっか」

友「でも、そしたら!女君にお昼一緒に食べようって誘われて…」

女「うん」

友「こんな大勢でご飯食べるの初めてで、ちょっとビックリしてただけです!えへへ」

女「友ちゃん……」

218 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/04(火) 14:20:20.80 ID:lTxF5/uXO [6/33]
委員長「ちょっとそこ!!二人でコソコソと良い雰囲気を作って何を話してるかと思えば!不純異性交遊は認められないわよ!!」

妹「そーだそーだ!!」

女「いや……こ、これは……」

友「あ、あの…ごめんなさい……」

委員長「まったく、友ちゃんは……そんな事でいいなら、これからは私が一緒に食べてあげるわよ?」

友「え…?」

妹「あ!私も~!!」

友「え?え??」

女「って事は…必然的にわた……俺も、かな」

友「ええ~~~??!!」

220 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/04(火) 14:33:28.65 ID:lTxF5/uXO [7/33]
友「いいい、いいんですか?!私なんかと一緒に食べても面白くも何ともないですよ?!」

委員長「あら、たまには静かな食事ってのも悪くはないわよ?」

妹「私はお姉ちゃんで慣れてるから大丈夫ですよ!」

女「ま、そういう事で。明日も一緒に食べよっか!」

友「は、はい!!」

委員長「む?でも、そうすると女君は毎日ハーレムって事になるわね…委員長として、それは認められないわ!」

妹「ですね!!」

女「へ?」

友「あ、でも!逆に考えると、誰にも邪魔されずに私達だけで女君を独占できるって事じゃ……」

妹・委員長「なるほど!!」ニヤリッ

女「へ?……えっ……?」

妹・友・委員長「うふふ……明日からた・の・し・み(ハァト」ニタァ

女「い、いやぁぁぁぁぁ!!」

222 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/04(火) 14:39:37.20 ID:lTxF5/uXO [8/33]
女「まぁ、でも、良かったね、友ちゃん」

友「はい?」

女「女ちゃんの他に…一気に3人も友達できて」

友「3人?」

女「そ。委員長に妹に俺。あ、それとも、俺じゃ友ちゃんの友達にはなれない……かな?」

友「そそそ、そんな!!充分過ぎるというか!私の方が恐れ多くて!!」

女「じゃ、俺も今日から友ちゃんの友達って事で!改めて、よろしく!!」ニコッ

友「こちらこそ!!ふ、ふつ、ふつつか者ですが、よろ、よろしくお願いします!!」

224 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/04(火) 14:48:44.99 ID:lTxF5/uXO [9/33]
女「あははwそこまで言われたら、よろしくしなくちゃねw」

友「え…あ///」

女「友ちゃんは可愛いんだからさ、すぐにまた友達が出来るよ。もっと自分に自信を持って……」ニコッ

友「え……そ、そんな///」

女「髪だって、こんなにサラサラして綺麗で…」スッ サワサワ

友「ひぅっ!!」ビクンビクン キューッ パタッ

女「え……?あ、あれ……?友……ちゃん??」

委員長「ちょ?!友ちゃんどうしたの?!」

妹「ちょっとお兄ちゃん!!友先輩に何したの!!」

女「え?え??別に何も……」

226 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/04(火) 14:50:17.91 ID:lTxF5/uXO [10/33]
すみません、ちょっと幼女と3時のオヤツを買いに行くので、30分くらい落ちます!本当すみません!!

すぐに戻ってきます!!

231 名前:戻りました!度々の中断すみませんです!![] 投稿日:2010/05/04(火) 15:24:48.10 ID:lTxF5/uXO [11/33]
妹「何もしてなくて気絶する訳ないじゃん!!」

女「え……しいて言うなら………こうやって……髪触ったくらい……」スッ サワサワ

委員長「え?!や、ダ、ダメェ~!!」ビクンビクン キューッ パタッ

女「え?あ、あれ……?」

妹「い、委員長先輩!?」

女「な、何……で?」

妹「だから言ったじゃない!!おね…お兄ちゃんはイケメンなんだから!それを自覚した行動をとれって!!」

女「へ?だ、だって……イケメンとか……言われても……」

妹「とにかく!!もうすぐ昼休みも終わっちゃうから!手分けして保健室へ連れてくわよ!!」

女「う、うん………」

232 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/04(火) 15:37:06.20 ID:lTxF5/uXO [12/33]
妹「ふぅ……とりあえず、ベッドに寝かしとけばいいか」

女「うん……」

妹「いけない!もうこんな時間!!早く教室に戻らないと!」

女「うん!」

妹「いい、お兄ちゃん!さっき言った事忘れないでよね?!」

女「ん……分かった……」

妹「じゃ、また帰りにね!」

女「分かった……」

233 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/04(火) 15:49:24.84 ID:lTxF5/uXO [13/33]
女(はぁ~……本当ビックリ……触っただけで気絶とか……)

女(今まで…イケメンに縁がなかったけど、みんなそうなるのが普通なのかな?)

女(………深く考えるのよそ…って、いけない!もう授業始まっちゃってる!!)

女「す、すみません……遅れました……」

担任「遅いぞ女君!先生が女君を見ていられる時間は限られてるんだ!それなのに遅刻してもらっちゃ困るな!」

女「す、すみません……」シュンッ

担任「う、うむ……で、どうして遅刻したんだ?(ああ……そ、そんな顔されると……たまらん!!)」ギンギン

女「あの……委員長さんや友さんと昼飯食べてたら、急に倒れて……それで保健室に運んでたら……」

担任「そうか、それなら仕方ないな!先生が言い過ぎた!だから嫌いにならないでくれ!!頼むぅぅぅぅ!!(あの二人は絶対赤点にしてやる!!)」

生徒達(友に引き続き委員長まで上手い事やりやがった!!うらやまけしからん!!)

234 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/04(火) 16:06:16.58 ID:lTxF5/uXO [14/33]
女「……ふぅ。やっと授業も終わった…」

友「お、お疲れ様!!」

女「わぁっ!ビ、ビックリした!!」

友「あ……ご、ごめんなさい……」

女「ううん、大丈夫だよ。やっと終わったな!お疲れ様」

友「うん!で、あの…この後用事なくて暇なら……えっと…良かったら……」

男子1「女!この後予定なし?一緒にゲーセンいかね?!」

女子A「女君!私達と一緒にカラオケ行かない?!」

妹「ダメですー!!お兄ちゃんは、これから私と一緒に帰るんだから!!」

「いや、ゲーセン!いいえ、カラオケ!!帰るんです!!」

女「はは…は……」

235 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/04(火) 16:15:50.96 ID:lTxF5/uXO [15/33]
女「じゃ、じゃあさ!今日はカラオケで、明日はゲーセンって感じで、皆で仲良く遊ぶって事で!だ、ダメ……かな?」

一同「異議なし!!よっしゃ!カラオケだぁー!!いいとこ見せるわよー!!お兄ちゃんとカラオケ初めて!!」

女「そしたら、行こうか友ちゃん」

友「え?!わ、私も?!」

女「当たり前じゃん!俺の初めての友達なんだし!」

友「う……うん///」

一同「!!!!!」

男子「おい、友!!お前ちょっとこっち来いよ!」ガシッ

女子「そうね、ちょっと来て貰おうかしら!!」ガシッ

友「え…?え……??」

237 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/04(火) 16:26:26.74 ID:lTxF5/uXO [16/33]
男子「お前さ、ちょっと調子ノリ過ぎてね?なあ?!」

友「そ、そんな……」

女子「そうよね、たまたま女君と席が隣だからって、ちょっとねぇ!」

友「いや……あの……」

女子「あんたさ、女君とどんな関係なの?!」

友「どんなって……友達……」

男子「あ?嘘付いてんなよ!?」

友「う、嘘じゃ……ない……」

委員長「彼女の言っている事は本当よ!しかも、彼女と私は女君に髪を撫でてもらう程の仲!!」

女子「え~~~!!!」

男子「マジか!!」

238 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/04(火) 16:40:15.05 ID:lTxF5/uXO [17/33]
女子「ねえねえ友ちゃん!!私達、友達よね?!」

友「え?」

男子「俺らも友達だよな?!」

友「え?え??」

女子「いい美容院や素敵なネイルのお店教えるし!なんなら際どい下着売ってるお店も教えるよ!!」

友「そそそ、それは///」

男子「おお!なら、俺らも荷物持ちでもパシリでも下僕でも何でもやるから!!!」

友「げ、下僕///」

一同「だから女君に俺達を紹介してくれ!!友達になりたい!!」

友「う、うん」

239 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/04(火) 16:49:38.03 ID:lTxF5/uXO [18/33]
女「えっと……皆どうした?行かないの……か?」

女子「この、友ちゃんの親友女子達がお供します!!」

男子「友様の下僕男子達もお供します!!」

女「え……親友…?下僕……??そ、そうなの?」

友「えっと……うん……今さっき、友達に…」

女「そっか!ほら、俺の言った通りだろ?友ちゃんはいい子なんだから、すぐに友達ができるって!」

友「う、うん」

男子「だよな、友って結構可愛いんだよな!こんなに可愛いなら、是非とも友達になりたい!!」

女子「そうよね!髪やメイクやちょっと弄ればかなりの美少女よね……弄りがいがありそうwこれから、色んな事教えてあげるからね!一緒に女子力上げよw」

一同「友ちゃん!ほら、早く行こう!!」

友「うん!!」

240 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/04(火) 16:50:25.40 ID:lTxF5/uXO [19/33]
女「ただいま~……」

妹「ただいま~……」

母「あら、お帰りなさい。随分遅かったわね」

女「うちのクラス全員とカラオケ行ってた……」

妹「騒ぎ過ぎて…喉痛い……」

母「あらあら、いいわね~。じゃあ、晩ご飯はどうする??」

女「食べる~……お腹空いた……」

妹「私もー!」

母「支度しとくから、先に着替えてきなさい」

女・妹「は~い」

241 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/04(火) 16:51:14.42 ID:lTxF5/uXO [20/33]
妹「お腹空いたぁ~!ママ、早くご飯ー!!って、パパいたんだ、ただいま」

父「チラッ ………フンッ」プイッ イジケイジケ

女「妹ちゃんもうリビングに降りてきてたんだ。あ~、お腹と背中がくっつきそう……あ、パパ!ただいま!」

父「チラッ ………フンッ!!」プイプイッ グキッ

父「アウチ!!……首捻りすぎた……」

女「パパ……どうしたの…?」

妹「さぁ?私がただいまって言っても同じ態度だった…」

女「ふ~ん………」

242 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/04(火) 16:52:53.69 ID:lTxF5/uXO [21/33]
母「拗ねてるのよ」

妹「あ、ママ」

女「拗ね……てる??」

母「早く女ちゃんに逢いたいから、一生懸命仕事して帰ってきたら、いなかったもんだから」

女「あ……」

父「………」チラッ プイッ

女「えっーと……パパ?」

父「………ふーんっだ!」

244 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/04(火) 16:54:11.51 ID:lTxF5/uXO [22/33]
女「あの……今日もお仕事ご苦労様!」

父「………ピクッ」

女「いつも、私の為!!に頑張ってくれて、ありがとう!!」

父「……い、いやぁ///」テレテレ

女「明日も、私の為!!にお仕事頑張ってね!応援してる(ハァト」

父「パパやる気でたぁ!!はっはっはっ!!!任せとけ!!女ちゃんの為ならパパ空だって飛んじゃうぞ!!」

女「は……はは……はぁ……(疲れる……)」

~~学校編 友 fin~~
282 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/04(火) 21:47:01.93 ID:lTxF5/uXO [27/33]
女「妹ちゃん、早くしないと学校遅刻だよ!先に行っちゃうよー!」

妹「あ、お兄ちゃん待って待って!!すぐ行くから!!」

女「早くしてよー」

妹「よっと!うし、できた!!お待たせ~!」

女「まったく、毎朝毎朝……」

妹「ごーめーんーって!お小言はいいから、早く行こう!遅刻しちゃうよ!!」

女「いったい誰のせいよ!」

妹「はいはい、お兄ちゃんお兄ちゃん」

女「違うでしょ!!」

妹「行ってきまーす!!」

女「行ってきます!」

母「いってらっしゃ~い」

父「あ、女ちゃん!パパもぉぉぉぉ!!」

女「待ってられない!先に行くけど、早くしてね!」

292 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/04(火) 22:07:33.37 ID:lTxF5/uXO [28/33]
女「まったく、毎度毎度寝坊して…」

妹「だから、ごめんって謝ったじゃん!」

女「いーえ、誠意が感じられ……ないぞ」

妹友「女先輩!妹ちゃん!おはよう!」

妹「妹友ちゃんおはよう!」

女「妹友ちゃんおはよう!今日も可愛い髪型だね」ニコッ

妹友「はふんっ///」

女「その髪型も妹友ちゃんにとっても似合ってるよ」

妹友「あ、ありがとうございます///」

女「けど、俺としては、もうちょっとここをこう……」サワサワ

妹友「せせせ、先輩///」

妹「はいはい、早くしないと遅刻だよ!!走った走った!!」

295 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/04(火) 22:19:48.91 ID:lTxF5/uXO [29/33]
妹友「あ~ん、何で毎朝通学時間がこんなに早く過ぎちゃうんだろ!!」

女「たぶんそれは妹ちゃんが寝坊して……」

妹「楽しい時間はあっという間に過ぎるからね!!ね!!」

妹友「本当に!じゃあ、名残惜しいですが…私達こっちですから……女先輩、また明日の朝~!」

女「ん、また明日!」

妹「じゃ、お兄ちゃん、また後で!」

女「はいよ!しっかり勉強しろよ!!」

妹「お兄ちゃんもね~!!」

296 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/04(火) 22:31:01.35 ID:lTxF5/uXO [30/33]
女「あ、友ちゃん!おはよう!」

友「女君!!おは、おはよう///」

委員長「女君、おはよう」

女「委員長、おはよう」

委員長「今日も女の子を二人も侍らせてのご通学ですか」

女「まぁねw」

委員長「委員長としては、そういう不純異性交遊は認められないんですがね?!」

女「うん、確かに俺としても、妹ちゃんや妹友ちゃんとかじゃなく、委員長と二人きりで登校したいんだけどね」

委員長「ななな、何をそんな冗談言ってるのよ!///」

女「あ、冗談だって分かっちゃった?w」

委員長「やっぱり!!人をからかうのは良くないわよ!!!」

女「ごめんw委員長からかうと面白くてwついww」

委員長「もう!!!」

299 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/04(火) 22:42:26.97 ID:lTxF5/uXO [31/33]
委員長「けど、最近弛んでるんじゃない?」

女「うん?何が??身体は鍛えてるつもりだけど…」

委員長「そうじゃなくて!!最近は遅刻ギリギリが多いみたいだし」

女「ああ…それは、妹ちゃんがなかなか起きなくて……」

委員長「あ…そっか…一緒に住んでるんだったよね」

女「うん、一応親戚だしね。けど、毎朝妹ちゃんを起こすのに苦労するよ」

委員長「え?」

女「頬っぺたつねっても起きないし、布団剥いでも起きないしで……はぁ」

委員長「え?ち、ちょっと待って!!??」

女「ん?」

300 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/04(火) 22:45:00.91 ID:lTxF5/uXO [32/33]
委員長「毎朝妹ちゃんを女君が起こしてるの?!」

女「うん。まぁ、最近は、わりかしそうかな?」

委員長「頬っぺたつねったり、布団剥いだりするって事は……つまり……部屋に入るって事?!」

女「そりゃそうだよ。じゃなくちゃできないっしょw」

委員長「いいい、いけないと思います!!!!」

女「へぁ?!」

委員長「し、親戚とはいえ!年頃の男女が気軽に異性の部屋に入るなんて!!」

女「え……?そ、そう…?」

委員長「当たり前です!!あまつさえ、寝ている女の子に悪戯したり、布団を剥いであられもない姿見たり!!」

女「いや、そんな人聞きの悪い……」

委員長「言語道断です!!!」バンッ

女「うわっ!!」ビクッ

337 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/05(水) 08:20:24.43 ID:R+1rWQR8O [2/72]
委員長「はぁ…はぁ…ごめんなさい、私とした事が、少し取り乱してしまったわ」

女「い、いや……大丈夫……」

委員長「とにかく!相手は年頃の女の子なんだから、少しは気を使いなさい!」

女「あ、ああ……」

委員長「男の子の女君には分からないと思うけど、女の子には見られたくない秘密があるの!!分かった?!」

女「わ、分かった!」

委員長「ん。ならいいわ。じゃ、授業も始まるし、私も自分の席に戻るわ」

女「ん」

340 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/05(水) 08:30:19.39 ID:R+1rWQR8O [3/72]
友「委員長さん……怖かったね……」

女「ん?あ、ああ。けど、どうやらそれは俺の不注意が原因らしいし」

友「でも……」

女「ま、気にしない気にしない!ほら、授業始まるよ」

友「う…うん……」

女「大丈夫だってwその件に関しては、委員長も俺が注意すれば許すって言ってたしw大丈夫大丈夫w」

友「うん!」

341 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/05(水) 08:41:44.40 ID:R+1rWQR8O [4/72]
女「あ~……それにしても……」

友「どうしたの?」

女「お腹空いた……早く昼休みにならないかな……」

友「あははwまだ朝だよ?!もうお腹空いたの?ちゃんと朝ご飯食べてきた??」

女「食べたんだけどさ、朝から走ったりしたから、もうお腹ペコペコ……俺、ダメかもしれん……」ガクッ

友「ふふふwはい、アメあげるwこれでしばらく我慢してw」

女「うおー!!友ちゃんありがとう!!愛してる!!」

友「え?ええ?!///」

委員長「………」

342 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/05(水) 08:58:41.64 ID:R+1rWQR8O [5/72]
女「………」ヒョイッ

委員長「………」パクパク

妹「………」モグモグ

友「………」ゴックン

委員長「………」

妹「き、今日もいい天気ですねー!」

女「そ、そうだな!こんな日に外で食べるお弁当は最高だな!!」

友「う、うん!!」

委員長「………そうね」パクッ

女・妹・友「………」モキュモキュ

343 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/05(水) 08:59:15.62 ID:R+1rWQR8O [6/72]
妹「と、友先輩……委員長先輩…どうしちゃったんですか?」ヒソヒソ

友「分からないの……何か朝から機嫌悪くて……」ヒソヒソ

女「あの日なんじゃね?」ヒソヒソ

委員長「そこ!とくに女君!うるさい!!食事は静かに摂る!!マナーですわ!!それに、あの日じゃありません!!!」

女「は、はい!!すみません!!!」

委員長「………ふん!」パクパク

344 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/05(水) 09:07:56.03 ID:R+1rWQR8O [7/72]
妹「ちょっと!原因は明らかにお兄ちゃんじゃない!!」ヒソヒソ

女「え?俺か?!」ヒソヒソ

友「そうですよ!!女君が原因です!!」ヒソヒソ

女「そ、そんな事言われても……何が原因か分からん……」ヒソヒソ

妹「何とかしてよ!!謝るなりなんなりしてさ!!」ヒソヒソ

友「そうですよ!こっちまでとばっちりは嫌です!!」ヒソヒソ

女「う、う~ん………」

345 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/05(水) 09:16:45.83 ID:R+1rWQR8O [8/72]
女「あ、あの……委員長…さん?」

委員長「……何か?」

女「ごめんなさい!!」

委員長「何故……謝るんです?」

女「え……それは……その……な、何となく……?」

委員長「あなたは、謝る理由もなく、ただ何となくで謝る人だったんですか?」

女「や、そうじゃないけど!何か俺が悪い事したんだろ?」

委員長「ええ、しましたわ」

女「やっぱり!!だから!とにかく、ごめんなさい!!」

委員長「理由も分からず、ただ何となく謝る人の謝罪など、私は受付ません!不愉快です!戻ります!!」

女「え……あ、委員長待って~!!」

346 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/05(水) 09:27:20.61 ID:R+1rWQR8O [9/72]
妹「あ~あ、完全に怒らせちゃった」

友「本当に……これで、この関係が悪くなったらどうするんですか」

女「え?!俺のせい?!何とかしろって言ったから、謝ったのに!!」

妹「確かにそう言ったけど、理由も分からず、誠意のない謝罪じゃね~…」

友「ですね。あれじゃ逆効果です」

女「ちょ、ちょっと?!それ酷くない?!」

妹「あ!もうすぐ授業だから!私も教室戻るけど、委員長先輩の事何とかしといてよね!!お兄ちゃん、分かった?!」

女「あ、あぁ……」

347 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/05(水) 09:34:43.83 ID:R+1rWQR8O [10/72]
女(とは言ったものの……)

女(原因も分からず、放課後になってしまった……)

女(あれから委員長は一言も口聞いてくれないし……)

女(友ちゃんは、触らぬ神に何とやらとか言って相談にものってくれないし……)

女(薄情者め!!ま、俺でも委員長の性格を考えると、そうするか……)

女(はぁ~……どうしよっかな……)

女「校舎内をブラブラしてても仕方ないし、とりあえず教室に鞄取りに行って帰るか……」

348 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/05(水) 09:45:54.82 ID:R+1rWQR8O [11/72]
委員長「あ~!もう!!こんな量一人で出来るわけないじゃない!!」

女「あれ?委員長??何やってんの?」

委員長「あ……女君!な、何でもいいじゃない!あなたには関係のない事よ!!」

女「あ!やっと口聞いてくれた!!スッゲー嬉しい!!ありがとう、委員長!」ニコッ

委員長「ななな、何言ってんのよ!あな……女君が話し掛けてくれれば、私は何時だって……///」カァァァ

女「で、委員長は何やってるの?」

委員長「えっと、もうすぐ夏休みでしょ?皆に配るプリントや、宿題なんかをさ、纏めてたって訳!も~!見てないで手伝ってよ!!」

女「へ~、委員長はそんな事もやるのか。大変だね~。けど、どうせクラスの分だけだろ?一人じゃ終わらない程の量じゃ……」

委員長「何言ってるの!!学年全員分よ!!」

女「へぇ?!」

349 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/05(水) 09:47:26.18 ID:R+1rWQR8O [12/72]
委員長「だいたい、事の発端は女君のせいなんだからね!!」

女「え?俺の??」

委員長「そうよ!!女君が転入してきたての時、一緒にお昼を食べた後、私が倒れたじゃない!」

女「ああ、そんな事もあったな…」

委員長「その時、倒れた私を保健室に運んでくれたでしょ?」

女「うん、運んだ。けど、それが何で?」

委員長「そこまでは良かったんだけど……」

350 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/05(水) 09:53:31.49 ID:R+1rWQR8O [13/72]
委員長「結局、女君も授業に遅れたじゃない?」

女「うん」

委員長「で、その遅刻した理由が、お昼を私と一緒に食べてたら、私が倒れたから保健室に運んだって事だったでしょ?!」

女「うん。けど、それが……?」

委員長「何でか知らないけど、女君は担任のお気に入りみたいで!!」

女「へ?」

委員長「担任「女君が授業に遅れたのも、俺が女君に嫌われたのも全部委員長のせいだ!今後、どんなに良い点を取っても、赤点扱いしてやる!!」って!!」

女「はいぃぃ??!!」

351 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/05(水) 09:59:06.01 ID:R+1rWQR8O [14/72]
委員長「委員長の私としては、赤点なんて恥でしかないわ!!」

女「まぁ、委員長じゃなくても恥だが…」

委員長「で、この前の学期末テストで、私、担任の教科は満点取ったのよ?!」

女「それは凄い……」

委員長「けど、そしたらあいつ何て言ったと思う??!!」

女「さ、さあ?」

委員長「担任「委員長、君は今回満点だったが、前に俺が言った事覚えてるね?残念だが、今回、君は赤点扱いになるw」」

委員長「担任「が、私も鬼じゃない!私の言う事を聞いてくれたら、今回は見逃そう…どうするかね?グフフw」って言ったのよ!!」

女「ちょ、それってパワハラじゃ!!」

352 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/05(水) 10:01:49.63 ID:R+1rWQR8O [15/72]
委員長「ふん!こう見えても私は委員長よ!そんな脅しは突っぱねてやったわ!!」

女「おお!流石、委員長!!」

委員長「分かりました!!何でもしますから、赤点だけは勘弁して下さい!!お願いします!!ってね!」

女「ダメじゃん!!まんま要求のんでるじゃん!!」

委員長「し、仕方ないでしょ!!赤点なんか取ったら、パパに怒られる……」ガクブル

女「委員長んちのパパは、そ、そんなに怖いのか……」

委員長「そうよ……パパに怒られるくらいなら、私は悪魔にだって魂を売るわ……」

女「い、委員長がそこまで言うなんて……」ゴクッ

353 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/05(水) 10:02:35.27 ID:R+1rWQR8O [16/72]
すみません…ちょっとだけ休憩下さい……
すぐに戻ります

356 名前:戻りました!再開します[] 投稿日:2010/05/05(水) 10:26:01.16 ID:R+1rWQR8O [17/72]
委員長「って訳で!!私がこんな事する嵌めになったのは女君のせいよ!!」

女「あ~…何となく分かった……」

委員長「だから、女君も手伝いなさい!!」

女「………仕方ないな」

委員長「仕方ないとは何よ!!」

女「ま、委員長とこうして二人っきりで過ごす時間も悪くはないか!喜んで手伝いましょ!!」ニコッ

委員長「ななな、何言ってるのよ!!馬鹿!!///」

357 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/05(水) 10:39:27.49 ID:R+1rWQR8O [18/72]
女「………それにしても」

委員長「口はいいから手を動かす!」

女「へいへい。少しくらい話しながらでいいじゃん。せっかく二人っきりなんだし。もっとお互いの事知りたいじゃん」

委員長「ちょ!!な、何言って!!ふ、二人っきりだからって、変な事したら叫ぶわよ!!」

女「変な事?変な事って何かなぁ??ちょっと詳しく教えてw」

委員長「だ、だから……せ、迫ってきたり、キ、キスしてきたり…押し倒してあんな事やこんな事……って!!何言わせるのよ!!///」

女「へー、委員長は何時もそんな事考えてたのかw」

委員長「か、考えてない!!あなたが言わせたんじゃない!!」

女「ありゃ、また『あなた』になっちった……反省……」

委員長「も、もう!!!」

360 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/05(水) 10:44:38.76 ID:R+1rWQR8O [19/72]
女「ま、大丈夫だよ。そんな不粋な事はしないよ。だって、委員長の彼氏に悪いし」

委員長「す、少しくらいなら………へ??!!」

女「ん?」

委員長「彼氏??!!」

女「何が?」

委員長「え、や!か、彼氏なんていません!!いた事もない!!」

女「え?そうなの??そんなに美人なのに?」

委員長「び、美人て言うな!!」

女「へぇー、意外だな~!」

361 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/05(水) 10:50:09.49 ID:R+1rWQR8O [20/72]
委員長「意外ってなによ!女君には、私が遊んでる様に見えるっての?!」

女「そうは言わないけど、こんなに美人なら周りがほっとかないと思って」

委員長「ちょ///」

女「あ、じゃあ、好きな人はいるの?」

委員長「え……す、好きな…人?」

女「そそ」

委員長「う、うん………や!い、いないわよ!!」

女「本当にぃ~?」

委員長「いません!!!」

362 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/05(水) 11:03:06.31 ID:R+1rWQR8O [21/72]
委員長「そ、そういう女君はどうなのよ…」

女「何が?」

委員長「だ、だから!す、好きな人はいるの?!いないの?!」

女「いや、そんな大きな声出さなくても聞こえるからw」

委員長「あ……ごめん」

女「好きな人かぁ~……」

委員長「うん、どうなの?」

女「いるよ」

委員長「え?!だ、誰?!」

女「委員長」

委員長「え?え?!な……ええ??!!」

女「………ぷっw」

364 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/05(水) 11:08:14.60 ID:R+1rWQR8O [22/72]
委員長「あ!!ま、またからかったわね!!」

女「あははwww」

委員長「もう!!信じられない!!人が真面目な話ししてるのに!!」

女「あははwごめんごめんwでも、委員長の事好きってのは本当だよ」

委員長「え……ま、またからかってるんでしょ!」

女「違うよw本当に好きだよ。妹ちゃんや、友ちゃんと同じくらい。大切な友達だよ」

委員長「あ……友達……そ、そっか」

365 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/05(水) 11:10:20.19 ID:R+1rWQR8O [23/72]
女「ん!できた!!で、これどうするの?」

委員長「あ!後は担任のとこに持ってくだけ!」

女「そか、じゃ、一緒に持ってくよ」

委員長「大丈夫、一人で持ってくから」

女「ま、そう言わずにwささ、行こう!」

委員長「う、うん」

366 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/05(水) 11:22:21.29 ID:R+1rWQR8O [24/72]
委員長「失礼しまーす。先生、出来ました」

担任「お、早かっな。……うん?女君!!君も一緒だったのか!!」

女「ええ、まあ」

担任「な、なんて事だ!それなら先生も一緒にやるべきだった!!くそ!!」

女「あ~、ところで先生」

担任「なんだいハニー!!」

367 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/05(水) 11:22:52.22 ID:R+1rWQR8O [25/72]
女「あんまりパワハラしてると……嫌いになりますよ」ヒソヒソ

担任「な、何を言ってるんだい?!ぼ、僕がいつそんな事を!!」

女「じゃあ、今後、委員長にこんな事させるのは……」

担任「ありません!!」

女「これで、晴れて委員長は無罪放免ですね?」

担任「もちろん!!」

女「って事だ。良かったな、委員長。さ、帰るか」

委員長「うん!!」

担任(ああ…女君に耳元で囁かれちゃった……フヒヒw)

368 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/05(水) 11:24:13.09 ID:R+1rWQR8O [26/72]
女「暗くなってきたし、途中までだけど一緒に帰ろっか」

委員長「うん」

女「それにしても、あの担任にはまいたな……」

委員長「うん……」

女「あんな事する奴だとは思わなかった!」

委員長「うん………」

女「友ちゃんにも注意するように言っておこ」

委員長「うん………」

女「委員長?」

委員長「うん………」

女「おーーい!!」

委員長「え?あ、な、何?!」

369 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/05(水) 11:28:46.30 ID:R+1rWQR8O [27/72]
女「話し、聞いてた?」

委員長「あ、ごめん……聞いてなかった…」

女「どうした?今日は一日おかしかったぞ?怒ったり機嫌悪かったりボーッとしたり」

委員長「う、うん……」

女「悩み事か?俺で良かったら相談のるぞ?」

委員長「ん…大丈夫」

女「そっか」

370 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/05(水) 11:30:54.57 ID:R+1rWQR8O [28/72]
委員長「あ、私んちこっちだから」

女「おぅ!じゃ、気をつけて帰れよ!!」

委員長「うん………あ、あの!」

女「ん?」

委員長「あの………ね。さ、さっきの話しなんだけど……」

女「さっき?」

委員長「あの、私……ね」

女「うん」

委員長「やっぱり何でもない!!今日はありがとう!!じゃ、またね!!」

女「お、おい!何なんだ…いったい?」

委員長(好きだって……言えなかったな……ダメだな、私)

372 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/05(水) 11:32:54.75 ID:R+1rWQR8O [29/72]
女「ただいま~」

母「お帰りなさい、遅かったわね」

女「うん、ちょっと先生に用事頼まれてて」

母「そう。ご飯にする?お風呂にする??それとも私??」

女「ぶっ!!な、何言ってるのママ!!」

母「やぁね、冗談よ。とりあえず、ご飯の支度しとくから、着替えてらっしゃい」

女「は~い」

373 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/05(水) 11:33:40.18 ID:R+1rWQR8O [30/72]
女「あ~、お腹ペコペコ……」ビクッ

女「い、妹ちゃんに、パパ!い、いたの?た、ただいま」

父「チラッ ………ふん!」プイッ イジケイジケ

妹「チラッ ………ふん!」プイッ イジケイジケ

女「え…あ……ど、どうしたの?二人とも??」

父「………ふんっだ!!」プイッ

妹「………ふんっだ!!」プイッ

女「あ、あ~……なるほど……」

374 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/05(水) 11:34:52.26 ID:R+1rWQR8O [31/72]
女「ほらほら、二人とも拗ねてないで!」

父「別に、出番がなかったからって、拗ねてないもん!ね~?」

妹「私も、一人で帰らされたからって、拗ねてないもん!ね~?」

女「そか…ほら、妹ちゃん!明日は手を繋いで学校行ってあげるから!!」

妹「………本当に?」

女「もちろん!」

妹「やったぁ!!」

父「あ!妹ちゃんだけズルい!!パパはパパは!!」

女「あ~、分かりました!パパも途中まで手を繋いであげるから!!」

父「やったぁ!!」

女「………はぁ、今日も一日疲れた……」

母「え~!!ママは!ママは~!!」

女「分かりました!!!」

~~学校編 委員長 fin~~

395 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/05(水) 14:05:56.09 ID:R+1rWQR8O [36/72]
妹友「あ~あ、夏休みに入っちゃって、女先輩と会ってないなぁ~。一人で学校行くのがこんなにつまらないなんて……」

妹友「それに、せっかくイケメンと知り合いになれたのに……もっと自分を売り込まないと!」

妹友「ってか、朝の通学時間しか一緒にいられないんじゃどうしょもないか……」

妹友「妹ちゃんはいいよな~…同じ家に住んでて……しかも、お昼も一緒に食べてるみたいだし…」

妹友「私なんて、一緒に食べたくても毎日お昼は先輩に呼ばれて演劇の稽古……」

妹友「一緒に帰りたくても、帰りだって部活で遅くなるし……はぁ」

396 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/05(水) 14:09:30.93 ID:R+1rWQR8O [37/72]
妹友「夏休み入ったってのに、部活部活部活……これじゃせっかくの青春が……」

妹友「……行きたくないなぁ~……き、今日だけサボっちゃおうかな……」

妹友「決めた!!今日だけ!今日だけはサボらせて下さい!!部長、ごめんなさい!!」

妹友「………でも、いざサボるとなるとやる事が………」

妹友「むぅー、てか!それにしても暑いわね!!何よ太陽の奴!!サンサンと輝いちゃって!!」

妹友「彼氏もいない寂しい女に夏は似合わないっていう嫌味?!」

妹友「太陽のばーか!ばーかばーかばーか!!!」

女「ごめんなさい」

399 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/05(水) 14:18:03.72 ID:R+1rWQR8O [38/72]
妹友「へ?え、ええ??!!女先輩!!」

女「お、おはよう。てか、もうこんにちは…かな?」ニコッ

妹友「あ、その、こんにちは!!///」

女「ごめんね、バカで」

妹友「いえ!!ち、違うんです!!女先輩じゃなくて!!!」

女「あははw分かってるwてか、傍から見てたら太陽に向かってバカとか叫んでる危ない人に見えてたからねw」

妹友「そ、それは///あ、あまりにも暑くて、ちょっと八つ当たりを……あぅ///」

女「あははwそかそかw」

400 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/05(水) 14:20:19.74 ID:R+1rWQR8O [39/72]
女「確かに今日はかなり暑いからね~。八つ当たりもしたくなるw」

妹友「です///」

女「妹友ちゃんは、これから部活?」

妹友「え……ち、違います!!」

女「そか。この後何か用事ある?」

妹友「いえ!暇です!!」

女「良かったwじゃあ、そこのお店で一緒にアイスコーヒーにでも八つ当たりしない?奢るよw」

妹友「は、はい!!喜んで!!」

401 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/05(水) 14:25:29.52 ID:R+1rWQR8O [40/72]
女「涼しい~w外の暑さが嘘みたいだね」

妹友「はふ~ん…本当です……」

女「あ、妹友ちゃんは何にする?何でも好きなの頼んでいいよ」

妹友「えっと……じゃ、じゃあ、女先輩と同じもので!」

女「本当にそれでいいの?」

妹友「はい!」

女「そ。じゃあ……すみませーん!このスペシャルパフェ2つ下さーい!!」

妹友「ええ??!!」

402 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/05(水) 14:31:09.08 ID:R+1rWQR8O [41/72]
妹友「あ、あの女先輩?」

女「うん?」

妹友「いま、パフェって言いました?」

女「そだよ。あ……男がそんなの食べるのは引いちゃう?」

妹友「い、いえ!そんな事はないんですが……ちょっと意外で……」

女「昔から甘いものが大好きでwごめんね、甘党な男でw」

妹友「いえ!そんな!!それも女先輩の魅力の一つです!!」

女「ありがとうw」

妹友(女先輩は甘いの大好きっと…メモしとこ)

403 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/05(水) 14:36:55.45 ID:R+1rWQR8O [42/72]
店員「お、お待たせ……致しました……ハァハァ」

店員(ああ…いい男……ダメ、油断すると近付いただけで潮吹きそう……甘いパフェがしょっぱくなっちゃう……せ、接客のプロとして……それだけはダメよ……け、けど、ちょっとくらいなら……)

女「あ、きたきたw」

妹友「え……大きい……」

女「美味しいよ!とくに、このバニラアイスは絶品!!早く食べよw」マクマク

妹友「は、はい………パクッ 美味しい!!!」

女「でしょ!一度食べたら病み付きになるw」マクマク

妹友「ですです!!」モグモグ

405 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/05(水) 14:41:23.74 ID:R+1rWQR8O [43/72]
女「いや~、でも今日は妹友ちゃんに会えてよかったw」

妹友「え……それは///」

女「流石に、男一人だとこういうとこは恥ずかしくてw」

妹友「あ……ですよねw」

女「うんw本当、付き合ってくれてありがとうw」

妹友「いえいえ!お安いご用です!!」

妹友「てか、女先輩は彼女とこういうとこ来ないんですか?」

女「来ないね~。ってか、彼女いないしw」

妹友「そ、そうですか!!」

妹友(よし、私にもまだチャンスが!!)

407 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/05(水) 14:43:24.58 ID:R+1rWQR8O [44/72]
女「前に、妹ちゃん誘って来たけど、もう行きたくないって」

妹友「確かに、ちょっと大き過ぎるけど…私は余裕ですねw」

女「じゃ、また付き合ってよw」

妹友「女先輩の奢りでいいならw」

女「あははwはいはい!奢らせていただきますw」

妹友「うむwくるしゅうないぞw」

女「って、あれ?さっきから妹友ちゃんの携帯鳴ってない?」

妹友「え……あ……い、いいんです!どうせお母さんで、大した用事じゃないですし!」

女「そっか」

409 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/05(水) 14:45:53.33 ID:R+1rWQR8O [45/72]
妹友「う~ん、食べた食べたw女先輩、ご馳走様でしたw」

女「どう致しまして!でも、俺以外にもあれを食べ切るとは……」

妹友「私も甘いの大好きなんでw」

女「そうですかw」

妹友「女先輩は、この後どうするんですか?」

女「うん、パ……妹ちゃんのお父さんに、書類を忘れたから届けてくれって言われてね」

妹友「あ、じゃあ、私も予定ないですし、ご一緒していいですか?!」

女「いいけど、電車乗ったりでちょっと遠いよ?」

妹友「大丈夫です!では、行きましょー!!」

410 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/05(水) 14:50:37.23 ID:R+1rWQR8O [46/72]
女「えっと、ここから5駅電車に乗るから」

妹友「はい!」

女「本当によかったの?」

妹友「何がです?」

女「付き合わせちゃって」

妹友「大丈夫ですよ!」

女「それならいいけど……」

妹友「気にかけてくれて、ありがとうございますw」

女「いえいえ」

妹友「女先輩は優しいですね~wできたら、このまま女先輩に連れ去られたいですw」

女「はいはい、そういう事は彼氏に言ってねw」

妹友「ですよね~www」

413 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/05(水) 15:07:31.62 ID:R+1rWQR8O [47/72]
う……ホットコーヒー煎れようとして、お湯の代わりに水入れちゃった……

414 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/05(水) 15:08:09.09 ID:R+1rWQR8O [48/72]
女「さって、着いたけど……叔父さん外にいるって言ってたのに……いないじゃん!!」

妹友「ふぇ~………」

女「どうした?」

妹友「大きな会社ですね~」

女「だね~。コンピュータ関係の会社って言ってたかな」

妹友「妹ちゃんちって、実は凄いお金持ちだったんだ…うちなんか……貧乏で……」

女「う~ん、そうでもないけど、仮にお金持ちだったとしても…」

妹友「しても?」

女「妹友ちゃんみたいな素敵な友達はお金じゃ買えないからね。妹ちゃんは幸せ者だよ。だから、妹友ちゃんも今まで通り接してあげてね」

妹友「は、はい!!///」

416 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/05(水) 15:14:07.81 ID:R+1rWQR8O [49/72]
女「外にいないし、仕方ない、届けに行くか」

妹友「はーい!」

女「あ、すみません!ちょっといいでしょうか」

受付嬢「いらっしゃ……は、はい!私ならいつでも暇です!!もう、今からだって大丈夫です!!」

女「あ…いえ、そうじゃなくて……」

受付嬢「あなたの為に年中無休で下のお口は営業中です!今から使います?どこでしましょうか!エレベーター?会議室?倉庫?まさかの社長室ってのも!」

女「いえ、そうではなくて、社長に会いたいのですが…忘れ物を届けに……」

受付嬢「し、失礼致しました!今お呼びいたしますので!!あちらにおかけになってお待ち下さい!」

女「はい。ありがとうございます」ニコッ

受付嬢「はぅん///」プシャーッ

妹友(相変わらず凄いな女先輩……)

417 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/05(水) 15:16:46.86 ID:R+1rWQR8O [50/72]
父「女ちゃん!!来てくれたのね!!嬉しいよぉぉ!!」ガバッ

秘書「早く用件を済ませてさっさと仕事するです!」

女「ば!知り合いの前で!!抱き着くな!!」

父「ん?知り合い??おお、妹友ちゃん!こんにちは」

秘書「さっさとするです!ハンコがお前を待ってるです!!」

妹友「こんにちは……え?人形が……喋って……浮いて……」

秘書「人形じゃないです!私は……ムグッ」

父「えっと、それ以上は版権にかかわるので黙ってようね」

父「女ちゃん、ありがとう。助かったよ」

女「どう致しまして。じゃ、妹友ちゃん、帰ろっか」

妹友「はい!では、おじさん、さようなら」

父「また遊びにおいでね~」

父「え?出番これで終わり?!女ちゃんとの絡みは?!」

秘書「ないです!お前はハンコと絡んでればいいです!!」

418 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/05(水) 15:18:06.46 ID:R+1rWQR8O [51/72]
女「じゃ、帰ろうか」

妹友「はい!」

女「っと、その前に……」

妹友「はい?」

女「学校行こうか」

妹友「え?」

女「本当は、今日は部活だったんでしょ?」

妹友「え……その……はい……」

女「とりあえず、一緒に行って、部長に謝ってあげるから。妹友ちゃん、確か演劇部だったよね?」

妹友「はい……」

女「部長は同じクラスでよく知ってるし!よし、じゃあ行こうか」

妹友「はい!」

419 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/05(水) 15:18:50.66 ID:R+1rWQR8O [52/72]
妹友「お、遅れてすみませーん……」

部長「ちょっと妹友!!あんたどこ行ってたの!!携帯鳴らしても出ない……女君!!」

女「こんにちは」

部長「こ、こんにちは///」

女「いやぁ、大切な部員をお借りしちゃってごめんね?」

妹友・部長「え?」

420 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/05(水) 15:19:36.47 ID:R+1rWQR8O [53/72]
女「俺の叔父さんが会社経営してるんだけど、ちょっと忙しくて人手が足りなくてさ」

女「本当は俺が借り出されてたんだけど、もう一人女の子が欲しいって言われて。で、偶然出会った妹友ちゃんを、拉致しちゃったって訳」

部長「そ、そう」

女「本当ごめん!!」

部長「し、仕方ないわね!そういう事なら許してあげる!!」

女「ありがとう!」ニコッ

部長「ぁふん///た、ただし、今度、女君には演劇部の手伝いしてもらうわよ?!」

女「もちろん!」

422 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/05(水) 15:20:27.42 ID:R+1rWQR8O [54/72]
女「ま、そういう訳だから、今回サボった事は内緒で!」

妹友「あははwやっぱりバレてました?」

女「まあねw携帯に出ないし逃避したいような事言うし、おまけに、休みなのに制服着てればね!」

妹友「エヘッw女先輩、今日は一日楽しかったです!ありがとうございました!!」

女「どう致しまして!部活、頑張ってね!」

妹友「はい!女先輩に元気をいっぱい貰ったので!一生懸命頑張ります!!」

女「ん!じゃ、またね!」

妹友「はーい!!」

~~学校編 妹友 fin~~

424 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/05(水) 15:21:15.13 ID:R+1rWQR8O [55/72]
>>425 ここまでをSAVEしますか?■


ニア はい
いいえ


431 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/05(水) 15:32:01.40 ID:R+1rWQR8O [56/72]
はい
ニア いいえ ピッ


今までのDATAは全て消去されます……

電源などに触らないで下さい


435 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/05(水) 15:51:01.20 ID:R+1rWQR8O [57/72]
ぷしゅ~……

女「ふ~………」

父「どうだった?どうだった??」

女「どうって言われても……」

父「うん!」

女「改良の予知はまだまだ沢山あるね」

父「え~……どんな?」

女「う~ん、ターゲットの客層にもよるけど、エロ要素が足りない……もうちょっとあっても…」

父「だって、リアリティ出すなら当然でしょ?!どこの世界にいきなり女の子とセクロスする人がいますか!!」

父「各女の子と、ガンガンフラグ立てて、それからが普通じゃない?!」

女「まぁ、それはそうなんだけど……」

436 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/05(水) 15:52:29.70 ID:R+1rWQR8O [58/72]
父「せっかく、バーチャルの中で、女の子とデートしたり、イチャイチャしたり、セクロスしたりできるんだよ?」

父「その位の苦労は当たり前じゃない?!しかも、我社が独自に開発した、臭いや感覚まで体験できるゲームなんだし!!」

女「確かに、物を掴んだ感覚や、触られた時の感覚…それに、ちんシュした時の感覚なんかも凄かったけど……」

父「じゃあ、何が……」

女「リアルならいいんだよ?けど、ゲームと考えると、圧倒的に時間が掛かりすぎる!」

女「セクロスに行くまでに飽きちゃうよ!!それに、話し方等の感覚を掴むまでがかなり戸惑うかな」

父「そ、そっかぁ~……一応、サポートシステム「妹」は正常だったんでしょ?」

女「まぁね。あ、あと、開発者だかなんだか知らないけど、あんたがむやみに出てきすぎ!!キモい!!」

父「え~~!!それがこのゲームの最高の売りなのに!!」

437 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/05(水) 15:53:19.72 ID:R+1rWQR8O [59/72]
女「あれはいらない!!じゃ、私は帰るから」

父「え?続きしないの??これから女の子達とセクロスだよ?」

女「ん?だって私SAVEしてないもん」

父「勿体ない!!」

女「じゃ、パパ!バイト代は口座に振り込んでおいてね~w」

父「は~……女体(男体)化ゲームの発売は、まだまだ先かぁ~………」


~~fin~~

463 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/05/05(水) 19:45:10.66 ID:R+1rWQR8O [64/72]
父「女ちゃんはああ言ったけど……どこがいけないんだろ…?」

父「とりあえず、言われたとこを組み直して……」

父「これで大丈夫かな?」

父「えーと、女ちゃんの携帯に電話して戻ってきてもらお」

プルルルル プルルルル プルルルル ……

父「出ない……仕方ない、自分で入るか……」

うぃ~ん……

父「えっと、設定はどうしようかな。1×歳、ツインテ、貧乳っと……」ポチポチ

父「よし、しゅっぱーつ!」

うぃーん……ガシャン…

465 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/05/05(水) 20:07:51.94 ID:R+1rWQR8O [65/72]
父「………」パチッ ムクッ

父「……ここは…あ、ゲームの中か!」

父「えっと、鏡は……おお、あったあった!」

父「ふむ……どれどれ?」

父「おぉぉぉぉ!!鏡の中に美少女が!!こ、これが……私?///」

父「身体の方はどうなったかな…?」ペタッ ツルッ

父「うんうん、ちゃんと貧乳だ!」

父「下の方は………デュフフwwwとても少年誌では言えないなwwwしっかりと私好みだwww」

父「問題は感度だが………」クチュッ

父「ぉぅふっ!!」

468 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/05/05(水) 20:17:42.78 ID:R+1rWQR8O [66/72]
父「こ、これは……クチュクチュ……ま、またりとしていて……んぁ……クチュッ」

父「それでいてしつこくなく……ニチャニチャ……はんっ……ヌチャ」

父「くっ……割れ目を……なぞっただけで……この…刺激……んはっ!!」

父「はぁ…はぁ……こ……この……突起を……擦ったら………ツィッ」

父「!!!」ガクガク

父「はっ!!ダ、ダメェ!!し、刺激が強すぎ……はぁん……」

父「で、でも……き…気持ちいいぃぃぃぃぃ!!!」プシャー

父「はぁ……はぁ………」ガクンッ

父「き、気持ち良すぎだろ………ハァハァ」

兄「妹……妹……シュッシュッ」コソコソ

469 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/05/05(水) 20:27:04.57 ID:R+1rWQR8O [67/72]
父「そ、そこにいるのは誰だ!!」

ギィィィ

兄「い、妹……」

父「なんだ、サポートシステム「兄」か」

兄「妹…妹……シュッシュッ」

父「まぁ、この場面を見られるのがデフォだからな。いても当たり前か」

兄「妹ぉぉぉぉぉ!!!」ガバッ

父「な、なんだぁーー!!!ち、ちょっと待て兄!!」

兄「い、妹!!兄ちゃんは…兄ちゃんは!!」ビンビン

父「ちょ!!な、何でそんなもの出してる!!い、いやぁぁぁぁ!!!」

471 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/05/05(水) 20:36:08.78 ID:R+1rWQR8O [68/72]
兄「妹!兄ちゃんの思いを受け止めてくれ!!」

父「ま、待て!!いきなり挿入とか!!どこの童貞だ!!まずは愛撫からだろ!!」

兄「兄ちゃんは見てた!!もう準備は万端だろ?!」クチュッ

父「あんっ!い、いや、確かに準備は出来てるが…お前はサポートシステムだろ!それがなん………デカ!!」

兄「ぶふーっ!ぶふふーっ!!」

父「これはデカ過ぎだれ!!いや、私が小さくなってるからデカく見えるのか?」

兄「ふーっ!!ふーっ!!!」ズドーン

父「いや、デカい!間違いなくデカい!!無理!!こんなの入らないから!!!」

兄「妹!!!」ガシッ

父「ひぃぃぃぃ!!」

473 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/05/05(水) 20:51:32.39 ID:R+1rWQR8O [69/72]
エロって……書くの難しいですね……


兄「妹……入れるよ……」ピトッ

父「ひっ!」

兄「兄ちゃんと……一つになろ……」ズズニュ

父「いぎぃ!!い、痛い痛い痛い痛い!!待って!待って!!」

兄「大丈夫……痛いのは最初だけだから……兄ちゃんに任せろ……一気に入れるぞ」ヌプププ

父「いやぁぁぁ!!ダメ!!裂ける!!裂けるぅぅぅ!!」ガクガク

兄「ああ……妹の中……温かいなり……」ググッ

父「なりって!!どこの勉蔵さん?!って、痛い痛い痛い!!なんか更に大きくなってない?!」

兄「勉蔵ちゃう……コロちゃんや!間違えちゃうような悪い子には、兄ちゃんの高速ピストンでお仕置きだ!」

父「待って待って!!まだ動かないで!!」

477 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/05/05(水) 21:01:49.15 ID:R+1rWQR8O [70/72]
兄「妹、動くよ!!」ズッ ヌプッ ズッ ヌプッ

妹「ひぃ!ま、待って!!まだ動かないで!!お願い!!」

兄「ダメだ……妹のツルツルマンマン…キツくて……気持ちよくて……兄ちゃん我慢できん!!」ヌプッヌプッ ヌチャッ パンパン

妹「あぎぃ!!ダ……メ……やめ……」

兄「まだまだ……これから!!」パンパンパンパン パンパンパンパン

妹「ひっ…ひっ……うぐっ……」

兄「き、気持ちいいよ……」パンパンパンパン パパパパン

478 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/05/05(水) 21:03:34.95 ID:R+1rWQR8O [71/72]
あ…間違えた……訂正!!

妹「………×
父「………○

で、脳内変換お願いします……

481 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/05/05(水) 21:12:15.27 ID:R+1rWQR8O [72/72]
兄「妹!妹!!」パパパパン パパパパン

父「………」ガックン ガックン
兄「妹!ダメだ!!兄ちゃんイキそうだ!!な、中に……」ヌチャッ ヌポッ ヌプッ ズブッ

父「なん……でも……いいから!は、早く……終わっ……て……」

兄「あ…イ、イク……妹!妹ぉぉぉぉぉ!!!!」ビュクッ ブビュルルルル ビュッ

父「………」ピクッ ピクッ

兄「はぁ……はぁ……最高に…気持ち良かったよ……」ヌポッ トローッ

父「………」

兄「妹の…ツルマンから……兄ちゃんの白濁液が……とってもエロいよ……」

父「………」

兄「じゃ、兄ちゃん行くから。ちゃんと服着とかないと、風邪引くぞ」

ギィィィ パタン

父「ぁ………ぅ……」

485 名前:自転車 ◆x1uhMp/0TmMS [] 投稿日:2010/05/05(水) 21:58:24.83 ID:7U5iWcxvO
父「う……うぅ……」シクシク

父「酷い目にあった……」

父「こ、これは……プログラムミスか…?」

父「早急に戻って、組み直さない……」

パパ「マイハニー父ちゃん!!叫び声が聞こえたが大丈夫………か?」

父「え?!私??!!あ、ゲームの中のパパか」

パパ「父ちゃん……そんな格好で……パパを誘惑するなんて……悪い子だ!」

父「は?何を言って……」

パパ「悪い子はお仕置きだぁぁぁぁ!!!」ボロン

父「な!!??ちょっとデカ過ぎね?!リアルの私のよりデカいだろ!!ゲームだからって、ちょっと見栄張り過ぎた!!」

パパ「デュフフwwwたっぷり可愛がってあげるからね!!」ガバッ

父「いや、ちょっと待って!!自分に犯されるなんて嫌!!」

パパ「待たない!いや、待てない!!いただきまーす!!!」ガシッ ズボッ

父「いやぁぁぁ!!!しかも、そこはお尻ぃぃぃぃぃ!!!!」

510 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/05/06(木) 09:12:51.80 ID:18UJlD59O [2/40]
父「うぅ………スンスン」

父「……一日……いや、1時間で…処女2つも失うとは思わなかった……」

父「前も後ろも……お股が痛い………」

父「し、しかし…これでやっと戻れる……」

父「確か…緊急避難用のボタンがキッチンにあったな……」ヨタヨタ

父「うぅ……痛すぎて……がに股になってしまう……兄やパパに見つかる前に……早くキッチンへいかなくては……」ヨロヨロ

父「キッチンが見えた……後は冷蔵庫の中にある…オッパイチョコ型のボタンを押せば……」

母「あら、父ちゃん。おはよう」

父「!!!」ビクッ

511 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/05/06(木) 09:15:25.41 ID:18UJlD59O [3/40]
父「ほっ……なんだ、母さんか……」

母「あら、ママじゃないのね」

父「は?」

母「私からパパを寝とった余裕かしら?」

父「え?母さん、何を……?」

母「あら、また。ママ、ママって甘えてた頃が懐かしいわ。今じゃ私のダーリンを寝とった泥棒猫ですもんね!!」

父「いや、言ってる意味が………」

母「また、ママに従順な良い子になるように、たっぷりとお仕置きしてあげる!!!」

父「ひぃぃぃぃ!!!」

513 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/05/06(木) 09:32:29.20 ID:18UJlD59O [4/40]
父「も……もう……ダメ……これ以上は……心身共に……壊れちゃう……」

父「は、早く……戻らないと……」

ブンッ

父「あれ……?急に暗く………」

ミッションコンプリート!
おめでとうございます!
あなたは2時間以内に『処女喪失』『アナル調教』『M奴隷調教』全てのミッションをクリアしました
ここまでの記録を保存しますか?■

ニア はい
いいえ

父「ミッションて何?!これそんなゲームじゃないよね??!!保存なんかするか!!」

では、このまま次のミッション『輪姦学校で1000人斬り』に進みます

父「へ?ち、ちょっと待って!!そんなプログラムないよね?!お願い!早くお家に帰して?!」

無理♪あ、活動限界になっちゃたwスリープモードに入るね♪じゃ、1000人斬り頑張ってね~☆

父「何スリープモードって?!い、いやだぁぁぁぁぁぁぁ!!!」

514 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/05/06(木) 09:40:23.90 ID:18UJlD59O [5/40]
ぷしゅ~………

父「………」フラフラ

父「………」ヨロヨロ

女「あ、パパ!電話くれたみたいだけど、どうしたの?……って!」

女「な、なんか2・3時間見ない間に随分とやつれてない?!」

父「……だ、大丈夫…だよ……うぅ」ブワッ

女「な、何泣いてるのよ?!」

父「………とっても…大事なものを…無くしてしまった……」

女「ま、まぁ、良くわからないけど、元気だしなよ!大事な物ったって、たいした物じゃないんでしょ!平気平気w」

父「………」

515 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/05/06(木) 09:53:32.91 ID:18UJlD59O [6/40]
女「で、何か用事があったんじゃないの?」

父「あ……?あぁ……さっき……」

父(こ、これに女ちゃんを入れるのはマズイか……いや、私だけあんな思いをするのは不公平だ!こうなったら女ちゃんも道連れに!!フヒヒw)

父「さっき女ちゃんに言われ点を改良したんだ!だから、良かったらまた女ちゃんにテストしてもらおうかと!」

父「もちろん、バイト代ははずむよw何、本当にちょっと試してもらうだけだから!フヒヒw」

女「何かさっきまで死にそうだったのが、急に流暢に喋りだしたわね……」

女「ま、バイト代はずんでくれるなら文句はないけど!じゃ、また試せばいいのね?」

父「そうそうwじゃ、行ってらっしゃーいwたっぷり楽しんで来てねw」ニヤリッ

518 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/05/06(木) 10:15:36.32 ID:18UJlD59O [7/40]
女「さってと、2回目ともなればちょっとは余裕が出てくるかな?」

お帰りなさいませ、女さん

女「え?え??だ、誰?私まだゲームの中に入ってないよね?」

申し遅れました。私は、今女さんが入っている機械『マッチョを見るとアソコがギンギンになっちゃうの』です。通称、マギと呼んで下さい

女「は、はぁ……」

では、前回のSAVEポイントからやり直しますか?

女「え?私SAVEせずに終わったけど…」

差し出がましいようでしたが、実は私が勝手にSAVEしておきました

女「そ、そうですか…」

では、女(>>519)さん、前回からをLOADいたしますか?それとも新しい設定でNEW GAMEを開始致しますか?

ニア LOAD
NEW GAME


520 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/05/06(木) 10:39:17.16 ID:18UJlD59O [8/40]
女「じゃ、また新しくやるのも面倒だから、前回からの続きで」

畏まりました。LOADしております。電源は切らないで下さい

…………

LOAD完了しました
では、楽しんできて下さい

女「は~い!」

522 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/05/06(木) 10:49:41.28 ID:18UJlD59O [9/40]
女「………」パチッ ムクッ

女「……部屋…か」

女「2回目だけど、やっぱりちょっと違和感あるな…」

女「さて、どうしようかな…?」

女「パパの話しだと、この後はフラグ立てた女の子達とセクロスって言ってたけど……」

妹「あ、お兄ちゃん起きた?おはよう!!」

女「あ……妹ちゃん……だっけ?おはよう」

妹「だっけって何~!ひっど~い!!」

女「あ、ごめんごめん!」

妹「まぁいいや!朝ご飯できてるから、早く来てね~!」

女「ん、わかった!」

523 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/05/06(木) 10:57:49.07 ID:18UJlD59O [10/40]
女「朝ご飯食べに行くか………あれ?」

女「携帯にメールきてるや。誰からだろ?」

新着メール7件

女「7件も……とりあえず、見てみるか」ピッ

新着 差出人:妹
新着 差出人:妹友
新着 差出人:友
新着 差出人:委員長
新着 差出人:パパ
新着 差出人:ママ
新着 差出人:部長

女「えーと、誰のを見ようかな?」

女「とりあえず、>>524の人のを見よう」

526 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/05/06(木) 11:11:38.98 ID:18UJlD59O [11/40]
パパの人気に嫉妬w


女「あまり気が乗らないけど、一応パパのを見てみるか……」ピッ

差出人:パパ
件名:パパさびちぃでちゅ(ハァト
本文:パパ最近出番がなくて、とっても、と~~ってもさびちぃでちゅ(絵文字
それに、最近女ちゃんは冷たいし(絵文字パパ泣いちゃうでちゅ(絵文字
もっと女ちゃんの愛が欲しいでちゅ(絵文字
じゃないと、おちごとにも身が入らないんでちゅ(絵文字
だから、そんなパパに女ちゃんの愛をくだちゃい(絵文字

P.S.会議で使う重要な書類を忘れてしまった。すまないが至急届けてくれ 父より

女「………」

527 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/05/06(木) 11:18:23.07 ID:18UJlD59O [12/40]
女「……年甲斐もないデコメに無駄な長文&絵文字……リアルで送ってくるメールと同じ……」

女「てか、また書類忘れたの?!何やってるのよパパは!!」

女「まったく、仕方ないわね!届けてやるか」

女「その前に、とりあえずは朝食食べよ」

529 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/05/06(木) 11:23:24.98 ID:18UJlD59O [13/40]
女「ママ、おはよう」

母「おはよう、女ちゃん。ご飯出来てるから食べてね」

女「は~い」

妹「ねね、お兄ちゃん!」

女「ん?」

妹「この後暇??」

女「あ、ごめん。パパがまた書類忘れたみたいで…届けに行かないと」

妹「え~……そんなどうだっていいじゃん!」

女「そうもいかないの」

妹「ちぇ~……」

女「じゃ、ご飯も食べたし、行ってくるね」

母「お願いね~。気をつけるのよ~」

女「いってきます」

530 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/05/06(木) 11:28:52.30 ID:18UJlD59O [14/40]
女「ふむ、何のイベントもなく着いてしまった……」

女「さて、受付嬢さんに頼んで、パパを呼び出してもらおうかな」

女「すみませ~ん」

女「……あれ?いない?」

女「すみませ~ん!受付嬢さーん!!」

女「………むぅ」

女「仕方ない、社長室まで行くか…」

531 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/05/06(木) 11:32:58.44 ID:18UJlD59O [15/40]
女「えと、確かこっちだったよな?」

「んっ……あっ……」

女「あ、あったあった。あそこだ」

「あふん……す、すごい……」

「もうこんなにして……いやらしいな…!!」

女「ちょ!へ、変な声が聞こえる?!」

「ひぁ!い、いい……もっと……もっとぉぉ!!」

「こんな恥ずかしい格好されて喜ぶなんて!!とんだ変態だ!!」

女「………」

532 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/05/06(木) 11:42:23.18 ID:18UJlD59O [16/40]
女「ま、まぁ、予想はつくけど……多分、パパと受付嬢さんよね……」

「んぁぁぁぁ!!ぎ、ぎもちいいぃぃぃ!!!」

「ふふふ……まだまだぁ!!」

女「じ、自分の親のセクロスなんて見たくないけど……受付嬢さんが…あんな美人がどうやって悶えてるか……見てみたいかも……」

「んはぁっ!んはぁっ!!」

「ふふふ…まだダメよ……」

女「……ち、ちょっと覗くだけ……」ゴクッ

533 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/05/06(木) 11:49:35.65 ID:18UJlD59O [17/40]
カチャッ キィィィ……

女(気付かれないように……慎重に……)ソーッ

女「!!!」

女(ちょちょちょ!!ど、どういう事?!)

女(中にいたのはパパと受付嬢さんだったけど!!)

女(な、何で全裸のパパが椅子に縛り付けられて、机に座ってる受付嬢さんに足……足コキされてるの?!)

女(パ、パパってそういう趣味まであったの?!あれじゃまるで変態じゃない!!)

女(パパは幼女と男の子が大好きな、ただのオッサンだと思ってたのに!!)パサッ

受付嬢「そこにいるのは誰??!!」

女「あ……」

534 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/05/06(木) 11:55:25.95 ID:18UJlD59O [18/40]
受付嬢「あ!社長の親戚の女様!!」

女「は……はは……ど、どうも……」

父「へ?女ちゃん?!もう来たの?!」

女「あ……うん……まぁ」

父「い、いやぁぁぁぁ!!パ、パパを!こんなパパを見ないでぇぇぇぇ!!」ビンビン

女「や……出来れば私も見たくない……」

父「え?いやぁぁぁぁ!!そんな事言わずにもっと見てぇぇぇぇ!!」ギンギン

女「どっち!!??」

536 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/05/06(木) 12:05:18.42 ID:18UJlD59O [19/40]
受付嬢「あ~ぁ、見られちゃいましたね、社長」ギュッ

父「あふんっあ、足の指で摘まないでぇ…」

女「こっちは見たくなかったけど…」

受付嬢「うふふ……確かに、こんなキモいオヤジの粗末なチンポなんて見たくないわよね」グニュッ…グニュッ…

父「ふひぃっ」

受付嬢「どうせ見るなら、私みたいな美人のアソコよね?うふふ…見せてあげましょうか?」チラッ

女「いえ、それも自分ので見飽き………え?」

女(な、何?アソコが疼いて……か、勝手に…お、大きくなって……え?ええ??)

受付嬢「う……そ……??」

537 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/05/06(木) 12:14:47.39 ID:18UJlD59O [20/40]
女「え?な、何何??何で!?」ムクムク

受付嬢「す…凄い……大きい……服の上からでも分かるくらい……」ゴクッ

受付嬢「こ、こんな粗末なのを弄ってる場合じゃないわ!」

父「え?」

受付嬢「お、女様……」ニジリニジリ

女「え……や……な、何で近寄ってくるのかな?」ズリズリ

受付嬢「す、少しだけ……少しでいいので……女様のオチンポ……触らせて……?」

女「え……あ、あの……わ、わた……俺はその……」

受付嬢「い、痛くしませんから!!大丈夫です!!」ガバッ

女「ま、待って~~~!!!」

父「え?!ここでまさかの放置プレイ??!!」

563 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/05/06(木) 21:49:08.72 ID:18UJlD59O [24/40]
受付嬢「はぁはぁ……女様の……凄い……」サスサス

女「や……まっ……」

受付嬢「こんなの……初めて……」ニギッ ギュッ

女「うっ……くっ!」

受付嬢「はぁ~……本当に凄い……」サスサス

女「あ……それダメ…」

564 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/05/06(木) 21:53:50.95 ID:18UJlD59O [25/40]
受付嬢「あら?うふふ…気持ちいいんですか…?感じてる顔が可愛い…!!」チュッ

女「んっ…むぅ!!」

受付嬢「んふぅ……チュッ…チュル……んっ……んっ……チュッ…」

女「ふっ……チュッ……チュパッ……んふっ……チュッ」

受付嬢「んぷっ……チュッ…はぁっ……んふふ……」

女「んはぁっ……はっ…はっ……はぁ~……」

受付嬢「ふふっ……私とのキスはどうでした?」

女「………よ、良かった…///」

566 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/05/06(木) 22:04:50.89 ID:18UJlD59O [26/40]
受付嬢「うふふ。赤くなっちゃって…可愛い!!そろそろ、ここも解放しないと、苦しいんじゃないですか?」スリスリ

女「んっ……う……うん……」

受付嬢「ふふ…じゃあ、何て言うんですか?」サスサス

女「あ……えと……その……」

受付嬢「ちゃんと言わないと、してあげませんよ?」ムギュッ

女「くぅっ!!ぬ……脱がして……下……さい…」

受付嬢「脱がせるだけでいいんですかぁ~?」スリスリ

女「あ……その……手……でも……して……下さい……」

受付嬢「うふふ。まぁ、初めてですし、いいでしょう。お望み通りにしてあげます」

女「………お、お願いします…」

父(お、女ちゃんの生オチンポが見れる!!気配を消して待ってた甲斐があった!!)ギンギン

571 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/05/06(木) 22:13:51.51 ID:18UJlD59O [27/40]
受付嬢「では……」カチャカチャ ジーッ ゴソゴソ

女「……うぅ///」

受付嬢「脱がしますね~」ズルッ ビヨヨーン

女「あぅ///」

受付嬢「………」ゴクッ

受付嬢「す…凄い……」

女「ううぅ…///」

父「す…すご……」ゴクッ

女「……え?」

父(しまった!声出しちゃった!!け、気配を消さねば!!)ピー ピピー ピョー♪ プィッ

574 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/05/06(木) 22:23:04.84 ID:18UJlD59O [28/40]
受付嬢「はぁ~……おっきいわぁ~……」ソーッ ニギッ

女「ふわっ……」ピクン

受付嬢「硬くて…太くて……長くて……カリも立派で……」カリカリ

女「ひやぁ!!」ビクンビクン

受付嬢「うふふっ…気持ちいいんですか?じゃあ、こうすると??」シュッ シュッ

女「ぉぅっふ!!!き、気持ちいい!!」

受付嬢「あら!そんなに感じてもらえると……私も嬉しいな!もっとしてあげたくなります」シュッシュッ シュッシュッ

女「ふっ!ふぅっ!!」

受付嬢「あらあら?先っぽから変な汁が出てきちゃいましたよ?何でですかぁ?」シュッ ニチュ シュッ ヌチャッ

女「そ……それは……き、気持ち良すぎて……」

受付嬢「私に手コキされて感じてるんですかぁ?女様って、意外とエッチなんですね」ヌチャヌチャ カリ シュッ

女「う、うぅ……///」

576 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/05/06(木) 22:29:48.27 ID:18UJlD59O [29/40]
受付嬢「ふふ…可愛い女様にご褒美です!」パクッ

女「ふぇぇ??!!」

女「え……あ……何…を…気持ち…」

受付嬢「んっ…ジュルッ…んぶっ…ジュボ…んっんっ……チュル……チュパッ」

女「あふぅ!ふっ!ひぅ!!」

受付嬢「ぶぷっ……チュパ…んあ……チュッ…チュッ…んむ……レロレロ…チュッ……レロルロ…」

577 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/05/06(木) 22:31:24.20 ID:18UJlD59O [30/40]
女「や……はっ……ダ、ダメェ……下半身が……溶けちゃいそう……」

受付嬢「んむぅ……ジュボ……ひもひいひへふはぁ…?…ジュブジュル……」

女「は……はい……」

受付嬢「んっ…チュポ…ふ…チュパッ…んはっ…はぁっ…チュポンッ……女様の大きすぎて…顎が外れそうです……それに、全部加えきれないし…」

女「ご、ごめんなさい……」

受付嬢「謝らなくていいんですよ?むしろ、私は嬉しいくらいですw」

父(はぁ……はぁ……)ビンビン

580 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/05/06(木) 22:41:06.93 ID:18UJlD59O [31/40]
受付嬢「ふふふ…女様のをしゃぶってたら、私のアソコも濡れてきちゃいました……」

女「え……」

受付嬢「女様……私の中に……入りたい…ですか?」クパァ

女「………ゴクッ……う、うん」ムクムク ムックデスゾー

受付嬢「(え……嘘……更に大きく……)ふふ…私も準備出来てますし、いいですよ……」

受付嬢「女様の大きなオチンポを入れて下さい……」

女「………」ゴクッ

父(………)グビビッ

581 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/05/06(木) 22:54:55.29 ID:18UJlD59O [32/40]
女「じ、じゃあ……い、入れる……よ?」ピトッ

受付嬢「はい……」

女「………」ニチャ ニチャ

受付嬢「ふっ……んっ……オチンポでクリちゃん…擦らないで……」

女「………」ニチュニチャ ヌチョヌチョ

受付嬢「ひぁ……お、お願い……焦らさないで……い、入れて……」

女「わ、分かった………」

583 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/05/06(木) 22:59:10.91 ID:18UJlD59O [33/40]
女「じゃあ……」ズプッ

受付嬢「ふぐぅっ!さ、先っぽだけで……き…っつ…」

女「はぁ……はぁ……」ズヌヌヌ…

受付嬢「う……ぎぃ……」

女「あ………あぁ………」ズブリッ!!

受付嬢「あがぁっ!!!ぐぅ!!!!」

女「は、入っ……た…」

受付嬢「(きっつ……い…)はっはっ」

女「気持ちいいよぉ……う、動いて……いい…?」

受付嬢「!!!」フルフル

584 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/05/06(木) 23:04:48.17 ID:18UJlD59O [34/40]
女「ごめん……無理……動く………」

受付嬢「や!ま、待っ…ズッ……ひぐっ…待っ……ズブッ……あぎっ!!」

女「気持ち……いい」ズプッ ヌプッ ヌチョ

受付嬢「ひっ!!…ひぅっ……ふっ……あっ……」

女「はぁっ……はぁっ……」ズッズプッ ズッヌプッ ズチョッズチョッヌチャッ

受付嬢「ふぐっ!……はっ…はっ……あっ……あんっ……」

女「ふぅっ!ふぅっ!!」パンパン パンパン

受付嬢「うっ……い、いい!!オマン……コに……オチンポいっぱい!!!ひぐぅっ!!」

587 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/05/06(木) 23:13:36.83 ID:18UJlD59O [35/40]
女「ふぅ!!ふぅ!!」パンパンパンパン

受付嬢「いや!ダメ!!激し!!!」

女「はっ!はっ!!」パンパンパンパンパンパン

受付嬢「いや!オマンコ壊れる!!壊れるぅ!!ひっ…イクっ!いっっっくぅぅぅうう!!!」ガクガク ブルブル プシャァァア ガクッ

女「わた…私も!!い、イクぅぅう!!!」ブビュビュビュビュ

女「うぅ……はぁ…はぁ……あ…な、中……中に出しちゃった……抜かなきゃ……」ズルッ ドローーッ

女「………」

父(………)ゴキュッ

588 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/05/06(木) 23:30:29.26 ID:18UJlD59O [36/40]
女「あ…あの……受付嬢さん……?ご、ごめんなさい……中に……け、けど…よ、良かったらもう一回……」

受付嬢「………」ピクッ ピクッ

女「し、白目剥いて気絶してる……どうしよう……もう一回したいのに……あ!」クルッ

父(ビクッ

女「あのね……パパ……」

父「な、何かな?」

女「エッチ……しよ?」

父「え……む、無理!!」

女「何で?」

父「そりゃパパも女ちゃんとしたいけど、パパにはまだ女ちゃんのは大きすぎ!!入らない!」

女「でも……ごめん……無理……したいから……」ガシッ ピトッ

父「無理無理無理無理!!!」

女「パパのお尻に……入れるね……」ズヌヌヌ

父「ら、らめぇぇぇぇ!!!」

590 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/05/06(木) 23:33:33.37 ID:18UJlD59O [37/40]
女「ふぁ~……良く寝た。何か、スッゴくいい夢を見た………あれ?」

女「ここ……どこ?あ……パパの会社?って事は?」

女「う、受付嬢さん!!パパ!!」

受付嬢「ぁ……ぁぁ………女様ぁ………」ピクピク

父「ふへ……ふへへへへ………」ピクピク

女「あちゃ~……そっか、やり疲れて寝ちゃったんだ……」

女「それにしても、受付嬢さんと5回、パパと7回……我ながら良く頑張った!うん!!」

女「さ、今日はもう帰ろう!いや~、身体がちょっとダルいけど、気分はスッキリだ!♪」

女「あ、パパはまだ縛られたまんまだけど……いっかw受付嬢さんが解いてくれるだろ!」

女「早く帰って晩ご飯~w」

父(も、もうダメ……私、お嫁に行けなくなっちゃった……つか、縄は解いてって?!)

591 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/05/06(木) 23:42:43.46 ID:18UJlD59O [38/40]
女「ただいま~」

母「お帰りなさい」

妹「お兄ちゃんおかえり!!!」

母「随分遅かったわね?」

女「うん、パパにイロイロ用事言われちゃって」

母「あら、そう。大変だったわね、ご苦労様」

女「いえいえ」

母「この後どうする?ゲームを終了する?他の子食べる?ちなみに、まだ1人分書くくらいはレス残ってるわよ?」

女「う~ん、続けたいのは山々なんだけど、>>1がそろそろ寝たいみたいだし……」

妹「じゃあさ、>>594さんに続けるか終了か聞いてみたら?」

女「ん。それいいアイデア!>>594さん、どうしよっか?」

598 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/05/06(木) 23:53:20.96 ID:18UJlD59O [39/40]
妹「お兄ちゃん、えろげだって!」

女「えろげ?」

母「続けなさいって事よ」

女「あぁ、成る程!よーし、じゃあ、頑張っちゃおうかな!!」

妹「頑張ろー!!」

女「眠くなるまでだけどw」

妹「何それwまぁいいや!そういえば、パパのとこ行く時、携帯忘れてたでしょ?!」

女「ん?あ、本当だ!」

妹「はい!なんか、メールがいっぱいきてたよ!」

女「ん。分かった。ありがとう」

599 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/05/06(木) 23:59:27.13 ID:18UJlD59O [40/40]
女「えっと、誰からかな?」

新着メール5件

女「今回は5件か…どれどれ?」

新着 差出人:妹
新着 差出人:妹友
新着 差出人:友
新着 差出人:委員長
新着 差出人:部長

女「う~ん、誰のメールを読もうかな……?」

女「よし、決めた!>>603だ!」

603 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/07(金) 00:01:38.16 ID:vkhVREme0 [1/3]
いもとも

604 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/05/07(金) 00:13:10.07 ID:VsE40K97O [1/32]
女「妹友ちゃんの読もう」ピッ

差出人:妹友
件名:女先輩こんにちは(絵文字
本文:突然ですが(絵文字 女先輩!!明日って暇(絵文字 してます??(絵文字
この前のお礼をしたいなぁ~なんて(絵文字
って言うのは建前で(絵文字 本当はパフェ(絵文字 が食べたかったりして(絵文字
良かったら明日食べに(絵文字 連れてって(絵文字 く~ださい(絵文字

女「ふむふむ」

女「………良くわからない……」

605 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/05/07(金) 00:18:57.64 ID:VsE40K97O [2/32]
女「相変わらずのギャル文字&絵文字の多さ……解読するのに一苦労だよ……」

女「これはコナン君でも迷宮入りするような難事件だ……」

女「ま、冗談はさておき、パフェか~」

女「今日はいっぱい運動したし、その分甘いもので栄養補給ってのもいいかな!」

女「よし、そうと決まれば早速返信だ!」

女「………これでよし、っと!!」

女「明日が楽しみだ!いっぱい食べるぞ~!!」

女「そうと決まれば、今日はもう寝よ!!」

622 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/05/07(金) 08:31:16.66 ID:VsE40K97O [5/32]
女「ふぁぁ~……むにゃむにゃ……よく寝たぁ…!!」

女「さて、今日は妹友ちゃんとパフェ食べに行くんだよな~。」

女「妹友ちゃんも甘いの大好きって言ってたから、ケーキバイキングとかも行っちゃおうかなw」

女「ちょっと早いけど、もう行っちゃおう!待ちきれない!!」

妹「お兄ちゃん、おはよう!!」

女「あ、おはよう」

623 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/05/07(金) 08:34:15.68 ID:VsE40K97O [6/32]
妹「なんだ、もう起きてたのか……つまんない」

女「いや、つまんないって……てか、夏休み入ってから毎日起こしにくるけど…早く起きれるなら学校行く時も……」

妹「そ、それで!今日は予定ある??」

女「今日は妹友ちゃんとお出かけ……かな」

妹「え~!!何それ!ずるい!!私も一緒に行く!!」

女「別にいいけど………この前のパフェ食べに行くんだよ?いいの?」

妹「うっ………うん……」

女「そのままケーキバイキングとかも行くよ?」

妹「うぇ……ど、どうしようかな……」

624 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/05/07(金) 08:35:53.61 ID:VsE40K97O [7/32]
朝っぱらだけど人いるかな??


>>625妹を一緒に連れていきますか?

ニア はい
いいえ

628 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/05/07(金) 08:57:39.08 ID:VsE40K97O [8/32]
女「えっと、たしか………」


954:05/07(金) 02:31 tw1rjTTeP
男「…ただいま」

妹「あ、おかえりー」

友「…」

男「…なんだよ」

友「男ぉぉぉぉおおおおおお!!!!」

男「ぐはっ! ちょ、く、苦しいっ!」

友「もう二度と離さないからなぁ!! バカ、バカ!!」

男「し、死ぬ…!」

妹「もう…お兄ちゃん達ったら…」

友母「青春してるわねぇ…」

629 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/05/07(金) 08:58:48.99 ID:VsE40K97O [9/32]
女「それで………」


960:05/07(金) 02:34 tw1rjTTeP
?「…」

?「これで、よかったのですね、前神様」

?(前神様の選択…私は正しいと思います)

「新神様、会議の時間です」

新神「ああ、すぐに行く」

新神(人間に命を賭ける…いつか私もそのような神になります!)

友「男ぉ~♪ 大好きだぁ~...」

男「い、いいからとりあえず離せ…い、息ができない…!!」

Fin

630 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/05/07(金) 08:59:18.99 ID:VsE40K97O [10/32]
975:05/07(金) 02:37 tw1rjTTeP
製作速報に繋がればもっとパートにして長引かそうとか、
淡い気持ちを持っていたのですが、なんとか1スレまとめられました。
もしも、リクエストがあれば、製作速報に立てて、こいつらの後日談でも書こうかな?
とか思ってます。…もしかしたら性格とかもろもろ変わってるかもしれませんが。

長い間、本当にお疲れ様でした。
最後まで見ていただき、ありがとうございました。


女「だったかな…?」

妹「は?お兄ちゃん……何言ってるの?」

631 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/05/07(金) 09:03:21.11 ID:VsE40K97O [11/32]
女「い、いや……な、何だったんだ?神の声が聞こえて……」

妹「神とか……暑さで頭イカレちゃった…?」

女「え……でも、ほら……今だって、妹ちゃんの後ろに………」

妹「ひぃっ!!」バッ

女「あははw嘘やね~んwww」

妹「ちちち、ちょっと!お兄ちゃん!!!わた、私がそういうの苦手だってしってて!!」

女「ごめんwごめんww」

妹「もう!!!」

633 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/05/07(金) 09:06:37.42 ID:VsE40K97O [12/32]
妹「あったまに来た!!今日はどんな事があっても一緒に着いてくからね!!」

女「まぁ……いいけど……」

妹「じゃあ、私も支度してくる!!」

女「ん、分かった」

妹(絶対に二人きりにさせるもんですか!今日は目一杯邪魔してやる!!)

634 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/05/07(金) 09:12:20.55 ID:VsE40K97O [13/32]
てか……他の人のを勝手に使っちゃって良かったんですかね……

見てないとは思いますが、一言謝罪を……

ID:tw1rjTTeP さん、すみませんでした!!以後気をつけますので勘弁して下さい!

635 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/05/07(金) 09:20:26.13 ID:VsE40K97O [14/32]
女「妹ちゃん、まだ~?」

妹「ん!今行く~!!お待たせ!」

女「おぉ!今日も可愛いね!」

妹「な、何言ってるのよ///」

女「ただ、ちょっとスカート短すぎない?」

妹「そうかな?」

女「普通にしててもパンツ見えそうじゃん…それじゃまるでビッch……痛い!」

妹「……何だって?!」グリグリ

女「な、何でもありません……はい」

妹「ん!じゃ、行こう!」

636 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/05/07(金) 09:48:03.09 ID:VsE40K97O [15/32]
女「でも、本当に大丈夫?甘いもの尽くしだけど…」

妹「な、何とか頑張る……」

妹友「あ!女せんぱーい!!」

女「お待たせ!」

妹友「………と、妹ちゃん…?」

妹「ちょっと!!何であからさまに嫌そうな顔してるのよ!!」

妹友「そ、そんな事ないよ?」

妹「い~え、してました!!」

女「ごめんね、妹友ちゃん!妹ちゃんがどうしても着いてきたいって…」

妹友「大丈夫ですよ!じゃあ、行きましょうか!」

女「うん!」

638 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/05/07(金) 10:01:08.62 ID:VsE40K97O [16/32]
女「てかさ、妹友ちゃん……」

妹友「何ですかぁ~?」

女「いや……妹友ちゃんもスカート短すぎない?パンツ見えそう……てか、見えてる…」

妹友「え~、女先輩ったらどこ見てるんですかwエッチぃ~w」

女「あ、ごごご、ごめん!」

妹友「女先輩ならいいですよwだって今日は見せる為にこれにしたんですから♪」

女「へ?」

妹「むむむ!やっぱり!!そんな事だと思った!!わ、私だって負けないんだから!!」グイッ オリオリ

女「ちょ!妹ちゃんまで?!何パンツが見えるまでスカート折ってるの?!」

妹「ふふふん!!お兄ちゃんになら見られてもいいよ☆」

妹友「むぅーーー!!!」

女「は……はは……ふ、二人とも、仲良く…ね?」

妹・妹友「ふんっ!!」

639 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/05/07(金) 10:14:15.84 ID:VsE40K97O [17/32]
妹友「さぁさぁ、そんな事より早く行きましょう!」ギュッ ムニュ

女「うん」

妹「むっ……お兄ちゃん、早く行こ!」ギュッ ムニュ

女「う、うん」

妹・妹友「むむむむむ!!!」

妹「えい!」ギュギュッ ムニューー

妹友「私だって!!」グイグイ ムギュムギュ

女「な、仲良く…ね?」

女(ヤバ……さっきのパンツ露出とオッパイの感触で……少し立ってきた……)

641 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/05/07(金) 10:32:44.08 ID:VsE40K97O [18/32]
女「お!来た!!スペシャルパフェ!!」

妹友「来ました~!!」

妹「………」

女「楽しみだったんだ~w」

妹友「私もですwあれ~?妹ちゃんはあまり嬉しそうじゃないね~?」

妹「な!う、嬉しいに決まってるじゃない!!わぁー美味しそう!!いただきまーす!!」

妹友「あ、女先輩には私が食べさせてあげますね☆はい、あ~ん♪」

女「や…自分で食べられ……ムグ」

妹友「美味しいですかぁ~w」

女「う、うん……」

妹「ムム!!」

644 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/05/07(金) 11:10:27.23 ID:VsE40K97O [19/32]
妹「お兄ちゃん!私のも食べて!!はい、あ~~ん!!」

女「うん……パクッ」

妹「妹友ちゃんのより美味しいでしょ?」

女「いや…同じものだし……」

妹「もー!妹友ちゃんの百倍美味しいだなんて!お兄ちゃんたら正直なんだから♪」

女「いや……言ってな……」

妹友「むっきー!!」ガタガタ

女「え……ま、真横に移動して…どうしたの?」

645 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/05/07(金) 11:19:54.78 ID:VsE40K97O [20/32]
妹友「はい、女先輩☆あ~ん」ソッ

女「え……ふ、太ももに手置いて……むっ!」パクッ

妹友「妹ちゃんのより美味しいですかぁ~?♪」スリスリ

女「ふひ!お、美味しいです……」

妹「ちょ!!」ガタガタ

女「い、妹ちゃん……?!」

妹「はい、お兄ちゃん!あ~ん!!」ツィッ

女「や……あ、脚絡ませ……んぐ」パクッ

妹「妹友ちゃんなんかのより、私のが美味しいよね?!」

女「う、うん……」

妹友「それはやり過ぎなんじゃない?!それなら私だって!!」ストンッ

女「へ?!む、向かい合わせで膝の上座られたら……」

妹「ちょっと!!何してるのよ!!わ、私だって!!」

女「いやいやいや!待って!!」

妹・妹友「私が…私が……」モミクチャ モミクチャ

646 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/05/07(金) 11:44:17.52 ID:VsE40K97O [21/32]
女「ふ、二人とも……お、落ち着こ?」

妹「むぅ!」

妹友「むむぅ!!」

女「ほ、ほら!二人が股開いて膝の上に座ってるから!パンツまる見えだし……」

妹「え……?…あ!!」バッ

妹友「ふぇ??!!」バッ

女「………ふぅ。やっと離れてくるた…」

妹「あ……ご、ごめんなさい」

妹友「ご、ごめんなさい…」

女「それにしても……二人とも可愛いパンツだったねw」

妹「ちょ!な、何言ってるのよ!!」

女「妹ちゃんがピンクの縞パンで、妹友ちゃんが水色の縞パン……」

妹「わ、わざわざ言わなくていいから!!」

妹友「です!!」

676 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/05/07(金) 21:29:25.66 ID:VsE40K97O [26/32]
女「いや~、それにしても、色は違えど二人とも同じ縞パンだったとは!」

妹「ちょっと!お店の中で大きな声で変な事言わないでよ!!」

妹友「そうですよ!!」

女「いや、そのお店の中でさっきまでパンツ丸出しで膝の上に乗って腰振ってたのは……」

妹「何言ってるのよ変態!!それはそれ、これはこれよ!!ね~、妹友ちゃん!」

妹友「ね~!お店の中でそんな事言うなんて、女先輩デリカシーなさすぎです!!本当、スケベなんだから!!」

女「そんな理不尽な……じゃあ、どこでなら言っていいの?」

妹「そりゃ、周りに誰もいないとこ……あ!!」

679 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/05/07(金) 21:42:09.95 ID:VsE40K97O [27/32]
妹友「どうしたの、妹ちゃん?」

妹「……あ、あれ…」チラッ

妹友「え?どれ?あぁ!!」

女「え?え?」

妹「ち、ちょっとお兄ちゃん!!」

女「な、何?!」

妹友「女先輩……その……それ……」

女「だ、だから、何?!」

妹「な、何でこんなところで大きくしてるのよ!///」

女「へ?」

妹友「そ、そうですよ!!///」

女「あ………」ビンビン

680 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/05/07(金) 21:49:28.69 ID:VsE40K97O [28/32]
女「こ、これは男の生理現象で!!そ、その……」

妹「もう!!あっちでもこっちでも節操なく大きくするんだから!!変態!!」

女「で、でも、これは……」

妹友「あの……女先輩……それって……」

女「ち、違うんだ妹友ちゃん!」

妹友「そ、それって……わ、私の…見て……そうなったんです…か?」

女「え……ま、まあ……そ、そうかな…?」

妹友「そ、そうですか……じゃ、じゃあ!女先輩苦しそうですし!!わ、私が何とかします!いえ、させて下さい!!この前のお礼もかねて!!」

妹友「え?」

女「えぇ!!??」

681 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/05/07(金) 22:04:26.81 ID:VsE40K97O [29/32]
女「そ、それは……つまり……」

妹「ちょっと妹友ちゃん!!あなた何言ってるか分かってるの?!」

妹友「も、もちろん!!」

女「えっ……ええ?」

妹「そ、そんな事ダメに決まってるでしょ?!」

妹友「決めるのは妹ちゃんじゃなくて女先輩でしょ!お願いします女先輩!!私、経験なくてあまり上手じゃないかもしれないけど、頑張りますから!!」

妹「ダメよね?!お兄ちゃん!!」

女「ど、どうしよう?!」

682 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/05/07(金) 22:13:58.93 ID:VsE40K97O [30/32]
妹友「ちょっと、妹ちゃん!さっきからうるさい!!少し黙ってて!!」

妹「う、うるさいとは何よ!と、友達がお兄ちゃんの毒牙にかかるのを黙って見てなんていられないわよ!!」

女「ま、まぁまぁ………」

妹友「あ~ら、お優しいわね!けど、心配してもらわなくて結構!私が好きで望んでいる事なんだから!」

妹「そ、それでもほっとけないでしょ!」

女「け、喧嘩はやめよ…?ね?」

妹友「正直に言ったらどう?!私のお兄ちゃんを盗らないで~!って!そしたら私も、少しは考えてあげるわ!考えるだけだけどねw」

妹「だ、誰がこんな節操無しなんか!!」

女「ほ、ほら!同じ縞パン同士なんだし、な、仲良く……」

妹・妹友「お兄ちゃん(女先輩)は黙ってて!!」

女「は、はい!!!」

684 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/05/07(金) 22:16:38.30 ID:VsE40K97O [31/32]
妹「それに、さっきから同じ縞パンとか言ってるけど、私のはサイドが紐の純縞パンよ!!妹友ちゃんなんかのと一緒にしないで!!」

妹友「あら偶然ね!ちゃんと私のも紐になってるわ!!妹ちゃんこそ、純縞パンとか言ってて、本当は紐は飾りでゴムとかなんじゃないのぉ~w」

女「お、お願い……な、仲良く……ね?」

妹「何ですって?!私がそんな偽物履く訳無いじゃない!!」

妹友「本当かな~w」

妹「いいわよ!じゃあ、証拠を見せてあげようじゃない!!」カチャカチャ スッ

女「わーーー!!ちょっと待った!!こんなとこで脱いじゃダメ!!」

妹「それもそうね……じゃあ、近くにホテルがあったわね!そこで見せてあげようじゃないの!」

妹友「ええ、いいわよ!!女先輩!さっさと行きますよ!!」

女「え?えぇ??!!」

688 名前:すみません、意識がとんでました…[sage] 投稿日:2010/05/07(金) 22:28:07.42 ID:VsE40K97O [32/32]
女「き……着てしまった……」

妹友「じゃあ、見せてもらおうかしら!」

妹「いいわよ!!ほら!!」カチャカチャ スッ ヌギヌギ

女「ぶっ!!!」

妹「ふふん!どう?!ちゃ~んと紐だって解けるんだから!」スルッ ピラッ

妹友「くっ……ほ、本当のようね…」

妹「あらあら~?私の事をそれだけ疑うって事はぁ~、妹友ちゃんこそ偽物なんじゃないの~?w」

妹友「い~え、本物よ!」カチャカチャ スッ ヌギヌギ

女「おぉう!!」

妹友「ほら、ちゃんと紐が解けるんだから!」スッ ピラッ

妹「くっ……本物のようね……」

女「………」

717 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/05/08(土) 09:03:45.59 ID:bUrfgOlV0 [2/13]
妹「ふ、ふん!!わ、私なんて、ちゃ~んと上もお揃いなんだから!!」ヌギヌギ パサッ

女「おぉ!!」

妹友「あ~ら、それは当たり前じゃない?私だってお揃いだし!!」ヌギヌギ パサッ

女「はぁはぁ」

妹「くっ…で、でも!スタイルは私の方がいいみたいね!!」

妹友「なんですって!!」

718 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/05/08(土) 09:11:43.82 ID:bUrfgOlV0 [3/13]
妹「だってそうじゃない!胸だってそんなに大きくないし!見たところ辛うじてBカップでしょ?」クスッ

妹友「じ、自分だってBじゃない!!」

妹「わ、わたしはCよ!!」

妹友「本当かしら?w」

妹「本当よ!!じゃあ、いいわ!どっちが大きいかお兄ちゃんに比べてもらいましょうよ!!」プチッ パサッ プルン

妹友「いいわよ!!」プチッ パサッ プルン

女「え?」

719 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/05/08(土) 09:17:02.94 ID:bUrfgOlV0 [4/13]
妹「さぁ、お兄ちゃん!どっちが大きい?!」

妹友「私ですよね!!」

女「え、え~っと………若干、妹ちゃん?」

妹「ふふんw」

妹友「そんな事ないですよ!!ほら、しっかり触って確認してください!!」ムニュ

女「おお……や、やっぱり妹友ちゃん?」

妹「!!!ちょっと!絶対私なんだから!!触ってみなさいよ!!」ムニュ

女「………」ゴクリッ

720 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/05/08(土) 09:23:56.25 ID:bUrfgOlV0 [5/13]
女「えっと…これは……」

妹「どう?私よね?」

妹友「私ですよね?」

女「も、もう少し触ってみないと…」モミモミ ムニムニ

妹「んっ……ど、どう…?」

妹友「ふぁ……ど、どう…です…か?」

女「ど、どっちだろ?まだ良くわからないな…」モミモミ クリクリ

妹「あ…あん……」

妹友「ひぅっ!」

女「………」モミモミ モミモミ 

721 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/05/08(土) 09:30:58.93 ID:bUrfgOlV0 [6/13]
妹「ふっ……ダ、ダメ……」

妹友「や……あんっ…」

女「ど、どう?気持ち…いい?」

妹「ち、ちょっと!な、何どさくさまぎれに胸揉んでるのよ!!やめてよ!!」

女「ご、ごめん…」

妹友「わ、私は……気持ちいい…です…女先輩……もっと…して下さい///」

妹「え?!」

女「い、いいの?」

妹友「はい///」

722 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/05/08(土) 09:38:30.63 ID:bUrfgOlV0 [7/13]
女「じゃ、じゃあ、遠慮なく…」ムニュッ モミモミ

妹友「ふぅっ……あっ…」

妹「え…?」

女「気持ちいい?これはどう?」ムニムニ クリクリ コリコリ

妹友「あ……ダ、ダメ……乳首コリコリしないでぇ~……ふぁ…」

妹「………」ゴクッ

妹友「ひっ……気持ち…いいよぉ~……」



723 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/05/08(土) 09:46:57.33 ID:bUrfgOlV0 [8/13]
妹「あ……あの…お兄ちゃん?」

女「うん?」

妹「や、やっぱり……わ、私も・・・して?」

女「い、いいの??」

妹「う、うん…///」

女「わ、分かった・・・」ムニュ モミモミ

妹「あんっ!」

724 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/05/08(土) 09:56:24.80 ID:bUrfgOlV0 [9/13]
妹「き、気持ちいい……」

妹友「わ、私も……んくっ……あ!女先輩の…」

女「うん?」

妹友「……大きく…なってる…」

女「え……あ……」

妹友「あの、よければ…口でして…いいです…か?」

女「う、うん…」

725 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/05/08(土) 10:04:52.75 ID:bUrfgOlV0 [10/13]
妹友「初めてなんで…上手くできないかも…ですが…」カチャカチャ ジーッ ゴソゴソ

女「い、いえ!お願いします!」

妹友「は、はい…で、では!失礼します…」ズルッ ボロン

妹友「………こ、これが…女先輩の…」ゴクッ

妹友「チュッ……ペロッ」

女「うぅ!!」

妹「お兄ちゃん…もっと揉んだり舐めたりしてぇ~……」

726 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/05/08(土) 10:16:37.59 ID:bUrfgOlV0 [11/13]
妹友「チュッ……ペロペロ……んっ…チュッ……レロレロ……」

女「おふぅ……」モミモミ ペロッ

妹「ふぁ……」

妹友「レルレロ……チュッチュッ……んっ…レロッ…気持ち…いいです…か?」

女「う、うん…」モミモミ チュパチュパ コリコリ

妹「ひぁ…も、もっとぉ~…」

妹友「よかった…チュッ…女先輩に喜んでもらえて……チュッレロッ…嬉しいです……レロレロ…」

女「本当に…気持ちいい…よ」

妹「………お兄ちゃん…口でされると…気持ちいい…の?」

女「うん…」

妹「なら、私も…して、あげる……」

女「え?!」

731 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/05/08(土) 13:13:49.67 ID:bUrfgOlV0 [12/13]
妹「こ、これがお兄ちゃんの…間近でみると…すごい大きい…」

妹友「でも、舐めてるとピクピクして可愛いよw」

妹「へぇ~w」

女「い、いや~///」

妹「じゃあ、早速wピクピクを拝見させていただきますかw」

妹友「うんw」

740 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/05/08(土) 14:25:14.59 ID:jiLbUtxoO [1/41]
妹「んっ……ペロッ……」

女「あふんっ」ピクピク

妹「本当だwピクピクしてるw可愛いw」

妹友「でしょ~?w」

女「み、見ないでぇ~///」

妹「本当……可愛い!チュッ……ペロペロ……んっ……チュッ…」

妹友「私も!ペロペロ……チュッチュッ……んふっ…ンチュッ」

女「ぅおっ!!」

妹「ふっ……レロレロ……チュッ…ハム……」

妹友「あ…何か先っぽから出てる……ペロッ」

女「ふひぃ!」

741 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/05/08(土) 14:32:16.44 ID:jiLbUtxoO [2/41]
妹友「変な味ぃ~w」

妹「どれどれ!」ペロッ

女「ぅうっ!」

妹「本当だw変な味wでも……」

妹友「うん……もっと……舐めたい……かも」チュパッ

女「おぉ……」

妹友「んっ……チュパッ……んぶっ……ジュポッ……」

妹友「お、大きすぎて……ジュプ……先っぽしかくわえらんない…チュパッ…」

妹「じゃあ私は……妹友ちゃんがくわえきれない部分と……タマタマ舐めるね…」レロレロ

女「ぁあっ!!!」

742 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/05/08(土) 14:46:10.97 ID:jiLbUtxoO [3/41]
妹「……チュッ……レルレロ……チュッチュッ…」

妹友「ふぶっ……ジュプ……んっ……チュパッ…」

女「あ……ダメ……気持ち良すぎ……出そう……」

妹「レロレロ……チュッ…レルレロ……ペロペロ…」

妹友「んんっ…ジュプジュポッ…ジュブッジュブッ…」

女「あ……本当ダメ!!で、出る!!」チュポンッ ドクッ ビュルルルル ビュビュッ ブビュッ

妹友「あん!女先輩のせーしが……ゴックン…美味しい……」

妹「ひゃ!!く、口や……か、顔に……コクンッ……美味しい…」

妹友「あ……妹ちゃんの顔……いっぱいついてる……」ペロペロ ピチャピチャ ゴクッ

妹「ん………い、妹友ちゃんだって……」ピチャピチャ レロレロ ゴックン

妹・妹友「……んっ…ペロペロ…ピチャピチャ……」

女「………」ゴキュッ

743 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/05/08(土) 15:03:18.98 ID:jiLbUtxoO [4/41]
妹友「女先輩……私……何だか変……」

女「え……」

妹友「女先輩が……欲しい……」スルッ パサッ

妹「わ、私も……」スルッ パサッ

女「そ、それは……」

妹友「私の処女……も、貰って……下さい…」クパァ

妹「私のも……貰って……」クパァ

女「………」ギンギン

744 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/05/08(土) 15:23:52.30 ID:jiLbUtxoO [5/41]
女「二人とも……いいの?」

妹・妹友「はい///」

女「あれ?妹ちゃんも処女?彼氏いたんじゃ…」

妹「ずっと……断ってたから……お兄ちゃんに、貰ってほしくて……」

女「そ、そっか……///」

女「それじゃ……最初に欲しいって言った妹友ちゃんから……」

妹友「は、はい!優しく……お願いします///」

女「できる限り頑張ります」

747 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/05/08(土) 15:43:27.23 ID:jiLbUtxoO [6/41]
女「………ふぅ。我ながら、昨日は良くやった……」

女「結局、妹ちゃん妹友ちゃん各8回づつ………」

女「当分出ないよ……てか、まだうっすらとしか生えていない、綺麗なオマンコを縦に並べて……」

女「交互に出したりいれたり……Wフェラもよかったけど、それもなかなか良かったなw」

女「最初は痛がってたけど、回数重ねる毎に二人とも感じて、最後にはイキまくりだったもんなw」

女「おっと……想像しただけで大きくw」

妹「お兄ちゃん、おはよ~!」

女「あ、おはよう」

749 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/05/08(土) 15:56:36.01 ID:jiLbUtxoO [7/41]
妹「って、もうこんにちはの時間だけどねw」

女「あ、もうそんな時間かw起きよw」

妹「え……!!」

女「うん?」

妹「お、お兄ちゃん…お、大きくなってるよ///」

女「あw」

妹「お口で……してあげようか?///」

女「う~ん、パパやママもいるし、今はいいや!」

妹「ん。分かった!でも、したくなったら何時でも言ってね?相手するから!だって、私はもうお兄ちゃんのモノだから///」

女「ありがとう!あ、電話だ」

妹「うん。ママが早くご飯食べなさいだって!」

女「分かった。電話、誰からだろ?」ピッ

女「もしもし?」

750 名前:気力的にもスレ的にも最後です[sage] 投稿日:2010/05/08(土) 16:04:22.39 ID:jiLbUtxoO [8/41]
女「あ、なんだ、>>753ちゃんか!どうしたの??」


1、友
2、委員長
3、部長



人がいる事を願って………

753 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/08(土) 16:07:34.01 ID:tFqYdexU0


755 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/05/08(土) 16:23:42.76 ID:jiLbUtxoO [9/41]
女「あ、委員長じゃん!どうした?」

委員長『べ、別に用事はないけど、い、委員長として、何か悪さしてるんじゃないかと思って電話しただけ!わ、悪い?!』

女「いや、悪くはないけどwてか、俺ってそんなに信用ない?w」

委員長『そ、そういう訳じゃないけど……ほ、ほら!夏休みじゃない!夏はイロイロと誘惑が多いし!!』

委員長『と、友達として少し気になっただけ!!』

女「友達として?さっき委員長としてって……」

委員長『ど、どっちだっていいでしょ!!それだけ!!じゃあね!!』

756 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/05/08(土) 16:29:43.96 ID:jiLbUtxoO [10/41]
女「あ、待って待って!!」

委員長『な、何よ…』

女「委員長さ、今晩、暇?」

委員長『え……い、忙しいけど、暇よ!』

女「どっちwwwま、いいやw暇ならさ、良かったらデートしない?w」

委員長『デデデ、デートぉぉぉ??!!』

女「そw」

委員長『ななな、何言ってるのよ?!ま、またからかってるんでしょ!!』

女「あははw当たりw」

委員長『こ…………この!!バカ!アホ!!イケメン!!唐変木!!』

女「イケメンは悪口じゃないようなw」

758 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/05/08(土) 16:38:52.50 ID:jiLbUtxoO [11/41]
女「まぁ、デートってのは大袈裟なんだけど」

委員長『じゃあ、何よ……』

女「今日って、花火大会じゃん!良かったら、一緒に見に行かない?」

委員長『………べ、別に…いいけど』

女「よっしゃ!決まり!!じゃあさ、6時に家に着て!!場所わかる?」

委員長『委員長として、当然知ってるわよ!分かったわ、6時に女君ちね!』

女「うん!じゃ、待ってるね~!あ、委員長の浴衣姿楽しみにしてるねw」

委員長『え…?!ゆ、浴衣?!ちょ!まっ!』プツッ ツーー ツーー ツーー

委員長「切りやがった?!」

759 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/05/08(土) 16:50:17.49 ID:jiLbUtxoO [12/41]
委員長「どどど、どうしよう!!女君と花火見るなんて!!」

委員長「ままま、まじゅは!!お、落ち着け私!!!」

委員長「まずは、浴衣出さないと!え、えと、どこに仕舞ったっけ??!!」

委員長「ない!ない!!あ~ん!!どこだっけ!!」

委員長「お母さん!お母さん!!私が浴衣でどこに仕舞ったっけ??!!」

委員長「えと、髪型はどうしよう?!た、確か前に、女君にツインテ褒められたわよね……」

委員長「や、でも、学校と同じってのも……もっと大人な感じで……」

委員長「え?もう3時?!い、いけない!!お風呂にもないらなくちゃ!!間に合わない~~!!!」

761 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/05/08(土) 17:29:20.30 ID:jiLbUtxoO [13/41]
委員長「ゼェ…ゼェ……ハァ……ハァ……」

委員長「な、何とか間に合ったわ……よし、6時30分前!」

委員長「って!!ちょっと早く来過ぎちゃった?!」

委員長「ど、どうしよう!す、少しその辺ブラブラして時間……」

ガチャッ

妹「じゃ、行ってきま~す!!あれ?委員長先輩??」

委員長「こここ、今晩は!!本日はお招きいただき……」

妹「お兄ちゃ~ん!委員長先輩来たよ~!!」

女「ほ~い!」

妹「じゃ、ゆっくりしてって下さいね!」

委員長「あ、はい!!」

762 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/05/08(土) 17:42:26.37 ID:jiLbUtxoO [14/41]
女「早かったね!って!!おおぅ!!」

委員長「な、何よ?」

女「いや~、可愛い浴衣だね~!委員長に凄く似合ってるよ!!」

委員長「ほ、本当に?!」

女「もちろん!」

委員長「あ、ありがとう///」

女「そしたら、ちょっと支度しちゃうから、あがって待ってて!」

委員長「え……」

女「大丈夫!誰もいないから!遠慮しないで、あがってあがって!」

委員長「う、うん……」

委員長(だ、誰もいない………)ゴクッ

763 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/05/08(土) 17:53:31.18 ID:jiLbUtxoO [15/41]
委員長「大きなお家ですね……」

女「無駄にデカイだけだよ!あ、俺の部屋こっち」

委員長「は、はい……な、何階建てですか?」

女「地下入れて5階かな」

委員長「へ~……な、中庭もあって、素敵ですよね!」

女「まぁ……」

委員長「リ、リビングも広いし!お風呂なんかも広くていいんでしょうね~!」

女「あの……委員長?」

委員長「ひゃい!!」

女「緊張してる??」

委員長「ななな、何で私が!!」

765 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/05/08(土) 17:59:07.89 ID:jiLbUtxoO [16/41]
女「だって、話し方がいつもと……」

委員長「そ、そんな事ないわよ!!べ、別に、男の人の部屋に入るのが初めてだから、き、緊張している訳じゃないわ!!」

女「へ~…じゃあ、今までにどれくらい入った事あるの?」

委員長「そ、そりゃあ……ひゃ、百回くらい…い、委員長ですから!!」

女「へ~……」ニヤニヤ

女「あ、俺の部屋ここ」

委員長「そ、そう」

766 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/05/08(土) 18:09:40.89 ID:jiLbUtxoO [17/41]
女「どうぞ、入って」

委員長「お、お邪魔しまーす……」

委員長「へ、へぇー……これが男の人の部屋……」

女「あれあれ~?何、その初めて入った時のようなリアクションは~?」

委員長「そ、そんな事ないわよ!!ず、随分奇麗にしてるじゃない!!」

女「ま、掃除は嫌いじゃないからwあ、ごめん、クッションとかないからさ、良かったらベッドにでも座って」

委員長「う、うん……」

委員長(女君のベッド……)

767 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/05/08(土) 18:46:15.51 ID:jiLbUtxoO [18/41]
女「よっと」

委員長「ちょ、ちょっと!!な、何で隣に座るのよ!!い、委員長として、それは良くないと思うわ!!」

女「だって、俺も座る場所ないし!それに、委員長ともう少し仲良くしたいしね!」ソッ

委員長「ちょ!な、何で肩に手を回すのよ!!」

委員長「て、てか!出掛けるんでしょ?!支度はどうしたの!!」

女「ありゃ、覚えてたかw」

委員長「あ、当たり前でしょ!!」

女「へいへい、支度しますよw」

委員長「もう!!!」

772 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/05/08(土) 20:22:48.50 ID:jiLbUtxoO [19/41]
女「よし、支度終わり!じゃ、出掛けようか!」

委員長「うん!って!お、女君?!そ、その格好でいくの??!!」

女「え……そのつもりだけど…変か?」

委員長「や!そ、そんな事ない!!スッゴく似合ってるよ!!うん!!!」

女「よかったwやっぱり、浴衣美人の横歩くなら、こっちも浴衣か仁平だしねw」

委員長「ちょ!び、美人だなんて///こ、心にもない事を言うのは、委員長として許せないわよ!!」

女「いやいや、本当にそう思ってるよw」

委員長「あ…ありがとう///」

773 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/05/08(土) 20:38:39.76 ID:jiLbUtxoO [20/41]
委員長「で、どこに行くの?」

女「ああ、あそこのホテル……」

委員長「ホホホ、ホテル??!!そ、それは!委員長として!お、女の子としても!いけないと思うわ!!」

委員長「わ、私達はまだ学生なんだし!!節度あるお付き合いをしないと!!けけけ、けど、女君がどうしてもって言うなら……」ゴミョゴミョ

女「……を、曲がった先にある川沿いに、露店が出てるから、夕涼みがてらそこを散策して、それから花火見ない」ニヤッ

委員長「…………///」ボンッ

委員長「ままま、また!またからかったわね!!!」ペシペシ

女「あははw痛いw痛いwごめん、ごめんww」

委員長「も~~~!!!///」

775 名前:リア充すぐる…書いてて鬱になってきた……[sage] 投稿日:2010/05/08(土) 20:57:08.04 ID:jiLbUtxoO [21/41]
委員長「えへへ♪わたあめに金魚にぶどう飴にタコ焼き!いっぱいで幸せ~♪」

女「それは良かったね……買ったのは俺だけど……」

委員長「私を散々からかった罰です!!それくらいは委員長として当たり前だと思うわ!!」

女「はいはい……」

委員長「で、花火は何処で見るの?」

女「あ、家で」

委員長「え………えっと、確かお家には誰もいなかったんじゃ…」

女「ああ、妹ちゃんは友達と出掛けてるし、パ…叔父さんと叔母さんは仕事で遅くなるって言ってたかな」

委員長「そ、そう……」

委員長(だだだ、大丈夫!し、下着も新しいのだし!あ、でも、少し汗かいたかも……)

776 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/05/08(土) 21:01:01.85 ID:jiLbUtxoO [22/41]
女「ん?どうした?」

委員長「へ?ななな、何でもない!!」

女「そう?じゃあ、もうすぐ花火始まるし、家行こうか」

委員長「は、はい!!」

委員長(落ち着け…落ち着くのよ私……)

委員長(だ、大丈夫!今日のこの日の為に、たくさん本を読んできたじゃない!!)

委員長(大丈夫!私ならできる!!)ゴクッ

777 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/05/08(土) 21:15:22.29 ID:jiLbUtxoO [23/41]
女「ここで見よっか」

委員長「す…凄い……お家に屋上があるだけじゃなく、庭まであるなんて……どこの石油王?!」

女「まぁ、叔父さんのこだわりらしいw普段、PCのモニターばかり見てるから、家に帰ったら緑が見たいってw」

委員長「へ、へ~……だから、中庭もあったのか……」

女「そうそうwあ、そこのベンチに座ってて。今、飲み物持ってくるから」

委員長「う、うん……」

委員長(はぁ…てっきり女君のお部屋で見るのかと思った……)

委員長(で、良い雰囲気になって……家には二人しかいなくて……)

委員長(二人の気持ちが段々盛り上がって……そ、そして……)

女「はい、お待たせ」

委員長「ひゃい!!」

778 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/05/08(土) 21:20:32.17 ID:jiLbUtxoO [24/41]
女「はい、テーブルに置いとくね」

委員長「う、うん……ありがとう」

女「え~と……」

委員長「な、何?」

女「隣に座ってもよろしいでしょうか?お嬢さん」

委員長「え……あ!ど、どうぞ」

女「ありがとうwよかった、委員長が真ん中に座って独り占めしてたからさw俺は立って見るのかと思ったw」

委員長「ご、ごめんなさい」

女「いえいえw」

779 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/05/08(土) 21:26:20.72 ID:jiLbUtxoO [25/41]
女「そういえば、委員長とこうして二人きりになるの初めてだね」

委員長「ぶふぅっ!!」

女「ちょwきたなwいきなり飲み物吹くなよwww」

委員長「ご、ごめんなさい!かからなかった?!」

女「ん。俺は大丈夫。てか、委員長の方が……せっかくの可愛い浴衣が汚れちゃったじゃん!待って、今拭くから」スッ

委員長「あ、いいよ!自分で……あ」ピトッ

女「あ……ご、ごめん!わ、わざと胸触ったわけじゃ……」

委員長「う、うん。大丈夫……分かってる…」

780 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/05/08(土) 21:35:11.38 ID:jiLbUtxoO [26/41]
女「て、てかさ!委員長って彼氏とかいるの?」

委員長「え……(た、確か、この質問に対しての答え方は…恋愛How to本2ch VIPバージョンにあったわ!)」

委員長「い、今はいないけど!ま、前はいたわ!」

女「へー、そうなんだ!意外wちなみに、今まで何人と付き合ったの?」

委員長「(来た!これは応用編に書いてあったわ!見栄を張って少し多めにいいましょうだったわよね?!)に、2百人程かしら?」

女「に、2百人?!」

委員長「え、ええ!ちょっと少ないかもだけど!!」

女「へ、へー……」

781 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/05/08(土) 21:43:55.93 ID:jiLbUtxoO [27/41]
女「じ、じゃあさ、もしかしてキスとかも経験あり?」

委員長「(えと、ここでも見栄を張れって書いてあったわよね?)も、もちろんよ!5百人くらいとした事あるわ!」

女「5百人?!え……じゃあ……こんな事聞くのなんだけど……その……経験人数は……」

委員長「(ちょ!そんな高等問題まで聞いてくるなんて!!ここは確か、大いに見栄を張りましょうだったわね!)そうね、ちょっと少ないかもしれないけど、千人くらいかしら」

女「えぇ~!!!!」

委員長「ま、まあ、委員長の私としては当然ね!(あれ?私なんだかすっごい間違いを犯してるような……)」

委員長(よく思い出して…確か『まぁ、そんなんで見栄張ってたら、男はドン引きでプギャーだから、正直に答えましょう』)

委員長(…………しまったぁぁぁぁ!!!!!)

782 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/05/08(土) 21:52:53.74 ID:jiLbUtxoO [28/41]
女「そ、そうだったんだ……委員長がそんな……」

委員長「や、ち、違うの!!」

ドーーーン

女「お、花火始まった!」

委員長「………(私……終わった……『ビッチ乙wwwww』変な声まで聞こえるし……)」

女「じゃあさ、委員長」

委員長「な、何!クルッ んむ!!」チュッ

女「俺ともキスしない?」

委員長「☆※△▼¢£◆!!!」ワタワタ

783 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/05/08(土) 21:59:16.30 ID:jiLbUtxoO [29/41]
委員長「ちょちょちょ!!!」

女「何?」

委員長「い、いきなりキスとか!しかも、した後に『キスしない』って!!」

女「だって、言った後だと断られそうじゃん」

委員長「あ、当たり前でしょ!!」

女「いいじゃん。俺ともエッチしよう?」

委員長「よ、良くない!!そ、それに!ほ、本当は私、キスなんてした事なかったし!」

女「うん、知ってる」

委員長「彼氏だっていた事ないし!!」

女「うん、知ってる」

委員長「そ、それに!エッチだってした事ないもん!!」

女「うん、知ってる」

委員長「だ、だから!ビッチ……え?」

784 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/05/08(土) 22:07:24.97 ID:jiLbUtxoO [30/41]
委員長「知ってる……?」

女「まぁ、正確には分かっただけどねw委員長の性格からして、あんな人数は有り得ないでしょw」

委員長「え……じゃあ、それ分かってて……今…」

女「そw俺、委員長の初めての人になりたくてw」

委員長「///」

女「委員長は俺の事嫌い?俺は委員長の事好きだけど」

委員長「き、嫌いじゃない……むしろ…大好き…」

女「じゃあさ……委員長の初めて……俺にちょうだい?」

委員長「で、でも…心の準備……んっ」

女「チュッ……」

785 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/05/08(土) 22:18:20.91 ID:jiLbUtxoO [31/41]
委員長「ん……」

女「大丈夫…緊張しないで……少し…唇開いて……そう」チュッ……レロ……

委員長「んっ……はぁ……」

女「チュッ んっ……そう……」ムニュ

委員長「んっ…んっ……んん!!」

女「レロ……チュッ……」ムニムニ モミモミ

委員長「んっ!はぁ!!んんっ!!」

女「ぷはっ……大丈夫……リラックスして……」モミモミ コリコリ

委員長「や……そ、そんな事っ……言われて……も!!んぁ!」

女「ふふ……委員長って……結構オッパイ大きいんだね……Fくらい…?」

委員長「やぁ~……そんな事聞かないでぇ~……」

786 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/05/08(土) 22:26:33.29 ID:jiLbUtxoO [32/41]
女「乳首……立ってきたね……気持ちいいの?」モミモミ コリコリ

委員長「うぅーっ……///」

女「下は……どうなってるのかな?」スッ

委員長「え?!い、嫌!!ま、待って!!」ギュッ

女「どうして?俺に触られるの、嫌?」

委員長「そ、そうじゃなくて……こ、ここでは……そ、外だし……」

女「けど、俺はここでしたい!周りからは見えないから……お願い聞いて?」

委員長「ううぅ………う、うん…///」

女「ありがとう……じゃあ、脚の力抜いて……」スッ

委員長「は、はい……」

788 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/05/08(土) 22:36:43.66 ID:jiLbUtxoO [33/41]
女「触るよ………」ツツー クチュ…

委員長「ひぁっ!!」

女「凄い……下着の上からでもわかるくらい濡れてる……」

委員長「さ、さっきから!!分かってても、そういう事言うな!バカ!!今度言ったら、委員長として許さないんだから……んぁ!」

女「分かった!言わないように努力するw」

委員長「ずる……喋ってる……最中に……触るなん……ひっ!!」

女「そか…委員長はクリちゃんが感じるのか!」クリクリ

委員長「だ…から……言う……な!!ふっ!」

女「楽しいw」クチュクチュ クリクリ

委員長「ひっ…あっ……あん!!」

790 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/05/08(土) 22:44:11.15 ID:jiLbUtxoO [34/41]
女「委員長、下着脱いで、そこのテーブルに座って脚開いて!俺に委員長のアソコ見せて?」

委員長「む、無理!無理無理!!」

女「お願い……」ジッ

委員長「うぅ……わ、分かった…(あの目で見つめられると……逆らえない……うぅ)」スルスル パサッ ストン

委員長「こ、これでいい?」

女「うん!それじゃ、脚開いて」

委員長「は、はい……」パカッ

791 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/05/08(土) 22:54:16.43 ID:jiLbUtxoO [35/41]
女「これが…委員長のオマンコ……」

委員長「いや……あまり見ないで……」

女「なんで?ピンク色で、凄く綺麗だよ?」チュッ……レロ……

委員長「だ、だから!そういう事は……んぁぁあああ!!」

女「委員長のここ……美味しいよ……」ペロペロ…チュッ……レロレロ…

委員長「ひぃっ!や、やめ!汚いよ……汗かいたし!トイレだって……」

女「それがいいんじゃん……エッチなおつゆがいっぱい出て…とっても美味しいよ」ペロペロ

委員長「いやぁ!!いやぁぁぁあ!!は、恥ずかしい!!言わないで!!」

792 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/05/08(土) 23:05:16.00 ID:jiLbUtxoO [36/41]
女「ごめん、委員長……俺、もう我慢できないや……入れていい」ゴソゴソ ポロン

委員長「………や、だ、ダメ……無理…」

女「入れる……よ?」ピトッ

委員長「無理だよ!!大きすぎる!!絶対入らないから!!」

女「ちゃんと入るから…大丈夫だよ。力抜いて……」

委員長「いや!本当無理!!怖い!怖い!!」

女「俺、委員長と一つになりたい……大丈夫、俺に任せて!」

委員長「う、うん……私も女君と一つになりたい……だ、だから、頑張る…」

女「ありがとう…チュッ」

委員長「んむぅ……お、女君……来て……」

795 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/05/08(土) 23:12:07.51 ID:jiLbUtxoO [37/41]
女「一気にいくよ?」

委員長「は…はい……」

女「っ………」ズヌヌヌボッ

委員長「んぐぅ!!ひっ!ひぃっ!!」ギューッ ガリッ

女「つぅ!ほら、全部入ったよ……しばらくこのままでいるから、俺にしがみついてて。背中に爪立てていいから」

委員長「……っ…」ポロポロ コクコク

女「ほら、泣かないの」

委員長「だ………いた………」グスグス

女「無理に話さなくていいから……チュッ」

委員長「んっ……」コクリ

799 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/05/08(土) 23:23:31.06 ID:jiLbUtxoO [38/41]
委員長「ちょっと……楽になった……」

女「ん……」

委員長「動いて……いいよ……」

女「でも……」

委員長「動きたいんでしょ…?私は……大丈夫だから……」

女「ん……じゃあ、ゆっくり……」ズッ ヌチャッ ズッ ズブッ

委員長「うっ!ぐぅ!!んん!!」

女「だ、大丈夫?」

委員長「だい……だから……」ウルウル

女「わ、分かった……」ヌチャニチャ ズブッ ズボッ

女(す、凄い締め付け……しかも、何かが絡み付いてくる感じが……)

委員長「ふっ!ふぅっ!!あぐぅっ!!」

委員長(し、子宮が…掻き出される……)

801 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/05/08(土) 23:32:38.76 ID:jiLbUtxoO [39/41]
女「はっ……はっ……」パンパン パンパン

委員長「んっ……くっ……あ……」

女「委員長……ごめん……気持ち良すぎ……イク……」パンパンパンパン

委員長「ん……い…いよ…イッて……」

女「な、中で……委員長の中で!!」パンパンパンパン

委員長「い、いっぱい……ちょうだい……んはっ」

女「委員長!委員長ぅぅ!!」ビュクッ ドクドクドク ビュクッビュクッ

委員長「お……奥に……入って……」

女「ハァ…ハァ……い、委員長……こ、このまま…2回目……していい?」

委員長「え…??………う、うん……女君が……したいなら……私は何回でも…いいよ」

女「委員長!!」ギュッ

委員長「ち、ちょっと!強く抱きすぎ!!///」

803 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/05/08(土) 23:42:41.76 ID:jiLbUtxoO [40/41]
女「ふぁ~……よく寝た」ムクッ

委員長「う……う~ん……」

女「委員長、おはよう」

委員長「あ……女君…おはよう……?え?な、何で女君が私の部屋に?!」

女「いや、ここ俺の部屋……」

委員長「え……?あ!!き、昨日…泊まって……あれから部屋きて……ずっと…///と、とりあえず起き……あ」ムクッ

女「どうした?」

委員長「お、女君のが……出てきた……///」

女「ば!!そ、そういう事は言うな!///」

委員長「ふふwえ~、だって事実じゃん!いっぱい私の中に出すから~w」

女「ちょ!いつもと立場逆転してない?!」

委員長「うふふw委員長としては、たまにはありだと思うよw」

807 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/05/09(日) 00:10:19.22 ID:FhsUCbW3O [1/44]
もう夏休みも終わろうと言う時
パフェを喰った後の家への帰り道、俺は肩を落としながら歩いていた

女「はぁ~、夏休みも後少しで終わりか……早かったな~」テクテク

友「………」トボトボ

目の前を見覚えのある少女が、同じく肩を落しながら歩いていた

女「あれ?あそこに歩いてるのは…友ちゃん?」

女「おーい、友ちゃーん!」

友「あ……女君…」

振り向いた彼女は、いつもよりちょっとだけ元気がないように見えた

832 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/05/09(日) 13:43:19.87 ID:FhsUCbW3O [5/44]
女「どうした?元気ないみたいだけど?」

友「そ…そんな事……ない…よ?」

女「………」

そう言った彼女は、やはり元気が無いように見える…

女「ん。そっか…」

友「……うん…」

女「………」

友「………」

833 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/05/09(日) 13:58:57.78 ID:FhsUCbW3O [6/44]
女「で、納得すると思ったかぁ~~w」コチョコチョ

友「ひゃっ!や、止め!!あははw」

女「い~や、止めん!!」コショコショ コチョコチョ ツンツン

友「ひっ!ダメェ!わ、脇は弱いにょ!!うひぃ~www」

通行人「まぁ、最近の若い子ったら…道の真ん中で……羨ましいわ!私もあんなイケメンにお股をツンツンコショコショされたい!!」

女「………ゴホン あ~、友ちゃん!図書館行くんだっけ!早く行こ!」グイッ

友「うひ?……あ」

834 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/05/09(日) 14:10:52.53 ID:FhsUCbW3O [7/44]
女「いや~、けど、ちょっと調子に乗りすぎたかなw」

友「うぅ……女君たら……酷い……」

女「いや、やっぱり元気ないみたいだからwどうしたら元気出るかとw」

友「だ、だからってくすぐるのは卑怯です!」

女「ごめんねwでも、何で元気無かったの?悩み事なら相談乗るよ?」

友「や…別にたいしたことない……」

女「ん~、そうは見えないから聞いてるんだし!俺達友達だろ?心配にもなるじゃん」

友「……友…達…」

835 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/05/09(日) 14:20:50.55 ID:FhsUCbW3O [8/44]
女「そそ。あ、ここじゃ話しづらいなら、そうだな……あそこの公園でも行こうか!誰もいなくてゆっくり話せるよ!」

友「う、うん……」

女「で?どうしたの?」

友「あの……ね」

友「今日、妹ちゃんと、そのお友達の妹友ちゃんと、委員長と私で集まってランチしてたんだけど…」

女「へぇ!」

友「その中でさ、何だか私だけ仲間外れで……」

女「ちょっと待て!!皆で集まっといて、友ちゃん仲間外れにされたのか!!??」

836 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/05/09(日) 14:28:52.99 ID:FhsUCbW3O [9/44]
友「あ……ち、違うの!!」

女「違う?」

友「会話に……私だけ入れなくて……それで……疎外感…て言うのかな?」

友「ほ、ほら!私って、今は女君のおかげで……クラスに馴染めてるけど……こうやって集まったりできる友達ってさ…委員長さんや妹ちゃんくらいしか…いなくて…」

女「なるほど……で、また一人ぼっちになっちゃったみたいで落ち込んでた……と」

友「うん……そんなとこ……」

837 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/05/09(日) 14:32:31.63 ID:FhsUCbW3O [10/44]
女「はぁ~………それにしても……ショックだ……」

友「え?」

女「友ちゃんにとって、俺は友達じゃないのか……俺にとっては、友ちゃんは一番最初にできた大切な友達なのに……」

友「え!あ、ち、違うよ!!女君も大切な友…達……だよ!」

女「よし!なら、今から二人で遊びに行こう!!」

友「え?!」

838 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/05/09(日) 14:35:37.11 ID:FhsUCbW3O [11/44]
女「友ちゃん、どこ行きたい?カラオケ?ボーリング?」

友「え?え??」

女「あ……もしかして……大人の遊び?と、友ちゃんがどうしてもって言うなら……お、俺は…いいけど……///」モジモジ

友「えぇーー!!///」

女「まぁ、冗談はいいとして、カラオケ行こうか!」

友「……う、うん!!」

839 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/05/09(日) 14:41:11.85 ID:FhsUCbW3O [12/44]
女「いや~、久しぶりに歌ったw」

友「私も……」

女「ここさ、前は二人きりじゃなかったけど、初めて友ちゃんや皆で遊んだ場所だよね!」

友「う、うん……女君……覚えて…たんだ」

女「大切な場所ですからwじゃあ次!どこ行こうか!!」

友「え?!もう夜だよ?!帰らないと……」

840 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/05/09(日) 14:42:32.17 ID:FhsUCbW3O [13/44]
女「まだまだこれからじゃん!それに、さっき友ちゃんちに電話したら、泊まりOKしてくれたし!!」

友「えぇ!!い、いつの間に?!」

女「ま、電話したのは妹ちゃんだけどねwなんか、妹ちゃんや委員長も元気ないの気にしてたみたいだよ!」

友「そっ……か……」

女「で、友ちゃんが元気になるように、しっかり遊んでやれってw」

友「そうなんだ……」

女「じゃあ、次どこ行く?」

友「なら………わ、私!…行きたいとこ、ある!!」

女「おっ!じゃあそこ行こ!」

841 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/05/09(日) 14:46:09.00 ID:FhsUCbW3O [14/44]
女「えっと、友ちゃん?」

友「な、な……に?」

女「行きたいとこって……ここ?」

友「う……うん」

女「でも、ここって…ラブホ……」

友「うん……と、とにかく!ここにいても…恥ずかしいから……中…入ろ…?」

女「う、うん……」

842 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/05/09(日) 14:51:20.47 ID:FhsUCbW3O [15/44]
友「あ、あの……ご、ごめん…ね…急に…こんなとこ…」

女「い、いや……うん。ちょっと驚いたけど……でも、どうして?」

友「あ、あのね……さっきの話し……だけど…」

女「さっき?」

友「ほら…ランチしたって話し……」

女「あ、ああ」

友「その話しの内容ってのがね……その……」

女「ん?」

友「そ、その……み、皆の……その……」

女「皆の?」

友「は、はつ………初体験の話しで!///」

女「は、はい?!」

843 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/05/09(日) 14:55:26.07 ID:FhsUCbW3O [16/44]
友「な、なんか……皆は最近済ませたみたいで……」

女「は…はは……」

友「何回したとか……大きさが……とか///」

女「そ、そうです……か……」

友「す、好きな人とする……エ、エッチは……最高…だとか…///」

女「へ、へぇー……」

友「い、妹ちゃんなんか、妹友ちゃんと一緒に…した……とか」

女「あ……あ~……」

友「委員長さんなんか、花火見ながらして……その後は彼の部屋で朝まで……とか」

女「だ、だね~………」

846 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/05/09(日) 15:05:43.67 ID:FhsUCbW3O [17/44]
友「で……ね……わ、私は……まだ……で」

女「……う、うん」

友「み、皆みたいに……凄いシチュエーションは……無理でも…」

女「………」

友「せ、せめて!す、好きな人と!!は、初体験……できたら……なって……」

女「そ、それって……」

友「わ、私は……女君の事が………好き……です///」

女「友ちゃん………」

847 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/05/09(日) 15:09:26.22 ID:FhsUCbW3O [18/44]
友「め、迷惑なのは分かってます!だ、だから返事はいりません!!」

友「けど、そ、そのかわり!一度だけで…いいから……」

友「私と……一度だけ!!」

女「………」

女「……ごめん、無理」

友「え……」

848 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/05/09(日) 15:14:54.51 ID:FhsUCbW3O [19/44]
友「な、何で…?」

友「ほ、本当に迷惑かけないから!」

女「いや、迷惑とかじゃなくて……」

友「お、女の子のほうから…誘ったのが…いけなかった…?」

女「そうじゃなくてさ!」

友「………?」

女「う~ん、最低かもしれないけど、俺、友ちゃんみたいな可愛い子と一度だけの関係って……嫌だなって」

友「え?え??それって……」

849 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/05/09(日) 15:23:24.06 ID:FhsUCbW3O [20/44]
女「友ちゃんとエッチするのが嫌なんじゃなくて、一度と言わずに、何度でもしたいなってw」

友「え………」

女「その条件でいいなら、愛し合おう!」

友「え…?愛し……」

女「ま、まぁ、俺も友ちゃんの事が大好きって事だ!」

友「女君!!」ガバッ ギュウッ

女「うわっと!!」

女「友ちゃん……友ちゃんの初めて……俺にちょうだい?」

友「は、はい……貰って下さい…///」

850 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/05/09(日) 15:29:23.10 ID:FhsUCbW3O [21/44]
女「友ちゃん……」チュッ

友「女君……んっ」

女「チュッ……レロ……」

友「んっ……ふぅ……」

女「んっ……チュッチュッ……」

友「ん……んん!」

女「チュッ…ふぅ……裸に…なろうか…」

友「……は、はい」

851 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/05/09(日) 15:33:19.49 ID:FhsUCbW3O [22/44]
女「友ちゃん……綺麗だね……」

友「やぁ…///あ、あんまり…見ないで……///」

女「色白で……オッパイも程よい大きさで……」ペロッ

友「や!!く、くすぐったい……」

女「すぐに気持ち良くなるよ…」チュパッ ペロッ モミモミ コリコリ

友「ふぁ…!舐め!!くぅっ!!あん!」

女(友ちゃんが……感じてる……下は……?サワッ ニュチャッ…凄い……洪水…)

友「いや…!そ、そこは……」

853 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/05/09(日) 15:45:19.20 ID:FhsUCbW3O [23/44]
女「気持ち……いいんだね…?」

友「はい……///」

女「嬉しいよ……ねぇ、もう…入れていい?」

友「え……」

女「本当は、もっとイロイロしたいけど……早く一つになりたくて……」

友「うん……私も……」

女「ごめんね……」

友「謝らないで……私は…私も、嬉しいんだから…」

854 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/05/09(日) 16:02:56.69 ID:FhsUCbW3O [24/44]
女「入れるよ……」ピタッ ニチャニチャ

友「んっ!……いいよ…入れて……」

女「くっ………」ズブブブ

友「ふっ!!んくっ!!」

女「もう…少し……」ヌプププ

友「あひぃっ!!」

女「痛い?」

友「す、少し……でも、今は痛みより…一つになれた喜びのが強くて……嬉しくて…」

女「ん……よかった……動くけど……痛かったら言うんだよ?」

友「うん……大丈夫」

855 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/05/09(日) 16:10:01.69 ID:FhsUCbW3O [25/44]
女「さ、さすがに……キツイ……」パンパン

友「んっ…つっ!んん!!」

女「気持ち……いい…」

友「くっ……ほん……と…?」

女「うん」

友「ふふ……嬉しい…んはっ!もっと……気持ちよく……なって……」

女「じゃあ、もう少し早く動くよ…」

友「うん……あっ…あん……んっ……もっと……もっとぉ……」

856 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/05/09(日) 16:10:51.62 ID:FhsUCbW3O [26/44]
女「で、でも……気持ち良すぎて…もうイキそうなんだけど……」

友「いいよ……好きな時に……好きなだけ……してくれて……」

女「じゃあ……」

友「んぁ!!あ……ぁん!は、はげ……し…んはぁ!!」

女「あ……と、友…ちゃん……もう……」

友「ふぁ……な、何……これ……?!な、何か……くる……」

女「友ちゃん!友ちゃん!!イ、クゥゥッ!!!」

友「わ、私……も!!い、いやぁぁぁああ!!!」

857 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/05/09(日) 16:14:36.53 ID:FhsUCbW3O [27/44]
女「ハァ…ハァ……」

友「えへへ…あれが…イクって……事なの…かな///」

女「うん」

友「嬉しい……女君と一緒に……何度もイケて!」

女「俺も…」

友「でも……私、分かっちゃった……」

女「なにが?」

友「妹ちゃんや妹友ちゃん、委員長さんの初めての相手って……女君でしょ?」

女「え……そ、それは……ご、ごめん」

友「いいよw皆、女君の事大好きだもんね!」

858 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/05/09(日) 16:16:40.80 ID:FhsUCbW3O [28/44]
女「で、でも!今日、友ちゃんとして、確信した!!俺、友ちゃんの事が、す……」

友「ダメ!!それ以上言わないで?」

女「な、何で?!」

友「ダメなの……私、決めたの!」

女「何を?」

友「私は……女君のものなの…」

女「俺だって……」

友「けどね、女君は……皆のものなの……だから、私一人が独占しちゃダメなの……」

女「な、何言って!?」

859 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/05/09(日) 16:18:11.14 ID:FhsUCbW3O [29/44]
友「ね、お願い…約束」

女「約束?」

友「二人の時は、恋人同士ね!けど、それ以外では友達……」

女「そんな……」

友「じゃないと、私はもう女君の前に現れない……」

女「な?!………わ、分かった」

友「ありがとう!じゃあ、まだ朝までには時間あるし……いっぱい愛し合おう!」

875 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/05/09(日) 21:39:57.82 ID:FhsUCbW3O [32/44]
女「はぁ~……」

妹「どうしたの、お兄ちゃん?溜まっちゃった?抜いてあげようか?」

女「ちちち、違う!!」

妹「じゃあ、どうしたの?」

女「あ、あのさ、妹ちゃん…お願いがあるんだけど……」

妹「お願い?なぁに?」

女「皆を呼び集めてくれない?」

妹「皆?」

女「妹友ちゃんに、委員長に、友ちゃん」

妹「いいけど……」

女「じゃ、お願いね!!」

妹「何なんだろ?」

876 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/05/09(日) 21:49:38.16 ID:FhsUCbW3O [33/44]
妹友「こんにちは~」

妹「あ、妹友ちゃんいらっしゃい!」

委員長「こんにちは~」

友「こ、こんにちは……」

妹「あ、委員長先輩に友先輩も!いらっしゃい!!」

委員長「今日はどうしたの??」

妹「うん、何かお兄ちゃんが呼んでくれって……」

妹友「女先輩が?!な、何だろ!!」ドキドキ

友「………」

妹「とりあえず、お兄ちゃんの部屋に行こ」

877 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/05/09(日) 21:58:31.71 ID:FhsUCbW3O [34/44]
女「え~、お集まりの皆様!こんにちは!」

一同「こんにちは~!」

女「え~、本日はお日がらも良く!」

妹「そんなのはいいからさ、何なの?いったい」

女「いや、えっと……その……」

妹友「どうしたんですか、女先輩?」

女「ですから……あの……」

委員長「委員長として、言いたい事はちゃんと言った方がいいと思うわ!」

女「ですから……その……」

友「………女君」

女「あぁ!!もう!!ごめんなさい!!!」ドゲザーッ

一同「へ?」

878 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/05/09(日) 22:08:15.36 ID:FhsUCbW3O [35/44]
女「白状します!!俺は、こちらにお集まりの皆様全員の処女を奪いました!!」

一同「………で?」

女「え…?いや、だから、本当ごめんなさい!」

一同「……いや、だから?」

女「は?だ、だから??」

妹「そんな事……とっくに皆知ってるけど…?」

妹友「です……」

女「へ?」

妹「ね、委員長先輩に友先輩?」

友・委員長「う、うん……」

女「えぇ~~~!!」

880 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/05/09(日) 22:12:38.15 ID:FhsUCbW3O [36/44]
女「な、何で知ってるの?!」

妹「あまり、女の子の情報網を舐めてもらっちゃ困るわね!」

妹友「ですw」

委員長「ま、まぁ、委員長として、それは言えませんわ」

友「……えっと、あの……ごめんなさい」

女「へ?」

881 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/05/09(日) 22:16:18.42 ID:FhsUCbW3O [37/44]
妹「まぁ、いっか!種明かしはね……」

女「う、うん……」

委員長「この前、この4人でランチしたってのは聞いてるわよね?」

女「あ、ああ…」

妹友「まぁ、その時のガールズトークで、自分の初体験の話しになって……」

女「聞いてる……」

友「で……その……あの…ごめんなさい」

女「いや、ごめんなさいじゃわからない……」

883 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/05/09(日) 22:18:59.09 ID:FhsUCbW3O [38/44]
妹「まぁ、初体験の話しついでに、その相手の話しにもなったのよ」

女「え……?」

委員長「で、私や妹ちゃんや妹友ちゃんの相手は女君て分かって」

女「う、うん……」

妹友「それで、話しも盛り上がってたんだけど……」

女「うん………」

友「……ごめんなさい」

884 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/05/09(日) 22:20:10.57 ID:FhsUCbW3O [39/44]
妹「その中で、友先輩だけ、まだでさ……」

女「………」

委員長「委員長として、仲間外れはいけないと思ったのよ!」

女「も、もしかして……」

妹友「で、一計を案じて、友先輩も女先輩の事が大好きみたいだし……」

女「ま、まさか……じゃあ、あれは……仕組まれた……?」

友「………ごめんなさい」

女「何ですとぉぉぉぉ!!!」

885 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/05/09(日) 22:22:32.10 ID:FhsUCbW3O [40/44]
女「じゃ、じゃあなに?!俺は、皆の計画にまんまと乗せられたって事?!」

妹「まぁ、早い話しがそうだけど、誤解しないでね?」

女「誤解?!」

委員長「委員長として断言するわ!私達は、皆一人一人が、本当に女君を好き……と言うか愛してるわ!」

女「ま…まぁ……うん」

妹友「で、女先輩も私達の事を愛してくれてるでしょ?」

女「う……そ、そうだけど……」

友「だから……誰かが女君を独占して……醜い争いをするよりも……皆で……シェアしよう……て」

女「えぇぇぇ!!!!」

886 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/05/09(日) 22:23:32.12 ID:FhsUCbW3O [41/44]
友「だから……あの日……私は言ったよね……?」

女「た……確かに………」

妹「まぁ、そういう訳だからさ、お兄ちゃん♪」

女「いや、どういう訳…?」

妹友「私達は女先輩だけのもの……」

女「へ?」

友「女君は私達のもの……」

女「ええ?!」

委員長「そういう訳よ!これは、委員長命令です!!あなたに拒否する権利はありませんわ!!」

女「そんな横暴な!!」

887 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/05/09(日) 22:24:55.05 ID:FhsUCbW3O [42/44]
妹「なんだ、凄い深刻な顔してたから、もっと大事な話しがあるかとおもったら」

女「い、いや、十分大切な話しだよね?!」

委員長「本当です!ちょっとひょうしぬけです!!」

女「そんな事ないでしょ?!俺としては、かなりな覚悟してたんだよ?!」

妹友「てか、こうして皆集まったんだし……これから5人で楽しみません?なんか、私、複数プレイが病み付きになっちゃってw」

女「え?!」

友「……さ、賛成…」

女「と、友ちゃん?!」

委員長「そうね、委員長として、一度くらいは複数プレイをしてみないといけないし!」

女「それ委員長関係なくない?!」

888 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/05/09(日) 22:30:19.71 ID:FhsUCbW3O [43/44]
妹「私もOKですし、じゃ、決定ですね!!」

女「ま、待って?!」

妹「私、オチンポ1番~!!」ガバッ

委員長「ず、ずるいですわよ!!じゃあ、私2番!!それまでは、口でして貰お!」

妹友「あ、あ…出遅れた!!じゃ、私3番!!それまでは右手でして貰お!」

友「え……じ、じゃあ……私……4番で…それまでは……左手で……」

女「待って待っ……むぐぅ!!」

妹「あぁ……お兄ちゃんのオチンポ……久しぶり……」ズニュニュ

委員長「ん……女君……もっと舌使ってぇ……んふぅ」

友・妹友「ふぁ……女君(先輩)の指……気持ち……いい……もっと…掻き回してぇ!!」

女「むーーがぁーーー!!!」

~~fin~~

女「こういうシチュもいいわね……って、こんな事思うなんて…もしかして、私……性格や考え方が……」

女「男になってる…?」

890 名前:自転車 ◆x1uhMp/0TmMS [sage] 投稿日:2010/05/09(日) 22:33:29.12 ID:FhsUCbW3O [44/44]
以上で終了です!!ここまでお付き合いくださり、ありがとうございました!!

今まで、読んでいただいた方達、支援・保守・ご意見をいただいた方達に、感謝です!!

また、どこかのスレで上の鳥を見かけましたら、支援などをしてやって下さい!!

皆様、本当にありがとうございました!!

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。