FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

唯「あまがみ!」

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/11(木) 17:19:26.87 ID:/3e7Hecb0
放課後

梓「こんにち…」
梓「(あれ?珍しい…唯先輩しか来てない)」
梓「(…まだ私には気づいてないみたい…)」
梓「……」
梓「(ち、ちょっとイタズラしてみようかな…)」


未完です

2 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/11(木) 17:21:49.39 ID:/3e7Hecb0
梓「(背後からそっと近づいて…)」
梓「(肩を…)」トントン
唯「ふぇっ!?」クルッ

プニッ

唯「うひゃぁ!?」
梓「(ひ、ひっかかった!)」
梓「(肩をトントンして振り向き様に指でほっぺたプニッ!にひっかかった!)」



3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/11(木) 17:24:05.74 ID:/3e7Hecb0
唯「あ、あずにゃん~?」
梓「唯先輩可愛すぎです///」
唯「えっ?えぇ?」
梓「こんなのにひっかかってくれるなんて///」
唯「…!だ、だって!今のは不意打ちだし!誰だってひっかかるよぉ~!」
梓「そして何より反応が…もう///」
唯「はぅ…」
梓「(唯先輩は可愛いなぁ!)」

5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/11(木) 17:27:13.79 ID:/3e7Hecb0
翌日
放課後

梓「こんにち…」
梓「(あれ?また唯先輩だけだ)」
梓「(そしてまだ私には気づいてない…)」
梓「……」
梓「(こ、これは昨日の快感がもう一度…)」



6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/11(木) 17:29:32.55 ID:/3e7Hecb0
梓「(背後からそっと近づいて…)」
梓「(肩を…)」トントン

クルッ!パクッ!

梓「にゃ!?」



7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/11(木) 17:32:26.85 ID:/3e7Hecb0
唯「ふぇふぇふぇ~」
梓「(ゆゆゆゆゆ唯先輩が私の指をパクッ!って!?)」
唯「どうらぁ~まいったかぁ~?」
梓「(食べられてる!食べられてるよぉ!?)」
唯「にどもおなじてにひっかからないんだからぁ~」
梓「(あったかい!唯先輩の口の中あったかい!!)」



11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/11(木) 17:35:19.97 ID:/3e7Hecb0
唯「…あずにゃん?」
梓「あっ!あっと…その…ま…まいったです…」
唯「えへへ~」
梓「(あっ…離れちゃった…)」
唯「昨日のお返しだよ~」
梓「……」
梓「(まだ感覚が残ってる…)」
梓「(ってそうじゃなくて!)」


13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/11(木) 17:38:16.07 ID:/3e7Hecb0
梓「イ、イタズラしようとした私が悪いにしてもいきなり噛むだなんて酷いです
!」
唯「えっ?なんで酷いの?」
梓「な、なんでって…」
唯「…もしかしてあずにゃん知らないのぉ!?」
梓「ふぇっ?」


14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/11(木) 17:41:19.33 ID:/3e7Hecb0
唯「今のはアマガミって言って愛情表現の一種なんだよ!」
梓「ア、アマガミ?」
唯「うん!ガブッ!じゃなくてパクッ!痛くなかったでしょ?」
梓「は、はい…」
唯「愛情表現だよ~///」
梓「(アマガミ…)」
梓「(あ、愛情表現…///)」
梓「(唯先輩は可愛いなぁ!!)」


15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/11(木) 17:43:41.86 ID:/3e7Hecb0
梓「(そういえば)」
梓「(トントンしたのが私じゃなかったらどうなったんだろう…)」
梓「(唯先輩迷い無かったよね…)」
梓「(ていうか他の皆さんが全く姿をあらわさない…)」


17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/11(木) 17:47:04.19 ID:/3e7Hecb0
翌日
放課後

梓「こんにち…」
梓「(当たり前のようにまた唯先輩だけだ…)」
梓「(そして私には気づいてない…と)」
梓「……」
梓「(実は私へのドッキリ!?)」


18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/11(木) 17:50:25.54 ID:/3e7Hecb0
梓「(冗談はさておき…どうしよう)」
梓「……」
梓「(ま、またアマガミされても良いかな…///)」
梓「……」
梓「(はぅっ!?)」
梓「(こ、これじゃ変態みたい!)」


19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/11(木) 17:54:43.96 ID:/3e7Hecb0
梓「(で、でも…唯先輩はアマガミを愛情表現って言ってたし…)」
梓「(そ、そうだよ!愛情表現だよ!)」
梓「(先輩と後輩の親睦を深める為の儀式感覚で考えれば良いんだ!)」
梓「(よし…)」


20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/11(木) 17:57:20.16 ID:/3e7Hecb0
梓「(背後からそっと近づいて…)」
梓「(肩を…)」トントン

クルッ!パクッ!

梓「(はあぁぁん///)」



24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/11(木) 18:00:20.08 ID:/3e7Hecb0
唯「ふぇふぇふぇ~」
梓「(んっあぁぁ///)」
唯「どうらぁ~まいったかぁ~?」
梓「(ふわっ///ふわっ///)」
唯「…あずにゃん?」



27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/11(木) 18:05:00.27 ID:/3e7Hecb0
唯「……」カミカミ
梓「……」ビクンビクン
唯「……」チュパチュパ
梓「ふにゃあ!?」ビックン
梓「(しゃしゃしゃしゃぶられてる!? )」
唯「あ~やっと反応してくれたよぉ~」
梓「(あっ…離れちゃった…)」


29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/11(木) 18:09:09.79 ID:/3e7Hecb0
唯「あずにゃん何にも反応してくれないから心配になっちゃったよぉ~」
梓「あっ…えっと…その…」
梓「(心の声は大変なことになってましたが…)」
唯「怒っちゃったのかと思っちゃったよぉ」
梓「い、いやイタズラしようとしたのは私ですし私が怒る筋合いは…」
唯「あ~それもそうだね…ってあれ?」
唯「じゃあ私が怒らなきゃじゃん!」
唯「もぉ~!!!」プックー
梓「(唯先輩は可愛いなぁ!!!)」



34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/11(木) 18:14:31.33 ID:/3e7Hecb0
梓「と、ところで唯先輩…?」
唯「ん?なぁに?」
梓「その…指をチュパチュパって…」
唯「あっ…その…ね」
梓「……」
唯「お、美味しかったよ///」
梓「」


35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/11(木) 18:18:26.21 ID:/3e7Hecb0
 1.唯先輩は可愛いなぁ!
 2.唯先輩は可愛いなぁ!!
→3.唯先輩は可愛いなぁ!!!

梓「唯先輩は可愛いなぁ!!!」
唯「ふえっ!?」


36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/11(木) 18:22:22.06 ID:/3e7Hecb0
唯「あず…にゃん?」
梓「…はっ!?つい心の声が…」
唯「……」
梓「あっ、あのっ!そのっ!」
唯「嬉しい…」
梓「…えっ?」
唯「あずにゃんにそんな風に言ってもらえるなんて私嬉しいよ!」
梓「えっ?えっ!?」


37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/11(木) 18:26:03.29 ID:/3e7Hecb0
唯「私もあずにゃんのこと可愛いって思ってるから…」
梓「ゆ、唯先輩…」
唯「他の誰よりも可愛いって思ってるよ!」
唯「私、あずにゃんのことが今一番大好きなの///」
梓「!!」


38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/11(木) 18:31:14.44 ID:/3e7Hecb0
唯「そんなあずにゃんに可愛いだなんて言われたら私…///」
梓「(ゆ、唯先輩が私のことを…)」
唯「ねぇ…あずにゃん?」
梓「は、はいっ!?」
唯「ちゅー…して?」
梓「!?」


40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/11(木) 18:35:01.53 ID:/3e7Hecb0
唯「ねっ…?お願い…」
梓「(そ、そんないきなり…)」
梓「(で、でも…私だって唯先輩が…)」
梓「(唯先輩が…)」
梓「……」
梓「…唯先輩」

チュッ

唯「あ…」
唯「……」
梓「(私だって唯先輩のことが好きです…)」


41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/11(木) 18:39:05.85 ID:/3e7Hecb0
唯「……」
梓「…えっと」
唯「良いちゅーだったね…///」
梓「はぅ…///」
梓「(唯先輩とキス…しちゃったんだ…///)」
唯「(あずにゃんとちゅーしちゃった///)」
唯「(あずにゃんってば顔を真っ赤にしちゃって…可愛…)」
唯「……」
唯「(あ、あれ!?)」

42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/11(木) 18:42:10.35 ID:/3e7Hecb0
梓「…?唯先輩?どうかしましたか?」
唯「あっ…えっと…ね…」
唯「(興奮し過ぎたのかな…?)」
唯「(あずにゃん鼻血出してる!)」
梓「?」


43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/11(木) 18:47:57.78 ID:/3e7Hecb0
唯「(こ、ここはムードを壊さず…尚且つあずにゃんのプライドを守る為にさりげ
なく鼻血のことを伝えてあげるべきだよね…)」
梓「…唯先輩?私の顔をじっと見てどうしたんですか?」
唯「あっ…そのね…」
梓「…そんなに見つめられると照れちゃいます…///」
唯「…///ってそうじゃなくて!」
梓「あっ!もしかしてもっとしたいんですか…?///」
唯「えっ!?」



44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/11(木) 18:51:00.11 ID:/3e7Hecb0
梓「で、でもダメですよ!たくさんし過ぎると有り難みが無くなります!」
唯「ダ…ダメなんだ…残念…じゃなくて!」
唯「あのぅ」
梓「フフッ///」
唯「(いや微笑みかけられても…)」


46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/11(木) 18:56:14.06 ID:/3e7Hecb0
唯「(なるべくあずにゃんを刺激しないように…)」
唯「あのね、あずにゃん…」
梓「はい///」
唯「その…さっきからね…あずにゃんの可愛いお鼻から…」
梓「鼻?」
梓「……」
梓「!?」
唯「あはは…気づいてくれたみたいだね…」


47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/11(木) 19:00:34.25 ID:/3e7Hecb0
梓「ど、どうしてもっと早く言ってくれないですかっ!?」
唯「だって…あずにゃんが…」
梓「だってもヘチマもないです!」
唯「なんで私が怒られるのぉ~…」



48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/11(木) 19:05:56.92 ID:/3e7Hecb0
……一方その頃

?「(…どうして?どうしてなの?」
?「(あんな後輩の子と親しげにして……すごく良い雰囲気になったりして…)」
?「(中野…梓…)」
?「(絶対に騙してるんだ!平沢さん優しいからそこにつけこんで…)」


50 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/11(木) 19:10:11.53 ID:/3e7Hecb0
?「(このままほっといたら…バレンタインは二人で過ごすとか言い出しちゃいそ
うだよ…)」
?「(…そんなのダメ!)
?「(何か手を打たないと…)」


52 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/11(木) 19:15:01.89 ID:/3e7Hecb0
翌日
休み時間

?「(許せないよ…)」
?「(部室で…あんなっ!あんな真似しちゃって…)」
?「(学校を何だと思ってるの…)
?「(あたしの…あたしの平沢さんなのに!)」



53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/11(木) 19:19:27.39 ID:/3e7Hecb0
?「(もう…限界…)」
?「(今ならまだ諦めてもらえるはず…)」
?「(間に合うはずだよね…)
?「(…よし!行こう!)


54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/11(木) 19:22:38.77 ID:/3e7Hecb0
?「(えーっと…あの子の教室は…)
?「(あっ、いたいた)」
?「(よし!それじゃあ教室に入る前に早速…)」
?「ねぇ…あの」
梓「えっ?」


58 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/11(木) 19:48:40.07 ID:/3e7Hecb0
?「ごめんね…急に呼び止めたりして」
梓「い、いえ…あの私に何か?」
?「う、うん…今、時間良いかな?」
?「見てもらいたい物があるの」
梓「見てもらいたい物?」


59 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/11(木) 19:53:39.32 ID:/3e7Hecb0
?「うん…この写真なんだけどね…」
梓「写真…えっ!?」
梓「これって唯先輩じゃ…」
梓「(澪先輩とキスしてる…)」
梓「……」
?「……」



60 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/11(木) 19:56:58.64 ID:/3e7Hecb0
梓「…あの、どうしてこの写真を私に?」
?「その…最近よく一緒にいるのを見かけたから…」
?「もしかしたら…平沢さんのこと好きなのかなって…」
梓「……」
?「でも…平沢さんは同じ部活の秋山さんともう…」
梓「……」



61 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/11(木) 20:02:13.56 ID:/3e7Hecb0
?「ごめんなさい…余計なことだった?」
梓「確かに仲は良いけど…恋愛感情があるわけじゃないです」
?「えっ?」
梓「私のことは気にしないで他の人に見せてあげてください!」
梓「唯先輩も澪先輩も結構人気あるんですよ!」
梓「それじゃあ失礼します!」
?「あっ…ちょ、ちょっと…」


62 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/11(木) 20:05:58.63 ID:/3e7Hecb0
?「(全然気にしてなかったみたい…)」
?「(あたし余計なことしちゃったのかな…)」

ゴツン!

梓「あいたっ!」
?「……」

?「(教室のドアに足をぶつけるなんて慌ててるってことだよね…)」
?「(やっぱり好きだったんだ…)」
?「(…ごめんね)」
?「(しかしホント我ながら良く出来た写真だよね)
?「(騙されても仕方ないよね)」



63 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/11(木) 20:08:56.67 ID:/3e7Hecb0
ゴツン!

梓「あいたっ!」
梓「(はぁ…まいったな…)
梓「(凄い動揺してる…)
梓「(唯先輩と澪先輩が…)」
梓「(そう…だよね…)」
梓「(お似合いだもん…)」

64 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/11(木) 20:12:00.58 ID:/3e7Hecb0
梓「(み、澪先輩なら唯先輩のことを大事にしてくれるよね!)」
梓「(だから私はスッパリ諦めれば…)」
―――――――――
唯「他の誰よりも可愛いって思ってるよ!」
唯「私、あずにゃんのことが今一番大好きなの///」
―――――――――
梓「……」
梓「……ぅ……あ、あ」
梓「あ……う……っ、うぁぁぁっ……」


65 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/11(木) 20:15:33.53 ID:/3e7Hecb0
梓「(でも、私…)」
梓「(先輩……)」
梓「(苦しいです……)」
梓「(先輩……)」
梓「(もう…部活には行きたくないよ…)」

67 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/11(木) 20:18:56.74 ID:/3e7Hecb0
憂「あ、梓ちゃん大丈夫!?」
梓「…えっ!?」
憂「ぶつけたところそんなに痛かった?」
梓「そ、そんなことないよ!」
憂「だって泣いてるから…」
梓「ホ、ホントに大丈夫!エヘへ…」
憂「……」


68 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/11(木) 20:22:38.49 ID:/3e7Hecb0
憂「ねぇ梓ちゃん…何かあった?」
梓「えっ!?」
憂「あったんだ…」
梓「はぅっ…」
梓「(憂には敵わないなぁ…)」
梓「(…そういえば憂は唯先輩と澪先輩の関係のことについて知ってるのかな?)



69 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/11(木) 20:24:17.02 ID:/3e7Hecb0
梓「(唯先輩のことだから憂には真っ先に報告しそうだよね)」
梓「(でも…私には…)」
梓「……」
梓「うぅぅっ…」
憂「あぁっ!泣かないで梓ちゃん!」

70 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/11(木) 20:28:28.20 ID:/3e7Hecb0
梓「ご、ごめん…」
憂「…ねぇ、梓ちゃん?」
梓「え?」
憂「私、頼りないけど話を聞くぐらいなら出来るから…」
梓「憂…」
憂「ねっ?」ニコッ
梓「(…憂、ありがとう…)」
梓「(憂には話そう…私の想いも含めて全部…)
梓「憂!あ、あのね…」



71 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/11(木) 20:31:20.19 ID:/3e7Hecb0
梓「…かくかくしかじかってことなの」
憂「……」
梓「…憂?」
憂「お姉ちゃんが…?」
憂「私、何も聞いてないよ…」
憂「……」
憂「うぅぅっ…」
梓「あぁっ!泣かないで憂!」



72 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/11(木) 20:35:35.78 ID:/3e7Hecb0
憂「ご、ごめんね…」
梓「ううん!大丈夫…」
梓「(憂も唯先輩と澪先輩の件、知らなかったんだ…)」
憂「えっと…それじゃ何から話そうか…」
憂「その写真を持ってきた人ってどんな人だったの?」


73 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/11(木) 20:38:25.16 ID:/3e7Hecb0
梓「あ、えっとね…」
憂「うん」
梓「髪は茶髪のロングヘアーで体型はスレンダーで顔は可愛い人だったよ」
憂「お姉ちゃんをロングヘアーにした感じか…」
梓「えっ」
憂「えっ」



74 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/11(木) 20:40:21.73 ID:/3e7Hecb0
梓「…どちらかと言うと雰囲気は澪先輩に近いかな…」
憂「なんだ…そうなんだ…」
梓「(…ちょっとテンション下がってる)」
憂「それで…その人の名前は?」
梓「えっと…あれ?」
梓「そういえば…名前聞いてないや…」
憂「えっ」




75 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/11(木) 20:58:56.17 ID:/3e7Hecb0
憂「名前聞いてないの?」
梓「う、うん…そういえば聞いてなかったし向こうも名乗ってなかったな…」
憂「それ絶対怪しいよ!そんな一方的なの信用出来ない!」
梓「だ、だけど…写真だってあったし…」
憂「…写真、本物じゃないかもしれないよ?」
梓「えっ?」



76 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/11(木) 21:03:23.38 ID:/3e7Hecb0
憂「考えてみたらわざわざ梓ちゃんに見せに来るなんてなんか不自然だし…」
梓「で、でも…」
憂「…梓ちゃんお姉ちゃんのことが好きなんでしょ?」
梓「えっ?う…うん…」
憂「だったら簡単に諦めないで?それともこれで諦めがつく程度の想いだった?

梓「…!」


79 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/11(木) 21:17:31.33 ID:/3e7Hecb0
憂「どちらを選ぶにしても自分の気持ちに嘘はつかないで?」
梓「あの…憂」
憂「ん?」
梓「…ありがとう」
憂「えへへ…いいよ…友達じゃない」
梓「うん…ありがとう」
憂「あっ、授業始まるよ!またね!」
梓「う、うん!」


80 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/11(木) 21:21:17.45 ID:/3e7Hecb0
梓「(自分の気持ちに嘘をつかないか…)」
梓「(でも事実だったとしたら私は…)」
梓「(…やっぱり怖い)」
梓「(…唯先輩)」
梓「(私のことをどう思ってるんですか…?)」
梓「(…やっぱり今日は部活行けないや…)」



81 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/11(木) 21:26:58.20 ID:/3e7Hecb0
憂「(自分の気持ちに嘘をつかないか…)」
憂「(全く…どの口が言ってるんだか…)」
憂「(しかし本当に誰なんだろう?)」
憂「(先輩ってことはお姉ちゃんの知り合い?)」
憂「(帰ったらそれとなく聞いてみよう)」



82 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/11(木) 21:33:22.50 ID:/3e7Hecb0


唯「うぃ~」
憂「ん?なぁにお姉ちゃん?」
唯「あのね、今日ってあずにゃん学校来てたぁ?」
憂「え?」
唯「あずにゃん今日部活来なかったからさ…」
憂「(あぁ…部活行けなかったんだ…でも仕方ないか…)」


83 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/11(木) 21:37:19.22 ID:/3e7Hecb0
憂「あっ、えっと今日はお休みだったよ…風邪だって」
唯「あぁ~そうだったんだぁ~なんにも連絡無かったから心配だったんだよぉ」
憂「相当酷いみたいだよ…」
唯「そっかぁ…早く良くなるといいな」
憂「(そうだ…あのことを…)」


84 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/11(木) 21:41:19.19 ID:/3e7Hecb0
憂「ねぇお姉ちゃん?」
唯「ん?なぁに?」
憂「あのさ、お姉ちゃんの知り合いに茶髪でロングヘアーのスレンダーで可愛い
人っている?」
唯「さわちゃん?」
憂「ああ、なるほど…じゃなくて!」
憂「えっとね…お姉ちゃんと同じ学年にいないかな?」


85 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/11(木) 21:44:14.82 ID:/3e7Hecb0
唯「うーん…?澪ちゃんは黒髪だし…ムギちゃんはミルクティーだし…りっちゃ
んはショートだし…和ちゃんもメガネだよね…」
唯「でも、どうして?」
憂「あっ、え、えっとね…うちの学年で可愛って評判だからどんな人か気になっ
て…」
唯「そうなんだぁ~でもちょっとわからないなぁ」
憂「そっか…」
憂「(…お姉ちゃんの知り合いじゃないみたい)」
憂「(そうだ…もう一つ…)」



88 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/11(木) 21:48:29.61 ID:/3e7Hecb0
憂「ね、ねぇ…お姉ちゃん?」
唯「ん~?」
憂「お姉ちゃん…恋人とかって出来た…?」
唯「えっ?…えぇ!?いきなりどうしたの?」
憂「あ…いや、お姉ちゃんもそろそろ出来てもおかしくないかな…って」
唯「こ、恋人なんかいないよぉ~…強いて言うならギー汰が…」
憂「そ、そっか」
憂「(お姉ちゃんが嘘をつくとは思わない…)」



90 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/11(木) 21:53:43.71 ID:/3e7Hecb0
憂「そ、それじゃあもう一つだけ!」
唯「え?今日は質問攻めだなぁ~なぁに?」
憂「お姉ちゃん…好きな人いる?」
唯「ふぇっ?」
憂「あれだよ?恋愛感情アリで」
唯「えっと…恋愛…感情…」
憂「……」
唯「(凄い真剣な眼だ…)」
唯「…いるよ」
憂「……」


91 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/11(木) 21:57:21.00 ID:/3e7Hecb0
憂「…それは澪さん?」
唯「えっ!?み、澪ちゃん?」
憂「…うん」
唯「違うよ~澪ちゃんにはりっちゃんがいるもん~」
憂「そ、そっか」
憂「(やっぱり写真は偽物だったんだ!)」



93 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/11(木) 22:02:16.01 ID:/3e7Hecb0
唯「私の好きな人は…」
憂「ううん、もういいの」
唯「えっ?」
憂「色々答えてくれてありがと!今日はもう遅いからそろそろ寝よ!」
唯「う、うん…」
憂「それじゃあおやすみ!」
唯「おやすみ…」
唯「(なんか変な憂)」



95 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/11(木) 22:04:58.38 ID:/3e7Hecb0
憂「(写真は偽物だった…)」
憂「(じゃあ何の為に梓ちゃんに見せたの?)」
憂「(それにお姉ちゃんはその先輩のこと知らないみたい…)」
憂「(ただのファンなら部員の仲に亀裂が生じるような真似はしないよね…)」
憂「……」
憂「(お姉ちゃんのこと守らないと…)」

96 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/11(木) 22:10:29.23 ID:/3e7Hecb0
……一方その頃

?「(ふふふ…)」
?「(もうすぐバレンタイン…)」
?「(バレンタインは平沢さんと過ごしたいな…)」
?「(二人っきりで過ごすバレンタイン…)」
?「(きっと凄く素敵なんだろうな…)」

97 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/11(木) 22:16:03.12 ID:/3e7Hecb0
?「……」
?「(今、告白しないとバレンタインを過ごすチャンスは1年後になっちゃうのか…)」
?「(そんなの…もう我慢できない…)」
?「(それにあんまりのんびりしてると、いつ平沢さんにちょっかいかける子が現れるかわからないしね…)」
?「(そんなの許せない…)」

98 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/11(木) 22:20:35.38 ID:/3e7Hecb0
?「(……)」
?「(…うん、そうだよ…)」
?「(…告白…しよう…)」
?「(今までずっと伝えられなかったけど…)」
?「(でも、どうやって告白しよう…)」



100 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/11(木) 22:30:17.39 ID:/3e7Hecb0
?「(手紙…手紙なんかじゃダメ…)」
?「(直接…伝えないと…)」
?「(どこで?どこでなら誰にも邪魔されずに…)」
?「(そうだ!あの部屋にしよう!)」
?「(よし…そうと決まれば早速準備しないと…)」

101 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/11(木) 22:36:59.81 ID:/3e7Hecb0
翌日
休み時間

唯「(さてと…次の授業の準備をしないと…)」
唯「(…あれ?机の中に見慣れない封筒が入ってる)」
唯「(凄く可愛いデザイン…)」
唯「(とりあえず開けてみよう)」
唯「(えーと、なになに…)」

102 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/11(木) 22:44:45.77 ID:/3e7Hecb0
唯「(どうしても伝えたいことがあります…)」
唯「(伝えたいことってなんだろう…)」
唯「(えーと…例の教室で待っています)」
唯「……」
唯「(例の教室?)」
唯「(例の教室ってどこ~?)」


103 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/11(木) 22:51:25.46 ID:/3e7Hecb0
唯「(えーと…差出人の名前は…)」
唯「(…書いてないや)」
唯「(例の教室…)」
唯「(部室かなぁ?)」
唯「(じゃあこの手紙はあずにゃんとかからかな?)」
唯「(そうだとしたら早く行かなくちゃ!)」

104 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/11(木) 22:56:22.79 ID:/3e7Hecb0
唯「(着いた!)」
唯「(でも誰もいないや…)」
唯「(部室じゃなかったのかな?)」

ガラッ!

唯「!」
唯「(誰か入ってきた!)」

105 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/11(木) 23:01:02.08 ID:/3e7Hecb0
?「……」
唯「えっと…」
唯「(誰だろう?凄く可愛い子…)」
?「あ、あの…突然呼び出したりしてごめんなさい…」
唯「あっ、あなたが手紙の差出人?」
?「は、はい!」

106 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/11(木) 23:05:34.74 ID:/3e7Hecb0
裡沙「あたし、2年3組の上崎裡沙です」
唯「上崎さん…」
裡沙「はい!」
唯「えっと…どうして手紙を?」
裡沙「あ…はい…あの…私…平沢さんのこと前から気になってて…」
唯「(もしかしてファンの子なのかな?)」

107 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/11(木) 23:16:40.49 ID:/3e7Hecb0
裡沙「平沢さんのこと、ずっと見てたんです!」
唯「あ、ありがとう!」
唯「(うん。ファンの子みたいだね!)」
裡沙「あの…私…平沢さん」
唯「ん?何かな?」
裡沙「私を平沢さんだけの女の子にしてください!」
唯「うん…えっ?えぇ!?」

108 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/11(木) 23:19:25.29 ID:/3e7Hecb0
唯「わ、私だけの?」
裡沙「ダメ…ですか?」
唯「そんなこと急に言われても…」
裡沙「お願いします!」
唯「(ど、どうしよう…)」
唯「(でも、私には…)」

109 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/11(木) 23:24:17.98 ID:/3e7Hecb0
唯「(そうだよ!私はあずにゃんのことが…)」
唯「上崎さんだっけ…?」
裡沙「は、はい!」
唯「気持ちは嬉しいんだけど…ごめんね…私には他に好きな子が…」
裡沙「…えっ?」
裡沙「他に…好きな…子?」
唯「う、うん…」

111 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/11(木) 23:31:51.12 ID:/3e7Hecb0
裡沙「他に…好きな…子が…」
唯「か、上崎さん?」
裡沙「ダメ!そんなのダメ!」
唯「!?」
裡沙「他の子にあなたの何がわかるっていうの!?」
裡沙「あたしはずっとあなたのことが好きだったのに!」
唯「か、上崎さん…」

ちょいと外します
残ってたら書きます

120 名前:1[] 投稿日:2010/02/12(金) 02:10:44.99 ID:b7iGDAWgO
保守ありがとうです

裡沙「去年の文化祭からずっとあなたのことだけを見ていたんです!」
唯「きょ、去年から…」
裡沙「ずっとずっとあなたのことだけを想って…」
唯「(こんなにも私のことを想っていてくれてるなんて…)」
裡沙「平沢さん…お願いします…」
唯「あ…あの私は…」

ガラッ!

裡沙「!?」
唯「う、憂!?」


122 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/12(金) 02:13:59.65 ID:b7iGDAWgO
憂「……」
唯「憂…どうしてここに?」
裡沙「う…憂ちゃん」
憂「黙ってて聞いてたけどもう我慢出来ないよ!」
憂「お姉ちゃん流されちゃダメ!」
憂「お姉ちゃんにはちゃんと好きな人がいるでしょ!」
裡沙「あ、あの憂ちゃん…今大事な話をしてるの」
憂「裡沙さんは黙ってて!」
裡沙「な、何よ何なのよ!?」
唯「(な、何が何だか…)」

123 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/12(金) 02:16:47.59 ID:b7iGDAWgO
憂「何って…私はお姉ちゃんの妹だよ!」
裡沙「そんなことは聞いてない!」
憂「ふ~!!」
裡沙「ふ~!!」
唯「えっと…」
唯「(この状況はなに…!?)」
唯「…憂、どうしてここに?」

すいません(´・ω・`)
またちょっと外します><

140 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/12(金) 14:22:17.17 ID:b7iGDAWgO
遅れました><
保守ありがとうです!
再開します!

憂「廊下でお姉ちゃんの姿が見えたから何処に行くのかなって思って着いてきたんだけど…」
憂「そしたら怪しい人がお姉ちゃんにちょっかいかけてるもんだからビックリしたよ」
裡沙「あ、怪しいって!先輩に向かって何よ!」
唯「お、落ち着いて上崎さん…」
裡沙「…なんで?邪魔されちゃったんだよ!?落ち着いてられないよ!」
憂「お姉ちゃんは別に構わないみたいですけどね」
裡沙「憂ちゃんは黙っててよ!」
唯「(うう…居心地悪い)」

141 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/12(金) 14:25:50.91 ID:b7iGDAWgO
憂「…裡沙さん、貴女ですよね?」
裡沙「え?」
憂「梓ちゃんに嘘の写真を見せたのは」
裡沙「…!」
唯「えっ?写真?…あずにゃん?」
憂「お姉ちゃん、梓ちゃんが昨日部活に行けなかったのはこの人が原因だよ!」
唯「えっ?えっ?どういうこと?」
裡沙「……」

142 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/12(金) 14:30:45.08 ID:b7iGDAWgO
憂「全部この人の悪巧みだったの」
唯「わ、悪巧みって…ちょっと口が悪いよ憂!」
憂「だって…そうなんだもん…」
裡沙「……」
憂「裡沙さんは梓ちゃんにお姉ちゃんが澪さんと付き合っているって嘘をついたの」
唯「え…?澪ちゃんと付き合ってる?」
裡沙「……」

143 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/12(金) 14:32:55.73 ID:b7iGDAWgO
唯「で、でも…どうしてそんな嘘を…」
憂「裡沙さんにとって梓ちゃんが邪魔だったんだよ」
唯「あずにゃんが邪魔…?」
憂「うん。梓ちゃんはお姉ちゃんのことが好きだったから」
唯「!」
裡沙「うぅ~…」

145 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/12(金) 14:38:39.83 ID:b7iGDAWgO
唯「あずにゃんも私のこと…」
憂「二人が付き合うのは時間の問題…だから裡沙さんは梓ちゃんにお姉ちゃんのことを諦めさせようとした」
憂「そうですよね?裡沙さん?」
裡沙「…何よ何よ何よ!!」
裡沙「上手くいってたのに!全部予定通りだったのに!」
唯「上崎さん…」

146 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/12(金) 14:44:16.59 ID:b7iGDAWgO
裡沙「憂ちゃんさえいなければ…!」
憂「気安く呼ばないでください」
裡沙「あぁ~!もう!」
憂「ていうか何で私の名前を知ってるんですか?」
裡沙「好きな人の家族構成ぐらい把握して当然だよ!」
憂「お姉ちゃん、彼女みたいな人をストーカーって言うんだよ」
裡沙「あぁ~!!!」
唯「(また不穏な空気に…)」

147 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/12(金) 14:47:39.06 ID:b7iGDAWgO
唯「あの…上崎さん…」
裡沙「あっ!はい!どうしますか?邪魔も入っちゃったしまた日を改めて…」
唯「ごめんね…やっぱり貴女の気持ちには応えられないよ」
裡沙「えっ…」
唯「私にはちゃんと好きな人がいるから…」
裡沙「そ、そんな…」

148 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/12(金) 15:05:14.33 ID:b7iGDAWgO
裡沙「わ、私…確かに酷いことはしたけど平沢さんに対する想いは本物で…」
唯「…ごめんね」
裡沙「ダメ…なんだ」
裡沙「どこで間違っちゃったのかな…」
憂「私の友達を泣かせたこと。それが全てです」
裡沙「あはは…最後まで憂ちゃんには敵わないなぁ…」
唯「(憂…怖い)」

149 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/12(金) 15:08:00.10 ID:b7iGDAWgO
裡沙「色々とすいませんでした…」
唯「あっ…えっと…その…」
裡沙「それじゃあ私はこれで…」
唯「あっ…」
唯「(行っちゃった…)」
唯「(上崎さん…)」
唯「(何だか悲しい子だったな…)」

151 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/12(金) 15:32:57.78 ID:b7iGDAWgO
憂「お姉ちゃん…」
唯「あっ…憂…なんかありがとうね」
憂「ううん。いいの」
唯「なんか憂ったら凄い迫力だったよ~」
憂「それだけ裡沙さんのことが許せなかったから」
唯「そ、そっか…」
憂「許せないけど…可哀想だなとも思う」
唯「…憂も?」

175 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/12(金) 17:00:37.32 ID:b7iGDAWgO
?「やっぱり平沢さんだ」
唯「あっ、絢辻さん」
詞「こんばんわ。何してるの?」
唯「えっとね、ちょっと冒険してるの!」
詞「ふふっ、そうなんだ」
詞「確かに平沢さんが図書館にいるって珍しいわね」
唯「えへへ…放課後の図書館なんて初めてだよ~」
詞「ふふっ」

176 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/12(金) 17:05:17.56 ID:b7iGDAWgO
唯「絢辻さんは何をしてたの?」
詞「あっ、私は卒業式の実行委員の準備をしてたの」
唯「そっかぁ~絢辻さん委員長だもんね」
詞「そうなの」
唯「絢辻さんって凄いよね~成績良くて性格も良くて何でもこなせちゃうんだから」
詞「そんなことないわ。褒めても何も出ないわよ?」
唯「いやいや素直な気持ちだよ~」
詞「そっか。ありがとう」

178 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/12(金) 17:10:25.57 ID:b7iGDAWgO
唯「実行委員の準備、一人でやってるの?大変じゃない?」
詞「これぐらいなんてことないわ。慣れてるもの」
唯「うーん…でも、やっぱり大変そうだよぉ」
詞「そうかなぁ」
唯「うん!よし!私、手伝うよ!」
詞「えっ?」
唯「二人でやった方がすぐに終わるだろうし!」
詞「でも…悪いわ…」
唯「いいの!いいの!ここで会ったのも何かの縁ということで!」
詞「そう…じゃあお願いできるかな?」
唯「うん!」

179 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/12(金) 17:16:21.55 ID:b7iGDAWgO
唯「~♪」
詞「……」
詞「(私のことを手伝っても何か見返りがあるわけじゃない…)」
詞「(彼女は損得を考えないで動いている…)」
詞「(私には理解出来ない…)」
詞「(平沢さん…)」
詞「(何だか興味深いな)」

すいません><
また外します
ちょくちょく申し訳ない(´・ω・`)

152 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/12(金) 15:38:39.36 ID:9EmqwoBG0
憂「お姉ちゃん…あの人、なんであんな風になっちゃったのかな?」
唯「それは私にもわからないよ…」
憂「そっか…」
唯「でも、いつかあの子の歪んだ部分を受け止めてくれる誰かに出会ってくれればいいな」
憂「お姉ちゃん…」
唯「うん。きっといつか出会えるよ!」
憂「ホント人が良いな…お姉ちゃんは…」

154 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/12(金) 15:42:40.17 ID:9EmqwoBG0
唯「それよりさ!」
憂「な、何?」
唯「さっきがあずにゃんが私のことを好きだって…」
憂「あ…うん…」
唯「そっかぁ…///そうなんだぁ…///」
憂「(私の気持ちは胸に秘めておこう…)」
憂「(大好きな二人に幸せになってほしいから…)」

157 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/12(金) 15:49:27.10 ID:9EmqwoBG0
憂「梓ちゃん、まだきっと不安がってるからさ早く安心させてあげて?」
唯「うん!今日の放課後に私から気持ち伝えるよ!」
憂「そうしてあげて!梓ちゃん喜ぶよ!」
唯「えへへ…放課後が楽しみだなぁ///」

キンコーンカーンコーン

唯「あっ!予鈴だ!そんなに時間経っちゃったか」
憂「早く戻らないとだね」
唯「うん!それじゃあ憂、ホントにありがとね!」
憂「どういたしまして。それじゃまたね!」
憂「(そろそろお姉ちゃん離れしなきゃ…か)」

158 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/12(金) 15:53:49.09 ID:9EmqwoBG0
放課後

唯「(さてと…放課後だけど…)」
唯「(あずにゃん、部室に来てないや)」
唯「(考えてみたらまだ誤解が解けてないから当然だよね)」
唯「(憂に伝えておいてもらえば良かったな)」
唯「(教室まで行ってみようかな?)」
唯「(うん!行ってみよう!)」

159 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/12(金) 15:57:07.71 ID:9EmqwoBG0
唯「(えーと…あずにゃんの教室はここだ)」
唯「(…う~ん、見当たらないなぁ…)」
唯「(まだ教室に残ってる子に聞いてみよう!)」
唯「あの、ちょっと良いかな?」
?「はい?」
唯「(うわぁ…この子ネコっぽくてかわいい~!!)」

160 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/12(金) 16:01:02.65 ID:9EmqwoBG0
?「あの…何か?」
唯「あっ!ご、ごめんね!あずにゃ…中野さんどこに行ったか知らないかな?」
?「中野…梓ちゃんですか?彼女ならもう帰宅したと思いますが…」
唯「あっ…そうなんだ…」
唯「(すれ違い…ショック…)」
?「あの…平沢先輩ですよね?」
唯「えっ?どうして私のこと知ってるのぉ?」

161 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/12(金) 16:04:53.92 ID:9EmqwoBG0
?「梓ちゃんや憂ちゃんからよくお話を聞いているので…」
唯「えっ?そうなの?なんか照れるなぁ~///」
逢「ふふ…あっ、私、七咲っていいます」
唯「七咲さん?下のお名前は?」
逢「えっと…逢です」
唯「逢ちゃんかぁ~かわいい名前だね!」
逢「そ、そんなこと…」
唯「(この子、ホントにかわいい!)」

162 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/12(金) 16:09:06.16 ID:9EmqwoBG0
唯「ねぇ逢ちゃんは放課後の教室で何をしてるの?」
逢「えっと、忘れ物を取りにきただけで…これから部活に…」
唯「あっ、そうなんだぁ。部活は何してるの?」
逢「水泳部に所属してます」
唯「あっ、なんかそれっぽいねぇ」
逢「そ、そうですか?」

164 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/12(金) 16:14:27.97 ID:9EmqwoBG0
唯「なんか骨格も良い気がするし…」ジロジロ
逢「あ…あの…あんまりジロジロ見られると恥ずかしいです…」
唯「あっ、ごめんね!」
逢「いえ…」
唯「(う~ん…クールなあずにゃんって感じだね!)」
唯「(あずにゃんをショートにしたら逢ちゃんの出来上がり!みたいな!)」
唯「(この子とはもっと仲良くなりたいなぁ)」

165 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/12(金) 16:19:00.97 ID:9EmqwoBG0
逢「あの…私、そろそろ行かなくては…」
唯「あっ、そっか。引きとめちゃってごめんね!」
逢「いえ…平沢先輩とお話出来て良かったです」
唯「ホント?えへへ…ありがとう!」
逢「ふふ…こちらこそです。それでは失礼しますね」
唯「うん!またね逢ちゃん!」
逢「はい。また」

166 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/12(金) 16:21:48.71 ID:9EmqwoBG0
逢「(平沢…先輩か…)」
逢「(なんだが先輩っぽくないなぁ)」
逢「(でも話してて凄い良い人だってことはわかる)」
逢「(憂ちゃんや梓ちゃんが言ってた通りだ)」
逢「(また近いうちにお話ししたいな…)」

168 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/12(金) 16:27:23.29 ID:9EmqwoBG0
唯「(さてと…逢ちゃんは行っちゃったしこれからどうしよう?)」
唯「(あずにゃんが帰っちゃったとなると部活に行く意味はあんまり無いよね…)」
唯「(でも、真っすぐ家に帰るのもなんだし…)」
唯「(ちょっと校内探検でもしようかな!)」
唯「(そうと決まればしゅっぱ~つ!)」

170 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/12(金) 16:33:45.33 ID:9EmqwoBG0
律「今日は梓もいなければ唯もいないのか」
澪「さすがにギター二人が休みとなると練習にならないな…」
律「まぁ普段からあんまり練習してないけどな!」
澪「いばるな!仕方ない…今日は自主練だな」
律「だな」
紬「お茶のおかわりはいかが?」


172 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/12(金) 16:37:59.22 ID:9EmqwoBG0
唯「(さてと…どこに行こうかなぁ)」
唯「(どうせなら普段行かないようなところがいいよね!)」
唯「(う~ん…)」
唯「(そうだ!図書室とか!)」
唯「(放課後に図書室行くなんてなかなか無いよね!)」
唯「(よし!行こう!)」

174 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/12(金) 16:53:52.59 ID:9EmqwoBG0
唯「(さてと…図書館に到着っ!)」
唯「(普段から静かな場所だけど放課後となると更に静かだなぁ)」
唯「(私以外に誰かいるかなぁ?)」
?「あら?貴女は…」
唯「えっ?」


184 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/12(金) 20:22:19.28 ID:9EmqwoBG0
唯「終わった~」
詞「お疲れ様。おかけで早く終わったわ」
唯「えへへ~どういたしまして~」
詞「(平沢さんに任せた書類…)」
詞「……」
詞「(うん…ほとんど間違っている)」
詞「(ただの天然…?)」

185 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/12(金) 20:30:43.80 ID:9EmqwoBG0
詞「ありがとう。私は最後にもう少しまとめる作業があるから平沢さんはもう帰っても大丈夫よ」
唯「そう?最後まで手伝うよ!」
詞「ううん!いいの!もとはといえば私の仕事なんだし、そんなにお世話にはなれないわ」
唯「そっかぁ。まぁ絢辻さんがそう言うなら…」
詞「うん」
唯「また何かあった時は気軽に言ってね!手伝うから!」
詞「ふふ、ありがとう」
唯「よし…さてとそれじゃあ私はそろそろ行こうかな…」
詞「そっか」
唯「うん!またね絢辻さん!」
詞「うん。またね」

201 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/13(土) 03:44:26.01 ID:CT4HC7Nq0
度々すいません><
再開します!

詞「(平沢さんか…)」
詞「(不思議な人…)」
詞「(ただの天然なのか…)」
詞「(それともそれ以上の大物か…)」
詞「(なんか興味出てきちゃった)」
詞「(もしかして詞、お・き・に・い・り?)」
詞「(またお話したいな)」

202 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/13(土) 03:47:26.96 ID:CT4HC7Nq0
唯「(さてと…図書室で作業してたらすっかり遅くなっちゃったな)」
唯「(さすがにそろそろ帰ろうかな?)」
唯「(あっ、でもまだ部活はしてる時間か)」
唯「……」
唯「(そうだ!)」
唯「(せっかくだから逢ちゃんがいる水泳部に行ってみよう!)」

203 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/13(土) 03:51:33.72 ID:CT4HC7Nq0
唯「(えっと…室内プールは校舎裏からだよね)」
唯「(あれ?プールの入り口近くに誰かいる?)」
唯「(部員の人かな?)」
唯「(でも、なんかプールを覗いている感じ…)」
?「……」ジーッ
唯「(あれ?よく見るとあの人って…)」
唯「(森嶋先輩?)」

204 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/13(土) 03:55:54.51 ID:CT4HC7Nq0
はるか「……」
唯「(うわぁ…近くで見ると凄い綺麗だなぁ…)」
はるか「…ん?」
唯「(あっ!こっちに気付いた!)」
はるか「むむむ~?」
唯「あっ…えっと…」
唯「(どうしよ~何か睨まれてるよ~…)」
はるか「あっ!なるほど!」
唯「えっ?」

205 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/13(土) 04:02:42.08 ID:CT4HC7Nq0
はるか「君もプールを覗きに来たんだね!」
唯「えっ?えっ?」
唯「(確かに逢ちゃんに会いに来たわけだけど…)」
はるか「わかるわぁ~ここの水泳部の子達、みんなかわいいもんね~」
唯「は、はい…」
唯「(も、森嶋先輩ってこんなキャラだったんだ…)」
はるか「うんうん!一人よりも二人よね!それじゃあ一緒に見ましょ!」
唯「(初めて話すけど凄い気さくな人…)」

206 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/13(土) 04:08:22.03 ID:CT4HC7Nq0
はるか「ほらほら!早くこっちにおいで!」
唯「は、はい…」
はるか「むむ~?返事はもっとシャキっと!」
唯「は、はい!」
はるか「グーッド!いい子ね~」
唯「(なんかワンちゃんになった気分…)」



207 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/13(土) 04:15:45.76 ID:CT4HC7Nq0
はるか「それじゃあ見ましょうか!」
唯「(なんか変な展開になっちゃた…)」
はるか「ここの隙間からよく見えるのよ~」
唯「あっ、ホントだ…」
唯「(えっと…逢ちゃんはいるかな…あっ、いた!)」
唯「(凄い綺麗なプロポーションしてる…)」
唯「(なんか見てるとドキドキしてくる…)」
はるか「ん~!良い眺めね~」
唯「はい…」

210 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/13(土) 04:25:13.79 ID:CT4HC7Nq0
はるか「(いや~ホント絶景さね~)」
はるか「(こんなにかわいい子ばかりで…)」
はるか「(この世の楽園って感じよね!)」
はるか「(そういえば隣にいるこの子…)」
はるか「(この子もなかなかかわいいわ~)」
はるか「(なんかワンちゃんみたい)」
はるか「(お名前聞いてみようかな)」

211 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/13(土) 04:30:23.59 ID:CT4HC7Nq0
はるか「ねぇねぇ」
唯「はい?」
はるか「君のお名前はなんていうのかな?」
唯「あっ、えっと…平沢唯です。2年生です」
はるか「唯ちゃんかぁ~…」
唯「?」
はるか「ほんわかしててかわいい~!」ムギュッ
唯「!?」


212 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/13(土) 04:38:35.35 ID:CT4HC7Nq0
唯「ふぇっ!?えっと…先輩?」
はるか「うふふ…」ムギュー
唯「あぅ…」
はるか「ホントにかわいいわぁ…」
唯「(なんかよくわからないけど気に入られちゃったみたい…)」
はるか「唯ちゃん、もし良かったらこれから仲良くしましょ!」
唯「えっ?えっと…はい」
はるか「ホント!やったぁ!」
唯「(…なんかよくわからないけど森嶋先輩と仲良くなっちゃった!)」

213 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/13(土) 04:47:21.33 ID:CT4HC7Nq0
はるか「唯ちゃんは2年生だっけ?部活とかはしてるのかな?」
唯「あっ、はい。私けいおん部なんです」
はるか「けいおん?わぉ!唯ちゃん楽器弾けるの?」
唯「えへへ…」
はるか「かわいい顔して意外とやるものなのね~」
唯「結構頑張ってるんですよ~」
はるか「うんうん!青春してるね~結構結構!」
唯「森嶋先輩、お年寄りみたいですよ~」
はるか「いや、ホント最近の若者は…って、ありゃ?」
唯「?」


風呂時間です

214 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/13(土) 05:39:02.84 ID:CT4HC7Nq0
はるか「私、唯ちゃんに自己紹介したっけ~?なんで名前知ってるのかな?」
唯「あっ、えっと、森嶋先輩って綺麗な先輩で有名ですから!」
はるか「えっ?」
唯「だからこの学校の生徒だったら誰でも知ってますよ~」
はるか「な、なんかそう言われると照れちゃうな…」
唯「(先輩、かわいい!)」


眠気が限界です…
残ってたら書きます><

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。