FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

唯「大好きだよ!!」

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/05/07(金) 23:52:20.74 ID:FsDWvjmhO [1/2]
俺「あぁ…憂ちゃんは可愛いなぁ…」

俺「憂ちゃんと結婚してぇ」

俺「無理か…無理だよな、アニメキャラだし」

俺「所詮憂ちゃんはアニメキャラだよ…」

俺「はぁ…」

俺「もう寝るかな…」

4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/05/08(土) 00:07:03.99 ID:IekLO9lvO [1/96]
ジリリリリリリ

「うるせぇ…」

「あ…もう朝か…」

「今日休みだったりしねえかなぁ…」

「しねぇよなぁ、そりゃそうだ。昨日月曜だったし」

「あ~あ、布団から出る気しねぇ…」

「もう…学校に隕石落ちろよ…。ピンポイントで落ちろ…」

おねーちゃーん!起きてー!

「あぁ?うるせぇなクソババア…。言われなくても起き」

「…お姉ちゃん?」

5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/05/08(土) 00:08:04.06 ID:VnY/Px8lO
「お姉ちゃんって」

「俺には姉貴は居るけど妹は…」

ガチャ

憂「お姉ちゃん!ご飯食べる時間無くなっちゃうよ!」

「う、憂ちゃん!?」

憂「…え、えぇっ」

「っあ、あれ?」

6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/05/08(土) 00:09:26.82 ID:FsDWvjmhO [2/2]
(良く見たらこの部屋何処だ?この奇妙な人形…、あ、あれは桜高の制服?)

憂「お、ね、お姉ちゃん、う、うう、憂ちゃん、って」

「え、えと」

憂「はは早く降りてきてねっ!?」

バタンッ

「あ、ちょっ…ま、一体何がどうなって…」

憂「憂ちゃん、憂ちゃん、お姉ちゃんが、うう、憂ちゃんだって。憂ちゃん…」

7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/05/08(土) 00:09:56.86 ID:IekLO9lvO [2/96]
「…もも、もしかして、ここは唯ちゃんの部屋!?」

「ていうか俺の体が唯ちゃんになってる!」

唯「ま、まさかこんなこと…」

唯「しかしまたなんで…。起きたらアニメの世界の中、ましてやアニメキャラになっていただなんて…」

唯「こんなこと有り得るのか!?」


8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/05/08(土) 00:10:15.23 ID:IekLO9lvO [3/96]
唯「…いや、深く考えるのはよそう。ここはあの、けいおん!の世界なんだ」

唯「そして俺は今、あの『平沢唯』なんだ!」

唯「これはきっと普段頑張ってる俺への神様からのプレゼントだよ、うん」

唯「…そういえば今の『俺』にはもしかして」

唯「…ごめん唯ちゃん」

9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/05/08(土) 00:13:22.71 ID:IekLO9lvO [4/96]
唯「う~い~」

憂「あ、おっ、おお姉ちゃん!」

唯「さっきはごめんね~、何か寝ぼけてたみたい」

憂「あ、そーだったんだ」

憂(もう憂ちゃんって呼ぶのはおしまいか…)

唯「あ、ご飯食べてる時間はある?」

憂「うん、大丈夫だよ~」


10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/05/08(土) 00:13:53.69 ID:IekLO9lvO [5/96]
唯「憂はもう食べた?」

憂「ううん、まだ」

唯「じゃ、一緒に食べよっか!」

憂「うん!」

唯(ああ、あの憂ちゃんが。憂ちゃんが目の前に!!)

唯(やっぱりけいおん!キャラの中じゃ憂ちゃんが一番可愛いよなぁ)

唯(そうだ、俺は今平沢唯。憂ちゃんの姉)

唯(そして憂ちゃんはお姉ちゃん大好きっ子)

唯(ここから導き出される答えは…!!)


11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/05/08(土) 00:14:15.57 ID:IekLO9lvO [6/96]
唯「あれ、憂」

憂「なぁにお姉ちゃん?」

唯「何処に座ってるの?」

憂「何処って…椅子だけど」

唯「憂が座る場所はそこじゃないでしょ?」

憂「え?いつも私はココで、お姉ちゃんはそっちで」


12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/05/08(土) 00:14:33.08 ID:IekLO9lvO [7/96]
唯「もう、憂が座る場所はここだよ~」

憂「えっ、えっ、お姉ちゃ…!?」

唯「はい、御飯食べよ~」

憂「おねっ、お姉ちゃん!?いきなり何!?何で私お姉ちゃんのひ、膝のうえっ!?」

唯(あああああああ憂ちゃん良い匂いするぅぅぅぅぅぅ!!)

憂(どどどどうなってるのぉ!?い、いま、わた、私、お姉ちゃんに座ってる…!?)


13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/05/08(土) 00:16:21.31 ID:IekLO9lvO [8/96]
憂「おねっ、た、食べ辛ひゃぁ!?」

唯「憂ってすっごい良い匂いがするね~」

憂「くっくく首に顔埋めないでぇ!」

唯「はむはむ」

憂「ひぃぁ!?おおおおお姉ちゃん!?」

唯「今日の朝御飯は憂が良いかな~…なん、て?憂?憂ちゃん!?」

憂「は、はにゃ…」

唯「き、気を失ってる…!」

14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/05/08(土) 00:16:43.91 ID:IekLO9lvO [9/96]
唯「ソファーに寝かせて、と」

憂「…」

唯「まさか気絶するなんて思わなかったな…」

唯「学校行かなきゃまずいよなぁ」

唯「う~ん、でも憂ちゃんをこのまま置いて行くのも…」

唯「まぁいいや、学校はサボっちゃおう」

唯「平沢姉妹は真面目だから、一日位学校サボっても平気でしょう、うん」

唯「ということで一日憂ちゃんと一緒…」

唯「うへへ…」


15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/05/08(土) 00:18:30.24 ID:IekLO9lvO [10/96]
憂「…すぅ…すぅ…」

唯「それにしても可愛い…」

唯「炊事家事、勉強出来て、多分運動神経も良いんだろうな」

唯「こんな完璧な子が居るのだろうか」

唯「しかもその事を鼻にかけない!」

唯「正に俺嫁候補No.1だよなぁ」


16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/05/08(土) 00:18:54.89 ID:IekLO9lvO [11/96]
憂「ぅ…ん…」

唯「今、その憂ちゃんが俺の目の前に!」

唯「さ、触っても良いかな…」

唯「ほっぺたを突くくらいなら…」

憂「んっ」

唯「や、やわらけぇぇぇぇえ!」

唯「女の子ってこんなに柔らかかったのか…!!」


17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/05/08(土) 00:19:13.10 ID:IekLO9lvO [12/96]
唯「キス…とか」

唯「いやいやいやいや!」

唯「それはダメだろ!男として!」

唯「あれ、でも俺今は唯ちゃんだし…」

憂「っふ…すぅ…すぅ…」

唯「じゃあOKなのか?女としてOKなのだろうか?お、落ち着け。憂ちゃんは気絶しているんだ…」

唯「気絶している女の子にキスとか…ダメ…だろ。ダメだよね?」

憂「…」

唯「ああああ憂ちゃん可愛い過ぎるぅぅぅぅ!」

18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/05/08(土) 00:21:56.02 ID:IekLO9lvO [13/96]
唯「…いや、冷静に考えるとやっぱ寝ている間にキスとかダメだよな」

唯「起きている時なら良いのかとか、まぁそういうのは置いといて」

唯「…テレビでも付けよう」

シチジゴジューゴフン!シチジゴジューゴフン!
唯「この世界でもやってる番組はあんまり変わらないんだ…」

唯「ん…アニメで町の活性化?」


19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/05/08(土) 00:22:13.28 ID:IekLO9lvO [14/96]
「こちらの神社の絵馬を見てください!」

唯「うわぁ…」

「アニメキャラが描いてありますね~」

唯「こういうのもあっちと同じなのか…」

唯「何だろう、この複雑な気持ち」

唯「…っ!?なんだ、頭が…痛い…」

「アニメオタクと呼ばれる人達が…」

唯「…うぅ…っ…」

憂「ん…」


20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/05/08(土) 00:22:38.12 ID:IekLO9lvO [15/96]
憂「!お、お姉ちゃん!どうしたの!?」

唯「あ…うぃ…ちゃん…」

憂(ま、また憂ちゃんって…!)

憂「ってそれどころじゃない!お姉ちゃん!?体の具合が悪いの!?」

唯「ごめ…頭…痛くて…」

憂「どどどどうしよ!救急箱!いや、えっと、救急車!?」

唯「うい…ちゃ…落ち着いて…、じっと、してれば治る気がする…から…」

憂「で、でも!」

唯「だいじょぶ、だい、じょぶ…」


21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/05/08(土) 00:22:55.67 ID:IekLO9lvO [16/96]
唯(大分良くなってきた…)

唯「憂ちゃ…、憂、もう治ったよ~」

憂「え、え、ホント!?」

唯「ホントホント、安心して」

憂「救急車は呼ばなくても大丈夫!?」

唯「あはは、大袈裟だよ。心配かけてごめんね」
憂「う、うん。大丈夫なら良いんだけど…」

憂「あっ、そういえばお姉ちゃん、私達学校は…?」

唯「あ…」

22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/05/08(土) 00:23:19.86 ID:IekLO9lvO [17/96]
唯(さてどうしよう…。真面目な憂ちゃんの事だ。学校サボるなんて言ったら…)

唯(怒るよな、やっぱり)

唯(かといって、憂ちゃんが気絶したのが心配で、今日は休もうなんて言ったら)

唯(『私は全然大丈夫だから!ほら、学校行こう!』なんて言い出しかねん)

唯(ここは…よし!)

憂「ねぇ、お姉ちゃ…えっ!?」

23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/05/08(土) 00:26:19.96 ID:IekLO9lvO [18/96]
唯「憂…私さ、最近部活忙しかったよね…」

唯(おおおお!憂ちゃん柔らかい!柔らか過ぎる!)

憂「なんっ、なんで、抱きしめっ…!?」

唯「私の話、聞いて、憂」

憂「っあ、はっ、はいぃ…」

唯「それで、憂と一緒に居る時間がかなり減ったと思うんだよね」

憂「う、うん…」


24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/05/08(土) 00:26:37.29 ID:IekLO9lvO [19/96]
唯「憂、寂しくないかなって」

憂「わた、私、寂しくなんか…ない…」

唯「そう?でも私は憂と一緒に居る時間が減って寂しかったんだよ?それで今日は久しぶりに憂とずっと一緒に居たいな~って」

憂「あ…そう、なんだ…」

唯「お姉ちゃんからの我が儘なお願い。憂、今日は私と一緒にいようよ?」

憂(お姉ちゃん…あったかい…こうやって抱きしめられてると、安心する…)


25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/05/08(土) 00:26:53.82 ID:IekLO9lvO [20/96]
憂「うん…、分かったよお姉ちゃん。今日は一日一緒に居よう…!」

唯「やった、ありがと憂!」

憂「えへへ…」

唯「あああやっぱり憂ちゃん良い匂いだぁぁぁあ!興奮するぅぅうぅう!!」

憂「…えっ?」

唯「えっ」

唯(やべ、声に出てた)

26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/05/08(土) 00:27:40.43 ID:IekLO9lvO [21/96]
唯「あ、ええ、えっと、憂ってすっごく抱き心地良いね~。ずっと抱きしめていたいよ~」

憂「っあ!お、おお姉ちゃん!離れて!私子供じゃないんだからっ!」

唯「え~、もうちょっと~」

憂(何だかお姉ちゃんの勢いに押されて頷いちゃったけど…)

憂(これってサボり、だよね)

唯「…」

憂(でもお姉ちゃん、私の事ちゃんと考えていてくれたんだ)

唯「…っふ」

憂(私が寂しいって…分かっててくれたんだ)

唯「…うへへ」


27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/05/08(土) 00:27:59.42 ID:IekLO9lvO [22/96]
憂(…昨日の)

憂「ねぇ、お姉ちゃん」

唯「え、何?」

憂「どうしてさっきから私の事見つめてニヤニヤ
してるの?」

唯「ダメ?」

憂「だ、ダメじゃないけど恥ずかしいよ」

唯「だって憂が余りにも可愛いもんですから!」
憂「な…!お、お姉ちゃん…!」

唯(真っ赤になる憂ちゃんかわえー)


28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/05/08(土) 00:30:58.20 ID:IekLO9lvO [23/96]
憂(何か今日のお姉ちゃん変だよぅ)

憂(昨日の事と何か関係あるのかな…)


『憂なんて大嫌い!!』


憂「…っ」

唯「どうしたの、憂?」

憂(考えてみれば、今日の朝から…)

憂(昨日の事、お姉ちゃんは無かった事にしようとしてるのかな)


29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/05/08(土) 00:32:02.46 ID:IekLO9lvO [24/96]
唯「う~い~?」

憂「な、何!?」

唯「そんなに驚かなくても…」

憂「あ、ごめんね…」

唯「さっきからどうしたの?」

憂「…ねぇ、お姉ちゃん」

30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/05/08(土) 00:32:30.42 ID:IekLO9lvO [25/96]
唯「うん?」

憂「あの…昨日…」

唯「昨日?」

憂「き、今日!今日一日どうしよう!?」

唯「ええっ?え~っと…」

憂「折角お休みしたんだから、家でぼ~っとしているだけじゃ勿体ないよ!」

唯「私は憂の事ずうっと見ているだけで十分だよ!」

憂「っえ!?あの、あ…う、うん…そうなの…?」

唯「うん!憂は本当に可愛いね!もうポケットに入れて持ち歩きたいくらい!」

憂「あぅ…」


唯(…何だ?昨日何かあったのか?)


31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/05/08(土) 00:32:50.29 ID:IekLO9lvO [26/96]
憂「お、お姉ちゃん!私朝ご飯の片付けしてくる!」

唯「あ、はい。いってらっしゃい」

憂(う~!何であんなに恥ずかしい事を堂々と言うのかなぁ)

憂(顔が熱い…意識しちゃって目が合わせられないよう)

憂(もう…お姉ちゃんたら…)


32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/05/08(土) 00:33:45.80 ID:IekLO9lvO [27/96]
ガチデカシマシネバエンディグガルズトーク♪

唯「うおっ!?携帯か、びっくりしたぁ」

唯「ポケットに入ってたのか…。どうしよう、人の携帯勝手に見るのは気が引けるな…」

唯「唯ちゃん、ごめん!見ちゃうね!」

唯「…りっちゃん!田井中律!!」


34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/05/08(土) 00:35:32.50 ID:IekLO9lvO [28/96]
唯「すげぇ!りっちゃんからメールきたよ!あのりっちゃんから!!」

唯「まぁ、唯ちゃんの携帯だしりっちゃんからメール来ても何らおかしくないですけどね、そりゃあ」

唯「このメルアド暗記しておけば…」

唯「まぁとりあえずメール見てみるか」


35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/05/08(土) 00:36:07.94 ID:IekLO9lvO [29/96]
もう授業始まってるぞ~?
どうした?サボりか?サボりなのか!?


唯「あ~…どうしよ」

唯「なんて返信したものか…」


私は平沢唯では無い!
私はこの世界に長年封印されていた魔王なのだ。
しかし先日何者かがその封印を解いた…そして今、私はこの平沢唯とかいう女子高生の体を借りている。
私の目的は世界征服!とりあえず全国のサーティ○ンを征服するのだワハハハハ!


唯「これで良いや」



36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/05/08(土) 00:37:03.09 ID:IekLO9lvO [30/96]
律「唯から返信来た…、えっと、何々…ぶっ!」

紬(りっちゃん!?)

「…田井中、私の授業はそんなに面白いか?あ?」

律「せ、先生、これは…唯が…」

「平沢はまだ学校に来てないぞ?」

律(ゆ、唯め~…!)

37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/05/08(土) 00:37:39.39 ID:IekLO9lvO [31/96]
お前のせいで怒られたぞ!
どうしてくれる!


唯「授業中にメールしてるりっちゃんが悪いんじゃ…」

唯「と、まぁ心配してくれてたみたいだし」


ごめんごめん。
実はちょっと体調悪くて、多分部活にも出れないや。
先生にもはなしといて!お願い!


唯「と、これで良いかな」

唯「あれ、そういえば憂ちゃんは学校休む事誰かに伝えたのかな?」


38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/05/08(土) 00:37:57.18 ID:IekLO9lvO [32/96]
唯「う~い~」

憂「なーにおねーちゃーん?」

唯「憂はちゃんと学校に休むって連絡した~?」
憂「さっき先生に電話したよ~」

唯「流石憂ちゃん…いつの間に…」

唯「あ、そうだ。折角携帯あるんだし…」


39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/05/08(土) 00:39:18.17 ID:IekLO9lvO [33/96]
唯「俺のメルアドと携帯番号を唯ちゃんのアドレスに登録しておこう、っと」

唯「…まぁ、繋がるかどうかなんて分かんないけどね」

唯「え~っと、携帯番号は…」

唯「…」

唯「め、メルアド…」

唯「…」

唯「…あれ?忘れちゃったよ」


40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/05/08(土) 00:40:43.47 ID:IekLO9lvO [34/96]
唯「自分の携帯の番号とメルアドなんて覚えてないもんだな…」

唯「それじゃあ…」

唯「!」

唯「…また…頭が…!」

唯「一体何なんだ…っ…!」


41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/05/08(土) 00:41:06.01 ID:IekLO9lvO [35/96]
憂「お姉ちゃん、片付け終わったよ~」

唯「うい…」

憂「お姉ちゃん?」

唯「…あ」

唯(…治った?)

唯「な、何でもないよ!憂、折角一日一緒に入れるんだからお風呂に入ろう!一緒に!お風呂!お風呂に!」

憂「お姉ちゃん、まだ朝だよ!というか何でいきなりお風呂なの!?」


43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/05/08(土) 00:43:13.38 ID:IekLO9lvO [36/96]
唯(流石に朝からお風呂は無理だったか…)

唯「それじゃあ憂、ゲームしよ!ゲーム!」

憂「良いけど…」

憂(お姉ちゃんゲームで負けると機嫌悪くなるんだよね…。そこも可愛いけど)

憂「何する?」

唯「ぷよぷよ!ぷよぷよしよう!」

憂「じゃあ準備しよっか」


44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/05/08(土) 00:44:34.82 ID:IekLO9lvO [37/96]
唯「お~、平沢家は未だス~ファミなのか…」

憂「お姉ちゃん?」

唯「あっ、いや、やろうやろう」

す~ぱ~ぷよぷ~よ~
チャンチャンチャンチャラランチャンチャン


唯「このBGM、懐かしい…」

憂「え?先週も勝負したよ?」

唯「あ、いや、そうだったね。あはは」

憂(やっぱりお姉ちゃん何か変…)


45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/05/08(土) 00:45:39.55 ID:IekLO9lvO [38/96]
ばっよえ~んばっよえ~んばっよえ~んばっよえ~ん

憂「うそ…9連鎖…」

唯「勝っちゃった」

憂「たまたま…だよね?」

唯「たまたまだよ~」

ばっよえ~んばっよえ~んばっよえ~んばっよえ~ん

憂「じゅう…」

唯「あはは、たまたま~」

憂「もう一回!お姉ちゃん、もう一回!!」

唯「良いよ~」


46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/05/08(土) 00:46:37.02 ID:IekLO9lvO [39/96]


唯「憂…そろそろやめようよ…」

憂「ま、待って!後もう一回!もう一回だけ!!」

唯(憂ちゃん、多分唯ちゃんに本気でやって負けた事無かったな…)




憂「お姉ちゃん、私の居ない時に特訓したでしょ?」

唯「してないよ~」

憂「む~っ…」

唯(ふくれてる憂ちゃん可愛い…)

ぐぅ~

唯「あ…」


47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/05/08(土) 00:47:58.99 ID:IekLO9lvO [40/96]
憂「お姉ちゃん、お腹空いたの?」

唯「えへへ…そうみたい」

憂「あ…もうお昼近いもんね。じゃあすぐに作るからちょっと待ってて!」

唯「あ、待って」

憂「どうしたの?」

唯「たまには私が作るよ!」

憂「え…っ…」

唯「驚き過ぎだよ憂!」

48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/05/08(土) 00:48:18.48 ID:IekLO9lvO [41/96]
憂「で、でもほら、お姉ちゃんが怪我しちゃったら大変だし…」

唯「怪我なんてしないよ~。いいから憂はここで待ってて」

唯(ま、お姉ちゃんっぽいところを見せておくのもありだよな)

唯(それに…少し頭の中を整理したい…)


49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/05/08(土) 00:48:38.69 ID:IekLO9lvO [42/96]
唯「とはいったものの炒飯位しか作れないぞ」

唯「冷蔵庫の中整頓されてるなぁ…」

唯「朝の御飯の残り…は、無いか。二人が食べる分しか炊いてなかったのね」

唯「俺の予想だと…」

唯「やはりあった、冷凍御飯」

唯「これをレンジで解凍して、卵…ネギあるじゃん。ハムと…」


51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/05/08(土) 00:49:32.50 ID:IekLO9lvO [43/96]
ジャー

唯(それにしても…)

唯(俺が唯ちゃんになった理由…何か事情があるのか?)

唯(やはりその『昨日の事』に関係が…)

唯(…正直な話、俺はこのままでも何ら問題は無い)

唯(だって、アニメキャラになれたんだぞ?)


52 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/05/08(土) 00:50:30.37 ID:IekLO9lvO [44/96]
>>50
ぷよぷよの下りから先は初めて投下するよ(^q^)

53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/05/08(土) 00:51:00.29 ID:IekLO9lvO [45/96]
唯(もしずっとこのまま生きていけたなら…ここは、きっとどんな所よりもずっと素晴らしい場所だと思う)

唯(澪ちゃんやりっちゃん、ムギちゃん、それに和ちゃんに憂ちゃん。きっと平沢唯として生きていけば…)

唯(色んな楽しい事がたくさんあるだろう)

唯「だけど…だけど唯ちゃんはどうなる?」

唯「もし俺の身体に唯ちゃんの心が入っていたら?」

唯「…しかし。なんだ、朝から感じるこの漠然とした違和感は」

唯「そもそも…俺は…俺は…あヅっ!」


54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/05/08(土) 00:52:21.75 ID:IekLO9lvO [46/96]
憂「お姉ちゃん!?」

唯「あ~、やっちゃった…。フライパンの縁に手が当たっちゃったみたい」

憂「はやっ、はははやく!早く水で冷やして!救急箱は用意してあるからっ!」

唯(見張られてたのか…。心配性な憂ちゃん可愛い…)


55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/05/08(土) 00:52:40.27 ID:IekLO9lvO [47/96]
憂「…美味しい、美味しいよお姉ちゃん!」

唯「そーお?ありがとー」

憂「お姉ちゃん、炒飯なんて作れたんだね。びっくりしたよ」

唯(炒飯しか作れないんだけどね)

憂「でもやっぱりお姉ちゃんは料理禁止!」

唯「…なんで~」

憂「だって…火傷しちゃったし…危ないからダメ!」

唯「たまたまだよ~」

憂「たまたまとかそういう問題じゃないでしょ!」

唯「…はい」


56 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/05/08(土) 00:53:03.17 ID:IekLO9lvO [48/96]
憂「お姉ちゃん、火傷は大丈夫?」

唯(…このまま叱られっぱなしも何か悔しいな)

唯「っ…結構痛む…」

憂「ホント!?どうしよう…!ちょっと待ってて、氷持って「憂が舐めてくれれば多分治る」



憂「えっ」


57 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/05/08(土) 00:54:00.55 ID:IekLO9lvO [49/96]
唯「憂が舐めてくれれば多分治る」

憂「ちょ、ちょっと、お姉ちゃん…」

唯「憂が舐めてくれれば絶対治る」

憂「…か、からかってるの?」

唯「憂が舐めてくれなきゃ治らない」

憂「…わたしが、お姉ちゃんの指を舐めるの?」
唯「うん」

憂「…なんで?」

唯「憂に指を舐めて欲しいから!」

憂「…ぅ、ゆ、指出して…」

唯(いやっほぉぉおおおお!憂ちゃんが指舐めてくれるぅううぅう!!)

59 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/05/08(土) 00:55:13.32 ID:IekLO9lvO [50/96]
唯「はい、丹念にしゃぶってね♪」

憂(だってお姉ちゃんが指舐めないと火傷が治らないって言うしこれは仕方ないよねお姉ちゃんの指綺麗お姉ちゃん可愛いお姉ちゃんお姉ちゃんお姉ちゃん)

ガチデカシマシネバエンディグガルズトーク♪

唯「!」

憂「!」

憂「お、お姉ちゃん!電話鳴ってるよ!」


60 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/05/08(土) 00:56:32.27 ID:IekLO9lvO [51/96]
着信:田井中律


唯「デコビッチぃいぃぃ!!絶対許さんぞぉぉぉおおぉ!!」

憂「えっ?」

唯「いや…メールみたい。返信する…」

憂「わ…私、お皿洗ってくる!」

唯「りっちゃん、覚えてろよ…!」


61 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/05/08(土) 00:56:50.98 ID:IekLO9lvO [52/96]
唯「これで下らない内容だったらあのデコをしゃぶりつくしてくれよう」

何だ、風邪でも引いたのか?
全く…しょうがない奴だなぁ
折角昨日渡したDVDの続き、弟から無理矢理借りて持って来てたのに
まぁゆっくり休んで治して、明日はちゃんと学校くるんだぞ?


唯「…どうしてさっきマナーモードにしておかなかったんだ俺」


62 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/05/08(土) 00:57:58.67 ID:IekLO9lvO [53/96]
唯「…ん?」

唯「昨日渡したDVD?」

唯「りっちゃんから何かDVD借りてるのか」

唯「もしや…エッチなヤツか!?弟から無理矢理借りたって言ってるし!」

唯「唯ちゃん達もそういうのに興味があるのか!」

唯「これは部屋に確認しに行かなけ…れ…」

唯「う…つぅ」

唯「んだよ…これ、さっきから…。頭…が…。実は唯ちゃん悪い病気かなんか持ってるんじゃないのか…おい…う…」


63 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/05/08(土) 00:58:16.80 ID:IekLO9lvO [54/96]
『私…私ね…。ずっと、ずっとお姉ちゃんの事が…』

『憂…!』

『好き』

『…っ』

『血が繋がってるとか、女の子同士だとか。そういうのは分かってる』

『…』

『でも、どうしても好きなの。お姉ちゃんの事を…愛しています』


64 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/05/08(土) 00:58:40.16 ID:IekLO9lvO [55/96]
『わた…わたっ、わたし、わたしは…』

『お姉ちゃん?』

『私はっ』


『私は、憂の事なんて大嫌いっ!』

『っえ…、あ…』




65 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/05/08(土) 01:00:01.68 ID:IekLO9lvO [56/96]
唯(い、今のは!?)

唯(…あ、あれ?俺一体どうしたんだろう)

唯(頭が痛くなって…)

唯(何か良い匂いがする)

唯(ん、ほっぺに何かあたってあったか…、水?)

唯(しょっぱ…)

憂「うう…ぐすっ…」

唯(!!憂ちゃんが泣いてるのか!?)


66 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/05/08(土) 01:00:33.78 ID:IekLO9lvO [57/96]
憂「おねぇ…ちゃん……ごめ…ひっく、ごめんなさい…」

憂「でもっ…う、すき、好きなの…」

憂「気持ち、悪いよね…。わたし…妹、なのに、ねっ、ひっぅ…」

唯(なん…なんだ。この状況は…)

唯(さっきの夢は…)

憂「お姉ちゃんも、昨日の事、っく、無かった事にして、接してくれてるし…」

憂「私…わたし…」


67 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/05/08(土) 01:01:07.57 ID:IekLO9lvO [58/96]
唯「憂、ちゃん」

憂「っあ、おねぇ…ちゃん…」

唯「あ、あ、あの…」

憂「起きて、たんだ」

唯「う、うん」

憂「今の…聞いてたよね?」

唯「…聞いてた」

憂「これからは普通の、今まで通りの、妹で居る、からっ」

唯「…」

憂「私の事…嫌いに、ならないで…!」


68 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/05/08(土) 01:01:40.92 ID:IekLO9lvO [59/96]
唯(…憂ちゃんの事を嫌いになる?そんなこと…あるわけないじゃないか!)

唯(むしろ大好きだ)

唯(今すぐ抱きしめて、大好きだと叫びたい)

唯(いや、出来る。今の俺は、唯ちゃんなんだから)

唯(…でも、本当にそれでいいのか?)

唯(唯ちゃんの気持ちはどうなる?憂ちゃんの気持ちも、だ)


69 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/05/08(土) 01:02:29.26 ID:IekLO9lvO [60/96]
唯(ここで仮に俺が憂ちゃんに好きだと言った所で)

唯(俺は本当の唯ちゃんじゃない。唯ちゃんの姿をした…別の、誰かだ)

唯(それに、さっきの…)


『私は、憂の事なんて大嫌いっ!』


唯(どういう事なんだ。俺は…どうすれば良いんだよ!クソッ!)


70 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/05/08(土) 01:03:44.79 ID:IekLO9lvO [61/96]

唯「ういち…、うい」

憂「おねえちゃん…」

唯「夕飯の、買い物に行こう」


71 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/05/08(土) 01:04:16.57 ID:IekLO9lvO [62/96]
唯(ヘタレ?いいえ、違いますー)

唯(唯ちゃんの意見を尊重したんですー)

唯(もしかしたら明日には元通りになってるかもしれないじゃん?)

唯(だからさ、俺がこの姉妹の中に割り込んで二人の仲を掻き乱す訳にはいかないなーってさ)

唯(そういうコトだから。…はぁ)


72 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/05/08(土) 01:04:52.22 ID:IekLO9lvO [63/96]
憂(お姉ちゃん元気無いな…)

唯(俺はただ憂ちゃんといちゃいちゃキャッキャウフフしたいだけだってのに)

憂(私のせい、だよね)

憂「お姉ちゃん!」

唯「は、はい!?」

憂「食べたい物とか、ある?」

唯「あ~…う、憂が作るモノならなんでも」

憂「そっか…」

唯「…」

憂「…」


唯・憂(気まずい…)

73 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/05/08(土) 01:05:23.08 ID:IekLO9lvO [64/96]
スーパー

律「唯だけじゃなく澪まで休みやがって…」

律「菓子でも買って澪ん家に突撃するかな」

律「…ん?ありゃ唯と憂ちゃんじゃないか」

律「おーい唯!」

唯「りっちゃん!?」

憂「あ、律さん」


74 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/05/08(土) 01:07:16.36 ID:IekLO9lvO [65/96]
律「唯、お前体調悪いんじゃなかったのかよ!」

唯「え?あぁ、治りました」

律「早っ!ていうかもしかして憂ちゃんも学校休んだの?」

憂「はい、えっと…私もちょっと体の調子が優れなくて」

律「ふ~ん…」

唯「りっちゃん、ちょっとこっちきて」

律「え?お、おぉ…引っ張るなよ~」

唯「ごめん憂、りっちゃんと話あるから買い物続けてて?」

憂「?」


75 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/05/08(土) 01:07:46.71 ID:IekLO9lvO [66/96]
律「どうしたんだよ唯、憂ちゃんの前じゃ話せないようぐっ」

唯「…」

律「ちょ…えっ、唯、ぐるじいぐるじい」

唯「…」

律「な゛…、んでくびしめ…」

唯「…」

律「ぢょ…ゆいさん、ぐるじ、い…!」

唯「…」

81 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/05/08(土) 01:37:56.00 ID:IekLO9lvO [68/96]
律「が、ごほっ、な、何すんだいきなり!!本気で死ぬかと思ったぞ!?」

唯「これでとりあえず許す!」

律「何がだ!?」

律「ったく、何なんだよ…」

唯「りっちゃんが邪魔するからだよ」

律「全然身に覚え無いんですけど…?」

唯「あれ、そういえばりっちゃん部活は?」


82 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/05/08(土) 01:38:43.94 ID:IekLO9lvO [69/96]
律「あぁ…実は澪も部活休んでてな。3人だし今日はやめとくかーって」

唯「ふぅん、そうなんだ」

律(…何だろう。唯、ちょっと変だな)

律「あ、そうだ。唯、DVDどうする?」

唯「DVD?」




律「けいおん!の続きだよ。今カバン入ってるけど…」


83 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/05/08(土) 01:40:41.85 ID:IekLO9lvO [70/96]

唯「…は?」

律「は?って」

唯「り…りっちゃん、今なんて…」

律「いや、だからけいおん!の続き持って来たって。今渡そうか?」

唯「…あ、え?ちょ…意味が…分からない、んだけど…」

律「?」


85 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/05/08(土) 01:41:11.95 ID:IekLO9lvO [71/96]
唯「ちょ…ちょ、え…あの、見せて…それ」

律「え?これがそうだけど」

唯「!」

唯(キャラの顔が少し違う?)

唯(アニメの世界に、その世界のアニメ…?)

唯(なんだそりゃ、有り得ないだろ…)

唯(アニメの、世界?)

86 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/05/08(土) 01:42:00.06 ID:IekLO9lvO [72/96]
律「お~い唯、どうしたんだ?」

唯「ねぇりっちゃん、そのDVDって誰の…?」

律「え、弟に借りたのだけど…」

唯「りっちゃんって、お姉ちゃんだもんね」

律「…唯?まだ調子悪いのか?」

唯「…ごめん。私帰るから、憂に伝えといて」

律「は?お、おい唯。…行っちゃった。ホントどうしたんだアイツ…」


87 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/05/08(土) 01:42:29.95 ID:IekLO9lvO [73/96]
唯「考えてみれば…、おかしな事だらけだった」

唯「俺は…オタクで…けいおん!が大好きで…姉貴が居て…」

唯「だけど…だけど、それ以外に自分の事を思い出せないんだ」

唯「他に好きなアニメは?」

唯「自分の年齢は?名前は?家族構成は?通っていた学校は?」

唯「メルアドも、電話番号だって…そんなもん、思い出せる訳が無いんだ」

88 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/05/08(土) 01:43:00.67 ID:IekLO9lvO [74/96]
唯「『俺』という人間なんて存在しないんだから」


89 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/05/08(土) 01:44:01.61 ID:IekLO9lvO [75/96]
唯「アニメの世界のキャラクターになる?」

唯「そんな馬鹿な事が有り得るもんか」

唯「もう…逃げるのはやめにしようよ」

唯「唯ちゃん」

唯「…いや、私」


90 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/05/08(土) 01:46:15.81 ID:IekLO9lvO [76/96]
(…)

唯「こんなことがいつまでも上手くいく訳が無いよ」

(まぁ、そうだよね…)

唯「つまり、俺は君…いや、私、平沢唯が作り出したもう一つの人格」

(…私が私の気持ちから逃げるために生み出された人格)

91 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/05/08(土) 01:48:07.75 ID:IekLO9lvO [77/96]
『でも、どうしても好きなの。お姉ちゃんの事を…愛しています』


(…憂に好きって言われた)

唯「知ってる」

(すすす、好きだって!憂が!私の事!)

唯「でも、私は憂の事嫌いなんだよね?」

(…それは)

92 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/05/08(土) 01:48:36.31 ID:IekLO9lvO [78/96]
『私は、憂の事なんて大嫌いっ!』

『っえ…、あ…』


(だってしょうがないよ…)

唯「何が?」

(な、何がって)

唯「何がしょうがないの?」

(私と憂は家族なんだよ!?)

唯「それも知ってる」

(それじゃあ…分かるでしょ)

唯「でも諦めきれないんだ」

(…)


93 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/05/08(土) 01:49:25.25 ID:IekLO9lvO [79/96]
唯「心が他人なら…」

唯「この世界をアニメの世界に見立てて」

唯「自分を傍観者にして」

唯「妹をアニメのキャラに見立てて」

唯「それで…もう一つの人格を作ったんだ」

(…そうだよ。それなら憂と…憂と…)


94 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/05/08(土) 01:52:25.63 ID:IekLO9lvO [80/96]
唯「…本当にそれで良いの?」

唯「家族とか…妹とか…」

唯「そんなの、言い訳なんでしょう」

唯「本当は…、怖かったんだ」

唯「憂と自分じゃ釣り合って無いって、そう思ったんだ」

(…だって、憂は何でも出来て…可愛くて…あの子には、もっと相応しい人が居ると思って)

唯「ちゃんと正面から向き合おうよ。自分の気持ちと、さ」

(…逃げちゃうかもしれない)

唯「大丈夫。俺がついてるから」

(…ありがと)

唯「どーいたしまして」

95 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/05/08(土) 01:53:28.61 ID:IekLO9lvO [81/96]



憂(はぁ、何でお姉ちゃん先にかえっちゃったんだろう)

憂「やっぱり私の事…」

憂「ただいま…あっ」

唯「憂、お帰り」

憂「お姉ちゃん、玄関で待ってたの?」

唯「うん。憂のコト、待ってた」

憂(お姉ちゃんが先に帰っちゃったのに…)


96 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/05/08(土) 01:54:26.22 ID:IekLO9lvO [82/96]
憂「寒いし中入ろう?」

唯「待って、その前に」

憂「?どうしたの…っ!?」

唯「んっ…」

憂「っ…ぷは…、お姉ちゃん、あれ…え…!?」

唯「…私ね、自分に嘘吐いてた」

憂「え?」

唯「誰でもなく、ちゃんとはっきり私の言葉で言うよ!」

唯「私、平沢唯は、平沢憂のコトが―――」


97 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/05/08(土) 01:54:40.26 ID:IekLO9lvO [83/96]
おしまひ

98 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/05/08(土) 01:56:20.26 ID:IekLO9lvO [84/96]
疲れた
とにかく疲れた
切り張りだけでこんなに疲れると思ってなかった
後半の展開が強引なのは多少目をつむってやってください
もしここまで読んでくれた人が居たなら感謝感謝です
ありがとーごさいました

106 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/05/08(土) 10:03:33.67 ID:IekLO9lvO [85/96]
こんにちは!平沢唯です!
あれから憂とは前よりも更に仲良くなりました!
ただ最近ちょっと困ったコトがあるんです。
それは…もう一人の私が…。

唯「あずにゃ~ん!」

梓「きゃっ!もう、先輩は私に抱き着かないと死ぬんですか?毎日毎日…」

唯「死ぬよ~死んじゃうよ~一日でも抱き着かない日があったら間違いなく死んじゃうよ!」

梓「そうなんですか…。もういいですけど…」


107 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/05/08(土) 10:04:14.58 ID:IekLO9lvO [86/96]
律「ったくお前等相変わらず仲良いな」

唯「えへへ~でしょ?っ!?」

(あずにゃん!あずにゃんだ!)

唯(ちょ、出て来ないで!)

(交代してくれ!あのあずにゃんに抱き着けるなんて!)

唯(だめ~…君何するか分かんないだもん…!!)

澪「お、おい唯。どうした突然頭押さえて」

紬「大丈夫!?」


108 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/05/08(土) 10:05:45.62 ID:IekLO9lvO [87/96]
唯「…全然大丈夫!ちょっと立ちくらみしただけだよ!」

紬「頭痛薬あるけど…」

律「保健室行っとくか?」

唯「へーきだよ!」

梓「先輩、ホントに大丈夫ですか?」

唯「大丈夫!それよりあずにゃん!」

梓「っ!どうしてまた抱き着くんでひゃあ!?」

唯「ん~あずにゃんの耳たぶはむはむ」

梓「ひゅゆ、ゆゆいせんぱい!?」

澪「な、何を…」

紬「まぁまぁまぁまぁまぁ!」

(お願いだからやめて~!!)


109 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/05/08(土) 10:09:01.06 ID:IekLO9lvO [88/96]
唯「はむはむはむはむ」

梓「あっ…や、だめ、ゆいせん、わたし、みみは…」

唯「へぇ!あずにゃんって耳が弱いんだ!良いこと聞いたなぁ。ふ~っ」

梓「ひっ!あ、あ、ああぁ…う…」

律「梓が…床にへたりこんでしまった…」

澪「お…おい唯!何考えてるんだよ!?」

唯「ん~…澪ちゃん!澪ちゃんだ!」

澪「はぁ…?」

唯「澪ちゃんこそ何考えてるの!?」

111 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/05/08(土) 10:12:54.93 ID:IekLO9lvO [89/96]
澪「ひゃっ!?」

唯「何考えてたらこんなにおっぱい大きくなるのかな~♪」モミモミ

律「唯!おま、お前、澪の胸に…!私だってそこまでは…!」

唯「りっちゃんの相手は後でしてあげるよ。今は澪ちゃんのおっぱい♪おっぱい♪」

澪「っく…やめて…ゆいぃ…」

唯「も…!!萌え萌え~きゅ~ん!!」モミモミモミモミ

澪「あっ…だ、だめっ…こんな所でわたし…んんっ!!」

紬「うふふふふふふふ」

律「ムギが完全に壊れてる…」

113 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/05/08(土) 10:35:29.71 ID:IekLO9lvO [90/96]
唯「ふふふ、次はりっちゃんだよ!」

律「く…」

唯「りっちゃんの弱点は分かってるんだからね!」

律「何!?」

唯「いつも澪ちゃんにそのデコ、舐めてもらってるんでしょ!」

律「な、何故それを…!?」

紬「はぁはぁはぁはぁ」

114 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/05/08(土) 10:42:05.15 ID:IekLO9lvO [91/96]
唯「ふっ、ひっかかったね!やっぱりりっちゃんの弱点はそのおデコだっ!」

律「あっ…!クソ、嵌められた…!」

唯「さぁ私の超絶舌技で絶頂に導いてあげよう!」

律「あっ…みお…ごめん…」

ガチャ



117 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/05/08(土) 10:59:02.95 ID:IekLO9lvO [92/96]
憂「お姉ちゃん、一緒に帰りたくて来ちゃ…った…」

唯「えっ?」ペロペロ

律「」ビクンビクン

憂「なに…してるのかな…?」

唯「あ、あの、これは…唯ちゃんパス!」

(えぇっ!?ここで!?)

(任せた!)

唯「ってもう引っ込んでる!」

唯「う、憂、これは違うの、もう一人の私が…!!」

憂「お姉ちゃん、うふふふふ」

唯「ひいいいいいいいいいいい!!」

118 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/05/08(土) 11:02:34.20 ID:IekLO9lvO [93/96]
今度こそおしまいでござる
もうやりたいコトはやった
唯憂SSがもっと増えれば良いのに

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。