FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

上条「バンドやりたい」

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/05(水) 20:46:03.37 ID:TIPo9yTd0 [1/21]

【とある高校@昼休み】


上条「…と、言うわけで一緒にやろうぜ!」

青ピ「はい?」

土御門「突然なに言ってるぜよ、カミやん」

上条「上条さんはバンドがやりたいって言ったんですよ。聞こえなかったんですか?」

土御門「いや、聞こえてたからこそ聞き返したんだにゃー」

青ピ「なんやなんや!またカミやんは新しいフラグでも立てる気かいな!」

上条「なぜそうなる」

動画が貼ってあるので結構重いかもです

2 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/05(水) 20:47:31.99 ID:TIPo9yTd0

土御門「でも意外だぜぃ。カミやんが楽器できたなんて…」

上条「は?」

土御門「ん?だって、カミやん楽器できるんだろ?」

上条「いや、できないですよ?」

土御門「………」

上条「………」

土御門「え?」

上条「え?」


4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/05(水) 20:48:44.92 ID:TIPo9yTd0

青ピ「…カミやん、バンドがしたいんちゃうの?」

上条「だから、さっきからそう言ってるじゃねーか!!」

土御門「じゃあ、楽器もできるぜよ」

上条「触ったこともありませんが?」

土御門「………」

青ピ「OK、一旦落ち着こう」


6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/05(水) 20:49:57.72 ID:TIPo9yTd0

上条「あっ!思い出した!!」

青ピ「おっ!なんやなんや。やっぱり昔ギターでもひいてたとか…」

上条「この間、部屋を片付けてたときに押し入れからリコーダーが出てきたんだよ!」

青ピ「………」

上条「多分、それなら上条さんでもできると思うんですよ(使った記憶はねーけど)」

土御門「…カミやんはなんでバンドやろうなんて思ったんだぜぃ」

上条「実はさ、この間古本屋でこれを買ったんだよ」ゴソゴソ


7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/05(水) 20:53:19.41 ID:TIPo9yTd0

上条「『BECK』全34巻 お値段なんと9,800円。今月の生活費がすべてパーだ」

青ピ「…あー」

土御門「まさかとは思うがカミやんよ」

上条「ん?お前も読むか、土御門?おもしろいぜ!」

土御門「いや、遠慮しとくにゃー。それよりも、カミやんや」

上条「おすすめのバンドは『チャイニーズ・ブッキー』だ!あっ、もちろん雄太が脱退した後のだがな」

土御門「…そろそろ全力で魔術使うぞ」

オマエ ソレ マエニ ウチ ブッコワシタヤツジャネーカ!!
モンドウムヨウダニャー
ギャー フコウダァーーーーーー!!!


8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/05(水) 20:54:47.08 ID:TIPo9yTd0

スッタモンダ アッタモンダ

土御門「人の話は聞くもんだにゃー、カミやん」

上条「…はい。なんでしょうか、土御門さん」

青ピ「ワイ ナニモ ミテナイネン ワイ ナニモ ミテナイネン ワイ ナニモ ミテナイネン ワイ ナニモ ミテナイネン」

土御門「カミやんはバンドがやりたいと?」

上条「おう!!」

土御門「して、その心は?」

上条「なんてーか、こう。『BECK』読んでたら俺も青春したくなりまして…」

土御門「………」

上条「ほら、男子高校生なら誰でも1回は学園祭でライブする妄想とかってするだろ?するんだよ!?するんですよ!!!!」

青ピ「まぁ、気持ちは分からんでもないね」


10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/05(水) 20:55:51.44 ID:TIPo9yTd0

土御門「じゃあ、カミやんは楽器なんか何一つできないけど、漫画読んだ影響をもろに受けて厨二病全開な妄想を実現させようと…」

上条「ヤメテ!お願いだから、本人目の前にしてそんな客観的に事実を並べないで!」

土御門「…まぁ、だいたい事情はわかったんだにゃー」

上条「おお、それじゃあ…」

土御門「一人でがんばるぜよ、カミやん」

青ピ「ウチらもそんなに暇と違うのよ」

上条「くそ、なんて薄情な奴らなんだ…」


11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/05(水) 20:57:46.48 ID:TIPo9yTd0

上条「お前らそれでも級友か!友達ですか!親友なんですか!!!」

青ピ「どうせ、バンドやったってカミやんにフラグが立つだけやん」

土御門「カミやんなんか板に画鋲さして輪ゴム引っ掛けたギターもどきで妄想に浸ってるのがお似合いだにゃー」

上条「………」

上条「………いいぜ、お前らがあくまでもバンドはやらねぇって言うつもりなら」





上条「まずはそのふざけた幻想をぶち殺す」


13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/05(水) 21:01:02.84 ID:TIPo9yTd0

上条「青ピ!!いいか、よく聞け!!!」

青ピ「なんやねんな、いくら言われたってバンドなんて面倒そうなのは…」

上条「はーい!クラスの女子注目してくださーい!!!」

イキナリ オオゴエ ダシテ ナニヨ
カミジョウクンガ サワイデル マタ
ナニナニー
ナンデスカー
ザワ…ザワ……

上条「ここに『バンドをやってるイケメン』と『バンドをやってないブサメン』がいるとします」

上条「彼氏にするとしたらどっちだ!?」

ソリャ イケメン ダロ
トウゼン イケメン
イケメン イケメン
イケメンデスネー
ザワ…ザワ……

上条「つまり、バンドをやるとモテるんだよ!!!」

青ピ「なっ、なんだってー!!!」

土御門「(全然バンド関係ないにゃー)」


15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/05(水) 21:03:21.00 ID:TIPo9yTd0

上条「青ピ、俺とバンド……やらないか?」

青ピ「………」

土御門「いや、いくら青ピでもそんなのに引っ掛かるわけ…」

青ピ「おっ、カミやん!このギターなら中古で3万やで!!!」

上条「マジか!?げぇ、ギターって結構高いもんなんだなー」

土御門「………」

土御門「(いくらなんでも短絡的過ぎるだろ、青ピ)」


16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/05(水) 21:04:29.91 ID:TIPo9yTd0

上条「…で、土御門はどうするんだ」

土御門「青ピみたいなバカと一緒にしないで欲しいですたい。そんな餌でこの俺が釣られ…」

上条「………そういえば、この前会ったとき舞夏が『彼氏にするならバンドマン』って言ってたような…」ボソ

土御門「バンド名は『ラブラブ☆ダンシングサマー』というのはどうぜよ?」

上条「よっし!これでバンド結成だな!!」

吹寄「さすがデルタフォース」


17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/05(水) 21:05:33.98 ID:TIPo9yTd0

土御門「それで?構成はスリーピースでいいのかにゃー」

上条「はぁ?何いってんだよ。バンドは5人だろ」

青ピ「そうなん?」

土御門「いや、別に決まってない」

上条「いやいやいや。だってBECKは5人ですよ?」

青ピ「え?」

土御門「………」

上条「それよりも役割キメようぜ!俺コユキな!!」

土御門「(どこからツッコんでいいのか分からんぜよ)」


18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/05(水) 21:07:19.83 ID:TIPo9yTd0

上条「青ピは…平くんでいいや」

青ピ「何すればいいん?」

土御門「ベースひいてライブ中に脱ぎだせばいいにゃー」

上条「土御門は…サクでいいか」

土御門「ドラムだにゃー」

上条「問題は、竜介と千葉だよな」

土御門「問題しかない気がするにゃー」


19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/05(水) 21:08:14.94 ID:TIPo9yTd0

土御門「カミやん、他に男の知り合いはいるのかな?」

上条「男の知り合い?…ん、待てよ」

上条「外国育ち…ロンゲ…長身……そうか!?」

上条「ちょっと待ってろ!いま電話するから」

prrrrrrr

ステイル「………なんだ」

上条「おぉ、良かった。電話に出てくれなかったらどうしようかと思ったぜ」


21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/05(水) 21:09:39.88 ID:TIPo9yTd0

ステイル「………用件はなんだい?まさか、あの子に何かあったんじゃ」

上条「あぁ、インデックスなら今ごろ家で昼寝でもしてる頃だと思うぞ」

ステイル「………ふん。じゃあ、なんの用だ」

上条「なんだよ、随分テンション低いな。眠いのか?」

ステイル「………いま何時だと思ってる」

上条「何時って…まだ昼過ぎだぞ?もしかして、いま起きたのか?お前それじゃ立派なニートじゃねぇか。仮にも神父だろ」

ステイル「………よし、今すぐ『日本とイギリス 時差』でぐぐれ!そして、二度とかけてくるな!!!」


22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/05(水) 21:12:11.56 ID:TIPo9yTd0

上条「まぁ、そんなことはどうでもよくてだな」

ステイル「なるほど、あくまで無視するという訳だな。いいだろう。もし君の用件というのが僕の睡眠を妨害するだけの価値がないと判断したら、すぐにでも君を焼死させてやる」

上条「いいぜ!聞いて驚くなよ、実はな…」

ステイル「実は?」

上条「一緒にバンドやろうぜ!!!」

ステイル「………うん?」

上条「バンドだよ、バンド!ロックバンド!!あっ、もしかしてバンドって知らないか?あのな、バンドってのは…」

ステイル「………知ってるよ。それは僕をイギリス人と知ってのジョークかい?」

上条「なら、話しは早いじゃねぇか!バンドや…」

ステイル「そうかそうか。よし、待ってろ。いますぐFAXでルーンをそっちに送るから。全部届いたらまた電話してくれ。『魔女狩りの王』を呼んであげるよ」


23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/05(水) 21:13:30.35 ID:TIPo9yTd0

上条「いやいやいや。なんでそんな物騒なことになってるんでせうか!?」

ステイル「さっき言ったはずだろ?僕の睡眠を妨害するだけの価値がないと判断したら即焼死させると」

上条「あーそーですか。じゃあ、ステイルさんはバンドなんてやる価値はないと、そう仰るんですね」

ステイル「よく判ってるじゃないか。だいたい何で僕がバンドなんてものをやらなければなら…」

上条「………そういえば、インデックスが『結婚するなら断然バンドマンなんだよ』って言ってた気が…」ボソ

ステイル「朝一の飛行機でそっちに向かうよ。あの子によろしく言っておいてくれ」

上条「よっし、これで残りは1人だ!」

土御門「(…黒いぜよ。このカミやんは真っ黒ぜよ)」


24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/05(水) 21:14:58.02 ID:TIPo9yTd0

上条「しかしな、アフロで空手やっててラップができる知り合いなんていなし…」

土御門「別にもう人数合わせでいいじゃないかにゃー」

上条「それもそうだな!あと1人は俺にあてがあるから放課後になったら連れてくるぜ」

土御門「…そこはかとなく不安ぜよ」

青ピ「何はともあれ、これで晴れて『チーム童貞』が本格始動ということやね」

上条「ちょっと待て!そのバンド名は周りからの視線が痛すぎるからやめて下さい。お願いします」

土御門「そうぜよ。バンド名は『ラブラブ☆ダンシングサマー』にもう決まったんだにゃー」

上条「決まってないっての!!!」


27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/05(水) 21:16:11.22 ID:TIPo9yTd0

【常盤台中学@同時刻】


美琴「…バンドやりたい」

黒子「はい?」

美琴「だーかーらー!バンドがやりたいって言ったの!!」

黒子「お姉さま、一体なにを突然…」

美琴「だって何かおもしろそうじゃない!なんか青春してるっぽいし」


28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/05(水) 21:17:09.24 ID:TIPo9yTd0

黒子「…それで、今度は何に影響を受けたんですの?」

美琴「うっ!?な、なんでアンタがそんなこと知ってんのよ」

黒子「これでも黒子はお姉さまのパートナーですの」

美琴「…分かったわよ。この間、Amazonでこれを買ったのよ」ガサゴソ

美琴「『けいおん!』3巻合わせてお値段たったの2,580円よ!」

黒子「お姉さま、それは定価ですの。あと、お願いですから常盤台のエースともあろうお方が学校に漫画など持ち込まないで欲しいですの」

31 名前:復活した?結局、なんだったんだ?鯖落ちてたのか???[] 投稿日:2010/05/05(水) 21:57:17.32 ID:dPIp/uEi0 [1/9]

美琴「いや~、表紙の女の子が可愛かったから思わず表紙買いしちゃったんだけど、これが結構おもしろいのよ」

黒子「…漫画のタイトルと表紙の女の子から察するに、女子高生がバンドを組んでキャッキャウフフのお話ですのね」

美琴「まぁ、概ね合ってるわね」

黒子「はぁー…」

美琴「むっ!?何よ、そのあからさまな溜め息は!!」

黒子「…溜め息の一つもつきたくもなるというものですの。『常盤台のエース』にして『超電磁砲』の異名をとる学園都市最高位『レベル5』の第3位」

黒子「その実態がお子様趣味に飽き足らずオタク属性まで付加させる追っかけ少女なんて…」

美琴「誰が『追っかけ少女』よ!あ、あれはただ単に勝負をしているだけであって、そっそそそれ以外の意味なんて何も…///」

黒子「…『追っかけ少女』以外は否定してくださらないのですね」

34 名前:1 ◆tDZEDi3zBI [] 投稿日:2010/05/05(水) 22:24:28.39 ID:dPIp/uEi0 [3/9]

美琴「そんなことより、早く役割を決めるわよ」

黒子「役割…ですの?」

美琴「黒子はそうね…ツインテの後輩だからあずにゃんね!」

黒子「あの…」

美琴「私は唯をやるわ!!」

黒子「…お姉さまはバンドがやりたかったのでは?」

美琴「そうよ。だから、さっきからそう言ってるじゃない」

黒子「………」

黒子「黒子はバンドについてはあまり詳しくないのですが、『あずにゃん』とはどんな楽器ですの?」

美琴「はぁ?」


39 名前:1 ◆tDZEDi3zBI [] 投稿日:2010/05/05(水) 23:46:34.42 ID:dPIp/uEi0 [4/9]

美琴「なんで『あずにゃん』が楽器になるのよ」

黒子「そ、そうですわよね。黒子ったら勘違いをしていたみたいですの」

美琴「も~、しっかりしなさいよね。ジャッジメントでしょ?」

黒子「面目ないですの。それで、お姉さま。黒子は一体なにを担当すればよろしいんですの?恥ずかしながら、黒子はピアノとバイオリン程度しか嗜んでおりま…」

美琴「だから『あずにゃん』だってば!」

黒子「………」


40 名前:1 ◆tDZEDi3zBI [] 投稿日:2010/05/05(水) 23:47:21.32 ID:dPIp/uEi0 [5/9]

黒子「黒子は『あずにゃん』をやるんですの?」

美琴「うん。そう」

黒子「『あずにゃん』は楽器ですの?」

美琴「そんなわけないでしょ」

黒子「………」

美琴「………」

黒子「え?」

美琴「え?」


41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/05(水) 23:50:47.80 ID:dPIp/uEi0 [6/9]

アーダ コーダ
デスノー ビリビリ デスノー ビリビリ

黒子「…つまり黒子はギターをやればいいということですのね」

美琴「まぁ、そうとも言うわね」

黒子「(それ以外に何があると言うんですの)」

美琴「…で、問題はあとの3人よね」

黒子「黒子には良くわかりませんが、バンドというのは5人でやるものなんですの?」

美琴「決まってるじゃない!だって、『けいおん!』は5人でやってるし。きっとそういうもんなのよ」

黒子「…まぁ、お姉さまがそれで良いのでしたら黒子はかまいませんが」


42 名前:1 ◆tDZEDi3zBI [] 投稿日:2010/05/05(水) 23:52:50.32 ID:dPIp/uEi0 [7/9]

美琴「佐天さんとか澪が似合いそうなんだけどなー」

黒子「なら、放課後にでも誘ってみてはどうですの」

美琴「それもそうね!」

黒子「それより黒子はお姉さまがギターをひけたことの方が驚きですの。いつの間に練習したんですの」

美琴「ん?ギターなんてやっとことないわよ」

黒子「…えぇ、どうせそんなことだろうと思ってましたの。もういいですの」

美琴「まぁ、バイオリン引けるから大丈夫でしょ。同じ弦楽器だし」

黒子「(もうどうにでもなれですの)」


47 名前:1 ◆tDZEDi3zBI [] 投稿日:2010/05/05(水) 23:59:34.80 ID:dPIp/uEi0 [8/9]

【とある高校@放課後】

上条「よっしゃー!やっと学校終わったぜーー!!」

青ピ「んで、カミやん。ラスト1人はどんな奴なん?」

上条「あぁー、そうだった。俺ちょっと呼んでくるから…そうだな、先にいつものファミレスに行っててくれ」

青ピ「了解やでー!」

土御門「(…なんだか嫌な予感しかしないにゃー)」

48 名前:1 ◆tDZEDi3zBI [] 投稿日:2010/05/06(木) 00:01:15.10 ID:TMcreDtl0 [1/74]

上条「…と、勢いよく学校出てきたものの、俺はアイツの連絡先なんて知らねーんだよな」

上条「…まぁ、そこらのコンビニに行けば会えるだろ」

イラッシャイマセー

上条「え~と、飲み物売り場は…」







打ち止め「ねぇねぇ、この『いちごおでん 特濃スペシャル』っての飲んでみたい!って、ミサカはミサカは好奇心をあらわにしてみる!」

一方通行「あァ!?やめとけやめとけ、ンなもンどーせマズイに決まってンだろォーがァ!!!」

上条「………ホントにいやがった」


50 名前:1 ◆tDZEDi3zBI [] 投稿日:2010/05/06(木) 00:03:42.78 ID:TMcreDtl0 [2/74]

一方通行「ン!?何見てやがン………」

上条「………よう」

一方通行「三下ァァァ…まさか、わざわざそっちから顔出してくれるとはなァ、いい度胸してるじゃねェか!!!」カチ

上条「いやいやいや。違いますよ!?上条さんはなにも戦いに来たわけじゃないんでせうよ!」

一方通行「そォかよ、だがそンなもンこの俺の知ったこっちゃねェーなァ!!!!!」

上条「ストーーーープ!!!ここでお前が能力使ったら商品全部弁償じゃねーか!!!」

一方通行「そんなもン、店ごと跡形もなく吹き飛ばせば弁償も何もねーだろォ」

上条「ぎゃー!何でそうやって危険な方にばっかり思考が回るんだよ」


51 名前:1 ◆tDZEDi3zBI [] 投稿日:2010/05/06(木) 00:05:18.46 ID:TMcreDtl0 [3/74]

上条「(くそっ!こうなればしょうがない。奥の手だ…)」

一方通行「辞世の句はできたかよ、三下ァ!今日こそはぶっ潰してやるぜェ」

上条「打ち止めぇぇぇぇぇ!!!!!」

一方通行「ンァ!?」

打ち止め「なになに?って、ミサカはミサカは買い物カゴにこっそり『いちごおでん 特濃スペシャル』を入れながら聞いてみる」

上条「いいか、よく聞け!このまま一方通行が暴れたらなぁ!」

打ち止め「???」

上条「この店のお菓子がすべて食べられなくなっちまうぞ!!!!!」

打ち止め「!!!!!?」

一方通行「なに言ってやがンだァ、テメェはァ!?いいからさっさと始め…」

打ち止め「タッーーーークル!って、ミサカはミサカはアナタのがら空きのボディに渾身のタックルをかましてみたりー!」ドーン

一方通行「ぐはァっ!?」

52 名前:1 ◆tDZEDi3zBI [] 投稿日:2010/05/06(木) 00:06:57.89 ID:dPIp/uEi0 [9/9]

一方通行「ぐ…おォ……くそガキがァ…テメェ………」ヨロヨロ

打ち止め「暴れちゃダメー!って、ミサカはミサカはアナタの腰にしがみついて暴れてみる」

上条「…スマン、一方通行。俺もこんな手は使いたくなかったんだが」

一方通行「ぜェっっっってェ嘘だろテメェ!!!!」

打ち止め「わーい!一方通行のぼり!って、ミサカはミサカはどっかのうにゅーのマネをしてみたり」ヨジヨジ

一方通行「お前は邪魔するのか遊ぶのかどっちだクソガキーーーー!!!!」

上条「(打ち止めがいるときに声をかけて正解だったな)」

53 名前:1 ◆tDZEDi3zBI [] 投稿日:2010/05/06(木) 00:09:14.04 ID:TMcreDtl0 [4/74]

アリアトーアッシター ニドトクルナー

一方通行「…でェ、結局お前はなにしに来たんですかァ?」ゼェゼェ

上条「お前、完璧に打ち止めのオモチャだな」

打ち止め「ふぃー!いい汗かいたー!!って、ミサカはミサカは腰に手を当てて『いちごおでん 特濃スペシャル』をガブ飲みしてみた…ブフォッ!!!」

上条「うぉ!?どうした打ち止め!!」

打ち止め「オエェェェェェ」

一方通行「…だァから、言わンこっちゃねェーンだよ。ンなもン、マズイに決まってンだろ」

打ち止め「うぇ…何だか口の中が甘ったるくて塩っぱくて気持ち悪い…って、ミサカはミサカは余った『いちごおでん 特濃スペシャル』をアナタに押し付けてみる」


55 名前:1 ◆tDZEDi3zBI [] 投稿日:2010/05/06(木) 00:11:16.00 ID:TMcreDtl0 [5/74]

一方通行「いらねェよ!自分で捨ててこい!!」

打ち止め「えー、まだ半分以上残ってるからもったいないよ!って、ミサカはミサカはアナタにもったいない精神を説いてみる」

一方通行「なら自分で飲みやがれ、クソガキがァ!!」

上条「…マズイからって食べ物を粗末にするのは子供の教育上よろしくないのでは?って上条さんは上条さんは一方通行にだけ聞こえるように呟いてみる」ボソ

一方通行「…今すぐテメェの口の中に流しこンでやってもいいンだぜェ」

上条「自分が買ったものを人になすりつけるのは良くないと思いまーす!なー、打ち止め?」

打ち止め「うん!って、ミサカはミサカは良く分からないけどノリで頷いてみる」

上条「………それに」チラ

打ち止め「???」

上条「そのまま口を付ければ打ち止めと間接キッス」ボソ

一方通行「………チッ、後で覚えてろよ!三下ァ ///」ゴクゴク


58 名前:1 ◆tDZEDi3zBI [] 投稿日:2010/05/06(木) 00:12:23.67 ID:TMcreDtl0 [6/74]

一方通行「…ンで、ホントのところ何の用なンだよ」

上条「そうそう、やっと本題ですよ。あのな、実は…」

一方通行「……実は?」

打ち止め「………ゴクリ。って、ミサカもミサカも混ざってみたり」

上条「一緒にバンドやらないか?」

一方通行「………あー、悪い。どうも音を反射してたっぽいわ。もっかい言ってくれェ」

上条「ん?なんだ、しょーがねーな。あのな、一緒にバンドやろうぜって言ったんだ」

一方通行「………クソガキィ、帰るぞォ」

上条「えぇ!?なんでそうなるんでせう!!!」


59 名前:1 ◆tDZEDi3zBI [] 投稿日:2010/05/06(木) 00:14:52.67 ID:TMcreDtl0 [7/74]

一方通行「なァァァァンで学園都市第1位のこの俺が三下なンかと一緒にバンドをやらなきゃいけないンですかァ?」

上条「それはあれだよ…ほら、青春?」

一方通行「なンでそっちが疑問系になってンだよ」

上条「…どうしてもやらない?」

一方通行「絶対やんねーなァ」

上条「………打ち止め、一方通行がバンドやってるとこ見たいよな?」

打ち止め「見たい!アナタがバンドやってるところ見てみたい!!って、ミサカはミサカはバンドがなんだか良く分かんないけど元気よく手を挙げてみる!」

一方通行「ケッ、やらねーもンはやらねーンだよ」

打ち止め「え~、やらないの?って、ミサカはミサカはがっくり肩を落としてみる」

一方通行「………」

打ち止め「………」ショボーン

一方通行「………あァァァァァァァ、分かったよ!やればいいンだろォーが、やれば!!!だからそンな顔すンじゃねェ」

打ち止め「ホント!?わーい!わーい!って、ミサカはミサカはアナタに抱きついて全身で喜びを表現してみる」

上条「よっしゃーーーー!これで5人揃ったーーーー!!!!」


60 名前:1 ◆tDZEDi3zBI [] 投稿日:2010/05/06(木) 00:16:22.88 ID:TMcreDtl0 [8/74]

一方通行「それで、俺は一体なにをやればいーンですかね。自慢じゃねえが俺は生まれてこの方楽器なンざ触ったことねェぞ」

上条「大丈夫だ。俺も無い。あぁ、それとお前には『千葉』を頼もうと思ってる」

一方通行「…待て、いろいろツッコミ所はあるが、まず『千葉』ってなんだ?」

上条「んー、なんていうかあれだな。アフロ」

一方通行「アフロだァ?」

上条「という訳で、お前明日から髪型アフロな!」

一方通行「………」カチ


ギャー ナンカ クロイハネ ガ ハエター
マチヤガレ テメェノ ソノツンツンアタマヲ アフロニシテヤル
スイマセーン コノ ガラナアオジル ッテイウノクダサイ ッテ、ミサカハミサカハ オクチナオシ…ブハァ


61 名前:1 ◆tDZEDi3zBI [] 投稿日:2010/05/06(木) 00:19:17.08 ID:TMcreDtl0 [9/74]

今のうち言っておくけど、書き溜めはあるがすごく長い
明日早い人は寝た方がいい
-------------------------------------------

一方通行「それ…で……俺は結局ボーカルをやればいいンだな?」ゼェゼェ

上条「あぁ、そうとも…いうな」ボロ

一方通行「…たく、なら最初からそう言いやがれってンだ」

上条「よし、そうと決まれば早速行こうぜ」

一方通行「あァ?行くって何処に行くンだァ」

上条「そんなもん、他のメンバーの所に決まってんだろ。実はもうさっきからずっと待たせてんだよ」

一方通行「あァー?ンな面倒クセェことすンのかよ」

上条「ほら、さっさと行くぞ。一方通行」スタスタ

一方通行「…チッ、しょーがねーな。行くぞォ、クソガキ」スタスタ

打ち止め「」ピク ピク


62 名前:1 ◆tDZEDi3zBI [] 投稿日:2010/05/06(木) 00:21:01.52 ID:TMcreDtl0 [10/74]

【とあるファミレス】

イラッシャイマセー

一方通行「…で、他のメンバーってのは何処にいやがるンですかァ」

上条「え~と、2人とも目立つからすぐに見つかると思うんだが…て、いたいた。おーい」

青ピ「おっ!カミやん、待ちくたびれたわー」

土御門「遅すぎだにゃー。ドリンクバーだけで2時間はいろいろ視線が痛かったぜよ」

一方通行「(ン?この妙ちくりんな喋り方はどっかで…)」

上条「わりぃ、こいつ説得するのに時間がかかった」

土御門「じゃー、君がカミやんが言ってたラストメンバーかにゃ…」

一方通行「あぁ、そうらし…」

土御門「………」

一方通行「………」


イラッシャイマセー

ステイル「ふぅー、やっと着いたな。たしかこのファミレスにいるはずだが…」


65 名前:1 ◆tDZEDi3zBI [] 投稿日:2010/05/06(木) 00:22:47.80 ID:TMcreDtl0 [11/74]

土御門「!?」

上条「…あれ?ステイル!?お前なんでもう学園都市に着いてんだよ!」

ステイル「飛行機が待ちきれなくてね。ちょっと無理をさせてもらったよ」

上条「(ヤル気マンマンじゃないですか)」

ステイル「それで?ここにいるのが他のメンバーかい?どうも、はじめまし…」

土御門「………」

ステイル「………」


67 名前:1 ◆tDZEDi3zBI [] 投稿日:2010/05/06(木) 00:24:07.50 ID:TMcreDtl0 [12/74]

ステイル「………」

土御門「………」

一方通行「………」

上条「あれ?なんでこんな微妙な空気に…って、何だか土御門さんの視線が非常に恐いんですが上条さんは何か悪いことでもしたんでしょうか?」

土御門「…別にー。なんでもないですたい(俺にだって一応立場ってもんがあるんだぜぃ。カミやん。後で覚えておくんだにゃー)」

青ピ「青髪に金髪、さらには赤髪、白髪まで揃えるとは流石カミやんやね」

打ち止め「ねぇねぇ、この『いちご練乳ハンバーグ和風ソースがけ』っていのを食べてみたい!って、ミサカはミサカはあきらかな地雷原に果敢に挑戦してみるって、ねー、なんでさっきから野郎3人で見つめ合ってるのっていうか無視しないでーーー!」

青ピ「…大丈夫なん?このメンツで」

上条「………たぶん」


68 名前:1 ◆tDZEDi3zBI [] 投稿日:2010/05/06(木) 00:25:53.98 ID:TMcreDtl0 [13/74]

上条「ま、まぁーあれだ。せっかくメンバーが揃ったんだから演奏する曲でも…」

一方通行「ちょォっと待て!メンツについては色々言いたいことはあるが、まァ大目にみてやる。それより、まだ一番大事なことを決めてねェーだろ」

上条「大事なこと?」

ステイル「…ふん。僕も彼に同意見だな」

青ピ「大事なことってなんや?」

土御門「まったくわからんですにゃー」

一方通行「ったく、テメェーら本当に脳みそ活きてンですかァ!?こんなもン、ちょっと考えりゃァすぐに分かンだろォーが。なぁ、赤髪似非神父野郎」

ステイル「まったくだね。…白髪もやし野郎」

一方通行「………」カチ

ステイル「………」パラ

上条「だぁー!頼むからこんなファミレスで暴れるんじゃねー!!一方通行、とりあえずチョーカーから手を離せ!そんでもって、ステイルもルーンを店内にバラまくな!!!全員、起立!気を付け!店員さんに謝罪の礼!はい、着席!!!!!」


69 名前:1 ◆tDZEDi3zBI [] 投稿日:2010/05/06(木) 00:26:56.76 ID:TMcreDtl0 [14/74]

上条「それで、大事なことってのは何だよ。もう早く教えてくれ」ゼェゼェ

一方通行「チッ、まァーいい。しょーがねーなァ。じゃあ、この一方通行様が愚かなレベル0共に教えてやるとしますかァ」

一方通行「それはなァ…」

青ピ「それは?」

一方通行「バンドのな…」

ステイル「僕たちのバンドの名前だよ」

一方通行「………」


70 名前:1 ◆tDZEDi3zBI [] 投稿日:2010/05/06(木) 00:28:53.36 ID:TMcreDtl0 [15/74]

上条「はぁ?」

土御門「散々ひっぱった割にはしょぼすぎるぜぃ」

ステイル「む?それは聞き捨てならないな土御門。名前というのは非常に大事なものだ。これによってこのバンドが成功するかしないかが決まると言っても過言でもない」

青ピ「いやー、別に売れるためにバンドやるんと違うし。そんな気にせんでもええんちゃう?」

ステイル「何を言ってる!このバンドの成功次第で今後の僕の人生設計が決まるんだぞ!!」

土御門「…お前はこのバンドにいったい何を求めてるぜよ」



イイヨ イイヨ ドウセ オレミタイナヤツノハナシナンカ ダレモキカネーンダカラ
ソンナオチコムナヨ カミジョウサンハ チャント オマエノハナシキイテタゼ
ソウダヨ ソレニ ミサカハ アナタトオシャベリスルノ ダイスキ テ ミサカハミサカハ ダイタンニモショウゲキノコクハクヲシテミル


71 名前:1 ◆tDZEDi3zBI [] 投稿日:2010/05/06(木) 00:30:40.90 ID:TMcreDtl0 [16/74]

青ピ「それにバンド名ならもう決まってるねんで」

土御門「そうですたい」

上条「え?」

ステイル「なんだと!?」

一方通行「あァ?ンなこと俺は聞いてねーぞ!!」

青ピ・土御門「ずばり…」



青ピ「『チーム童貞』や!!」

土御門「『ラブラブ☆ダンシングサマー』だなにゃー!!」

打ち止め「いや、ねーわ」


72 名前:1 ◆tDZEDi3zBI [] 投稿日:2010/05/06(木) 00:32:08.81 ID:TMcreDtl0 [17/74]

青ピ「………あれ?」

土御門「ど…どういうことだぜぃ」

青ピ「さっき2人でバンド名は『チーム童貞』でいこうって決めたやん!!」

土御門「何言ってるにゃー!バンド名は『ラブラブ☆ダンシングサマー』とまとまったはずですたい」

上条「お前らまだそれ引っ張ってたのかー!!」

一方通行「…つまり、まだ何も決まってねーてこったなァ」

ステイル「ふむ、ではこういうのはどうだろう。2つの間をとって『ホワイトシスターズ』というのは…」

上条「どこをどう間とったらそんな名前になるんだよ!!」

一方通行「三下の言う通りだァ!だいたいバンド名は『エレクトリックガール20001』と既に決まって…」

上条「ねーよ!何ちょっとモンパチみたいに言ってんだよ!!」

打ち止め「はいはい!『弟達(ブラザーズ)』が良いと思う!って、ミサカはミサカは…」

上条「お前まで混ざるな、打ち止め…て、ちきしょう!この中じゃ一番マトモっぽい!!」


73 名前:1 ◆tDZEDi3zBI [] 投稿日:2010/05/06(木) 00:34:11.77 ID:TMcreDtl0 [18/74]

一方通行「じゃあ、テメェは何か考えあるのかよォ」

上条「はへ?」

土御門「そうだにゃー。人の考えた名前に文句つけるんだから、さぞかし素晴らしい名前を考えてるはずだぜぃ」

ステイル「まさか何も考えてないのに文句を言っていたのか」

青ピ「人として最低や…カミやん」

上条「え~と、その…」

上条「(あれ、なんで俺が悪いみたいな空気なんでせう?)」

一方通行「おら、どうなンだよ」

上条「………」

上条「じゃあ、『上条さんと不愉快な仲間たち…あっ、ちょっと待って冗談だから。そんなマジになら…ぎゃーーーー」


75 名前:1 ◆tDZEDi3zBI [] 投稿日:2010/05/06(木) 00:35:33.47 ID:TMcreDtl0 [19/74]

上条「…うぅ。不幸だ」ボロ

一方通行「ンで、どうすンですかァー?このままじゃ決まんねェーじゃねェか」

打ち止め「ねぇねぇ」

一方通行「なンですかぁー?」

打ち止め「みんなの特徴とか共通点をバンド名にしてみたら?って、ミサカはミサカは膠着した場に画期的なアイデアを供出してみる」

ステイル「特徴と共通点…ね」

土御門「なかなか良い案なんだぜぃ」

青ピ「この5人の特徴と共通点となると…」

・上条:フラグ野郎(主に年下)
・青ピ:オールストライク
・土御門:シスコン軍曹
・ステイル:シスター萌え(年下白修道女に限る)
・一方通行:ビリビリ幼女

打ち止め「(駄目だコイツら……早く何とかしないと…)」


76 名前:1 ◆tDZEDi3zBI [] 投稿日:2010/05/06(木) 00:37:38.62 ID:TMcreDtl0 [20/74]

青ピ「…となると、バンド名は『学園ロリコンズ』てのがえーんちゃう?」

上条「『中日ドラゴンズ』みたいに言ってんじゃねーよ!つーか、あきらかに社会的に抹殺されるだろ、それ」

ステイル「シスター(妹)萌えとシスター(修道女)萌えか…これは果たして偶然だろうか?どうだろう、ここは『シスター☆シスター』で手を打ってみないか、土御門」

土御門「むむ…この際、贅沢は言ってられないんだぜぃ。よし、乗った!」

上条「そっちはそっちで勝手に話し進めてんじゃねー!」

打ち止め「じゃあ科学(サイエンス)と魔術(マジック)を合わせて『ScienceMagic』!略して『SM』!!って、ミサカはミサカは…」

上条「発想は悪くない!悪くないんだけど、略しちゃダメだぁぁぁぁぁ!!!!」

一方通行「なら『W.L.T.C.』てのはどうだァ?」

上条「おっ!なんかかっこよさげだな、それ。よし、もうそれで決ま…」

土御門「…『We Love The Children(我々は子供達を愛する)』って意味だがにゃー」

上条「謝れ!何年も健気に待ち続けるフリゲ板のスレ住人たちに謝れ!!」


77 名前:1 ◆tDZEDi3zBI [] 投稿日:2010/05/06(木) 00:38:47.14 ID:TMcreDtl0 [21/74]

青ピ「もぉー全然決まらんやん。テンション下がるわー」

土御門「それというのも、みんなカミやんが文句ばっかいうからだにゃー」

ステイル「まったく、一体なにが気にくわないというんだろうね」

一方通行「なンですかァー?もしかして自分のセンスが一番マトモとでも思っちゃってるンですか、この三下さンはァー?」




上条「おかしい…最初は上条さんがボケで土御門がツッコミっていうスタンスだったはずなのに……どうしてこうなった」


80 名前:1 ◆tDZEDi3zBI [] 投稿日:2010/05/06(木) 00:41:00.28 ID:TMcreDtl0 [22/74]

土御門「なら、こういうのはどうぜだぜぃ。これから全員でクジを引いて、当たりを引いた奴がバンド名を決める。ハズレを引いた奴は大人しく従うにゃー」

一方通行「…おもしれェじャねェか。俺は乗ったぜ」

青ピ「もう何でもかまへんよー」

ステイル「うん。そうだね。いいじゃないか?分かりやすくて」

上条「つまり不幸な上条さんはもうお前らを止める術はないということですね。分かります」

土御門「じゃあ、1つだけ印を付けた爪楊枝を用意したぜよ。ガチでやるために爪楊枝はカミやんが右手で持っててくれにゃー」

上条「はいはいはい。分かりましたよ。もう好きにして下さい」

土御門「んじゃ、同時に爪楊枝を抜くぜよ。全員、自分のを選んだかにゃー?いくんだぜぃ…せーーーーの!!!」

全員「王様だーーーーれだ!!!!!」





打ち止め「やっほーーーい!ミサカが王様!!!って、ミサカはミサカは自慢げに印の付いた爪楊枝を天に掲げてみる」


81 名前:1 ◆tDZEDi3zBI [] 投稿日:2010/05/06(木) 00:42:09.19 ID:TMcreDtl0 [23/74]

上条「(…ホッ)」

一方通行「ちょっと待て!!何でクソガキまでクジ引いてンだよ」

土御門「…あまりにも馴染みすぎてて数に入れちまったぜよ」

青ピ「もうええんちゃう?このロリっ子に決めてもらえばええやん」

上条「そうだな。ハズレを引いた奴は大人しく従うのみ…。打ち止め、俺らのバンド名はお前が決めてくれ」

打ち止め「イェーい!!任されたー!って、ミサカはミサカは当たりを引いてハイテンションモードでお送りしてみる」


82 名前:1 ◆tDZEDi3zBI [] 投稿日:2010/05/06(木) 00:43:32.49 ID:TMcreDtl0 [24/74]

打ち止め「え~とねぇ…え~とねぇ……」

一方通行「(頼むぞォ、クソガキ!『エレクトリックガール20001』と言ってくれェ…)」

上条「(お願いします!打ち止め様!!マトモなバンド名にしてくれ…)」

打ち止め「はーい!決まりましたー」

土御門「OK。じゃあ発表してくれ」

全員「………ゴクリ」

打ち止め「みんな誰かのためのヒーローってことで、バンド名は『HEROS』っていうのはどうかな?って、ミサカはミサカはちょっと恥ずかしがりながらも力強く宣言してみる」


83 名前:1 ◆tDZEDi3zBI [] 投稿日:2010/05/06(木) 00:44:18.16 ID:TMcreDtl0 [25/74]

上条「…良かった。とりあえず社会的に抹殺される展開だけは免れた」ホッ

青ピ「まぁ、ええんちゃう?」

土御門「どっちみち拒否権はないんだけどにゃー」

ステイル「敗者は大人しく勝者に従うのみ…か。僕もこれでいいよ」

打ち止め「じゃあじゃあ、これで決まり!って、ミサカはミサカは…」

一方通行「………いやァ、ダメだろォ」

上条「え?いや、何言ってんだよ。せっかく打ち止めが考えてくれたのに…」

打ち止め「え~、でもでも…」

一方通行「テメェらだけなら別にそれでも良いンだけどよォ」





一方通行「1万人もの妹達ぶっ殺してきたこの極悪人がァ………今更どの面下げて『HEROS』なンて名乗るンですかァ?」


85 名前:1 ◆tDZEDi3zBI [] 投稿日:2010/05/06(木) 00:45:30.92 ID:TMcreDtl0 [26/74]

打ち止め「………」

上条「一方通行。お前…」

一方通行「つー訳だァ。ガキには悪いが何か別なやつを…」

打ち止め「…サカ………ヒー…だ……ん」ボソ

一方通行「あァ?」

打ち止め「…ミサ……っては……タも…ロー……だもん」グス

上条「…打ち止め?(もしかして…泣いてる……のか?)」

一方通行「何言ってンのか聞こえねェーンだよ。文句なら家に帰ってからいくらでも聞いてやっからよォ…。今は別な名前を…」

打ち止め「ミサカにとっては………」ポロ ポロ




打ち止め「ミサカにとってはアナタもヒーローだもん!!!って、ミサカはミサカは悲しくて悔しくてアナタにアナタに猛抗議って…うわぁぁぁぁぁん」


86 名前:1 ◆tDZEDi3zBI [] 投稿日:2010/05/06(木) 00:46:39.10 ID:TMcreDtl0 [27/74]

打ち止め「うえぇぇぇぇぇぇん」

一方通行「お、おいおいおい。いきなり何泣き出していやがるンですかァ?このお子様は…」オロオロ

土御門「あ~、一方通行が幼女を泣かせたんだにゃー」ニヤニヤ

青ピ「うわー、幼女を泣かすとかロリコンの風上にもおけない奴や。君、世の男の9割は敵に回したで」

ステイル「…神に仕える者として、これはいただけないね」

一方通行「…っ!?テメェらなァ…」カチ

打ち止め「…ふえぇぇ……ヒーロー…だもん…グス…て、ミサカは…ヒック……ミザガはぁ…」

一方通行「あァァァァ!!!もう、分かったから泣き止みやがってください。後でお菓子でも何でも買ってやっからよォ」オロオロ

上条「………くっ、くくく…くははははははは!」

一方通行「な、なに笑ってやがンだ、この三下がァーーー!」

上条「だって…子供に泣かれてテンパってる極悪人とか……ダメだ、腹イテェ」

一方通行「こ…のォ……」ワナワナ


87 名前:1 ◆tDZEDi3zBI [] 投稿日:2010/05/06(木) 00:47:49.78 ID:TMcreDtl0 [28/74]

上条「いい加減、認めちまえよ。一方通行」

一方通行「…あァ!?何を認めろってンですかァ?」

上条「打ち止めにとって、もうお前は立派なヒーローだってさ。それとも、学園都市第1位の『一方通行』様は、女の子1人も守れないような最強(さいじゃく)なんですか?」

一方通行「………勝手なこと言ってんじゃねェぞ。三下がァ!!」

上条「ならここで、このバンド名にかけて誓ってもらうぜ。いつでも、どこでも、誰からも、何度でも。都合の良いヒーローみたいに駆けつけて打ち止めを守ってやるってな」

打ち止め「………」

一方通行「…上等だァ!こいつ守るためだったら、ヒーローだろうが悪役だろうが何にでもなってやろーじゃねェかァ!!」

打ち止め「じゃあじゃあ、バンド名は『HEROS』で決まり?って、ミサカはミサカは思わぬ大胆告白に顔を赤くしながら聞いてみるけど…キャー///」

土御門「(…相変わらず、乗せられたやすい奴だにゃー)」


88 名前:1 ◆tDZEDi3zBI [] 投稿日:2010/05/06(木) 00:49:04.22 ID:TMcreDtl0 [29/74]

上条「そんじゃ、無事バンド名が決まったってことで、次は演奏する曲を決めようぜ」

青ピ「ここまでくんの長かったわー」

ステイル「そういえば、曲は自分たちで作るつもりなのかい?」

土御門「いや、無理だろ。全員素人だぜぃ?まずはコピバンでいいんじゃないかにゃー」

上条「実は上条もそう思って、もうやりたいバンドをいくつか選んできたんですよ」

青ピ「おっ!カミやんにしては用意がええやん」

上条「え~と、まずはブルーハーツだろ。そんでもってモンパチにゴイステ。あっ、あとハイスタもかっこいいからやりたい」

青ピ「BECKはどこいったん?」

土御門「…そこはかとなく厨二病臭が漂うラインナップですたい」


89 名前:1 ◆tDZEDi3zBI [] 投稿日:2010/05/06(木) 00:50:06.40 ID:TMcreDtl0 [30/74]

ステイル「………ふん。ジャパニーズロックってやつかい?くだらないね」

上条「おおっと、今の発言には流石の上条さんもカチンときましたよ?なんですか、上条さんの青春を馬鹿にするつもりですか???」

ステイル「ロックはUKこそが至高。どうして、君はこんな簡単なことも分からないのかな?」

青ピ「いや、アニソンこそが至高や!『鳥の詩』は世界共通の国歌やって何度もいってるやん!」

土御門「話がややこしくなるから青ピは黙ってろ!!」

一方通行「…歌なンて別になンでもいいンじゃねェーのかァ?」

上条「一方通行まで何言ってやがる!?」

一方通行「いやァ、俺は別に歌に思い入れなンてねェーからよォ。てか、真面目に聞いたこともねェなァ」

上条「クソッ!どいつもこいつも好き勝手言いやがって!こうなったら…もうそげぶするしかねぇ」


91 名前:1 ◆tDZEDi3zBI [] 投稿日:2010/05/06(木) 00:51:15.97 ID:TMcreDtl0 [31/74]

上条「お前ら!今日帰ったら全員これを聞け!!」バッ

ステイル「うん?メモリーカード…かい?」

一方通行「ン、なンかケースに書いてあンなァ。『上条さん青春セレクション@布教用』…ンだァ、こりゃ?」

上条「上条さんが日々の不幸から現実逃避したいときに聞いてる名曲集です。はい」

上条「とりあえず、これを全部聞いてこい。話はそれからだ」

ステイル「うん。別に構わないけど、UKが至高というのは変わることはないよ」

一方通行「まぁ、暇があったら聞いといてやらァ」

上条「絶対聞けよ!絶対だぞ!!」

土御門「カミやん、必死すぎだにゃー」


92 名前:1 ◆tDZEDi3zBI [] 投稿日:2010/05/06(木) 00:52:33.99 ID:TMcreDtl0 [32/74]

【放課後@とあるファミレス】

美琴「…と、いう訳でバンドやらない?」

固法「緊急事態だっていうから駆けつけてみれば…」

佐天「おー、なんか面白そうですねー!!」

初春「で、でででも、私は楽器なんてできませんよ?まして人前で歌うなんて…」

美琴「大丈夫よ、初春さん。私も楽器なんてたいしてできないから」

初春「ふぇ?」

黒子「もう説明が面倒ですのでさっさと決めてしまいましょう」


93 名前:1 ◆tDZEDi3zBI [] 投稿日:2010/05/06(木) 00:53:23.63 ID:TMcreDtl0 [33/74]

美琴「佐天さんはやっぱり澪よね。黒髪ロングだし」

佐天「え?澪ってなに?初春」

初春「うーん、私もそんな楽器は知らないですねー」

美琴「違うって、楽器じゃ(ry」

黒子「もうそれはいいですの!!」


96 名前:1 ◆tDZEDi3zBI [] 投稿日:2010/05/06(木) 00:54:18.38 ID:TMcreDtl0 [34/74]

美琴「固法先輩は…性格は澪っぽいんだけど、それは佐天さんだから…紬ね」

固法「…白井さん、通訳をお願い」

黒子「先輩の担当はキーボードということですの」

固法「はぁー。まぁ、その位なら構わないけど」

美琴「初春さんは…律しか残ってないかー。まぁ、いいわよね」

初春「え~と?」

黒子「初春はドラムですの」

佐天「それは無理なんじゃ…」


98 名前:1 ◆tDZEDi3zBI [] 投稿日:2010/05/06(木) 00:56:00.70 ID:TMcreDtl0 [35/74]

美琴「…あれ!?でも、ちょっと待って!!」

初春「はい?」

美琴「………初春さん、ちょっとこのカスタネット持って『うんたん』って言ってみて」

初春「え?え~と、こうですか?」

ウンタン ウンタン

美琴「…何かしら、私が唯を選んだのが激しく失敗した気がするわ」

初春「あの~、そろそろ腕が疲れてきたんですけど~」ウンタン ウンタン




ネー キヤマセンセー ワタシ オオキクナッタラ ドラム ヤルンダー

ワタクシ サイキン キーボード ヲ ナラッテルンデスコトヨ


99 名前:1 ◆tDZEDi3zBI [] 投稿日:2010/05/06(木) 00:58:44.36 ID:TMcreDtl0 [36/74]
>>95 ただの思いつきなんだぜ。期待はするな
----------------------------

美琴「よし!これでバンドは完成ね」

初春「あっ、バンド名はどうするんですか?」

美琴「よく聞いてくれたわ、初春さん!実はもう考えてあるのよ」

佐天「へぇー、どんなのなんですか?」

黒子「………」

美琴「やっぱり可愛いのがいいじゃない?だから『GEKO☆…」

黒子「…TA』なぁーんて冗談はなしにしてくださいましね。お姉さま?」

美琴「な!?」

佐天「あはは、まっさかー。美琴さんがそんなお子様趣味な名前をつける訳ないじゃないですか」

初春「そーですよねー」

美琴「」


100 名前:1 ◆tDZEDi3zBI [] 投稿日:2010/05/06(木) 00:59:53.46 ID:TMcreDtl0 [37/74]

イーヨーダ ドウセ ワタシハ オコサマシュミデスヨーダ

黒子「それじゃ、お姉さまは放っておいてさっさとバンド名を決めてしまいましょう」

佐天「はーい!!『初春のパンツは今日もくまさん』てのはどうですかー」バサァー

初春「却下ですー!!!」ポコポコ

固法「ここはベタに『ムサシノミルキーズ』っていうのは…」

黒子「先輩。それは別にベタでもなんでもないですの」

黒子「はぁー。やはりここは『お姉さまと黒子は相思相愛でもうグヘヘヘ』しかないかと…」

美琴「アンタが一番ないわぁぁぁぁぁぁあ!!!」ビリビリ


101 名前:1 ◆tDZEDi3zBI [] 投稿日:2010/05/06(木) 01:00:58.44 ID:TMcreDtl0 [38/74]

黒子「もう…正気に戻りましたのね…。お姉さま」プスプス

美琴「おかげさまでね」パリパリ

初春「なにか5人に関すること…とかはどうですか?」

固法「といっても…頭文字とか?」

佐天「御坂(M)、白井(S)、初春(U)、佐天(S)、固法(K)?母音が初春のUだけってのは難しいね」

初春「あとは…レベルとかはどうですか?」

御坂「ん~、私が5で黒子が4、固法さんが3で初春さんが1、佐天さんが0…か。惜しいわね」

佐天「………なんかスイマセン。私がレベル2じゃなかったばっかりに…」ズーン

御坂「えっ!?いや、違うのよ。そういう意味で言ったんじゃないんだって!!」


102 名前:1 ◆tDZEDi3zBI [] 投稿日:2010/05/06(木) 01:01:41.39 ID:TMcreDtl0 [39/74]

固法「別に本気でプロを目指すわけでもないんでしょう?あんまり深く考えなくてもいいなじゃないかしら」

初春「それもそーかもしれませんねー」

佐天「あっ、じゃあさ。もうこのファミレスの名前でいいんじゃない?」

黒子「…とすると『Julian』ですの?」

初春「わー、なんかちょっとカッコ良くないですか?」

佐天「ふふん。さすが、私。我ながらナイスアイデアだよ。センスが光ってるね」

初春「まー、ここのファミレスの名前を考えたのは佐天さんじゃないですけどねー」





美琴「(…どうせ適当なら『GEKO☆TA』でも良かったじゃない)」


103 名前:1 ◆tDZEDi3zBI [] 投稿日:2010/05/06(木) 01:02:30.90 ID:TMcreDtl0 [40/74]

黒子「ところで、曲の方はどうしますの?」

初春「その『けいおん!』ってアニメになってるんですよね?なら同じ曲をやるんですか?」

美琴「え?やらないわよ。別に私はアニメの方は見てないし」

佐天「えらい、バッサリ切りましたね」

美琴「それに、どうせやるんならみんなが好きな歌とかの方がいいじゃない?」

初春「でも、私こういうバンド系の歌ってあんまり聞いたことないですけど…」

美琴「そうなのよね。私もあんまし…黒子は?」

黒子「黒子もお姉さまと同じですの」


104 名前:1 ◆tDZEDi3zBI [] 投稿日:2010/05/06(木) 01:03:12.01 ID:TMcreDtl0 [41/74]

初春「となると…佐天さんと固法さんはどうですか?」

佐天「う~ん、ガールズバンドって言うとWhiteberryとかZONEぐらいしか思いつかないけど…」

固法「あとは…女性ボーカルでも良ければJUDY AND MARYとかGO!GO!7188とかかしら」

黒子「(…なんですの。この2人から感じる懐かしい空気は…)」

初春「(なんというか…90~00年代に青春を過ごした人の匂いがします)」

美琴「もうヤメて!>>1の年齢がバレるわ!!」


105 名前:1 ◆tDZEDi3zBI [] 投稿日:2010/05/06(木) 01:03:54.48 ID:TMcreDtl0 [42/74]

佐天「じゃあ、さっき私と固法先輩で挙げたバンドの曲を皆さんに貸しますんで、みんなで気に入ったのを演奏曲に選ぶってことでいいですか?」

美琴「了解よ」

固法「それじゃ、今日はこれで解散でいいかしら?」

初春「そうですねー」

黒子「………」

美琴「ん?どうしたのよ、黒子。まだ何かあるの?」

黒子「いえ、実に今更な話なんですが…」

初春「まだ何かありましたっけ?」

黒子「…いったい楽器は誰が用意するんですの?」

美琴「あ…」


106 名前:1 ◆tDZEDi3zBI [] 投稿日:2010/05/06(木) 01:04:41.31 ID:TMcreDtl0 [43/74]

【その夜@とあるマンション】

一方通行「たくっ、今日は三下のやろォのせいでエラい目にあったぜェ」ドサ

一方通行「…さて、これからどうすっかな」ゴロン

ポロ

一方通行「ンあ?なンか落ちた…て、こりゃあれかァ。あのバカが帰り際に押し付けてきやがった音楽データかァ」ヒョイ

一方通行「………」

一方通行「バンドなンてガラじゃあ………ねェーよなァ」ポイ

一方通行「寝るか」ボフ




打ち止め「………」ジー


108 名前:1 ◆tDZEDi3zBI [] 投稿日:2010/05/06(木) 01:06:47.43 ID:TMcreDtl0 [44/74]

一方通行「なンですかァー?お前はもう寝ろって言っただろォがよ」

打ち止め「ねぇねぇ、アナタはあの人からもらったその音楽は聞かないの?って、ミサカはミサカはアナタの袖を引っ張って安眠を妨害しつつ聞いてみる」

一方通行「…そうだな、音楽は聞かねェし、バンドもやらねェーなァ、多分」

打ち止め「でもでも、みんなアナタに抜けられたら困ると思うよ?ってミサカはミサカは…」

一方通行「やっぱりガラじゃァねェーんだよ、俺みたいな人間にはなァ」

打ち止め「………そっか」

打ち止め「なら曲だけでも聞いてあげたら?って、ミサカはミサカはあの人の気持ちをくんで必死に食い下がってみる」

一方通行「…知るか。いいから、ガキはさっさと寝ろ」

打ち止め「………はーい」トボトボ

一方通行「………」


109 名前:1 ◆tDZEDi3zBI [] 投稿日:2010/05/06(木) 01:07:39.43 ID:TMcreDtl0 [45/74]

一方通行「…チッ、聞くだけ聞いてやるかァ。眠くなるまでの暇つぶし。それだけだァ」

一方通行「最初は…THE BLUE HEARTSの『リンダリンダ』?なンですかァー?このヘンテコなタイトルはァ」

-再生中-

『ドブネズミみたいに美しくなりたい
 写真には写らない美しさがあるから』

一方通行「ドブネズミ…ねェ。ふン。俺みたいな人間にはお似合いの曲ってかァ」

『リンダリンダ リンダリンダリンダ
 リンダリンダ リンダリンダリンダ』

一方通行「おいおいおい。リンダリンダ言ってるだけじゃァねェか!バンドってのはこンな簡単なことでいいンですかァ?」

『ドブネズミみたいに誰よりもやさしい
 ドブネズミみたいに何よりもあたたかく』

一方通行「いやァ…、俺はドブネズミ以下かもしれねェなァ」

『愛じゃなくても恋じゃなくても君を離しはしない
 決して負けない強い力を僕は一つだけ持つ』

一方通行「………」

一方通行「…ブルーハーツ……かァ。あのバカのセンスにしては、悪くはねェかもなァ」

111 名前:ぶっちゃけこれがやりたかっただけかもしれん ◆tDZEDi3zBI [] 投稿日:2010/05/06(木) 01:09:46.38 ID:TMcreDtl0 [46/74]

ピンポーン

一方通行「ン?誰だァこんな夜中に…クソガキが起きたらどォするつもり…」ガチャ


       /ヽ  //:|: :|: : l: : | |: :l: ::l: : : jム.: : : : :l: : ::l: : :l: : : ::{、 ヽく /: : |
     /: : _儿/|!::l:l: :l: : l: : | |: :l: ::l: : : |  '. l: : :|: : ::l: : :l: : : ::|!\  〉、: : :|
     .:': : :∠ / /|: l:l: :l: : l: : | |: :l: ::l: : l:|   |:l: : :|!: : :|: : :|: : : :||: 勹/: :l: : :|
   /: : : :/::¨∨ Ⅵ:l: :l: : l: 卞ト、」: :l: : ト{  |:|: :/,孑/: : /_: : /:|:| {: : : l: ::|
   /: ::/ /: : :/\∧:l:rヘ: :l: :|zテ=ミト、:{    リィ升jホ㍉ ||<Ⅵ: |:|  ',: : :l: :|
  /: /  /: :.:/ |弋/:Ⅳl '`V|: K いり}ヽヾ  ' '弋:夕 / リノ /: :l:|  ヽ: }/|
  /::/  /: : /  |: : : :|: :\ゝトミ{ ,,ゞ‐'        -‐   /_,イ: : : |    ∨: |   ジャスラックですの!
  .': :l  /: ::/   |: : : :|!: : ::>ム       i         /: :イ: : : :l   /レ': |
 |: :{ /: :/     }: : :/ !: : : |  丶      __       /: : | ヽ: : :|/: :/|: : |
 |: : V: :/    /: : / }: : :/   _㌧   <___)   .ィ┴‐┼-ト:/: :/ /: /
 |: : :|: :{    /: : / _/-'⌒ヽ、ィf{   >ュ_ ー  .イ  {\  ヽ ヽ`≦⌒《_:/─-  __
  ; : :ヽ:l    /: : /´___ ヽ   {ヽ   \ ¨¨ /  }  、  | | /   ヽ )     }─
  ヽ: : :\  /: :〃ニ__ミ、    ',     >=〈     |  ', | | ,    /      l
   \: : :ヽ.': :/ / 、     \  ∧    /  ∧   j   Ⅵl |'   /         l
    }\: : `从/   \     \ ヽ  /  { \_ノ!   ∨ l  /     /   ノ
    、: : ト、: :八     ` ー- ヽ } ̄ \ ゝ  / /    V/_/      /   /
    ヽ::レ'乂ハ   _ -===-  ミx|     \`、/ /   」__(     /   ノ-‐"
      〉:<: (: ∧/彡=二二ニ=-二ニ-- 、  ヽ/ // ̄ ,  `ー -<_x-‐'´
      /:/ヽ厂}: : {彡'=====‐- 、   \ / ノ ノフ′ _


一方通行「………」バタン

115 名前:1 ◆tDZEDi3zBI [] 投稿日:2010/05/06(木) 01:11:32.69 ID:TMcreDtl0 [47/74]

【次の日@とあるマンション】

打ち止め「ねぇねぇ。なんで昨日は早く寝たのにアナタの目の下には隈ができてるの?って、ミサカはミサカは素直じゃないアナタにニマニマしながら尋問開始」

一方通行「…何でもねェ。おら、早く朝飯食っちまえよ」

打ち止め「ぶー。黙秘権を行使するつもりなのね!って、ミサカはミサカは追求の手を緩めずホットミルクを一口飲んでみ………ブフォッ!!!」

一方通行「あっ、それ昨日の『いちごおでん 特濃スペシャル』を温めてみたンだがァ……やっぱりマズイみたいだなァ」

打ち止め「」ピクピク

一方通行「匂いで気付きやがれェ、バカガキがァ」

一方通行「………」

一方通行「(それにしても、結局、昨日は一晩中聞き入っちまったぜェ)」


122 名前:…さるさん食らった ◆tDZEDi3zBI [] 投稿日:2010/05/06(木) 01:15:44.93 ID:TMcreDtl0 [48/74]

【放課後@とあるファミレス】

上条「…と、いう訳で皆さん昨日は上条さんが渡した『上条さん青春セレクション@布教用』ちゃんと聞いてきていただけたでせうか?」

青ピ「いやぁ、思いのほか良かったわ、カミやん」

土御門「ぶっちゃけ、最初っからどうでもよかったから何でも問題ないんだぜぃ」

上条「そうですか!そうですよね!!よっし、後はそこのお二人さんだ。ステイル!!一方通行!!!」

ステイル「UKこそが至高……そんなふうに考えていた時期が僕にもありました」

一方通行「…まぁ、悪くはなかったなァ」

土御門「(そういえば、この2人も十分厨二病だったにゃー)」

上条「YES!厨二病バンザァァァッァァァァァイ!!!」


124 名前:さるさんを回避する方法って何かないの? ◆tDZEDi3zBI [] 投稿日:2010/05/06(木) 01:18:42.83 ID:TMcreDtl0 [49/74]

上条「よし、それなら早速バンドを…」

青ピ「それなんやけどな、カミやん」

上条「ん?」

青ピ「昨日、帰ってからふと思ったんやけど、楽器とか機材はどうするん?金なんかないでー」

上条「Oh-」

土御門「もちろん言い出しっぺのカミやんが全部用意してくれんだにゃー?」

上条「そんな金があったら3食卵かけご飯なんて極貧生活上条さんは送ってないですよ!?」

ステイル「困ったものだね…。僕も慌てて出てきたから手持ちはないよ」

上・青・土・ス「………」ジー

一方通行「………」


126 名前:1 ◆tDZEDi3zBI [] 投稿日:2010/05/06(木) 01:20:03.55 ID:TMcreDtl0 [50/74]

【とある楽器店】

青ピ「おぉ、なんかよく分からんけど楽器がいっぱいやー」

土御門「ドラムとか買っても何処に置けばいいんだぜぃ」

ステイル「…ペロ……これは…レスポール!?」

上条「よかった…一方通行をバンドに誘って本当に良かった」

一方通行「…まさか、初めからこのためだけに誘ったンじゃねェーだろォなァ、三下ァ」カチ

上条「いや、ちょっと待って!違う!!誤解です…て、ぎゃーーー!!!」


129 名前:1 ◆tDZEDi3zBI [] 投稿日:2010/05/06(木) 01:21:53.95 ID:TMcreDtl0 [51/74]

一方通行「…に、してもだァ」

青ピ「この青いのにしようかな。あれ?でも、これ弦が4本しかついとらん。不良品か?」

土御門「そもそもドラムって買うもんなのかだぜぃ?」

ステイル「うん。せっかくだからこの店で一番高いものをいただこうか」

上条「はぁ、ギター1つで万単位。この金があれば夕飯にもう1品つけられるのに…」

一方通行「なァ、三下よォ」

上条「ん?どうした、一方通行」

一方通行「すっげェ納得がいかねェンだがよォ、何で金を払わないオマエらだけ楽器を買って、金を払う俺は何もないンですかァ?」

上条「いや、だってお前ボーカルじゃん」


131 名前:1 ◆tDZEDi3zBI [] 投稿日:2010/05/06(木) 01:23:00.77 ID:TMcreDtl0 [52/74]

一方通行「納得いかねェ…納得いかねェ…」ブツブツ

上条「つっても、これ以上楽器はいらないし…ん?待てよ…?」

上条「喜べ、一方通行!!お前のパートにも楽器があったぞ!!!」

一方通行「マジでかァ!!でかしたぜェ三下ァ!!!」

上条「これだ!!」

つハーモニカ

一方通行「………」カチ

上条「ブルーハーツといったらこれだろ!…て、ちょっと一方通行さん?あれ、何で背中から羽がはぇ…不幸だぁぁぁぁぁあ!!!」


133 名前:1 ◆tDZEDi3zBI [] 投稿日:2010/05/06(木) 01:24:11.09 ID:TMcreDtl0 [53/74]

【放課後@とある楽器店前】

美琴「…と、いう訳で楽器を買いに来たんだけど。閉店みたいね」

黒子「なんでもどっかのバカな能力者が店内で能力を使って乱闘騒ぎを起こしたそうですの」

美琴「どこのバカよ、まったく」

佐天「まーまー、別なところに行ってみましょうよ」

初春「あのー、恥ずかしながら、私は楽器を買うお金なんて持ってないんですけどー」

美琴「あぁ、それなら気にしなくていいわよ。これは私が言い出したことなんだし、私が出すから」

初春「えぇ!?で、でも…楽器って結構高いみたいですよー。それに何かたかってるみたいで悪いですし」

美琴「いいから、いいから。どうせ全部合わせたって100万くらいでしょ?気にする程じゃないわよ」

黒子「…普段、自動販売機を蹴っ飛ばしてタダ飲みしてる方のセリフとは思えませんの」

美琴「うっさい!!」


135 名前:1 ◆tDZEDi3zBI [] 投稿日:2010/05/06(木) 01:24:59.48 ID:TMcreDtl0 [54/74]

【とある別の楽器店】

固法「へぇ~、一口にギターといっても色々な種類があるのね」

黒子「…何かこう、黒子のセンスにジャストフィットするギターがないですの」

初春「………ないと思いますよ。たぶん」

佐天「あっ、みてみて初春!ドラムがあったよ」

初春「え?あー、本当ですねー。あっ、これ叩いてみてもいいみたいですよ」

佐天「ねぇ、初春。試しにちょっと叩いてみれば」

初春「えー、でも…」

佐天「いーから、いーから」グイグイ


136 名前:1 ◆tDZEDi3zBI [] 投稿日:2010/05/06(木) 01:25:47.99 ID:TMcreDtl0 [55/74]

初春「へー、足元のはペダルを踏んで叩くんですねー」ポコポコ

佐天「初春ー。そんなんじゃなくて、もっとこうズダダダダダダって、叩かなきゃー」

初春「え、えと…こうですか?」ズタタタタ

佐天「おー、なんかそれっぽい」

美琴「結構サマになってるじゃない」

1分後

初春「…もう腕が上がりません」プルプル

佐天「体力なさ過ぎでしょ…いや、初めから分かってたけどさ」

黒子「…初春。帰ったら、体力基礎研修やり直しですの」

初春「そんなぁー」アウアウ


137 名前:1 ◆tDZEDi3zBI [] 投稿日:2010/05/06(木) 01:26:32.07 ID:TMcreDtl0 [56/74]

佐天「でも、どうします御坂さん?初春はこんなんなんで、ドラムとか無理っぽいですけど…」

美琴「う~ん。でも、かといってベースやギターも結構重いし…」

固法「なら…私が代わろうか?初春さんもキーボードならひけるでしょ?」

初春「う~。面目ないです」

佐天「固法先輩ってドラムはやったこと…」

固法「ないけど…どうにかなるでしょ」

黒子「ちょっと試しに叩いてみてはどうですの」

固法「そうね。それじゃあ…」


138 名前:1 ◆tDZEDi3zBI [] 投稿日:2010/05/06(木) 01:27:35.26 ID:TMcreDtl0 [57/74]

固法「あっ、ずっと叩こうとすると結構体力いるのね」タン タン タタタタタ

佐天「おー、固法先輩すごい!!初春と違ってちゃんとリズムも取れてる」

美琴「本当ね。これなら…ん?」

固法「………」ズダダダダ

美琴「…ねぇ、ちょっと黒子」クイクイ

黒子「はい、お姉さま。これは…」

初春「固法先輩の目が…なんだか恐いです」

固法「………」ダダダダダダダダ

美琴「あのー先輩?おーい」ブンブン

佐天「完全に自分の世界に入っちゃってますね…」


143 名前:さるさんうざい ◆tDZEDi3zBI [] 投稿日:2010/05/06(木) 01:41:35.05 ID:TMcreDtl0 [58/74]

10分後

固法「ふぅー。流石に疲れたわ。でも、なんだか妙にすっきりしたのよね」

佐天「(それって、ストレス解消なんじゃ)」

美琴「…黒子、アンタ普段どんだけ固法先輩にストレスかけてんのよ」

黒子「えぇっ!?ち、違いますの。黒子がそんなことするはず…きっと初春ですの!!」

初春「そ、そんな白井さん酷いです!!!」

固法「みんなどうしたの?」


145 名前:1 ◆tDZEDi3zBI [sage] 投稿日:2010/05/06(木) 01:44:31.54 ID:TMcreDtl0 [59/74]

【その夜@とある窓のないビル】

アレイスター「…バンド大会を開こうと思う」

学園の偉い人「………はい?」

アレイスター「空気を読めと言われた気がしたので…1ヶ月後にバンド大会を開く」

学園の偉い人「………はぁ」

アレイスター「詳細は全部君に任せる。以上だ」

学園の偉い人「………まぁ、分かりました。早速、準備します」


【翌日】

上条・美琴「…バンド大会……だと………?」


147 名前:風呂入ってきます。明日がある人は寝てくれ ◆tDZEDi3zBI [sage] 投稿日:2010/05/06(木) 01:46:38.19 ID:TMcreDtl0 [60/74]

【上条サイド】

上条「参加は自由。参加料もなし。曲は自作でもコピーでも可。持ち歌は5曲まで。機材等の準備は学園側が用意」

上条「そしてなにより、優勝者の賞品が食費1年分補助だと…」ゴクリ

上条「優勝だ…これはもう優勝するしかねぇ!!」

Prrrrrr

上条「野郎ども!!休日だからって寝てる場合じゃねぇ!練習だ!!!」


【美琴サイド】

美琴「優勝賞品の副賞が等身大ゲコ太人形+ゲコ太と行く遊園地貸切ペアチケットですって…」ゴクリ

美琴「こ…これを理由にあのバカを遊園地に誘えば…2人きりの遊園地デデデデデート!?」

美琴「優勝よ…これはもう優勝するしかないわ!!」

ビリビリ デスノー

美琴「黒子起きなさい!!練習よ!!!」


152 名前:ただいま。支援してくれた人ありがとう ◆tDZEDi3zBI [] 投稿日:2010/05/06(木) 02:26:18.44 ID:TMcreDtl0 [61/74]

【それからというもの】

上条「………Dコードができない」

ステイル「だから指はこうだと言ってるだろ!!なんでEやFができるのにDができないんだ君は!!!」

青ピ「なぁー何でこれだけ弦が4本なん?」

土御門「だからそれはベースだっていってるにゃー」

一方通行「俺ァは何すりゃいいンですかァー?」


154 名前:>>153すまねェ…。気にせず寝てくれェ ◆tDZEDi3zBI [] 投稿日:2010/05/06(木) 02:28:33.07 ID:TMcreDtl0 [62/74]

【なんだかんだありましたが】

黒子「うぅ…肩が痛いですの」

美琴「もぉー、我慢しなさいってば」

佐天「指が…指が傷だらけに……」

初春「キーボードもずっとひいてるのは疲れますよー」

固法「………」ズダダダダ


156 名前:1 ◆tDZEDi3zBI [] 投稿日:2010/05/06(木) 02:30:47.90 ID:TMcreDtl0 [63/74]

【どうにかこうにか】

上条「なぁ、知ってたか?ギターって歯で弾くもんらしいぜ。ステイル、ちょっとやってみようぜ」

ステイル「誰だ!!こいつに無駄な知識植えつけたのは!!!」

青ピ「どうや?このタイミングで脱ぎだしたら女の子もみんな大興奮間違いなしやん」

土御門「完璧だにゃー」

一方通行「ハーモニカでも吹いてるかァ…」


157 名前:1 ◆tDZEDi3zBI [] 投稿日:2010/05/06(木) 02:32:02.47 ID:TMcreDtl0 [64/74]

【バンドとしてまとまってきたのです】


美琴「エレキギターなんだから、私の能力でどうにかならないかしら…」

黒子「お姉さま…いくらなんでもそれは……」

佐天「ここだ!このタイミングで初春のスカートを捲れば初春が目立つこと間違いなし」

初春「…佐天さん。本番で本当にそれやったら絶交ですからね」

固法「……ふふ…ふふふふふ」ズダダダダ

美・黒・佐・初「………」


160 名前:1 ◆tDZEDi3zBI [] 投稿日:2010/05/06(木) 02:34:30.56 ID:TMcreDtl0 [65/74]

【そんなある日@とある公園】

神裂「(まったく。ステイルときたら『緊急事態だ!』と言って出て行ったから何と思えば…)」テクテク

神裂「はぁ…」テクテク

神裂「(でもまぁ…)」テクテク

インデックス「それでね。とうまったら家でもずっとギターの練習ばっかりで全然私の相手をしてくれないんだよ」テクテク

神裂「(また彼女と2人でこうして散歩ができる日がくるとは…。これに免じて今回のことは不問としておきましょう)」

インデックス「むぅ。さっきから人の話をちゃんと聞いてるのかな?アナタにまで無視されたらちょっと落ち込んじゃうかも」

神裂「あっ、いえ。ちょっと考えことを…。大丈夫です。ちゃんと聞いてますよ」ニコ

神裂「(まぁ、彼の家を訪れてドアを開けた瞬間に『ご~は~ん!』といって噛み付かれたときはどうしようかと思いましたが…)」


161 名前:1 ◆tDZEDi3zBI [] 投稿日:2010/05/06(木) 02:36:10.54 ID:TMcreDtl0 [66/74]

神裂「でも、彼ががんばってバンドの練習をしているのもアナタのためなのでは?」

インデックス「それは…たしかに毎日卵かけご飯から抜け出せるのはうれしいけど…。でも、だからってとーまが遊んでくれないのは嫌かも」

神裂「そうですね。それなら、アナタも何か始めてみてはどうですか?」

インデックス「何かって…たとえば?」

神裂「うーん。例えば…おや?」

インデックス「ん?」


162 名前:1 ◆tDZEDi3zBI [] 投稿日:2010/05/06(木) 02:37:48.78 ID:TMcreDtl0 [67/74]

打ち止め「そしたらね。あの人ったら帰ってきても音楽ばっかり聞いててミサカが何を言ってもうわの空なのよ!って、ミサカはミサカは空気扱いで存在感皆無の危機!?」

御坂妹「はぁー、そうですか。それはお気の毒に。っと、ミサカは上位個体の愚痴に辟易しながらも適当に相槌をうちます」

御坂妹「ところで、今日いきなり呼び出したのはセロ…一方通行への愚痴を言うためなのですか?っと、ミサカは返ってくる答えを100%予想済みですが、あえて聞いてみます」

打ち止め「イェース!あと暇だから一緒に遊びましょ!!って、ミサカはミサカはあの人のいない寂しさを紛らわすために憂さ晴らしを決行してみる」

御坂妹「はぁー、やっぱしかよ。と、ミサカは予想通りの答えに本日2度目の溜息を打ちます…おや?」

打ち止め「ん?」


163 名前:1 ◆tDZEDi3zBI [] 投稿日:2010/05/06(木) 02:38:59.22 ID:TMcreDtl0 [68/74]

インデックス「あっ、クールビューティ!!」

御坂妹「あなたは彼の…こんなところで何をしているのですか?っと、ミサカは周囲に彼がいないか確認します」キョロキョロ

インデックス「とーま?とーまならいないよ。なにかバンドっていうので忙しいんだって」

打ち止め「バンド?」ピク

インデックス「あれ?短髪………縮んだ?」

打ち止め「むっ!?ミサカはお姉さまじゃなくて打ち止めなの!って、ミサカはミサカは自己紹介してみる」

インデックス「私はインデックスって言うんだよ」


165 名前:1 ◆tDZEDi3zBI [] 投稿日:2010/05/06(木) 02:41:34.16 ID:TMcreDtl0 [69/74]

打ち止め「バンドってことは、もしかしてアナタが噂の銀髪シスターさん?って、ミサカはミサカはMNWの過去ログを漁りながら質問してみる」

インデックス「噂?」

打ち止め「うん。いっつもあの人の傍にいる寄生虫の穀潰し…むぐぐぐぐ」

インデックス「ん?」

御坂妹「何でもありません。お気になさらずに。と、ミサカは平静を装いつつ光の速さで上位個体の口を封じます」

打ち止め「むーーー!むーーー!」


170 名前:さるさんってどうすりゃいいんだよ ◆tDZEDi3zBI [] 投稿日:2010/05/06(木) 03:03:37.62 ID:TMcreDtl0 [70/74]

御坂妹「それで、アナタ達もお散歩ですか?と、ミサカはどうにかこうにか話題転換を図ります」

インデックス「そんなんだよ。クールビューティも聞いてよ!とうまったらバンドの練習ばっかりで全然遊んでくれないんだよ!!」

打ち止め「プハァ!ミサカのところも同じ!全然、遊んでくれないの!!って、ミサカはミサカは同士を発見して和気あいあい」

トーマッタラ イッツモ キケンナコトバッカリシテ マッテルミニモ ナッテホシイカモ
ミサカノトコロモ ソウナノ コッチノ キモチナンテ ゼンゼンワカッテクレナイ ッテ ミサカハミサカハ
ワイワイ ギャーギャー

神裂「………」

御坂妹「どうかしましたか?」

神裂「いえ、ちょっと考えことを…よし」


172 名前:1 ◆tDZEDi3zBI [] 投稿日:2010/05/06(木) 03:07:51.29 ID:TMcreDtl0 [71/74]

神裂「インデックス。ちょっとよろしいですか?」

インデックス「なに?」

神裂「先ほどのアナタも何か始めてみては?という話ですが」

インデックス「あー!そうなんだよ。何か良いものある?食べ歩きとかだったら大歓迎かも」

神裂「いえ、そうではなく。アナタもバンドを始めてみてはいかがですか?そこのお二人と一緒に」

インデックス「バンド?」

打ち止め「え?ミサカもミサカも混ざっていいの?って、ミサカはミサカは思わぬ展開にウッヒョーイ!!」

御坂妹「いやいや、なに勝手にミサカも混ぜてんだよ。てか、あきらかにミサカに子守を押し付ける気だろ。と、ミサカは全力で面倒事を回避します」


173 名前:2chビューア登録してみたんだが…これでさるさん回避できるの? ◆tDZEDi3zBI [] 投稿日:2010/05/06(木) 03:09:42.38 ID:TMcreDtl0 [72/74]

インデックス「でも、私はあんまり流行りの歌とか詳しくないかも。それに、人前で歌うのもちょっと恥ずかしいんだよ」

神裂「そうですね。でも、歌とは本来、他者に自分の思いを伝えるものです。伝えたい気持ちや出来事を詩にして、音色とともに相手に届ける」

インデックス「自分の思いを…伝える」

神裂「はい。例えば…普段、彼に言いたいことがあっても、照れくさかったりしてなかなか伝えられないことはないですか?」

インデックス「それは……あるかも。いっぱい…」

打ち止め「ミサカも…ていうか、言っても聞き流されてることが多い気がする。って、ミサカはミサカは回想モード」

神裂「あなたはどうですか?」

御坂妹「………」


174 名前:1 ◆tDZEDi3zBI [] 投稿日:2010/05/06(木) 03:10:49.62 ID:TMcreDtl0 [73/74]

神裂「ちょうど、バンド大会というものがあるのでしょう?それならば、アナタ方も内緒で出場してみるというのはどうですか?」

インデックス「サプライズってやつだね」

打ち止め「アナタは一緒に参加しないの?って、ミサカはミサカは疑問を口にしてみる」

神裂「私までバンドに熱中してしまうと、彼女の警備が疎かになってしまうので…。もちろん、できる限り協力はしますが」

インデックス「でも、3人でもバンドっていうのはできるの?それに、私は楽器なんて触ったことないかも」

打ち止め「ミサカも…」

御坂妹「右に同じく」

神裂「それなんですが、私にちょっと考えがあります」


175 名前:1 ◆tDZEDi3zBI [] 投稿日:2010/05/06(木) 03:12:06.87 ID:TMcreDtl0 [74/74]

【とある楽器店】

インデックス「うわー!色んな楽器がいっぱいあるんだよ!!」キラキラ

打ち止め「あっ!これ知ってる。あの人が持ってた。ハーモニカっていうんだよ。って、ミサカはミサカは博識ぶりを猛アピール」

神裂「え~と、あっ、あった。インデックス!ちょっとこっちに来て下さい」

インデックス「ん?これは…ピアノ?でも、ちょっと薄っぺらいかも」

神裂「キーボード。俗に言う電子ピアノのというものですね。詳しい原理は分かりませんが、ピアノ線がなくても機械的に音を出すようです」

インデックス「これもとうまが言ってたハイテクってやつだね」

インデックス「それで、これがどうかしたの?」

神裂「ちょっと弾いてみてもらってもいいですか?」

177 :1 ◆tDZEDi3zBI :2010/05/06(木) 03:14:00.11 ID:TMcreDtl0

インデックス「えぇ!?でもでも、私ピアノなんてやったことないから分からないんだよ」

神裂「…大丈夫です。意外と簡単にできるかもしれませんよ?さっ、ほら」

インデックス「う~ん、分かったんだよ」

神裂「(大丈夫ですよ。アナタは弾けます。だって…)」


『ねー、火織。聞いて聞いて!私また新しい讃美歌が弾けるようになったかも』

『それはすごいですね。もう私より上手なんじゃないですか?』

『う~ん、どうなんだろ?自分じゃちょっと分からないかも』

『上手ですよ。とっても。そうだ。今度、ステイルに聞かせてあげたらどうですか?きっと、喜びますよ』

『うん!!』


神裂「(アナタにピアノを教えたは……私ですから)」

179 :1 ◆tDZEDi3zBI :2010/05/06(木) 03:15:00.05 ID:TMcreDtl0

インデックス「え~と、ここがドで…こっちがレ…ミ…ソ…ラ…シ…ド……あれ?」

インデックス「本当だ。思ったより簡単かも。なんだか勝手に手が動くんだよ」

御坂妹「これは…意外ですね」

打ち止め「わー!シスターさんスゴイ!!って、ミサカはミサカは羨望の眼差しで見つめてみたり」

インデックス「見て見て!私ってもしかしたら隠れたピアノの才能があったかもなんだよ」

神裂「…そう……ですね。はい。アナタは上手ですよ。とっても」グス

インデックス「?」



180 :1 ◆tDZEDi3zBI :2010/05/06(木) 03:15:51.35 ID:TMcreDtl0

御坂妹「それで、ミサカたちはどうすれば?と、銀髪シスターの意外な特技に内心焦りながらも平静を装います」

神裂「そうですね。3人しかいないのですから、無理にバンドの体裁を整えなくても良いかと」

打ち止め「?」

神裂「このバンド大会の規定には人数も楽器の指定もありません。つまり…」

インデックス「バンドです!って言い張ったら私達もバンドってこと?」

御坂妹「まさかの力技かよ!と、ミサカは即座にツッコミモードに移行します」

182 :1 ◆tDZEDi3zBI :2010/05/06(木) 03:17:55.77 ID:TMcreDtl0

神裂「アナタはこれなんかどうですか?一応、キーボードとコレがあれば演奏は成り立つと思いますが」

御坂妹「アコースティックギターですね。と、ミサカはMNWでググりながら答えます」

打ち止め「ねーねー、ミサカはミサカは?って、ミサカはミサカはピョンピョン飛び跳ねて自己をアピール」

神裂「あなたは…ボーカルなので楽器はなしです」

打ち止め「やっぱりなー、ちきしょーい!!」



183 :1 ◆tDZEDi3zBI :2010/05/06(木) 03:19:04.80 ID:TMcreDtl0

インデックス「そうだ。演奏する曲はどうするの?自慢じゃないけど私は詳しくないかも」

神裂「わたしの好きな曲でも良ければ…こんなのがありますが」

つipod

打ち止め「あっ!これ!!ミサカはこれが良い!って、ミサカはミサカはビビビってきた本能に従ってみる」

インデックス「私もそれが良いと思ってたところなんだよ」

御坂妹「ミサカはこれをチョイスします。と、ミサカは思わぬ名曲との出会いに打ち震えます」

神裂「では、これで大方決まりですね。後は練習あるのみです!」

イ・打・妹「おーーー!!」

191 :登録してもさるさん回避できねーじゃねぇか…orz ◆tDZEDi3zBI :2010/05/06(木) 03:36:34.05 ID:TMcreDtl0

【それからは】

ステイル「だから、ここの発音はこうだと何度言えば分かるんだ!!」

一方通行「つってもよォ……なァ?」

上条「だよなぁ。上条さんも学校でそう教わったし」

ステイル「それだよ!なんで日本は英語をアメリカ式で教えるんだい!?あんなものは邪道だ。だいたいEnglishを和訳すると『英』語じゃないか」

上条「知らねーよ!だいたい英式か米式なんて方言みたいなもんだろ?お前らで話しあってさっさと標準語作れよ!!」

一方通行「ちょっと待てェ!いま三下がァいいこと言ったぜェ!!!」

土御門「そんなんどうでもいいからさっさと練習するんだにゃー」



192 :1 ◆tDZEDi3zBI :2010/05/06(木) 03:38:36.91 ID:TMcreDtl0

【それぞれの思いを胸に】

黒子「あぁー、もう!いくら練習しても時間が足りませんの」

美琴「泣き言いってないで、ほら、今のところもう一回合わせるわよ!」ジャーン ジャーン

寮監「コラァー!お前らいま何時だと思ってる!!ギターの音がうるさいと他の部屋からクレームが…」バーン

美・黒「うるっさいわね(ですの)!!こっちだって必死なのよクソババア!!!」

寮監「………ほほぅ」

美・黒「あっ………」ゲェ リョウカン

イイドキョウダ フタリトモ
ギャー オユルシデスノー グェ
クロコーーーー!!!



193 :1 ◆tDZEDi3zBI :2010/05/06(木) 03:40:03.67 ID:TMcreDtl0

【バンド大会に向けて練習に励んだのでした】

インデックス「ねぇねぇ、こんな曲を見つけたんだけどどうかな?」

打ち止め「…ミサカはいいと思う!って、ミサカはミサカはちょっとこの歌詞に感動してみたり」

御坂妹「どうせだったらあの長身ポニテのお侍さんにも黙っていましょう。と、ミサカはサプライズを提案してみます」

インデックス「じゃあ、決まりなんだよ!!」

オマタセシマシター デラックスジャンボパフェ 5ニンマエデス

打ち止め「キタキター!って、ミサカはミサカは早速山盛りの生クリームに突貫!!」パク

インデックス「お腹が空いては戦はできないんだよ!」ガブ

御坂妹「いや、練習しろよ。と、ミサカは1人冷静にツッコミを入れます」モグモグ

195 :1 ◆tDZEDi3zBI :2010/05/06(木) 03:43:31.94 ID:TMcreDtl0

【バンド大会当日@会場】

上条「いやー、早かったような短かったような…あっという間の1ヶ月だったな」

青ピ「カミやん。それ全部意味一緒やで」

一方通行「(今日はクソガキは黄泉川たちと買い物に行くっつってたから見られるこたァねェだろ)」

土御門「(舞夏何処やー!お兄ちゃんの勇姿をしかと見ておくんだにゃー)」

上条「え~と、順番は…ちょっ!?俺らが一番最初かよ!!!」

土御門「トップバッターは…色々とつらいんだぜぃ」

青ピ「さすがカミやん。不幸は健在やで」

一方通行「まァ、いいンじゃねェか?さっさとやっちまォぜェ」



196 :1 ◆tDZEDi3zBI :2010/05/06(木) 03:44:47.77 ID:TMcreDtl0

司会「えーと、それじゃ早速バンド大会を始めるですよー。大会の説明とかは面倒なんで全部スルーなのですよー」

司会「それでは、トップバッターの紹介です。『HEROS』の皆さんですー」

ワーワー

美琴「おっ、始まるっぽいわね」

佐天「私達の順番は最後の方ですね」

初春「なんだか…今からもう緊張してきました」

固法「まぁ、もうなるようにしかならないわよ」

黒子「グフ…グフフ……グヘヘヘヘ」ガサゴソ

美琴「ん?」



197 :1 ◆tDZEDi3zBI :2010/05/06(木) 03:46:19.91 ID:TMcreDtl0

美琴「…黒子。一応、聞いといてあげるけど、アンタは何してるわけ?」

黒子「よくぞ聞いて下さいました。これこそ、この日のために黒子が必死の思いで入手した学園都市製最新鋭ハンディビデオカメラですの!!」

美琴「はぁ…」

黒子「内蔵メモリー容量1PBでフルハイビジョン映像の長時間録画も問題なし。超光学ズーム200倍はお姉さまの汗1つ逃しわしませんの!!!」

美琴「うわぁ…」

黒子「演奏してる最中はお姉さまの晴れ姿を正面から見ることができませんので、これで歌いながら汗にまみれるお姉さまをしっかり録画して…ウヘヘヘ」

美琴「キモイ!!!」ビリビリ

黒子「シビビビビッ」

美琴「まぁ、他のみんなもちゃんと撮るってんなら許可してもいいけどね。いい記念になりそうだし」

200 :1 ◆tDZEDi3zBI :2010/05/06(木) 03:48:28.16 ID:TMcreDtl0

初春「あっ、トップバッターの人たちが出てきましたよ…て、あれ?どっかで見たような…」

佐天「ん?なに、初春の知り合い?」

初春「私の知り合いというか…」

美琴「どれどれ?」

-ステージ上-

上条「なぁー、このアンプのコードってどれだ?」

土御門「これだぜぃ。てか、いい加減1人で準備できるようになれ」

青ピ「うおおおお、あそこにカワイイ子の集団発見や!!!」

ステイル「まったく、ちょっとは落ち着いたらどうだい?」


美琴「ちょっと!!何であのバカが参加してんのよ!!!!」

202 :>>199アドバイスありがとう。でも、もうこのままいってみるわ ◆tDZEDi3zBI :2010/05/06(木) 03:50:42.23 ID:TMcreDtl0

美琴「ど…どうしよう。ちょっと、これはマズイわ…」カァー

佐天「………ははぁん」キラン

佐天「もしかして、御坂さん」

美琴「………」ビクッ

佐天「いやー、選曲がやけにラブソングが多いと思ったんですけど…しかも片思い系。そういうことですか…」

美琴「ナンノコトデショウカ」アセアセ

204 :1 ◆tDZEDi3zBI :2010/05/06(木) 03:51:43.08 ID:TMcreDtl0

上条「おーい!お前も早く準備しろよー!」


初春「あっ、もう1人いるみたいですね」

美琴「へぇー、いったいどんな人だろうね!!あはははは」

佐天「(ちっ、話を逸らされた…)」


上条「あとはお前待ちだぜ」

一方通行「うっせェーなァ。俺ァボーカルなンだから準備もクソもねェーだろォがァ」


美琴「ぶーーーーーーーーーーーーーっ!!!!?」

206 :1 ◆tDZEDi3zBI :2010/05/06(木) 03:54:59.34 ID:TMcreDtl0

美琴「は?いや、嘘でしょ。あははははは。アリエナイワロス」バタン

黒子「お、お姉さまーーー!!!お気を確かに!!!」

固法「何時までふざけてるのよ。ほら、始まるわよ」


上条「よし、準備OKだ」

一方通行「ンじゃ、やりますかァー」

土御門「おっ、あそこで騒いでるのって…」

上条「ん?あれは…げぇ!?ビリビリ!!!?」

一方通行「………おいおい、マジかよォ」

青ピ「おや?向こうにいるのはいつかのロリっ子ちゃう?うは!?しかも銀髪ロリシスターに常盤台の双子ちゃん。妙齢な美人お姉さん2人も揃ってるやん!!!」

上・一・ス「なんだとっ!!!!」



207 :1 ◆tDZEDi3zBI :2010/05/06(木) 03:56:10.72 ID:TMcreDtl0

上条「バカな…インデックスは一ヶ月分の食料と引き換えに部屋に留守番させたはず…」

一方通行「あのクソガキィ…黄泉川たちと買い物にいったはずじゃァ…」


黄泉川「おっ、一方通行の奴こっちに気がついたみたいじゃん」

芳川「そうみたいね」

打ち止め「イェーイ!みてるみてる?って、ミサカはミサカは必死に手を振ってみる」ブンブン

御坂妹「あれほど動揺しているセロリも珍しいですね。と、ミサカはせっかくなので録画モードへ移行します」

インデックス「とーまー!!あれしきの食料で私を留守番させようなんて甘いんだよ!!せめてアレの3倍は欲しいかも」


一方通行「………帰る」

上条「落ち着け!!気持ちは痛いほど分かるけど、まぁ落ち着け!!!」

209 :1 ◆tDZEDi3zBI :2010/05/06(木) 03:57:18.97 ID:TMcreDtl0

上条「せっかくだからもう聞いてもらえばいいじゃねーか。な?」

一方通行「だァァァァァァ!クソがァァァァァ!!!」

土御門「もうヤケクソなんだにゃー」


ジャーン ジャーン


佐天「おっ、始まったかな?」

固法「それにしても、黒髪に青髪、金髪、赤髪、白髪って…すごい組み合わせね」

初春「うわぁ、あのギター持ってる赤髪の人なんて外人さんですよ?しかもタバコ加えて…学生さんじゃないんでしょうか?」

美琴「ハッ!?一方通行のことは…まぁアレだけど。それとこれとは別よ!黒子、そのビデオカメラ貸しなさい!!!」

黒子「え?ちょっ、お姉さままさか…。ダメですの!これはお姉さまを撮るために…類人猿なんて汚らわしいものを記録させる訳には!!!」

美琴「い い か ら ! 当麻の演奏が始まっちゃうじゃない!!!」ヒョイ

黒子「そんなぁーですのー」

211 :1 ◆tDZEDi3zBI :2010/05/06(木) 03:59:05.54 ID:TMcreDtl0

上条「どーもーっす!『HEROS』です」

ワーワー キャー トウマー

一方通行「あァー、まァあれだァ…」

一方通行「今日はテメェら愉快に素敵に聴いていきやがれェーーーー!!!」


[バンド名:HEROS]
・G/Vo:上条当麻
・Vo:一方通行
・G:ステイル=マグヌス
・B:青髪ピアス
・D:土御門元春

[演奏曲]
・ハンマー:THE BLUE HEARTS
・終わらない歌:THE BLUE HEARTS
・my soulful heart beat makes me sing my soul music:GOING STEADY
・月灯りの下で:MONGOL800
・starry night:Hi-STANDARD

つ知らん人のために参考


213 :1 ◆tDZEDi3zBI :2010/05/06(木) 04:00:17.69 ID:TMcreDtl0

一方通行『ハンマーが振り降ろされる 僕達の頭の上に
     ハンマーが振り降ろされる 世界中いたるところで』


初春「うわ!音が振動で…スタジオで練習してるときとは全然違いますー」

佐天「おっ?おおお!ハンマーじゃん。いいねいいね!」

初春「佐天さんこの曲知ってるんですか?」

佐天「何いってんの初春!?もはや一般常識だよ!」

初春「うえぇ!?」


一方通行『安っぽいメッキなら すぐにはがれてしまう
     カラッポの言葉なら もう僕は聞き飽きた』


芳川「………」

黄泉川「いいじゃん。いいじゃん。青春じゃん?」

216 :>>214 気がついたらもう25ですよ ◆tDZEDi3zBI :2010/05/06(木) 04:02:19.21 ID:TMcreDtl0

一方通行『悲しみが多すぎて 泣いてばかりいたって
     何もみえなくなっちゃうよ』


固法「あのボーカルの子、けっこう歌上手いわね」

美琴「………」


一方・上条『ハンマーが振り降ろされる 僕達の頭の上に
      ハンマーが振り降ろされる 世界中いたるところで』


インデックス「とうまギター弾きながら歌っててすごいかも」

御坂妹「オマエラちょっと餅つけ。後でちゃんとMNWにうpするから!いまは録画に専念させろ!!!」


一方通行『でたらめばかりだって 耳をふさいでいたら
     何も聞こえなくなっちゃうよ』


神裂「彼にも…伝えたいものがあるのかも知れませんね」

打ち止め「………」

217 :1 ◆tDZEDi3zBI :2010/05/06(木) 04:03:43.32 ID:TMcreDtl0

佐天「そろそろくるか…くるかくるか……キター!」


上条『外は春の雨が降って  僕は部屋で一人ぼっち
    夏を告げる雨が降って 僕は部屋で一人ぼっち」


美琴「ちょっ!いま当麻が歌ったわよね!?歌ったわよね!!?ヤダ…歌ってるときは意外と声がハスキー。…この映像は永久保存しとかなきゃ!キャー!トウマー!!!」←録画中

佐天「いやー、やっぱしこの歌は真島さんのパートがカッコ良すぎだよね」

初春「あのー、だんだん御坂さんの目が血走ってきたような…いえ、なんでもないです」


一方通行『ハンマーが振り降ろされる 僕達の頭の上に
       ハンマーが振り降ろされる 世界中いたるところで』


ワーワー キャーキャー

219 :1 ◆tDZEDi3zBI :2010/05/06(木) 04:06:08.33 ID:TMcreDtl0

御坂妹「1曲目だけでスレを5つも消化してしまいました。と、ミサカは2曲目に向けてMNWに新しくスレ立てします」

インデックス「スレ?」

一方通行「次の曲いくぜェ」



一方通行『終わらない歌を歌おう クソッタレの世界のため
       終わらない歌を歌おう 全てのクズ共のために
       終わらない歌を歌おう 僕や君や彼等のため
       終わらない歌を歌おう 明日には笑えるようにっ』


佐天「きたよきたよ『終わらない歌』!テンション上がってきたー!!」

初春「だんだん佐天さんのキャラもおかしなことにー」


一方通行『世の中に冷たくされて 一人ボッチで泣いた夜
       もうだめだと思うことは 今まで何度でもあった』


芳川「………」グス

黄泉川「なんでお前が泣いてるじゃん!?」

221 :1 ◆tDZEDi3zBI :2010/05/06(木) 04:08:18.27 ID:TMcreDtl0

上条『真実の瞬間はいつも 死ぬ程こわいものだから
    逃げだしたくなったことは 今まで何度もあった』


インデックス「………とうま」

御坂妹「鯖が落ちた!?…誰か、早く新しい鯖を!!あと20000号、頼むからF5連打すんな!!」


一方通行『終わらない歌を歌おう クソッタレの世界のため
       終わらない歌を歌おう 全てのクズ共のために
       終わらない歌を歌おう 僕や君や彼等のため
       終わらない歌を歌おう 明日には笑えるようにっ』


黒子「それにしてもこの第1位。ノリノリですの」

固法「えぇっ!?あの人が学園都市第1位なの!!!」


一方通行『なれあいは好きじゃないから 誤解されてもしょうがない
       それでも僕は君のことを いつだって思い出すだろう』


打ち止め「………一方通行」

224 :1 ◆tDZEDi3zBI :2010/05/06(木) 04:09:42.48 ID:TMcreDtl0

芳川「彼のこんな姿を見たら、アナタは腰を抜かすかもね…天井」

芳川「でも…」


一方通行『終わらない歌を歌おう クソッタレの世界のため
       終わらない歌を歌おう 全てのクズ共のために
       終わらない歌を歌おう 一人ボッチで泣いた夜
       終わらない歌を歌おう キチガイあつかいされた日々』


芳川「それも私たちが作り上げた幻想だったんでしょうね」


一方・上条『終わらない歌を歌おう クソッタレの世界のため
        終わらない歌を歌おう 全てのクズ共のために
        終わらない歌を歌おう 僕や君や彼等のため
        終わらない歌を歌おう 明日には笑えるようにっ』


芳川「…彼の幻想を壊してくれて、ありがとう」

227 :1 ◆tDZEDi3zBI :2010/05/06(木) 04:11:18.51 ID:TMcreDtl0

上条「3曲目…行くぞーーー!!」

ワーワー



初春「あっ、なにかさっきまでと曲調が変わりましたね」

佐天「これは…ゴイステ?しかもこれは…」


一方通行『誰も君のことを悲しませたくない
       誰も君の泣き顔 見たいなんて思ってない』


佐天「『もしも君が泣くならば』!?いや、1stの方か!!」


一方通行『胸の中にある気持ちを決して恥じることはない
       人間なんて誰だってダメなんだ』

一方・上条『I wanna be so beautiful…
        I wanna be so beautiful…』


佐天「あー、もう!なんでさっきから私の好きな曲をピンポイントでついてくるかなー!惚れちゃうじゃん!!」

美琴・打ち止め「………ん?」ピク

初春「あわわわわ」オロオロ

229 :1 ◆tDZEDi3zBI :2010/05/06(木) 04:12:31.02 ID:TMcreDtl0

上条『アゴがはずれるぐらい 幸せかみしめたい
    胸がはちきれるぐらい 幸せ抱きしめたい
    愛より 恋より 今すぐ君だけがほしい
    ラララ ラララ ラララ』


美琴「///」

黒子「…なんでお姉さまが照れてますの」




インデックス「そんな…とうまったら大胆かも///」

御坂妹「これは反則です。と、ミサカは…///」

神裂「そんな、いけません。いきなりそのような…///」

黄泉川「…お前ら落ち着くじゃん」

231 :1 ◆tDZEDi3zBI :2010/05/06(木) 04:14:42.04 ID:TMcreDtl0

一方・上条『もしも君が泣くならば 僕も泣く
       もしも君が死ぬならば 僕も死ぬ
       もしも君が無くなれば 僕も無く
       もしも君が叫ぶなら 僕も叫ぶ』


固法「随分とド直球な歌詞よね」

黒子「シンプルだからこそ伝わりやすいということもあるというものですの。現に、観客もかなり盛り上がってるみたいですし」

初春「主にスキルアウトの人やレベルの低い人が多いみたいですね」

佐天「レベル0とレベル5が肩を並べて歌ってるってのがまたスゴイ光景ですけどね」

美琴「トーーーマーーーー!!!キャー!!」

黒子「………」

佐天「レベル5のこの光景もある意味スゴイですけど…」

234 :1 ◆tDZEDi3zBI :2010/05/06(木) 04:16:25.18 ID:TMcreDtl0

ステイル「…次は、4曲目だね」

初春「また曲調が…今度は何の曲ですか?」

佐天「モンパチの『月灯りの下で』だね。これもイイ曲だよ」



一方通行『いつからか僕の頭の中にあなたがいる
       出会った頃とは違う何かがある』


初春「わぁー、今度は今までと違ってユッタリとした曲なんですねー」

佐天「最初はねー」


上条『二人で笑い 歩んできた道 これからもずっとよろしくね』


インデックス「よろしくなんだよ、とーま!」

御坂妹「いえ、今の歌詞はおそらくミサカに向けて言ったものだと推測します。と、ミサカは銀髪シスターの前に割って入ります」

神裂「大穴で私という可能性も…いえ、なんでもないです」

打ち止め「たぶん何も考えてないと思う。って、ミサカはミサカは残酷な現実を突きつけてみたり」

237 :1 ◆tDZEDi3zBI :2010/05/06(木) 04:17:36.63 ID:TMcreDtl0

一方・上条『たくさん心配かけてるけれど
       変わらぬこの思い受け止めて
       強く抱いて』


美琴「帰ったら早速このビデオの編集しないと…保存用と観賞用と布教用…はいらないわね」

黒子「黒子は絶対手伝いませんことよ」


上条『僕は右手 あなたは左手 ずっと手をつなぐ』

一方通行『風の強い寒い日には 僕 あなたの前に立ち』

一方・上条『僕のすべてをかけてでも守ってみせる』


初春「本当にイイ曲ですねー」

佐天「もうすぐテンポアップだよー」

241 :1 ◆tDZEDi3zBI :2010/05/06(木) 04:18:51.80 ID:TMcreDtl0

一方通行『月灯りの下 やさしく眠る 思い出は夏の星空となる
     もう帰らない 帰れない
     あなたのそば以外で私はね輝かないの』


御坂妹「…マズいです。興奮した学園都市在住の妹達がここへ特攻しようとしてます。と、ミサカは現状を淡々と報告します」

打ち止め「!?誰か、検体番号20000号を止めてーーー!って、ミサカはミサカはあの人のライブが台無しになるのを意地でも阻止!」


ステイル『二人つつみ時よ止まれ 永遠に』


神裂「…ステイル」

インデックス「火織?」


上条・ステイル『僕は右手 あなたは左手 ずっと手をつなぐ』

一方通行『風の強い寒い日には 僕 あなたの前に立ち』

一方・上条『僕のすべてをかけてでも守ってみせる』


20000号「…到着。歌ってるセロリたん…ハァハァ。これはもう突貫するしか…あばばばばばばばば」

打ち止め「はぁ…はぁ……間に合った」

244 :外が明るくなってまいりました ◆tDZEDi3zBI :2010/05/06(木) 04:20:39.46 ID:TMcreDtl0

上条「えー、次で最後の曲になります」

一方通行「行くぞォ!三下共がァーーー!!!」



初春「またアップテンポの曲ですね…って、佐天さん?」

佐天「お…おおおおお!?これはまさかのアレですか!ここでこの曲をやってくれますか!!!」


一方通行『let me wish shooting star
      this is really from my heart
      stop the thoughts spinnig in my head
      wish I could just feel』


佐天「ハイスタ…キタァァァァッァァァ!!しかも『starry night』だーーー!」

初春「さ、ささささ佐天さん!?」

佐天「なにやってんの、初春!早く行くよ!!!」ダッ

初春「行くってまさか…あの熱狂してる人の波にですか?いや、私は遠慮して…あっ、ちょっと手を引っ張らないで下さいよー」アウアウ

247 :1 ◆tDZEDi3zBI :2010/05/06(木) 04:22:14.93 ID:TMcreDtl0

一方通行『let me wish shooting star
       this is really from my heart
       differences that I feel inside
       wish I could let go』


打ち止め「うわーん、全部英語なんて非道い!!誰か同時通訳してよー!って、ミサカはミサカはMNWに助けを求めてみる」


上条『What was it  I left behind
    And forgot to bring along
    What was is  Shining bright
    I saw that night』


美琴「良かった…今ほど英語を勉強してて良かったと思ったことはないわ」

黒子「…そんな大袈裟な」

固法「(え?もしかして、私の英語力って中学生以下!?)」


一方・上条『Let me wish shooting star
       This is really from inside my heart
       From now on I wanna enjoy my life more
       Starry night』


御坂妹「MNWが過去最高の盛り上がりを見せています。と、ミサカはWBAのイチロー以来のスレの勢いに興奮を隠しきれません」

252 :1 ◆tDZEDi3zBI :2010/05/06(木) 04:23:57.97 ID:TMcreDtl0

ステイル『Let me wish shooting star
       This is really from my heart
       What I see here in front of me
       Wish I could accept』


芳川「外人さんだけあって流石に発音はキレイね」

インデックス「………」


ステイル『Let me wish shooting star
      This is really from my heart
      Everyone who is in my life
      Wish I could believe』


神裂「よく聞いててあげてください…彼の伝えたい思いを」

インデックス「………うん」

256 :今日部長との面談あるのに何やってんだろ俺 ◆tDZEDi3zBI :2010/05/06(木) 04:25:17.39 ID:TMcreDtl0

一方・ステイル『What was it that I go
          I will have to let it flow
          What was is  Shining bright
          I saw that night』


打ち止め「シスターさんは英語わかるの?」

インデックス「…うん。星に願いを…そう言ってるんだよ」


一方・上条『Let me wish shooting star
       This is really from inside my heart
       From now on I wanna like myself more
       Starry night』

一方通行『Wish on a starry night』


美琴「………ふん」

黒子「お姉さま?」

259 :1 ◆tDZEDi3zBI :2010/05/06(木) 04:25:56.67 ID:TMcreDtl0

キリーツ キヲツケ カンキャクノミナサンニ レイ! アリガトウ ゴザイマシター
ワーワー キャーキャー


上条「やりきった…上条さんはやりきりましたよ」ゼェゼェ

一方通行「あァ…俺らはァ良ォくやったぜェ」グッタリ

ステイル「練習でもこんなに疲れたことはなかったんだが…タバコがマズイ」ゲホゲホ

青ピ「なんや…結局カミやんがモテただけの気がしてならないわー」グテ

土御門「自動回復があって助かったんだにゃー」パァー

261 :1 ◆tDZEDi3zBI :2010/05/06(木) 04:26:59.34 ID:TMcreDtl0

打ち止め「お疲れ様ーーー!って、ミサカはミサカは疲労困憊で隙だらけのアナタにタッーーーークル!!」ドーン

一方通行「………」キィン

打ち止め「まさかの反射ーーー!?」ウワー

御坂妹「お疲れ様です。と、ミサカはアナタに労いの言葉をかけてイメージアップを図ります」

上条「御坂妹?あれ、でもここは参加者以外立ち入り禁止のはずだけど…」

インデックス「細かいことはいいんだよ!」

上条「インデックス!?お前、1ヶ月分の食料はどうした!!!」

インデックス「あんな程度じゃ1時間と持たないんだよ。おかげで餓死しちゃうところだったんだよ」

上条「そんな…上条さんちの1ヶ月分の食料が1時間で……」ガクーン

264 :1 ◆tDZEDi3zBI :2010/05/06(木) 04:27:50.12 ID:TMcreDtl0

黄泉川「…一方通行」

一方通行「げェっ、なンだよ。俺が歌なンか歌うのがそんなにおかしかったですかァー?」

黄泉川「そんなことないじゃんよ。不覚にも最後はちょっと感動しちゃったじゃん?なぁー、芳川」

芳川「えぇ…本当に。もう思い残すことはないわ」グス

一方通行「いやいやいや。なンだテメェーはァ。俺の母親かなンかですかァー」

打ち止め「それならミサカはアナタの恋人に立候補!って、ミサカはミサカは…イェーイ!やっぱり超絶にスルーされてるぅ!!」

上条「すげー賑やかなだな」

インデックス「見ててちょっとおもしろいかも」

267 :1 ◆tDZEDi3zBI :2010/05/06(木) 04:28:42.30 ID:TMcreDtl0

ステイル「…あの子を連れて来たのは君か、神裂」

神裂「要らぬお世話でしたか?」

ステイル「………ふん」

神裂「素直じゃないですね…相変わらず」

ステイル「………」

ステイル「一応、礼は言っておくよ」

神裂「…ふふ。どういたしまして」

270 :1 ◆tDZEDi3zBI :2010/05/06(木) 04:29:53.04 ID:TMcreDtl0

【大会は順調に進んで】

司会「続いては女の子のみのバンドですー。『Julian』の登場なのですよー」

ワーワー

上条「おっ、ビリビリ達のお出ましだ」オーイ

青ピ「むむ!センターの常盤台の子はカミやん病感染者やけど…それ以外ならまだ無事や!!」

土御門「ボーカルは超電磁砲とあの黒髪ロングの子なんだにゃー」

一方通行「(…あのお花畑、どっかで見たことあるような…)」

272 :1 ◆tDZEDi3zBI :2010/05/06(木) 04:30:27.83 ID:TMcreDtl0

美琴「ちょ!?なんであのバカは人の真正面に陣取るのよ」カァー

佐天「………」ニヤニヤ

黒子「佐天さん…それ以上お姉さまをからかうとライブ会場が灰になりますわよ」

初春「緊張しますねー。固法せんぱ…」

固法「ふふふふふふ」ウズウズ

美・黒・佐・初「………」

275 :1 ◆tDZEDi3zBI :2010/05/06(木) 04:31:24.78 ID:TMcreDtl0

美琴「えー、はじめまして『Julian』です。結成してまだ1ヶ月ぐらいしか経ってないけど、がんばって練習しました」

美琴「皆さん、どうぞ聞いてください」

ワーワー ウォー カモーン パンチラー

[バンド名:Julian]
・G/Vo:御坂美琴
・B/Vo:佐天涙子
・G:白井黒子
・Key:初春飾利
・D:固法美偉

[演奏曲]
・motto:JUDY AND MARY
・桜並木道:Whiteberry
・Shapes Of Love:Every Little Thing
・こいのうた:GO!GO!7188

つ知らん人のために参考


278 :1 ◆tDZEDi3zBI :2010/05/06(木) 04:32:35.50 ID:TMcreDtl0

美琴『イミテイションなんて 蹴飛ばして
    この痛みは ナイナイふりして
    最後に笑う人は 誰でしょう?
    急がば廻れ』


上条「おぉ!ジュディマリの『motto』じゃないですか。上条さんは好きですよ」

青ピ「YUKIのかわいさっぷりはある意味小萌センセー並の謎やで」

土御門「とても40間近の女性とは思えんぜよ」


美琴『見たくないんだ 本当は
    あたしはいつも 哀しいのよ
    辛いニュースばかり 我慢できない』


打ち止め「うわー、お姉さまスゴイ上手!って、ミサカはミサカは今更ながらプレッシャーを感じてみる」

御坂妹「さすがはオリジナルですね。と、ミサカも動揺を隠せません」

インデックス「ねー、とうまたちと一緒に見なくていいの?」

神裂「順番も近いですからね…準備しながら舞台袖で聴きましょう」

278 :1 ◆tDZEDi3zBI :2010/05/06(木) 04:32:35.50 ID:TMcreDtl0

美琴『イミテイションなんて 蹴飛ばして
    この痛みは ナイナイふりして
    最後に笑う人は 誰でしょう?
    急がば廻れ』


上条「おぉ!ジュディマリの『motto』じゃないですか。上条さんは好きですよ」

青ピ「YUKIのかわいさっぷりはある意味小萌センセー並の謎やで」

土御門「とても40間近の女性とは思えんぜよ」


美琴『見たくないんだ 本当は
    あたしはいつも 哀しいのよ
    辛いニュースばかり 我慢できない』


打ち止め「うわー、お姉さまスゴイ上手!って、ミサカはミサカは今更ながらプレッシャーを感じてみる」

御坂妹「さすがはオリジナルですね。と、ミサカも動揺を隠せません」

インデックス「ねー、とうまたちと一緒に見なくていいの?」

神裂「順番も近いですからね…準備しながら舞台袖で聴きましょう」

283 :1 ◆tDZEDi3zBI :2010/05/06(木) 04:34:13.26 ID:TMcreDtl0

美琴『愛をもっと 自由をもっと 思い通りなんていかないものだわ
    今はもっと 生きるmotto 歌いながらみつけられそうだね
    あせらないで この夜を もっと 愛してね』


上条「おぉ、ビリビリって歌上手いんだな。正直すげぇ」

ステイル「…あのドラムの子、大丈夫なのかい?目がヤバい気がするんだけど…」

青ピ「巨乳メガネっ娘だからオールOKやー!」


美琴『コミュ二ケーション うまくとれないし
    恋せよ 乙女命短し
    まだリアルなんて 知らないから 胸にトドメだ !
    涙流す素直なハート それは理想的でキレイ事
    完璧なのは 可愛くないでしょう ? 見逃してネー』


御坂妹「それにしてもこのお姉さま、ノリノリである。と、ミサカはお姉さまの開き直りっぷりに拍手を送ります」

インデックス「でも短髪は本当に凄いんだよ」

286 :1 ◆tDZEDi3zBI :2010/05/06(木) 04:35:47.51 ID:TMcreDtl0

佐天『弱くないんだ 本当は
    鼻歌まじり 泣き笑い
    夢は見たいの 夜な夜なカラーで
    期待するよ 私達の未来』


ステイル「第4波動ーーーー!!」

上条「いきなりどうした、ステイル!?」

ステイル「いや、すまない。何故か急に叫ばなければいけないような気がしたんだが…」

鉄装「あのー、私も何故か呼ばれた気がしたんですが…」

上条「誰!?」


美琴・佐天『愛をもっと 自由をもっと 思い通りなんていかないものだわ
       強い衝動 それがmotto 歌いながら歩いていけそうだね
       被害妄想 呑み込まれそう 明日はもっと 愛しい
       愛をもっと 欲しい
       あせらないで それよりも 今を愛してね』


ワーワー キャーキャー

289 :1 ◆tDZEDi3zBI :2010/05/06(木) 04:37:09.39 ID:TMcreDtl0

佐天「えー、このまま次の曲もいきまーす」



美琴『ドキドキのちっちゃな種をうえて 誰よりも大きくなって
    桜舞う 私の心舞う そこで 君と会いたい!!』


上条「Whiteberryの『桜並木』か…。出だしのキーボードのソロがいいよな」

青ピ「さっきからカミやん詳し過ぎない?」

上条「だって説明キャラがいないんですよ!上条さんだって大変なんでせう!!」


美琴『夢が咲く・新しく・変わってく
    涙離・おさえてる・また会える??
    言えない「バイバイ、バイバイ 最後のバイバイ」
    終わりをさけて歩いてたあの頃』

美琴『ぎりぎりで今走ってるヨ!! あたし だから強いって言ったでしょ
   「ガンバルヨ!!」ひまな時でイイから メールちょうだいネ!!』


打ち止め「お姉さま乙女してるね!って、ミサカはミサカはお姉さまの恋を応援してみる」

御坂妹「しかし、この程度では彼は気付かないでしょう。と、ミサカは内心オロオロしながらタカをくくります」

292 :1 ◆tDZEDi3zBI :2010/05/06(木) 04:38:41.25 ID:TMcreDtl0

美琴『かたいイス・冷たい机がならぶ
    今にも笑い声が聞こえてきそう
    泣かない・負けない・逃げない
    強く 強く 目指すのは大好きな自分』

美琴『シャカリキカリキ走ってるヨ!! あたし 口に出して言えないけど
    「ガンバルヨ!!」 もっと大きくなって 君と会いたい!!』


上条「なぁ、ビリビリって片思いでもしてるのかな」

土御門「………どうしてだにゃー」

上条「いや、さっきからそれっぽい曲歌ってるし…アイツに好かれる奴ってどんな男なんだろーな」

土御門「もしもし、エツァりん?あー、この間の件なんだけさ。やっぱアイツ一回分解しないとダメだわ、うん」

295 :1 ◆tDZEDi3zBI :2010/05/06(木) 04:40:06.01 ID:TMcreDtl0

黒子「次は3曲目ですのー」

美琴「なんかどんどん私達の扱いが適当になってる気がするんだけど…気のせいかしら」

佐天「それは…気にしちゃダメです」



上条「ん?次の曲は…ELTの『Shapes Of Love』か。また古いものを…」

青ピ「なぁ、カミやん。…これ、バンドって呼べるん?」

上条「まぁ、特に細かい規定もないし…いいんじゃねぇーの?」

土御門「適当だにゃー」


美琴『伝えたい伝えられない もどかしい気持ちで
    この胸 張ち切れそうだよ
    内気な自分直せば デートの約束も
    照れずに言い出せるのに』


芳川「…若いわね」

黄泉川「ちょっと羨ましいじゃんよ」

298 :1 ◆tDZEDi3zBI :2010/05/06(木) 04:41:20.42 ID:TMcreDtl0

美琴『ふいに見せた笑顔
    今日も眠れない
    ドキドキしている恋してる!』


御坂妹「歌詞が直球過ぎるだろ、おい。と、ミサカはお姉さまの熱唱ぶりに空いた口が塞がりません」

インデックス「とーまは……よし、大丈夫なんだよ。あの顔は短髪の想いにまったく気がついてないんだよ」


美琴『この恋つかみ取りたい
    今は片想いだけれど
    あなたを振り向かせるから
    真剣に話を聞いて!』

美琴『形のないものだから
    いつも行方知れずの恋
    誰にも もう止められない
    かけがえのないときめきを』


上条「なんか観客の女性陣の心酔っぷりがヤバいんだが」

土御門「共感できる恋する乙女は多いんだにゃー。カミやん、いい加減にしないとそのうち本当に刺されるぜよ」

301 :1 ◆tDZEDi3zBI :2010/05/06(木) 04:43:18.86 ID:TMcreDtl0

美琴『叶えたい叶えられない あなたを想うたび
    ため息増える毎日
    映画のワンシーンのような 気の利いた言葉で
    愛を打ち明けられたら』

美琴『受話器握りしめて
    彼にダイヤルした
    友達以上になれるかな?』


インデックス「どうしよう…ちょっと短髪に共感してきちゃったかも」

御坂妹「MNWも『歌詞kwsk』というレスで埋め尽くされています。と、ミサカは必死に歌詞をググりながら答えます」


美琴・佐天『本気で恋したいから
       今も大事なひとだから
       勇気を出して飛び込もう
       この距離が近づくように』

美琴・佐天『形のないものだから
       いつも行方知れずの恋
       このままチャンス逃さない
       二度と無い青春だから』


上条「………」

上条「(さっきビリビリがこっちを見てた気がしたんだけど…気のせいか)」

304 :1 ◆tDZEDi3zBI :2010/05/06(木) 04:44:27.65 ID:TMcreDtl0

美琴「次で…最後の曲になります」チラ

上条「?」

美琴「一生懸命歌うので…聴いてください」



美琴『生きてゆく力が その手にあるうちは
    笑わせてて いつも いつも
    うたっていて 欲しいよ』


上条「GO!GO!7188の『こいのうた』か…。これもう10年前なんだよな。ありえねぇ…」

土御門「月日が経つのは早いもんだにゃー」


美琴・佐天『きっとこの恋は 口に出すこともなく
       伝わることもなく 叶うこともなくて
       終わることもないでしょう
       ただ小さい小さい光になって
       あたしのこの胸の温度は下がらないでしょう』


インデックス「なんかちょっと切ないかも」

御坂妹「お姉さま…恐ろしい子。と、ミサカは……もうこの喋り方メンドイ」

307 :1 ◆tDZEDi3zBI :2010/05/06(木) 04:45:55.88 ID:TMcreDtl0

佐天『欲を言えばキリがないので
    望みは言わないけれど
    きっと今のあたしには あなた以上はいないでしょう』


芳川「あのベースの子も歌上手いわよね」

黄泉川「あーゆー子が一方通行の傍にいてくれたら安心なんだけどね。打ち止めだけってのは…何かと心配じゃん」


美琴『生きてゆく力が その手にあるうちは
    笑わせてて いつも いつも
    側にいて 欲しいよ』


上条「なんででせう…胸がキュンキュンする上条さんです」

土御門「(これは…まさかの逆フラグ建て!?)」

311 :1 ◆tDZEDi3zBI :2010/05/06(木) 04:47:50.76 ID:TMcreDtl0

美琴・佐天『きっとあなたには 急に恋しくなったり
       焼きもちを焼いたり 愛をたくさんくれて
       愛をあげたい人がいるから
       ただ小さい小さい光のような
       私の恋心には気づかないでしょう』


神裂「………」メモメモ

打ち止め「なんで急に歌詞をメモって…あれ?なんで涙目なの?って、ミサカはミサカは感動に打ち震えてるアナタがちょっと心配」


佐天『でもそんなあなただからこそ
    輝いて見えるのだから
    きっと今のあたしには あなた以上はいないでしょう』


美琴「………」チラ

上条「ん?(いま美琴がこっちを見たような…)」


美琴『教えてください神様
    あの人は何を見てる?
    何を考え 誰を愛し
    誰のために傷付くの?』


上条「………」

315 :1 ◆tDZEDi3zBI :2010/05/06(木) 04:49:27.33 ID:TMcreDtl0

美琴・佐天『生きてゆく力が その手にあるうちは
       笑わせてて いつも いつも
       側にいて 欲しいよ』


上条「なぁ…土御門さんや」

土御門「なんだぜぃ、カミやん」

上条「ビリビ…御坂の片思いしてる相手ってさ………いや、やっぱ何でもねーや」

土御門「………まっ、せいぜい悩むんだにゃー」ニヤニヤ

318 :1 ◆tDZEDi3zBI :2010/05/06(木) 04:50:09.26 ID:TMcreDtl0

アリガトウゴザイマシター

-控え室-

佐天「やりきったー!」ハァハァ

美琴「無理…もう無理だわ。いろいろと…」グッタリ

黒子「こ…こんなに疲弊するものとは…」ゼェーハァー

初春「ふぇ~、もう腕があがりませんー」プルプル

固法「さすがに……疲れたわ」グテー



319 :1 ◆tDZEDi3zBI :2010/05/06(木) 04:50:40.32 ID:TMcreDtl0

佐天「とりあえず、着替えませんか?私、もう汗だくで…」シュル

美琴「そうね。私もだわ」ヌギヌギ

黒子「お姉さまの汗まみれの…いえ、なんでもないですの。だから、その電撃の槍をしまってほしいですのののののののの」ビリビリ

ワイワイ キャーキャー

上条「よー、お疲れさん。いやー、上条さんは不覚にも感動してし…」ガチャ

美・黒・佐・初・固「………」←半裸で着替え中

上条「」バタン

マテゴラァー!!!!
ギャー フコウダー!!
ソレハ コッチノ セリフ デスノー!!!
ヒトノ シタギヲ ノゾキミルナンテ サイテーダ!
サテンサン ガ ソノセリフヲ イイマスカー!
ウゥ モウ オヨメニ イケナイ

323 :1 ◆tDZEDi3zBI :2010/05/06(木) 04:51:59.77 ID:TMcreDtl0

上条「うぅ…非道い。事故なのに…」ボロッカス

黒子「自業自得ですの」

上条「一瞬でドアを閉めたから上条さんは何も見てないのに………不幸だ」

美琴「(ちょっとやりすぎたかしら…)」

土御門「…んで、誰が一番オッパイが大きかったのかにゃー、カミやん?」

上条「固法さん>>>>>>>>>>>佐天さん>>>>>越えられない壁>>>>美琴>>白井≧初春さんでした」キリ

美琴「………」ピキ

上条「あっ…」

土御門「ウチらも加勢するんだぜぃ」パキポキ

青ピ「ぶっ殺す」

海原「これは解体されても文句は言えませんよね」

上条「ちょっと、待て!なんで海原まで…いや、みんないつになく目がマジなんですが…いやあああああああああああ」

326 :こいつらのバンド名考えるの素で忘れてた ◆tDZEDi3zBI :2010/05/06(木) 04:53:09.37 ID:TMcreDtl0

司会「そんなこんなで次で最後なのですよー」

司会「『シスター』の登場ですー」

ワーワー キャー カワイイー


初春「あっ、最後のバンドが出てきましたよ!」

佐天「本当だ!…て、あれ?あのギターを抱えてイスに座ってるのって…御坂さん???」

美琴「え?私はここにいるけど…」


御坂妹「あっ、お姉さまがこちらに気がつきました。と、ミサカは呑気にお姉さまに手を振ってみます」フリフリ


美琴「…って、何やってんのよ、あの子は!!!!」

329 :1 ◆tDZEDi3zBI :2010/05/06(木) 04:54:11.76 ID:TMcreDtl0

上条「まぁまぁ、そんなに興奮すんなよ。アイツだって自分の趣味ってもんをみつけたんじゃ…」

美琴「あー、そう。なら言わせてもらうけど…キーボードの所でイスに座ってるのってアンタんところのシスターさんじゃない?」

上条「なんですと!?」


インデックス「とうまもこっちに気がついたんだよ。おーい、とうまー!」ピョンピョン


上条「いや、ちょっと。インデックスさん何やってらっしゃるんですかーーーー!!!」

一方通行「ったく、そンぐれェーでギャーギャー騒いでンじゃねェーぞォ。三下共がァ」

上条・美琴「………なぁ(ねぇ)、あの真ん中でマイク持ってイスに座ってる子って…」

一方通行「ンァ?」


打ち止め「あっ!あの人もこっちに気がついてくれた!!って、ミサカはミサカは盛大に両手を振ってみる」ブンブン


一方通行「打ち止めーーーーーーーーーーーー!!!」

331 :1 ◆tDZEDi3zBI :2010/05/06(木) 04:55:22.62 ID:TMcreDtl0

黄泉川「お前らいい加減に黙るじゃん?周りの迷惑だろ」

一方通行「黄泉川ァー!これァどォいうことでなンですかァー」

神裂「提案したのは私ですが、やると決めたのは彼女たちです。それは他でもないアナタ達へ伝えたい想いがあったからです」

黄泉川「アンタらは、それをちゃんと聞いてやる義務があるじゃんよ」

上条「………」

美琴「………」

一方通行「………」

神裂「ほら、始まりますよ」

335 :1 ◆tDZEDi3zBI :2010/05/06(木) 04:56:40.10 ID:TMcreDtl0

打ち止め「え~と、名前はシスター(修道女)とシスターズ(妹達)をかけて『シスター』にしました!って、ミサカはミサカは誰かの思いつきをパクってみたことを公表してみたり」

御坂妹「最初に言っておきますが、ミサカたちの演奏する曲は皆さんが期待しているようなバンドと呼べるものではありません。と、ミサカは懇切丁寧に説明します」

インデックス「他の人たちより演奏曲は少ないけど、でも、がんばって練習したからちゃんと聴いてほしいかも」


[バンド名:シスター]
・Vo:打ち止め
・G/Vo:御坂妹(10032号)
・Key/Vo:インデックス


上条「ギターとキーボードだけって、バンドとして成り立つのか?」

土御門「今更そんな細かいこと言ってもしょうがないんだにゃー」

美琴「まぁ、やっちゃったもん勝ちよね」

黒子「いっそのことのど自慢大会にでもすれば良かったんですの」

337 :1 ◆tDZEDi3zBI :2010/05/06(木) 04:57:46.36 ID:TMcreDtl0

打ち止め「今日はミサカたちの大切な人に、いつも伝えられなかったことを歌で届けたい!って、ミサカはミサカは感謝の気持ちを込めてマイクを持つ手に力を込めてみる」


[演奏曲]
・あ~よかった:花*花

つ知らん人のために参考


打ち止め『あなたと初めて出逢ってから
      どれくらいの幸せをもらっただろうね
      大きいものや小さいもの
      気付かずにいたようなものもあっただろうね』


一方通行「…クソガキがァ」

黄泉川「ちゃんと聴いてやるじゃんよ」

一方通行「あァ…分かってらァ」



341 :1 ◆tDZEDi3zBI :2010/05/06(木) 04:59:09.27 ID:TMcreDtl0

インデックス『言葉や言葉じゃないもの
        涙やケンカの後の朝日の色
        2人の道は決して平らではなかったけれど』


ステイル「あの子がピアノを………君の差金かな、これは」

神裂「………はい。確かに、いま彼女が気持ちを伝えようとしている相手は違います。しかし…」

ステイル「いや、いい…いいんだ。また、あの子のあの姿が見れただけでも……僕は満足だよ」

神裂「………」


打ち止め・インデックス『あーよかったな あなたがいて
               あーよかったな あなたといて
               あーよかったな 一緒にいて
               あーよかったな 2人でいて』


初春「わー、さすが御坂さんの妹さんだけあって、歌も上手ですねー」

佐天「あのシスターさんも何てゆーか、透き通るような声っていうの?思わず聞き入っちゃうわ」

344 :1 ◆tDZEDi3zBI :2010/05/06(木) 05:00:40.79 ID:TMcreDtl0

打ち止め『もしもの話がキライなあなたに
       1つだけさせてほしいお話
       「もしもうつむいて 倒れかけたら
       泣き虫な私のそばで泣いたらいいよ」』


黄泉川「…だってじゃん?」ニヤニヤ

一方通行「うるせェ!静かに聴きやがれェ!!」


御坂妹『There is nothing for us to lose.
     Sure, I can say. I can say.
     Nobody knows what it means, "hung in there".
     but I'll be right beside you from now on.
     So on…』


美琴「………黒子、私やっぱ英語ちゃんと勉強してて良かったわ」グス

黒子「お姉さま?」

347 :1 ◆tDZEDi3zBI :2010/05/06(木) 05:02:03.20 ID:TMcreDtl0

御坂妹「…ミサカに命を与えてくれた人がいます。自分を殺して必死に語りかけてくれた人がいます。地獄と呼ばれる場所から命がけで助けてくれた人がいます」

打ち止め「その人達は、それが当たり前みたいにいっつも1人で無茶ばっかりしてて…」

インデックス「だから、この歌を送るんだよ」


[演奏曲]
・涙:HY

つ知らん人のために参考


打ち止め『暗い世界はそう残酷にも 人をああにも変えてしまうけれど
      重い鎧を外してしまえば 本当の姿が見えてくるから』

御坂妹『あの日起こったその出来事は 消せない記憶と悲しみを生み
     残るものは何も無く ただ 涙と憎しみの雨だけが』


一方通行「………」

芳川「………」ギュ

350 :1 ◆tDZEDi3zBI :2010/05/06(木) 05:03:07.65 ID:TMcreDtl0

インデックス『今 僕には君にしてあげる事が限られているけれど』


上条「………」


御坂妹『でも こうして歌を歌うくらいなら君に聞こえるように』


美琴「………」


打ち止め・インデックス『その涙を拭いて笑いながら ずっとこの地球で暮らしたい
               このままじゃ前は見えないから 君のそばには
               大切な人が必要』


黄泉川「…泣くなじゃん?」ポン

一方通行「うるせェ!」

353 :1 ◆tDZEDi3zBI :2010/05/06(木) 05:04:35.67 ID:TMcreDtl0

打ち止め『終わらない悪夢はそう 君の身体を蝕んで
      でも何も無かったように映る 君の姿は輝いていた』

インデックス『何よりも早く伝わるものは ささやかな祈りと生きる強さだね』

打ち止め・インデックス『その涙を拭いて笑いながら ずっとこの地球で暮らしたい
               このままじゃ前は見えないから 君のそばには
               大切な人が必要』


上条「今日は久々に卵かけご飯ではなく外食にしようと思うのです」グス

一方通行「…奢ってやらァ」グス

土御門「(完全に2人が堕ちたにゃー)」


御坂妹『絶え間なく光る星たちの中 君もひとつの星になり
     流した涙は潤いを増し』

打・イ・妹『その涙を拭いて笑いながら ずっとこの地球で暮らしたい
       このままじゃ前は見えないから 君のそばには
       大切な人が必要』


美琴「………」グス

黒子「(こっちも堕ちましたのー)」

355 :1 ◆tDZEDi3zBI :2010/05/06(木) 05:05:47.36 ID:TMcreDtl0

神裂「…さて、これで終わりですかね」

ステイル「あぁ…帰ろう」

インデックス「次で…最後の曲なんだよ」

神裂「え…?」

インデックス「私には1年前からの記憶がないんだよ。でも、その間ずっとひとりぼっちだった訳じゃない。誰かが…大切な誰かが傍にいてくれた気がするんだよ」

ステイル「………」

神裂「………」

インデックス「だから、この歌は…いまは思い出せないけど、大切だった誰かに捧げるんだよ」

上条「…ほら、アイツの想い、しっかり聴いてやれ」ポン

ステイル「……ふん。君に言われるまでもない」

357 :1 ◆tDZEDi3zBI :2010/05/06(木) 05:07:06.75 ID:TMcreDtl0

インデックス『誰もが気付かぬうちに 何かを失っている
        フッと気付けばあなたはいない 思い出だけを残して』


『ねー、火織。聞いて聞いて!私また新しい讃美歌が弾けるようになったかも』


神裂「………」


インデックス『もしも もう一度あなたに会えるなら
        たった一言伝えたい ありがとう ありがとう』


『ステイルー!ちゃんとそこで私の演奏を聞いてるんだよ』


ステイル「………」

360 :1 ◆tDZEDi3zBI :2010/05/06(木) 05:08:12.72 ID:TMcreDtl0

神裂「まさか、あの子たちがこんなことを企んていたとは…」

ステイル「………」


インデックス『もしも もう一度あなたに会えるなら
        たった一言伝えたい
        もしも もう一度あなたに会えるなら
        たった一言伝えたい ありがとう ありがとう』


神裂「…ステイル。あまり泣いていると彼女に気がつかれますよ。決めたのでしょう?私たちは影から彼女を守ると…」

ステイル「分かってる………分かっているさ」スッ

上条「あっ…おい!最後まで聞いてやんねーのかよ」

363 :1 ◆tDZEDi3zBI :2010/05/06(木) 05:09:28.13 ID:TMcreDtl0

ステイル「あぁ…彼女の想いはもう十分過ぎるほどもらったからね」

神裂「あとは…アナタが聞いてあげてください。私達の分まで…」

上条「…また、イギリスに帰っちまうのか?」

ステイル「これでも忙しくてね。仕事が立て込んでるのさ」

上条「そっか。なら…」

ステイル「?」

上条「歌いたくなったらまたいつでも来いよ!また一緒にバンドやろうぜ」

ステイル「………ふん」スッ



ステイル「言われるまでも…ないさ」

365 :1 ◆tDZEDi3zBI :2010/05/06(木) 05:10:22.64 ID:TMcreDtl0

【そんなこんなで無事バンド大会も終わり】


打ち止め「うわーーーい!まさかのまさかのミサカたちが優勝!!って、ミサカはミサカは大はしゃぎ!」ピョンピョン

一方通行「おいおい。マジかよォ…」

インデックス「やったんだよ!これで卵かけご飯の毎日から脱出かも!!」

上条「そうか!なにも俺が優勝しなくてもインデックスが優勝すれば結果は同じか!!でかしたぞ、インデックス!!!」

黒子「あのー、お姉さま?」

美琴「ゲコ太が…2人っきりのデートが…」ブツブツ

367 :1 ◆tDZEDi3zBI :2010/05/06(木) 05:11:25.00 ID:TMcreDtl0

御坂妹「…お姉さま」ザッ

美琴「アンタ…何の用よって、その手に持ってるのは!?」

御坂妹「お察しの通り、副賞の等身大ゲコ太人形とゲコ太と行く遊園地貸切ペアチケットです。と、ミサカは自慢気にお姉さまに対して見せつけます」

美琴「何よ…優勝した自慢のつもり?」

御坂妹「はい。と、ミサカは悦に浸ります」

美琴「ぬぐぐぐぐ」

369 :1 ◆tDZEDi3zBI :2010/05/06(木) 05:12:10.29 ID:TMcreDtl0

御坂妹「ところで…」

美琴「?」

御坂妹「ここに等身大ゲコ太人形とゲコ太と行く遊園地貸切ペアチケットがあります。と、ミサカは左右の手にそれぞれ賞品を載せてお姉さまに迫ります」

美琴「…見りゃ分かるわよ。アンタね、人をからかうのもいい加減にしなさいよ…」バチバチ

御坂妹「どちらが欲しいですか?」

美琴「………はぁ?」

御坂妹「聞こえなかったのですか?と、ミサカはお姉さまの耳の遠さに嘆息します。これだからセロリに中学生はババァなんて言われ…」

美琴「聞こえたわよ!」



370 :1 ◆tDZEDi3zBI :2010/05/06(木) 05:12:38.81 ID:TMcreDtl0

御坂妹「ならば…どちらが欲しいですか?と、ミサカは再度問いかけます」

美琴「だから、なんでアンタがそんなこと聞くのよ!アンタが自分で努力して優勝したんでしょ?ならゲコ太ももらって、そのチケットも…アンタがあのバカでも誘えばいいじゃない」

御坂妹「………」

御坂妹「正直、ミサカは今日のお姉さまの恥ずかしげもなく片思いソングを熱唱する姿にちょっとトキメイてしまいました」

美琴「お願い…それは忘れて」ガク

御坂妹「ですから…これはミサカからのお姉さまに対するガンバったで賞です」

美琴「………」

御坂妹「さぁ、どちらか選んでください。と、ミサカは両手を突き出して催促します」

美琴「………じゃあ、こっちで」ペアチケット

373 :1 ◆tDZEDi3zBI :2010/05/06(木) 05:13:43.37 ID:TMcreDtl0

御坂妹「良かったです。ここでゲコ太人形を選ぶような腰抜けだったら、どちらもボッシュートしているところでした」

美琴「アンタね…」

御坂妹「それでは、さっそく彼をデートに誘うための作戦……を?」

美琴「ん」

つチケット

御坂妹「なぜお姉さまはミサカにチケットを差し出すのですか?と、ミサカは混乱しながらも冷静を装って問いかけます」

美琴「これはもう私のなんでしょ?なら、私が誰を誘ってもいいじゃない」

御坂妹「ですから、なぜその相手がミサカなのですか?と、ミサカはいよいよ混乱に拍車がかかってまいりました」

美琴「なによ。ガンバった妹に対して姉がご褒美をあげちゃいけないわけ?いいじゃない、たまには姉妹2人で他の人の目も気にせず遊んだって」

御坂妹「お姉さま…」

377 :1 ◆tDZEDi3zBI :2010/05/06(木) 05:15:18.88 ID:TMcreDtl0

美琴「私は学園都市第3位のレベル5よ?あのバカをデートに誘うくらい………自分でどうにかするわよ」

美琴「…で、ほら、どうするの?行くの行かないの?行かないならしょうがない…あのバカでも誘って2人で行くけど…」スッ

御坂妹「行きます!と、ミサカは慌ててチケットを受け取ります」パシ

美琴「うん、よし」

御坂妹「………お姉さま」

美琴「うん?」

御坂妹「ありがとうございます」

美琴「うん」

御坂妹「…と、ミサカはどうせご褒美ならあの人と2人が良かったという思いは口に出さず、とりあえずお礼を言っておきます」

美琴「おい」ビシ

379 :1 ◆tDZEDi3zBI :2010/05/06(木) 05:16:05.50 ID:TMcreDtl0

打ち止め「ねーねー」ダキ

一方通行「おい、歩きにくいからひっつくンじゃねェー」

黄泉川「なら反射すればいいじゃん」ニヤニヤ

一方通行「ケッ、いちいち能力使うのがかったりーンだよ」

打ち止め「そんなツンデレなアナタがミサカは大好きー!って、ミサカはミサカはもう何度目かわからない大胆告白」

黄泉川「うわぁ…」

一方通行「いや、なンで俺がそンな目で見られなくちゃならないンですかァー!?」

382 :1 ◆tDZEDi3zBI :2010/05/06(木) 05:17:22.73 ID:TMcreDtl0

打ち止め「ねぇ?耳貸して耳貸して!って、ミサカはミサカはジャンプしてみるけどアナタの耳元まで全然届かないのー」ピョンピョン

一方通行「はいはい。なンですかァー?」

打ち止め「………」ゴニョゴニョ

一方通行「………何言ってやがる。クソガキがァ」キィン

打ち止め「ぬわーーーー!?反射されたーー!!」ウワーン

芳川「なになに、なんて言ったの?」

打ち止め「ナイショなのー!って、ミサカはミサカは諦めずにアナタにタッークル!!」ドーン

一方通行「………」ヒョイ

打ち止め「んな!?こんどは避けられたー!!って、ミサカはミサカは…」

ワーワー ギャーギャー




『ねぇ、一方通行』

『んだァ?』

『泣きたいときは、ホントにミサカの傍で泣いていいんだからね』


386 :1 ◆tDZEDi3zBI :2010/05/06(木) 05:19:24.46 ID:TMcreDtl0

【嵐のような1ヶ月は幕を閉じましたとさ】


上条「さてと、そんじゃあ…ウチに帰りますか」

インデックス「うん!いっぱい歌ったから私はもうお腹ペコペコなんだよ」

上条「………インデックス」

インデックス「なにかな、とうま」

上条「今日は…腹いっぱい食うか」

インデックス「当然なんだよ!!ほら、とうまのんびり歩いてたら置いてっちゃうんだよ」ダッ

上条「はは…だよな。インデックスさんはそういうお人ですもんね」

上条「………」

上条「これからもよろしくな…インデックス」


-FIN-

398 :1 ◆tDZEDi3zBI :2010/05/06(木) 05:29:37.06 ID:TMcreDtl0

終わった…やっと終わった
鯖落ちとさるさんさえなければもうちょっと早く終わったものを…

こんな時間まで支援してくれた人、本当にありがとうございました。
ぶっちゃけ、原作は6巻までしか読んでないし、アニメ版も見てないので
キャラがおかしい部分が多かったと思います。

でもやりきった。もう満足です。

ホントはプロローグ的なものもやろうと思ってたけど、もう会社行かないといけないんで止めます。
また、別のネタのときに使えればいいな。

最後に、応援してくれた人、ありがとうございました。

コメント

No title

No title

本当に感動した

No title

おいおい・・・曲に合わせて読むSSは反則だと何度言えば・・・(ry
泣いた
てかKOKIAは卑怯です、しかもありがとう。。。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

No title

泣けました(TT)感動をありがとう!!

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。