FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一方通行「男じゃねェよ!!…女でもねェけど」

性未分化一方通行を禁書+電磁キャラで愛でつつ
いじって虐めて罵ってお前洗ってない犬の臭いがすんだよ野ブタは塩水でも飲んでろ!ズシャー!して、
そしてたまに優しく包み込むスレ

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/02/10(水) 17:52:14.36 ID:bBgsGXuL0
美琴「結局どっちなのよ」
黒子「カタツムリみたいですわね」
打ち止め「中途半端だねってミサカはミサカは真顔で言ってみたり」
黄泉川「更衣室はどっちも使えないってことじゃん」
一方「てめェら好き放題言いやがって…」
上条「こら!イジメカッコ悪い!」
上条「大丈夫だぞ一方通行。俺はお前の味方だ」
一方「上条…」
上条「あ、そう言えばいいニックネームを思いついたんだ。アクセラツムリってどう?可愛いだろカタツムリ」
一方「(´・ω・`)」



3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/02/10(水) 17:55:50.13 ID:bBgsGXuL0
美琴「で、どうなのよ付いてるのか付いてないのかハッキリしなさいよ」
黒子「まあお姉さまったら下品ですわよ」
打ち止め「この人は8割シモネタしか言わないから大丈夫だよってミサカはミサカはフォローしてみる」
黄泉川「でもモノローグは恥ずかしいくらいの純愛熱血じゃん」
一方「シモネタじゃねーよ!シモネタじゃねーよ!」
上条「こら!イジメカッコ悪い!」
上条「大丈夫だぞ一方通行。俺はお前の味方だ」
一方「上条…」
上条「あ、そう言えばお前ってオナニーの時ちんちん擦んの?それともアソコになんか突っ込むの?」
一方「(´・ω・`)」

7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/02/10(水) 18:00:00.69 ID:bBgsGXuL0
美琴「それはさすがに下ネタレベル5よ」
黒子「レベル0だとどのくらいですの?」
打ち止め「指でエッチスケッチワンタッチやる程度、ってミサカはミサカは考えてみる」
黄泉川「小学生以下じゃん」
一方「俺は小学生の頃もそンなくだンねェことやってねェよ!!」
上条「こら!イジメカッコ悪い!」
上条「大丈夫だぞ一方通行。俺はお前の味方だ」
一方「上条…」
上条「あ、そう言えば一方通行はエッチ、だな。良かったなワンタッチじゃなくて」
一方「(´・ω・`)」

8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/02/10(水) 18:02:31.36 ID:bBgsGXuL0
美琴「ぷ。道路標識」
黒子「まあどう見ても道路標識ですわね」
打ち止め「あなたと一括りにされると、ミサカまで道路標識になっちゃうからやめてぇ
      ってミサカはミサカはわざとらしく嫌がってみたり」
黄泉川「道路標識は勝手に持ち帰ると犯罪になるじゃん」
一方「仕方ねぇだろそういう能力名なンだから!」
上条「こら!イジメカッコ悪い!」
上条「大丈夫だぞ一方通行。俺はお前の味方だ」
一方「上条…」
上条「でもほんと一方通行だらけの地図みると不安定な気分になるよなーやめてほしいぜ」
一方「(´・ω・`)」

10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/02/10(水) 18:06:11.00 ID:bBgsGXuL0
美琴「同人誌ではチンコ出して打ち止めに迫ってるって言うの?」
黒子「とんでもない変態ロリコンですわね」
打ち止め「やめてミサカを汚さないで!ってミサカはミサカはこれまたわざとらしく言ってみたり」
黄泉川「ロリコンは重犯罪じゃん。逮捕じゃん」
一方「おいコラ警備員テメーは捏造された証拠で無実の人間を逮捕すンのかー!」
上条「こら!イジメカッコ悪い!」
上条「大丈夫だぞ一方通行。俺はお前の味方だ」
一方「上条…」
上条「俺はお前が短小包茎おちんぽ野郎でも無毛のつるつるスジマンでも大好きだからな」
一方「(´・ω・`)」

12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/02/10(水) 18:11:03.37 ID:bBgsGXuL0
美琴「喜べよですって」
黒子「一方通行さんはタイミングとか空気を読む能力とかがレベル0なんですのね」
打ち止め「『どうせアンタの気持ちも一方通行なんでしょうね』ってミサカはミサカはお姉さまの真似をしてみたり」
黄泉川「男でもあるはずなのにこれはどういうことじゃん?同性愛は不毛じゃん」
一方「だから男じゃねーよ!女でもねーけど!」
上条「こら!イジメカッコ悪い!」
上条「大丈夫だぞ一方通行。俺はお前の味方だ」
一方「上条…」
上条「どっちでもないお前が好きだ。永遠に未分化のままでいてくれ」
一方「(´・ω・`)」

13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/02/10(水) 18:17:14.06 ID:bBgsGXuL0
美琴「ちょっと待ちなさいよ」
黒子「お姉さま、いいじゃありませんの」
打ち止め「お姉さまはれっきとした女の子だから有利!ってミサカはミサカは応援してみたりー」
黄泉川「男としても女としても半人前じゃん」
一方「べ、別に俺はこンな三下のことなンか…」
上条「えっ、お前俺のこと好きなんじゃなかったの!?」
上条「残念だよ一方通行。俺はお前の味方にはなれない」
一方「上条…そ、そンな…」
上条「あ、そういえばセロリって小学生に嫌われる野菜ベスト10に入ってると思う。小学生に嫌われるとかセロリ可哀想だよな」
一方「(´;ω;`)ブワッ」

15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/02/10(水) 18:19:39.89 ID:bBgsGXuL0
美琴「泣いた」
黒子「泣きましたわ」
打ち止め「この人の涙なんて初めて見たってミサカはミサカは驚き桃の木山椒の木」
黄泉川「これはイジメすぎたじゃん?」
一方「うっ、うっ、どうせ俺なンか…」
上条「こら!イジメカッコ悪い!」
上条「大丈夫だぞ一方通行。俺はお前の味方だ」
一方「上条…!」
上条「だから俺のためにずっと短小包茎おちんぽと無毛のつるつるスジマン両方装備のままでいてくれよ」
一方「(´・ω・`;)エーット」

18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/02/10(水) 18:24:37.70 ID:bBgsGXuL0
美琴「ふたなりなのか両方ないのかくらいは教えてくれって言われてるわよ」
黒子「とりあえずひん剥いてみましょうか?」
打ち止め「念のために言っておくけどここはセブンスミストのフードコートだからやめた方がいいってミサカはミサカはアドバイス」
黄泉川「猥褻物陳列罪で一方通行を逮捕じゃん」
一方「自発的に脱ごうとしているわけでもないのに!?」
上条「こら!イジメカッコ悪い!」
上条「大丈夫だぞ一方通行。俺はお前の味方だ」
一方「か、上条…」
上条「とりあえず一緒にトイレいって一緒に同じ個室に入ろうか。あ、女子トイレの方がいいのか?」
一方「(´・ω・`)」

19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/02/10(水) 18:30:08.58 ID:bBgsGXuL0
美琴「一方通行が女子トイレに行くのは犯罪よね」
黒子「男子トイレに女子が乱入するのは犯罪でしたかしら」
打ち止め「風紀維持的な問題でアウアウなんじゃないかなーってミサカはミサカは予測してみたり」
黄泉川「それよりもまず一つの個室に男女がって時点でアウアウじゃんよ」
一方「いかねーよ!いかねーよ!」
上条「こら!イジメカッコ悪い!」
上条「大丈夫だぞ一方通行。俺はお前の味方だ」
一方「上条…(オマエのせいなんだが)」
上条「トイレがだめなら一緒に混浴露天風呂のある温泉宿にいこうぜ」
一方「(´・ω・`*)」

一方「いやいやいやいや待てよおかしいだろ駄目だダメダメ絶対駄目!」
上条「(´・ω・`)」

21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/02/10(水) 18:36:02.35 ID:bBgsGXuL0
美琴「>>20」
黒子「殿方さんが紛れているみたいですの」
打ち止め「噂の高校生はド変態だったんだー!ってミサカはミサカはざわ…ざわ…」
黄泉川「一方通行…アンタ罪な奴じゃん。曖昧な性別表記でいたいけな少年を惑わした罪で逮捕」
一方「逃げて良い?」
上条「こら!イジメカッコ悪い!」
上条「大丈夫だぞ一方通行。俺はお前の味方だ」
一方「上条…」
上条「俺はひとりだけだ。1万人弱のクローンがいて全員で迫ってきたりしないから、安心して下半身をさらけ出してくれ。あ、できればつるぺたの胸も」
一方「(´・ω・`)」

23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/02/10(水) 18:48:40.50 ID:bBgsGXuL0
美琴「上条当麻自重汁」
黒子「お姉さまがショックのあまり化石のような2ちゃん語を…!」
打ち止め「汁とかもう何年も見かけないねってミサカはミサカはこの年でねらーであることをカミングアウトしてみたり」
黄泉川「一方通行、どういう教育してるじゃん」
一方「教育してンのはオマエと芳川だろォがああァァァ!!」
上条「こら!イジメカッコ悪い!」
上条「大丈夫だぞ一方通行。俺はお前の味方だ」
一方「上条…」
上条「自重しない。それが上条当麻」
一方「(´・ω・`)」

25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/02/10(水) 18:52:03.17 ID:bBgsGXuL0
美琴「ところで口内炎ができた」
黒子「>>1の現状とかどうでもいいですの」
打ち止め「口内炎といえば、キスしようよ、今日は嫌だ。なんでだよ!?やめろってば!アッー!だねってミサカはミサカは博識をアピールしてみたり」
黄泉川「一方通行、どいういう教育してるじゃん」
一方「自分を棚にあげンな!!オマエの本棚に隠してある薄い本が原因だろうが!!」
上条「こら!イジメカッコ悪い!」
上条「大丈夫だぞ一方通行。俺はお前の味方だ」
一方「上条…」
上条「一方通行は口内炎できてないか?できてるならキスしよう。俺が潰れるまでこね回してヤる。」
一方「(((((´・ω・`))))」

26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/02/10(水) 18:55:16.72 ID:bBgsGXuL0
美琴「森三中のキャッツアイ夢に出そう」
黒子「>>1のトラウマとかどうでもいいですわ」
打ち止め「ピチピチレオタードがブルンブルンのパツパツだねってミサカはミサカは思い出をデリートしたのにバックアップとってあってチクショウ」
黄泉川「幼女にレオタード…とか想像してるじゃん?一方通行、ソレはアンタに必要のないものじゃんよ」
一方「人の脳内を勝手に捏造すンじゃねェェェ!!」
上条「こら!イジメカッコ悪い!」
上条「大丈夫だぞ一方通行。俺はお前の味方だ」
一方「上条…」
上条「じゃあとりあえずこの即席着替コーナーでこのレオタードを」
一方「(´・ω・`)」

27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/02/10(水) 18:58:04.82 ID:bBgsGXuL0
美琴「一方通行はチョコなんかもらえないんでしょうねざまぁ」
黒子「男でも女でもないんですから当然ですわね」
打ち止め「両性もしくは無性も参加可能だったらよかったのにねってミサカはミサカはあなたからチョコもらえなくてしょんぼりしてみたり」
黄泉川「一方通行!幼女を泣かすとは何事じゃん」
一方「泣いてなくね!?」
上条「こら!イジメカッコ悪い!」
上条「大丈夫だぞ一方通行。俺はお前の味方だ」
一方「上条…」
上条「全身をチョコレートでコーティング一方通行でもいいし、乳首とアソコだけチョコレートディップな一方通行でもいい。
    バレンタイン期待してる」
一方「(´・ω・`)」

28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/02/10(水) 19:08:09.80 ID:bBgsGXuL0
美琴「あたしキャラメルカプチーノたのもっと」
黒子「そういえばまだ何も注文していませんでしたわ」
打ち止め「この人がいじめられたそうな顔をしていたせいだねってミサカはミサカは思い出してみたり」
黄泉川「とりあえず何か食べるじゃん。一方通行は罰として水。いややっぱりなにもなし」
一方「」
上条「こら!イジメカッコ悪い!」
上条「大丈夫だぞ一方通行。俺はお前の味方だ」
一方「上条…」
上条「お…おおおおおおれと一つのソフトクリームをわけあってぺろぺろしようぜ」
一方「(´・ω・`)」

メシつくってこよ

33 名前:保守されるとは思わなかったあり[sage] 投稿日:2010/02/10(水) 20:32:45.99 ID:bBgsGXuL0
美琴「あ、店員さーんキャラメルカプチーノとチキンカツ」
黒子「チキンに火が通ってるか少し心配でしたわ…ってだから>>1の夕飯なんてどうでもいいですの。わたくしはホットミルクティーを」
打ち止め「店員さーん、ミサカにストロベリーサンデーください!ってミサカはミサカは元気よく注文してみたりー!」
黄泉川「私はホットを一つじゃん。こっちの白いのには水を」
一方「み、水くれンのか…!」
上条「こら!イジメカッコ悪い!一方通行もそこで喜ばない!」
上条「大丈夫だぞ一方通行。俺はお前の味方だ」
一方「上条…」
上条「だから俺とソフトクリームをぺろぺろした後は俺のちんぽもぺろぺろしてみないか」
一方「(´・ω・`)」


35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/02/10(水) 20:36:44.41 ID:bBgsGXuL0
美琴「そういえば温泉がどうのって言ってたけど」
黒子「温泉と言えば枕投げ、と>>32がおっしゃっておりますわね」
打ち止め「枕投げ?ミサカネットワークにいろいろ打診してみたところによると、枕に石を詰めて敵を殴り殺す暗殺術だって返事がきたんだけど
      ってミサカはミサカは温泉宿に対して恐怖をいだいてみたり」
黄泉川「違うじゃん。枕投げっていうのは、一方通行に対して一方的な暴力を振るうお祭りのことじゃん」
一方「すでに言葉の暴力で俺のライフは0に近いンですがねェ」
上条「こら!イジメカッコ悪い!」
上条「大丈夫だぞ一方通行。俺はお前の味方だ」
一方「上条…」
上条「枕は投げるものじゃない。腰の下に敷いて、腰への負担を和らげるためのものだ」
一方「(´・ω・`)」

37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/02/10(水) 20:40:58.89 ID:bBgsGXuL0
美琴「電池が切れたら的にもならないわよね」
黒子「動かないものを狙ってもつまりませんものね」
打ち止め「動きづらい布団の上で避けようとあわあわしているところに情熱を感じるというのに…とミサカはミサカはこの人のバッテリー駆動時間にがっかりしてみたり」
黄泉川「常にレールガンで充電すればいいんじゃん?」
一方「うんお前ら俺を殺したいんだな?」
上条「こら!イジメカッコ悪い!」
上条「大丈夫だぞ一方通行。俺はお前の味方だ」
一方「上条…」
上条「動きづらい布団の上でうっかり転んで覆いかぶさってしまったり、あらぬところに手が入り込んだりするかもしれないが、
    ちゃんと超電磁砲直撃からは守ってやる。身を呈して。うん」
一方「(´・ω・`)ドウウケトッテイイモノヤラ」


38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/02/10(水) 20:52:00.44 ID:bBgsGXuL0
美琴「ところで話は変わるんだけど、このメンバーって珍しいわよね」
黒子「そうですわね」
打ち止め「どういう人選なのかな?ってミサカはミサカは可愛らしく首をかしげてみる」
黄泉川「>>1の好みじゃん」
一方「え、その好みの中でイジメられてる俺って」
上条「そげぶ!」
上条「大丈夫だぞ一方通行。俺はお前の味方だ」
一方「上条…」
上条「でもあとインデックスとかオルソラとかイギリスのシスターさんとか☆とか偽海原とかもうっかり遭遇するかもな」
一方「誰だよオルソラって!イギリスのシスターってなンだよ!女か!ばーか!」

39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/02/10(水) 20:54:26.58 ID:bBgsGXuL0
美琴「アイテムも来るかもしれないわねー」
黒子「座標移動も現れるかもしれませんわね」
打ち止め「初春のお姉ちゃんくるかな?」
黄泉川「月詠せんせもくるかもしれないじゃん」
一方「」
上条「はっはっは見事に女ばっかりだな」
上条「大丈夫だぞ一方通行。俺はお前の味方だ」
一方「…」
上条「俺がぶち犯してやりたいと思うのはお前だけだからさ」キリッ(AAry
一方「(´・ω・`)」


41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/02/10(水) 21:02:11.88 ID:bBgsGXuL0
美琴「ていうかなんで私じゃだめなのよ?一方通行なんてドSだしリョナだしだいたい可愛くないじゃない」
黒子「三白眼で目の色も怖いですわ。眉間のシワも威圧感満載ですの」
打ち止め「可愛いのは寝てるときだけだねってミサカはミサカは指摘してみたり」
黄泉川「寝言で"お腹いっぱい山盛りのドーナツ食べたい"って言ってたときは爆笑だったじゃん」
一方「あああああああもうやめろおおおォォォォ」
上条「こら!イジメカッコ悪い!」
上条「大丈夫だぞ一方通行。俺はお前の味方だ」
一方「上条…」
上条「寝言で"あんっとうまぁもう入らないよォっ妊娠しちゃううううううらめえええええ"とかは言わないのか?」
一方「(´・ω・`)」


42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/02/10(水) 21:06:29.90 ID:bBgsGXuL0
美琴「私の質問に答えなさいよ」
黒子「お姉さまをスルーするとはいい度胸ですの」
打ち止め「お姉さま可愛いのにどうしてこの人なの?ってミサカはミサカはさっぱりわからない」
黄泉川「人の趣味にどうこう言うわけじゃないけど、一方通行はどうみても可愛くないじゃん」
一方「…」
上条「落ち込んでる一方通行かわいい」
上条「大丈夫だぞ一方通行。俺はお前の味方だ」
一方「上条…」
上条「だって御坂マン毛生えてるだろ。悪いけど俺、つるつるがいいんだ」
一方「おおおお俺がつるつるだと勝手に決めつけるンじゃねェェェ!!」

上条「生えてるの?」
一方「教える義理はねェ」プンスカ

43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/02/10(水) 21:08:51.51 ID:bBgsGXuL0
上条「見せてみろよ。だーいじょーうぶ恥ずかしいのは最初だけだって」
一方「嫌に決まってンだろ」
上条「俺に見られるのがそんなにいやなのか?」
一方「いやオマエだから嫌とかそういうんじゃねェし…」
上条「じゃあ脱げよ。今ここですぐ脱げよ。全裸になれよ。ただし靴下は履いたままで」

一方「(´・ω・`)」

51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/02/10(水) 22:59:49.17 ID:bBgsGXuL0
美琴「アンタがつるつるになれっていうなら、ツルツルにしてやるわよ」
黒子「」
打ち止め「」
黄泉川「」
一方「うわあ。」
上条「」
上条「大丈夫だぞ一方通行。俺はお前の味方だ」
一方「うわあ…。」
上条「天然のつるつるさんがいいんだ」
一方「ツルツルじゃねェええええっ!!」


ねみー

53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/02/10(水) 23:07:30.70 ID:bBgsGXuL0
初春「あ、御坂さん」
佐天「おお、みなさんお揃いで~っと」
御坂「初春飾利さん…だっけ。あと佐天さん」
初春「あははやだなあ冗談はアニメだけにしてくださいよぉ」
御坂「」
黒子「奇遇ですわね初春。佐天さんも…買い物ですの?」
佐天「ですの。御坂さんたちも買い物ですか?大人数ですね…って、あの先生は…」
黄泉川「おお、補講に出てた子じゃんよ。久しぶりじゃん?その後どうじゃん」
佐天「ぼちぼちです」
打ち止め「あれーみんな知り合いなのーってミサカはミサカはのけものはやだーって暴れてみたり」
初春「アホ毛ちゃんじゃないですかー」
打ち止め「初春のお姉ちゃんー」

御坂「なによこれは時系列いつよ」
上条「こらっ一方通行を無視するんじゃない」
一方「髪型は8巻以降だな俺は」
上条「ええー。3巻の頃に戻さないかい?」
一方「(´・ω・`)」

54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/02/10(水) 23:09:34.92 ID:bBgsGXuL0
一方「オマエはこの髪型嫌なのか」
上条「いいえ、好きですよ」
一方「じゃあなンでだよ」
上条「前の髪型だったら、モミアゲひっぱっていじめられる一方通行を颯爽と助けにくるヒーロー、っていうシチュエーションもありえたから」
一方「あの頃の俺反射完璧だったンで前提条件からして無理ですねハイ残念」
上条「(´・ω・`)」

56 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/02/10(水) 23:14:51.43 ID:bBgsGXuL0
御坂「私だって路地裏で襲われているところを助けてもらうヒロインっていうシチュエーションがありえたわよ」
上条「助けたのはヒロインではなくスキルアウトの方々でしたとさ」
御坂「アンタねぇ…」
黒子「お姉さま、だからあれほど事件や事件が起こりそうなところに近寄らないでと」
初春「そうですよ御坂さん。有名人なんですからー」
佐天「みなさんは御坂さんのお友達なんですか?」
黒子「わたくしはお姉さまのスールですの!」
黄泉川「私はこっちの白いのとそっちのちっこいのの保護者じゃん」
打ち止め「ミサカはお姉さまの20001人目の妹だよってミサカはミサカは機密情報を漏洩してみたり」
一方「俺は別に…」
上条「俺は喧嘩友達ですよ?」

御坂「(´・ω・`)」

57 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/02/10(水) 23:19:08.13 ID:bBgsGXuL0
佐天「なんだ、恋人かと思ったのにー。隣同士で座ってるし」
初春「私もちょっと思いました…」
御坂「ななななな、ちょっとちがうわよーやーね^^^^^^^^」
黒子「」
黄泉川「へえ、お似合いだってよ少年」
打ち止め「おおっ?あの人が心なしかしょんぼりしてるかもってミサカはミサカはー…」

上条「俺と御坂が恋人になるなんて永遠にありえないな。
    おれがぺろぺろしたいちんぽもまんこも一方通行のだけだし…」

一方「(´・ω・`*)

………いやアレ?ちげーよ…ここはこうだろ(´・ω・`)」


58 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/02/10(水) 23:24:55.66 ID:bBgsGXuL0
初春「じゃあ私たちはそろそろ行きますね」
佐天「それじゃあ」
御坂「う…うん…またね…」
黒子「爆弾を落とすだけ落として去っていきましたわね」
打ち止め「いやーさすが初春のお姉ちゃんとそのお友達だったねーってミサカはミサカは嵐の後のテーブルを眺め回してみみたり」
黄泉川「それにしても少年、あんたはちょっと直接的表現を公共の場で使いすぎじゃん」
上条「愛があったら大丈夫ベイベー、躊躇っちゃ損だ前へ、躊躇っちゃ損だ前へ、ジュテームジュテーム乾杯で朝まで」
黄泉川「気でも狂ったじゃん?」
上条「とある歌の一節です。俺は躊躇わない。愛とは走り続けること」
黄泉川「ふっ…若いじゃん…黄泉川さん負けたじゃん」

一方「(´・ω・`)???」

59 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/02/10(水) 23:29:51.00 ID:bBgsGXuL0
一方「俺を虐めるスレだったンじゃなかったのかよ」
御坂「いじめられたいの?ドS発言ばっかのくせに」
黒子「まあ変態ですわ。変態ですわですわー」
打ち止め「そう言えばMの人は自分がやってほしいことを相手にすればいいだけだから、Sも出来るって誰かが言ってたってミサカはミサカは爆弾投下」
黄泉川「てことは一方は間違いなくMだったってことじゃん」
御坂「今までの鬼畜発言は、自分が言われたい言葉だったってことなのね」
黒子「まああああ…意外ですわ」

一方「もうお前らやだ…」
上条「こら!イジメカッコ悪い!」
上条「大丈夫だぞ一方通行。俺はお前の味方だ」
一方「上条…」
上条「お前を虐めて良いのは俺だけだからな。もちろん肉体的にも精神的にもなハァハァドゥヒヒ」
一方「(´・ω・`)」

60 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/02/10(水) 23:35:07.93 ID:bBgsGXuL0
御坂「虐めるだけじゃないのよイジるスレなのよ」
黒子「そうですのよ。ですから別にあなたを見て"わあ雪の様に白いね!かき氷のようにシロップをかけてあげよう"なーんていってシロップをぶっかけるような陰湿なことはいたしませんの」
一方「わぁーなンでだろうなァ言ってるそばから打ち止めが俺にシロップぶっかけてるわけだが」
打ち止め「わーいアハハハハハ!いちごシロップ怪人一方通行参上!アハハハハハ」
黄泉川「こーら打ち止め。イタズラもほどほどにするじゃん」
一方「叱れよもっと!」
黄泉川「子供のやることじゃん!!黄泉川さんはのびのびと育てたいじゃん!!!」
一方「なンで俺が叱られてンの?」
黄泉川「叱ってってMの人に言われたら叱ってあげなきゃ駄目じゃん」
黒子「それにしても殿方さんが静かですの」
上条「とろみのある液体まみれの一方通行ハァハァハァハァ…」

一方「(´・ω・`)」

62 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/02/11(木) 00:00:51.73 ID:bBgsGXuL0
御坂「あら、そろそろ夕方じゃない」
黄泉川「ほんとだ、完全下校時刻間近じゃんよ」
黒子「いけませんわ、寮監殿に叱られてしまいますのよ」
打ち止め「えーもっとお話したいーってミサカはミサカは駄々っ子になってみる」
一方「わがまま言うんじゃねェよ…俺もシロップまみれだし風呂入りてェ」
上条「俺と一緒に混浴露天風呂のある温泉宿に行こうぜ」
一方「お断りします(AAry」

御坂「それじゃまたねー」
黒子「機会があればお話しましょうですの」
打ち止め「またねお姉さま!いっしょにこの人のこといじめようねーってミサカはミサカは手を振ってお別れを告げてみるー!」
黄泉川「夕飯は何にしようかな。煮込みハンバーグにするじゃん?」
一方「そう言やァ作れるようになったらしいなァ」
上条「俺も行きたいなー」

63 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/02/11(木) 00:01:53.43 ID:bBgsGXuL0
一方「…また今度な」
上条「えっ、いいのか?」
一方「おう。一緒にメシくったり遊びに行ったりしようぜ」
上条「一方通行…!」
一方「ま、好かれてるみてェだしな。邪険にはしねェよ」
上条「よっしゃー!フラグゲット!これで一方通行を裸にして縛ったり恥ずかしいことをやらせたりして楽しめる!よーし画質のいいビデオカメラ買ってこよ」

一方「(´・ω・`)」

支援もらったところ悪いがやっぱりチキンの加熱が足りなかったらしく絶賛下痢中
腹痛いし薬のんでねるわ…
せめて100行きたかったけどな。ちなみに俺の中では一方通行は未成熟な両性器持ち
じゃあまたな

78 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/02/11(木) 09:32:16.24 ID:JSo4dVOC0
おはよう

御坂「今日もあいつらと茶でもしばこうかしら」
黒子「賛成ですの。しばき倒しましょう」
打ち止め「あれーお姉さま学校は?」
御坂「創立記念日よ」
黒子「…もう今年に入って20回目くらいの創立記念日ではありませんこと?」
黄泉川「おーい打ち止めー勝手に走っていっちゃだめじゃーん」
上条「おす!昨日ぶりだな」
一方「よお、まt」
御坂「これで揃ったわね。じゃあ行きましょうか」

一方「(´・ω・`)」

79 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/02/11(木) 09:44:04.03 ID:JSo4dVOC0
御坂「私ヤシの実サイダープレミアム」
黒子「ロイヤルミルクティー」
打ち止め「ミックスジュース!にバニラアイスのっけてフロートにして欲しいってミサカはミサカはリクエスト♪」
黄泉川「ホット」
上条「メロンソーダ」
一方「コーh」
御坂「あそこに自販機あったわよ」
黒子「缶コーヒーがお好きなのでしょ」
黄泉川「良かったじゃん」

一方「(´・ω・`)」


80 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/02/11(木) 09:49:32.92 ID:JSo4dVOC0
御坂「冗談よ」
黒子「店員さん、この男とも女ともつかないファンタスティックな少年にはカフェモカを」
一方「!?」
打ち止め「コーヒーゼリーなんかどう?ってミサカはミサカは提案してみたり」
一方「!?」
黄泉川「ティラミスにもコーヒーエキスが使われてるじゃんよ」
一方「!?」
上条「オペラもコーヒーエキスたっぷりだったような」
一方「!!!???」


一方「こ、コーヒーとカフェモカとコーヒーゼリーとティラミスとオペラ下さい…」
店員「かしこまりましたので」

上条「・・・ちょっと待て今の店員見たことあr」

81 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/02/11(木) 09:52:12.66 ID:JSo4dVOC0
御坂「あんたの前だけ豪華ね」
黒子「全体的に真っ黒ですわね」
打ち止め「昔のあなたなら、真っ黒だったからぴったりだったのにねってミサカはミサカは残念がってみたり」
黄泉川「食べきれるじゃん?」
上条「大丈夫です」
上条「俺が半分食べますから。もちろん・・・ふたりであーんvしあいっこしてね!うわははははーっ!!」

一方「お前朝からテンションたけーな」

82 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/02/11(木) 09:56:11.49 ID:JSo4dVOC0
御坂「あんたはなんだか冷静じゃない」
黒子「冷静な一方通行なんて誰も求めていませんの」
打ち止め「百合子ちゃん的ドジっ子萌えっ子照れ屋でキュンキュンツンデレキャラを演じなくちゃダメよ、ってミサカはミサカはお姉さんぶってみたり」
黄泉川「普通アルビノって言ったら萌路線まっしぐらなのに…じゃん」
上条「こら!イジメカッコ悪い!」
上条「大丈夫だぞ一方通行。俺はお前の味方だ」
一方「上条…」
上条「色素が抜けて白くなったって言ってたけど、普通人間って股間はあまり日に当てないよな。
    なのにみんな毛は黒いんだけどそこんとこどうなってんの?なんで髪の毛は色抜けたの?シモの毛はどうなってるの?」

一方「(´・ω・`)」


83 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/02/11(木) 09:59:28.59 ID:JSo4dVOC0
御坂「ところで実家から"もらいすぎた"って八朔が大量に送られてきたんだけどみんないらない?」
黒子「ここ二三日、おやつが八朔だったものですから指か黄色くなりそうで」
打ち止め「はっさく?…おおお!大きいミカンだー!ってミサカはミサカはは初めて見るミカンにびっくり仰天してみたり!」
黄泉川「ほしいじゃんよー。いくつかもらっていいじゃん?」
上条「おおお!すげーな御坂。俺も欲しい。食料はなんでも欲しい」
打ち止め「えへへむきむき…」
御坂「汁が飛ばないように気を付けなさいよ、って…」

プシッ

一方「(´+ω+`)」

87 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/02/11(木) 10:47:00.32 ID:JSo4dVOC0
御坂「ねえ一方通行あんたその甘味の山どうするわけ」
一方「食う」
黒子「甘いものはお嫌いかと思っておりましたのに」
打ち止め「あっあっコーヒーゼリーにそんなに生クリームを…あっあっパルスイートまで追加しちゃうの!?ってミサカはミサカは意外な行動に驚いてみたり」
黄泉川「せっかく甘いものばっかり頼んだのにあてが外れたじゃん」
一方「甘いもの嫌いだと予測して甘いもの頼ませたンだ。いやうン分かってた分かってたよ…」
上条「あの生クリームをおまえにぶちまけたい」
一方「別に好きじゃねェよ。嫌いでもねェ。普通」
上条「無視すんなよ」
一方「でもこの量は辛いかもな…ティラミス苦手だしよォ」
上条「じゃ!じゃあ俺と半分こ」
一方「良かったらオマエら食うか?これ」
御坂「わーい」
黒子「わーい」
打ち止め「わあーいっ!ってミサカはミサカは大喜び!」
黄泉川「黄泉川さんはいいから子供らで食べるじゃん」
一方「店員さン、スプーン3本追加で」
店員「ええ、かしこまりましたので!うふふ」

上条「(´・ω・`)」


88 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/02/11(木) 10:50:52.37 ID:JSo4dVOC0
上条「そう!!俺は!!できる男!!!」
御坂「何が?」
黒子「ナニだなんて…下品ですわよお姉さま」
打ち止め「変換が違うよ。変態なのも下品なのも白黒のお姉ちゃんの方だよってミサカはミサカは冷静につっこみをいれてみたり」
黄泉川「あービール飲みたいじゃん」
上条「俺はビール苦手だ」
一方「飲んだこと無い」
御坂「私はカクテルなら飲めるわ」
黒子「わたくしも嗜む程度ですが」
黄泉川「はい補導」

上条御坂黒子「(´・ω・`)」

89 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/02/11(木) 10:54:28.00 ID:JSo4dVOC0
御坂「脈絡のない誘導尋問なんて卑怯だわ…」
黒子「おもいきり忘れてましたの。この方アンチスキルの鬼軍曹でしたの」
打ち止め「油断大敵だねってミサカはミサカはジト目でヨミカワを見つめてみたり」
黄泉川「ふっあまいあまーい。まだまだ子供じゃん。お酒は20歳になってからじゃん」
上条「一方通行、飲んだ事ないなんて嘘だろ!」
一方「ねーよ!俺は缶コーヒーか水しか飲まねェ」
上条「ふははははなら下のお口はどうなのかなあ!?」

一方「」カチッ

上条「(´・ω・`)ゴメン」

91 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/02/11(木) 11:08:02.44 ID:JSo4dVOC0
御坂「あら一方通行がアイツをのしてる間に>>90が質問してるわよ」
黒子「そういえば気になりますわね」
打ち止め「この人貧弱で軟弱で惰弱で最弱だけど、体内は超健康だよってミサカはミサカは言ってみる」
黄泉川「生体パルス?的なもののベクトルを操作してなんかやってるらしいじゃん」
上条「知識なさすぎて適当にも程がある」
一方「その前に最弱ってのにつっこませてくれ。おっかしーなー俺打ち止めの前じゃ最強を名乗り続けてるハズなンだけど」
打ち止め「ミサカは母性の塊だから、最強を名乗る虚弱な最弱一方通行を抱きしめてあげたいんだよってミサカはミサカは告白タイム」
一方「(*´・ω・`*)」
上条「上条さんも一方通行のこと抱きしめてあげたい!
    抱きしめて傷つけてそして生きてくためにやがて流れゆく壊れてく夢に~」
一方「little cloud!?」

94 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/02/11(木) 11:12:24.79 ID:JSo4dVOC0
御坂「お酒の話はどうなったのよ」
黒子「答えてませんわよ」
打ち止め「肝臓の機能やアルコールの分解効率を上げればザルと呼べると思う、ってミサカはミサカは考えてみる」
黄泉川「あービールを浴びるほど飲みたいじゃん。黄泉川さんは弱くはないけど飲みたくても飲めないくらい酔っ払ちゃうじゃん。悲しいじゃん…」
一方「いや、俺なンとかっていうアルコール分解酵素が無いみてェだからどっちにしろ飲めねェけど」
打ち止め「えっ。まさかパッチテストで真っ赤に腫れ上がったとか?ってミサカはミサカは尋ねてみたり」
一方「おう」

上条「ニヤリ」

95 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/02/11(木) 11:17:09.75 ID:JSo4dVOC0
御坂「うちの妹が呼ばれてるわ」
黒子「お姉さまの妹さんって一体…」
打ち止め「ミサカは20001人目ー!ってミサカはミサカは元気よく手を上げてアピール!」
黄泉川「打ち止めはうちの子じゃん。御坂妹っていう呼称は相応しくないじゃん」
上条「そういえばここんとこ見かけないな」
海原「御坂さんの妹御でしたら本日は雑誌の星占いに興じておられますね」
一方「ふーンそうなンか。女の趣味ってのはわっかンねーな」
御坂「あら、占いを誰もが信じるなんて思わないでよね。あんなオカルト、ただの気休めじゃない」
海原「いえいえそうでもありませんよ。そもそも星の配列に起因する占いというのは――…」

一方「海原!?」
上条「偽海原!?」

海原「どうもおはようございます」

97 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/02/11(木) 11:24:14.65 ID:JSo4dVOC0
御坂「げっ…よく見たら海原光貴じゃない」
黒子「お姉さまのストーカーの方でしたわね」
打ち止め「この人だれ?ってミサカはミサカは首をかしげてみたり」
黄泉川「常盤台中学の理事長的な人のお孫さんじゃん」
上条「お前まだ居たの?アステカに帰ったんじゃなかったの?」
一方「なに?お前ら知り合いなわけかこの変装野郎と」
海原「上条さんを殺そうとして返り討ちにあいました海原光貴(仮)と申します。一方通行さんはお久し振りですね、最近仕事がなくていいですねぇ」
御坂「(『都合のいいヒーローのように駆け付けて、御坂さんを守ってくれますか』『イエスオフコース』だっけ…ああ、勘違いしちゃだめよ…)」
海原「御坂さんが頬を染めていらっしゃる…なんて愛らしいのでしょう」
上条「あ、一方通行の頬染めも負けてねーよ!インデックスたん2見ろ!」
海原「頬染め回数は御坂さんの方がダントツです」
上条「一方通行は肌が白いから赤くなるとすぐ解ってかわいい」
海原「御坂さんは短パンかわいい」
上条「一方通行はアルビノかわいい」
海原「御坂さんはお姉さまかわいい」
上条「一方通行は電極かわいい」

一方御坂「(´・ω・`)」

99 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/02/11(木) 11:48:18.21 ID:JSo4dVOC0
>>98
御坂「イケメン」
黒子「爽やか」
打ち止め「柔和な微笑み標準装備」
黄泉川「お金もち。テレパスレベル4」
上条「御坂のことが好き」
一方「ごめンもとの海原のことは俺しらねーから」

海原「(´・ω・`)」

101 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/02/11(木) 11:49:48.68 ID:JSo4dVOC0
昼飯つくってくる

107 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/02/11(木) 13:35:03.43 ID:JSo4dVOC0
黄泉川「テヘッ間違えたじゃん」
御坂「」
黒子「」
打ち止め「歳を考えた方がいいってミサカはミサカはアドバイスしてみたり」
上条「打ち止め!打ち止めーーー!」
一方「死ぬな打ち止めーーー!!!」

海原「みなさん素敵な女性ですよ^^」

108 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/02/11(木) 13:37:41.24 ID:JSo4dVOC0
正直俺もエツァリは御坂とくっついたら面白いとおもうな
御坂←エツァリ←ショチトルも好きだから迷うけど
      ↑
    テクパトルぅぅぅぅぅぅ

109 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/02/11(木) 13:40:04.76 ID:JSo4dVOC0
御坂「ていうか、あんたら恥ずかしいのよ」
黒子「お姉さまが褒められたり褒められなかったりで複雑な表情ですわ」
打ち止め「好きな人からはまったく振り向いてもらえない、失恋って甘酸っぱくて切なくていいよねってミサカはミサカはわかったような口をきいてみる」
黄泉川「打ち止めは耳年増じゃん…」
上条「俺は恥ずかしくない」
海原「自分も恥ずかしくありません」
一方「じゃあどっかよそでやれやボケナス供がァ!!」ガッシボカッ

110 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/02/11(木) 13:42:53.74 ID:JSo4dVOC0
御坂「朝から飲み物だけってのもね」
黒子「ケーキ食べましたけどね」
打ち止め「お昼ごはんの時間だねってミサカはミサカは時計を見てお腹がぐー」
黄泉川「お昼ごはんは3cmにきったうどんと刻みネギ、挽肉と卵をまぜあわせて塩コショウとしょうがで味付けした物を直径10cmほどの円形にして焼いた変わりお好み焼きじゃん」
上条「ポン酢とごま油で食べるとうまいぜ」
一方「これなんのスレだったか」
海原「あなたを性的に虐めるスレですよもちろん」
一方「もうお前帰れよ」

111 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/02/11(木) 13:46:12.31 ID:JSo4dVOC0
御坂「ふう、海原光貴はようやく帰ったのね」
黒子「昼食を一緒に食べたそうでしたけれど…お姉さまに近づく羽虫はわたくしがけちらしますの」
打ち止め「おまえだー!ってミサカはミサカは白黒のお姉ちゃんを指さしてみたり」
黄泉川「こらこら本当のことをいっちゃだめじゃん」
上条「なんだこれはまた一方通行を無視して…こういうイジメ方に走るのは陰険で良くないぞ」
一方「そうだそうだ」
上条「おお、殿方の陰踏まず慎まやかに夫を立てる良妻賢母的発言!一方通行は俺の嫁」
一方「そげぶ」

112 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/02/11(木) 13:48:44.26 ID:JSo4dVOC0
御坂「次は誰が来るかなー」
黒子「殿方だったら容赦しませんの。どいつもこいつも、お姉さま狙いなのは目に見えてますの」
打ち止め「それはどうかな、ってミサカはミサカは鼻で笑ってみたり」
半蔵「姐さん!」
黄泉川「あれ、半蔵じゃんよ」
半蔵「相変わらず素敵な胸ですね」
黄泉川「よし屋上な」
上条「誰?」
一方「誰?」

御坂「(´・ω・`)」

116 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/02/11(木) 13:58:06.20 ID:JSo4dVOC0
御坂「…」ジー
黒子「お姉さま…そんなに自分の胸を凝視されずとも、まな板なのは周知の事実ですの」
打ち止め「うう…お姉さまがそんなだから、ミサカはいつも不安なんだよってミサカはミサカは将来に不安を覚えてみたりー」
半蔵「姐さん素敵です」
黄泉川「どこが?」
半蔵「その見事な暴れおっぱいと、鋼の拳と、殴るたびに美しく靡く絹のようになめらかな黒髪です」
黄泉川「…後半は合格じゃん」
上条「夢を見すぎだぞアイツ」
一方「ぶ、ぶち壊してやるなよ?」

117 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/02/11(木) 14:01:25.39 ID:JSo4dVOC0
御坂「ま、ママは巨乳だもん私だって大人になればこんなもんじゃすまないわよ!」
黒子「はぁはぁ…お姉さまの豊かなおっぱいに顔をうずめてクンカクンカしたいですの…」
打ち止め「通報しますた」
黄泉川「半蔵ここでなにやってるじゃん」
半蔵「普通に買い物ですよ。浜面と旦那も居ますけど…たぶん浜面は婦人下着売り場付近でウロウロしてるんじゃないっすかね」
黄泉川「逮捕じゃん」
半蔵「駒場の旦那は子供服売り場に用が有るって言ってました」
黄泉川「逮捕じゃん」

上条「駒場さんとか言う人はお前のソウルメイトになるかもしれないな」
一方「(´・ω・`)ロリコンジャネーヨ」

118 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/02/11(木) 14:04:44.13 ID:JSo4dVOC0
黄泉川「じゃ、私はちょっと不届き者の変態達を取っ捕まえるために出張してくるじゃん。あまり暴れたりしないようにするじゃん」
御坂「はーい行ってらっしゃい」
黒子「いつかお姉さまがあのサイズのスイカおっぱいを手に入れた暁には…ぐふっ、ぐふふふふ」
打ち止め「まってヨミカワ、ここにも変態がいるのにってミサカはミサカは遠くなっていく背中に訴えるのに全然声届かないよー」
上条「まったく白井はとんでもない変態だな」

一方「お前が言うな」
御坂「変態筆頭には言われたくないと思うわ」
黒子「特殊性癖のデパートさんには言われたくありませんの」

上条「(´・ω・`)」

121 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/02/11(木) 14:32:29.56 ID:JSo4dVOC0
御坂「はあ…どうせ私はちっぱいよ」
黒子「そんなところも素敵ですの」
打ち止め「ミサカは巨乳になるもんってミサカはミサカは希望を込めて断言してみたり」
上条「一方通行は胸でかくしたいとか思ってないのか?」
一方「べ、別に…どうでもいいだろそンなこと」
上条「ぜひつるぺたのままでいてくれ。その方が興奮する。あっ、うおおおお股間のアスカロンがry」

一方「(´・ω・`)」

122 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/02/11(木) 14:43:40.76 ID:JSo4dVOC0
上条「あー一方通行のもち肌に全裸でぴったりくっついてぺろぺろしながらぎゅってしたい」
御坂「あんたいい加減にしなさいよ引かれてるわよ」
黒子「ここは公共の場ですの。他のお客さんもいますのよ」
打ち止め「ううー、この人こんなに変態だったなんて、ミサカはミサカはぞっとしながらネットワークに情報を流してみたりー」
上条「変態じゃない。仮に変態だとしても、変態と言う名の紳士だ!」
一方「それ聞き秋田」

上条「(´・ω・`)」

123 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/02/11(木) 14:48:20.59 ID:JSo4dVOC0
上条「でも事実そうなんだよ。俺は今すぐにでも一方通行を抱きしめて、抱きしめながら服を脱がせてにゃんにゃんしたい。だがやらない
    これは何故か分かるか…

    俺が紳士(ジェントル)だからだ!」

御坂「紳士は乙女の前でそんな不埒な発言をしないわ。アンタだから多めにみられてるのであって、立派なヘンタイよ」
黒子「決め台詞は”お前が欲しい!”ですの?」
打ち止め「カルボ↓ナ↑ーラが食べたいの?ってミサカはミサカは7を思い出してみたり」
上条「カルボナーラは別にいらない!俺が欲しいのは一方通行の短小包茎おちんぽとパイパン幼女おまんこだけ。
    俺の精液ぶっかけて汚しながらベッドに縛り付けて陵辱したい」

一方「本当に怖い」

125 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/02/11(木) 14:55:20.35 ID:JSo4dVOC0
御坂「変態は放っておくとして、話は変わるけどあんたたちひつじ村って知ってる?」
黒子「お姉さまと一緒にはまってますの。初春たちもやっていますのよ」
打ち止め「えーっミサカ知らない!それはなあに?ってミサカはミサカはひつじ村についてのさらなる情報をもとめてみたりー!」
風斬「お金の存在しない、物々交換によって牧場を成り立たせるほのぼの農村ゲームですね」
御坂「そうそう、それで、羊が飼えるようになるまで結構大変で…ってまた巨乳が現れた!エンカウント率たけー!」
風斬「どうもこんにちわ、風斬氷華といいます。あ、あの、上条さんお久しぶりです」
上条「お!久しぶりだな。インデックスとはよくあそんでるんだろ?」
風斬「はい。インデックスさんはほんと…なんていうか…小動物的な可愛さがありますね。
    ぎゅっとしてなでなでしてモフモフ!カリカリモフモフ!カリモフ!ってやりたいですね」
上条「…あれ?」
一方「おいィ、誰だこのメガネ巨乳美少女は」
上条「内気なAIM拡散力場の塊で五行機関の鍵で俺の友達で天使」
風斬「最近シスターに目覚めました」
上条「元気そうでなによりだぜ」
一方「全然わからん」

126 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/02/11(木) 15:02:50.88 ID:JSo4dVOC0
風斬「わたしもひつじ村プレイしてますよ。ミク●ィで」
御坂「そうなんだあ。ねえマイミクにならない?ひつじ村友達探してたの」
黒子「大当たり袋がわくわくですのよー」
風斬「いいんですか?嬉しい!私、マイミクがインデックスさんだけだから…インデックスさんはパソコンやってくれないし…」
上条「あいつ機械駄目だからな」
打ち止め「あなたもいい機会だしミク●ィやってみたら?ってミサカはミサカはすすめてみる」
一方「俺はもうやってるぜ。ひつじ村も…えーと、二年目の秋?」
御坂「!!」
黒子「!!」
打ち止め「!!」
風斬「じゃあマイミクになりませんか?」
一方「別にいいけど日記とか書かねェしコメントもしねェぞ俺は」
風斬「いいんですー!わーいやった♪」
上条「まったー!じゃあ俺もミク●ィ始める!!だからマイミクになろうぜ!!」
一方「ええ…?」
上条「乗り気じゃなーーい!!!」
御坂「アンタがあんなまったりゲームやってたなんて意外だわ」
黒子「でもほら、マーモットを市場に持っていくとマーモットの肉二つもらえるじゃありませんの。そういうことかもしれませんの」
御坂「な、なるほど…フェレットで毛皮、ガチョウでフォアグラってことね」
打ち止め「ずーるーいー!ミサカもやる!ってミサカはミサカは招待を要求してみたりいいい!!」

高校生らしさってこんなんか


127 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/02/11(木) 15:22:25.43 ID:JSo4dVOC0
海原「すみません自分もマイミクに入れてください」
AOP「僕もいれてやーーっ!!こんな可愛い女の子たちとマイミクになるなんてずるいんやでかみやーん」
土御門「そうだぜいかみやん!しかも前の垢放置してると思ったら存在すら忘れてたのか?」
上条「ぎくっ。ああそうそう、パスワード忘れちまってw」
土御門「しょうがない奴だぜぃ」
インデックス「ねえとうまぁ、お腹減ったんだよ…もうおやつの時間なんだよ?」
一方「あれ、妙に記憶力のいい大食いのシスターじゃねェか」
インデックス「あー!あなたはあの時の優しい人」
御坂「知り合い?」
インデックス「短髪もいるんだよ。ちょっとどういうこと?とうま。どうしてこんなに女の子ばっかりな空間で鼻の下伸ばしているのかな」
上条「伸ばしてない!!伸びてるのは鼻の下じゃなくて、こk」
一方「はい粛清」


キーン


上条「」

129 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/02/11(木) 15:39:43.40 ID:JSo4dVOC0
海原「御坂さん、お願いですから自分とマイミクになってください」
御坂「ちょ、ちょっとこんなとこで土下座なんてしないでよ」
海原「お願いです!お願いです!あなたと日常をほんの少しでいいから共有したいんです!!!!!!11111!!!!」
御坂「わ、わかったわよ!わかったからやめて!」
海原「あ、ありがとうございます…!!!!」パアア

一方「(´;∀;) イイハナシダナー」
黒子「そうですかしら…;」

130 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/02/11(木) 15:43:34.41 ID:JSo4dVOC0
海原「えへへへへへ御坂さんとマイミクになってしまいましたよ」
海原「御坂さんの日記」
海原「御坂さんのフォトアルバム」
海原「御坂さんの日常…」
海原「ふふふ」
海原「なんて幸せなんでしょう。ふふふふ」

御坂「ねえ海原さん、名前が"エツァリ"ってあるけどどうして?ニックネーム?」
海原「本名です」
御坂「…?」
海原「本名です。エツァリと呼んでくださってもかまいません」
御坂「…・??」

上条「なんという積極性…やっぱ魔術師って変なやつばっかりだ…つーかあいつエツァリっていうのか」
土御門「聞き捨てならんな、変態紳士上条当麻。あと俺も知らなかった。エツァリって名前だったんだにゃー」

131 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/02/11(木) 15:47:10.59 ID:JSo4dVOC0
一方「なンでお前は俺にまでまとわってくるンだよ」
AOP「アルビノやからやでー」
一方「はァ?」
AOP「病弱そうな雰囲気と、ツンデレの雰囲気と、男装っぽい雰囲気がここらに漂ってるからやでー」
一方「何言ってンだオマエ」
AOP「これは愛や、愛やねん!すべてを包み込むねん!この世のすべての女子・ショタは、僕の愛で包みこめるねん!」
一方「きもちわるいです」
AOP「せやからマイミクにならへん?なるやんな?なったら楽しいでー、いっぱい絡むでー」
一方「過剰に絡む人お断り、って俺のプロフィールに書いてるンだが」

AOP「(´・ω・`)」

132 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/02/11(木) 15:54:49.22 ID:JSo4dVOC0
打ち止め「ヤベェ、ヤベェぜ…成り行きとはいえ、登場人物が増えすぎてわけわからなくなってきたぜ…って>>1がうなってる
      ってミサカはミサカは経過報告」
黒子「みんな好き、というのも難しいものですわ」
打ち止め「昨日はちょっとシモネタであの人をいじめすぎてしまったから、今日は自重しようと思ったらとんでもないことになってきたね、
      ってミサカはミサカはあうあうあー」
黒子「あの理事長の孫、お姉さまに馴れ馴れしく…ううう、わたくしだってわたくしだってぇえ」
打ち止め「ミサカはあの人とあの高校生がいちゃこいてても嫉妬なんかしないよ?ってミサカはミサカは白黒のお姉ちゃんの服の裾をひっぱりつつ言ってみたり」
黒子「なぜですの?」
打ち止め「さあ、なんでかなーってミサカはミサカはしらばっくれてみたりー」


ちょっと部屋片付けてくるわ
あとちょっといろいろ用事
夜にこれたらいいけど…うーん
俺のオナニースレにつき合わせて悪いな
じゃあまたな

140 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/02/11(木) 19:46:21.93 ID:JSo4dVOC0
晩飯はトリのソテー
今日のはちゃんと火を通したから大丈ブイ

黒子「恋愛感情じゃありませんの?」
打ち止め「そんなことないよ。大好きだよ?ミサカはばっちり恋しちゃってるってミサカはミサカはあの人が聞いていないことをいいことに大胆な発言をしてみる」
黒子「わたしく、お姉さまが他の殿方と必要以上にくっついていらっしゃると、腹の底からマグマ的なものが沸き上がってきますわ」
打ち止め「んー。ミサカはあの人がいろんな人とお話出来るようになって嬉しいし、お友達と呼べる人ができるのも嬉しいよ、ってミサカはミサカは母親気取り」
黒子「な、なるほど」
打ち止め「あのひとひとりぼっちだったんだもの。…あと、なんだかNTRシチュのようでニヨニヨしちゃうのは仕方ないかも、ってミサカはミサカは意外な心の中をこっそり打ち明けてみたり!!」
黒子「」
打ち止め「いいよね…大好きな人が…他の人に惹かれていくこの喪失感!虚無感!
      ミサカは切なくてすぐ電源ブッチしちゃうの、ってミサカはミサカは結局この手にあの人の命運が握られていることをアピールしてみたり!!!」
黒子「」
打ち止め「えへへ。決してないがしろにはされない、でもひとりの女として見てもらえないこのジレンマ…壊したいけど壊せない距離…えへへ…ぞくぞくするよねってミサカはミサカはドM思考」

黒子「(´・ω・`)」




141 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/02/11(木) 19:53:33.16 ID:JSo4dVOC0
AOP「絡みなくてもええからさ~、マイミクにならへん?それがだめなら結婚せえへん?」
一方「ハードル上がってンじゃねーか。どこの芸人だオマエは」
AOP「ええやんええやん。恥ずかしいのは最初だけやってぇ~」
一方「似たセリフを最近聞いたような気がする…」
AOP「ええっそれって運命やん!もうこれは僕ら結ばれるしかないんちゃう?!」
一方「だーくっだらねェ!いけっ上条当麻、キミに決めた!!」
上条「かーみかーみ!(鳴き声)すまんなA-O-P!俺はつるつる処女まんこの一方通行には逆らえないんだ!」
AOP「つるぺたようじょですじまん装備やてええええ!?見たんか、見たんかかみやん!!」
上条「今夜見る予定!覚悟おおお!」
AOP「ばかなああああ!!!」

土御門「お前…(´・ω・`)」
一方「こっち見ンな」

142 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/02/11(木) 20:00:53.97 ID:JSo4dVOC0
インデックス「ねえねえ短髪、おなか減ったんだよ。あそこで売ってるあの美味しそうなものを食べるにはどうしたらいいの?
       お財布はとうましか持ってないんだよ」
御坂「しょうがないわね…アイツは今携帯出来る小動物化してるから、私が特別におごってあげるわよ」
インデックス「ほんと!?短髪、案外イイヤツかも」
御坂「どれが食べたいの?私たちもお昼だし、どうせだからテーブルくっつけて一緒に御飯にしましょ」
インデックス「えーとえーと、あれと、あれとあれとあれとあれとあれとあれと、あれと…それとこれもたべてみたいかも!」
御坂「」
インデックス「えへへー、日本のデパートに来るのは初めてなんだよ!デパートってエンニチに匹敵する素敵な場所かも!」
御坂「…クスッ」
インデックス「短髪?」
インデックス「私は美琴よ。みーこーと。ほら、もういっかい最初から言いなさいよ…順番に回るんだからね?」
インデックス「ありがとうかも、みこと!じゃあ、あっちからぐるっとまわるんだよー!」タタッ
御坂「こら、走るんじゃないわよ…まったく、子供なんだから。ふふっ」

海原「ハァハァハァ…お姉さん属性の御坂さん…」パシャパシャパシャ
海原「これを…御坂さんメモリー…ミク●ィにうp…ハァハァ」

黒子「やっぱり粛清しますの」
打ち止め「(´・ω・`)」

144 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/11(木) 20:18:29.99 ID:JSo4dVOC0
土御門「あー、乗り遅れたぜぃ…でもまあ、マイミクのマイミクとして接近するからいいかにゃー」
一方「俺はお前とマイミクになんか死ンでもならねェからな」
土御門「そういえば性別選択どっちにしてあるのか教えてみろ。男?女?ニックネームはなんだ?」
一方「教えませン」
土御門「まぁどうせかみやんとはマイミクだからわかっちゃうんだけどにゃーwえーとなになに」
一方「あっ!バカやめろよ!!」
土御門「『あくせら れーた ニックネーム あくせら 性別非公開 年齢0歳』…」
一方「…あ…あゥ…」
土御門「0歳なのは出会い系避けだろうからまだわかる。だが…」
一方「ううゥ…」フルフル
土御門「ひらがなw名前wひらがなwww可愛さアピールかwwお前がwwww」

一方「」カチッ

土御門は星になった

145 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/02/11(木) 20:31:43.29 ID:JSo4dVOC0
くっ、sageチェックするのわすれてた

AOP「あれ?つっちーはどこに行ったん?」
上条「かーみかーm…ん?そう言えばいなくなったな、突然」
AOP「急用でもできたんやろか」
上条「いつもいつもアイツは忙しそうだよなー」
インデックス「とうまとうまー!」
上条「あれ?インデックス…おわっ、なんだその大量の食料!」
インデックス「みことが買ってくれたんだよ!とうまとは大違いかも!」
御坂「こーら、ちゃんと席に買ったもの置きなさい」
インデックス「むっ。それもそうかも。いい加減重たいんだよ!こっちのテーブル、くっつけていいかな?」
御坂「いいんじゃない?よいしょっと…こんなもんでしょ」
上条「あ、あれ?いつの間にそんなに仲良くなったの?」
御坂「どうだっていいじゃない、ふーんだ」
上条「??? あ、そういやもしかしなくてもこんだけの量、金払わせちまってすまん…いつか返すから…」
御坂「いらないわよ。気にしないで…それより、あんたあの子のことももっとちゃんと見てあげなさいよね。
    お腹すかして家にひとりっきりなんて可哀想じゃない」
上条「返す言葉もございません」
御坂「まあいいわ。みんなでお昼にしましょう」
黒子「お姉さまっ!人数分のおしぼりとお冷、そちらのテーブルに送りますわよ~」
海原「じゃあ自分はテーブルの片付けを」
AOP「可愛い女の子に囲まれて、お昼ごはん!最高やんなぁ!」
打ち止め「でも全員好きな人いるけどね、ってミサカはミサカは冷静に言葉のナイフを突き刺してみたり」
AOP「ゴフッ」

上条「なんか…いいな、こういうの」
一方「(*´ω`)ウン」



147 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/02/11(木) 20:40:54.04 ID:JSo4dVOC0
ふろー

149 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/02/11(木) 21:43:53.91 ID:JSo4dVOC0
上条「インデックス、風斬は?」
インデックス「ひょうかなら、スフィンクスを連れてくるっていって陽炎の街に戻ったんだよ。たぶん、高速移動してるかも」
上条「高速移動?」
インデックス「ひょうかは陽炎の街に役割を与える歯車だもん。一枚の毛布に、"高速で空を飛ぶ移動手段"っていう役割を与えれば、あらふしぎ魔法の絨毯に」
上条「すげえな…」

御坂「そのりくつは おかしい」


150 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/02/11(木) 22:10:08.03 ID:JSo4dVOC0
風斬「お待たせしましたー」
インデックス「ひょうか!おかえりなんだよ」
風斬「急に男の方がたくさん来られてびっくりしてしまって、とっさにスフィンクスちゃんの話題を振ってしまいました」
インデックス「大丈夫なんだよ!みんなもお昼はこれからなんだもん」
風斬「えへへ…じゃあお相伴させてもらおうかな」
上条「おう風斬!そこ、席あいてるぜ」
AOP「じゃあこの巨乳内気メガネちゃんの隣は僕がいただくでぇ!」
御坂「こんな可愛い子の隣を男にしておくなんて危険すぎるわ。どきなさい」
黒子「そうですの。さっ、さっさととなりのテーブルに移動なさいまし!」ヒュン!
打ち止め「おお!さすがレベル5とテレポーター!年上にも容赦なし!ってミサカはミサカは賞賛してみる!」
インデックス「ひょうかはわたしの隣。そのとなりがみことだね」
打ち止め「ミサカはこの人のとなりがいいなーってミサカはミサカは希望を述べてみる」
一方「ハイハイ」
AOP「じゃあアルビノちゃんの隣は僕が――」
海原「やめた方が…」
上条「AOP…いい度胸だ。一方通行の隣は…この俺だァッ―!!」ガッシボカッ

一方「オマエって友達多いよな…」
上条「変な奴らばっかりだけどなー」
一方「でも…」
上条「うん?」
一方(羨ましい)

151 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/02/11(木) 22:16:08.23 ID:JSo4dVOC0
インデックス「スフィンクスにはこのおでんのちくわをあげるんだよ」
スフィンクス(あざーっす!アチチ!あちー!あちいけど食う!全力で!うめえええ!)
黒子「ああんお姉さまがジュースを啜る口元がたまりませんのぉぉ!」
御坂「あーほらほら、こぼしちゃだめじゃない」
打ち止め「んむー」
風斬「わあ、カレーって美味しいですね」
海原「日本の料理はとても美味しいです」
AOP「まるで日本人じゃないみたいな言い方やなぁ」
一方「深く突っ込むンじゃねェよ」
上条「あーほら一方通行、あーんしt」
一方「えい」つフォークさくっ

一方「ごめン、本当に刺さるとは思ってなくて…」
上条「(´+ω・`)」


154 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/02/11(木) 22:24:07.29 ID:JSo4dVOC0
上条「この右目の責任とってくれる?」
一方「えっ」
上条「責任を」
一方「ど、どうしたら」
上条「じゃあまずは目を閉じて」
一方「ン」
上条「ちょっとだけ顎を上げて」
一方「ン」
上条「うっすらと唇を開いて」
一方「ン…これでいいか」
上条「いいよいいよ…じゃあいくぜ…」ハァハァドキドキ
一方「ン…」


禁書美琴黒子Aスフィ打ち「 そ げ ぶ ! ! 」
上条「(´・ω・`)」



一方「(´・ω・`)」

155 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/02/11(木) 22:28:43.02 ID:JSo4dVOC0
一方(ちゅーされると思ったのに…)

打ち止め「大丈夫?あなた顔が真っ赤だよってミサカはミサカは心配してみたり」
風斬「お水飲みますか?」
インデックス「とうまの頭蓋骨を粉砕する!!」ガジガジ
AOP「かみやん!かみやんを今日と言う今日はブルボッコだ覚悟はいいか俺はできてる!!」
黒子「ほんと、彼には呆れますわ」
一方「ン、い、いや、平気だ気にすンな」

御坂「ちょっとエツァリ!あんたなんでキス阻止に参加しなかったのよ」ギリギリビリビリ
海原「ぐええ苦しいえす御坂さn らってどっちにしろ自分はかなwnぐええぇぇ」

157 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/02/11(木) 22:59:27.14 ID:JSo4dVOC0
上条「いいじゃんかよー俺たち恋人同士なんだし」
一方「恋人って単語を辞書で引けこの三下」
上条「ちょっと嬉しそうだったくせに」
一方「っ!?」
上条「上条さんは…一方通行の全部が欲しいですよ」
一方「っっっ」
上条「なあ…夕飯は俺と一緒に…」
一方「が…」
上条「ん?真っ赤になってかわいいぜ」
一方「学生がえっちなのはいけないと思いますッッ!!」カチ! ドッカン

AOP「高校生なんだからえっちなのはあたりまえやねんで、アルビノちゃん」
海原「いかがわしいのは良くないと思います」
黒子「昨日はもっとハイレベルな変態っぷりでしたから問題ありませんの。中学生だってエロエロですの」
美琴「(;´・ω・`)ビク」

159 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/11(木) 23:28:04.10 ID:JSo4dVOC0
御坂「恋人同士って…私の立場はどうなるのよ」
インデックス「わたしも困るんだよ」
打ち止め「ミサカもちょっと困るかも、ってミサカはミサカは悩んでみる」
一方「いや俺了承してねェから」
上条「了承しようぜ?俺ならお前を最高に愛してヤルぜ」
一方「変換がキモイ」
上条「お前がドMだってことはもうわかってるんだ」
一方「その発想がキモイ」
上条「お前が両性でいられるように全力でサポートするし」
一方「いらねーよ!」
上条「境目がなくなるまで混じり合って天国の門まで飛ばしてやれるぜ?」
一方「セクハラ!!」

海原「御坂さんを悲しませることは許しませんよ」
AOP「かみやんばっかりずるいんやで」
風斬「カリカリモフモフするのといやらしいことするのは違いますから」
御坂「乙女の純情、弄ばないで」
黒子「お姉さまに手を出したらわかってますわよね」
打ち止め「セクハラくらいならいいけど、この人は一応ミサカの旦那さん候補なんだからね!ってミサカはミサカは凄んでみる!」
インデックス「っていうか、わたしが メ イ ン ヒ ロ イ ン なんだよ!!」

上条「それでも俺は!」

上条「一方通行を選ぶ!!」

160 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/11(木) 23:29:05.70 ID:JSo4dVOC0
一方「待てよ上条」
上条「一方通行?」
一方「オマエが俺のこと…その、好きなのはよく分かった」
一方「けど…今は俺、こうやって大勢でいるほうが…楽しいンだ」
一方「それを教えてくれたのは…オマエだし。…好きとかよく解ンねェし」
一方「だから…」
一方「友達でいてくれよ。もう少し」
上条「一方通行…すまん、俺ひとりでさきばしって」
一方「いや、解ってくれりゃいいンだ」
上条「じゃあ、もう少ししたら俺と正式に恋人同士になってエロいこととかしてくれるんだよな」
一方「」
上条「裸でエロイポーズとってくれたり、混浴露天風呂のある温泉でキャッキャウフフしたり」
上条「20禁でおさまらないような変態プレイもオーケーってことだよな!!!イヤッフー!」

全員「 そ げ ぶ ! ! ! 」


一方「(´・ω・`)」


んじゃ、ここまでってことで。
今まで保守支援、付き添いありがとー
ずっとパソコンに張り付いてるわけにもいかんし、さっくりストップするわ
禁書のキャラは全員好きだから、本当はもっと出したいキャラがいっぱいいた
店員がリドヴィアだって気づいてた人いるかな?
舞夏も出てくる予定だったんだけど、タイムリミット。天草式やアニェーゼ隊も出したかったなー
でも一方とはあんまり関わりないからな。
木原くンが出せなかったのがとても心残りだ。

じゃあ、また機会があれば。みんなおやすみー

コメント

リドヴィア出たのが嬉しい(^o^)

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。