FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

くじら「ったくよー……中で出しやがってよー」善吉「……」

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/12/21(水) 12:56:35.81 ID:CK9q+5Qt0 [1/60]
くじら「俺のハジメテ散らした揚句なかにだすとはな」

善吉「いや……あれは……師匠が足を……」

くじら「ああ?」

善吉「……」

くじら「ま!善ちゃんも男だし、どうしたらいいかくらいわかるよな?」

善吉「……」

くじら「言ってみろ」

善吉「ハイ……セキニントリマス……」

くじら「セキニンってなんだ?言ってみろ」

善吉「……ツキアッテクダサイ」

くじら「ああ!?ケッコンだろ!?」

善吉「……」

続きを読む »

一夏「昨日ラウラで抜いたんだ」

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/11(日) 00:07:54.62 ID:8IO2VSY30 [1/51]

ラウラ「抜いた?」

一夏「ああ、しかも4回も抜いたんだ」

ラウラ「4回も抜いたのか」

一夏「そうなんだ。ラウラで4回も抜いたんだ」

ラウラ「……」

一夏「……」

ラウラ「で、何を抜いたのだ?」

一夏「そりゃあ……あれだよ」

続きを読む »

男「ちゃんと肩までつかって50数えなさい」姉「はーい。」

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/21(水) 22:06:46.40 ID:3tPc9oj60 [1/28]
姉「いーち」

姉「にーい」

姉「さーん」

姉「しーい」

姉「……はっ!」

姉「ナチュラルに覗いてんじゃねー!」

続きを読む »

星奈「………………………………小鷹」ギュッ

11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/22(木) 20:01:14.53 ID:EzmIhMgT0 [1/52]
書きたい

続きを読む »

小鷹「理科と付き合ったら大変なことになった」

116 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/23(金) 00:06:12.29 ID:D0wWw93+0 [2/47]
「あんちゃん、もう寝る時間じゃ」

「おう」

小鷹はそう答え、液晶テレビの電源を切る。
今日は小鳩と遅くまで深夜アニメを見てた。

最初に妹の小鳩がベッドに横になり、小鷹もそれに続く。
小鷹のベッドだ。中学生という年齢を考えれば、普通は
年の近い兄と寝るのをためらいそうだが、小鳩は違う。

「小鳩、もう寝たのか?」

返事はない。代わりに小さな寝息が聞こえてくる。

(まだまだ子供だな。でも、そんなところも大好きだぞ)

妹の背中を優しく抱き、無防備な寝顔を眺める。
実年齢を考えれば幼すぎる顔だった。西洋人の血が
半分は言ってる割には童顔だ。大人っぽい星奈とは正反対。

小鷹にやましい気持ちはない。

この状況では説得力がないかもしれないが、ちゃんと合意の上だ。
小鳩としては毎日だって小鷹と寝たいと思ってる(性的な意味ではない)
兄のことがこの世界の誰よりも好きだからだ。

続きを読む »

あかり「結衣ちゃ~ん」結衣「さわるな」

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/27(火) 16:31:56.37 ID:Kx40iv/M0 [1/26]
あかり「えへへ、結衣ちゃ~ん」ギュー

結衣「さわらないで」

あかり「んふふふ」ポスン

結衣「ひざに乗るな」

あかり「ゆ~いちゃん」

結衣「こっち向くな」

あかり「結衣ちゃん大好き~」ギュー

結衣「うっとおしいぞ、あかり」

続きを読む »

唯「精子風呂」

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/25(日) 16:29:06.03 ID:MYyYEHuy0 [1/52]


http://tapo.xii.jp/ascii2d/src/1324740169170.jpg


続きを読む »

梓「S.B.」

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/25(日) 16:29:37.21 ID:MYyYEHuy0 [1/64]
sb



続きを読む »

一夏「ラッキースケベが加速してる…!?」

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/28(水) 11:15:08.55 ID:suzi+NUk0 [1/64]
千冬「ああ」

一夏「ど、どういうことだよ」

千冬「お前の中にある男で唯一ISを使う能力に思春期のフェロモンが合わさり…」

千冬「無条件に女をひきつけている。女だらけの環境でそれが加速したようだな」

一夏「つまり今の俺は…」

千冬「うむ。ラッキーおまんこだ」

一夏「」

続きを読む »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。