FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

純「両思いの姉妹から恋の相談されたんだけど」

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/28(月) 19:49:33.34 ID:JHC17i6z0 [1/45]

なかのけ!

梓「……平沢姉妹?」

純「うん。どうしたもんか」

梓「知らないよ……ってか好き同士なんだから付き合っちゃえばいいんじゃない?」

純「そんな簡単に進まないよ! まったく梓は子どもだなあ」

梓「子どもじゃないもん」

純「じゃあなんか考えようよ。くっつける方法」

梓「そんなの私たちが考えることじゃないでしょ」

純「面白そうじゃん!」

梓「えー……」


続きを読む »

律「新入部員を連れて来ったぞー!!」バイブ「…………」

1 名前:書き溜め無し[] 投稿日:2011/02/28(月) 22:53:51.91 ID:i25MDK8A0 [1/23]
バイブ「…………」

唯「おー!律ちゃんすごーい!!」

紬「よろしくねー」

梓「……」

澪「……」

律「ささ、自己紹介!!」

バイブ「バイブ」

唯「バイちゃん!!」

続きを読む »

夜神月「待てよ…?魅上が本物のノートで高田を殺した可能性があるな」

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/28(月) 21:02:39.29 ID:gB3Og6ma0 [1/31]
月「魅上は僕がノートを隠し持っていることはしらない・・・もちろん高田も・・・」

月「となると、僕には何も出来ないと思い、本物のノートで高田を殺してしまった可能性があるな・・・」

月「一応、28日までは絶対に出すなと言っているが・・・こういう予想外の事態のことまでは伝えていない・・・」

月「もし魅上がノートを出してしまったのなら、SPK側が付けているであろう尾行に確実に気づかれた可能性が高いな・・・」

月「しかし、もう僕には魅上と連絡をとることはできなくなった・・・メロは始末できたが・・・」

月「クソ・・・もっと早く気づいていれば・・・しかし、策を立てなおさなければ・・・。」

月「とにかく、ニアがどう動いてくるかが問題だ・・・ここは策を立てつつしばらく様子見か・・・」


続きを読む »

律「イマキヨさん?」

3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/28(月) 19:36:54.02 ID:qFmWfmrEO [2/34]
ガチャ…

律「ただいまー…って、あれ?誰もいないの?」

ガヤガヤ

律「ん?誰かいるのか?」


律「誰かいるなら返事くらい……!?」

律「誰!?」

謎の男「………」

続きを読む »

梓「そばや」

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/02/28(月) 01:02:57.31 ID:ucRMSId00 [1/23]

大学に入って、先輩たちと一緒に音楽をやって。
それで楽しい、はずだった。

でも世の中どうやらそんなに甘くなかったみたいで、ひとつ悩みが消えればまた次の悩みがひょっこり顔を出してくる。
先輩が卒業したと思ったら大学受験があって、やっと受験が終わったと思ったら今度は将来に思い悩むことになる。

「私はこれからどうするのだろう?」

何度繰り返したかわからない自問だった。
メジャーデビュー?武道館?
そもそもこの先音楽を続けていけるのか?私には才能なんてあるのか?

―――私は、私の音は、必要とされているのだろうか?

ライブのたび、毀誉褒貶は色々と聞こえてくる。
特に批判の声は強く響いて、そのたびに落ち込んでしまう。

大学に入ってから色々な同年代のバンドを見る機会が増えて、大して年も変わらない人のデビューが決定などというのも何度見たかわからない。
素直に凄いと思う一方で、羨望や嫉妬の感情もそれに負けないくらいに抱えている。

「周りの人はみんな才能に溢れている」「私なんか必要とされてないんだ」
そんな鬱屈した気持ちに溺れてしまいそうになる。


続きを読む »

女「あなたとさようなら」

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/28(月) 10:55:19.53 ID:BYzonKzN0 [1/48]
2月13日

続きを読む »

唯「じゃあ私も来年生徒会長に立候補しようかな」和「マジで!?」

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/27(日) 15:19:33.23 ID:a+UqulRO0 [1/43]
「うん、マジ、マジ」

幼馴染がからかうような口調で言った。
往来で大声を出したことが恥ずかしくて、私は一旦周りを見渡す。
そのあとで、彼女の頬を両手のひらで挟んで、瞳をじっと覗き込んだ。

「ふざけて言っていいことじゃないのよ?」

「なんで?」

「だって、私本当に生徒会長になりたいのよ。内申点がどうとかじゃなく」

この一年間は、薄い人生経験の中でも割合重い意味を持っていた、と手前勝手ながら思っている。
高校生でありながら公私の区分がはっきりと出来ている現会長の曽我部先輩に憧れたり、
別の意味で公私を判然と分けている山中先生に失望したりした。

「私は真面目だから、唯も真面目になってね」

「真面目だもん」

唯は私と同じくらい真剣な声で言った。
その割にふざけているように見えるのは、私が頬を挟んでいるせいだと分かり、そっと手を離す。
唯もタコのような口をしていた表情の滑稽さに自分で気づいたようで、わざとらしく背筋を伸ばし、顎を引いて、もう一度言った。

「真面目だよ。和ちゃんが生徒会長に立候補するなら、私も立候補する」

それを見て、ああ、やっぱりふざけているんじゃないかと思ってしまう。

「和ちゃんと同じくらい、私も真面目」


続きを読む »

唯「スレをいちいち建てんのめんどくさいから一つにまとめてみた。」

ほのぼの
1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/02/28(月) 16:21:10.30 ID:qCXrEYH00 [1/31]
短編集。
ほのぼの系だよ。

続きを読む »

上條「絡まった運命も変えて行けるから」

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/28(月) 03:15:00.05 ID:5uJ3b9F7O [1/57]
自慢できるほど何かができるわけじゃない
でも、ヴァイオリンだけは小さい頃からそれなりに続けてきた事だ


「恭ちゃん、次のコンクールも頑張りなさいね!」


少なくとも、誰かに褒められたり、認めてもらいたいとは思わなかった


「君の才能は素晴らしいよ!」


……今になって、ようやく気付く


「あのねっ!きょうすけ! わたし、きょうすけの弾くバイオリンが大好き!」


僕はただ、あの娘に笑っていて欲しかったんだ


続きを読む »

鯨「人は誰でも死にたがっている」一方通行「…なンだと?」

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/26(土) 18:56:39.77 ID:XD03XnzXO [1/62]
【????】

「ふう……まったく、くだらない会合だった」

「まあ仕方ない。これも理事会の仕事か……ん?」


「………」ペラッ

「誰だ貴様は?どうやって私の部屋に入った?!」

「………」ペラッ


続きを読む »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。