FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

番外個体「雨は止むし日はまたのぼる」

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/01/31(月) 15:47:52.67 ID:T1BUuY/y0 [1/37]
 日が沈み、入れ変わるようにして、
 繁華街のネオンの光が学園都市を照らす夜の時刻。

 ここは、とあるホテルの一室。
 ベットに横になったは良いが中々寝付けない女が、ため息をついた。

「……頭いたい」

 ガンガンと鈍器で殴打されるような痛み。
 無意識に眉間に皺が寄る。
 せっかく愛らしい自慢の顔が台無しだわ、と舌打ちすらしたくなった。

「ああ、畜生。水さえ飲みにいけないってどうなのよー…」

 頭痛の他にも、吐き気、眩暈、発汗。
 身体全身がだるくて、上手い具合に力が入らないため、
 部屋に付属しているミニキッチンまでいくことも憚られる。
 
「……仕方ないとは言え、こりゃあ、想像以上だ」

 ミサカの読みは少し甘かったみたいだぞ、と番外個体は苦笑した。

関連
禁書「恋も2度目なら、って思うんだよ」

続きを読む »

滝壺「きぬはたの観察」

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/01/31(月) 19:22:52.92 ID:1YAzUJCU0
麦野「ん?」

滝壺「きぬはたを観察してみたい」

フレンダ「なんで?」

滝壺「ハムスターのように」

浜面「どうした滝壺」

続きを読む »

唯「ヤミ金」

5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/01/31(月) 14:09:42.89 ID:Xc/K9h5OO [2/11]
律「そっか。仕方ないよな」

紬「ごめんなさい…」

澪「部活は続けられるのか?」

紬「うん…」

唯「別にお金持ちじゃなくてもムギちゃんはムギちゃんだよ!」

紬「ありがとう…ありがとう…」

梓「これからはみんなでお菓子を持ち寄ればいいんですよ!!」

続きを読む »

俺「母さんの作るご飯がまずすぎて妹が死んだので旅に出ます」

1 名前: ◆2kGkudiwr6 [] 投稿日:2011/01/27(木) 09:13:58.17 ID:VAMVrkxU0 [1/47]
俺「妹、どうしてこうなったんだろう」
妹「母さんのご飯がまずいから」
俺「だからって餓死すること無かったのに」
妹「兄はよく食べられるな。あんなまずいもの」
俺「食わなきゃ死ぬだろ」
妹「だから死んだ」
俺「俺は死にたくない。だから食う」
妹「私はあんなもの食べ続けたらそれこそもっと早く死んだ」
俺「何事も慣れだよ。大人になれば自分でご飯作れるし」
妹「でももう遅い」
俺「・・・」
ガチャ
母「ご飯できたよ」
俺「要らない」
母「どうして?」
俺「食欲ない」
母「そんなこと言って、どうせよそで食べて来たんでしょう」
俺「違うよ」
母「本当のこと言いなさい」
俺「妹が死んだから」
母「あんたも食べなきゃ死ぬわよ」
俺「母さんが妹を殺したんだ」
母「好き嫌いは駄目だって言うのに聞かないからよ」
俺「・・・」
母「妹ちゃんは? 食べないの?」
妹「食べない」
母「そう。じゃあお父さんと二人で食べるから、あんた達勝手にしなさい」
バタン

続きを読む »

梓「どうじんし!」

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/01/30(日) 21:11:45.14 ID:PvHNir790 [1/56]
梓「…ん?」

部活に向かう途中、普段は使われていない空き教室で話し声が聞こえ、立ち止まりました。

梓「なんだろ…誰か居るのかな?」ガラガラ

空き教室は基本的に用がないときは立ち入り禁止だったので、なんとなく中を確認しようとドアをあけました。

別に、校則違反だからどうこうとか、そういうのは全くなくて、本当にただなんとなく気になったので。

ドアを開けると、女子が3人。多分、隣のクラスの人だったような気がします。3人は慌てたようにこっちに振り向きました。

女子1「!な、中野さん…!」

女子2「あわわ…」

3人は慌てながら、机の上に広げた本のような物を、鞄の中に素早く仕舞いはじめました。


続きを読む »

イカ娘「(ガイアメモリ)挿さなイカ?」

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/01/30(日) 20:59:23.01 ID:8+Xjbhz70 [1/76]
俺は愛する街、風都を守るために戦っている。
愛する街が生み出し、自身を傷つけてしまっている存在と。
しかし・・・・今回の相手はちょっと違っていた。
俺は街を泣かせようとする“外敵”と戦うことになるのだった。
その戦いは、あのちょっと変わった“侵略者”の訪れと共に幕を開けた。

『少女…Ⅰ/イカはインベーダー』

続きを読む »

唯「たっなくなれ喋かしにさ逆」

2 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/01/30(日) 19:56:22.55 ID:ClFiHn7t0 [1/22]
梓「え? なんていいました?」

唯「!てっだんたっなくなれ喋かしにさ逆ーらかだ」

梓「??」

唯「んゃにずあよてけすた」

梓「も、もしかして……」

唯「!よだんなさ逆 !うそ」

梓「……中国語でもおぼえたんですか?」

唯「ーよてっかわ、んーえう」

続きを読む »

憂「もふもふ毛布」

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/30(日) 23:01:17.10 ID:bnt8JSM40 [1/23]
憂「つ、ついに完成しちゃった……!」フルフル

憂「長いことかけたかいがあって、出来栄えも十分」

憂「このプリントもキレイに出来たし」

憂「うん。いい感じだよ」

憂「寝ているお姉ちゃんをつっつく絵、いいなあ」

憂「お姉ちゃん……可愛い!」

続きを読む »

一方「『三下のエロ画像下さい』っとォ・・・」

16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/01/28(金) 18:23:01.89 ID:CUHFgDFS0 [1/45]
麦野自宅


麦野「今日は仕事も無いし暇ねぇ……」

麦野「……たまにはネットでもしよっかな」

麦野「VIPでスレでも立てて能力コンプレックスの無能煽って遊ぼっと」

麦野「でも最近そういうスレ伸びないしなぁ……つまんないわねぇ……

麦野「何か別の…………」

麦野「…………」

麦野「浜面のエロ画像下さい……っと」 カチャカチャ

みたいな感じで

続きを読む »

クーガー「りく!」律「律だよ!」

8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/01(火) 00:35:21.02 ID:3HGhoEzq0 [1/79]
唯「今日はいい天気だねぇ」

憂「そうだねー。とってもあたたかい」

唯「こういう日はうちでず~っと昼寝してたいよ」

憂「ふふっ、そういうわけにもいかないでしょ? ほら、学校行かなきゃ……」

ドドドドドドドドド

憂「ん?」

唯「どうし……」

ビュウウウゥゥゥゥンッッッ

憂「きゃっ!?」

キキーッッ

クーガー「やぁー、そこのお二人。桜ヶ丘女子高等学校はこの先にあるのかお尋ねしたーい」

唯・憂「え……えぇ?」


続きを読む »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。