FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

記事一覧

今までまとめちゃった記事のうち、
とある総合SS とあるSS けいおん!SS
を除いた記事一覧です


バカテスSS

明久「ねえ、家に泊めてくれない?」

明久「ごめん、今日はちょっと急いでるんだ」

明久「姉さんって友達はいるの?」

明久「秀吉と一緒に水族館行きたいんだけど」

秀吉「最近、明久といると何故か胸がドキドキするのじゃ……」

秀吉「最近、明久といると何故か胸がドキドキするのじゃ……」  2

秀吉「最近、明久といると何故か胸がドキドキするのじゃ……」  3

明久「姉さんと? 一緒に寝てるけど」

秀吉「……明久よ、お主今日も昼食は塩だけなのか?」

秀吉「わしは明久の恋人にはなれぬのかのぉ・・・」

明久「美波とデート!?」

明久「今日は……エイプリルフールか!」

秀吉 「明久を他の女に渡すくらいなら…」

秀吉「明久を他の女に渡すくらいなら…」

明久「秀吉って誰が好きなんだろう?」

明久「そんな……僕に秀吉を一日無視しろって言うの!?」

木下秀吉「頭悪すぎて底辺高校に編入になったのじゃ…」

秀吉「バカテスSSが足りない」

秀吉 「のう、島田」 美波 「うん?」

秀吉「小ネタ!」


エロパロ板 ※問題があれば削除いたします。

バカテス三巻IF ~明久、馬鹿ゆえに~

伊南屋 ◆WsILX6i4pM様 「美波×明久」

「小ネタ」

>>181様 特攻服は袴に勝てない

蝦夷リカン様 「明久×秀吉」

蝦夷リカン ◆siVNdTGXVM様「明久×美波×姫路×秀吉」



ギアスSS

アーニャ「…バレンタイン…?」

C.C.「それで、お前は何が聴きたいんだ?」

C.C「ラグナレクオンライン…?」

C.C「ラグナレクオンライン…?」TURN 2

C.C「ラグナレクオンライン・・・?」 TURN3?

C.C「ラグナレクオンライン…?」

ルルーシュ「記憶喪失?」

ルルーシュ「時間を持て余すのに理由が必要か?」

ルルーシュ「C.C.のやつ、また服を脱ぎ散らかして・・・」

c.c.「しーしー」しゃー・・・・

アーニャ「・・・BL本買っちゃった」

ルルーシュ「もしもギアスが無かったら?」

ルルーシュ「好みのタイプ?」

ルルーシュ「さて、床で寝るか」

ルルーシュ「C.C、俺は童貞だ」

C.C.「ルルーシュに200の質問?」

アーニャ「……ルルーシュってイケメンだったよね。」

アーニャ「……ルルーシュってイケメンだったよね。」- 2

C.C.「ルルーシュ。 お前、死んだらしいぞ」

ルルーシュ「C.C.、お前太ってきてないか?」


ハルヒSS

キョン「お前、誰だ……」 キョン子「あんたこそ、誰?」

キョン「会社クビになった……」

キョン「今ここにUFOが下りてくるといいと俺は思う」

キョン「長門有希を、俺は知っている」

ハルヒ「キョンキョンキョンキョンキョンキョンキョンキョン」  ほのぼの

朝比奈「キョン君…だめ…だめえ……」 

キョン「朝起きたら鶴屋さんが隣で寝ていた」

キョン「朝起きたら鶴屋さんが隣で寝ていた」 part2

キョン「朝起きたら鶴屋さんが隣で寝ていた」 part3

キョン「朝起きたら鶴屋さんが隣で寝ていた」

ハルヒ「んぐっ!?んんんんん!???……かっ……!っか……!!」

キョン「執事と……メイド?」

キョン「高校生になった妹とHしたいので未来へ連れてってください」

国木田「キョン…痛いよ……」

国木田「キョン…痛いよ……」 2

国木田「キョン…痛いよ……」 3

キョン「やめろって!おいバカ!」

谷口「俺、とべんじゃん!」【ハルヒSS】

キョン「ハルヒの様子がおかしい」

キョン「俺は長門を選ぶ」

キョン「俺は長門を選ぶ」 2

長門「あなたに頼みがある」

みくる「ギャアアアアアアアアアアっ!!」

キョン「目が覚めたら妹が上に乗ってた……」

キョン「なーんもすることねぇ」

キョン「なぁ長門」 長門「どうしたの?」

古泉「くっ……これは参りましたね」

佐々木「本当に手コキだけでいいのかい?」 キョン「・・・頼む」

キョン「お互い大変だな…」

長門「有希と涼子の」 朝倉「読み聞かせ教室~」

キョン「長門よ、もう二度とお前と一緒に図書館なんか行かんからな」

鶴屋さん「キョンくんっ、愛してるよっ!」

鶴屋さん「キョンくんっ、愛してるよっ!」 2

鶴屋さん「キョンくんっ、愛してるよっ!」 3

鶴屋さん「キョンくんっ、愛してるよっ!」 4

鶴屋さん「キョンくんっ、愛してるよっ!」 5

鶴屋さん「キョンくんっ、愛してるよっ!」 6

鶴屋さん「キョンくんっ、愛してるよっ!」 7

キョン「ハルヒの願いを叶えるだと?」【ある1日のキョンサイド】

ハルヒ「随分と変わった不思議探索ね」【ある1日のハルヒサイド】

キョン「私の乳首を吸いなさいよ!」

長門「なぜあなたは涼宮ハルヒをハルヒと呼ぶのに

キョン「おいっ朝倉、今日からお前は俺の女だ」

キョン「SOS団なんかくだらねえぜ」

長門「古泉一樹、あなたにお願いがある」

キョン「俺は、ここにいる」

キョン「私の下着を穿きなさいよ!」

キョン「あさt……!!」

ハルヒ「ここはどこ…?」

キョン「く、国木田がふたなり化しただと!?」

ハルヒ「今日は天気もいいし、みんなで自殺でもしましょ!」

鶴屋「おや?キョン君じゃないかっ」

キョン「私にチ○コを舐めさせなさいよ!」

ハルヒ「ついに等身大キョンフィギュアを注文してしまった……」

キョン「きのことたけのこ?」

キョン「今日は席替えか」 

キョン「何かがおかしい」 

キョン「お前がいないとつまらないからな」

キョン「ハルヒ、金貸してくれよ」

ハルヒ「変な奴」

キョン「俺の歌を聴け!」

国木田「運命の学園祭?」

長門「私は、人間になりたいのだろうか?」

キョン「なんだ、岡部か」

ハルヒ「な、納豆菌セックスですって!?」

キョン「ハルヒが怖い」

俺「ハルヒの世界に入るおまじない?」

キョン「キョンと」みくる「みくるの」『何でも相談室!』

キョン「涼宮ハルヒのちょっぴり怖い怪談」

ハルヒ「ああ、別に用は無いけど」

キョン「ハルヒは怖くない」

ハルヒ「昼休みが来てしまった……」

ハルヒ「この手術が成功したら、一緒に桜を見に行きましょう?」

長門「…そこまで言うならあなたと古泉一樹の立場を入れ替える」

ハルヒ「最近、キョンが格好イイ///」

ハルヒ「今日はちょっとしたゲームをするわよ!」

長門「業務連絡」キョン「何を言ってるんだ長門?」

キョン「ハルヒのやつまた寝てやがる」

古泉「解任…ですか」

ハルヒ「ちょっとキョギャン!!!」

キョン「涼宮ハルヒの世にも奇妙な物語」

古泉「マヨナカテレビ?」

朝倉「一番」キョン「二番」

古泉「わいせつ物陳列罪ですか?」

みくる「脱糞しちゃった」

ハルヒ「バッタ?」 CMB

キョン「お前に逢えて。 本当に良かった」

キョン「…また明日、か」

キョン「δは見ている?」

周防九曜「―あなたは――いいわね…」

キョン「長門が背中にくっついたまま取れない」

長門「トイレぐらいは・・・・行く・・・」

古泉「言いましたよね?」

キョン「ハルヒ、実は俺、ポニーテール萌えなんだ!!!」

キョン「おいウン古泉ヤキソバパン買って来いよ。」

ハルヒ「今年は絶対、花見に行くわよ!」

ハルヒ「ちょっとキョン!あたしのマンコ舐めたでしょ!」 未完

ハルヒ「わかりなさいよ、それぐらい!」

ハルヒ「ちょ!みくるちゃんが意識不明の重体よ!!」

キョン「ヽ(ΦДΦ)ノ ウワー、誰もいないね。涼子お姉さん!」

キョン「世界でたった一人だ」

長門「コンロと土鍋の準備は出来ている。来訪予定時刻は?」

ハルヒ「あら、アンタ犬飼い始めたの?」

ハルヒ「あら、アンタ犬飼い始めたの?」

キョン「土曜日か……不思議探索も中止で、暇な一日がやってきた」

ハルヒ「ちょっとギャン!」

古泉「どうも、古泉です」

キョン「ヤンデレの女の子達に愛されすぎて夜も眠れん……」

キョン「…ハルヒお前いつ眼鏡かけるようになったんだ?」

キョン「長門!!助けてくれ!」

キョン「ハルたん今日も可愛いな」

キョン「長門、ひょっとして俺にまだ帰って欲しくないのか?」

キョン「妹が可愛すぎて仕方ない」

橘「キョンさんを勃起させたまま肉体のみ凍結させました!」

キョン「妹が可愛すぎて仕方ない、マジで」

国木田「お互いに嘘を言いながら付き合って、幸せなのかな…」

朝倉「ただ月が綺麗だったから…」

朝倉「ただ月が綺麗だったから…」2

キョン「・・・・電波w・・・・wwwウフフwww」ハルヒ「?」

キョン「・・・・電波w・・・・wwwウフフwww」ハルヒ「?」 -番外編 孤島症候群-

キョン「・・・・ウフフwww」ハルヒ「?」長門「その2」+ミステリックサイン

キョン「彼女が出来た」

ハルヒ「ふにゃっ…… どんだけ出せば気が済むのよ……ばかぁ」

古泉「授業中、不意に勃起することってありますよね」

キョン「もう限界だから朝比奈さんの乳を揉もうと思う」

古泉「今日もいい天気ですね」

キョン「変態な女の子っていいよな」

キョン「何書いてるんだ長門、もしかしてラブレターだったりしてな」

佐々木「う~~ん 絶好の海水浴日和だね!!」 ハルヒ「ふんっ!」

橘「キョンさん、私、輪姦されちゃいましたのです!」

ハルヒ「手作り弁当か…」

ハルヒ「手作り弁当か…」2

九曜「――いい――香りね――」キョン「俺の髪の臭いを嗅ぐな」

朝倉「キョン君…ただいま!」

長門「リングディンドン♪リングディンディンドン♪」

キョン「ハルヒに好きなやつがいるらしい」

キョン「朝比奈さんの脇を舐めたいんです」

長門「涼宮ハルヒを適性と判定」

ハルヒ「お前は一生どうでしょうするんだぞ?」

キョン「朝比奈さん・・・おっぱいをもませてください!」2

ハルヒ「あの夏の思いでは」

涼宮ハルヒの殺害

キョン「俺だけ一般人ってのは納得がいかない」

キョン「俺だけ一般人ってのは納得がいかない」another

ハルヒ「そろそろSOS団内での人事を一新しようかしら」

ハルヒ「そろそろSOS団内での人事を一新しようかしら」2

ハルヒ「え?古泉君も口でされるのが好きなの??」

鶴屋さん「あたしのキョン君を他の女に取られたく無いだけっさ!」

古泉「例えばですね、朝比奈さんの」

長門「あなたを殺して、私好みに再構成する」橘「嫌です」

キョン「夏期講習」

キョン「ハルヒ達三人が俺と古泉の目の前で昼寝をしている…と思う」

ハルヒ「…よろしく」

キョン「ハルヒ達三人が俺と古泉の目の前で昼寝をしている…と思う」

橘「遊園地に連れて行ってください」キョン妹「ください」

ハルヒ「このままキョンとゴールイン!」

ハルヒ「うふふふふふふふふふふ」

長門「あなたは死ぬべき」

長門「あなたは死ぬべき」 別人ver

ハルヒ「キョンの色んなもの食べたい」 閲覧注意

古泉「ではまずプールの中で目を開くとこから始めましょう長門さん」

ハルヒ「キョンがショタだったらよかったのに」

ハルヒ「キョンがショタだったらよかったのに」

ハルヒ「キョンのせいであたしのストレスがすごい」

長門「ゆきりんのドキドキ!性指導教室」

キョン「なあ、ハルヒ。お前は誰かに恋愛感情を抱いたことあるのか」

ハルヒ「夢じゃない」

みくる「長門さんはお化粧したって無駄ですよ」

キョン「…ラブプラス?」

キョン「…ラブプラス?」 別人ver 閲覧注意

キョン「貴方はだんだん巨乳になる」橘「馬鹿ですね」

ハルヒ「たなばたっ!」

古泉「では貴方は想像できますか?自慰行為に勤しむ長門さんの姿を」

ハルヒ「キョンの……」

みくる「あれ?わたしの上履きがない?」

ハルヒ「…おばあちゃん」

キョン「変態SSスレが多すぎる」

ハルヒ「キョンは巨乳と貧乳、付き合うならどっちがいいの?」

ハルヒ「古泉君がウンコ漏らした……!?」

キョン「巻き爪いてええええええええええ」

キョン「1番抱きまくらにして寝たいのは」

キョン「俺、一皮むけた気がする」

キョン「もうお前にはついていけない」

橘「合コンですか?」キョン「来るか?」

キョン「なんだ今日は長門だけか」

谷口「キョンがウゼぇ」

キョン妹「オナニーってどうやるの?」

ハルヒ「明日の団活は皆で下ネタ探索パトロールをしましょう!」

キョン「責任者はどこか」

キョン「お前らの願いは――」

古泉「梅雨の時期は」

キョン「朝比奈さん、セックスしましょう」

朝倉「眉毛剃ろうかしら…」ハルヒ「だ、駄目よ!」

古泉「……二人っきりですね」

キョン「朝倉、手を離してくれないか? 帰れないじゃないか」

長門「黒歴史を発表する」

長門「黒歴史を発表する」2

キョン「暑い…おい朝倉」

ハルヒ「親友(笑)」佐々木「SOS団(笑)」

ハルヒ「やっぱ付き合うなら年上よね。同級生とか子供だし」

キョン「ハルヒが非処女だったから別れる」

キョン「飲ませてやるぜ、俺の小便をな…!」

朝倉「…なーんだ、やっぱり中に誰も居ないじゃない……………」

キョン「なあ古泉…長門って裸になるとか大丈夫そうだよな…」

キョン「お前、誰だ?」

キョン「きのこ!」ハルヒ「たけのこ!」

キョン「どうせ殺されるなら……」 朝倉「何?」

キョン「俺、おっぱいが見たいんだ…」 ハルヒ「キョン…」

長門「キュベレイはハマーン機が最高」

古泉「本当に申し訳ありませんでした……」

ハルヒ「襲われたいなぁ…」

長門「古泉一樹を食べたい」

長門「古泉一樹を食べたい」 別人ver

キョン「やはりスタンドはデザイン実力共に世界が至高だよな」

キョン「よって朝倉!てめえは脱落だ!」

キョン「朝倉、そろそろ腕が痺れてきたんだが」 朝倉「zzz」

長門「古泉一樹を食べた」 ほのぼの 閲覧注意

キョン「着物なんて着てどうしたんだ朝倉」 未完

キョン「水をかぶると、女になっちゃうフザケた体質♪」

ハルヒ「時代はミステリ小説よ!」

ハルヒ「オーノホ ティムサコ タラーキー・・・って何?」 プロローグ

キョン「…神殺し?」

ハルヒ「スイカ割りをやるわよ!」キョン「こ、これで!?」

古泉「膣内で男性器を締め付けられるんですよ?」長門「……………」

古泉「古泉一樹の憂鬱」朝倉「はいはい」

キョン「思い出なんてっいらないよー♪」

ハルヒ「この変態!」

キョン「バイスシティだと?悪い冗談だ」

ハルヒ「んっ あっ んっ んっ」

朝倉「ワカメと」喜緑「眉毛の」長門「…トークショー」

古泉「長門さんが笑って写ってる写真も一枚くらいはあるはずです」

キョン「綾波が可愛すぎて生きるのが辛い」

キョン「古泉、ロックマンゼロやるぞ」

古泉「陰毛が生えているのかいないのか直接本人に聞いてみましょう」

長門「ハンカチを忘れた…」

ハルヒ「朝起きたらしっぽと耳がついてた・・・」キョン「もふもふ」

ハルヒ「…秘密」

長門「なんでもねえよ」

イチロー「キョン君、一緒に食事でもどうかな?」

キョン「ハルヒってメチャメチャかわいくないか?」

キョン「俺だ」 古泉「僕です」

キョン「助けてくれ長門!ジャイアントスイングが止まらんのだ!」

谷口「お前はAA+だ!」

ハルヒ「みんな、ごめんなさい! 本当にごめんなさい!」前半

ハルヒ「みんな、ごめんなさい! 本当にごめんなさい!」後半

ハルヒ「ちょっと清!」

キョン「女性ってなんであんな良い匂いがするんだろうな」

ハルヒ「池沼ってほんと最低よね!」

キョン「やっと自分の気持ちに気がついたよ俺は」

鶴屋さん「キョン君、ちょっとここにサインが欲しいにょろ」

ハルヒ「団室がイカ臭いわ……」

キョン「ハルヒ、戻っておいで」

キョン「横に居てくれるだけでいいさ」

ハルヒ「そういえばさ……」

古泉「おっぱい体操、はっじまるよー!」

キョン「幼女ビンタしてぇ…」

長門「デパートの下着売り場で涼宮ハルヒと会った」古泉「ほぅ…」

ハルヒ「タバコ値上がりしたわね!」

キョン「手足が無い!!!!!!!!!!」

キョン「涼宮ハルヒは赤色がわからない」

ハルヒ「ねぇ、キョンは?」

キョン「かまいたちの夜?」-1

キョン「かまいたちの夜?」-2

キョン「かまいたちの夜?」-3

ハルヒ「背孕みの秘法を使えば、国木田も妊娠よ!」

キョン「体を圧迫される事に快感を感じる」

古泉「僕は、君が、好きです」

長門「ちゃうねん」

キョン「なーんでこんなことになっちまうんだか……」

佐々木「どうだい、キョン。僕の発明は」

森さん「はぁ...キョンさん...」その1

森さん「はぁ...キョンさん...」その2

森さん「はぁ...キョンさん...」その3

古泉「僕は…おっぱいになりたかった…」

ハルヒ「みくるちゃんがおっぱいに話しかけていたわ」

長門「私のペットにしてあげる」朝倉「は?」 未完

橘「キョンさん!今なら処女膜を破り放題なのです!」

キョン「人形性愛……?」

キョン「風呂でも入るか」

キョン「風呂でも入るか」2

キョン「何だかんだ言っても、俺ってモテるよな」

古泉「ただいまー」

ハルヒ「おまんこ侍ですって?」

長門「何故涼宮ハルヒは私に優しく接してくれるのだろう」

古泉「料理をしましょう」

キョン「おいハルヒ、漫画なら貸してやるからもう帰れ」

橘「ここからが本題です…お腹がすきました」

キョン「駆け落ちだと?」

佐々木「ねぇキョン」

キョン「・・・パンツが見たい

キョン「はぁ、お見合いですか」

ハルヒ「TSF?」

ハルヒ「TSF?」 別ver

キョン「金玉が痒いので掻いてもらえますか?」

長門「…抱いて」

キョン「朝比奈さんを殴り続けてたら死んだ」

キョン「古泉! もうオナニーを止めるんだ!」

朝倉「朝倉涼子の憂鬱」古泉「これはこれは」

古泉「なんでだろ」朝倉「あなたを選んだ私です」

佐々木「ねぇ、キョン。君は特別では無いのかい?」

キョン「ハルヒを泣かせてみたい」

長門「それは古泉一樹の観察記録」

長門「簡潔に言うならば、貴方と私の子供」キョン「!?」

古泉「 (お茶の味が濃いですね) 」

ハルヒ「キョン、大好き」

ハルヒ「キョン、オムツプレイって好き?」

古泉「失恋した者同士、食事でもどうです?」ハルヒ「フン!」

ハルヒ「不思議すぎてついていけない」

ハルヒ「不思議すぎてついていけない」-2

ハルヒ「ただのマクドナルドには興味ありません」

キョン「事件は完全に……迷宮入りだな」

キョン「今屁をこいたのは誰だ」

キョン「ハルヒのまんこは黒まんこっ!!!!!!」

橘「ディアブロスなのです!」キョン妹「モノブロスだよ!」

鶴屋「みんなのいろんな『顔』、いただくよ!」

ハルヒ「アイラーヴュー」長門「…」

古泉「あぁ そういえば皆さんはオナニーする時はどのように……?」

古泉「あぁ そういえば皆さんはオナニーする時はどのように……?」-2

古泉「あぁ そういえば皆さんはオナニーする時はどのように……?」-3

キョン「あの日の約束」

長門「…ゴッホが咳をした」古泉「………」

キョン「あー佐々木とまったりイチャイチャしてぇ」

ハルヒ「あんたが私の体操服の匂い嗅いでるの知ってるんだからね!」

ハルヒ「東中出身、涼宮ハルヒ・・・只の」

ハルヒ「東中出身、涼宮ハルヒ・・・只の」-2

長門「私と性行為をしてほしい」

ハルヒ「なんなのよ! このおせち!!」

キョン「朝比奈さんの能力自慢がうざい」

キョン「なぁ、ハルヒ、ついて来てくれないか」

ハルヒ「夢落ちってすごい!」

キョン「時計塔!?」

涼宮ハルヒの2,14

朝倉「空と君とのあいだには」

ハルヒ「ただの人間さ興味あてねぇ!」

キョン「あー、ハルヒからあげにして食いてぇ~」

キョン「あー、ハルヒのウンコからあげにして食いてぇ~」

キョン「鶴屋さん…可愛いと思わんか?」

古泉「気がついたら、すごく楽しい。とても素敵です」

キョン「俺も歳をとったなあ」

朝倉「キョン君が好き」

みくる「元気だなぁ、昔の私」

谷口「憂鬱で溜息が消失した」

キョン「佐々木が犬になった?!」



とらドラSS

実乃梨「バレンタインか…」

亜美「ほら、そろそろ起きなさい」

たいが「とらまるようちえん!」

大河「倦怠期……」

実乃梨「とらP?」

竜児「とらドラSSが無いのなら自ら書けばいいことに気がついた」

竜児「櫛枝、好きだ、大好きだ」

川嶋亜美「……ずるいよ、高須くん」


らきすたSS

かがみ「つかさ見てるとイライラする」

かがみ「つかさ見てるとイライラする」2

こなた「私とかがみっていつも一緒にいるじゃん?」

こなた「綺麗、興奮するよ…」

つかさ「うっ!あっあんっ……気持ちいいよぉ……」

こなた「ん~……きつね。えっと~……りす、いぬ。」

こなた「……このエロゲのヒロイン、かがみんに似てるな」

こなた「エロイプでかがみん釣る」

こなた「みゆきさんってお母さんみたいだね」

こなた「かがみ、ひもQ食べる?」

かがみ「あんたが屋上に呼び出すなんて珍しいじゃない」

こなた「・・・え?これって・・・告白ってやつ・・・かな?」

こなた「・・・え?これって・・・告白ってやつ・・・かな?」

こなた「ダイヨン アレンジロッコー ナースナノルスェン」

こなた「おおっ、かがみ来てくれたの?」

こなた「かーがみっ♪」ギュー

かがみ「こなたと付き合ってるふりをしてほしいの?」

こなた「当てたらどれでももらえるの?」

かがみ「こなたを無視し続けたらどうなるか」


エヴァSS

シンジ 「もうエヴァには乗らない……絶対に乗らない」

レイ「碇君は私だけ苗字で呼ぶのね」

ゲンドウ「ネルフに行きたくない」

シンジ「このAV女優ミサトさんに似てるな…」シコシコ

アスカ「私の心を犯さないでえええぇぇぇ!!!」

シンジ「今日からぼくは男らしくなります!!」

シンジ「進研ゼミから手紙が届いてる・・・?」

レイ「ひょ~~~…しゃお!」

ゲンドウ「ははっ!やあ!シンジ!」シンジ「……父さん?」

ゲンドウ「息子が可愛すぎて生きるのが辛い」

シンジ「最近アスカが彼女面してうざい」

シンジ「ミサトさんって黒が好きなんですか?」

シンジ「ミサトさんって黒が好きなんですか?」 おまけ

ゲンドウ「……修学旅行?」

綾波「飴食べる?」

アスカ「シンジの奴…最近やたらフィフスと仲良いわね…」

アスカ「おっぱいは揉まれると大きくなるって本当なのかな…」

アスカ「おっぱいは揉まれると大きくなるって本当なのかな…」後日談

アスカ「ちょっとシンジ、ちんちん見せなさいよ」

アスカ「えーーー!? こ、これを舐めるの?」

シンジ「使徒の精神汚染でアスカが幼児退行!?」

綾波「お…お…おっぱい…」

ネルフ技能職「おい、これ何のネジだよ」

シンジ「アスカの部屋からヘンな声が聞こえてくる」

シンジ「綾波は僕が守るっ!!!」アスカ「ふーん… で?私は??」

アスカ「ドイツ語?」

アスカ「シンジの写真で抱き枕作った」

シンジ「やめてよカヲル君!」

アスカ「シンジ、あんたって『アスカ派?綾波派?』」

綾波「ヘイ!カモンカモン!バーンナッコゥ!」

シンジ「学校に行きたくないです」ミサト「は?」

シンジ「やめてよ・・・」アスカ「うるさいわね、黙ってなさいよ!」

精霊「貴方が落としたのはHなアスカ?女らしいアスカ?」シンジ「え」

加持「久しぶりにネルフに顔出してみるか……」

レイ「碇君のひざの上、ポカポカする」

シンジ「巨乳の女の子っていいよなぁ…」

ゲンドウ「仕分け?」

冬月「今なら俺も初号機に乗れそうな気がする」

冬月「今なら俺も初号機に乗れそうな気がする」-2

シンジ「今日も平和だなぁ」


ゲンドウ「突然だが、ネルフは財政難だ」

ゲンドウ「相変わらず、ネルフは財政難だ」【第参話】



アスカ「シンジ、せっかくの休みだってのにいつまで寝てるのかしら」

アスカ「シンジ、せっかくの休みだってのにいつまで寝てるのかしら」 番外


エヴァ×銀魂

ゲンドウ「そうだ。久しぶりだなシンジ」シンジ「…長谷川さん?」index




はがないSS

星奈「………………………………小鷹」ギュッ

小鷹「理科と付き合ったら大変なことになった」



ゆるゆりSS

あかり「結衣ちゃ~ん」結衣「さわるな」

あかり「わぁいうずしお あかりうずしお大好き」



ISSS

一夏「昨日ラウラで抜いたんだ」

一夏「ラッキースケベが加速してる…!?」

シャル「一夏、もう一回しよ?」一夏「俺には鈴が……っ」

一夏「ラッキースケベが加速してる…!?」

一夏「ラウラ、お前のことが好きだ。」 ラウラ「・・・私もだ。」

一夏「もうみんなに嫌われようと思う」

一夏「セシリアって料理さえ出来れば完璧だよな」



アイマスSS

P「全員貴音だと!?」

伊織「何してるのよ」 P「アイドルマスターだよ」

P「和久井さんの愛が重い」

P「こうして志乃さんと飲んでると、昔のことを思い出すなぁ」

真「えぇ!?プロデューサー、ヅラだったんですか!?」

P「かな子のふかふかボディに顔を埋めて深呼吸したい」

千早「クールビューティ?」

やよい「あのね、伊織ちゃん…私実は…」伊織「な、何よ」

伊織「アイドル全員でプロデューサーを全力で落とす」

P「やよいが実はエロかったなんて…」

凛「ヤッホウ皆!今日も元気かな!?」 P「 」

春香「プロデューサーさんをブチギレさせてみる」

伊織「やよいをブチギレさせてやろうじゃないの!」

千早「我那覇さんと私がユニットを?」

モバマスP「うちの事務所の平均年齢がヤバイ」

春香「小鳥さんからAVを借りたんだけど…」

美希「小鳥からAVを借りたの!」

律子「あれ、あずささん怒ってるんですか?」あずさ「…………」

雪歩「あ、あの!お帰りなさいプロデューサー!!」



まどマギSS

マミ「ライブチャット?」

ほむら「殺るか」さやか「殺られるか」

さやか「電光魔法少女……?」マミ『グリッドマミ!』

マミ「暁美さんが私のおっぱいで遊んでる……」



クロスオーバーSS

黒子「ジャッジmカズマ「ジャッジメントだ!」

上条「未来から来たネコ型ロボット…?なんだそりゃ?」

上条「じゃあな、しんのすけ」

哀川潤「へえ、学園都市か…」

キョン「リア充死ねよ」

ルパン三世 嵐を呼ぶ子供!

大神「彼が新しく帝国華撃団に入った横島忠夫君だ」

上条「……サイレン?」

地獄少女「一遍・・・死んでみる?」上条「へっ?」

イチロー「学園都市?」

士「ディ」唯「けいおん!」

唯「ぎんぱち!」

イカ娘「ゲソ………」 上条「ベランダに……イカが干してある!?」

新八「ホ、ホグワーツ?」

大阪「なんで私ら誰も彼氏おらへんのかなぁ~」

上条「ここが…………はあ!?ここどこだ!?」

小萌先生「転校生の横島忠夫くんです」

翠星石「やい、無表情人間!」御坂妹「・・・」

ネウロ「この『謎』はもう吾輩の舌の上だ」 キョン「……は?」

SDK「デモンズソウル?」

伊藤誠「ひだまり荘…?」

佐天「・・・ふしぎなアメ?」

上条「北斗神拳?」

古畑任三郎「え~、みなさん 『名探偵コナン』ってご存知ですか?」

黒子「ゴルゴ13?誰ですの?」

梓「ここ…は?」初春「ここは第7学区ですよ」

横島「漫画の世界の悪魔退治?」

誠「ここがきらめき高校か。」

花山「……ジャッジメントだ……」

上条「……カメハウス?」

ゴルゴ13 「平沢唯を・・・狙撃・・・?」

東方不敗「えらい美人がそこに居おったわ」

ブリジット「なんですかあなたは!ウチの真似しないでくださいよ」

銀時「とある魔術の……オイ、これなんて読むんだ?」

キョン「東京が死んで、俺が生まれた」

上条「……ハルケギニアですか?」

ドンッ_佐天「いたっ!?」

初春「システムに侵入者です!」素子「攻性防壁か!」

唯「はなまるな職場体験!」

佐天「オーバースキル!」 未完

黒子「行きますわよ!」蒼星石「はいマスター!」 未完

インデックス「ぞーまーぞーまー」

唯「怪異?」 -ゆいタートル-

唯「怪異?」-つむぎレディバード-

唯「怪異?」-あずさキャットフィッシュ-

唯「怪異?」-みおドッグ・りつモンキー- 未完

杉下右京「いきますよ、神戸くん!」…サイクロン!

神戸尊「いきましょう、杉下さん!」…ジョーカー!

憂「全メディア黙殺!!」

ハルヒ「最後の団長命令よ…私達五人全員で助かること、いいわね?」

ルパン「メタルギア?」

バサラ「俺の歌を聞けよ」

唯「あ、けいちゃん先生!」桑田佳祐「はいはい。」

唯「新入部員の草加雅人くんだよ~!」

唯「新入部員の草加雅人くんだよ~!」\タイムベント/

唯「大阪ちゃーん!」

唯「美琴ちゃんっ」ギュッ

キョン「よぉ、ハルヒ」

ハデス先生「けいおん部ですか…」

佐天「革命都市…?」

山岡「けいおん部のお菓子は出来そこないだ、食べられないよ」

上条「クロマティ高校?」

銀時「とある科学の……ネオアームス(ry」新八「違います」

佐天「戦争が起こる…?」 未完

澪「ストライクウィッチーズか…」

唯「手乗りタイガー?」

唯「メダロットてんそう!」

唯「メダロットてんそう!」

レイ「ウヒヒ」 長門「ウヒヒ」

唯「五重のリング?・・・」

承太郎「…俺がボーカル?」 第一部

承太郎「…俺がボーカル?」 第二部

承太郎「…俺がボーカル?」 第三部

上島竜兵「けいおんぶ?」

ぬ~べ~「桜ヶ丘高校で謎の怪奇現象ですか…」

唯「新しい部員のバンチョーちゃん!」

唯「フレディ~!」 フレディ「……」

岸辺露伴「学園都市・・・ねぇ・・・」

唯「メガテン!!」

御坂 「魔界天使ジブリール……?」 

唯 「憂!?憂!?返事して!?」

唯「ういー、おかわりー」セイバー「私にもお願いします」

大総統「ほう、ゼロのルイズか・・・」

和「そうなんだ、じゃあ私ジャッジメント行くね」

まる子「お父さーん、ガンダム買って」

夜神月「聖杯…必ず手に入れて見せる」

上条「・・・死んだ世界戦線・・・?」

勇次郎「けいおんッッッッッ」第一部

勇次郎「けいおんッッッッッ」第二部

勇次郎「けいおんッッッッッ」第三部

勇次郎「けいおんッッッッッ」第四部・最終章

レッド「聖杯戦争」凛「はずれきちゃった」

唯「寅さん?寅さんなのね!」

上条「俺がパートナー?」ティオ「そういうこと」

キャプテンファルコン「学園都市か・・・」

唯「魔術?」

勇次郎「学園都市ッッ」

月「けいおん部?」

月「けいおん部?」2

上条&インデックス「さあ…お前の罪を数えろ!」御坂「振り切るぜ!」

グレン「…?」 未完

御坂「就職活動か」澪「面接怖い……」 未完

範馬刃牙「けいおんッッッッッ」

阿部高和「ここが学園都市か」

キョン「無視するなんて酷いじゃないか、朝倉」 紬「えっ?」

唯「紬ちゃん、ねえ紬ちゃんってば」 朝倉「えっ?」

徐倫「父さん、これなんなの?」承太郎「ああ、それは……」

薔薇水晶「それでも本当にローゼンメイデンなのですか!!?」

鬼作「SSS 死んだ世界戦線だと?」 未完

いーちゃん「桜高けいおん部?」

朝倉「あなたを殺して涼宮ハルヒの出方をみる」

いーちゃん「涼宮ハルヒ、ですか?」

憂「プロ野球」

憂「プロ野球」2

勇者「魔王と間違えてラオウを倒しちまった」

部長「最近署員の間で度々耳にするけいおんとは一体何のことだ?」

美羽「ちぃちゃん、最近某作品に人気とられてないかね?」

ハルヒ「戦わなければ生き残れない」

佐天「タイガーアッパー?」

銀時「ひぐらしのなく……ってオイ、これ前も見たんだけど?」

銀時「ひぐらしのなく……ってオイ、これ前も見たんだけど?」2

銀時「ひぐらしのなく……ってオイ、これ前も見たんだけど?」3

ギップル「学園都市?・・・やたら臭いますねぇ・・・・」

インデックス「他のアニメをぶち殺しにいくんだよ!とうま!」

唯「あ~ずにゃん!」ギュッ夏奈「うわっ!」

杉下右京「あなたが私のプロデューサーですか・・・」

梓「トンちゃん、ご飯だよ」夏侯惇「おう、いつもすまんな梓」

翔太郎「お姉さんが行方不明?」憂「はい…」

レヴィ「へいロリータ!」 紬「へっ?」 未完

千秋「おい、朝だ起きろ」梓「えっ…」

古畑「え~お尻の中へですか~?」阿部「男は度胸」

唯「ギャオス?」

律「…イリス」

ブラック・ジャック「まきますか、まきませんか…?」

佐天「魔法?」

唯「とりあえず笛部ってところに入ってみたんですけど……」 未完

イカ娘「私に協力してほしいでゲソ」

ハルヒ「梶原さんは絵が好きなの?」空「…」コク

バスターマシン7号「ここが学園都市ですか・・・」

憂「お姉ちゃんがドーパント!?」

憂「お姉ちゃんがドーパント!?」2

憂「お姉ちゃんがドーパント!?」3

クマ吉「フフフ、ここが軽音部か・・・」

クマ吉「学園都市?」

律「私たちと一緒に演奏しよう!」

禁書「おなかへったんd「やかましいうっとおしいぞこのガキッ!」

誠「ここが桜才学園かあ」 要望により削除

唯「0079!」前半

唯「0079!」後半

ルルーシュ「闇の帝王だと?」前半

ルルーシュ「闇の帝王だと?」後半

忍野忍「うぬ。おい、そこのうぬじゃ。」 一方通行「あァ?」

金田一「また七不思議っすか・・・」

翔太郎「学園都市?」

唯「愛」

鬼作「ええぇ?鬼作めを軽音部の顧問にでございますかぁ?」

鬼作「ええぇ?鬼作めを軽音部の顧問にでございますかぁ?」 その2

唯律澪紬「鬼作さ~~ん!!」 鬼作「は~いでございます」

のび太「学園都市にいきたいよ~!」

御坂「練馬においしいどら焼き屋か~」

クレア「ベルセルク・・・」

梓「ごめんなさい!ごめんなさい!」 喪黒「いいえダメです」

律「な、なにするんだ!?」 喪黒「罰を受けてもらいましょう」

澪「もうこんなの嫌です!」 喪黒「勇気を持つのです」

紬「唯ちゃん!?」 喪黒「ホーホッホッホ、ワタシですよ」

紬「今日のおやつは空耳ケーキよ」唯「わーい」

ナルト「学園都市?」

インデックス「なんかイカ臭いんだよとーま!」

一方通行「青鬼だぁ!?」

朋也「軽音部? うんたん?」index

ハルヒ こなた かなめ 唯「会議を始めます」

駒野「学園都市か…」

浅見光彦「ごはんはおかず殺人事件」けいおん!

妖夢「あ…これはこれは」 梓「あ、いえいえこちらこそ」

澪「私は絶対こんなの着ないからなっ!!」

唯「ぶらほわ!」

フィリップ「放課後ティータイム!」唯「なーに?」

唯「あずにゃんが知らないおじさんと行ってしまった…」

佐天「蟲が見える能力かぁ」

佐天「蟲が見える能力かぁ」2

佐天「蟲が見える能力かぁ」3

ンデックス「お帰りなんだよトウマ!お風呂にする?ご飯にする?」

唯「ゴミを木に変える力!」

唯「ゴミを木に変える力!」2

八重「学園都市ですかー」

桐乃「明日から高校生になる!」

神原「ここが学園都市かぁ!可愛い女の子が一杯だな!」 未完

唯「巫女さんだー!」霊夢「…」

上条「上条さんは一体どうなるんでせうか」

シャア「夜中の夜明け、か・・・・・・」地球光編

シャア「夜中の夜明け、か・・・・・・」月光蝶編

遠坂「士郎、ちょっと学園都市に行ってきてくれない?」

さつき「まかせてシオン!行ってくるよ学園都市!」

誠「ストライクウィッチーズ?」 ※閲覧注意

しんのすけ「アキバロリータ?」

唯「もう消えるんだね」

アーカード「お腹すいた」

初音ミク「いーさん。だいっきらい」《ハツネリサイタル》

キョン「俺が守るから」-1

キョン「俺が守るから」-2

キョン「俺が守るから」-3

澪「や、やめろ!イカ娘!!////」

澪「イカ娘、最終回か…。」

憂「転校生はニンニクがキライ」

唯「あんまりソワソワしないで」

美琴「………………?」

桐乃「とある魔術の?」美琴「俺の妹が?」

右京「ほう・・・学園都市ですか・・・」

天道なびき「こんな道端に蝶ネクタイが落ちてるわ」

ハルヒ「きゃあああああ!ゴリラ!!」

シャア「まきますか? まきませんか?」

シャア「まきますか? まきませんか?」-2

シャア「まきますか? まきませんか?」-3

唯「ぶぎーぽっぷ!」

宗介「こちらウルズ7、常盤台中学の潜入に成功した」

桐乃「とある魔術の?」美琴「俺の妹が?」

ぬーべー「オヤシロさまの崇り…?」

ぬーべー「オヤシロさまの崇り…?」-2

ぬーべー「オヤシロさまの崇り…?」-3

イカ娘「(ガイアメモリ)挿さなイカ?」

クーガー「りく!」律「律だよ!」

インデックス「歩く教会」 ブラボー「シルバースキン」

三橋・伊藤「学園都市?」

メルエム「おい…名は?何と申す」唯「唯だよ?」

唯「澪ちゃん!」シノ「私はナプキン派だ!」

澪「律?」アリア「私はタンポン派よ?」

唯「あ~ずにゃん!」スズ「私はIQ180の帰国子女!」

みさお「甘いものいっぱい食べさせてくれると嬉しいんだってヴぁ」

ハンター「オトモアイルー?」梓「・・・」

鯨「人は誰でも死にたがっている」一方通行「…なンだと?」

イカ娘「最初に言っておくでゲソ!」デネブ「オチはかーなーり、弱い!」

トルネコ「ここが学園都市か・・・」

トルネコ「事情は知りませんが上条くんに手は出させません」美琴「」

澪「俺の歌をきけぇえーーーーーっ!!」

ほむら「さやかの唄」

両津「何!わしがアイドルをプロデュースだと!」

岡部「デスノート?」

P「これがお前達のジャイアント・キリングだ」



億泰in禁書

億泰「学園都市…っスかァ?」

億泰「学園都市つってもよォ~」

億泰「学園都市つってもよォ~」後半

億泰「幻想御手…? こいつぁ違うぜぇ~」

禁書×ポケモン

一方通行「ポケモンだァ?」美琴「知らないの?」前半

一方通行「ポケモンだァ?」美琴「知らないの?」後半

禁書×シャナ

シャナ「あんた何者なの?」上条「不幸だ……」


ハルヒ×騎士ガンダム
ハルヒ「ナイトガンダムって何かしら?」 長門「私の婿」 プロローグ

ハルヒ「ナイトガンダムって何かしら?」 長門「私の婿」1

ハルヒ「ナイトガンダムって何かしら?」長門「私の婿」1-2

ハルヒ「ナイトガンダムって何かしら?」長門「私の婿」1-3

ハルヒ「ナイトガンダムって何かしら?」長門「私の婿」2


レールガン×ストライクウィッチーズ

佐天「ストライクウィッチーズ?」


ハルヒ×戯言シリーズ
キョン「やれやれ――――それじゃあ、零崎を始めるとしますか」序章‐第一章

キョン「やれやれ――――それじゃあ、零崎を始めるとしますか」第二章

キョン「やれやれ――――それじゃあ、零崎を始めるとしますか」第三章



エンジェル伝説×禁書

上条「北野誠一郎?」index


禁書×ベン・トー

黒子「半額弁当?」

黒子「ひなまつり弁当360円ですの?」

黒子「半額弁当ですの!」

黒子「半額弁当ですの!」 第2章

黒子「半額弁当ですの!」 第三章

黒子「半額弁当ですの!」 第4章

黒子「半額弁当ですの!」 第5章

黒子「半額弁当ですの!」

黒子「半額弁当ですの!」 最終章


禁書×烈火・ドラえもんシリーズ

上条「…“レベル5”の転校生?」

のび太「打ち止め?変な名前だなぁ」

のび太「ミサカちゃんは…僕が守る!」

のび太「ミサカちゃんに出会ってもう3年か…」

のび太「ミサカちゃんに出会ってもう3年か…」 短編

のび太「ミサカちゃん…ここすっごく固くなってるよ…?」



ブーン系小説

( ^ω^)は人助けをしたいようです INDEXぺーじ

ξ゚⊿゚)ξはモチつき上手なようです

(;・∀・)彼女は色々すごいようです川 ゚ -゚)

( ^ω^)百鬼夜行のようです

(  ω )と    ようです

(#゚;;-゚)ニセモノ家族のようです(・∀・ ) ほのぼの

( ^ω^)たまごがわれないようです

川 ゚ -゚)クーは水泳教室に通うようです

( ^ω^)(´・ω・`)('A`)こたつ話のようです INDEXページ

('A`)の面接死亡遊戯のようです

( ^ω^)内藤文太郎祓い物控のようです

( ・∀・)はバレンタインの妖精のようです

( ・∀・)は野菜嫌いのようです

( ^ω^)東から西からのようですξ゚⊿゚)ξ

( ^ω^)はξ゚⊿゚)ξをいじめ続けるようです

ξ゚⊿゚)ξ目指せ!こいびと!のようです ほのぼの

ξ゚⊿゚)ξぶきようですけど何か?

从 ゚∀从セツナイ気がする闘病生活のようです

( ^ω^)戦うようです

(´・ω・`)彼らは夕陽に消ゆるようです

( ゚∋゚)は不死鳥のようです

川д川は口が裂けても言えないようです

川 ゚ -゚)は小心者のようです

( ^ω^)がヴァンパイアになるようです

( ^ω^)達は罪を消すために戦いつづけるようです

川 ゚ -゚)クーは天才ネット小説家のようです

( ^ω^)ブーンは誤字を待つようです

ニート「そうだ、リフォームの番組に応募しよう」

J( 'ー`)し「たかし、彼女を見せてくれないかい?」

( ^ω^)の川 ゚ -゚)ルなナイトのようです


その他SS

版権もの等

城島「長瀬、うんたん言うてみ」

大野「アニメソング買った……」

セルティ「私は身体だけの女なのか…」

サン「アシタカ、今日は来ないのかな……」

阿良々木「みんなが僕のことを好きだって?」

なのは「小さくなってる・・・」

阿良々木「戦場ヶ原、もう別れよう」

大長編ドラえもん のび太と青い悪魔

土田さつき「お兄ちゃんのバカバカバカーっ!!」

土田さつき「な・・なおずみっ///」

ロボ「ルッカ、そこで何をしているのデスカ?」 ルッカ「……!!」

アンパンマン「悪魔の実……ですか?」

フェイト「どうして…なのはとクロノが…」

ポニョ「ポニョ、女子高生になるー!

ナコト「アルアジフの中っ…すごいっ!でちゃうぅ」

タコス「京太郎!だーい好きだじょ!」

戦場ヶ原「阿良々木君、裸エプロンにしてみたのだけれど」

古賀いたみ「名瀬ちゃんの使った包帯・・・」

ドロッセル「何をするっ……この、無礼者っ……!」

野原ひろし「しんのすけ、きのこの山を買ってきたぞ!」

JUM「寝させてくれ・・・」

火防女「足の裏をくすぐらないでください・・・」

小鳥遊宗太「先輩との結婚生活かぁ・・・」

なのは「フェイトちゃんと先週の続き?」

パワプロ「聖ちゃん可愛いよね」

しんのすけ「臼井先生をおたすけにいくゾ」

しずか「マンコクッサアアアアアアアアアアアアア!!!!!!!」

JUM「ダンボール……」

ジュン「真紅って要はダッチワイフだろ?」 別作者ver

ジュン「真紅って要はダッチワイフだろ?」

ジュン「真紅って要はダッチワイフだろ?」 2

晴子「あのー・・・すいません」

ケンシロウ「この指を抜いてから3秒後に貴様はイク……」

パワプロ「あれ、あおいちゃんは?」

JUM「尿道……拡張?」

スネ夫「…なんで」

みずき「パワプロくんはS? M?」

戦場ヶ原「性交をしましょう」

パワプロ「茜ちゃん、デラたこ食べに行こうよ」

チコリータ「・・・私って、役立たずなのかなぁ・・・?」

ナミ「そういえばこの船のクルー達って、、、」

ラクス「キラ、そろそろ働いてちょうだいな」

男「蒼星石…?」

のび太「はぁっはぁっ…しずかちゃんの経血……(ベロベロ)」

春巻「学校裏サイトちょー?」

妙「銀さんもアニメと一緒に死んで下さいませんか?」

春巻「お金がないからオレオレ詐欺やってみるちょー」

ジュン 「対物性愛者ってきもいよな」 翠星石 「全然ですぅ」

マルフォイ「おい腐れポッターw」ハリー「おう、何だよw」

ヤンダ「小岩井さん、よつばを俺に下さいよ」

ボッスン「ん? これなんだ?」

リース「聖剣伝説3とは一体なんだったのでしょうか?」

パワプロ「勉強会にエリリンを呼ぼう」

メタルキング「勇者にやられないよう、対策を立てなくては・・・」

水銀燈 「おじゃまするわぁ」

のび太「努力なんて・・・」

城島「山口、デスノート拾ったでー」

大野「…なんかデスノート拾ったんだけど」

幹也「式、君またニー速なんか見てるのかい」



金糸雀「ゴールドエクスペリエンスッ!」

夏奈「またか春香。男作ってそいつに弄ってもらえって言ってるだろ」

弥彦「薫ゥッ!!中に出すぜッ!!!」

さんま「そ、それ、ホンマ……でっか……!?」

城島「え?マツジュン・・・?」

南千秋「藤岡大丈夫か!? 股間がこんなに腫れてるぞ!」

渚「うわぁ、朋也くんって包茎さんだったんですねー」

朋也「春原、妹さんを俺にください」

マリオ「マジ!?え、ピーチ姫またさらわれたの!?」

タラオ「タマ、覚悟するでーす」

けいおん「あっらきすたさんチィーッスwwww」

城島「太一、真実はいつもひとつやで」

横島「ファーストキス?」

晴美「大好きだよ、千里」

晴美「大好きだよ、千里」2

晴美「大好きだよ、千里」3

波平「fuckfuckfuckfuckfuckfuck!!!!!!!!!」

城島「変なアタッシュケース拾ったで!」

ベガ「実はな…潰れるんだ…ウチの組織…」

みずき「納得いかない」

糸色倫「遊戯王の現環境では財力こそが強さなのじゃ」

糸色倫「遊戯王の現環境では財力こそが強さなのじゃ」2

エリカ「レッドさん、わたくしの弟になってくださいませんか?」

のび太「俺は俺を肯定する」

のび太「ドラえもんって全裸に首輪つけてるんだよな・・・」

ウツギ「きみにわたしたいものがあるんだ」

クチート「レッド寝てる…」

サイト「そもそも使い魔だから他の子見るなっておかしいだろ」

キャタピー「下のお口がムズムズする」

のび太「ちょっとカメラ止めろ」

たんぱんこぞう「お前もはけば?」 リーフ「えっ」

「以下、名無しにかわりまして城島がお送りするで」

男「女ってのは基本醜い……と、思う……が」

レッド「何か面白い番組やって無いかなぁ…」

白ポスト「そのえっちい本を渡しなさい」

ウインディ「へへっ、よくみりゃ可愛いロコンじゃねえか……」

レッド「・・・」

パワプロくん「聖ちゃん……オレの肩は、もう壊れてるんだよ」

エリカ「レッドさんってどちらかというとMっぽいですわね」

矢部「じゃあ俺、今から南アフリカ行くんで」岡村「え?」

サトシ「カスミハルカヒカリ…そうそう、タケシもヤったなw」

ゴールド「……ダブルバトル?」

イーブイ「なんなのよ…」

天使ちゃん「……………ッ!」ヴィィィイイイン

サザエ「マスオさん、愛してるわ~」

レナ「はぅ…圭一君のおちんちん小さくてかぁいい…」

水銀燈「え、ジュンが契約してくれるって本当?」

ラムザ「アルマーーーーーーーーーッッッ!!!!」

ラムザ「アルマーーーーーーーーーッッッ!!!!」次

草なぎ「ここがけいおん部かあ」

のび太のママ「のび太!こんなにご飯残してもったいない」

横島忠夫「都市伝説…っすか?」

のび太「ん…んあ…だめぇ…」

ゴールド「あの、この選択肢はおかしくないですか?」

松本「ちょ・・・え・・・ここどこや・・・」

ぐり「ぐら? ぐらはどこにいるんだ?」

水銀燈「ジュンと一緒に住む方が家賃がいらなくて楽よ!」

小五郎「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

小五郎「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」 引き継ぎ

夏奈「年頃なのです。」

金糸雀「退屈…かしら…」

パワプロ「舞ちゃんにも飽きたな…」

JUM「水銀燈に冷たくしてみようと思う」

シャア「アムロ、私にも彼女が出来た」ハマーン「なに!?」

八九寺「阿良々木さんはけいおん!をご存知ですか?」

ジュン「よしよし、みんな寝てるな」

エリカ「まあ……レッドさんをゲットしてしまいましたわ……」

千秋「このニート野郎」

天使「……」

夏奈「セックスしたいなぁ」

千秋「夏奈のオマンコに接着剤をつけるんだ…」 閲覧注意

アーチェ「クレス・・・・ちょっと話しがあるんだけど」

浜田「第一回チキチキ!夏の大援助交際大会~!」

さんま「それホンマでっかTVちゃう! ホンマでっかBLや!」

浜田「おい何やこれ」

ハリー「透明マントでエロいことしよう」

撫子「暦おにいちゃん…本当にいいの?」

ジュン「いってきまーーーーーす!!」

矢部「パワプロくん、けいおんというアニメを知ってるでやんすか?」

真紅「あぁっ!くんくんっ!あぁん!」

善吉「二人とも女の子なのに物騒な事やめて!」 怒江「はいっ!!」

藤吉「もしかして、先生って童貞?」

怒江「な、なによ今更……私なんて……」 善吉「怒江ちゃん!!」

猪狩守「ああっ…パワプロ…パワプロッ!!」

サーニャ「もう止めよう、宮藤さん……」

暦「おーい、火憐ちゃ……」

たける「イカ姉ちゃん…?」

ミュウツー「…最後まで見届けてやろうと思っただけだ」

桐乃「それ……兄貴のシャツ?」

ハルカ「あっ、ポケモンバトルしようよっ!」

永沢「ふん、口では嫌がってるくせにここは正直じゃないか」

僕「ぱふぱふしてくれんかの」 天さん「えっ」

京介「黒猫じゃなく、名前で呼んでもいいか?」

ピカチュウ「ミミロル、ハァ、ハァ……」

梨花「今週の分はこれでいいのですよ~」

城島「CDに投票用紙入れるでー」

真矢みき「使い続けてると、分かるのよね」

ハルカ「トウカジムはもうお父さんに任せられない」

リーネ「芳佳ちゃん・・この戦争が終わったら、私と一緒に」

阿良々木「月火ちゃーん!!!

レッド「なにこのポケモン」キルリア「……」

レッド「なにこのポケモン」キルリア「……」2

ホロ「ぬしよ」

ホロ「ぬしよ」2

ホロ「ぬしよ」3

ホロ「ぬしよ」4

コナン「最近推理するのしんどい」

さんま「悪魔の実拾うてもうた」

宮藤「ストライクウィッチーズの皆でツイッター始めてみました!」

ロック「おいレヴィ」レヴィ「あぁん?」 未完

J( 'ー`)し「初めまして。ローゼンの妻です」

阿良々木「あれ?なんか忘れてる」

阿良々木「あれ?なんか忘れてる」第二部+

阿良々木「あれ?なんか忘れてる」第三部

阿良々木「あれ?なんか忘れてる」第四部

阿良々木「あれ?なんか忘れてる」最終話+撫子無双

イカ娘「ついにアニメ化でゲソ!」

コナン「俺って推理漫画の主人公なんじゃね?」

エイラ「世界…大戦?」

シャーリー「お姉……おっと間違えた」トゥルーデ「!?」

ピカチュウ「身体検査しようよ」

メタモン「へっへっへ今日も変身してヤりまくるぜwww」

ルフィ「けいおん?」レイリー「ああ」

亮子「おちんちん固くなってるよ……」 男「あっ……!」

火憐「う、嘘だろ……? 月火ちゃんが怪異だったなんて……」

ゾウ「ここが美容整形外科か……」

ドドリアさん「さぁて、今日もアマガミやるか!」

ランカ「シェリルさん、サインしてください…!」

エレブー「しゃぶれよ」

村人「えへへ、似てました?」

トモカネ「もうすぐポケモンBW発売するな!」

バルクホルン「もういくつ寝ると二十歳?」

園子「そういえば蘭のお母さんって超頭良いんだよね?」

北斗「貴様ら、けいおん、という漫画を知っているか」 神山「え?」

北斗「貴様ら、けいおん、という漫画を知っているか」 神山「え?」2

北斗「貴様ら、けいおん、という漫画を知っているか」 神山「え?」3

芳佳「私…守れなかった」

リーネ「今日芳佳ちゃんの家で遊ぼうよ」 未完

エリカ「さぁ、ポケモンバt……」ブブッ

ホームズ「ワトソン君はけいおん!のことは知ってるかい?」

両津「けいおん!」

サトシ「え?次はイッシュ地方で旅ですか・・・?」

透「かまいたちの夜…?」

マルフォイ「・・・・・・けい・・・おん・・・?」

戸愚呂弟「オレはヒトカゲでいきます」

シシ神「最近髪切った?」乙事主「ん?あぁ一応」

ベジータ「フリーザを俺に対してツンデレの美少女にしやがれぇ」前半

ベジータ「フリーザを俺に対してツンデレの美少女にしやがれぇ」後半

タカトシ「オレはロリコンでドMな人間なんだろう」

水銀燈「日曜の夜くらいジュンの家に泊まったっていいでしょ!」

J('ー`)し「…けいおん?」

アッコ「ヒトカゲにしとくわ」 勝俣「アッコさんかっけえ!!」

暦「うそつきー!」 戦場ヶ原「あらあら仕方が無いわね」

暦「うそつきー!」 戦場ヶ原「あらあら仕方が無いわね」2

暦「うそつきー!」 戦場ヶ原「あらあら仕方が無いわね」3

暦「うそつきー!」 戦場ヶ原「あらあら仕方が無いわね」4

暦「うそつきー!」 戦場ヶ原「あらあら仕方が無いわね」5

雛苺「JUMがのりをやっつけてるのー!」

リーネ「私のズボンがない…」

フェイト「いたっ! ・・・画鋲?」

喪黒福造「ココロのスキマ、お埋めします」

水銀燈「暇ね」

上地「もう、勘弁してください……」

JUM「おい真紅・・・お前何睨んでるんだ」

ルッキーニ「王様だーれだ!?」

八九寺「わたし、阿良々木さんの事が嫌いです」

ドラえもん「―――この眼鏡をつけてみて。」

エイラ「そうか…死ぬのか」

エイラ「サーニャがネウロイに…!?」

エイラ「ぬいぐるみに…ナル」

勝俣「えーw! アッコさんもハンター試験受けるんすかッー!!」

太田「ギロッポンでぶしゃぶしゃできません!」

翠星石「JUMはもう球体関節なんて見慣れてるですよね?」前半

翠星石「JUMはもう球体関節なんて見慣れてるですよね?」後半

菜摘「はい、浜田です」

かきふらい「けいおんが映画化!?」

アイリス「サトシってばこっどもね~」

宮藤「トゥルーデお姉ちゃん!」バルクホルン「」

宮藤「トゥルーデお姉ちゃん!」バルクホルン「」2

宮藤「トゥルーデお姉ちゃん!」バルクホルン「」3

始「天音ちゃんに、彼氏?」

エーフィ「行こう。」

僕「ミクちゃん可愛い!ちゅっちゅ!」ミク「来んな変態」

矢部「お父さん!お嬢さんを……ひとはさんを下さい!!」

浜田「俺の松本がこんなに可愛いわけがない」

夏奈「妹が欲しい」

ララ「リトの精子を皆の子宮に転送したんだよ☆」リト「!?」

ラオウ「うぬは童貞なのか?」

水銀燈「この私が日本酒一杯くらいで酔っ払うわけないじゃないの」

イカ娘「今日はたけると一緒にお風呂に入るでゲソ!」

シャーリー「トゥルーデ」ゲルト「」

イザナギ「国が生まれる方法思いついたwwwwwwwww」

春香「マコちゃんちょっといいかしら」

レッド「タケシに破壊光線だ」

香貫花「『人妻パラダイス』…何かしらこれ」

JUM「手マン対決……?」

マルセイユ「トゥルーデたんとちゅっちゅしたいよぉ…」

千秋「…夏奈、ナプキンを貸してくれ」 夏奈「なんだそれ?」

勇次郎「授業参観ッッ?」

ロコン「はやくちょうだい」

豊崎「あやにゃん~、コンビニでアイス買ってきて~」

黒猫「……違うわ、お義姉さんと呼んで」 桐乃「冗談……だよね?」

城島「逃げたらアカン、逃げたらアカン」

翠星石「好きな人からいじめられるですぅ」

アンパンマン「最近なんだかどこかから知らない声が聞こえるんだ」

なのは「フェイトちゃんから『ジャイアンツ愛』を感じるの!」

橘「1等ハワイか…」美也「がんばってねにぃに♪」

わくわくさん「さぁ、創造(つく)って戯(あそ)ぼう!」

DAIGO「ポケモンマスターにガチでなっちゃっていいんすね?」

JUM「蒼星石、自由って、なんだと思う?」

イーブイ「わたしじゃ ダメなの?」

芳佳「ルッキーニちゃんかわいい・・・」一日目~三日目

芳佳「ルッキーニちゃんかわいい・・・」4日目~

内田「ペロペロ?」

豊崎愛生「昨日も彼氏が元気でさ~4回もしちゃったw」

生天目「声優界で一番可愛いのは麻美子だよね!?」

スネーク「老人ホームだと!?俺はヘルパーなんかに屈さんぞ!」

早苗「潮を吹いてるイカちゃんカワイすぎだよ~」

波平「マ,マスオくん…!」

サーニャ「世界大戦?」

マルセイユ「キスしてもらわないと発作を起こす病気にかかった」

マルセイユ「キスしてもらわないと発作を起こす病気にかかった」-2

マルセイユ「キスしてもらわないと発作を起こす病気にかかった」-3

サーニャ「エイラ気持ち悪い」エイラ「」

レッド「――俺はマサラタウンのレッドだッ」

レッド「――俺はマサラタウンのレッドだッ」-2

春日「野薔薇!」

レッド「バトルキャッスル求人のお知らせ?」

レッド「バトルキャッスル求人のお知らせ?」-2

桐乃「兄貴の部屋にコンドームがあった件」

イカ娘「そろそろ慣れなイカ?」

水銀燈「股間が180度に割れたわぁ」

バルクホルン「エーリカ・ハルトマンはストライクウィッチーズ」

ペリーヌ「私が囮になりますわ!!」

夏美「冬樹、ついでに『恋空』買ってきて」

JUM「みどりのはいしゃさん……?」

イカ娘「好きじゃなイカ?」

ニャース「今までありがとうニャ…」

イカ娘「相沢栄子、一世一代のうんこ物語じゃなイカ?」

イカ娘「大きくなイカ?」

イカ娘「堪忍袋の緒がやばいでゲソ」

神原「ヤホーで調べて来たぞ!」他

糸色望「可符香さんを無視し続けたらどうなるか」

イフリート改「私のこと何だと思ってるのよ!」

糸色望「可符香さんを無視し続けたらどうなるか」-2

早苗「イカちゃんと濃厚な触手プレイをしたい」

黒猫「人間にはこの臭いの素晴らしさがわからないのね」

黒猫「人間にはこの臭いの素晴らしさがわからないのね」-2

黒猫「人間にはこの臭いの素晴らしさがわからないのね」-3

シャロ「エリーさん、ミルキィホームズから抜けてくれませんか」

イカ娘「雨じゃなイカ?」

オタコン「スネーク、『けいおん』って知ってるかい?」

京介「…卒業アルバムに桐乃がスクール水着で写ってるやがる…」

イカ娘「犯されてなイカ?」

水銀燈「寝違えたわぁ…」

イカ娘「けいたいじゃなイカ?」

イカ娘「やられる前にやれでゲソ」

イカ娘「早苗が抱きついて来ないのは寂しいゲソ」

サーニャ「え、エイラ……そんなに舐めないで……」

刹那「きのこたけのこ戦争への武力介入を開始する」

刹那「きのこたけのこ戦争への武力介入を開始する」-2

京介「あやせ、結婚しよう」 あやせ「ほ、本当ですかお兄さん!?」

サーナイト「マスター。今日はセックスしないんですか?」

絶望先生「私の妹がこんなに可愛い訳がありませんっ!!」

コナン「このライフル型麻酔銃でおっちゃんを眠らせて…」

あゆみ「おっきくなっちゃった!」

京介「お前のノーパソなんか画面青くなったぞ」

天道総司「俺の妹がこんなに可愛い」

愛生「仕事終わったー。疲れたなぁ。」

アグリアス「この身、貴公に預けるといったはず」

翠星石「あっさ、でっす、よ!」

桂三枝「新婚さんいらっしゃいのお時間でーす!」

サーナイト「マスター、今日はセックスしないんですか?」

シャロ「ベッドが軋んで眠れないですぅ・・・」

城島「長瀬、ユンゲラー交換しようや」

サーナイト「人肌恋しい」

シャロ「こころちゃん!」小衣「シャロ……///」

真紅「嘘つきは泥棒の始まりなのだわ」水銀燈「はぁ…?」

ミーナ「501で白兵戦をします」

桐乃「おーい、クソメガネ~」

東方SS「餅」

【声優SS】小野坂「この着ぐるみを24時間着ろと?」

観鈴「往人さん往人さん!私どこかに行きたいな…」

夜神粧裕「たまには、コンソメ味食べてみよっかな」

桐乃「そんな優しくしないで どんな顔すればいいの」

イカ娘「お主の願いを言うでゲソ!代償は一つ・・・・」

京極堂「サザエ鬼?」タラヲ「です」

みつば「杉崎が風邪をひいた?」

「ごめんね、お母さん。もう限界だったんだ」

男「捨て力士を拾った」

天海春香「アウターゾーン?」

暦「おーい、月火ちゃ……」

阿良々木「・・・・・・学園都市?」

井口裕香「もこたん監視スレ」

勝俣「契約せずに魔女を倒しやがった!!」

サトシ「なあ……ピカチュウ」

城島「ぐっさん、DASH村の端っこにジンオウガおる」

夜神月「待てよ…?魅上が本物のノートで高田を殺した可能性があるな」

上條「絡まった運命も変えて行けるから」

箒「なんだって……そんな…」

阿澄「井口のバカ!!もう知らない!!」

中村「杉田に彼女ができた?」

くじら「ったくよー……中で出しやがってよー」善吉「……」

佐藤「先輩。戦わずして得た半額うなぎ弁当はおいしいですか?」

智花「私、昴さんのためならなんでもしますから!」

善吉「安心院さん、俺アンタが好きだ」安心院「無理」

クー子「……少年、今夜だけ、いっしょに寝る」真尋「え、え?」

雁夜「葵よりも桜の方が可愛くね」

真尋「ニャル子ニャル子ニャル子可愛いよニャル子」パンパン

みゆき「みんなでカラオケ、ウルトラハッピー!」

れいか「私、みゆきさんのこと嫌いです」みゆき「え……?」

橘「薫と二股かけてたのが絢辻さんにバレた」

真尋「ニャル子を無視し続けたらどうなるか」

みゆき「わたし、星空みゆき!35歳!最近肩こりがひどい!!」

咲「京ちゃんの名字ってさ」京太郎「うん?」

ニャル子「真尋さんを無視したらどうなるか」

月「で……であ…でぁー…TH…であのて……?」

萌郁「私は、岡部くん依存症だから」

春雪「黒雪姫先輩を無視し続けろってことか……?」



ケンシロウ「世紀末からもう11年か」前半

ケンシロウ「世紀末からもう11年か」後半

ケンシロウ「世紀末からあと3ヶ月で12年か」前半

ケンシロウ「世紀末からあと3ヶ月で12年か」後半

ケンシロウ「世紀末に2000年も含まれるのかぁ」


レッド 「無限ループ?」

レッド 「無限ループ?」

レッド 「無限ループ?」

天戯弥勒「サイレン塔すら建てられん」

臨也「PSYREN -サイレン-…か」

ドルキ「PSYREN? サイレンだと?」

天戯弥勒「グラナ、海の家を開くぞ」 グラナ「寝言は寝てから言え」前半

天戯弥勒「グラナ、海の家を開くぞ」 グラナ「寝言は寝てから言え」後半


新ジャンルっぽいのとか

女「ノーブラで学校来ちゃった…」

剣士「パーティを組めだと?」

幼女「おままごとしよ~!!」

男「……なんだこれ?」

メイド「暴力に訴えかけますよ」

朝倉涼子「あなたを殺して涼宮ハルヒの出方をみるわ!」

盲目少女「体を重ねると、その男からは良い匂いがしました」

おた「フヒヒ・・・まったく飽きない連中だ・・・」

女「先生、空飛べるって本当?」女医「・・・は?」

男「幸せポイント?」

メイド「お止め下さい主様!」

探偵「これは自殺だな…」 犯人「え!?」

男「美少女に生まれ変わったwwwうはwww俺勝ち組www」

男「あれ?エレベーター止まったな」幼女「……」

男「16歳♀です。これから会える人メール下さい(1)……?」

彼女の弟×兄

新ジャンル「血が飲めないバンパイア」

女「ねーお金貸して?」男「え?誰?」

新ジャンル「色々と弱い天然吸血鬼」

女「クラスで一番地味な私がこんなにエッチだなんて……」

女「…わ、私が1学期の配尿委員に選ばれたんですか!?///」

幼馴染「透視ねぇ」

女「うぇっ……吐きそう……」

メイド「お風呂にしますか?ご飯にしますか?」

後輩女「先輩って、二次元にしか興味ないんですか?」

後輩女「大好きですっ!! 先輩っ!!!」

男「俺にも催眠術が使えたら…」

男「俺にも催眠術が使えたら…」2

男「うわあああああああああ」

新ジャンル「母ヒートのようです」

女「胸をあてています」

女魔術士「魔王探し?」

【SSS】神「あなたにお金を好きなだけあげましょう」

後輩「……もう、乱暴なんですから。先輩のえっち」

女「こっち見んな」

男「確かに俺は妹が好きだが、ロリコンじゃない」

博士「こいつを隠さないと大変なことに・・・!」

博士「塩と砂糖を間違えるなんてありえないよ!」

女「手が使えないんじゃ私が全部してあげないとだねっ!」

女「私はこんなにお兄ちゃんのことを愛しているというのに…」

サッカー部長「野球部員にウチの部員が殺された…!?」

女「男になってる…?」

三塁審判「サード、しっかりしなさい」

残虐少女「あひっ! ひっひひゃっひゃひゃひゃひゃ」

男「ちょwww俺以外人誰もいねぇwwwww」

保存に便利な新ジャンル「乾燥触手」

幼女「これから じゅぎょうを はじめます」

女「私はいつまで相談相手なのかしら」

秘書「社長、ご決断を」

女「おかえりぃ」

新ジャンル「猫かぶり」

男 「サキュバス召喚!」

男「好きです!付き合ってください」

バイト「店長、起きてください」

男「楽しくなくて生きてるのがつらい」

男「刀が女の子になっただと…」

男「異世界に召喚されてね?」

竜「不老不死ってそんなに良いものじゃないよ」

男「正月に藁人形とか…」

魔神「願いをどうぞ」 男「 」

女友「・・・お前ってアナル系しか買ってないのかよ」

女友「・・・お前ってアナル系しか買ってないのかよ」 第2部

女「…死にたい」

コンビニ「休みたい・・・」

古ジャンル「日本昔すけべばなし」

男「そこの川原で人魚を拾ってきた」

死神「私は」

男「地球最後の男?」

新ジャンル「ビッチな男の娘」

新ジャンル「ビッチな男の娘」スレ>>487~

新ジャンル「ビッチな男の娘」 >>540~

新ジャンル「ビッチな男の娘」>>701~

男「お前胸ないしショートだし海パンでも大丈夫だろ」

女「……うらめしや」

男「夢で田中に振り向くな」

男「お前自分のことSっていうか?普通」

男「お前自分のことSっていうか?普通」-番外編-

男「お前自分のことSっていうか?普通」ラスト

令嬢「この人が」

女「ちっちゃい世界だなぁ」

店長「不思議な『箱』はいかがかな?」

幼馴染「そこでストップ。えっちぃことはダメ」

人形「人間になりたい」

幼馴染「いいよ、オカズに使っても」

悪魔「えー発表します、全員死刑です」

CD「おめでとうございます。あなたは能力に目覚めました」

大塚明夫「俺が女子高生役の声を?」

女「今まで黙ってたけど実は私、ネット工作員だったの!」

男「へぇ、処女膜を破るバイトですか」

猫「吾が輩は猫である」

女「あん……ダメぇ……奥…感じちゃう……///」 NTR注意

幼馴染「男……来てくれたんだ」

男「突然、窓から美少女が」

女「病んでしまいました」

幼女「私の負けだ・・・殺せ」

幼女「私の負けだ・・・殺せ」2

男「は?痴漢?」

幼馴染「あまい話って素敵よね」

幼馴染「えっ男君、好きな人いたんだ……」 

男「世界崩壊した」

男「え?年齢確認ですか?」

女「やき……にくぅ…焼肉が食べたい…」

俺「女体化はヤバいって」 未完

男「怖い話ってさ」

男「畜生!ケツみたいなモモしやがって!!」白桃「……///」

男「お願い!もう許してっ…」 ほのぼの

男「え~となになに…メイドロボ調教ツール?」

狐娘「コンッばんは」

柴犬「なんで散歩する時俺らにロープ付けんの?」

男「怖い話っていうのは」

女騎士「…そんなに私のは大きいのか???」

男「・・・おっぱい?」 未完

幼なじみ「お、こんなところに魔法使いが」

幼なじみ「お、こんなところに魔法使いが」2 未完

妹「ただいまぁー……って、えっ……誰‥‥?」

神「人生やり直しさせてやろうか?」

男「妹が欲しい」父「よし、ちょっと待ってろ母さんや!」

幼馴染「おはよ~朝ですよ~」

男「初めまして。是非俺の嫁になってください!」

中学生「私のベットからチンコが生えてる…」

男「君のウチは隣だと思うんだが」

神様「お前をちょっぴり幸運に恵まれる男にしてやろう」

黒猫「あつい…」

猫「発情期きちゃった」

男「キングクリムゾンのDISC・・・?」

新ジャンル「ヤンデレ」 ほのぼの

女「私にだって分からないわ」

俺「おーい、おまんこー」

女「う、嘘だったら許さないんだからね!!」

俺「好みの娘がいたからお近づきになったら男だった……」

男「ネトゲ?」

男「お前は、さっき殺したはず」女「はぁ」

男「白い着物を着た髪の長い女が座り込んでる」

魔法少女「補導された」

新ジャンル「蝉」

男の娘「ずっと前からあなたのことが好きでした」 男「…え?」

幼女「パパの赤ちゃんほしい!」

後輩「あ、先輩。今日もお疲れ様です」

新ジャンル「読心男」

閻魔大王「パンパカパ~ン!おめでとうございま~す!」

触手「痴女にレイプされた……」

メリー「わたし、メリーさんなの?」

幼女「おかえり、変態」

女「まさか君に見つかるとは思わなかったよ」

男「朝起きたら女になってた」

PSP「人間になっちまった…」

男「パンツ見せてください」

男「スカートぺろーん」

女「男くんが大好き」

友「明日の学祭楽しみだねっ!」

男「世界中の幼女から愛される能力?」

男「ぐわっ!…また暴れだしやがった…」女「お、男君大丈夫っ!?」

女「春が来ました」

女「君はだぁれ?」

淫魔「や、やめてぇ!これ以上されたら死んじゃうぅっ!!!」

新ジャンル「合法幼女」


女「こけー」

女「こけー」2

女「こけー」3

女「こけー」男「…もう朝か」

女「これが何だか、分かるかい?」

男「実は女を腹ボテにする超能力に目覚めたww」

男「実は女を腹ボテにする超能力に目覚めたww」2

男「実は女を腹ボテにする超能力に目覚めたww」3

「SS作家はかく語りき」

新ジャンル「幼女特区」

女「私引くほど嫌われてるだろ?」

隣人「すいませーん」 閲覧注意?

男「あれ?お前…」猫「…」

男「あれ?お前…」猫「…」2

男「あれ?お前…」猫「…」3

男「あれ?お前…」猫「…」4

女「こんばんは」

男「あの日言えなかった、君への想いを」

男「…連続猟奇殺人事件?」

狐「よめいり!」

娘「お父さん!このお魚なんて名前なの?」

幼女「このいえはのっとった」 男「こまります」 未完

男「財布を拾ったんだが」

男「財布を拾ったんだが」2

男の娘「男君って女ちゃんのことが好きなのかな……」 未完

黒猫「なにしてんの?」

新ジャンル「地底男」

男「ん……」 女「ん……」

男「男の娘とか正直無いよな」

男「・・・おい、待てよ」

友「ほら起きてよ、起きないなら……キスしちゃうよ?」

複合ジャンル「ひと夏から始まる恋物語」

「ちょっとやりたいことあるから攻撃しんでね」「うん」

男「そこの空き地で妖精を捕まえてきた」

先輩「あれ、何でこんな所にいるの?」

男「超能力・・・・・・だと・・・・・・?」

幼馴染「男は、犬です」

女「あなた、起きてください」

男「例えば仮にさ、僕の手首がいきなり無くなるとするじゃない?」

男「携帯から、何か出てきた」 女「え...」

女「……ねー」男「んー?」

女「……ねー」男「んー?」

男「悪いお婆さん?なんのこと?」女「パターンの話]

男「僕はストーカーなんかじゃないよ」

男「俺、姉ちゃんが好きなんだ」

男「スカートのままで大丈夫?」女「パンツ見ちゃだめだよ//」

【SS】 「2ちゃんねらーが支配する日本」 閲覧注意

卵「空飛んでみたいなぁ」

少女「わたしと合体・・・」

男「なぁ、女装してみたら?」  友「・・・は?」

ニート「することないねえw」

後輩「ごめんなさい、先輩」

幼馴染「アンタとは絶対付き合わない」

幼馴染「アンタとは絶対付き合わない」 男友編等

女「大事なことだから、2回言ったの。」

女「ち、違います! 私、妹じゃありません!」

女「アルパカを拾った」

女「男に構ってもらうまで頑張る」

男「え? 家の前に女の子が倒れている……」

女「星の海で……つかまえて」前半

女「星の海で……つかまえて」後半

幼女「とうもろこし、いる?」

幼女「とうもろこし、いる?」2

幼女「とうもろこし、いる?」3

男「お、俺は幼馴染のことが好きだ!!」

男「お、俺は幼馴染のことが好きだ!!」後半

女「あんな奴キープに決まってんじゃん」

女「あんな奴キープに決まってんじゃん」別書き手ver

女「サキュバスだけど質問ある?」男「ない」

新ジャンル「へこんでれ」

幼女「貴様何奴!?名を名乗れ!」

男「えっ? 何これ……?」

女「最近、飛び降り自殺多いよね」

少女「ねえ、雨って好き?」

女「おまえのことなんて、何とも思ってねーよ」

男「俺、結婚するから」

お嬢様「そこのぼっちの貴方」

女教師「またオナホ忘れたの?」

女「着替えを見られても恥ずかしくないよ」前半

女「着替えを見られても恥ずかしくないよ」後半

男「パンチラを起こす能力だと?」

委員長「男さんのことがとっても大好きです!」

サキュバス「ニートの処分に参りました」

俺「君誰?」守護霊「えっと…」

女「え、寄生虫?」

女「え、寄生虫?」 -2

女「メールをするから、つかまえて?」

友人「幼女拾ってきた」 幼女「んッ…んぅー!」

「ただいまぁ」僕「えっと・・・どちらさま?」

ネコ「あたしのシュークリーム!」

女「カコーンぱふ@ぱふ、ちりーん」

男「俺はなんで君と結婚したんだろう」

女「キミと、逢えてよかった」

死神「こんにちは死神です」

男「年端もいかぬ少女が好きで何が悪い!?」

男「年端もいかぬ少女が好きで何が悪い!?」-2

複合ジャンル「幼馴染だけどお互いツン」

僕「…男ですけど」

女「いつか前、手に結んだ赤い糸を」

犬娘「ご主人!交尾しよう、交尾っ!」

男「君・・・何?」幼女「捨て猫でしゅ!」

少女「わぁ、すごい。辺り一面お花畑ですね」 祖母「…そうか」

少女「おばあさま、道に人が倒れています」 祖母「………」

女「あんた誰」男幽霊「えっ」

女「私が愛したのは父様だけ。私を愛してくれたのも、父様だけ」

少女「黒いギターと苺の園」

女「いつからだろうね、クリスマスが楽しみじゃなくなったのって」

女「男くんっ、こんなところでなにしてるのっ!?」

女「男くんっ、こんなところでなにしてるのっ!?」-2

女「男くんっ、こんなところでなにしてるのっ!?」-3

男「へえーいいアパートじゃん」

執事「なーんだ??」

女「男くんいつも私と目合うよね。私のこと好きなんだよね?」

生徒「水平線に太陽が沈んだから泳いだ」

女「男くんだよね…?なんでうちに…」

少女「そこを退け、人間」

僕「吸血鬼ですから」

男「大阪出張かぁ…」

女?「車いすバスケ?」

兄「俺の弟がこんなに美少女なわけがない」

女同僚「ぬわっ!?裸!?」

猫「ご主人様、起きて下さい」

教師「どこかで事件でも起きないかしら」

いじめっ子「お前オタクなんだろww」いじめられっ子「えっ…ちが…」

女「・・・おつり足りないよ」

男「クリスマスか……」

男「君に1000個のプレゼント」

少女「水溜まりの校庭でつかまえて」

男「…へ?」姉「だからさ」

女「男、今日も殺しに来たよ」

幽霊「今からあんたにとりつきます」

淫魔「寒くなってきたね」

男「パン好き少女の話」

女「死にたいなあ、死にたいなあ」死神「ん??」

男「…へ?」 喪女「だから…」

男「心霊写真?」

新ジャンル「憑依懇願」

女「男クン……アレ、憑依、またできる?」

淫魔「え、気付いてへんかったん?」

幼女「こんなのがきもちいんですか?」

俺「どっかに女が転がってね―かな・・・」

俺「どっかに女が転がってね―かな・・・」-2

俺「どっかに女が転がってね―かな・・・」-3

女「もう死ぬ!死んでやる!」男「ま、待て待て」

お嬢様「お金で買えないものなんてないでしょ」

少女「海と、瓶に詰まった手紙」

幼女「こういうのが気持ちいいんですよね?」

女「くらえー!!」男「いやだ!」

ヒーロー「仕事辞めます」

男「なあ、なんでいっつも一人なん?」女「は?」

幼馴染「最近男がヤンデレなんです」女「ふむ」

女「ごめんね」

猫「遊んでいただきたいのですが」

犬「恩返しに参りましたけれども~」


男「海に行きたい」

女「映画見に、行こうよ」

女「クリスマスだから」

女「年末の立ち入り検査でーす」

女「わたしメイビー」

女「だから車を」

男「山に行きたい」

女「あなたとさようなら」


女「ほほう、これが自慰か」

女「……男、勃起してる」

女「散歩でもどうだい?」

後輩女「先輩、何して欲しいか言ってくださいよ?」

女「地球生まれの宇宙人」

女「性なる夜……ナニかが起こる」


男「よし、死ぬか」

女幽霊「構ってください」男「ついてくるな」


ヲタ「初音ミクを嫁にしてみた」

ヲタ「初音ミクが黒くなった」


友「女になったんだ」

友「女になったんだ」

友「女になったんだ」

友「女になったんだ」


女「…女になってる…」

【その2】女「…女になってる…」

【その3】女「…女になってる…」

【その4】女「…女になってる…」

【その5】女「…女になってる…」


ファンタジーもの

魔王「ふはは、小さいからといって甘く見ていたな!」

盗賊「私は心を盗みたい」

魔王「勇者なんかギッタギタのメッタメタだ!」

新魔王「私が新しい魔王です!」

ショタ魔王「女勇者さん、僕の妻になってください!」

勇者「魔王は倒したのに世界は平和になんかならないんだ……」

勇者♀「死にたい」

勇者「その武器重くねぇの?」

魔法使い「この武器そんなに重くないよ?」

魔法使い「この武器そんなに重くないよ?」 後日談?

勇者「俺、この戦いが終わったら勇者辞めて結婚するんだ」

勇者「世界の半分くれるっていうから魔族側についた」

女僧侶「たのもー」

魔王「待っておったぞ勇者。この私が直々に消し去ってやろう」

魔王「正直、魔王辞めたい・・・」

勇者「もうまとめて殺っちゃうわ」

女旅人「なにやら視線を感じる」前半

女旅人「なにやら視線を感じる」後半

ナイト「ファンタジーの世界に行って就職するならナイトだな」

ナイト「ファンタジーの世界に行って就職するならナイトだな」続

ナイト「ファンタジーの世界に行って就職するならナイトだな」

ナイト「ファンタジーの世界に行って就職するならナイトだな」

ゾンビ「暇だなぁ」

団長「騎士見習達よ、本日の訓練は童貞卒業だ」女騎士「!?」

女盗賊「女騎士のくせにこんなデカくてやらしいモノぶらさげちゃって」

女盗賊「女騎士のくせにこんなデカくてやらしいモノぶらさげちゃって」-2

女盗賊「女騎士のくせにこんなデカくてやらしいモノぶらさげちゃって」-3

橋守「通行許可証が無ければ、橋を渡ることはできません」

幼馴染「男ー朝だよー起きないとキスだよー」前半

魔王「勇者捕まえた」前半

魔王「勇者捕まえた」後半

姫「こんにちはー!」魔王「……は?」

女騎士「くっ・・・女は捨てたはずなのに」

エルフ娘「クチュン! ……寒いよぉ……」

エルフ娘「クチュン! ……寒いよぉ……」-2

女魔王「まあ落ち着けよ」勇者「え?」

囚姫「助けてっ!」詐欺師(ここはどこでしょう?)

魔王・勇者「これはひどい」

少女「魔王さんなら、ママを生き返せるのかな…」

少女「魔王さんなら、ママを生き返せるのかな…」第二部

少女「魔王さんなら、ママを生き返せるのかな…」第三部

少女「魔王さんなら、ママを生き返せるのかな…」第四部

戦士「お仕事決まらない…」

女騎士「レイプされた死にたい」

ドラゴン「おはよ」 俺「」

女騎士「この胸当ての下は 実はパットを詰めているんだ・・・」

魔王「『フォローありがとうございます!』……っと」

女騎士「私、今とても幸せです」

勇者「旅の間の性欲処理ってどうしたらいいんだろ……」

勇者「旅の間の性欲処理ってどうしたらいいんだろ…」 エルフの里編

隊長「男さぁーん! 部下が全員いなくなりました!」

勇者「誰も仲間になってくれなかった」

勇者「冒険中って性欲を持て余すなぁ……」

まおう「好きだ。結婚してくれ」勇者「私に勝ったらいいけれど?」

女戦士「薬草をひとつ……だ、代金は体で払うっ…//」



姉妹もの

姉「ちょ、おま、離れろって」

妹「兄ちゃん、いっしょにお風呂はいろー?」

妹「お兄ちゃんを強姦する」

妹「お兄ちゃーん!お医者さんごっこしよ!」

妹「私の部屋に幽霊がいるんだけど・・・」

妹「マジキモいんですけど」

妹「お姉ちゃん?何をなさってるんですか?」

妹「お兄ちゃん大好きとか意味わからない」 打ち切り?

妹「お兄ちゃん…嫌いにならないで…」

妹「おにいちゃん、なんか最近冷たいかも…」

兄「大学落ちた…」 妹「そうですか」

姉「もっと甘えてもいいんだよ?」

兄「妹よ、おっぱい触らせてくれ」

妹「電気つけないでぇっ!!!!」

妹「ニヨニヨ」

妹「まだ、お兄ちゃんとキスしてないよ」

妹「…なりますっ…お兄ちゃんのドレイにっ…」

姉「はぁ…また弟くんのベッドでしちゃった…」

妹「お兄ちゃん……中に……!」

妹「……姉さんが可愛すぎるからいけないんですよ?」

妹「…なに?アンタあたしのおしっこ飲みたいの?仕方ないわね」

妹「お兄ぃ!久しぶりだねっ♪」ギュッ

義姉「少年、コーヒーが入ったぞ」

妹「おにぃってさ・・・昨日の放課後なにしてたの・・・・・・・」

妹「えー、急いでるのに・・・ここでしちゃお」

姉「ただいまぁ~」ヒック

姉「甘えちゃっても……いいかな?」

兄「妹よ 来週の土日に温泉いかないか?」

妹「学校に行きたくないのです」

姉「これが…勃起…」

妹「兄さん、今日こそ決着をつけよう」

男「なぁ妹……もしかして俺ってキモいのか?」

姉「あ、やっと起きた」

妹「あ、お兄ちゃんチンコ貸して」

兄「妹のいる高校で教育実習か…」

双子妹「ねぇ双兄ー、お風呂はいろー」

妹「やっぱりお兄ちゃんはおっぱい小さい子のほうがいいの?」

妹「兄さん、キスしてもいいですか?」

妹「お兄ちゃんだめっ!」

妹「お兄ぃ!ただいま~」チュッ

姉「そんなこと言われてもなぁ」

妹「セックスって気持ちいいですね、兄さん」

兄「妹が匂いフェチだと……?」

姉「弟くんは働かなくっても良いのよ」

新ジャンル「妹がぼっち」

姉「弟~!」

妹「お兄ちゃんのセフレになればいいんでしょ?」

妹「話しかけないでくれる?」

妹「おい、くそ兄貴3千円貸せ」

軍「さがれ!さがるんだ!爆発するぞ!」妹「え?・・・え!?」

弟「姉さん、ビールよりも甘いカクテルにしましょうよ、ね?」

神「あなたが妹をレイプしないと世界が滅びます」

妹「ぐへへっ・・・お兄ちゃんの布団でゲス・・・」

妹「へー、にーちゃん彼女いたんだ」

妹「あれ…おばけが見えるよ…?」姉「何言ってんのよ」

妹「あれ…おばけが見えるよ…?」姉「何言ってんのよ」 2

妹「今本読んでるから、うるさくしないならおまんこに入れていいよ」

妹「今本読んでるから、うるさくしないならおまんこに入れていいよ」別人ver

男「ね、義姉さんっ…ダメだって、こんな…兄ちゃんに…」

妹「兄さん、誕生日プレゼントのコンドームです」

新ジャンル「何度爆発しても絶対に死なない妹」

預言者「あなたの妹は世界を滅ぼします」

妹「お兄ちゃん、ちょっと付き合ってくれない?」

兄「なになに?…妹SSが少ないだって?」

妹「私は神様です」

妹「兄さんのことが好きです」

妹「お兄ちゃんは巨乳大好きなんでしょ?なんで貧乳の私に優しいの?」

妹「お兄ちゃんは巨乳好き」

妹「お兄ちゃんなんて大っ嫌い!」

妹「お、おにぃちゃん…恥ずかしぃよ…ぁ、ん…///」

姉「せーしのにおいがする・・・」

弟「姉さん、次は左足をなめて貰おうか。」  未完

妹「ただいまー」男「ん?おかえり」

妹「麻雀で勝負よ!」

兄「妹のパンチラにドキドキした時期もありました・・・・」

姉「おちんちんのにおいがする」

妹「おにいちゃんみーつけた☆」

妹「良いお兄ちゃんと悪いお兄ちゃん」

妹「ぼく、お兄ちゃんのこと、きらい」

妹「ぼく、お兄ちゃんのこと、きらい」 2

兄「妹が勃起してるだって!?」

男「隠れヤンデレな妹?…ハッ」 ほのぼの

男「隠れヤンデレな妹?…ハッ」2 ほのぼの

男「隠れヤンデレな妹?…ハッ」3 ほのぼの

姉「私に逆らうな!」

SS注意 妹で妄想 エロ注意「 」

姉「・・・・・・」弟「・・・・・・」

姉「・・・・・・」弟「・・・・・・」2

姉「・・・・・・」弟「・・・・・・」3

妹「まん汁~まん汁~一杯千円~一杯千円~」

妹「お兄ちゃん!頭が痛いよ!」

妹「にーちゃんって、妹萌え?」

妹「にーちゃんって、妹萌え?」2

妹「祭に行くぞ、馬鹿兄貴」

男「ちっちゃくてかわいい妹が欲しい!」

妹「おにいちゃん、私のために死んでください」

妹「お兄ちゃん、キスしますか?」

妹「へぇ、兄さんはそうやって自分を慰めるんですね」

姉「幼女が大好きな弟」 未完

姉「まずはキスしろ、話はそれからだ」

姉「妹ちゃん、好きなの…」

妹「兄さん、大好き」

姉「こ、これが勃起か///」

妹「お兄ちゃーんチンポ舐めさせてー」

妹「お兄ちゃーんチンポ舐めさせてー」2

妹「お兄ちゃーんチンポ舐めさせてー」3

妹「お兄ちゃーんチンポ舐めさせてー」

妹「はぁ、はぁ…お兄ちゃんいい匂いだよぉ…!」

妹「弟欲しいなぁ」 姉「私はお兄ちゃんが欲しい」

妹「弟欲しいなぁ」 姉「私はお兄ちゃんが欲しい」-2

妹「弟欲しいなぁ」 姉「私はお兄ちゃんが欲しい」-3

妹「おにいちゃんといっしょに…いじめられたいの…」

妹「私大きくなったら兄ちゃんのお嫁さんになる」

妹「おにぃ!中にっ!中に出してぇええええええ」

妹「…おにぃ、食べたい?」

妹「秋…かな…!」

妹「お兄ちゃん、フランス語でいいよ!」

兄「え…妹の処女が亡くなっちまったのか…」

妹「雪!?おい雪だぜ!!」

妹「でもあの人浮気しそうな顔してるよね」

妹「兄さん、起きて下さい」 未完

妹「お兄ちゃんに振り向いてもらうために」

妹「ねぇ、お兄ちゃーん?あたし、彼氏と別れたんだー」

妹「ねぇ、お兄ちゃーん?あたし、彼氏と別れたんだー」2

姉「朝から元気ねぇ」弟「どこ見て言ってるのさっ」

妹「おにいちん、エッチなお願いがあるの」

俺「右手に茶碗、左手にお箸・・・・・・いた・だき・ます!」

妹「野球の話とか」

俺「さて、俺には姉と妹がいるわけだが・・・」

妹「姉が邪魔なんだが・・・」

妹「姉さん…」

男「インスタント姉ですか」

妹「世界は私と兄を中心に回っている」

妹「兄さんとわたし」

兄「妹コントローラー?」

妹「お兄ちゃんの…おっきい…」

妹「学校やめて早三年」

妹「兄さんのアナルを開発したい」

妹「兄さんのアナルを開発したい」2

妹「兄さんのアナルを開発したい」3

姉「え、オナニー?」

「お兄ちゃん大好きぃ~」

従妹「にぃにぃ久しぶりっ!」

従妹「にぃにぃ久しぶりっ!」2

妹「お兄ちゃん、一緒にいたの、誰?」前半

妹「お兄ちゃん、一緒にいたの、誰?」後半

妹「…どうも…はじめまして」

妹「私のシュークリームがないよ!!!!!」

妹「なんか臭くない?」

妹「マッドな兄さんの研究室にお邪魔しました」

妹「お兄ちゃんおはよう」 兄「おはよう」

妹「お兄ちゃん、寝ていい?」

姉「お兄ちゃんが欲しいよぅ」

妹「闇の力が…フフッもうすぐだ…クク…」

姉「泊まりにきたよ」

弟「理想の姉について」

妹「べつに」

妹「しにたい」

妹「どっかーん!!」兄「えっ」

兄「あーまんこしたい……」ボソッ 妹「は?」

姉「いいもの見っけ~♪」

妹「姉さん!」

妹「姉さん!」 -2

妹「姉さん!」 -3

兄「いつもと違ったけど、まぁ美味かった」 妹「本当!?」

姉「私は弟君が大好きだから!」

妹「お兄ちゃん、腹筋しy……あ、あれ?」 未完

妹「お兄ちゃんのお尻ってプリプリだよね」

妹「ホームステイに来ましたよ」

妹「ホームステイに来ましたよ」-2

妹「ホームステイに来ましたよ」-3

妹「ホームステイに来ましたよ」-4

妹「おにいちゃん、私のパンツはいてない?」

姉「エロゲ貸してくれ」弟「……は?」

姉&妹「「計画通り!」」

妹「兄妹でエッチしちゃダメなの?」

妹「兄妹でエッチしちゃダメなの?」-2

妹「お兄ちゃんちょっとパソコン貸して」

兄「オナニーしたくなった」妹「え」

男「女に、なってる……だと?」

姉「楽しくない……」

姉「あのね…チンポが欲しいの…」

姉「もうすぐオチンポ祭りか…楽しみだなぁ」

妹「こら~、起きろ~!」

妹「もこもこぱんつだよ」

妹「だめっ!!これ以上触っちゃだめなのっ」兄「えっ!?」

妹「彼女居ないなら私と過ごそっ♪♪」

妹「兄さんのおっぱいを吸わせてください」

妹「お兄ちゃんのパソコン貸して」

妹「お兄ちゃんのパソコン貸して」-2

姉「同い年の弟」

俺「母さんの作るご飯がまずすぎて妹が死んだので旅に出ます」

兄「俺の右目がぁああ!!」妹「お兄ちゃん眼無いじゃん…」

俺「妹って胸ないよな」

妹「お兄ちゃんにチョコなんて、あげるわけないじゃん」

妹「お兄ちゃんのパソコン貸して」

妹「にーちゃ」

従姉「恋愛至上主義な世の中めんどい」

姉「うらめしやー」

妹「泣いちゃだめ……泣いちゃだめなんだもん……」グスッ

クラス男達「ばーくはつ!ばーくはつ!」妹「…」

男「ちゃんと肩までつかって50数えなさい」姉「はーい。」

妹「朝から晩までオナニーして、猿なの?」兄「もう一度言ってみろ」

妹「兄貴の朝立ちすっげー」



妹「じゃあお兄ちゃんのちんこの皮は?」

風邪引いた…

妹「食べるんじゃなくて使うの?」

妹「お兄ちゃんの皮はいつでも長いよね」

妹「あの世界ならお兄ちゃんにも仲間がたくさんできるね」

妹「お兄ちゃんのはゴミ箱の中で息絶えて…」

妹「分かってるんだったらやめれば?」

妹「仲間が見つかるかもしれないね」


男「ロリな姉と巨乳な妹のどこに需要があるんだよ…」

男「ロリな姉と巨乳な妹のどこに需要があるんだよ…」2

男「ロリな姉と巨乳な妹のどこに需要があるんだよ…」2-2

コメント

No title

これは助かるな

No title

ここのおかげでけいおんが好きになったよ
ありがとう管理人ありがとう

No title

一方通行「あは、ぎゃはっ!」ミサカ10033「ああ、もっと蹴ってぇ…とミ(ry」

ってやつはまとめないの?
見たいのに…

No title

ビリィさんの製作の残りのスレをまとめて頂けませんか?

No title

お暇があれば
けいおん個別まとめなんかを作っていただけると嬉しいです


管理人さんお身体大丈夫ですか?
オーバードーズなんて体張ったネタどころか下手すりゃ死にまっせ
そんな伝説いらないですよ

No title

すいません、どこで聞いたらいいのかわからないのでここで聞きますが
右上の矢印とばしてる女の子は誰ですか?

Re: No title

> すいません、どこで聞いたらいいのかわからないのでここで聞きますが
> 右上の矢印とばしてる女の子は誰ですか?

とある魔術の禁書目録に出てくる『一方通行』です。
主人公が妄想で『鈴科百合子』呼ばわりした事が原因で生まれました。

No title

教えてくださりありがとうございました

No title

管理人がまたプロフで遊びはじめてる
次はまりさですね?うどんなら嬉しいです

No title

立花さんかわいいなぁ!

No title

かーなーしーみのー

管理人鬱注意

No title

このプロフ画像の詳細kwsk

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。